たけのこ 煮物。 たけのこの煮物がレンジで10分。現役板前が伝授、超時短「若筍煮」

【決定版】たけのこ人気レシピ15選!【煮物・洋風・中華etc】

たけのこ 煮物

スポンサーリンク たけのこの煮物の日持ちはどれぐらい? 煮物にしたタケノコの日持ちは、約2~3日くらいですね。 ただしこれは冷蔵庫でタッパーなど保存容器に入れて、保管をしていた場合の日持ちです。 たけのこの煮物は常温で保存しようとすると、暖かい時期だと1日で傷んでしまうこともあるんです、 2~3日のうちに食べ切れるのでしたら、冷蔵庫に入れて保管しておくようにしてくださいね。 ただ、たけのこの味付けを濃いめにしている場合は、4~5日間は日持ちする場合もあります。 確認方法は臭いと見た目。 たけのこの煮物から変な臭いがしたり糸を引いていたらアウトです。 また臭いと見た目はクリアできても、たけのこの煮物を少し食べてみて変な味がした場合は、傷んでしまっている可能性があります。 そういう場合は悩むかもしれませんが、食べずに処分してしまってくださいね。 たけのこの煮物の保存方法は? たけのこの煮物の保存方法は先ほども少し触れましたが、タッパーなど保存容器に入れておくのがおすすめで、出来ればたけのこの煮物は煮汁も一緒に保存した方がいいです。 なのでフリーザーバッグでも保存はできますが、それよりもタッパーに入れておく方が保管しやすいですよ。 フリーザーバッグに煮汁ごとたけのこの煮物を入れるのって、出来るけどちょっとやりづらいですからね。 ちなみに鍋ごと保存したり、お皿にラップをして、たけのこの煮物を保存するのはあまりおすすめしません。 とくに鍋ごと保存はフタとの隙間から入る空気により、土佐煮を日持ちさせにくくなってしまいます。 しっかり密閉できるタッパーがいいですよ。 たけのこの煮物は冷凍できる? 結論から言うと土佐煮を含め、たけのこの煮物は冷凍保存をすることも可能ですよ。 スポンサーリンク 冷蔵保存する時と同じように、たけのこの煮物をタッパーに入れるか、もしくはフリーザーバッグに入れてから冷凍庫に入れて凍らせます。 冷凍しておけばたけのこの煮物は約1ヶ月間は保存出来るので、たくさん作り過ぎて2~3日で食べ切れない場合におすすめ。 ただし、たけのこって適当に冷凍してしまうと、解凍した時にスカスカな食感になってしまいやすいんですよね…。 これを回避するには、煮物になっているなど調理済みで、なおかつ煮汁も一緒に冷凍すること。 そうすればたけのこを冷凍してもスカスカになることはないんですよ。 また、フリーザーバッグに入れて冷凍してある場合は、鍋に凍った煮汁ごとたけのこの煮物を入れて、火にかけて温め直すという方法もあります。 入れにくいという難点があるので、自然解凍とレンジ加熱の温め方のほうが楽かとは思います。 ちなみに1度たけのこの煮物を解凍してしまうと、再度冷凍した場合、味も鮮度もガクンと劣化してしまうんですよね。 そのため、冷凍する時は1食分ずつ、小分けにして凍らせておくのがおすすめです。 そうすれば食べ切れる量を解凍することが出来るので、夕飯の献立でちょっと副菜をプラスした時なんかに役立ちますよ。 私は毎年たけのこをもらうってわけではないんですが、だからこそフイに頂くとその量に圧倒されてますw まとめ たけのこの煮物の日持ちは約2~3日程度。 保存する時は煮汁ごとタッパーに入れて冷蔵庫内で保管、ただし冷凍しておけば保存期間が1ヶ月とかなり長く日持ちしますよ。 でも必ず煮汁も一緒に冷凍しないと、たけのこがスカスカになってしまうので気をつけてくださいね。 食べる時は冷蔵庫で自然解凍した後、レンジで温めるのがおすすめです。 >>関連記事.

次の

たけのこの煮物の日持ちや保存方法は?土佐煮は冷凍できる?

