西村 あさひ 法律 事務 所。 【シンガポール】西村あさひ、地場法律事務所と提携[サービス]

西村あさひ法律事務所:2020 Osaka Work Shop:法務求人No.4060

西村 あさひ 法律 事務 所

西村あさひ法律事務所のシンガポール事務所は1日、同国のベイフロント法律事務所との提携ライセンスを取得したと発表した。 シンガポールでのサービス提供基盤を拡充し、東南アジアで操業する日系企業の支援体制を強化するのが狙いだ。 ベイフロントと共同で、フォーマル・ロー・アライアンス(FLA)免許を取得した。 FLAとは、シンガポールの法律事務所と外国籍の法律事務所が、組織としてはそれぞれ独立したままで、オフィスや各種リソース、顧客情報などを共有することを可能にするライセンスだ。 日系法律事務所として同様のライセンスを取得し、事業を開始するのは初めて。 年内をめどに2者のオフィスも統合する。 新オフィスは、中心部タンジョンパガーに開設。 西村あさひの弁護士12人、ベイフロントの弁護士12人の計24人が常駐する。 シンガポールをはじめとする東南アジアで事業を展開する日系企業に法務サービスを提供していく。 向こう3年を目安に、西村あさひのシンガポール事務所とベイフロントそれぞれの売上高を現在の1. 5~2倍とするのが目標だ。 西村あさひのシンガポール事務所の代表弁護士、山中政人氏は、「今後はアライアンスを通じて、シンガポール法のサービス提供が可能になる」と説明した。

次の

AI

西村 あさひ 法律 事務 所

概要 [ ] としての西村あさひ法律事務所ととしての弁護士法人西村あさひ法律事務所の共同事業。 実務家の弁護士の他にも、や元高級官僚、やなども擁している。 所属弁護士数最多の502人(2015年1月現在)の総合法律事務所。 「」の1つであった西村総合法律事務所が、2004年1月をもってときわ総合法律事務所と統合して西村ときわ法律事務所となり、さらに、西村ときわ法律事務所が、2007年7月1日をもって国際部門と統合して、西村あさひ法律事務所となった。 西村総合法律事務所とあさひ法律事務所(国際部門)はいずれもいわゆるとして知られ、国際・国内の企業法務や金融法務、争訟を得意としていた [ ]。 一方、ときわ総合法律事務所は倒産・事業再生において著名であった [ ]。 )やセミナーによる活動を行うほか、2007年には事務所内に研究機関として西村高等法務研究所 Nishimura Institute of Advanced Legal Studies; NIALS を設立させた。 近年は業務範囲を国際的に(特にアジア方面に)拡大しており、2010年以降、アジア各地に拠点を次々と設けている。 2012年1月事務所を付近に開業し、常駐の弁護士を置いている。 他方で、日本国内においても地方に拠点を開設し進出を図っている。 国際的な法律事務所のネットワークであるおよびのメンバーでもある。 業務分野 [ ] 、、・、、、などビジネス関係の国際ないし国内法務を幅広く扱う。 数多くの大規模な案件 や著名なに携わっていることで知られる。 特徴的な業務分野としてはや関係がある。 沿革 [ ]• 12月 - 、栗山法律事務所から独立してにて西村法律事務所を設立。 1月 - とのパートナーシップを結んで西村小松法律事務所となり、のへ移転。 - 西村小松友常法律事務所に改称(弁護士に由来)。 - らの知的財産部門が独立して TMI Associates を設立。 10月 - 港区赤坂のに移転。 7月 - 寺本合同法律事務所を吸収。 4月 - の設立。 2007年7月 - あさひ法律事務所 Asahi Law Offices 国際部門を統合し、西村あさひ法律事務所に改称。 2009年12月 - 弁護士法人曾我・瓜生・糸賀法律事務所と中国業務に関して業務提携合意。 2010年6月 - 事務所開設。 2010年10月 - 事務所開設。 2011年9月 - 事務所開設。 2012年1月 - 事務所開設。 2012年8月 - 弁護士法人西村あさひ法律事務所設立。 事務所および事務所開設。 2013年5月 - 事務所開設。 2013年7月 - 事務所、事務所開設。 旧ときわ総合法律事務所の沿革 [ ]• 3月 - 、法律事務所から独立して松嶋英機総合法律事務所を設立。 2003年 - パートナーシップ体制への改組に伴い、ときわ綜合法律事務所に改称。 1月 - 西村総合法律事務所と統合して西村ときわ法律事務所に。 ら一部はの東京事務所に参加(ただし、2007年10月に独立して「ときわ法律事務所」を設立。 旧三井安田法律事務所の沿革 [ ] 「」を参照 主要案件 [ ]• (を代理)• 事件()(ときわ総合法律事務所)• 対ら情報提供又は協議差止め仮処分命令申立事件(らを代理)• (を代理)• のADR計画• のADR計画• の成立(日本興業銀行を代理)• と(MTFG)の統合(UFJを代理)• との統合(大丸の法律顧問)• との統合(伊勢丹を代理)• との統合(三菱UFJ証券を代理)• との統合(新日本製鐵を代理)• 等による買収(KDDIの法律顧問)• との統合(東燃ゼネラルに助言)• との統合(出光興産にアドバイス)• による買収(武田薬品工業にアドバイス 日本企業による過去最大の買収額) 所属弁護士等 [ ] パートナー [ ]• 元東京大学助手• 元 アドバイザー [ ]• 元長 オブカウンセル [ ]• 教授、元次長検事 カウンセル [ ]• 教授、元• 、元東京高裁判事• 元総務企画局市場課金融商品取引法令準備室長兼政策課法務室長• 元法務省付、元新規産業課課長補佐 その他の顧問 [ ]• 上級委員、元駐大使• 元長官• 教授、元教授• 過去の所属者 [ ]• (最高顧問として在職中死去)• (元パートナー)• (オブ・カウンセルとして在職中死去)元委員、元• (元顧問)• (元カウンセル)名誉教授• (元アソシエイト)パートナー• (元パートナー)パートナー• (元カウンセル)元志賀櫻法律事務所所長、元長• 後藤コンプライアンス法律事務所所長、元長• (元アソシエイト)第23代• (元カウンセル)紀尾井町東法律事務所顧問、元長、元東京高裁判事• (元オブ・カウンセル) 元、元• (元アドバイザー)駐大使、元• (元オブ・カウンセル)町田幸雄法律事務所長、元• (元オブ・カウンセル)• (パートナー在職中死去)• (元パートナー)丸の内国際法律事務所顧問• (元パートナー)TMI総合法律事務所パートナー、教授• (パートナー在職中死去)元事務次長• (元カウンセル)ほくと法律事務所顧問、元 脚注 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、分野に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

