バイ 貝 酒 蒸し。 バイ貝の基本調理方法を解説 和食で使える二種類の含煮 今では高級素材です

天満貝蒸屋

バイ 貝 酒 蒸し

二枚貝の一種である「あさり」は、貝類の中でもおうちで手軽に料理しやすいおなじみの貝。 殻ごと調理することが多いので旨味もたっぷり味わえます。 今回はあさりの旬や、砂抜きの仕方、春の食材を使ったおすすめのレシピなどあさりの魅力をお伝えします! 潮干狩りシーズンがあさりの旬 3月中旬からシーズンを迎える潮干狩り。 GWシーズンにはよくテレビで特集されてますよね。 関東あたりではだいたい5月下旬頃まで潮干狩りが可能。 あさりの旬も同じく3月〜5月頃です。 また、あさりの旬は実は二回あり、9月頃にも旬を迎えます。 1年に二回も楽しめるなんてなんだかうれしいですね。 あさりの砂抜きはコツをおさえれば簡単! しっかり時間をかけて砂抜きしたのに、食べるときに感じるじゃりっとした不愉快な食感。 ボウルに入れて浸してませんか?常温に置いてませんか?砂抜きの仕方について、実はちゃんと知らないという方も多いのでは?そこでまずはおさえておきたい砂抜きの方法をご紹介します! 砂抜きの方法 あさりは殻の中に砂が残っているので必ず砂抜きをしましょう。 50度の湯で洗う時短のやり方もありますが、それでもやはり砂が残ったり、湯の温度が高すぎると旨味も抜けてしまいます。 それでは早速方法をご紹介していきます。 あさりは殻と殻をこすり合わせてよく洗う。 バットにあさりを広げ、塩水(海水くらい)に浸します。 あさりの表面が少し見えるくらいの水の量がいいです。 アルミホイルでフタをします。 アルミホイルの他に新聞紙などでも、暗くなればOKです。 冷蔵庫で最低でも1〜2時間ほど浸します。 暗くて冷たいところがいいので冷蔵庫がおすすめです。 時間があるときは5時間〜ひと晩浸けてください。 冷蔵庫から取り出して、軽く洗い流して完成です。 砂抜きのコツをおさらい! ・あさりは重ならないように浸す ・最低でも1〜2時間浸す ・フタをして暗くし、冷暗所に置く あさりのおすすめの食べ方 砂抜きを終えたら、殻ごと調理できるのがあさりのいいところ。 あさりを食べたいなと思ったら、料理したい日の前夜から砂抜きをしておけば効率良く調理可能ですね。 今回ご紹介するレシピは、同じく春に旬を迎えるたけのこや春キャベツを使っているのでさわやかな春の味を堪能できますよ。 ぜひお試しください。 あさりの旨味がご飯に染み込んでお箸が止まらなくなりそうな味。 また、しょうがの香りもアクセントになっています。 旬のたけのこも加えました。 材料(2〜3人分) ・あさり 200g ・米 2合 ・しょうが 1片 ・たけのこ(水煮) 50g ・酒 大さじ2 ・しょうゆ 小さじ2 ・みりん 小さじ2 ・みつ葉(お好みで) 適量 あさりの炊き込みご飯の作り方 1. しょうがはせん切りにします。 みつ葉はざく切りにします。 たけのこは薄く切ります。 ごはんはといでおきます。 砂抜きをしたあさりをフライパンに入れて酒を回し入れます。 フタをして火にかけ、あさりの口が開くまで蒸し煮にします。 あさりが開いたら煮汁とあさりに分けます。 あさりは粗熱を取って殻から外します。 ティースプーンを使うとやりやすいですよ。 煮汁にしょうゆ、みりんを混ぜ合わせます。 炊飯器にしょうが、たけのこ、[8]の煮汁を入れます。 2合のメモリまで水を加えて軽く混ぜ、通常通り炊飯します。 炊き上がったら軽く混ぜ合わせて、あさりの身を加え混ぜます。 5分ほど蒸らして完成です。 器によそい、お好みでみつ葉や大葉などを添えてください。 ここではいつもとは違った、白ワインを使った洋風の酒蒸しをご紹介します。 旬の春キャベツと合わせました。 あまい春キャベツに白ワインのフルーティーな香りとバターのコクがきいて、お酒のおつまみにもおすすめです。 キャベツはざく切りにします。 バターは3mm幅に切ります。 フライパンにキャベツを広げ、砂抜きしたあさりを散らし入れます。 白ワインを回し入れて塩を振り、バターを散らします。 バターは細かく切って散らすと味がまんべんなく広がります。 フタをして火にかけ、あさりの口が開いたら火を止め、こしょうを振って出来上がりです。 あさりの砂抜きは時間をかけて砂知らず 貝料理は砂抜きが肝心。 せっかくおいしく作れたのに、食べているときに「じゃりっ」という砂の食感があったときは本当に残念な気持ちになりますよね。 そのためにもしっかり時間をかけて砂抜きを行いましょう。 もし時間がない日や、旬のシーズンではないときはあさりの水煮缶や冷凍のむき身で代用するのもありですね。

