お悔やみ 手紙 時間 が 経っ て から。 お悔やみを手紙で伝える場合の書き方や送り方について

お悔やみを手紙で伝える際の正しい書き方・送り方

お悔やみ 手紙 時間 が 経っ て から

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• お悔やみの言葉をお通夜や告別式に参列した際に述べることができたら良いのですが、近年は家族葬などが増え、葬儀後に訃報を知るケースが多くなってきています。 中にはきちんとお別れができず、気持ちが残ったままの人もいると思います。 ですが作法を守れば、葬儀の後日にお悔やみの言葉を伝えることはまったく問題ないのです。 ここからは、 葬儀後にお悔やみの気持ちを伝える方法を、いくつかわかりやすく解説します。 葬儀後のお悔やみの言葉の伝え方 葬儀の後日にお悔やみを述べたいと思った時、ご自宅へ 弔問することを考える方も多いと思います。 弔問は直接顔をあわせてお悔やみの言葉を伝え香典などをお渡しできるので、礼を尽くした手段ともいえますが、葬儀後の疲弊したご遺族をさらにわずらわせることにもなります。 葬儀後のご自宅への弔問はタイミングや持参するもの、または時間など、 ご遺族への気遣いを充分考慮しないといけません。 ここからはそのほかにも葬儀後のお悔やみの言葉の伝え方を、ポイントをあげていくつかご紹介していきます。 電話で伝える 葬儀後日の 電話でのお悔やみは弔問に出向くよりも迅速かつ簡単ではありますが、ご遺族の時間を一方的に拘束することを考えると、 タイミングを熟考する必要があります。 その場合はご遺族が深い悲しみの中にいる葬儀の直後は控え、気持ちが落ち着いた 忌明け頃に電話をするようにします。 お悔やみの言葉とともに故人の話を中心に、ご遺族へのいたわりの気持ちを優先し 長話しにならないようにしましょう。 また四十九日より以前に電話をするのであれば、後日の弔問の約束を取り付けるか、お悔やみの気持ちとして別途お供物やお花などを持参もしくは郵送することをおすすめします。 メールで伝える お悔やみの言葉はあくまでも 手紙か口頭で伝えるのが正式な作法です。 ですが最近は、親しい間柄またはビジネスの間柄であれば、双方にとって有用なメールやSNSが利用されるようになって来ています。 メールは早く手軽に気持ちを伝えるのに適したツールですが、お悔やみメールは親しい仲であっても くだけ過ぎないように配慮して、丁寧な言葉遣いで手短かに弔慰を伝えるようにしましょう。 絵文字や顔文字も控えるのがマナーです。 また件名には、誰からのメールかわかるように自身の名前を入れ、「お悔やみ申し上げます」と入れるようにします。 手紙で伝える 葬儀の後日に送るお悔やみの手紙は、喪家の慌ただしさが落ち着く 葬儀3日後ぐらいから初七日までの間に届くように出すのが理想的です。 それを過ぎて訃報を知らされた場合でも、聞いた時点からなるべく早めに送るようにしましょう。 また手紙はなるべく手書きが良いでしょう。 手紙に使う便箋は白無地縦書きを基本に、シンプルで控えめな色とデザインの便箋を選び、封筒も白無地の封筒を使用します。 お悔やみの手紙には、 香典に添付して郵送できるという利点があります。 その場合は、郵便局窓口で購入した大サイズの 現金書留封筒に不祝儀袋と手紙の封筒の両方を入れて発送するようにします。 以下の記事では現金書留での香典の送り方について説明しています。 ぜひご覧ください。 お悔やみの言葉で気をつけること そのほかにもお悔やみの言葉には、さまざまなルールがあります。 以下よりさらにくわしく説明しますので、ぜひ参考になさって下さい。 簡潔に伝える お悔やみの言葉は 簡潔に伝えることが肝心なので、手紙を書く場合も 頭語や時候のあいさつは省略します。 まずは本題である訃報に対する悲しみや驚きから始め、続けて葬儀に伺えなかったお詫びやご遺族の心身を気づかう言葉を述べます。 お悔やみで要点のみを手短かにまとめることは、ご遺族への最良の気遣いになります。 