私 の 愛 した シリウス。 シリウスと私の関係について、備忘録。【前編】|Akane Nishimura|note

初めて知った「母のトラウマ」 その告白に私は… ~私と母の“友人のような関係”が起こしたトラブル(3)~【息子愛が止まらない!! 第23話】|ウーマンエキサイト(1/4)

私 の 愛 した シリウス

写真 ママスタ 「ママ大好き」と言ってくれる子どもについて、あるママからこんな投稿がありました。 『「無償の愛」と聞くと、親から子へというイメージだけれど、実際は子どもから無償の愛をもらっているなと日々思う。 こんな私にいつも「大好き」と言ってくれる。 こんな私をここまで必要としてくれて、心から大好きと言ってくれる存在はなかった……。 本当に子どもが今の私の生きていく意味だなと思う。 子どもに依存はするつもりないし、こんなに大好きと言って甘えてくれるのは今だけだろうけれど、子どもの存在はありがたいな。 私自身が親とあまり仲良くなく、愛された記憶もないから、子どもに必要とされることが余計嬉しくて、夜中にふと考えて幸せで涙が出る』見返りを求めない、無償の愛。 投稿者さんはお子さんに必要とされていると感じて、それが自分の生きる意味にもなっているそうです。 自分をそんな気持ちにしてくれて、これこそが無償の愛だと考えているようですが、他のママたちは投稿者さんのように感じることはあるのでしょうか。 早速コメントを紹介していきます。 私も子どもから「無償の愛」をもらっているよ!投稿者さんに共感するママたち 『うちも毎日大好きと言って、ギューっと抱きしめている。 たまらないよ。 そのうち嫌がられるだろうから、今だけでも』 『うちも! 最近平仮名を書けるようになって、毎日「まま、だいすき」と書いた可愛い便箋のお手紙をくれる。 子どもから「大好き」と言ってもらったり、可愛い文字で書いたお手紙をもらったりと、ママたちが子どもから必要とされていることが伺えます。 愛は無償ではない?子どもは見返りを求めることもあるけれど 『子どもの愛は無償なんかじゃないよ。 お母さんにアレしてほしいコレしてほしいという気持ちがあるから求めている。 大人になってからは特にだけれど、与えられた分しか返してくれないよ』 『見返りがないと思ってるのはあなただけ。 その子たちが大人になったら思うよ。 私たちは何もしてもらえなかったと。 子どものときに愛された経験から親を大事にできるのであって、愛されていなければ何も返せない。 中高生のうちは反抗するにも限度があるから、ただ従っているだけ』子どもから無償の愛をもらっていると思うママがいる一方で、子どもがくれているのは無償の愛ではないと考えるママもいます。 子どもが「ママ大好き」と言ったりするのは、ママにしてほしいことがあるから、見返りが欲しいからという意見もあります。 またママたちは子どもから無償の愛をもらっているかもしれないけれど、子どもにも同じように愛を与えているのか? と疑問を投げかけるママもいます。 ママも人間。 怒って後悔するのは子どもからの愛を感じるから? 『そんな子どもたちにイライラした。 片付けをしない、食べると言ったものを作ったのに食べないし。 年長と年少。 限界突破してしまった。 今日は1日怒ってばかり大声だしてばかり』 『世界で我が子だけだよね。 こんな無償の愛をくれる存在は。 何があっても何をしても子どもは親のことが好きなんだろうな、小さい頃は。 大人になればまた違ってくるんだろうけれど。 2歳の小さい息子に、イライラしてブチギレてしまう自分が嫌で仕方がないよ』無償の愛をくれるのは子どもだけだとわかっていても、ときにママたちは子どもを強く叱ってしまいます。 普段は子どものすることだからと大目に見ていても、我慢の限界はきてしまいますよね。 しかし感情的に怒ったことを後悔するママも少なくありません。 助けているようで助けられているのは親子の愛が存在するから 『うちも毎回大好きっぽい態度をとります。 もう高校生なんだけれど。 ありがたいよね』 『子どもは存在自体が本当にありがたい。 助けているようで、助けられている』 『私も親からは愛されなかったから、子どもたちにもこういうのが家族愛、無償の愛なんだよと言ってきたしね。 上の子たちは高校生だけれど、どんなに反抗してきても全然苦ではないのは、やっぱり何があっても私が子どもたちに愛されてると思っているからなのかな。 子どもたちからたくさんの愛を教えてもらい、与えてもらったから、本当に私は幸せだなと思ってるよ』高校生くらいのお子さんを持つママたちも、子どもからの無償の愛があると感じています。 例えばママにとって辛いことがあっても、子どもの「ママ大好き」という一言で気持ちが和むこともあるのでしょう。 あるママは自分が子どもを助けているようで、実は自分が助けられていると感じています。 この気持ちが子どもへの感謝につながっていくのではないでしょうか。 子どもからの愛が一方通行にならないように、ママからも子どもに愛情を注ごう 子どもから「ママ大好き」と言ってもらったり必要とされることで、投稿者さんは「無償の愛」をもらっていると感じています。 これに関しては他のママたちも同じように考えていて、それが子どもへの感謝の気持ちにつながっていることも伺えます。 一方で子どもからの無償の愛はなくて、子どもながらに見返りを考えているのでは? との指摘もありました。 特に子どもが大きくなると、子どもながらにいろいろ考えて、親に取り繕うこともあるのかもしれませんね。 でもそういうことも含めて、親は子どもに愛情を持って接していく必要があるのでしょう。 親が子どもからの愛を受け取って終わるのではなく、その何倍もの愛情を子どもに注いでいきたいですね。 文・川崎さちえ 編集・しらたまよ.

