蜂蜜 と 遠雷 映画 評価。 映画蜂蜜と遠雷は原作はあるの?モデルのピアニストは実在する?

映画『蜜蜂と遠雷』あらすじネタバレ結末とキャスト、原作や監督を徹底解説!松岡茉優・松坂桃李出演作

蜂蜜 と 遠雷 映画 評価

蜜蜂と遠雷 著者 発行日 2016年9月23日 発行元 音楽小説 言語 形態 ページ数 687 公式サイト コード (上)() (下)(文庫判) [ ] 『 蜜蜂と遠雷』(みつばちとえんらい)は、のである。 のPR誌『』2009年4月号から2013年12月号に、同誌休刊後は同社『』2014年1月号から2016年5月号に連載、同社より2016年9月に刊行された。 国際を舞台に、コンクールに挑む4人の若きたちの葛藤や成長を描いた青春群像小説。 第156回、第14回ダブル受賞作。 リーディング・オーケストラコンサート第一弾は2018年1月 、第二弾は2018年5月 、第三弾は2019年8月 に上演。 主演で映画化され、に公開。 概要 [ ] 音楽コンクールをそのまま、予選会から本選までのすべてを小説として書くという着想を得たが、かなり難しく2009年に書き始めるまでに5年かかったという。 ピアノコンクールを舞台として、それぞれの関わりと過去と進行を描く青春群像小説。 3年に1回、開催されるへ2006年第6回から2015年第9回まで、途中からは執筆に並行して 、4度取材。 毎日、会場の座席で午前9時から夕方までピアノ演奏を聴き続けたことが、この小説に結実した。 物語の中で、「才能とは何か」を問う。 演奏を聴き、才能というのは「続けられる」ことで、あらゆる仕事に共通し、ある種の鈍感さ、しぶとさを持った人が才能のある人だと思ったという。 2017年(平成29年)、第156回、第14回を受賞する。 直木賞と本屋大賞のダブル受賞および同作家2度目の本屋大賞受賞は、史上初である。 また第5回大賞で小説部門大賞も受賞している。 2019年10月には続編『祝祭と予感』も刊行された。 テーマ [ ] 以下、原作より引用 自然の中の音楽が聴けるように、「音を外へ連れ出す」ことのできる音楽を、演奏できないだろうか。 現実との相違点 [ ] 小説の展開のようにバルトークのピアノ協奏曲第3番ホ長調を本選で選んでくる出場者は、国際的には極めて少ない。 2018年現在第3番を選んで国際ピアノコンクールで受賞したピアニストはのくらいである。 予選会については、現実との大きな齟齬はない。 現在はヴィデオと書類で審査できるため、国際オーディションを華やかに開催する国際コンクールはかつてより少ないものの、存在しないわけではない。 あらすじ [ ] 3年ごとの芳ヶ江国際ピアノコンクールは今年で6回目だが、優勝者が後に著名コンクールで優勝することが続き近年評価が高い。 前回の書類選考落選者オーディションで、参加した出場者がダークホース的に受賞し、翌年には世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝したため、今回は大変な注目を集めていた。 オーディションの5カ国のうちパリ会場では、「不良」の悪名の審査員3人は凡庸な演奏を聴き続け、飽きて来ていた。 そこへ、これまでにない今年逝去の伝説的な音楽家ホフマンの推薦状で、「劇薬で、音楽人を試すギフトか災厄だ」と、現れた少年、風間塵は、破壊的な演奏で衝撃と反発を与える。 議論の末、オーディションに合格する。 そして日本の芳ヶ江市での2週間に亘るコンクールへ。 塵は師匠の故ホフマンと「音を外へ連れ出す」と約束をした。 自分では、その意味がわからず、元・天才少女の栄伝亜夜に協力を頼む。 亜夜は塵の演奏を聴いていると、普通は音楽は自然から音を取り入れるのに、彼は逆に奏でる音を自然に還していると思った。 「ジュリアードの王子様」ことマサル・カルロス・レヴィ・アナトールは子供のころピアノに出会わせてくれたアーちゃん(亜夜)を出場演奏者に見つけ再会する。 