大坂なおみ 全豪オープン。 テニス

大坂なおみ全豪オープンスピーチ|英語スクリプトと対訳

大坂なおみ 全豪オープン

全豪オープン (オーストラリア・メルボルン/1月14日~1月27日/ハード)女子シングルスの準決勝は、第7シードで世界ランク8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)と第4シードで世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が対戦。 直近では、昨年の東レ・パンパシフィック・オープン決勝で顔を合わせ、プリスコバに敗れている大坂だが、6-2、4-6、6-4のフルセットで勝利し、自身初の全豪オープン決勝進出を果たした。 第1セットの大坂は第3ゲームで早々にブレーク成功。 第6ゲームで10本目のウイナーを決めるなど、好調なショットで第1セットを先取した。 しかし第2セットは相手に得意のサービスで攻められ、セットカウントを1-1とされてしまった。 迎えた最終セットは、第2ゲームで3度のブレークポイントをしのいで窮地を脱した大坂が、直後の第3ゲームをブレーク。 最後はサービスエースで試合を決めた。 試合時間は1時間53分。 15本のサービスエースと56本のウイナーで圧倒した大坂が、全米オープンに続き、グランドスラム2大会連続で決勝へ進出。 「こんにちは。 皆さん応援本当にありがとうございます。 次の試合も頑張ります」と試合後、日本語でファンに挨拶。 決勝ではペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦する。 決勝の勝者は、次回の世界ランキングで1位に輝くことになる。

次の

【大坂なおみ】全豪オープン2019(テニス・試合予定・速報結果)

大坂なおみ 全豪オープン

開催期間:1月20日~2月1日 場所:オーストラリア(メルボルン) 時差:-2時間(日本が遅い) 全豪オープン2020女子のテレビ放送情報などはこちらで、お伝えしています。 大坂なおみ• 土居美咲• 日比野菜緒 もともと、全豪オープンテニス2020の出場が決まっていた大坂なおみ選手・土居美咲選手に加え・・。 日比野菜緒選手が、予選を勝ち抜き全豪オープンテニス2020本戦への出場を決めました! 2年ぶりに全豪オープンテニス本戦に帰ってきました。 話題のルーキーアメリカのコリ・ガウフ選手が大坂なおみ選手にストレート勝ち! 今まさに勢いのある15歳! 天才テニス少女現れるといった感じで、どんどん頭角を表してきています。 見事、二回戦も勝ち抜きました。 ラケットをガンっ!!としちゃったけど、ベンチにいるときに「ヨネックス sorry…」 と、小声で呟いていました。 昨年一気に世界ランクを上げ、テニス全豪オープン本戦出場は今回初! 打ち分けが得意で、ミスが少ないですね。 大坂なおみ選手は、うまくパワーをコントロールするようになっています! 体幹もかなり鍛えたのか、上半身がふれないですね。 ただ、少しミスが気になるところ・・狙いすぎというか。 大坂選手のここぞと言うときのサービスエースが素晴らしい! パワフルなサーブでネットの金具が破損?!というハプニングも。 第2セット、ボスコバ選手のファーストサーブが入りだしやや劣勢になる大坂なおみ選手。 6ゲーム目をブレイクされました。 ですが、7ゲーム目で今度は大坂選手がブレイク。 苦しい展開もありましたが、2ゲーム目後半で巻き返し初戦突破しました。 豪オープンテニス2020の女子結果 続いて、全豪オープンテニス2020女子の結果をお伝えします。 日本人選手の土居美咲選手・日比野菜緒選手の結果はこちらです。 1セット目に惜しくも競り負けて、そのままストレート負けになってしまいました。 全豪オープンテニス2020女子で残る日本選手は大坂なおみ選手のみ。 全豪オープンテニス2020女子 1回戦の結果速報 日本人選手 全豪オープンテニス2020の女子日本人選手の組み合わせです。 大坂なおみ 2-0 M. ボスコバ(チェコ) 土居美咲 1-2 H.

次の

全豪オープンテニス2020の放送予定と大坂なおみ対戦相手情報・開始時間まとめ!