次の

シリウスからの愛 : 新次元の叡智を生きるーBlue dragon for New Earth

私 の 愛 した シリウス

犬とイルカの愛あふれる映像です。 映画でも、こんな映像が撮れること自体、凄いと思ってしまいます。 イルカは高次元からやってきた生物として名高いですが、犬や猫もそうなのですね。 以前、茶トラの猫(名前はにゃんた)を飼っていました 頭が良くて、器も大きくて、どうしてもただの猫に思えなくて、この子は「宇宙猫」に違いないと勝手に思っていました(スピリチュアルなことに目覚めていない時の話です) 今日、お気に入りのブログを見たら、イルカはシリウスBから来た種で、猫と犬はシリウスAから来た種であると書かれていました。 猫って、想像以上に凄い生き物だったのですね (大天使メタトロン)より一部抜粋 ネコはエーテル界の思考を実によく認識しており、見えないところで強さと保護を提供してくれます。 家ネコは飼い主を外界から来る思考や否定的なエネルギーから守ってくれます。 ある種の犬もまたそのような能力がありますが、犬の場合は表現の仕方や行動が違ってきます。 波動ヒーリング 猫の喉がゴロゴロ鳴る音は、人間のオーラをヒーリング修繕し、守るのに非常に効果があります。 猫のサイキックな能力と側面は長い間認められてきました。 「寺の猫」は古代社会で聖地を守護するために用いられてきました。 猫はまた伴侶や友達、守護として神秘家やヒーラー、様々な土着社会、宗教のシャーマンなどに愛されてきました。 狼や他の犬は、同じようなサイキック、神秘的なレベルの次元世界を持っています。 そういうわけで、猫と犬は人間よりも遥かに優れた感知能力を持ち、もっと大きな次元を見る能力があります。 虐待を受けた子供たち、末期患者、鬱の人や在宅での高齢者介護など、猫と犬は、セラピー場面で貢献しますが、それは彼らの顕著なヒーリング能力の好例です。 ペット・セラピーヒーリングの分野への応用は益々認知されるでしょう。 将来もっと広がっていきます。 猫は可視光線以外も見えます。 で、実際に人間のオーラ、人間の起電力(EMF)など人間の目には見えないエネルギーを見ることが出来ます。 猫が感知できる光のスペクトラムの範囲は驚くべきものがあります。 猫は、物質でないものを見ることが出来ます。 猫はまた、自分の見た夢を理解したり、夢の世界が持つ意味を理解するのを手助けしますが、そればかりでなく夢の中にいる時にはっきりと気付くのを手助けします。 夢を見ていながら意識を明晰に保っていられるようにしてくれます。 確かに、家の猫も誰もいないところをじーっと見つめ、目で何かを追っていることがよくありました。 何かいるのだろうなと思い、怖いのでそっちの方は見ないようにしていました。 また、私が6~7年程前に死にかけた時も(何度か死にかけています・・・汗)、普段一緒に眠らない猫が、その時だけ私にピタッと張り付いて丸2日一時も離れませんでした。 この後、導かれるように知り合った霊能者の方にこのことを話したら、私を悪い霊から守っていたんですよと言われました。 ありがたいですね・・・(涙) イルカも大好きで、東京にいた時は、新江ノ島水族館の年間パスポート(4000円)を買い、毎月訪れていました。 イルカのショーは2種類あり、何回も見ているのに、何度見てもまた感動して涙が出てくるのでした。 地下では、イルカがプールで泳ぐ姿が覗けるのですが、イルカがガラス越しに何かを話しかけてきたりすることがあり、この姿がまた本当にかわいらしくて、顔が満面の笑みになりました 実家の老犬が震災直後に死んでしまい(かなり弱っていたので、震災直後の重いエネルギーに耐えられなかったのだと思います)、母が寂しそうなので、また犬か猫を飼った方が良いのだろうなと思っていたところ、目にした文章でした.