3人の天才と楽器店勤務のサラリーマンで年長の高島明石のピアニストたちが、音楽の孤独と、競争、友愛に、さまざまに絡み、悩みつつ、コンクールの1次2次から3次予選そして本選へ、優勝へと挑戦し、成長して、新たな音楽と人生の地平を開く。 登場人物 [ ] 出場者 [ ] 風間塵(かざま じん) 16歳、音楽大学出身でなく、演奏歴やコンテストも経験がなく、自宅にピアノすらない少年。 フランスで、父親が養蜂業で採蜜の移動の旅をしつつ暮らす。 ピアノの大家のホフマンに見出され師事し、彼が亡くなる前の計らいで、現在、特別聴講生となっている。 野性的な演奏で、出場後「蜜蜂王子」と呼ばれるようになる。 栄伝亜夜(えいでん あや) 20歳、天才少女として5歳から数年間コンサートを開きCDデビューもしたのに、13歳のときマネジャーもしてくれた母の突然の死でショックでピアノが弾けなくなり、次のコンサートを直前に中止し、そのまま音楽界から離れ、すでに過去の人と見られていた。 だが、音楽大学学長の浜崎に再度見出され、推薦で同大に入学し在学中。 少女時代、近所のマー君(マサル)に、彼が引っ越すまでピアノの手ほどきをしたことがある。 復活した天才少女が、コンクールの中で大変な勢いで進化し続けて行く。 マサル・カルロス・レヴィ・アナトール 19歳、多くが才能を認める天才で、日系三世のペルー人の母とフランス人の貴族の血筋の父を持つ。 期待の優勝候補。 フランスから渡米しに在学中で、高身長の貴公子然として「ジュリアードの王子様」と呼ばれる。 少年時代に日本に一時在住し、まだ容姿が目立たないころに、アーちゃん(亜夜)が通う綿貫のピアノ教室に、彼女に連れられて行きピアノに初めて出会い、その後も何回も通い「」など簡単な曲なら2人で連弾できるようになった。 しばらくしてフランスへの帰国時に、これからもピアノを練習すると約束し、現在がある。 高島明石(たかしま あかし) 28歳、音楽大学出身でかつては国内有数のコンクールで5位の実績。 卒業後は音楽界には進まず、現在は楽器店勤務のサラリーマンで妻子がいる。 だが、家には防音の練習室を備え、ピアノは、やめることはなかった。 音楽界の専業者だけではない生活者の音楽があるとの強い思いがある。 最後との気持ちで、コンクールに応募した。 ジェニファ・チャン ジュリアード音楽院に在学し、自信家で、マサルに恋情を持つ。 第二次予選で落選時に猛抗議した。 アレクセイ・ザカーエフ 初回の第1次予選でくじで演奏順が1番になるが、その重圧に耐える。 キム・スジョン (韓国)本選で氏名がわかる。 フレデリック・ドゥミ (フランス)本選で氏名がわかる。 チョ・ハンサン (韓国)本選で氏名がわかる。 音楽関係者 [ ] ユウジ・フォン=ホフマン この2月に亡くなったピアノ演奏の大家。 ほとんど弟子を取らなかったが、風間塵を見出し養蜂の旅に付いてまで指導する。 亡くなる前に周囲に挑発的に、音楽界に対して「爆弾を仕掛けた」と言い、風間の推薦状を出していた。 ナサニエル・シルヴァーバーグ 審査員、ジュリアード音楽院で教授を務め、マサルの師匠。 数少ないホフマンの弟子だが推薦状など書いてもらえなかったので、塵の出現で気持ちが揺らぐ。 同じ審査員の嵯峨三枝子とは元夫婦である。 以下の審査員3人とも、音楽界では、素行はやや良くない「不良」で通っており、毒舌で知られる。 嵯峨三枝子(さが みえこ) 審査員、有名なピアニストでもある。 帰国子女として中3から高3まで日本に在住していたが、同質化させようとする日本に合わなかった。 それなのに、当初、塵の定型外の演奏に反発し不合格だと主張し、後に反省する。 セルゲイ・スミノフ 審査員、巨体だが、「きちんと把握しておく」タイプ。 アラン・シモン 審査員、喫煙家で下手な演奏にいらいらして我慢できない、「ざっと見る」タイプ。 田久保(たくぼ) 練達のステージマネージャーで、指揮者、ピアニスト、楽員の出入りを促し、ステージ配置も決める役割。 だが、今回のコンクールで、塵は楽員の位置や椅子まで異例に細かく要望したが、応えて楽団員と話し合い調整した。 他の登場人物 [ ] 綿貫(わたぬき) 亜夜が通っていた、ピアノ教室の先生。 