オキシ クリーン 掃除。 オキシクリーンを使ったトイレ掃除術|便器をオキシ漬け| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

オキシクリーンを使ったトイレ掃除術|便器をオキシ漬け| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

オキシ クリーン 掃除

オキシクリーンとは元々アメリカ生まれの酸素系漂白剤です。 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤 と炭酸ナトリウム 洗浄補助剤 を主成分としており、お湯と化学反応を起こし発泡効果で汚れを浮かし落とすという特徴があります。 日本版のオキシクリーンには界面活性剤が入っていないので、アメリカで売られているものよりも環境にやさしいということで人気があります。 こちらを使用して対象物を 漬け置き洗いすることで、油汚れやを根こそぎ落としたり、除菌効果もあるので溜まっている汚れから放つ悪臭を除去する効果もあります。 主に普段の掃除で落とすことのできないしつこい汚れなどをしっかりと洗浄するために用いられます。 キッチン周りのしつこい油汚れや、衣類に染み付いた黄ばみや料理のシミなどでもしっかり汚れを浮かせて落とすことができます。 また、酸素系漂白剤のため、色物や柄物の衣類にも使用できます。 五徳をオキシクリーンで掃除をする際には必ずゴム手袋を準備しましょう。 オキシクリーンは酸素系の漂白剤です。 酸素系の漂白剤は塩素系の漂白剤に比べると刺激は少ないですが、漂白剤であることには変わりありません。 そのためしっかりと肌を保護しなくては、肌荒れなどになる可能性もありますのでゴム手袋で保護しましょう。 油や焦げなどで汚れた五徳を通常の洗剤用スポンジなどでこすってしまうと、スポンジが油汚れに負けてしまいます。 また、焦げの度合いにもよりますが蓄積された焦げが尖っているなどでスポンジでは破けてしまうこともありますので、金たわしを用意するようにしましょう。 オキシクリーンをお湯に溶かした液体に漬け込むために、ステンレスのシンクや桶などを用意しましょう。 また、 アルミや木製の製品はオキシドールに長時間浸しておくと変色や表面コーティングの劣化などが起こる可能性があるので注意しましょう。 オキシクリーンは油汚れに大変有効です。 特にアメリカ版のオキシクリーンは界面活性剤も配合されており、酸素系漂白剤の効果と相まって油汚れを溶かしたり分解したりする力を持っています。 さらに洗浄効果だけでなく除菌効果もあるため、五徳やコンロ周りを清潔に保てます。 また、オキシ溶液を使用した拭き掃除では落ちにくい長年積もりに積もった油汚れも落とすことができます。 オキシクリーンがお湯と反応した際に起こる化学変化によって発泡効果を生みます。 またその発泡効果によって油汚れを浮かせる効果があり、油汚れを簡単に落とすことができます。 アメリカ版のオキシクリーンも日本で手に入りますので、日本版のものと用途や汚れ具合によって使い分けても良いでしょう。

