グラン ブルー ファンタジー ヴァーサス 攻略。 グランブルーファンタジーヴァーサス レビュー・評価 原作ファンなら迷わず買え!格ゲー始めるならこの作品しかありえない! グラブルVS

グラブルVS(グランブルーファンタジーヴァーサス、GBVS)攻略まとめ|ゲシピ

グラン ブルー ファンタジー ヴァーサス 攻略

2020年2月6日に発売された対戦格闘ゲーム 「グランブルーファンタジーヴァーサス」に関する攻略記事をまとめました。 お望みの記事を探してみてください! 本作でデビューする方をメインに、 対戦格闘ゲーム全般で最初に持つべき考え方をまとめた記事です。 実質第0回と言える内容になっています。 グランブルーファンタジーヴァーサスのシステムをまとめたページです。 基本的なものを、初心者プレイヤーが把握できるようになっています。 攻撃よりも大事かつ、どのキャラでもある程度応用が効く守りの基本をまとめました。 これさえできれば、初心者同士の戦いできっちり守りに回れます。 本作は攻撃のリーチを意識して動く場面が多い格ゲーとなっています。 第3回では、把握しておきたい技のまとめなどを行っております。 コンボが覚えられないとゲームに参加できないという先入観を本記事で取り除いてください。 私は未だにこの記事で触れたコンボをメインに使っています。 そろそろ頭一つ抜けるためにレシピを覚えようと考えもいますが。 いざ攻める時に使える方法と、その考え方をまとめました。 投げやオーバーヘッドアタックに頼ることで、 難しいことを極力減らしています。 第5回と対になる記事で、守るときには自分の攻めから逆算する方程式を学べます。 格ゲーに必要な方程式なので、ぜひ抑えてください。 講座の最終回として、メモや調べ物を活用して知識を増やしていく方法をまとめました。 この方法を駆使すれば、無限に強くなれるはずです。 数年前から私が通っている道でもあります。 ぜひ身につけてみてください! どの記事も格ゲーに必要なことがまとまっています。 グランブルーファンタジーヴァーサスで今後勝ちたい方には、おすすめの記事ばかりです!.