亜夜がマサルを連れて行ったところ、広い心で受け入れ練習させてくれた。 マサルの帰国後2年で亡くなる。 亜夜は母の死後に、もし綿貫が存命ならピアノを続けていただろうと、マサルとの再会後に振り返る。 浜崎奏(はまさき かなで) 亜夜が通う音楽大学の学長の娘で、同大学でヴァイリオンを学ぶ2年先輩でもある。 面倒見の良い性格。 コンクールで亜夜の付き添いとなる。 仁科雅美(にしな まさみ) 明石の元同級生のカメラマンで、コンクールのドキュメンタリー番組の撮影で明石を担当する。 ジェニファ・チャン 、「」第1楽章 「」 高島明石 「 第1巻 第2番 前奏曲、フーガ ハ短調」 ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調」 ショパン「」 マサル・カルロス・レヴィ・アナトール J. バッハ「平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第6番前奏曲、フーガ ニ短調」 「」K. 333 第1楽章 「 第1番 村の居酒屋での踊り」 風間塵 J. バッハ「平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 前奏曲、フーガ ハ長調」 モーツァルト「」K. 332 第1楽章 「」(第1稿) 栄伝亜夜 J. バッハ「平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第5番 前奏曲、フーガ ニ長調」 ベートーヴェン「」第1楽章 リスト「メフィスト・ワルツ 第1番 村の居酒屋での踊り」 第2次予選 [ ] 指定曲から3曲以上と、コンクール用作曲架空課題曲「」(自作する部分もある) 、40分以内。 高島明石 ショパン「 第5番 黒鍵 変ト長調」 リスト「 第6番 主題と変奏 イ短調」 シューマン「」 「」 マサル・カルロス・レヴィ・アナトール 「 第6番」Op. 39-6 「 第5番 オクターヴのために」 「」Op. 35 風間塵 ドビュッシー「 第1番 5本の指のために(チェルニー氏による)」 「」Sz. 107 第6巻より「ブルガリアのリズムによる6つの舞曲」 リスト、「」より第1曲「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」 ショパン「」 栄伝亜夜 ラフマニノフ、「エチュード 音の絵 第5番」Op. 39-5 リスト、「 第5番 鬼火 変ロ長調」 「」 「」Op. 54 第3次予選 [ ] 1次・2次予選で演奏した曲以外の任意の曲で自由に構成、60分以内。 アレクセイ・ザカーエフ 「」 韓国人出場者 ラヴェル「 ニ長調」(ピアノソロ) マサル・カルロス・レヴィ・アナトール バルトーク 「」Sz. 80 、「5つのロマンティックな小品」op. 101 リスト「」 ショパン「」 風間塵 「」 メンデルスゾーン「」第5巻 より「春の歌 イ長調」 ブラームス「」より 第2番「奇想曲 ロ短調」 ドビュッシー「」より 「塔」、「グラナダの夕べ」、「雨の庭」 ラヴェル「」より 「蛾」、「悲しい鳥たち」、「海原の小舟」、「道化師の朝の歌」、「鐘の谷」 ショパン「」 、 風間塵編曲「」Op89 栄伝亜夜 ショパン「」 「ノヴェレッテ 第2番」 ブラームス「」 ドビュッシー「」 本選 [ ] 指定のからオーケストラと演奏。 キム・スジョン(韓国) ラフマニノフ「」 フレデリック・ドゥミ(フランス) ショパン「」 マサル・カルロス・レヴィ・アナトール 、「」 チョ・ハンサン(韓国) ラフマニノフ「」 風間塵 バルトーク「」 栄伝亜夜 プロコフィエフ「」 書誌情報 [ ]• 蜜蜂と遠雷(2016年9月23日、、)• 蜜蜂と遠雷(上)(2019年4月10日、、)• 蜜蜂と遠雷(下)(2019年4月10日、幻冬舎文庫、) 関連商品 [ ] CD• 蜜蜂と遠雷 音楽集(2枚組、全19曲、2017年5月26日、・ジャパン、NYCC-27303-4) - 書き下ろしエッセイを収録• 『蜜蜂と遠雷』ピアノ全集[完全盤](8枚組、全51曲129トラック、2017年6月28日、、SICC-2143) - 後日譚の書き下ろし短編小説を収録 リーディング・オーケストラコンサート [ ] 「蜜蜂と遠雷」リーディング・オーケストラコンサート~コトダマの音楽会~ [ ] 直木賞・本屋大賞を受賞した恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』の朗読劇第一弾。 