忌み言葉に気をつける お悔やみに関する文言にはNGワードが多くあります。 「しばしば」「くれぐれも」「重ね重ね」「追って」「再三」「たびたび」などは、弔事における忌み言葉です。 不幸が繰り返すことを思わせる 重ね言葉、 不幸が今後も続くことを思わせる言葉などは弔事では忌避されます。 また「死」「生」「死ぬ」「生きる」「死亡」「苦」などの 生死に関する直接的な表現、「四」「九」などの 死を思わせる言葉も使わないように気をつけましょう。 宗教用語に気をつける 日本の葬儀は多くが仏式で行われますが、キリスト教式、神式など、その他の宗教になると仏教とは死の概念が異なります。 そのため、 仏教でのお悔やみの言葉が他の宗教で使ってはいけない忌み言葉になり得ます。 キリスト教や神道において、「お悔やみ」「ご冥福」「供養」などの言葉は使用してはいけません。 キリスト教の葬儀では ご昇天をお祈り申し上げますと述べるのが適当です。 同様に神式においては 御霊(みたま)の平安をお祈り申し上げますのように述べます。 敬称について 弔電やお悔やみ文には、故人に対して通常より さらに丁寧な敬称を使うようにします。 以下より敬称の主なものをあげていきます。 父 : ご尊父様(ごそんぷさま)、お父上様、お父様• 母 : ご母堂様(ごぼどうさま)、お母上様、お母様• 夫 : ご夫君様(ごふくんさま)、ご主人様• 妻 : ご令室様(ごれいしつさま)、奥様• 祖父 : ご祖父様(ごそふさま)• 祖母 : ご祖母様(ごそぼさま)• 兄 : ご令兄様 (ごれいけいさま)、兄上様、お兄様• 姉 : ご令姉様 (ごれいしさま)、姉上様、お姉様• 弟 : ご令弟様 (ごれいていさま)、弟様• 妹 : ご令妹様(ごれいまいさま)、妹様• 息子 : ご令息様(ごれいそくさま)、ご子息様(ごしそくさま)• 娘 : ご令嬢様(ごれいじょうさま)、ご息女様(ごそくじょさま)、お嬢様 後日に伝える場合の例文 ここまでは葬儀が終わった後日、お悔やみの言葉を伝える方法やマナーについて例文を交えて説明してきました。 ここからは、 葬儀の後日受け取ったお悔やみの言葉へのお礼についてご紹介します。 お礼をする必要はあるの? 葬儀後のお悔やみの言葉には、 受け取ったらすぐに お礼を出しましょう。 メールでお悔やみの言葉を頂いた場合は、メールによる返信でもかまいません。 親しい仲同士のメールであっても丁寧な言葉遣いを心がけ、 形式に則ったお礼文をお返しすることが大切です。 どんなお礼をすればいい? では葬儀後にいただいたお悔やみに対するお礼はどうすれば良いのでしょうか。 以下より例文をあげて具体的に解説します。 お礼状を送る 葬儀後にいただいたお悔やみの言葉へは、なるべく 手書きのお礼状を送るのが理想的です。 お礼状もお悔やみ文と同様に 忌み言葉に注意しつつ、いただいたお悔やみに対するお礼や生前の故人の事、これまでの感謝や今後のお付き合いを願う気持ちなどを交えながらしたためていきます。 香典や供物、供花とともにお悔やみを頂いた場合は、四十九日の忌明け後に挨拶文を付けて香典返しを贈ります。 お悔やみのお礼状は別途で、送り物が届いた旨をお知らせするためにも頂いたら1週間以内には送るようにします。 お礼状の文例• お悔やみの言葉とは、故人への弔意とご遺族への慰めの気持ちを表したものをいう。 お通夜・告別式などで伝えられなくても、後日お悔やみの言葉を伝えることができる。 葬儀後のお悔やみの伝え方として故人のご自宅へ弔問する方法が一般的。 だが弔問は葬儀後のご遺族にとって大きな負担になるので、充分に配慮する。 葬儀の後日電話でお悔やみを伝えるのならば、忌明け後がおすすめ。 特に親しかったりビジネスの間柄の場合は、メールでお悔やみの言葉を伝えるケースも増えている。 その場合は砕けすぎず丁寧な言葉遣いを心がける。 葬儀後に送るお悔やみの手紙は、葬儀3日後から初七日までの間に着くようにする。 お悔やみの手紙は現金書留用封筒で、香典とともに郵送できる。 