大坂なおみ 全豪オープン

優勝インタビューのスクリプトと全訳 では早速、大坂選手のインタビューを見てみましょう。 Hello. I just hope I can get through this. Huge congrats to you, Petra. I want to thank you guys coming and watching, um, thank you. Yeah, um, thank you to Craig, the tournament director, the ball kids running around in the heat, the umpires, the volunteers, everyone. You make this tournament possible, so I want to thank you guys too and thanks to my team. Thank you. 《日本語訳》 こんにちは。 ごめんなさい、人前で話すのが苦手で。 うまく伝わるといいのですが。 ペトラ、素晴らしい試合だったわ。 ずっとあなたと対戦したいと思っていたし、色々と苦労を乗り越えてきた選手だということも知っているから、正直これが私たちの初めての対戦じゃなければよかったと思ってしまいます。 あなたとあなたのチームに大いなる祝福を。 素晴らしいペトラ、あなたとグランドスラムで対戦できて本当に光栄です。 それから観戦に来てくれたみなさんにありがとうと言いたいです。 本当に毎日暑くて、正直・・・あ、ありがとう。 そう、どれほど暑くても試合を見に来て応援してくれたみなさんに、心から感謝します。 それから、競技会のディレクターのクレイグ。 暑い中ボール拾いをしてくれた子供たち、審判、ボランティア・・・みなさんがいなかったら試合は成り立ちません。 みなさんに感謝します。 それとチームのみんな。 みんながいなかったら今週乗り切れなかったと思う。 テニス選手が活躍できるのは支えてくれるチームがいるからです。 みんな、本当にありがとう。 感謝します。 さっきちゃんとメモを読んだのに、言わなきゃいけない事を忘れてしまいました。 なので・・・本当にみなさんありがとう。 この決勝戦でプレイできたことを光栄に思います。 ありがとうございます。 日常会話は難しい言葉は使わない 大坂選手はシャイで、人前で話すのが苦手のようですね。 言葉がスッと出てこない時によく使います。 話し言葉でも書き言葉でもよく使います。 you guysは、「みんな」という意味の口語表現です。 guysだから男性に使うというわけではありません。 女性しかいなくても、you guys(みんな)と普通に言います。 こういった話し言葉に慣れることも、会話を理解するうえで重要です。 話し言葉というと、句動詞が重要です。 大坂選手のスピーチを見ると、それがよくわかると思います。 非常に平易な語彙しか使っていません。 たとえば、I hope I can get through this. というフレーズ。 このget through は、辛い仕事を乗り切る、やっつける、という意味合いがあります。 つまりここでは、人前で話すこと(public speaking)が苦手だけど、なんとかうまく気持ちが伝わるよう頑張りたい、ということですね。 throughは「通り抜ける」というイメージです。 have been through so muchは、いろんなことを通過してきた、つまり色々経験してきたという意味です。 have been through a lot とも言います。 対戦したペトラ選手が、経験豊富な選手であること、または色々と苦労してきた選手であることを言っているのでしょう。 もうひとつ、throughを使った句動詞が出てきます。 make it throughで「うまくやりとげる」「なんとか切る抜ける」という意味です。 このように、句動詞は会話に必須です。 overcome(克服する、打ち勝つ、乗り越える)という単語は知っていても、get through や make it throughは知らない、という人は意外と多いのではないでしょうか。 それが、日常会話が聞き取れない・理解できない理由のひとつです。 なるだけたくさん、生の英語を聞くようにしましょう。 そこで出てきた句動詞やフレーズは、どんどん覚えましょう。 フレーズは音も一緒に頭に入れよう 単語一つ一つは知っていても、フレーズになると付いていけなくなる、という人は音が正しくインプットされていません。 仮定法は会話に頻繁に出てくるので、イマイチよくわからない・・・という人は、文法書をもう一度おさらいしましょう。 I would have made it through の部分、would have は話す時には音がくっついて、wouldav(ウダブ)となります。 また、made it throughも音が繋がり、メイディットゥルーのように聞こえます。 こういった 音の脱落(リダクション)や連結(リエゾン)を知らないと、ネイティブの英語は聞き取れません。 スクリプトを見ると簡単なのに、聞き取れなかったという人は、発音のルールを一からやり直してみましょう。 『Yumiの脱カタカナ英語マニュアル』は、25年以上にわたり述べ5,000人に発音矯正を行ってきたYumiが、独自に開発した日本人による日本時のための英語発音教材です。 英語の基本発声である喉の開き方から、個々の子音や母音はもちろんリエゾンやリダクションまで、段階を踏みながら習得できるようにまとめられています。 1クリックご協力お願いします。

次の