によるオリジナル楽曲や、作中のクラシック楽曲をピアノやオーケストラで表現。 音楽コンクールを題材に、若きピアニストたちの才能や運命を描いた物語を、歌と朗読などさまざまな芸術で表現する。 主演・風間塵役にはの、ヒロイン・栄伝亜夜役には。 第2弾として、、中川晃教、木村優一、といった、日本でも美声として定評あるアーティストたちが出演、オーケストラコンサートとして開催された。 テレ朝チャンネル1にて2018年8月4日で放送された。 本コンサートは、若きソリスト(音楽家)たちが奏でる歌と言葉、そして演奏をまるで旋律のように組み合わせた新しい形の音楽会。 千住 明が音楽監督・オーケストラ演奏の指揮を務め、三浦大知、家入レオ、松下優也、中村 中、木村優一ら歌声に定評のある一流アーティストたちが、ピアニスト川田健太郎、西本夏生と東京フィルハーモニー交響楽団とによる豪華演奏とコラボし歌声を響かせる。 の『comicブースト』にて、2019年2月8日から漫画版が連載された。 作画は。 映画 [ ] 蜜蜂と遠雷 監督 脚本 石川慶 原作 『蜜蜂と遠雷』 製作 佐藤善宏 石黒裕亮 加倉井誠人 製作総指揮 出演者 アンジェイ・ヒラ 音楽 篠田大介 撮影 ピオトル・ニエミイスキ 編集 石川慶 制作会社 製作会社 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会 配給 公開 上映時間 118分 製作国 言語 主演、監督・脚本・編集で映画化され、に全国公開。 2018年10月下旬から12月中旬にかけ、関東近郊で撮影が行われた。 キャスト [ ]• 栄伝亜夜:• 高島明石:• マサル・カルロス・レヴィ・アナトール:• 風間塵:• 高島満智子:• 仁科雅美 :• ジェニファ・チャン:• ピアノ調律師:• クロークの女性:• 菱沼忠明:• 田久保寛:• ナサニエル・シルヴァーバーグ:アンジェイ・ヒラ• 嵯峨三枝子:• 小野寺昌幸: スタッフ [ ]• 原作:『蜜蜂と遠雷』()• 監督・脚本・編集:• 「春と修羅」作曲:• ピアノ演奏:(栄伝亜夜)、(高島明石)、(マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)、(風間塵)• オーケストラ演奏:(指揮:)• 劇中音楽:篠田大介• 製作:• エグゼクティブ・プロデューサー:• プロデューサー:佐藤善宏、石黒裕亮、加倉井誠人• ラインプロデューサー:大西洋志• プロダクション統括:佐藤毅• 撮影監督:ピオトル・ニエミイスキ• 美術:我妻弘之• 照明:宗賢次郎• 録音:久連石由文• 編集:• 装飾:篠田公史• スタイリスト:高橋さやか• ヘアメイク:酒井夢月• スクリプター:藤島理恵• VFXスーパーバイザー:廣田隼也• 音響効果:• 助監督:• 製作担当:相良晶• 音楽プロデューサー:杉田寿宏• 宣伝プロデューサー:土肥直人、宮千香子• 配給:• 製作プロダクション:• 製作:映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会(東宝、、、、、、、、、、、、、、、) 受賞 [ ]• 第43回• 作品賞• 第44回• 作品賞• 新人賞()• 第41回• 日本映画ベストテン 第2位• 監督賞()• 最優秀新人賞(鈴鹿央士)• 第32回• 主演女優賞()• 最優秀録音賞(久連石由文)• 優秀作品賞• 優秀主演女優賞(松岡茉優)• 新人俳優賞(鈴鹿央士、)• 