次の

至急お願いします!バイ貝が安くて、購入したんですが、毒があると聞いてびっ...

バイ 貝 酒 蒸し

料理のコツ・ポイント ・あさりの殻には意外と汚れがついています。 貝と貝をこすり合わせて、よく汚れを落としておきます。 ・あさりの塩抜きには浅めのバットなどの容器がおすすめです。 (水:塩=100ml:3g)暗い場所の方が砂を出し易いので、新聞紙やアルミホイルなどを被せて、そのまま2時間〜6時間ほどおくと自然に砂を吐きます。 ・割れている貝は傷んでいる可能性がありますので、調理前に確認し取り除くようにしましましょう。 ・加熱をしても全く口の開いていない貝は、痛んでいる可能性があります。 無理にこじ開けず、取り除いてください。 ・鷹の爪は中の種を取り除いて使いました。 辛い物がお好きな方は種つきのまま鷹の爪を炒めると、よりスパイシーな風味になります。 辛いものが苦手な方は、鷹の爪を入れなくても大丈夫です。

次の

バイ貝の基本調理方法を解説 和食で使える二種類の含煮 今では高級素材です

バイ 貝 酒 蒸し

サイズの大きな上のものより、下のもの(およそ7. 5㎝)程度がおいしい そのほぼすべてが養殖されているムール貝。 広島や青森でも養殖されています。 輸入に比べ国産のほうがリーズナブルで、日本人の口に合いやすいと言われています。 広島産は6月〜8月、青森産は10月〜12月に穫れたものがもっとも美味しいそう。 選ぶ際のポイントはサイズ。 大きなものは内臓部分が多く、生臭い可能性が高いので、小ぶりでぷっくりと厚みのあるものを選びましょう。 砂抜きいらず! 下処理も簡単です ムール貝は、砂地ではなく壁や岩に張り付いて生息している貝なので、事前に砂抜きをする必要はありません。 調理の前に、2つの下ごしらえをしましょう。 たわしで貝表面を洗う たわしでこすり、流水で貝表面についた汚れをとります。 足糸(そくし)を取り除く ムール貝の表面には、岩などに張り付くために糸状の「足糸」がついているので、引き抜きます。 中の身を壊さないよう、貝で身を押さえながら引っ張ってください。 濃厚なうまみがすごい! 「ムール貝の白ワイン蒸し」 プリップリの身と深いうまみを手軽に味わうなら、3ステップで作れる「ムール貝の白ワイン蒸し」がおすすめ。 アスパラやトマトなどお好みの野菜を追加したり、パスタをいれてボンゴレにもできます。 今回は、あさりを入れて、一層深い味わいに。 もちろんムール貝だけでも美味しいです。 「ムール貝とあさりの白ワイン蒸し」のレシピ 材料(1〜2人分)• ムール貝…10〜15個程度• あさり…15粒• にんにく…適量• オリーブオイル…適量• 白ワイン…80cc程度• イタリアンパセリ…適量 STEP1 まずは、にんにくの香りを出す フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れ、弱火にかける。 STEP2 ムール貝とあさり、白ワインを投入! ニンニクの香りが立ったら、ムール貝とあさり、白ワインを入れる。 STEP3 ふたをして10分待つだけ! 強火にし、ふたをして5分〜10分くらい蒸し焼きに。 貝の口が開いたら完成。 仕上げにイタリアンパセリをのせる。 完成! ふたを開けた瞬間、海の香りがフワッと広がります。 身のぷりっぷりの食感に海のうまみがギュッと凝縮され、塩気と甘みがほどよい味わい。 ワインを呼ぶ深い美味しさで、食べ始めると止まらなくなること間違いなし! 簡単なのに美味しくて、おしゃれな雰囲気も出してくれるムール貝。 これまで挑戦したことのない方も『お家でムール貝』デビューしてみませんか?.

次の