倉科 カナ ドラマ。 倉科カナ 出演ドラマ(一覧)ランキング

ドラマ【奪い愛、冬】のキャスト、あらすじ!倉科カナ×三浦翔平でフジテレビに喧嘩を売る!

倉科 カナ ドラマ

タイトルは『奪い愛、冬』。 脚本は放送作家の氏が書き下ろす完全オリジナルで、2016年版ドラマ『不機嫌な果実』(同局)のスタッフと新チームを結成する。 倉科が演じるのはデザイン会社社員・池内光。 裕福ではない家庭に育ったものの、持ち前のガッツと頭脳で仕事も優秀にこなし、おまけに婚約者もいるという、公私ともに充実している彼女の前に突如、かつて死ぬほど愛した元彼が現れたことから、事態は急転。 婚約者がいるにもかかわらず、その心はどんどん元彼を求めていく。 しかも、元彼には妻がいて…。 放送中の10月期のドラマ『カインとアベル』(フジテレビ)に続いて、2人の男の間で揺れ動く女性を演じることになるが、倉科自身は「ラブストーリーの経験が少ないので、気恥ずかしさも感じているんです」と明かす。 ラブシーンもありますけど、そこだけに力を入れるわけではなく(笑)、鈴木おさむさんの世界観を壊さないように演じていきたいです」と話している。 一方、三浦が演じる婚約者の奥川康太は金持ちのボンボンで優柔不断なところもあるが、自分のやりたいことを実現するために、親のコネで入った会社を辞めて再就職するという気概の持ち主。 三浦も「今回は自分を思いっきり開放し、いままでの僕のイメージを変える役になりそうです。 というのも、ここまで嫉妬にまみれる役は初めて。 撮影では放送できないレベルくらいまで、とにかく行けるところまで演じてみて、どんな自分が見せられるか楽しみです」と語っており、康太のじっとりとした嫉妬心をどう表現するのか、三浦の新境地も注目だ。 脚本の鈴木氏は「観てくれる皆さんの予想をいい意味で裏切り続ける、ハイスピード展開の愛を奪い合う激しい恋愛ドラマになると思います。 奪い合う愛に正義なんかないかもしれませんが、その先に真実の愛が見えてくる…はずです」とコメントを寄せている。

次の

【俺の話は長い】倉科カナさん着用の可愛いファッション・ 服・衣装はこちら♪

倉科 カナ ドラマ

さらに、捜査一課のチームのメンバーにはとの出演も決定した。 小学館ビッグコミック増刊号で連載された、作・、画・菊田洋之の同名コミックを原作にした同ドラマ。 主人公の天才遺伝子科学者・神保仁を田中が、神保と事件解決のためタッグを組む熱血刑事・安堂源次をが演じることは既報の通り。 今回発表されたのは、神保と安堂を取り巻く個性豊かなキャラクターたち。 警視庁科学捜査研究所の美女・乱原流奈(らんばらるな)役を倉科が。 原作にはないドラマオリジナルキャラクターとして、警視庁捜査一課・課長で安堂の上司、栗原四郎役を渡辺、警視庁捜査一課・巡査で安堂班の若手刑事・瓜生夏樹(うりゅうなつき)役を中田、スナック「ゲ呑ム」(げのむ)のママ、馬場ゆかり役を松坂が演じる。 今回の発表をうけ、倉科、松坂、渡辺、中田からコメントが到着。 以下に紹介する。 <乱原流奈役・倉科カナ コメント> 原作のキャラクターとは色合いが少し違いますが、新しい乱原流奈を作り、生きていけたらなと思います。 脚本以上に新しいものが次々と生まれていくのではないかと思えるキャストのみなさんとご一緒させていただけることが、今から楽しみでなりません。 金曜8時、ぜひ見ていただけたら嬉しいです。 <馬場ゆかり役・松坂慶子 コメント> 今回『らせんの迷宮』に出演させていただけます事、とても楽しみにしております。 脚本がとても面白く、引き込まれました。 田中圭さんとご一緒にお仕事ができる事も楽しみです。 役のイメージをふくらませているところです。 <栗原四郎役・渡辺いっけい コメント> 僕はヤスケン演じる安堂の上司役。 叩き上げで熱い安堂の長所と短所を知り尽くしている設定なので、その空気感をうまく出せたらなと。 きっとヤスケンはググッと役に入り込みますからね、なるべく現場では話しかけないようにしようと思います。 久しぶりの共演だから積もる話もあるし話しかけたいけどね、我慢しますっ! そして人気と実力を兼ね備えた圭君とヤスケン、2人の絡みは……もう現場を見学に行きたいぐらい楽しみです。 マジで見学に行こうかなぁ。 <瓜生夏樹役・中田圭祐 コメント> 自身初の実年齢より年上の役なのと、なんと警視庁捜査一課の一員。 正直、期待と不安でいっぱいです。 現場の空気をしっかり感じて、丁寧に演じていきたいと思いました。 瓜生は、事件の詳細や、現場の状況など大事な情報を伝える大切な役だと思いました。 そして、主任(安堂刑事)の右腕としての関係性をしっかりと築いていきたいです。 僕は、プライベートでも主任みたいなアツイ人が大好きなので勢いに負けずしっかりと食らいついていきたいです。 今回、皆さんとは初めて共演させていただくのですが、安田顕さんとは一緒のシーンがたくさんあるので、現場でたくさんコミュニケーションをとりたいです。 それとお芝居をしている姿を見て、たくさん勉強させて頂きたいです。 <あらすじ> 都内で、遺体に「X」の痕跡を遺す殺人事件が発生する。 事件を担当するはずだった刑事・安堂源次(安田)は捜査から外された。 かつて自身の妻が被害者となった連続殺人と同じ犯人の可能性が高いからだ。 そこで捜査本部には内密に、天才科学者と云われる神保仁(田中)に捜査の協力を要請する。 事件の解決に全く興味を示さない神保。 何よりその奇想天外な行動と言動に源次は振り回される。 しかし徐々に息の合い始める2人。 そして2人の孤独なDNA捜査は、捜査本部も気づかなかった「ある痕跡」を見出す。 そんな中、「殺人鬼X」による更なる殺人が起きてしまう……。

