日本スピッツ 寿命。 純白の毛!日本スピッツの特徴は?性格や寿命、大きさを解説

日本スピッツの性格、大きさ、価格、飼い方は?

日本スピッツ 寿命

バランスのとれた体型をしており、耳は小さく三角型の立ち耳でアーモンド型の眼をして四肢で立つ姿は気品に満ちている。 被毛は柔らかいダブルコート、首元、胸、尻尾に豊富な飾り毛があります。 性格 活発で遊び好き、物覚えが良く、聡明で愛情深い性格をしています。 かつては「よく吠える」と言われていましたが、改良されたけっか今では、温和で陽気な性格に変化しています。 飼い主が大好きで、忠実で従順ですので良きパートナーとして暮らしていけるでしょう。 また、日本スピッツは警戒心が強く小さな音にも敏感に反応をしますので番犬としての務めも果たしてくれますよ。 病気・寿命 病気 気を付けておきたい病気としては膝蓋骨や肘関節の脱臼が起きやすい犬種と言われております。 また、皮膚疾患としては、膿皮症、落葉状天疱瘡(らくようじょうてんぽうそう)、全身性紅斑性狼瘡(ぜんしんせいこうはんせいろうそう)、アレルギー性皮膚炎などに注意が必要です。 寿命 平均寿命は10年~16年と言われています。 飼い方・しつけ方 飼育環境としては、日本は高温多湿の環境ですので、屋外で飼うより温度管理やしやすい、屋内で飼うことをおすすめします。 中型犬ではありますがやや小さいながらにも活発な犬ですので、適度の運動は必要です。 毎日1回~2回、20分~40分程度の散歩や運動を行ってあげましょう。 週末などにはドッグランや広い場所に連れて行き、走らせたりボール遊びをしたりしてストレスの緩和をさせてあげるのもいいですよ。 被毛のお手入れは豊かな毛をしているので、週に3回~4回のブラッシングと月に1回程度のシャンプーも定期的にしてあげましょう。 物覚えが良くてしつけは難しくありませんが、仔犬時期からのトイレ、社会性の教育などを教えた事が出来たら褒めてご褒美をやるという方法でしつけを行ってみてくださいね。

