聖教 新聞 販売 店 クレジット カード 決済 申し込み サイト。 聖教新聞販売店クレジットカード決済申し込みサイトについての記事UP♪

中日新聞の購読料をクレジットカードで支払う方法 新規契約から変更など

聖教 新聞 販売 店 クレジット カード 決済 申し込み サイト

エグゼクティブサマリ 聖教新聞社が運営する通販サイト「SOKAオンラインストア」から2,481件のクレジットカード情報が漏洩した。 リリースによると、漏洩に使われた手口は従来とは異なるもので、改正割賦販売法の実務上のガイドラインである「クレジットカード情報非保持化」では対策できないものであった。 はじめに 今年の9月4日に聖教新聞社の通販サイトSOKAオンラインストアからクレジットカード情報漏洩の可能性がリリースされました。 以下は聖教新聞社から運営委託されているトランスコスモス株式会社のリリースです。 「SOKAオンラインストア」の件 このたび、弊社が聖教新聞社様より運営を委託されている「SOKAオンラインストア」において、クレジットカード情報を入力して商品をご注文いただいた一部のお客さまのクレジットカード情報が、第三者によって不正に取得された可能性があることが発覚い たしました。 より引用 今年の6月1日に改正割賦販売法が施行された後に起きたカード情報漏えい事件なので手口に注目しておりましたが、比較的詳細の手口が10月9日に公表されました。 以下はトランスコスモス社からの続報です。 調査結果と原因 調査報告書によると、聖教新聞社様より当該サイトの運営を委託されている弊社が契約しているサーバーに対して、7 月 30 日に不正ファイルを混入され、プログラムが改ざんされました。 そのためお客様が商品を購入する際に、偽のカード決済画面に遷移する仕組みとなっており、カード情報を不正に取得された可能性があることが発覚しました。 また、偽のカード決済画面にてカード情報を入力して送信ボタンを押すとエラーが表示され、本来の当該サイトの画面に転送されるという非常に巧妙な仕組みになっておりました。 併せて、データベースに不正にアクセスされ、個人情報を不正に取得された可能性があることも発覚しました。 より引用 これはとても興味深い手口です。 以下、図を用いて、クレジットカード情報を抜き取る手口を説明します。 どのような手口か 筆者はSOKAオンラインストアの決済時の画面遷移は把握していないのですが、本年6月1日に改正割賦販売法が施行され、によると、『クレジット取引セキュリティ協議会の「実行計画」は、割賦販売法に規定するセキュリティ対策の実務上の指針と位置付けられて』いることから、に示されている以下の二種類の方法のいずれかであったと推測します。 リダイレクト(リンク)型• 下図は、リダイレクト型決済の画面遷移です。 リダイレクト型の場合、カード情報の入力画面はECサイトにはなく、決済代行事業者が運営する画面に遷移した後にカード情報を入力することになります。 リダイレクト型決済は、ECサイト側にカード情報入力画面がないことから、他の方法(トークン型等も含め)にくらべて相対的に安全であると考えられてきました。 そして、決済画面への遷移を偽画面の方に誘導します。 偽画面は攻撃者が作成したものなので、利用者が入力したカード情報は、図の右下に示すように、攻撃者の元に送信されます。 しかし、このままでは正常な決済が行われないため、利用者が不審に思い、問い合わせなどから比較的短期間に「仕掛け」が露呈するはずです。 この攻撃が巧妙なのは、いったん「決済エラー」を表示した上で、正常系の決済画面に誘導するところです。 利用者は2度カード情報を入力することにはなりますが、カード番号の入力は16桁数字を正確に入力する必要があり間違いが入りやすいので、それほどは不審に思われなかっただろうと推測されます。 この仕組みにより、リリースによると、「2018年7月30日~2018年8月24日に、カード情報を入力して商品をご注文されたお客様 2,481 名」のカード情報が漏洩した可能性があるとのことです。 従来の手口との比較 ECサイトからのカード情報漏洩として古典的なものには、SQLインジェクション攻撃によるものや、ログファイルからの窃取などがあります。 これらは、カード情報をECサイト側で「非保持」とすることで防ぐことができます。 しかし、近年は(非保持化の要求以前から)カード情報をECサイト側で保存することが少なくなってきたので、入力フォームを改ざんしてユーザが入力したカード情報を盗むという方法が増えています。 その詳細が公開されているわけではありませんが、筆者はJavaScriptを入力フォームに注入することで、カード情報を外部に送信しているのではないかと推測します。 この手口は、日本では2013年3月のJINS事件以降発生しており、その状況をブログ記事にまとめたことがあります(下記)。 そして、この手口に対しては、前述の「非保持化」対応のうち、リダイレクト型であれば対策でき、JavaScript型では対応できないことから、「リダイレクト型の方が相対的に安全」という見方をしておりました。 しかしながら、リダイレクト型・JavaScript型の双方に対応した今回の攻撃により、結局経産省その他が推進している「非保持化」のソリューションは五十歩百歩の効果しかない状態になったなという感想を持っています。 