次の

ジェームズ、シリウス、リリー・・・・・ ハリーポッター

私 の 愛 した シリウス

犬とイルカの愛あふれる映像です。 映画でも、こんな映像が撮れること自体、凄いと思ってしまいます。 イルカは高次元からやってきた生物として名高いですが、犬や猫もそうなのですね。 以前、茶トラの猫(名前はにゃんた)を飼っていました 頭が良くて、器も大きくて、どうしてもただの猫に思えなくて、この子は「宇宙猫」に違いないと勝手に思っていました(スピリチュアルなことに目覚めていない時の話です) 今日、お気に入りのブログを見たら、イルカはシリウスBから来た種で、猫と犬はシリウスAから来た種であると書かれていました。 猫って、想像以上に凄い生き物だったのですね (大天使メタトロン)より一部抜粋 ネコはエーテル界の思考を実によく認識しており、見えないところで強さと保護を提供してくれます。 家ネコは飼い主を外界から来る思考や否定的なエネルギーから守ってくれます。 ある種の犬もまたそのような能力がありますが、犬の場合は表現の仕方や行動が違ってきます。 波動ヒーリング 猫の喉がゴロゴロ鳴る音は、人間のオーラをヒーリング修繕し、守るのに非常に効果があります。 猫のサイキックな能力と側面は長い間認められてきました。 「寺の猫」は古代社会で聖地を守護するために用いられてきました。 猫はまた伴侶や友達、守護として神秘家やヒーラー、様々な土着社会、宗教のシャーマンなどに愛されてきました。 狼や他の犬は、同じようなサイキック、神秘的なレベルの次元世界を持っています。 そういうわけで、猫と犬は人間よりも遥かに優れた感知能力を持ち、もっと大きな次元を見る能力があります。 虐待を受けた子供たち、末期患者、鬱の人や在宅での高齢者介護など、猫と犬は、セラピー場面で貢献しますが、それは彼らの顕著なヒーリング能力の好例です。 ペット・セラピーヒーリングの分野への応用は益々認知されるでしょう。 将来もっと広がっていきます。 猫は可視光線以外も見えます。 で、実際に人間のオーラ、人間の起電力(EMF)など人間の目には見えないエネルギーを見ることが出来ます。 猫が感知できる光のスペクトラムの範囲は驚くべきものがあります。 猫は、物質でないものを見ることが出来ます。 猫はまた、自分の見た夢を理解したり、夢の世界が持つ意味を理解するのを手助けしますが、そればかりでなく夢の中にいる時にはっきりと気付くのを手助けします。 夢を見ていながら意識を明晰に保っていられるようにしてくれます。 確かに、家の猫も誰もいないところをじーっと見つめ、目で何かを追っていることがよくありました。 何かいるのだろうなと思い、怖いのでそっちの方は見ないようにしていました。 また、私が6~7年程前に死にかけた時も(何度か死にかけています・・・汗)、普段一緒に眠らない猫が、その時だけ私にピタッと張り付いて丸2日一時も離れませんでした。 この後、導かれるように知り合った霊能者の方にこのことを話したら、私を悪い霊から守っていたんですよと言われました。 ありがたいですね・・・(涙) イルカも大好きで、東京にいた時は、新江ノ島水族館の年間パスポート(4000円)を買い、毎月訪れていました。 イルカのショーは2種類あり、何回も見ているのに、何度見てもまた感動して涙が出てくるのでした。 地下では、イルカがプールで泳ぐ姿が覗けるのですが、イルカがガラス越しに何かを話しかけてきたりすることがあり、この姿がまた本当にかわいらしくて、顔が満面の笑みになりました 実家の老犬が震災直後に死んでしまい(かなり弱っていたので、震災直後の重いエネルギーに耐えられなかったのだと思います)、母が寂しそうなので、また犬か猫を飼った方が良いのだろうなと思っていたところ、目にした文章でした.

次の