優秀音楽賞(、篠田大介)• 優秀撮影賞(ピオトル・ニエミイスキ)• 優秀照明賞(宗賢次郎)• 第44回• プロデューサー奨励賞(石黒裕亮)• 日本映画大賞• 監督賞(石川慶)• スポニチグランプリ新人賞(鈴鹿央士)• 第93回• 日本映画ベスト・テン 第5位• 新人男優賞(鈴鹿央士)• 第15回• 日本映画作品賞ベストテン 第5位• 第39回• 奨励賞(佐藤善宏、石黒裕亮、加倉井誠人) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ニュース. 2019年7月15日閲覧。 TV LIFE. 2019年10月27日閲覧。 Billboard JAPAN. 2019年10月27日閲覧。 2019年10月27日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2018年10月22日. 2019年7月15日閲覧。 2018年5月31日閲覧• ブクログ. 2017年10月16日閲覧。 cinemarche. net. 2018年12月15日閲覧。 第2回で演奏し第4位。 を参照。 www. hcf. 2019年4月23日閲覧。 www. liszt. 2018年12月15日閲覧。 com 2018年10月22日. 2018年10月24日閲覧。 映画ナタリー 2019年2月15日. 2019年2月15日閲覧。 com. 2019年10月24日. 2019年10月24日閲覧。 映画ナタリー. 2019年11月28日. 2019年11月28日閲覧。 ヨコハマ映画祭. 2019年11月30日. 2019年11月30日閲覧。 ヨコハマ映画祭. 2019年11月30日. 2020年2月5日閲覧。 映画ナタリー. 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 映画ランドNEWS. 2020年1月15日. 2020年1月15日閲覧。 公式サイト. 日本アカデミー賞協会. 2019年3月7日閲覧。 一般財団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2020年1月17日. 2020年1月17日閲覧。 映画ナタリー. 2020年1月22日. 2020年1月22日閲覧。 キネマ旬報WEB. 2020年2月11日. 2020年2月20日閲覧。 2020年6月15日閲覧。 関連項目 [ ]• - 恩田陸が取材し、舞台となるコンクールのモデルとなった。 外部リンク [ ]• - 幻冬舎• - 幻冬舎文庫• - プレイリスト• 第24回 「長恨歌」「真説石川五右衛門」• 第25回 「英語屋さん」「颱風さん」「御苦労さん」• 第27回 「罪な女」他• 第28回 「叛乱」• 第29回 該当作品なし• 第30回 該当作品なし• 第31回 『終身未決囚』• 第33回 該当作品なし• 第37回 『ルソンの谷間』• 第38回 該当作品なし• 第43回 「錯乱」• 第45回 「」• 第46回 「螢の河」• 第47回 『天才と狂人の間』• 第49回 『女のいくさ』• 第51回 該当作品なし• 第53回 「虹」• 第55回 「白い罌粟」• 第56回 「」• 第57回 『追いつめる』• 第59回 該当作品なし• 第61回 『戦いすんで日が暮れて』• 第62回 該当作品なし 1970年代• 第64回 『長良川』• 第65回 該当作品なし• 第66回 該当作品なし• 第68回 該当作品なし• 第70回 該当作品なし• 第71回 「鬼の詩」• 第73回 該当作品なし• 第74回 『』• 第75回 該当作品なし• 第76回 『』• 第77回 該当作品なし• 第78回 該当作品なし• 第82回 該当作品なし• 第84回 『元首の謀叛』• 第85回 『』• 第88回 該当作品なし• 第89回 『』• 第92回 該当作品なし• 第93回 「演歌の虫」「老梅」• 第95回 『恋紅』• 第98回 『それぞれの終楽章』• 第103回 