対策 この手口に対するECサイト側の対策ですが、まずは基本的な以下の対策をとる必要があります。 ウェブアプリケーションやソフトウェアライブラリ、プラットフォームの脆弱性対策(パッチ適用など)• 管理者等のパスワードを強固にする(可能ならばインターネットからは管理者ログインできないよう設定する) 加えて、以下の対策を推奨します。 Web Application Firewall WAF の導入• ファイルパーミッションとファイルオーナーの適切な設定• 改ざん検知システムの導入 最近のECサイトからのクレジットカード情報漏洩は、サイトの改ざんを伴うものが大半であることを考えると、ファイルパーミッションの設定と改ざん検知システムの導入は非常に効果があると考えられます。 とくに、ドキュメントルート下のディレクトリ(フォルダ)とファイルに対して、ウェブアプリケーションの権限で更新できないように設定すると、本稿で紹介した攻撃はできなくなります。 この場合、単にファイルなどをリードオンリーに設定するだけでは不十分です。 ウェブアプリケーションが動作するユーザがファイル等のオーナーになっている場合は、仮にリードオンリーの設定がされていても、攻撃者がまずchmodコマンドなどで書き込み権限を付与できるからです。 このため、ドキュメントルート下のファイル等は、ウェブアプリケーションが動作するユーザとは別のユーザをオーナーにしておくことが好ましいでしょう。 一般的なレンタルサーバーではこの設定は難しい(ユーザを1種類しか使えない)ので、レンタルサーバーでECサイトを運営する場合は、脆弱性対処などに特に注意する必要があります。 レンタルサーバーでは改ざん検知システムの導入は難しそうですが、最近はWAFが追加費用なしで使えるレンタルサーバーが増えているので、WAFをうまく利用できれば効果的だと考えます。 「非保持化」に対する思い 前述のように、今年の6月1日に改正割賦販売法が施行され、クレジットカード情報を扱うECサイト事業者にもカード情報保護が求められるようになりました。 以下は割賦販売法の第三十五条の十六から括弧内の但し書きを抜いて引用したものです。 第三十五条の十六 クレジットカード番号等取扱業者は、経済産業省令で定める基準に従い、その取り扱うクレジットカード番号等の漏えい、滅失又は毀損の防止その他のクレジットカード番号等の適切な管理のために必要な措置を講じなければならない。 より引用 そして、「必要な処置」のガイドラインになるのが、『クレジット取引セキュリティ協議会の「実行計画」』であり、経産省から以下のように「お墨付き」が与えられています。 クレジット取引セキュリティ協議会の「実行計画」は、割賦販売法に規定するセキュリティ対策の実務上の指針と位置付けられており、「実行計画」に掲げる措置又はそれと同等以上の措置を講じている場合には、セキュリティ対策に係る法的基準を満たしていると認められます。 より引用 この「実行計画」の柱は「クレジットカード情報の非保持化」であり、実行計画2018には以下のような記述さえ見られます。 2.加盟店におけるカード情報の非保持化の推進について 本協議会は、加盟店におけるカード情報保護のための第一の対策として非保持化を基本とした取組を推進する。 非保持化は PCI DSS 準拠とイコールではないものの、カード情報保護という観点では同等の効果があるものと認められるため、実行計画においては、PCI DSS 準拠に並ぶ措置として整理する。 より引用 そんなわけねーだろ、と心の中で突っ込んでいたわけですが、あまりに心配なので、ツテをたどって関係者に連絡を試みて不発に終ったりしておりました。 なので、今回の事件を見て、「それ見たことか」という気持ちがないわけではありません。 しかしながら、同時に以下のような思いも芽生えました。 ECサイト事業者の大半は中小零細企業であり、いきなりPCI DSS準拠を求めるような施策も現実的ではありません。 非保持化という施策は、現状でなんとか実行可能で、対策としての効果も見込める(ただし十分とは言えない)ラインをひねり出したものかもしれません(私の妄想ですが)。 前述の対策の際に、「レンタルサーバーは使うな」と書かなかったのですが、その理由は「零細なECサイト事業者がレンタルサーバーからVPSに移っても別の問題が生じるしな」という思いがあったからです。 いずれにせよ、今回のような手口が広がれば、今後の「実行計画」の改版の際には、より実効的な内容が求められることになると思います。 まとめ SOKAオンラインストアからのクレジットカード情報漏洩手段について紹介しました。 紹介した手口は、クレジットカード情報「非保持化」では対策できないものであり、今後のクレジットカード情報漏洩事件の主流となる可能性があります。 事業者側の施策としては、基本をおろそかにしない一方で、サイト改ざんには特に重点的な施策が望ましいと考えます。 具体的にはファイルパーミッションやファイルオーナーの設定、および改ざん検知システムの導入です。 【PR】 【10月24日(水)・11月7日(水)】 『体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版』基礎講座・応用講座 ~徳丸本によるホワイトハッカー入門~•