次の

オキシクリーンを使ったトイレ掃除術|便器をオキシ漬け| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

オキシ クリーン 掃除

オキシクリーンは日本版とアメリカ版があります。 オキシクリーンで洗濯槽掃除のやり方をチェックする前に、特徴などを見ていきましょう。 【オキシクリーンの特徴】 オキシクリーンはアメリカ発祥の洗剤で、弱アルカリ性の漂白剤です。 主成分は過炭酸ナトリウムと炭酸ナトリウムで、水やお湯に触れると酸素の泡が発生します。 【日本版とアメリカ版の違い】 日本版とアメリカ版のオキシクリーンの違いは洗浄力と香料です。 『洗浄力が強く匂いがあるのはアメリカ版』です。 洗浄力は界面活性剤が関係しています。 界面活性剤は泡立ちを良くし汚れ落ちを良くするのが特徴です。 アメリカ版は界面活性剤(青い粒)に加え漂白剤も含まれていることから、洗浄効果は高いと言えます。 反対に、日本版は界面活性剤と香料が一切含まれていません。 だからと言って、洗浄力がとても低いわけではなく、オキシクリーンの特徴である酸素の泡と漂白成分で汚れを落とします。 他の違いは、内容量と付属品であるスプーンのサイズです。 『アメリカ版の方が内容量が多くスプーンのサイズも大きい』です。 日本版のスプーン1杯は28gで、アメリカ版のスプーン1杯は113gになります。 オキシクリーンのことをよく知らない方や使ったことがない方は、洗浄効果が気になるでしょう。 結論から言うと、オキシクリーンの洗浄効果は優秀です。 オキシクリーンは『酸性の汚れ』落とすことが得意で、油・皮脂・食品や飲料のシミ・砂や泥・インク・血液などを落とします。 オキシクリーンは洗浄効果が高いことから、布製品に付着している汚れはもちろん家中の掃除に使うことができる万能洗剤です。 例をいくつか挙げると、換気扇や換気扇フード・五徳・シンク・食器・窓・電気の傘・床・玄関・靴、浴槽・洗濯槽・トイレなどがあります。 また、オキシクリーンは汚れを落とすだけではありません。 漂白成分で雑菌にアプローチすることもできるため、不快なヌメリや臭いもスッキリ落とすことができます。 水かお湯を洗濯槽の高水位までためて、オキシクリーンと取り外したくず取りネットを投入します。 くず取りネットの本体も汚れや菌が付着しているため、オキシクリーンでキレイにしましょう。 オキシクリーンで洗濯槽の洗浄をする時は水でも構いませんが、『40度~60度くらいのお湯の方が洗浄効果が高い』です。 オキシクリーンはお湯に触れると酸素の力をより発揮する性質で、特に40度~60度が最適と言われています。 お湯は入浴剤が入っていない浴槽の残り湯でもOKです。 残り湯がない時はバケツや桶にお湯を入れてから洗濯槽に移すか、洗濯槽までシャワーが届く場合はシャワーでお湯を注ぎましょう。 ただし、お湯を洗濯槽に注ぐ場合は注意点があります。 高温のお湯を使うことができない洗濯槽もあるため、洗濯機の取り扱い説明書を見て確認しましょう。 洗濯槽をオキシクリーン液に浸すと、何回も汚れが浮いてくることはよくあります。 理由はオキシクリーンの洗浄力が優れているからです。 掃除頻度が少ない洗濯槽は汚れと菌がビッシリ付着しており、水面に大量のカスが浮いてくることがあります。 洗濯槽のしつこい汚れを解決するポイントはつけおき後の工程です。 脱水後は洗濯槽の底や側面を見て、カスがほとんどない状態であればOKです。 できれば最後に、洗濯機を標準コースで回してカスが浮いてこないか?をチェックしましょう。 最後のチェックは一時停止をせずに脱水まで行います。 オキシクリーンは水やお湯に溶ける洗剤ですが、しっかり溶けていないと洗濯槽の汚れを十分に落とすことができません。 オキシクリーンの溶け残りを防ぐ方法は、あらかじめオキシクリーンを溶かしておくことです。 バケツなどの容器を用意して、オキシクリーンと水かお湯を入れたらよく混ぜて溶かします。 水かお湯の分量は、オキシクリーンが溶ける量でいいため少量でかまいません。 ただし、オキシクリーンをあらかじめ溶かす時の注意点は3つあります。 日本版のオキシクリーンは界面活性剤と香料が含まれていないため、安全性が高いと言えるでしょう。 界面活性剤は洗浄力を良くするための化学成分で、すすぎが足りないと衣類に成分が残り肌へ負担をかけることがあります。 香料は軽視されやすいですが、添加物が含まれており界面活性剤と同じ考えです。 肌バリアが弱い赤ちゃんにとって、界面活性剤や香料は刺激があります。 アメリカ版は界面活性剤や香料が含まれていることから、日本版の方が安心して使うことができるでしょう。

次の

オキシクリーンの使い方|掃除できない場所は?何に使える?

オキシ クリーン 掃除

オキシクリーンとは元々アメリカ生まれの酸素系漂白剤です。 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤 と炭酸ナトリウム 洗浄補助剤 を主成分としており、お湯と化学反応を起こし発泡効果で汚れを浮かし落とすという特徴があります。 日本版のオキシクリーンには界面活性剤が入っていないので、アメリカで売られているものよりも環境にやさしいということで人気があります。 こちらを使用して対象物を 漬け置き洗いすることで、油汚れやを根こそぎ落としたり、除菌効果もあるので溜まっている汚れから放つ悪臭を除去する効果もあります。 主に普段の掃除で落とすことのできないしつこい汚れなどをしっかりと洗浄するために用いられます。 キッチン周りのしつこい油汚れや、衣類に染み付いた黄ばみや料理のシミなどでもしっかり汚れを浮かせて落とすことができます。 また、酸素系漂白剤のため、色物や柄物の衣類にも使用できます。 五徳をオキシクリーンで掃除をする際には必ずゴム手袋を準備しましょう。 オキシクリーンは酸素系の漂白剤です。 酸素系の漂白剤は塩素系の漂白剤に比べると刺激は少ないですが、漂白剤であることには変わりありません。 そのためしっかりと肌を保護しなくては、肌荒れなどになる可能性もありますのでゴム手袋で保護しましょう。 油や焦げなどで汚れた五徳を通常の洗剤用スポンジなどでこすってしまうと、スポンジが油汚れに負けてしまいます。 また、焦げの度合いにもよりますが蓄積された焦げが尖っているなどでスポンジでは破けてしまうこともありますので、金たわしを用意するようにしましょう。 オキシクリーンをお湯に溶かした液体に漬け込むために、ステンレスのシンクや桶などを用意しましょう。 また、 アルミや木製の製品はオキシドールに長時間浸しておくと変色や表面コーティングの劣化などが起こる可能性があるので注意しましょう。 オキシクリーンは油汚れに大変有効です。 特にアメリカ版のオキシクリーンは界面活性剤も配合されており、酸素系漂白剤の効果と相まって油汚れを溶かしたり分解したりする力を持っています。 さらに洗浄効果だけでなく除菌効果もあるため、五徳やコンロ周りを清潔に保てます。 また、オキシ溶液を使用した拭き掃除では落ちにくい長年積もりに積もった油汚れも落とすことができます。 オキシクリーンがお湯と反応した際に起こる化学変化によって発泡効果を生みます。 またその発泡効果によって油汚れを浮かせる効果があり、油汚れを簡単に落とすことができます。 アメリカ版のオキシクリーンも日本で手に入りますので、日本版のものと用途や汚れ具合によって使い分けても良いでしょう。

次の