『蔭桔梗』• 第104回 『漂泊者のアリア』• 第107回 『受け月』• 第108回 『佃島ふたり書房』• 第112回 該当作品なし• 第113回 『白球残映』• 第115回 『』• 第116回 『山妣』• 第118回 該当作品なし• 第119回 『』• 第120回 『』• 第122回 『』• 第125回 『愛の領分』• 第127回 『生きる』• 第128回 該当作品なし• 第132回 『』• 第133回 『花まんま』• 第134回 『』• 第136回 該当作品なし• 第137回 『』• 第138回 『』• 第139回 『切羽へ』• 第141回 『』•

次の

蜜蜂と遠雷

蜂蜜 と 遠雷 映画 評価

もくじ• 映画『蜜蜂と遠雷』のあらすじ紹介(ネタバレなし) ここでは、映画『蜜蜂と遠雷』あらすじについてご紹介していきます。 映画『蜂蜜と遠雷』のあらすじ(ネタバレなし) かつて国内外のジュニアコンクールを制覇。 だが13歳のときに母を亡くし、「ピアニスト」になることから長らく逃げてきた元天才少女の亜夜。 社会人として、妻子を持ちながら暮らしているが夢を諦めきれず、ラスト・チャンスとして決意しコンクールにエントリーする明石。 音楽エリートとして超名門音楽院に在籍し、優勝候補最有力の重圧に挑むマサル。 今は亡き世界最高のピアニストが遺した謎の少年・塵。 全く異なる境遇にある4人の天才ピアニストたち。 彼らが繰り広げる国際コンクールでの熾烈な戦い。 世界は音楽で満ちていた。 彼は、世界を祝福する音の聞こえる場所に帰らなければならないと思い、駆けだすのであった。 (書籍の巻末より)本選の結果は、一位がマサル、二位が亜夜、三位が塵だった。 映画『蜜蜂と遠雷』の作品情報.

次の

実写映画『蜜蜂と遠雷』あらすじネタバレと感想。キャストの松岡茉優×松坂桃李らが若きピアニストとなって音楽と向き合う

蜂蜜 と 遠雷 映画 評価

如何にも小説っぽいタイトルな 『蜜蜂と遠雷』。 どこが小説っぽいのかと言うのは自分でもよく分からないのですがw 本来は繋がるところがなさそうな2つのことが遠回しに中身を暗示していそうな空気ですかね。 実はこの映画、普段ほとんど小説は読まない俺が珍しく手に取った原作でして。 というのもたまたま家にあったというだけなんだけど。 映画を観る前にアレですが、原作小説を読んで面白かったかと聞かれると「うーん…」と言う感じで。 それに上下巻は長すぎ。 そもそもがコンテストのお話なんで、音楽に明るくない俺からしたら曲名を言われても頭に流れるワケはない。 むしろ小説読まずに映画からいった方が良かったんじゃないかと思うくらい楽しめずに終わっちゃったんですよね。 ただ、あれだけ音楽に対して事細かに表現された原作をどう映像化するのかは気になるところ。 観るのは音楽に明るい人ばかりじゃないですから。 出場者の演奏に若干でもいいから個性を持たせなきゃダメだしなぁ。 原作読んだから余計に、かなり難しい実写化になるんじゃないかと思ってるところでございます。 母の死をきっかけにピアノが弾けなくなったかつての天才少女・栄伝亜夜は、7年の時を経て再びコンクールへの出場を決意する。 音大出身だが現在は楽器店で働くコンクール年齢制限ギリギリの高島明石は、家族の応援を背に最後の挑戦に臨む。 名門ジュリアード音楽院在籍中で完璧な演奏技術と感性を併せ持つマサル・C・レビ=アナトールは、優勝候補として注目されている。 そして、パリで行われたオーディションに突如現れた謎の少年・風間塵は、先ごろ亡くなった世界最高峰のピアニストからの「推薦状」を持っており、そのすさまじい演奏で見る者すべてを圧倒していく。 熱い戦いの中で互いに刺激しあい、それぞれ葛藤しながらも成長していく4人だったが……。 監督 メガホンを取ったのは 石川慶監督。 本作では脚本も兼任しています。 ポーランドに留学し映画を学んだ後、『愚行録』でデビュー。 山田孝之主演の短編映画『点』を監督しています。 監督作はどれも観たことがないんで、今回が初めてになりますね。 