デレステ 11秒。 デレステ放置編成

【デレステ】放置プレイユニットの完成形と解説

デレステ 11秒

5 55. 6 1. 008 2 オバロ 7秒・中 少し 18 85. 4 58. 3 1 3 コンセ 13秒・高 かなり 19 69. 0 53. 8 0. 974 4 オバロ 9秒・中 しばらく 18 82. 6 56. 3 0. 966 5 コンセ 11秒・高 しばらく 19 67. 5 52. 7 0. 954 6 スコア 4秒・高 一瞬 17 74. 8 58. 3 0. 944 7 コンセ 9秒・高 少し 19 66. 4 51. 8 0. 938 8 スコア 9秒・中 しばらく 17 82. 6 56. 3 0. 913 9 スコア 11秒・中 かなり 17 81. 5 55. 6 0. 902 10 コンセ 7秒・高 わずか 19 63. 4 49. 5 0. 896 11 スコア 13秒・高 かなり 17 69. 0 53. 8 0. 872 12 オバロ 6秒・中 わずか 18 74. 0 50. 5 0. 866 13 スコア 11秒・高 しばらく 17 67. 5 52. 7 0. 853 14 スコア 9秒・高 少し 17 66. 4 51. 8 0. 839 15 スコア 6秒・中 わずか 17 74. 0 50. 5 0. 818 16 スコア 7秒・高 わずか 17 63. 4 49. 5 0. 一方6中はコンセや一部のスコアアップに負けておりかなり微妙。 ちなみにライフの消費効率の良さは 6中>7中>9中。 7中より弱い上にライフの消費効率も悪い9中…。 7中オバロ持ちは次の4枚。 Paが2枚あるがユッコの方が若干総ステータスが高い。 S]五十嵐響子 [なよ竹の美器]藤原肇 [夢うたうチカラ]南条光 さて、この11中コンセ使用時に、GREAT発生率をどこまで抑えられれば4高スコアアップを上回れるのか考えてみる。 まず、特技発動率ポテンシャルは無振りと仮定し、コンセ効果時間中以外は全てPERFECTを出すものとする。 591となる。 また、上の表から11中コンセと4高スコアアップの相対性能は1. 008と0. 944である。 これらの数値から期待値を計算すると、コンセ 効果時間中のノーツの約 2. 11中コンセのカバー率の期待値は55. 謹んでお詫び申し上げます。 また、特技発動率にお互い10振りした場合も同様に計算すると、GREAT発生が 効果時間中のノーツの約 4. まとめると、11中コンセで4高スコアアップを上回るには、総ノーツに対してのGREAT率を特技発動率無振りで1. 不可能ではなさそうだが結構シビア……? ちなみにお互い特技無振りの7中オバロ、9中オバロと比べてみると、分岐点となる効果時間中のGREAT発生率はそれぞれ 0. 9中オバロを上回るのは頑張ればまだやれなくもなさそうだが、7中オバロを上回るにはほぼオールパーフェクトが必要。 スコアアップ スコアアップに関しては秒数に恵まれた4高が意外に強く、パーフェクトに加えてグレイトでも効果が乗るので、腕に自信が無ければコンセよりも良さそう。 ただし4秒間隔は発動判定回数が他の秒数に比べてかなり多く、期待値から大きく外れたパターンを引く可能性は相対的に低くなる。 そのためスコアアタックにおける爆発力はあまり見込めないかもしれない 安定感があると見ることもできる。 4高スコアアップ持ちは次の3枚が総ステータスも高くオススメ。