お悔やみの文は頭語などを付けず、いきなり本文のお悔やみの言葉から入るようにし、短く簡潔に要点のみをまとめる。 また「しばしば」「くれぐれも」などの重ね言葉を含む「忌み言葉」を使わないように注意する。 「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りいたします」は仏教用語なので、キリスト教式や神式の場合は使わないよう気をつける。 また故人の敬称には注意する。 葬儀後にいただいたお悔やみの言葉には、なるべく手書きのお礼状を送るのが理想的。 香典返しに付けて送る忌明けの挨拶状とお悔やみのお礼状は違うもの。 大切な人を亡くしたばかりの人に対しては、その人の時間を奪わないよう配慮し、丁寧な言葉で接するという昔の人の考えが現代を生きる私たちにも理解できます。 今も昔も変わらない思いを大切にしていきたいですね。 「終活ねっと」では、弔事におけるあいさつの言葉に関して詳しく解説した記事を多数掲載しています。 あいさつの言葉について知りたい方は、ぜひそちらの方もご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お悔やみの手紙の書き方・お悔やみ状|例文・後日・封筒・便箋・親戚・香典・返信

お悔やみ 手紙 時間 が 経っ て から

半年後に香典を渡しても大丈夫?• 半年後に香典を渡す際のマナーにはどのようなものがある? 金額は葬儀の時と同じでいいの?• 香典の渡し方については? 弔問して渡す、郵送で送る際の対応方法はどうしたらいい?• 弔問に行くときのマナーについて気を付けることはある? 葬儀に参列できなかった時にどのようにしたら弔意を伝えられるのか、迷うこともたくさんあるかと思います。 弔問時のマナーや香典の郵送のマナーについても説明しております。 ぜひ最後までお読みください。 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。 葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。 亡くなった半年後に事実を知って香典を渡すのは大丈夫なのでしょうか。 日にちが経っている場合は 葬儀の際に渡す時とマナーなどが変わるものなのかを説明します。 半年後に香典を渡してもマナー違反ではない 半年後に訃報を知った場合、 渡してもマナー違反にはなりません。 訃報を知った時に葬儀から日にちが経過していたとしても、親しかった人に対して弔意を表したいと思うのは自然なことです。 香典をお渡しするというのは弔意を表す方法の一つですが、ご遺族の方に香典返しなどの手間をかけることにもなります。 あくまでご遺族の負担にならないよう、 ご意向に沿った対応をしたいものです。 ご遺族が辞退されるケースも多い いざ 香典を渡したいと思っても、ご遺族が辞退されるケースも多くあります。 訃報を知らせなかったということは、元々ごく親しかった家族や親戚のみで供養をしたかったということが考えられます。 最近では葬儀の際でも香典辞退の旨を看板や受付で伝えるケースが増えています。 香典を辞退されるのには、参列者に気遣いを頂くのが申し訳なかったり、香典返しなどの手間を減らしたい、生前からの故人の意向であったなど色々な理由が考えられます。 いずれにしてもご遺族の意向を尊重し、辞退された場合には 強引にお渡しすることは避けましょう。 香典返しを辞退するのもあり 香典返しを送るというのはご遺族の方にとっては金銭的な負担となります。 香典を渡すことで香典返しを用意する手間が発生し、ご遺族に対して余計な負担をかけてしまうことになります。 ご遺族の方の負担にならないよう、こちらから香典返しを辞退することもできます。 もし弔問などで香典を渡す場合は、「くれぐれもお返しなどのお気遣いはなさらないようにお願いいたします」などと述べるとよいでしょう。 不祝儀袋の裏に香典返し辞退の文言を入れるか、一筆箋などに文言を記載して、不祝儀袋の中に入れるという方法もあります。 