次の

グラブル攻略

グラン ブルー ファンタジー ヴァーサス 攻略

原作ソシャゲプレイ済み。 格ゲーはかじる程度に遊んでいます。 大人気ソシャゲの格ゲー化タイトル。 各部の演出やモーションのそこかしこに原作再現が詰まっており、 スタッフのグラブル愛を感じ取ることができるのは素晴らしい点と言えるでしょう。 キャラモデルも原作から逸脱することなく3Dに落とし込んでおり、ファンアイテムとしての完成度は高いです。 格ゲーとしては硬派なんだかハチャメチャなんだか微妙に掴み切れない味付けに感じました。 バーストやロマキャンがなく、根っこのゲーム性はスト2であるにも関わらず 技の硬直やリターンにおかしい点がちらほら見えるなんとも不思議な塩梅。 バランスとキャラが噛み合っていないと表現できるかもしれません。 幸いトロコンに際しては格ゲー部分のやりこみは不要ですので、 購入特典も豪華ですし原作ファンならとりあえずで買ってみてもいいんじゃないかなあと思います。 さてトロフィー内容ですが、wikiの記述とコメント欄を参照すればほとんど苦労せず終えられると思います。 まずは各種トロフィーですが、 ・シングルモードクリアトロフィーは設定変更可。 難易度ビギナーのラウンド1にすると簡単。 ・投げ、避け、奥義などの回数系トロフィーはRPGモードでもカウントしている模様。 攻略中に意識するといいかも。 ・対戦で~系はVSモードで2Pコン利用可。 ・チャレンジモードはクリアするだけでOK。 Sランクや武勲は不問。 めくりに対応してくれるガードボタンが何かと便利。 このあたりを活用すれば簡単に埋められると思います。 メインコンテンツであるRPGモードですが、 攻略サイト等には装備を整えればオート放置で進めるとの記述があるものの、 大型ボスやHARDモードの相手は厳しいようなので、ある程度は自力で進める必要があります。 とは言え難易度自体は大したことはなく、素直にレベルを上げてある程度武器を揃えれば難なくクリアできるでしょう。 攻略にあたっては好きなキャラを選んでも問題ない難易度ですが、こだわりがなければ グラン:最初から使えるためレベルが上げやすく、技の取り回しが良好。 開放奥義が当てやすく強力。 メーテラ:飛び道具が多い上にJDでの軌道制御が便利。 全画面の奥義と横押しの開放奥義のどちらも優秀。 この2キャラがオススメ。 スキルは本家同様防御デバフが必須……かと思いきや、効果時間が短いのでクエストを選びます。 ヒールオールとウェポンバーストの2種類で固めると潰しがきくので、汎用性の面はこの二つが〇。 苦戦しそうなポイントは ローズクイーン:奥義を撃たないとバリアが剥がせないので厄介。 ウェポンバーストを持ち込むと吉。 プロトバハムート:バリアに隠れないと即死する奥義が面倒。 人力だと事故死しやすいのでCPUオート操作に任せると安全。 ベルゼバブ:第三形態の奥義が避けにくい上に高火力かつデバフ付き。 こちらも一時的にCPUのオート操作にすれば全弾回避してくれます。 この3つぐらいで、残りのボスは力押しでなんとでもなります。 難易度ですが、単純な難しさや作業量で言えば大したことはないのですが、 格ゲーとしてもRPGモードを遊ぶにしても各種ローディングが長い上に多いのがややネック。 星1か2で迷いましたが1. 7程度ということで星2で。 待つだけの時間が長いので、ついでで遊べるコンテンツを何か用意しておくといいと思います。 ストーリーはアレでしたが、それ以外はグラブル愛を感じるクオリティの高い作品でした!! RPGモードのHARDも編成次第で案外イケます。 自分は攻撃力9万程でオート周回してましたが、4~5万ほどあれば十分倒せるかと。 "救援"は自分で救援依頼ルームを立てて救援者を待つ側、"参戦"は『条件を指定して検索』で救援者を探して手伝う側になります。 意識したのはオーバーヘッドアタックと投げぐらいですね。 シュヴァ剣であるが、リセマラするより素直にハードグランをSランクで倒してしまった方が良い。 ハードグラン戦は 闇特化武器構成で攻撃力51000程 カタリナ メイン リジェネレーション1 オーバードライブ時に攻撃力大幅増 グラン ヒールオール2 ファランクス2 これでごり押してSランクを容易に達成。 巨大ボスが対人より厄介ではあるが、2020年2月現在、救援依頼で強い方がきてくれるので 救援依頼することを推奨。 格ゲーモードについてだが、格ゲー未経験の方は談合してしまうのもよい。 コンボタクティクスで簡単なキャンセル必殺技が求められるぐらいである。 余談であるが、初心者に配慮した格ゲーとは言われている。 だが、対戦してみると押し付けて択をせまるほうが強く 空中ダッシュと2段ジャンプがないコンボが簡単なブレイブルー といった感じ。 少なくとも私の求めていた格ゲーとは違う。 カタリナに一目惚れしてプレイしようと思った程度である。 8 位。 元になったものがソシャゲなので、普段コンシューマーをプレイしない方用にゲームバランスは勿論の事、トロフィー取得難度も極端に下げられている印象です。 前述した問題のトロフィー以外は特に特筆すべきものは無いので、該当トロフィーに関して記載しておきます。 問題のトロフィーは【シュヴァ剣】のトロフィー。 RPG モードで「シュヴァリエソード・マグナ」を獲得する事で取得出来るトロフィーです。 「シュヴァリエソード・マグナ」自体は「よろず屋シェロ」の「武器交換」内の光属性の欄に陳列されています。 この素材は「パンデモニウム」の「HARD:空を駆ける少年」でグランを倒す事で数枚手に入るのですが、その BOSS BATTLE への道のりが格闘ゲームに不慣れな方の場合、険しいものとなります。 ちなみにプラチナ取得難度が 0. 3 だけ上昇する位なので慣れている方なら楽勝です。 挑戦手順としては・・・一度ストーリーをクリアした後、クエストリストで「HARD」への難易度変更が出来る様になるのですが、その「HARD」モードの状態でキークエスト ほぼ全て を各島でクリアして行く事でやっと挑戦可能になります。 2 周目を通した際の装備等は、「セプティアンバーナー」のスキル、「繁栄の祭火」が欲しかったのと、他の属性を育てる手間を省きたかったので火属性のみで進めました。 ステータスは、レベル 80 の「ゼタ」で HP:40436、攻撃力:35579 で機炎方陣の編成です。 私自身、グラブル本家はランク 200 付近までやり込んでいる中堅層なので、装備編成がすんなり出来たりストーリーが理解しやすかったり、本家未プレイの方と比べると色々と有利な環境でやらせて貰えました。 特に装備編成は本家とほぼ同じなので、興味が出たらすんなり入れると思うので本家の方にも手を出してみても良いかもしれません。 最後に・・・まさかコンシューマーで再びシュヴァ剣を集める事になるなんて思いもしなかったので、少し懐かしさを感じました・・・。

次の

【グラブルVS】グランブルーファンタジーヴァーサス攻略記事まとめ

グラン ブルー ファンタジー ヴァーサス 攻略

グラブルVS(ヴァーサス)とは グラブルキャラが活躍する2Dアクション グランブルーファンタジー ヴァーサスは、大人気スマホ向けアプリのグラブルのキャラが活躍する2Dアクションゲームだ。 開発は「GUILTY GEAR」「BLAZBLUE」シリーズで知られるARC SYSTEM WORKS。 優れたゲームデザインと唯一無二の3Dグラフィックスで、グラブルキャラが駆け巡る。 RPGとVSモードの2つのゲームシステム 「グランブルーファンタジー ヴァーサス」は、キャラの育成や武器の編成をしながらストーリーを楽しめる「RPGモード」と、対戦アクションとして楽しめる「Versusモード」の2つのシステムが存在する。 RPGモードでは新たな物語を楽しめる RPGモードでは、グランブルーファンタジーの新たな物語を楽しめる。 本家グラブルのような育成システムも用意されており、キャラの強化や武器の編成をしながら、クエストクリアを目指す。 クエストには、友達やオンライン上のプレイヤーと協力して挑むこともできるぞ。 Versusモードはシンプルかつ奥深い対戦が可能 Versusモードは、シンプルなゲームシステムながら奥深い対戦ができる。 本作では、ワンボタンで必殺技を出せるシステムもあるので、コマンド入力に慣れていないプレイヤーでも、キャラを自由に動かす楽しさを体験できる。 もちろん、格闘ゲーム上級者も、コマンド入力による必殺技発動、立ち回りや読み合いの駆け引きなど、奥深い対戦を楽しめる。

次の