お客さま情報の提出等のお願い。 「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン」に伴うみずほ銀行の対応方針

マイナンバーのご提供をお願いする取引についてお知らせ|北越銀行

お客さま情報の提出等のお願い

2017年1月1日以後に 新たに口座開設等を行う場合 2016年12月31日以前に 口座開設等をしている場合 新規口座開設等の場合、• 氏名・住所• 居住地国(例えば、日本) 等 を記入した届出書(新規届出書)の提出が必要になります。 既に口座開設等をされているお客さまでも確認のため、• 氏名・住所• 居住地国(例えば、日本) 等 を記入した届出書(任意届出書)の提出をお願いする場合があります。 (ご参考1)FATCA FATCA(ファトカ)は、米国の税法である外国口座税務コンプライアンス法(Foreign Account Tax Compliance Act)の略称で、米国の納税義務のある方が、海外(米国以外)の金融機関の口座を利用して米国の税金を逃れることを防止するために制定されました。 FATCA上の特定米国人に該当する場合には、みずほ銀行所定のW—99のご提出が必要です。 (ご参考2)FATCA上の特定米国人(個人の場合)• 米国市民(米国籍をお持ちの方)• グリーンカード保有者(米国の永住権をお持ちの方)• 氏名、住所および生年月日または名称および本店もしくは主たる事務所の所在地• 住所と居住地国が異なる場合の事情の詳細等• 異動後の居住地国等• 以前提出した届出書に記入した居住地国• 左記の新規届出書の記載事項• (本ページは国税庁のリーフレット「~口座開設等を行う方へ~ 金融機関等で口座開設等をする際は、居住地国等を記入した届出書の提出が必要です!」を加工して作成しています。 ) 実特法が定める情報取得努力義務に基づき、みずほ銀行から本件お願いをさせていただきましたお客さまには、以下のリンクから届出書をダウンロードし、必要事項をご記入、ご署名のうえ、有効なの写しを添付してご提出願います。

次の

青森銀行|法人名義の口座を初めて開設されるお客さまへのお願い

お客さま情報の提出等のお願い

みなさんのご自宅にもゆうちょ銀行から『 お取引目的等の確認のお願い』という書面が同封された封筒は届きましたか? 2020年5月頃から少しずつ発送されているようなのですが、口座の利用目的だけでなく「職業」や「年収」「勤務先」といった多くの個人情報の提出を求める内容となっていることから、口座の解約を検討する方も多くいらっしゃるようです。 また、封筒が手元に届いてから約1ヶ月程度の回答期限も定められており【 期限内に回答がないと口座のお取引を制限する場合がある】という文言が記載されていることから「詐欺ではないか?」という声も多数上がっています。 下記の記事で検証した結果、 ゆうちょ銀行が発送した正式な書面であることがわかったのですが、申請はどのように行うのでしょうか? この記事では、 PCまたはスマートフォンから 「ゆうちょ銀行 お客さま情報ご申告サイト」にアクセスし『お取引目的等の確認のお願い』に回答する方法を画像付きでご紹介しています。 【 お客さま情報の入力 各項目の説明】• 生年月日:「西暦」で回答します。 (プルダウン選択)• 国籍:「日本」か「日本以外」を選択します。 外国PEPs情報:「はい」か「いいえ」を選択します。 主な利用目的:ゆうちょ銀行口座を利用する主目的を選択します。 その他のご利用目的:主目的以外に利用目的がある場合のみ選択します。 ご職業:選択肢の中からあてはまる項目を選択します。 職業を選択後、勤務先について下記の入力が求められます。 毎月のお取引金額:預入・払戻・送金などを合計した金額が毎月いくらぐらいになるかを選択します。 (平均値でOKです。 お取引の頻度:口座の利用頻度を選択します。 原資:口座に入金される資金の主な出所を選択します。 200万円超の現金取引予定について:今後の取引で1回当たり200万円を超える現金取引(預入・払戻)の予定があるかを「はい」か「いいえ」で選択します。 国際送金の利用予定有無:今後の取引で国際送金をする予定があるかを「はい」か「いいえ」で選択します。 たにぽよさん うちの家族も全員ゆうちょ口座は持っていますが、私だけ届いたので不思議でした。 口座の制作順で届いたのではないし、地区ごとで一斉に送ったようではないからです。 ゆうちょ側は順次全員に送るという回答でした。 私の場合、送金無料だったため、過去に個人商売している個人口座の方と定期的な取引をしていたからではないかと推測します。 ゆうちょ銀行以外の銀行からは今のところ届いていません。 これからは面倒でも現金で相手の口座に送金する事も考えないといけませんね。 一応普通に回答して頂ければという電話回答でしたが、突然とても細い業種欄、勤務先、年収まで回答を求められとても不快でした。 「マネロン・テロで金融庁から取引目的確認」と「税務目的でマイナンバー登録」の2つありますが、また面倒な提出を求められそうで憂欝です。 取り上げてくださったブログがここしかなかったので、ありがとうございました。