次の

【デレステ】4高ユニゾンはやばい…やばいでしょ…

デレステ 11秒

5 55. 6 1. 008 2 オバロ 7秒・中 少し 18 85. 4 58. 3 1 3 コンセ 13秒・高 かなり 19 69. 0 53. 8 0. 974 4 オバロ 9秒・中 しばらく 18 82. 6 56. 3 0. 966 5 コンセ 11秒・高 しばらく 19 67. 5 52. 7 0. 954 6 スコア 4秒・高 一瞬 17 74. 8 58. 3 0. 944 7 コンセ 9秒・高 少し 19 66. 4 51. 8 0. 938 8 スコア 9秒・中 しばらく 17 82. 6 56. 3 0. 913 9 スコア 11秒・中 かなり 17 81. 5 55. 6 0. 902 10 コンセ 7秒・高 わずか 19 63. 4 49. 5 0. 896 11 スコア 13秒・高 かなり 17 69. 0 53. 8 0. 872 12 オバロ 6秒・中 わずか 18 74. 0 50. 5 0. 866 13 スコア 11秒・高 しばらく 17 67. 5 52. 7 0. 853 14 スコア 9秒・高 少し 17 66. 4 51. 8 0. 839 15 スコア 6秒・中 わずか 17 74. 0 50. 5 0. 818 16 スコア 7秒・高 わずか 17 63. 4 49. 5 0. 一方6中はコンセや一部のスコアアップに負けておりかなり微妙。 ちなみにライフの消費効率の良さは 6中>7中>9中。 7中より弱い上にライフの消費効率も悪い9中…。 7中オバロ持ちは次の4枚。 Paが2枚あるがユッコの方が若干総ステータスが高い。 S]五十嵐響子 [なよ竹の美器]藤原肇 [夢うたうチカラ]南条光 さて、この11中コンセ使用時に、GREAT発生率をどこまで抑えられれば4高スコアアップを上回れるのか考えてみる。 まず、特技発動率ポテンシャルは無振りと仮定し、コンセ効果時間中以外は全てPERFECTを出すものとする。 591となる。 また、上の表から11中コンセと4高スコアアップの相対性能は1. 008と0. 944である。 これらの数値から期待値を計算すると、コンセ 効果時間中のノーツの約 2. 11中コンセのカバー率の期待値は55. 謹んでお詫び申し上げます。 また、特技発動率にお互い10振りした場合も同様に計算すると、GREAT発生が 効果時間中のノーツの約 4. まとめると、11中コンセで4高スコアアップを上回るには、総ノーツに対してのGREAT率を特技発動率無振りで1. 不可能ではなさそうだが結構シビア……? ちなみにお互い特技無振りの7中オバロ、9中オバロと比べてみると、分岐点となる効果時間中のGREAT発生率はそれぞれ 0. 9中オバロを上回るのは頑張ればまだやれなくもなさそうだが、7中オバロを上回るにはほぼオールパーフェクトが必要。 スコアアップ スコアアップに関しては秒数に恵まれた4高が意外に強く、パーフェクトに加えてグレイトでも効果が乗るので、腕に自信が無ければコンセよりも良さそう。 ただし4秒間隔は発動判定回数が他の秒数に比べてかなり多く、期待値から大きく外れたパターンを引く可能性は相対的に低くなる。 そのためスコアアタックにおける爆発力はあまり見込めないかもしれない 安定感があると見ることもできる。 4高スコアアップ持ちは次の3枚が総ステータスも高くオススメ。