次の

【俺の話は長い】倉科カナさん着用の可愛いファッション・ 服・衣装はこちら♪

倉科 カナ ドラマ

さらに、捜査一課のチームのメンバーにはとの出演も決定した。 小学館ビッグコミック増刊号で連載された、作・、画・菊田洋之の同名コミックを原作にした同ドラマ。 主人公の天才遺伝子科学者・神保仁を田中が、神保と事件解決のためタッグを組む熱血刑事・安堂源次をが演じることは既報の通り。 今回発表されたのは、神保と安堂を取り巻く個性豊かなキャラクターたち。 警視庁科学捜査研究所の美女・乱原流奈(らんばらるな)役を倉科が。 原作にはないドラマオリジナルキャラクターとして、警視庁捜査一課・課長で安堂の上司、栗原四郎役を渡辺、警視庁捜査一課・巡査で安堂班の若手刑事・瓜生夏樹(うりゅうなつき)役を中田、スナック「ゲ呑ム」(げのむ)のママ、馬場ゆかり役を松坂が演じる。 今回の発表をうけ、倉科、松坂、渡辺、中田からコメントが到着。 以下に紹介する。 <乱原流奈役・倉科カナ コメント> 原作のキャラクターとは色合いが少し違いますが、新しい乱原流奈を作り、生きていけたらなと思います。 脚本以上に新しいものが次々と生まれていくのではないかと思えるキャストのみなさんとご一緒させていただけることが、今から楽しみでなりません。 金曜8時、ぜひ見ていただけたら嬉しいです。 <馬場ゆかり役・松坂慶子 コメント> 今回『らせんの迷宮』に出演させていただけます事、とても楽しみにしております。 脚本がとても面白く、引き込まれました。 田中圭さんとご一緒にお仕事ができる事も楽しみです。 役のイメージをふくらませているところです。 <栗原四郎役・渡辺いっけい コメント> 僕はヤスケン演じる安堂の上司役。 叩き上げで熱い安堂の長所と短所を知り尽くしている設定なので、その空気感をうまく出せたらなと。 きっとヤスケンはググッと役に入り込みますからね、なるべく現場では話しかけないようにしようと思います。 久しぶりの共演だから積もる話もあるし話しかけたいけどね、我慢しますっ! そして人気と実力を兼ね備えた圭君とヤスケン、2人の絡みは……もう現場を見学に行きたいぐらい楽しみです。 マジで見学に行こうかなぁ。 <瓜生夏樹役・中田圭祐 コメント> 自身初の実年齢より年上の役なのと、なんと警視庁捜査一課の一員。 正直、期待と不安でいっぱいです。 現場の空気をしっかり感じて、丁寧に演じていきたいと思いました。 瓜生は、事件の詳細や、現場の状況など大事な情報を伝える大切な役だと思いました。 そして、主任(安堂刑事)の右腕としての関係性をしっかりと築いていきたいです。 僕は、プライベートでも主任みたいなアツイ人が大好きなので勢いに負けずしっかりと食らいついていきたいです。 今回、皆さんとは初めて共演させていただくのですが、安田顕さんとは一緒のシーンがたくさんあるので、現場でたくさんコミュニケーションをとりたいです。 それとお芝居をしている姿を見て、たくさん勉強させて頂きたいです。 <あらすじ> 都内で、遺体に「X」の痕跡を遺す殺人事件が発生する。 事件を担当するはずだった刑事・安堂源次(安田)は捜査から外された。 かつて自身の妻が被害者となった連続殺人と同じ犯人の可能性が高いからだ。 そこで捜査本部には内密に、天才科学者と云われる神保仁(田中)に捜査の協力を要請する。 事件の解決に全く興味を示さない神保。 何よりその奇想天外な行動と言動に源次は振り回される。 しかし徐々に息の合い始める2人。 そして2人の孤独なDNA捜査は、捜査本部も気づかなかった「ある痕跡」を見出す。 そんな中、「殺人鬼X」による更なる殺人が起きてしまう……。

次の