次の

海外でも大人気!!日本スピッツとジャーマンスピッツの違い★

日本スピッツ 寿命

com 日本スピッツは、白いスピッツ系の犬をベースとして小さく改良した、日本原産の犬種です。 そんな日本スピッツにはどんな特徴があるのでしょうか。 特徴の幾つかをご紹介致します! 日本スピッツの外見的特徴 日本スピッツの特徴と言えば、なんといっても全身を覆う、美しい光沢のある真っ白なふわふわの被毛です。 特に、首から前胸にかけての飾り毛が非常に美しいと言われています。 日本スピッツの被毛はダブルコート 二重毛 で、オーバーコート 上毛 は長毛です。 しかしアンダーコート 下毛 は短く、柔らかい毛に覆われています。 しっぽまでもがふわふわな飾り気で覆われていて、そのしっぽは背負うように高い位置にあるのが理想的とされています。 そのふわふわな純白の被毛を風になびかせて軽やかに歩く姿はとても美しく、お散歩をすると人の目を引くこと間違いありませんよ。 日本スピッツのもう一つの大きな特徴は、いつもニコニコと笑ったような愛くるしい表情です。 目は黒く、大きなアーモンド形をしています。 そんな大きな目の周りに入っているアイラインが、愛くるしい表情をさらに際立たせています。 形や大きさのバランスがとても良い頭部には、三角の小さめな立ち耳があり、おでこも程よく丸い綺麗な形をしています。 とても凛々しい印象の顔立ちですね。 スピッツ Spitz という名前は、ドイツ語で「とがった物」という意味があります。 その名前の通り、とがったマズル 口元 もチャーミングな顔立ちのポイントです。 日本スピッツの寿命・体型 日本スピッツは個体差がある犬種なので、小型犬~中型犬に分類されています。 日本スピッツの体高 肩までの高さ は、オスで約30~38cm、体重は約5~10kg程です。 大人の人間の膝くらいの体高で、体重は約8kgが理想とされています。 一般的にオスのほうが少し大きいと言われていて、メスはオスよりも少し小さいくらいの体型です。 成犬になると、程よい筋肉のついた四本の足がすっと伸びて、優雅なたたずまいが魅力的となります。 日本スピッツの寿命は、平均で11~13歳と言われています。 ただ、飼育環境によっては16歳前後と長生きする子もいるようですので、一日でも長く一緒に生活するために、愛情込めてお世話してあげるといいですね。 com 日本スピッツの由来はいろいろな説があり、正確な情報が無くはっきりしていません。 しかし最も有力であるのは、シベリア大陸からきたジャーマン・スピッツや、アメリカン・エスキモー・ドッグ、ボルピノ・イタリアーノ イタリアン・スピッツ などの白いスピッツ系の犬種を交配して、小型に改良し、白い被毛に固定したものと考えられています。 ジャーマン・スピッツは1921年頃に東京で開催されたドッグショーに出展されていて、この1920年代に育種が始まったと考えられています。 その後、アメリカやカナダ、ロシアなどの国からも元の犬種と考えられている犬が輸入され、1930年頃には繁殖も始まりました。 ある説によると、シベリア原産のも交配されているとの情報もありますが、確かなことは分かっていません。 前述の「特徴」の部分でもご紹介しましたが、スピッツという名前は、ドイツ語のシュピッツ(とがった物)からきているとの説があります。 この名前は、とがったマズル 口元 のことを指しているものと思われます。 また、よく吠えることから、ロシア語のスピッチ 火 からきているという説もあります。 日本スピッツは、1948年、全日本警備犬協会 後のジャパンケネルクラブ により、統一されたスタンダード 犬種標準 が確立されました。 その後、国際畜犬連盟には1964年に正式登録されました。 日本では、その白い被毛とまん丸の目が人気となり、第二次世界大戦以後から高度成長期にかけて急速に流行しました。 1950年代には、日本で一年間に登録される家庭犬の4割を日本スピッツが占めるほど、大人気だったようです。 その流行に便乗した多くの人が日本スピッツを増やそうと乱繁殖を行いましたが、残念なことに日本スピッツの質がどんどんと落ちてしまいました。 さらに残念なことに、犬のしつけの知識や、犬種特有の性質の理解に飼い主が追い付いていけず、日本スピッツは「キャンキャン吠えてうるさい犬」というレッテルを貼られてしまい、流行はあっという間に終わってしまいました。 この吠え癖が多かったのは、「屋外で鎖につないで飼う」という当時の飼育習慣によるところが大きいという説もあります。 日本スピッツの人気が終わった後、さらに小さい犬のマルチーズや、ふわふわした被毛が特徴のに人気が集まっていきました。 しかし、流行が去ったあとでも、本当に日本スピッツを愛する愛犬家の手により、しっかりとした繁殖が行われ続けました。 吠え癖が少なくなるように、長い時間をかけて丁寧な繁殖が行われました。 その結果、最近では吠え癖の性格が改良され、大人しく穏やかな性格の日本スピッツがどんどん増えるようになりました。 そのため飼い方がとても楽になり、最盛期の時までとはいきませんが、日本での人気も回復傾向にあります。 さらに、韓国やオーストラリア、またヨーロッパなど、海外での人気も高まっていて、今では多くの人に日本スピッツは愛されています。

次の

日本スピッツについて。日本スピッツを飼いたいと思っています。そこ...