たけのこ 煮物

どんぶり鉢に「煮汁」を合わせ、切った「たけのこ」をぶち込んでレンジへIN! チン! 10分加熱すれば出来上がり! が、これ、コンロで焚く時と同じやり方で作ると美味しくできません。 加熱時間が短いので「味」が浸み込まないんですね。 「たけのこの水煮」特有の水っぽい味になります。 いくら、簡単で時短で作れても美味しくなければ意味がありません。 私は、そんなテンション下がるような料理を伝授したくありません。 そこで、美味しくするテクニック・ その1「 下味をつける!」。 「たけのこ」切ったらすぐに 薄口醤油をぶちまけて15~20分おきます。 これで、醤油の味が「たけのこ」に浸み込んで下味が付き、水っぽい味を抑えることができます。 で、「下味」付いた状態から、煮汁に入れてレンジ加熱するわけです。 ですが、これでもまだ「味」は弱い! そこでもう1つ。 美味しくするテクニック・ その2「 煮汁を『 餡』 にする!」。 レンジ加熱できたら、煮汁を「餡」にして「たけのこ」に煮汁がベタベタからむようにします。 これで食えば、煮汁の味が完全に滲みてなくてもしっかりした味に感じられます。 この「レンジで作れる餡かけ若筍煮」は、 「もっと簡単にできる方法はないか?? 」と私が思いつきで作った料理です。 食った感想は、正直旨かったです。 ですが、先日伝授した「土佐煮」の旨さには、やはり及びません。 これも正直な答え。 今回の料理は、そこそこの味で とにかく早く「 たけのこ」 の煮物が食いたいときに使っていただきたい調理法ですね。 他の料理でも応用できますのでレシピみてください! 【材料】 たけのこ水煮…1本(250 g・できれば穂付き) わかめ…30g 薄口醤油…少々 木の芽…ちょこっと 《煮汁》 水…180cc(1カップ) 酒…15cc(大さじ1杯) みりん…15cc(大さじ1杯) 薄口醤油…15cc(大さじ1杯) 鰹出しの素…3つまみ 《水溶き片栗粉》 片栗粉…10g 水…10cc 1.まず第一に、これをやっておきます(仕事から帰ったら、お風呂入る前に! 他のことをする前に! これを一番にやって下さい!)。 たけのこ1本を10~12等分に切り、バットなどに広げて入れ、薄口醤油をぶっかけます。 全体に満遍なくかけます。 このまま15~20分おきます。 薄口醤油で下味をつけます。 これ行うことで「たけのこ」の水っぽい味を回避できます。 この間にお風呂入ってください…。 2. 15~20分 おいたら、流水でササっと薄口醤油を流します。 3.「たけのこ」は、水気をきっておきます。 どんぶり鉢(深い器なら何でもOK)に煮汁の水、調味料を全部合わせ、よく混ぜます。 その中に「たけのこ」を入れ、小さい隙間を空けピチッとラップします。 レンジ(600w)で8~10分加熱します。 中がかなり見えにくいレンジの窓から覗き込んで、途中様子をみます。 煮汁がブクブク沸騰して3分くらい加熱するのが目安です。 4.たけのこをレンジ加熱している間に、若布を切っておきます。 長めのほうが若布の存在感が出ます。 水溶き片栗粉を合わせておきます。 5.レンジ加熱した「たけのこ」どんぶり鉢をレンジから取り出します。 どんぶり鉢が激熱なので、「鍋つかみ」などで掴んでください。 ラップを外します。 これも中から出てくる蒸気が激熱なので手の火傷に注意してください。 6.煮汁はそのまま、「たけのこ」だけを取り出し、器に盛ります(交互に重ねて盛る)。 7.「餡」を作ります。 煮汁に「水溶き片栗粉」入れます。 「おたま」などで混ぜながら少しずつ入れます。 8.再度、レンジで加熱します。 1分加熱しますが、20秒経ったところで一度取り出し、「おたま」でよ~く混ぜます。 片栗粉が底に沈殿するので混ぜて均等にとろみが付くようにします。 さらに40秒加熱します。 9.(8.)の熱々「餡」をレンジから取り出し、切った若布をぶち込んでからめます。 10.(6.)の「たけのこ」の横に若布を盛ります。 残りの「餡」をぶっかけて、木の芽の葉をぶちまけて完成です!.