キャスト 主演は『万引き家族』の 松岡茉優。 原作は群像劇なんで主人公が誰とかはないような。 それでも一応栄伝亜夜がメインなのかな。 松岡茉優は『あまちゃん』に出てたのが遠い昔のようですねw 俺としては 『勝手にふるえてろ』のヨシカがめっちゃ好きだったんで、それ以来出演作は大体観ています。 最近だと来月公開される 『ひとよ』での役が良かった。 演じる栄伝亜夜は母の死をきっかけにピアノをやめてしまったピアニスト。 とある出来事があってピアノを再び弾くようになったものの、ちょっと影を抱えているようなキャラですね。 もう一人気になるのが広瀬すずにスカウトされて芸能界入りするという、面白い経歴を持つ 鈴鹿央士。 撮影でエキストラとして来ていた彼を広瀬すずが自らスカウトしたのだとか。 今回も100人以上が参加するオーディションを通過しての役らしく、風間塵のイメージにかなり近いんですよね。 本を読む前に映画の予告を観ていたからかもしれんけどw 風間塵はですね。 コンテストに出場したことがないながら、天才的なピアノの腕で審査員の度肝を抜くというキャラ。 重要キャラですね。 その他の出演者は『娼年』の 松坂桃李、『レディ・プレイヤー・ワン』の 森崎ウィン、『ウルヴァリン サムライ』の 福島リラ。 それからお笑い芸人の ブルゾンちえみも参加しています。 確かにあの小説を映像化するのは非常に難しくて、 音を様々な言い回しで例えていたのを映画では実際に奏でなきゃいけないですからね。 それが出来ていたのか出来ていなかったのかすら、ピアノ初心者の私には分からない。 だって誰が引いても同じ音に聞こえるんだもんw これなら文章で読んでいた方が音の違いが、少なくとも私よりは音楽に明るいであろう作者の目線を通して語られるので、理解できたかもしれない。 そして原作が上下巻併せて1000ページ近くあるほど長いんです。 それを2時間の映画にまとめるんですから、キャラクターの掘り方が浅いのは必然。 観る前からわかっていたことでも「ここ削っちゃう!?」って言うのがいくつかあったんで、そこは結構大きなマイナスポイントだったり。 これこそ小説読んでなければ気がつかなかった部分であって、むしろまっさらな状態で観た方が楽しめたんじゃないかとすら感じてしまう。 原作との相違点を見つけてしまうことで、純粋に映画を楽しもうという気持ちが妨げられたような、初めての感情が沸いてきて少し戸惑った鑑賞となってしまいました。 ここから先は『蜜蜂と遠雷』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! ネタバレ ピアノの音 ここまで読んでいただけたら分かる通り、私はピアノが全然ダメw 弾くのもダメなら聴くのもダメで、プロとピアノを始めて1年のアマチュアが同じ曲を弾いたら、どっちがプロか多分わからないと思う。 そんな私としては 4人の天才ピアニストが弾く曲はすべて同じに聴こえるんですよね。 これって結構この映画を観る側としては致命的で、音の違いを聴き取れた方は私より何倍も楽しめているはずなんです。 それでもやっぱり観客は私と同じような人の方が多いんじゃないでしょうか。 皆が皆ピアノの音を聴きとれるなんてことはないはず。 「春と修羅」を弾く場面で起きた即興演奏のところとかまさにそうで、登場人物たちが「なるほど。 そうきたか」みたいな表情を浮かべているんですけど、私の頭の中ではハテナマークが浮かび続けていて。 そりゃ違う曲を演奏しているから、耳に残る違いは分かる。 でも、例えば風間塵は批評家たちを怒らせるような演奏をするんですが、私にはそれがわからない。 荒々しさとか冒とくしてるってなんだ? これ結構楽しみだったんですよ。 まず風間塵という天才少年が現れて、音楽評論家の中では賛否がハッキリ別れてしまうというシーンがありまして。 映画でもかるーくあったけど。 人を怒らせるような演奏ってなんだ?と気になっていた部分であったので、映画ではそこを素人にも分かるように演出してくれるのかなと。 