口頭だけだと社交辞令として取られてしまう可能性があります。 不祝儀袋にも辞退の意向を記載することで、一層こちらの考えが伝わることになります。 半年後に香典を渡す際のマナー 半年後に香典を渡す際には葬儀の時と同じ金額でいいのかなど迷うことが多いと思います。 金額や不祝儀袋の書き方はどうしたらいいのでしょうか。 半年後に 香典を渡す際のマナーについて説明します。 金額は葬儀の時と変わらない 金額は葬儀の時と変わるのでしょうか。 基本的に 葬儀の際と同じ金額相場で大丈夫です。 一般的には身内など血縁関係が深くなればなるほど香典金額が上がります。 あとは生前どの程度のお付き合いをされていたのか、差し上げる方の年齢などを考慮して金額を決めるとよいでしょう。 友人の家族や、勤務先の上司、同僚の場合は大体 5千円~1万円が多く、友人は 5千円~3万円が一般的のようです。 香典の金額に関しては故人との関係により相場があり、下の記事でも詳しく説明しております。 よろしければ参考になさってください。 弔問に行った時に渡す ご遺族のご自宅へ弔問へ伺うこともあるかも知れません。 その際、香典をお渡しすることもできます。 部屋へ通されず玄関口で失礼する場合には、 お悔やみの言葉を述べてその場で香典をお渡しするようにします。 もし部屋へ通された時は、 仏壇などに手を合わせてからご遺族へお渡しします。 (地方によっては、仏壇に置くこともあるようです、その場合はこちら側から文字が見えるように置きます) 香典は 袱紗に包んで持参するのがマナーです。 郵送する場合はお悔やみの手紙を添える 弔問をしたい旨をご遺族へ連絡してもお断りをされたり、遠方で弔問へ伺うことができなかったりする場合は、香典を郵送するといいでしょう。 送る際は郵便局の現金書留で送ります。 郵送する際には一筆箋でも結構ですからぜひ手紙も添えてください。 お悔やみの手紙は、頭語や時候の挨拶などは省き、お悔やみの言葉やご遺族を気遣う内容を記載しましょう。 宛先は、基本的には喪主になりますが、もし友人の家族が亡くなった時は喪主の方の住所がわからないこともあると思います。 喪主の方の住所がわからない場合は、友人に送っても失礼ではありません。 あらかじめ友人へ連絡をし、確認をとっておくほうが良いでしょう。 郵送する香典に添える手紙の詳しい文例などは、下の記事で詳しく説明しています。 弔問へ行く場合のマナーはいくつかあります。 まずは事前にご遺族に訪問することを伝え、 希望の日時を確認してから伺うことです。 伺う際の服装は 喪服は控えましょう。 亡くなってから半年経過してご遺族も日常生活へ戻ろうとしているのに、喪服を着てしまっては悲しみを思い出させてしまうことになりかねません。 派手ではない平服で構いませんが、ジーンズなどカジュアルなものや露出の高い恰好は避けましょう。 アクセサリーも結婚指輪以外は外します。 男性であれば派手ではない色のスラックスとジャケット、女性であれば地味な色のワンピースやスーツなどが適しています。 伺ったらご遺族から中へ促されるまではお宅へは上がらずに、中へ通されなければその場でお悔やみの言葉を述べ、持参した香典や供物があればお渡しして失礼しましょう。 半年後に香典を渡しても大丈夫なのかまとめ• 最近では家族葬などごく親しい人のみで葬儀を営むケースが増えているため、後日訃報を知ることも多い。 弔意を表すために葬儀から半年経過してから香典を渡しても失礼にはあたらない。 最近では様々な理由からご遺族が香典を辞退するケースも多い。 香典を渡すことによってご遺族の負担にならないように、気遣うことが大切。 香典返しを辞退する旨を伝えるなどの方法もある。 香典の額は半年後であっても葬儀の時と変える必要はない。 ただし、仏式であれば忌明けなので不祝儀袋の表書きが「御仏前」となり、薄墨ではなく濃い墨を使うようにする。 香典は弔問に行った際に渡したり、遠方であれば郵送で送ったりする方法がある。 弔問ではご遺族の都合を聞いてから伺い、喪服は着ないのが礼儀。 郵送する場合にはお悔やみの手紙を添える。 大切な人の訃報を知って弔意を表したいのは自然なことです。 しかしながら、香典を送ることでご遺族の負担になってしまってはよくありません。 ご遺族の意向や負担に配慮しつつ適切に振舞えるとよいですね。 「終活ねっと」では、他にもお悔やみごとに関する記事を多数掲載しております。 ぜひそちらもご覧ください。