次の

【厳選レシピ】全23種類!人気のたけのこ料理を集めました。

たけのこ 煮物

よく味が染みたたけのこの煮物って美味しいですよね。 実は、煮物を美味しく作るためにはいくつかのコツがあったんです。 そこで、 今回はたけのこ煮物の時の切り方!おすすめはこれ!美味しい煮物のコツを伝授!ついて詳しく紹介したいと思います! たけのこ は切り方によって味が変わる? たけのこには、大きく分けて、やわらかい穂先の部分と歯ごたえのある根元部分の2種類があります。 たけのこのは、調理する際の切り方を変えることでさらに食感が変わるので、それぞれの料理に合ったたけのこ の切り方をするのが一般的です。 ここでは代表的な、たけのこの切り方をいくつか紹介したいと思います。 たけのこ 短冊切り たけのこを幅1~2㎝、長さ4~5㎝、厚さ2㎜程度の長方形に切る切り方で、名前のとおり短冊の形に似ています。 たけのこの短冊切は薄くて火が通りやすいので、汁物や炒め物におすすめです。 たけのこ本来のシャキシャキとした食感が楽しる切り方です。 たけのこ イチョウ切り たけのこのイチョウ切りは、たけのこを縦に4等分し、端から一定の厚さで切っていきます。 これも短冊切りと同じく形がイチョウの葉に似ているため、たけのこのイチョウ切りと言われています。 たけのこをイチョウ切にするとたけのこの繊維を断ち切って柔らかくなるため、子どもやお年寄りの食べるやわらかいたけのにしたい調理に使うと良いですよ。 たけのこ 乱切り たけのこの乱切りはたけのこを転がすようにしながら、一口大に切る方法です。 乱切りは断面が多くなって味が染みやすくなり、また歯ごたえも残るためたけのこの筑前煮などの煮物にするのがおすすめです。 たけのこ くし切り くし切はたけのこの穂先を利用して、三角形に切る方法です。 たけのこ上部を縦半分に切り、そこから3~4等分にします。 たけのこのくし切は、若竹煮や土佐煮の調理の時に使うのがおすすめですよ。 たけのこの煮物 おすすめの切り方は? たけのこを使った煮物といってすぐに思いつく「筑前煮」の場合、 一口大の乱切りにするのがおすすめです。 たけのこの 筑前煮は鶏肉や他の根菜類などもたっぷり入るので、他の食材に合わせて 乱切りにすることでしっかり味が染み込みますよ。 しかも、一口大の乱切りをすると、たけのこ本来のシャキシャキした食感も残るのでさらに美味しく仕上げることができます。 また、同じく王道のたけのこの「若竹煮」や「土佐煮」の場合はたけのこが主役の煮物です。 根元部分はたけのこをお輪切りにして、主役にたっぷり出汁のうまみを含ませるのがおすすめです。 穂先は形を活かして、たけのこをくし切りにすると良いですよ。 そしてちょっと趣向は変わりますが、お正月のおせち料理にたけのこの煮物を入れる家庭も多いと思います。 そんな時には、たけのこの飾り切りをしてみてはいかがでしょうか? 初心者にもそれほど難しくない、たけのこの末広切りなら挑戦しやすいですよ。 飾り切りは、まずはたけのこを縦半分に切り、上の部分を少し残して2~3㎜の切り込みを入れていきます。 最後に上から押して広げると末広がりの形になり、見た目も美しく、味も染みやすくなるので末広切りがおすすめです。 たけのこの煮物を美味しく作るコツとは? たけのこのおすすめの切り方が分かったところで、美味しいたけのこの煮物を作るコツを紹介したいと思います。 まずはなにより大事なのが、たけのこのアク抜き。 たけのこは収穫した直後からアクがどんどん増えていきます。 そこで、手に入ったらすぐに丸ごとゆでてたけのこのアク抜きをしましょう。 たけのこのアク抜きをしたら、作りたい煮物に合わせて乱切りや輪切りにし、好みの味付けで煮ていきます。 この時、美味しくするコツとして時間に余裕がある場合は一度火から外して1時間くらいおき、ふたたび火にかけてひと煮立ちさせるとさらにたけのこに味が染み込んで美味しくなりますよ。 たけのこ煮物の時の切り方おすすめはこれ!美味しい煮物のコツを伝授!まとめ いかがでしたでしょうか。 たけのこは切り方や部分によって色々な食感が楽しめる食材です。 今日ご紹介したたけのこの切り方のコツなどを参考に、ぜひ味の染み込んだ美味しい煮物を作ってみてくださいね! まとめると・・・ ・たけのこの代表的にものと言えば「筑前煮」。 その場合、たけのこを一口大の乱切りがベストです。 ・「若竹煮」や「土佐煮」の場合はたけのこの根元部分は輪切り、穂先は形を活かしてくし切りにするのがおすすめ。 ・美味しいたけのこの煮物を作るコツはしっかりとしたアク抜き。 ・さらに美味しいたけのこの煮物のコツは、一度火から外して1時間くらいおき、ふたたび火にかけてひと煮立ちさせるとさらにたけのこに味が染み込んで美味しくなります! この情報があなたのお役に立てれば幸いです。 次の記事は気になるたけのこの賞味期限は?こちらをどうぞ カテゴリー• 257• 114• 163•

次の