次の

【図解】クレジットカード決済とは?仕組みを分かりやすく解説します|ネットECの基本|ECビジネスのトータルパートナー|ヤマトフィナンシャル

聖教 新聞 販売 店 クレジット カード 決済 申し込み サイト

[ クレジットカード払い ] お申し込みの際には必ず郵便番号のご入力をお願いいたします。 (郵便番号がありませんと、クレジットカード情報のご入力ができません) お客様の地域を担当するASA(朝日新聞販売所)がクレジットカード決済に対応していない場合には、クレジットカードによるお支払いがご利用いただけません。 あらかじめご了承願います。 申し込み内容の入力画面上でカード情報の入力をお願いします。 一部地域では画面上の手続きが出来ないため、お申し込み用紙をASAがお届けします。 お手続き後、クレジットカード決済が可能になるまで1~2カ月かかります。 それまでの間はASAが訪問集金に伺います。 [ 口座振替 ] お客様の銀行口座から毎月、自動引落をさせていただきます。 お申し込み用紙をASAがお届けします。 お手続き後、口座振替が可能になるまで1~2カ月かかります。 それまでの間はASAが訪問集金に伺います。 *一部地域では、金融機関が限定されることがあります。 住所を変更される場合 【学割の取り扱いについて】• 対象:一人住まいの学生で、現在朝日新聞を購読いただいていない方に限ります。 この条件を偽って契約されたことがわかった場合、購読開始日に遡って正規料金との差額をご請求させていただきます。 この画面で受けた申込は、お住まいのエリアを担当するASAに連絡します。 担当ASAがお客様のご住所に伺いますので、ご契約書の取り交わしをお願いします。 ご契約を交わす際に、ASAスタッフが学生証を確認させていただきます。 購読契約は3ヶ月以上とし、途中解約はできません。 購読料金のお支払で、口座振替をご希望の方には、後日、当該ASAから振替申込用紙をお届けしますので、ご記入の上ご返送ください。 クレジットカードの場合は、この画面からお手続きが可能です。 一部のエリアでは、クレジットカードをご利用いただけない場合がございますのでご了承ください。 また、クレジットカードのご利用は可能であっても、ネット上での手続きができない場合があります。 この場合も、後ほど当該ASAからクレジット決済申込用紙をお届けしますので、ご記入の上ご返送ください。 新規購読に伴うサービス品のご提供はありません。 現在、朝日新聞をご購読いただいている、あるいはASAとの契約がある方が、その契約を解約し、新たに学割にお申し込みいただくことはできません。 一時止めの日割り計算(値引き)は行いません。 (契約期間内はお約束の金額を引き落とします。 ご契約期間内の帰省中などの一時止めの期間についても、ご契約の金額を引き落としさせていただきます。 ただし、ご要望があれば、その期間中の新聞を保管し、後日お届けさせていただきます。 朝夕刊セット版のエリアで、朝刊のみの配達をご希望された場合でも、料金は月ぎめ2,500円となります。 学割契約期間内に転居される場合は、現住所のASAにご連絡いただくか、このウェブサイトの「住所の変更」からお手続きください。 現住所ASAから新住所のASAに連絡します。 この場合、購読の契約は現住所のASAから新住所のASAへ引き継がれ、学割契約は、当初の期間満了まで有効です。 お引越しに伴う途中解約はできません。 学割契約は延長が可能です。 ただし、新たな契約期間が始まる時点で学生でない場合は、学割契約を延長することはできません。 個人情報の取り扱いについて 新聞のご購読は、お客様の地域を担当するASA(朝日新聞販売所)とのご契約となります。 お預かりした個人情報は、ASAが配達、集金およびご購読の継続や再度のご契約のお勧めなど、新聞購読に関する業務に利用するほか、朝日新聞グループ(当社、当社のグループ企業および各ASA)において、以下の利用目的で共同利用します。 共同利用についての公表事項は、以下の「共同利用に関する事項」欄をご覧ください。 asahi. html)にしたがって安全かつ適切に取り扱います。 共同利用する個人情報の項目 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、職業、メールアドレスおよびその他お客様から朝日新聞グループにお知らせいただいた項目• 利用目的 上記の「利用目的」欄に記載のとおり• 共同利用する個人情報の管理責任者 株式会社朝日新聞社 なお、個人情報は、当社の子会社である販売サービス会社(業務委託先)に利用目的のために必要な範囲で開示する他、お客様個人を特定できない統計情報として利用することがあります。 また、「日刊スポーツ」をお申し込みいただいた場合、上記の取り扱いに加えて、お客様の氏名、住所、電話番号、メールアドレスは、日刊スポーツ新聞社にも連絡し、日刊スポーツ新聞社からのご案内等のために利用させていただきます。 お客様のお名前、ご住所等の個人情報は、当該ASA(朝日新聞販売所)へ連絡させていただきます。 また、ご入力いただいたお客様の個人情報は、朝日新聞社(日刊スポーツをお申し込みの場合は、日刊スポーツ新聞社)で適切に管理し、お客様への確認、朝日新聞社・日刊スポーツ新聞社からのご案内等のために、利用させていただきます。 なお、新聞・出版物のご購読については、お客様の地域を担当するASAとのご契約となります。 個人情報のお取り扱いについては、をご覧ください。 本ホームページはSSLに対応しています。 すべての個人情報は暗号化して送信されます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