次の

朝時間|手紙っていいですよね

お悔やみ 手紙 時間 が 経っ て から

」など直接本文に入り、お悔やみの言葉を述べます。 お悔やみの手紙は、訃報を聞いたら時間をおかず、取り急ぎ出すもので、故人を悼む気持ちがまず先にあって書かれるものですので、冒頭の挨拶を省いてでもお悔やみを述べるのが先だからです。 はがきは使用しない 基本として、はがきは親しい身内や知人などでやり取りする際に使用するもので、他人に見られてもかまわない内容や、簡単に要件のみ伝える場合など、あくまで略式とされています。 お悔やみの手紙など正式な手紙には封書を用いるのが礼儀です。 封筒や便箋は、白無地の縦書きものを使用しましょう。 便箋は一枚、封筒は一重のもを使用する 弔事の手紙では、「不幸が重なる」ことを避けるため、封筒は一重のものを使用します。 また、便箋も一枚でおさめるように気をつけて書きましょう。 お供えの品にお悔やみの手紙を添える場合は、封筒や便箋を使わず仏事用のメッセージカードを使うこともあります。 お悔やみの手紙をメインと考えず、あくまでお供えの品に一言添えるものと考えていいでしょう。 お悔やみの手紙 文面のポイント 書き出し 先述にもあるように、お悔やみの手紙では「拝啓」や時候の挨拶などの前置きは省略し、すぐに本題に入ります。 弔問できない理由やお詫びの言葉を書く 本来なら、通夜や葬儀に参列したり、直接出向いてお悔やみを述べるのが最も礼にかなった方法ですが、やむを得ない事情で直接お悔やみを述べることができない場合は、弔問に伺えない理由を言い訳がましくならない程度に簡潔に書き、お詫びの言葉を述べます。 遺族を気遣う言葉を書く 遺族あての手紙なので、心からのいたわりや励ましの気持ちを書きます。 悲しみの気持ちを表すことも大切ですが、遺族を気遣う文面になるように書きましょう。 故人との思い出や関係性を簡潔に書く 故人との思い出を書き添えると、形式的になりがちなお悔やみの手紙が、心のこもったものとなるので、遺族に対し、より気持ちが伝わりやすい。 また、故人との関係性が分からず遺族の方が困ってしまうことのないよう、特に遺族と面識のない場合は、あなたが誰なのかが分かる一言を文面に添えましょう。 香典や供物などを贈る場合は明記する 香典や供物に手紙を添えて贈る場合は「心ばかりのものを同封いたしました。 御霊前(御仏前)にお供え頂けますようお願い申し上げます。 」など、必ずそのことを明記します。 あとから遺族の方がお返しをする際にもきちんと書いてあれば、名簿代わりの参考にできるため親切です。 香典や供物の表書き 仏式の場合の表書きは、忌明け前なら「御霊前」とし、四十九日の忌明け後は「御仏前」となります。 神式の場合は「御玉串料」とし、キリスト教の場合は「御花料」とします。 忌み言葉に注意する 死を連想させる不吉な言葉や、不幸が重なることを連想させる重ね言葉などに注意して書きます。 直接的な表現も避け、オーバーな表現も避けましょう。 「四」「九」 「重ね重ね」「またまた」「追って」「次々」「再三」 「また」「再び」「続いて」 「返す返す」「くれぐれも」「しばしば」「皆々様」「いよいよ」 「死ぬ」「死亡」「生存」「ご存命」「死去」 「とんだこと」「浮かばれぬ」 など ケース別お悔やみの手紙文例 お悔やみの手紙・葬儀に出席できない場合 お母様が旅立たれたとの悲しいお知らせを受けていまだに信じられない気持ちでおります。 お母様には学生時代、よくおいしい手料理をごちそうになりました。 