四大法律事務所の弁護士年収は億越え?その分激務で過労死も

西村 あさひ 法律 事務 所

企業法務、金融法務、国際法務などの豊富な実績で知られる西村あさひ法律事務所は、現在、346名の弁護士を抱えている。 もちろんその規模は国内最大。 2004年から2007年にかけての統合(西村総合法律事務所、ときわ総合法律事務所、あさひ法律事務所の国際部門)に合わせて事務所を拡張したが、その際、4つのコンセプトを掲げたと、パートナー弁護士の山口勝之氏は語る。 「コンセプトは『伝統』『信頼性』『国際性』『革新性』の4点です。 ご存じのとおり、法律事務所とは社会正義や公平な社会の実現のために存在するものですから、まず第一に信頼の確保が不可欠です。 また、信頼の継続が伝統を生み出していきます。 しかしその一方で、敷居の高さや保守的な側面が生じることもある。 いうまでもなく、この業界は劇的な変化に晒されており、革新や国際性を無視することもできない。 こうした私たちの想いを、事務所の『つくり』の中で表現したいと考えたのです」 内装デザインを手掛けたのは三井不動産のマンションシリーズなどで知られる光井純氏。 同氏のプランは、機能性とデザイン性を高いレベルで融合させたが、山口氏によれば、そこに加わる「徹底した快適性」こそが最大の魅力だという。 「一つは仕事をするうえでの快適性。 壁面収納を多用して作業の効率を向上させました。 ただし、それだけでは足りなかった。 もう一つが作業を離れたときの快適性です。 仕事が一段落したときに、最高の息抜きができることが何より重要だったのです」 デザインの白眉は、クライアントを迎える会議室だろう。 ダークブラウンを基調として重厚さを醸し出した「NewYork」と呼ばれる会議室や、壁面に格子を用いて和のテイストを演出した「Tokyo」と呼ばれる会議室(写真上)などがある。 例えば外国からのクライアントを、この「Tokyo」で迎える場合もあるそうだ。 使用シーンやクライアントに合わせて使い分けるなど、もてなしの気持ちをこめた応対も実現できている。 2007年11月号 準備号• 2008年1月号 創刊号• 2008年3月号 Vol. 2008年5月号 Vol. 2008年7月号 Vol. 2008年9月号 Vol. 2008年11月号 Vol. 2009年1月号 Vol. 2009年3月号 Vol. 2009年5月号 Vol. 2009年7月号 Vol. 2009年9月号 Vol. 2009年11月号 Vol. 2010年1月号 Vol. 2010年3月号 Vol. 2010年5月号 Vol. 2010年7月号 Vol. 2010年9月号 Vol. 2010年11月号 Vol. 2011年1月号 Vol. 2011年3月号 Vol. 2011年5月号 Vol. 2011年7月号 Vol. 2011年9月号 Vol. 2011年11月号 Vol. 2012年1月号 Vol. 2012年3月号 Vol. 2012年5月号 Vol. 2012年7月号 Vol. 2012年9月号 Vol. 2012年11月号 Vol. 2013年1月号 Vol. 2013年3月号 Vol. 2013年5月号 Vol. 2013年7月号 Vol. 2013年9月号 Vol. 2013年11月号 Vol. 2014年1月号 Vol. 2014年3月号 Vol. 2014年5月号 Vol. 2014年7月号 Vol. 2014年9月号 Vol. 2014年11月号 Vol. 2015年1月号 Vol. 2015年3月号 Vol. 2015年5月号 Vol. 2015年7月号 Vol. 2015年9月号 Vol. 2015年11月号 Vol. 2016年1月号 Vol. 2016年3月号 Vol. 2016年5月号 Vol. 2016年7月号 Vol. 2016年9月号 Vol. 2016年11月号 Vol. 2017年1月号 Vol. 2017年3月号 Vol. 2017年5月号 Vol. 2017年7月号 Vol. 2017年9月号 Vol. 2017年11月号 Vol. 2018年1月号 Vol. 2018年3月号 Vol. 2018年5月号 Vol. 2018年7月号 Vol. 2018年9月号 Vol. 2018年11月号 Vol. 2019年1月号 Vol. 2019年3月号 Vol. 2019年7月号 Vol. 2019年10月号 Vol. 2020年1月号 Vol. 2020年4月号 Vol. 2020年4月号 Vol.

次の