日本スピッツ 寿命

日本スピッツって、どんな犬? まずは、日本スピッツはどんな犬なのかを紹介します。 輝くようなフワフワした白い毛 日本スピッツと聞いて思い浮かべるのは、やはり輝くような純白の毛ですよね。 気品ある姿が人気を集め、日本スピッツは高度成長期に大流行! 1950年代後半、日本スピッツを飼う家が爆発的に増えました。 当時、日本で一年間に登録される犬のうち、およそ 4割が日本スピッツだったのだとか!いかに愛されていたかが分かりますね~。 なぜなら日本スピッツの一大ブームが起こったとき、無理な繁殖が横行したためです。 すると神経質な面が際立って、無駄吠えする日本スピッツが増加。 次第に日本スピッツ人気が低下しました。 でも現在では改良が進み、無駄吠え問題は解決していますよ! 暑さに弱いので室内犬向き 日本スピッツは室内犬向きの犬です。 というのも暑さに弱いため。 できれば室内で飼ってあげましょう。 散歩する際も、暑さ対策が重要です。 夏場は朝の早い時間帯や夕方など、なるべく涼しい時間に連れて行ってあげてくださいね。 日本スピッツの特徴!大きさや毛色は? 日本スピッツの大きさや毛色など、特徴を見てみましょう。 日本スピッツの特徴(1)やや大きめの小型犬 日本スピッツは、小型犬としてはやや大きめの部類に入ります。 大きさ(体高)・・・・オス 30~38cm、メスはオスよりやや小さい• 毛色・・・・・・・・・・・・・・純白 (参考) 日本スピッツの毛色は白のみ。 日本スピッツの特徴(2)気品に満ちた優雅な容姿 日本スピッツは、気品に満ちた優雅な容姿が印象的な犬です。 フワフワ柔らかそうな毛がなびくと、美しさがひときわ目立ちます。 どこへお出かけしても目立ちますよ~。 日本スピッツの特徴(3)心をぎゅっとつかむ愛らしい顔つき 優雅さが漂う日本スピッツですが、顔つきはとてもキュート!ピンと立った耳やつぶらな瞳……愛くるしい表情もたまりません。 アーモンド形の愛くるしい目で見つめられると、つい抱きしめたくなりますよね! 日本スピッツの性格は? 次は、日本スピッツの性格を見てみましょう。 日本スピッツの性格(1)無邪気で天真爛漫 日本スピッツの性格は、とにかく無邪気で天真爛漫!家族に甘えるのが大好きです。 表情も豊かで、うれしいときは全身で喜びを表します。 飼い主としては、たまらないぐらい幸せな瞬間です! 日本スピッツの性格(2)警戒心が強く、人見知りな面も! 日本スピッツは明るく無邪気な性格をしていますが、やや気が小さめ。 人見知りする傾向があります。 警戒心が強く、小さい音にも敏感です。 そういう意味でも、室内で穏やかに育ててあげたほうがいい犬と言えるでしょう。 日本スピッツの性格(3)好奇心があり活発で、遊ぶことが大好き! 日本スピッツは好奇心旺盛で活発、だから遊んであげると喜びます。 ボール遊びやドッグスポーツなどで、一緒に遊んであげましょう。 ただし家族と遊ぶのが大好きな分、お留守番は苦手。 自分だけで過ごす時間が長くなりすぎると、やや参ってしまう場合もあります。 なるべく長く、家族と一緒に過ごせる環境で飼ってあげてくださいね! 日本スピッツの寿命は? 日本スピッツの平均寿命は飼育環境によって大きく変わるため、幅があります。 日本スピッツの寿命の目安: 10~16歳 とはいえ多くの場合、 11~13歳が日本スピッツの寿命です。 病気に気をつけながら、大事に育ててあげたいものですね。 日本スピッツがかかりやすい病気に、「膝蓋骨脱臼」 しつがいこつだっきゅう があります。 発症を抑えるには、ひざへの負担を少なくすることがポイントです! 膝蓋骨脱臼を防ぐためにも、すべりやすい床でのダッシュやジャンプは控えるように気をつけてあげましょう。 ぜひ併せてご覧くださいね! まとめ 日本スピッツは人なつこく、活発で遊び好きな性格です。 また子どもに対してもフレンドリーに接します。 「犬と走ったりフリスビーしたり、たくさん遊びたい!」「子どもも一緒に、家族で犬をかわいがりたい」という方に適した犬種と言えます。 ただし日本スピッツには、「暑さに弱い」という特徴があります。 できれば温度管理のできる室内で飼ってあげてくださいね。

次の