次の

【デレステ】放置編成まとめ【完全版?】

デレステ 11秒

ちなみに、こちらのサイトは放置編成の種類が載っていて、 非常に参考になる。 もし、細かい情報が知りたい方はこちらを参考にしてほしい。 1 放置編成とは デレステには 放置編成というのがある。 これは、 ライブ中に一切画面に触れることなくライブのクリアを目指す編成のことである。 具体的な編成例として次のものがある。 (以下は、7中ダメガ・シナジー型放置編成と言われている編成である)。 5名のアイドルの特技は次の通り。 センター愛梨・SSRのスキルブースト 凜・SSRのパーフェクトサポート(12秒) 卯月・SSRのパーフェクトサポート(9秒) 琴歌・SRのダメージガード(7秒中確率) 美穂・SSRのトリコロールシナジー ゲストにトリコロール・ステップ(ボイス・メイク)のアイドル 放置編成のからくりは次のとおりである。 ・スキルブーストとパーフェクトサポートの重ね掛け(両方の特技が発動したとき)により 通常MISSになるノートをPERFECTに変換する ・ダメージガードによって MISSになってもLIFEが減らないようにする ・ダメージガードとスキルブーストの重ね掛けにより PERFECTになったときにライフを1回復させる ・トリコロールシナジーはNOTEがPERFECTに変換されたときのスコアアップとライフ回復に寄与する (トリコロール系のアイドルをゲストにすることで合計アピールポイントを増やす) 放置編成の場合、 スキルブースト・ダメージガード・パーフェクトサポートが要である。 そして、上の編成を組んだ結果は次の通りである。 注釈、 今回の編成ではスコアSになっているが、スコアはメンバーのアピールポイント・ポテンシャル・サポートメンバー・ゲストの能力にも依存するので、放置編成を使えば必ずスコアSが取れるものではない 例えば、今回の結果は所謂8秒スキブを使ったものだが、これを10秒スキブに入れ替えた場合スコアはSにならなかった(詳細は参照)。 今回の編成の詳細をこちらにアップしておく(これだけの編成と数値ならこの程度のスコアが取れるだろうという目安になる)が、スコアの数値自体は参考程度にとどめてほしい。 このように ライブでは一切指を動かさずに、スコアSを取ることができる場合がある。 おそるべき編成である。 この7中ダメガ・シナジー型放置編成の作り方は次の通りである。 私だって、 8秒スキブ+シナジーの放置編成を組めるようになったのはデレステを始めたから2年経った頃である。 一番最初に「SSRのスキルブーストをスカウトする」と述べたが、このハードルがそれなりに高い。 なぜなら、 8秒・10秒のSSRのスキルブーストのアイドルはSSRのフェス限アイドル(フェス限定ガチャでしか登場しないアイドル)だからである。 ところが、最近、 SRのスキルブーストのアイドルが出現した。 具体的には、イベントSRアイドルで卯月・あやめ・奈緒・蘭子などが登場している(20年6月現在)。 そこで、SSRのスキルブーストを用いず、SRのスキブのアイドルたちを用いて放置編成が作れないかと思い、色々試してみた。 今回、このNOTEで書くのはその試してみた結果である。 2 SRスキブに頼った放置編成 SRのスキルブーストの場合、特技(特技レベル最大の場合)の発動時間割合の発動率は低い。 次のサイトによると、特技の発動率は次の感じになる。 SSR8秒スキブ 8秒おき7.5秒間発動 SSR10秒スキブ 10秒おき9秒間発動 SR9秒スキブ 9秒おき6秒間発動 SR11秒スキブ 11秒おき7.5秒間発動 「n秒おきでm秒間発動」というから発動時間割合をm/nと定義した場合、 SSRのスキブの発動時間割合は90%近くあるのに対して、SRスキブは65%程度しかない。 とすると、カバー率(MISSノートがPERFECTノートになる割合)を上げるための工夫が必要になりそうである。 具体的には、SRスキブを2名使うとか。 または、SRスキブを1名にしてパーフェクトサポートを3名(発動時間はそれぞれ別のものを)選ぶべきか。 というわけで、SSRのスキブ抜き放置編成として次のものを考えてみた。 こちらは パーフェクトサポート3名+スキブ1名のものである。 具体的なアイドルを紹介すると次の通りとなる。 センター・卯月(グレートジャーニー)SR・11秒スキブ (センター効果はトリコロールアビリティ) パーフェクトサポート3名(9秒の卯月・12秒の凜・15秒の未央) 7中ダメージガード(瑞樹、特技のポテンシャルは10にしてある) ゲストにトリコロールボイス・ステップ・メイクを特技にもつアイドル これで マスターレベルのALWAYSをライブしてみた(レベル・親愛度・特技レベルは最大まで上げる)ところ、次の結果となった。 NOTEのカバー率は結構下がり、スコアもCランクである。 もうちょっと工夫できないかなと思い、次のパターンを考える。 こちらは パーフェクトサポート2名+スキルブースト2名の編成である。 具体的には次の通り。 センター・卯月(グレートジャーニー)、SR・11秒スキブ もう一人のスキブにあやめ(印象)、SR・9秒スキブ パーフェクトサポート2名(9秒の卯月・12秒の凜) 7中ダメージガード(瑞樹、特技のポテンシャルは10にしてある) ゲストにトリコロールボイス・ステップ・メイクを特技にもつアイドル こちらでも同様にマスターレベルのALWAYSをライブしたところ次のようになった。 NOTEのカバー率は結構増えた。 SSR・8秒スキブを使った場合に迫る勢いである。 他方、 スコアはBランク。 これは、 SRアイドルが3名いるのでアピールポイントが下がったこと、トリコロールシナジーの影響がないためスコアボーナス・コンボボーナスの効果が得られなかったためと思われる。 この点、マスターレベルのスコアランクは上の通りである。 しかし、 プロレベルであればスコアSが取れる場合もあるようである。 (以下、ALWAYSのプロレベルをライブした結果を表示する) プロレベルで放置編成を回すのであれば、イベントなどでも活用できるのかな、と思う次第である。 以上、色々と調べてみた。 その結果を備忘録としてまとめておく。 一応、 SRスキブ2名+SSR判定強化2名+7中ダメージガードの放置編成でもプロレベルであればスコアSを目指せる(場合もあるらしい)。 何かの参考になれば幸いである。 では、今回はこの辺で。

次の