次の

実特法に基づく届出書の提出について(個人のお客さま)

お客さま情報の提出等のお願い

みなさんのご自宅にもゆうちょ銀行から『 お取引目的等の確認のお願い』という書面が同封された封筒は届きましたか? 2020年5月頃から少しずつ発送されているようなのですが、口座の利用目的だけでなく「職業」や「年収」「勤務先」といった多くの個人情報の提出を求める内容となっていることから、口座の解約を検討する方も多くいらっしゃるようです。 また、封筒が手元に届いてから約1ヶ月程度の回答期限も定められており【 期限内に回答がないと口座のお取引を制限する場合がある】という文言が記載されていることから「詐欺ではないか?」という声も多数上がっています。 下記の記事で検証した結果、 ゆうちょ銀行が発送した正式な書面であることがわかったのですが、申請はどのように行うのでしょうか? この記事では、 PCまたはスマートフォンから 「ゆうちょ銀行 お客さま情報ご申告サイト」にアクセスし『お取引目的等の確認のお願い』に回答する方法を画像付きでご紹介しています。 【 お客さま情報の入力 各項目の説明】• 生年月日:「西暦」で回答します。 (プルダウン選択)• 国籍:「日本」か「日本以外」を選択します。 外国PEPs情報:「はい」か「いいえ」を選択します。 主な利用目的:ゆうちょ銀行口座を利用する主目的を選択します。 その他のご利用目的:主目的以外に利用目的がある場合のみ選択します。 ご職業:選択肢の中からあてはまる項目を選択します。 職業を選択後、勤務先について下記の入力が求められます。 毎月のお取引金額:預入・払戻・送金などを合計した金額が毎月いくらぐらいになるかを選択します。 (平均値でOKです。 お取引の頻度:口座の利用頻度を選択します。 原資:口座に入金される資金の主な出所を選択します。 200万円超の現金取引予定について:今後の取引で1回当たり200万円を超える現金取引(預入・払戻)の予定があるかを「はい」か「いいえ」で選択します。 国際送金の利用予定有無:今後の取引で国際送金をする予定があるかを「はい」か「いいえ」で選択します。 たにぽよさん うちの家族も全員ゆうちょ口座は持っていますが、私だけ届いたので不思議でした。 口座の制作順で届いたのではないし、地区ごとで一斉に送ったようではないからです。 ゆうちょ側は順次全員に送るという回答でした。 私の場合、送金無料だったため、過去に個人商売している個人口座の方と定期的な取引をしていたからではないかと推測します。 ゆうちょ銀行以外の銀行からは今のところ届いていません。 これからは面倒でも現金で相手の口座に送金する事も考えないといけませんね。 一応普通に回答して頂ければという電話回答でしたが、突然とても細い業種欄、勤務先、年収まで回答を求められとても不快でした。 「マネロン・テロで金融庁から取引目的確認」と「税務目的でマイナンバー登録」の2つありますが、また面倒な提出を求められそうで憂欝です。 取り上げてくださったブログがここしかなかったので、ありがとうございました。

次の