私は実家を離れ、下宿生活をしておりましたので、お母様には実の母のように可愛がっていただきましたのに、ご恩返しもできないままで残念です。 本来ならすぐにでもお伺いして、お悔やみ申し上げるべきところ、長期出張中にて葬儀に参列がかないませんこと、どうぞお許し下さい。 ご家族の皆様にはさぞご心痛かと存じますがどうぞお力をおとされませんようご自愛ください。 なお、心ばかりのものを同封いたしましたので御霊前にお供えいただけますようお願い申し上げます。 略儀ながら、書面にてお悔やみ申し上げます。 合掌 喪中はがきで不幸を知った場合 このたびはご丁寧なるごあいさつをいただき、ご尊父様ご逝去を知り、ただ驚くばかりです。 ご無沙汰しておりましたため、少しも存ぜず失礼いたしました。 遅ればせながら心よりお悔やみ申し上げます。 ご家族の皆様もさぞお心落としのことと存じますが、寒さ厳しき折、なにとぞご自愛ください。 喪中とは知らずに年賀状を出してしまった場合 ご令室様がご他界され、ご服喪中とのお便りをいただき驚いております。 遅ればせながら、謹んでお悔やみ申し上げます。 少しも存じませず年始状をお送りし、大変失礼いたしました。 ご容赦いただきたくお願い申し上げます。 ご家族の皆様には、さぞお力おとしのことと存じます。 寒さ厳しき折から、ご自愛下さいますようお祈り致します。 遅れて亡くなったことを知った場合 お父様のご逝去を知りとても驚いております。 ご高齢とはいえ、お元気なご様子を伺っておりましただけに、ご家族の驚きやご心痛はいかばかりかと拝察し、心よりお悔やみ申し上げます。 しばらくご無沙汰していたために、お父様が亡くなられていたことも存じませず、弔問にもお伺いせずに申し訳ございませんでした。 遅ればせながら謹んでご冥福をお祈りいたします。 ご家族の皆様におかれましては、さぞお寂しい毎日かと存じますが、どうかお体を大切にお過ごしください。 心ばかりのものを同封いたしましたので御仏前にお供えください。 略儀ながら書面にて、心よりお悔やみ申しあげます。 その場合は、知った時点でできるだけ早くお悔やみが遅れたお詫びを伝えましょう。 知らずに年賀状を出してしまった場合もすぐにお詫びの手紙を。 お香典を郵送する場合はお悔やみの言葉を添えて 直接出向けず、お香典を郵送する場合は、必ず現金書留で送ります。 その際にお香典だけを送るのではなく、きちんとお悔やみの手紙を同封しましょう。 また、香典袋も中袋の記載も含め、持参する場合と同様に書きます。 表書きは薄墨で書き、「御香料」や「御霊前」「御佛前」など宗教や忌明け前か後でも変わりますので注意が必要です。 差出人の氏名もきちんと書きましょう。 中袋にもきちんと差出人氏名・住所・金額を明記するのが礼儀です。 日を改めてお悔やみに伺う場合 取り急ぎ、不幸を知りお悔やみの手紙を出した場合でも、後日改めてお悔やみに伺うつもりの場合は、その旨を手紙に書きましょう。 ただし、社交辞令は失礼になりますので、書き添えたら必ず遺族の都合を聞いてから時期を見て伺いましょう。 以下にご紹介するお店は商品ひとつだけの注文でも礼状やお悔やみ状を無料で作成してくれるのでおすすめです。 【参考文献】 冠婚葬祭お金とマナー大辞典:主婦の友社編 作法が身につく しきたりがわかる 冠婚葬祭マナーの便利帖:岩下宣子 著, 監修, 監修 お坊さんがイチから教える! 冠婚葬祭:三越伊勢丹ホールディングス 著 gifcon2 日本には様々な行事があり、そのすべてに"マナー"が存在していることはお気づきでしょうか? 誰が決めたとも分からない、この暗黙のルールのようなマナーについて、2005年から約10年間ギフト業界で企画・販売などを経験し、現在はその知識を元に主に冠婚葬祭の贈答マナーについてアドバイザーとして活動しております。 当ブログでは、特に振る舞いなどに配慮が必要な「弔事」における今さら聞けない一般常識をケース別にご紹介しています。 決してマナーに囚われすぎるのではなく、突然の出来事にも臨機応変に「大人の対応」ができる常識人を一緒に目指していきましょう。 com.

次の