でも、映画で観て余計に分からなくなる始末w ピアノ部分はそれぞれスタントダブルがいるんで、耳の良い人には分かるように演出されているはずなんですが…。 申し訳ないけど、ピアノに関しては本当に分からん。 いや、ここに不満を持っても仕方がない。 と自分に言い聞かせようとしても、なかなか…。 あ、後ですね。 ピアノを演奏しているシーンが結構多いんですが、指先まで全身を映すショットがほとんどないのよね。 あったとしても最後の1小節だけとか、すぐ別のショットに行ったりだとかで演奏シーンなのに忙しいなぁと。 背後から写したり、横から撮ってもピアノが遮って指先まで映らなかったり、俯瞰から撮って顔は映らなかったり、上半身だけ音に合わせて揺れるとかばかりで。 恐らく指先が映るシーンはスタントダブルの先生が弾いていたのでしょう。 役者さんたちは何もピアニストなワケじゃないからしょうがないんだけども、最後の栄伝亜夜の演奏シーンは特に切り張りしているような印象を受けたな。 本人が弾いているんじゃないにしろ、指の動きくらいは頭に入っていたはずなんですよね。 もし弾いているんだったらしっかりと指先まで見せて欲しかった。 あの演奏時間定点ばかりだしさ。 松岡茉優さんのピアノを前にしたときの切なげな表情や、滑らかで荒々しくもある演奏演技が良かっただけに、もっと良い見せ方があったんじゃないかと。 しかも原作では栄伝亜夜とオーケストラのシーンはないんですよ。 映画オリジナルの展開なのに長い尺だったから余計にね。 これが、この作品の実写化が難しいと言われていたゆえんだったのかもしれません。 キャラクター 映画を観てすっごい可哀想だなと思ったのは天才少年の風間塵。 演じた鈴鹿くんは凄く役のイメージに合っていたんだけど、原作以上の存在感を発揮しておらず、 「ギフト」のはずなのに他三人に比べてスポットライトが当たりにくかったんじゃないかと。 風間塵は天才ピアニストのホフマンに師事を受けた少年で、しかも弟子を取らなかったホフマン自ら教えに行ったという逸材です。 しかし、彼の家にピアノはなく、養蜂家である父の手伝いをしながら暮らしています。 亡くなってしまったホフマンの推薦状を基に今回のコンクールに出場し、ホフマンの弟子と言うだけでかなりの注目株でした。 それが演奏をしたら否定派と肯定派に分かれて…って感じ。 養蜂家ってことで 「蜜蜂王子」とかあだ名されているワケで、これがタイトルの「蜜蜂と遠雷」に繋がってくるんですが、それも映画だとイマイチ…。 で、彼がいかにも天才なんだと判るシーンが床のひずみに合わせてピアノの位置を変えるってとこなんですが、残念ながらカット。 後にオーケストラで「風間塵シフト」なるモノを組んでいたと、別の人物からのセリフで語られますが、そこちゃんと観たかったよ! あの頑固なコンダクターに物申す風間塵と、少し嫌な顔しながらも風間の実力を認めていくオーケストラたち。 こんなキャラクターを語るようなシーンが、ただのセリフだけで終わるなんてもったいなさすぎる。 原作だと栄伝亜夜よりも風間塵の方がスポットライト当たる数が多いような気がしてたんで、彼の影が想像以上に薄かったのが残念。 タイトルにもある「蜜蜂」なのに。 あ、何故タイトルに遠雷があるのかは分かりませんw なんか意味ありげに遠雷の映像が流れてたけど。 その他にもですね。 亜夜とマサルの再会がめちゃくちゃ弱かったのとか、亜夜にずっと付き添っていた友人が出てこなかったりとか。 松坂桃李さんが演じた明石は原作以上に目立っていた気がしますね。 俳優の演技も相まって、そんなに年齢高くないはずなのに哀愁さを感じましたから。 まとめ 原作を読んだことで、いろんなことに気が付いてしまうのは悪いことでもあるんですね。 よく学びました。 原作と比べるのとか、あまり好きじゃないんですが…。 映画は映画と割り切れて観れるほど起用ではないようです。 結構観る人によっては印象が変わるんじゃないかと。 ピアノ習っていたりとかしたら楽しめるのかな? 私個人はピアノに良い思い出が1ミリもないのと、音楽にもさほど興味がないという人間なんで向かないのは当たり前か。

次の