次の

聖教新聞販売店クレジットカード決済申し込みサイトについての口コミ!!

聖教 新聞 販売 店 クレジット カード 決済 申し込み サイト

発行部数は約250万部となっています。 中日新聞の種類について 中日新聞では、地域によっていくつかの種類の新聞が発行されています。 新聞の種類 対象地域 中日新聞 愛知、岐阜、三重、長野、福井、滋賀 中日新聞(静岡) 静岡 石川、富山 福井 中日スポーツ 愛知、岐阜、三重、長野、富山、静岡、福井、滋賀、石川 中日こどもウイークリー 愛知、岐阜、三重、長野、富山、静岡、福井、滋賀、石川 (中日新聞東京本社) 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、静岡 東京中日スポーツ (中日新聞東京本社) 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、静岡 中日新聞プラス 中日新聞プラスは、中日新聞購読者が利用出来るネットサービスで、購読者は一般会員として無料登録できるサービスです。 プレミアム会員(有料)になると、東京新聞の電子版も購読出来るようになっています。 中日新聞の支払い方法 中日新聞の購読料の支払い方法は、集金、口座振替、クレジットカード払いの3つの方法が有ります。 クレジットカード払いは一部の地域では対応していませんので注意が必要です。 学割プラン 学割プランは、30歳以下の1人暮らしをしている学生(大学・短大・専門学校)を対象とした割引プランで、3ヶ月以上の契約で割引料金で中日新聞を購読する事が出来ます。 中日新聞のクレジットカード払い 中日新聞のクレジットカード払いは、毎月自動的に申込をしたクレジットカードで決済をするものです。 訪問での集金などは不在の場合など困りますが、クレジットカード払いなら、カードのポイントも貯まり他の支払い方法よりもお勧めです。 利用出来る国際ブランド及び対応クレジットカード会社 中日新聞の新聞購読料の支払いで利用可能なクレジットカードの国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubとなっています。 対応国際ブランド及びクレジットカード会社 中日新聞のクレジットカード払いには以下のクレジットカードが対応しています。 VISAやJCBなど対応国際ブランドならクレジットカード会社のマークが掲載されていなくても支払い可能な場合が有ります。 販売店によってはクレジットカード払いに対応していない場合が有ります。 新規購読 中日新聞を新規購読する場合は、中日新聞のWEBサイトから簡単に申込をする事が出来ます。 急ぎの場合は電話でも手続が可能です。 (中日新聞) 上記中日新聞のWEBサイトより必要事項を入力して送信します。 支払い方法の項目でクレジットカード払いを選択する事でクレジットカードで新聞購読料の支払いが出来ます。 クレジットカード払いに変更する場合 現在の支払い方法からクレジットカード払いへ変更する場合は、最寄の販売店から申込書を取寄せて必要事項を記入して手続をします。 販売店が分からない場合は、サポートセンターへ連絡をして調べる事が出来ます。 名称 中日新聞社 販売局サポートセンター 電話番号 052-211-2657 備考 — いずれの場合も購読の契約をするのは、最寄の中日新聞販売店となります。 中日新聞社と直接契約をする訳では有りません。 中日新聞新聞の支払いでお勧めのクレジットカード 中日新聞の支払にお勧めのクレジットカードの紹介です。 既にクレジットカードを持っているという方はそのクレジットカードを支払いに使って問題は無いと思います。 もし、ポイントがたまりにくいと感じていたり、利用環境に合っていないと感じていたら違うクレジットカードを検討してみるのも方法です。 年会費が無料のクレジットカード まずは年会費無料のお勧めクレジットカードの紹介です。 イオンカードWAON一体型 は、イオンカードにが搭載された便利なクレジットカードです。 また、学生の方や年金受給者の方でも持つ事が可能なクレジットカードで、初めてという方にもは向いています。 尚、イオンカードは毎日イオングループ対象店舗で ポイントが2倍となっておりお得です。 で、VISA、MasterCard、JCBの国際ブランドから選択でき、Apple Payも設定し利用出来ます。 他にもイオン銀行キャッシュカード機能が付いたもおすすめです。 年会費 無料 入会資格 18歳以上の電話連絡可能な方。 貯まるポイントも永久不滅ポイントで有効期限が有りません。 普段はあまり使わないという方でも、ポイントの失効を気にする事なく貯められます。 アメックスブランドですが、日本ではJCBと提携していますので、JCBが利用出来る店舗ならアメックスも基本的に利用可能となっています。 公共料金の支払はもちろん普段使いにもとても便利でお得なクレジットカードとなっています。 年間利用額によっては、上位のゴールドカードが年会費も約2,000円ちょっとでとてもお得です。 年会費 年会費無料 入会資格 原則として年齢18歳以上の方。 三井住友VISAクラシックカード は、CMなどでもお馴染みののスタンダードなクレジットカードです。 年会費も条件によって無料にする事が出来ます。 どちらかと言うとエンタテイメントや旅行などのサービスなどが充実しているイメージが有ります。 又は、18歳以上の学生の方。 購読者への販売は各最寄の販売店が行っています。 従って契約もこの販売店との契約となっています。 契約期間中は基本的に解約という事はできず、解約のタイミングとしては、契約をしている期間が終了する時になります。 これは契約する人それぞれで異なり、3ヶ月や6ヶ月、1年といった契約になっていると思います。 契約が切れる場合には、新たに継続契約を販売店から案内があると思いますが、この時に契約を継続せずに終了すれば解約となります。 (案内が無い場合には事前に連絡する必要が有ります) 途中解約したいという方もおられるかも知れませんが、販売店は中日新聞が直接運営している訳では有りませんので、販売店によって対応等はまちまちです。 違約金や解約手数料を支払えばOKという場合もあれば、途中解約には応じてくれない場合も有ります。 引越しした場合 もし、現在の販売店の営業エリア外へ引越しする場合、その販売店が配達出来ない場所であれば契約と中であっても解約となるでしょう。 但し、こちらも販売店によっては契約期間中の料金は支払うように言ってくる場合も有ります。 解約でトラブルがあった場合 基本的に契約をしていて自己都合で解約するのはなかなか難しいです。 携帯電話でも契約途中に解約すると違約金が発生します。 もし、解約の際にトラブルが有った場合には消費者センター等へ相談すると良いでしょう。 中日新聞のクレジットカード払いの注意点など 中日新聞の新聞購読料をクレジットカード払い(日経ID決済)にする上での注意点がいくつか有ります。 支払いは1回払い 中日新聞の新聞購読料のクレジットカード払いは1回払いのみとなっています。 分割払いには対応していません。 但し、クレジットカード会社によっては後からリボ払いなどに変更出来る場合が有ります。 (新聞社側へは1回払いされます) 毎月の継続払い クレジットカード払いは、毎月継続して支払いをする方法です。 従ってクレジットカード払いを変更・解約しない限り、毎月カード決済となります。 1回限りクレジットカードで支払うというものでは有りません。 カード変更時 クレジットカードが変わった場合や無効になった場合などは、速やかに最寄の販売所へ連絡が必要となります。 但し、カード会社の都合によるカード番号の変更等の場合は手続や連絡無しに自動的に変わる場合が有ります。 その他 クレジットカード決済に対応していない中日新聞の販売所が有る場合が有ります。

次の