エクセル ジャンプ ショートカット。 新人研修でドヤ顔で披露したらウケたEclipseのショートカット集

時短テクニック エクセルショートカット!

エクセル ジャンプ ショートカット

放置で終わるのかと思っていたら補足が付きましたね。 シート自体の一番下、右と言うことですか。 大抵は1回目で入力範囲の最後、もう1回で端までいくはずです。 間に未入力セルと入力セルが挟まる場合はその都度移動が止まりますので繰り返してください。 やってみればわかります。 あとは、最終セルのアドレスを名前ボックスに入力とかですかね。 私の書いた下辺、右辺はセルを四角とした時の下や右の線です。 マウスのポインタを線の上に持って行くと上下左右に外向きの矢印にポインタが変わりますのでそこでダブルクリックします。 但しこれは入力範囲で移動の時の方法です。 A ベストアンサー こんにちわ。 サンプルマクロを作ってみました。 次のように操作してみて下さい。 データの入力されているブックを開き、CTR+F11キーを押してVBE画面を表示させる。 VBAProjectの下にあるThisWokrkbookにカーソルを合わせダブルクリックする。 ThisWorkbookのコードエディター 右側の白い部分 が開くので、そこに下記のコードをコピー・ペーストする。 Worksheets 1. Cells Rows. Count, 1. End xlUp. Worksheets 1. Range "A1". Select Else ThisWorkbook. Worksheets 1. Range myCell. Offset 1, 0. Cells Rows. Count, 1. End xlUp. Range "A1". Select Else ActiveSheet. Range myCell. Offset 1, 0. Select End If End Sub 4. VBAProjectの下にあるSheet1にカーソルを合わせダブルクリックする。 Sheet1のコードエディター 右側の白い部分 が開くので、そこに下記のコードをコピー・ペーストする。 Count, 1. End xlUp. Row If Cells myRow, 1. End xlToRight. Count. End xlToLeft. Select Else Cells myRow, Columns. Count. End xlToLeft. Offset 0, 1. Select End If End If End If End Sub 6. ブックを保存終了し、再度そのブックを開く。 あなた様のやられたいことが実現していると思います。 もし、不都合な点がありましたら、遠慮なくお知らせ下さい。 私でよろしければ、あなた様のやられたいことが実現できるまで一緒に考えたいと思います。 その際には、表の構成内容とあなた様のやられたいことを順を追って詳しくお知らせ下さい。 お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。 こんにちわ。 サンプルマクロを作ってみました。 次のように操作してみて下さい。 データの入力されているブックを開き、CTR+F11キーを押してVBE画面を表示させる。 VBAProjectの下にあるThisWokrkbookにカーソルを合わせダブルクリックする。 ThisWorkbookのコードエディター 右側の白い部分 が開くので、そこに下記のコードをコピー・ペーストする。 Worksheets 1. Cells Rows. Count, 1. End xlUp... Q 下のような「得点」という名前のシートがあります。 (「田中」のセルがA1です。 ) [ 田中 ][ 10 ][ 200 ] [ 山田 ][ 21 ][ 150 ] [ 佐藤 ][ 76 ][ 250 ] [ 鈴木 ][ 53 ][ 350 ] 別のシートのA1セルに、「佐藤」と入力すると、 [ 佐藤 ] 「得点」シートから「佐藤」の列を見つけて、B1、C1に [ 佐藤 ][ 76 ][ 250 ] のように表示させたいのですが、B1、C1にはどのような式を書けば良いのでしょうか。 「得点」シートでは氏名が重複する事はありません。 IF文を使うと思うのですが、いまいち良く分かりませんでした。 よろしくおねがい致します。

次の

Excelでいつでも左上のセル「A1」に移動できるショートカットキー

エクセル ジャンプ ショートカット

ダイアログボックス(ウィンドウ)を呼び出し後は以下の流れで一括選択が可能になります。 「セル選択」をクリック• 任意の項目を選択• 「OK」をクリック 続いて、具体的にどのようなケースで活用できるか、サンプルを交えてご紹介します。 使用方法サンプルその1【オブジェクト】 最初はセルデータと違って、一括処理がなかなか大変な「オブジェクト」を一括選択する際に大変有効です。 そもそもここでいうオブジェクトとは、図など「挿入」タブで管理できるデータだと理解すればOKです。 グラフ• 図形(オートシェイプ)• ワードアート• スマートアート などです。 なお、VBAなどでいうオブジェクトよりも狭義の意味です。 (VBAはセルやシート、ブックもオブジェクトに定義されている) 具体的にオブジェクトを選択するイメージとしては、下図の通りです。 先述の「基本操作」にてジャンプのダイアログボックスを表示しましょう。 そして、選択項目は 「オブジェクト」を選択し、「OK」をクリックします。 すると、下図の通りすべてのオブジェクトが選択された状態になります。 あとは、消去したり、任意の設定変更を一括で行うことができます。 使用方法サンプルその2【定数】 続いて、下図のように、ある範囲内のセルデータに数式と文字列が混在してしまった表があるとします。 (チームで仕事をしているとこういうケースが意外とあります) この中で文字列だけ選択したい場合の方法をご紹介します。 まず、事前に検索範囲となるセル範囲をあらかじめ選択しておきます。 その上で、先述の「基本操作」にてジャンプのダイアログボックスを表示しましょう。 そして、選択項目は 「定数」を選択し、「OK」をクリックします。 すると、文字列のセルのみ選択された状態になります。 あとは、先ほどのオブジェクトの場合と同様に消去したり、任意の設定変更を一括で行うことができます。 まとめ 今回ご紹介した「オブジェクト」と「定数」以外にも使用頻度が高いものとしては次の項目が挙げられます。 コメント• 条件付書式• 入力規則 などです。 このようにワークシートをパッと見ただけで判別しにくいものを一括で選択できると本当に便利さを実感できますよ! 個人的にもっとはやくに覚えていれば良かったと思える機能のひとつでした。

次の

エクセルで、可視セルをショートカットキーで一発選択する

エクセル ジャンプ ショートカット

これをしておかないと、必要ない空白セルまで選択されてしまうときがあるからです。 ジャンプ機能を使って空白セルを選択する 次に 「ジャンプ」のダイアログボックスを開きます。 一応ここから開けるのですが、 めんどくさいのでショートカットを使いましょう。 これを押すとこんな画面が開きます。 どうしてもマウスを使いたい人は「セル選択 S 」をクリックしてください。 (慣れればキーボード操作のほうが速いし楽です。 ) すると、次にこんな画面が出てきます。 この画面になったらさっさと Kを押して、 Enterを押しましょう。 どうしてもマウスを使いたい人は、「空白セル K 」を選択して、OKを押してください。 (慣れればキーボード操作のほうが(略))。 これで、こんな感じで空白のセルがまとめて選択できます。 ここで役立つテクニックが Ctrl を押しながら Enterで値を入力するというテクニックです。 これを使うと、 選択しているセルにまとめて同じ値を入力することができます。 まとめると、今回の場合は以下のような流れで操作してください。 これで大量の空白セルにまとめてゼロを入力することができます。 おまけ解説 今回紹介した「ジャンプ」という機能ですが、空白セルだけに限らずある条件を満たすセルをまとめて選択することができます。 ジャンプの画面を見てもらえればわかりますが、数式とか条件付き書式のセルとか、もろもろを一発で選択できます。 で、この記事の紹介ですが、この中で数式は色を変えておくとわかりやすいですよ、ということもお伝えしてます。 この場合は「数式 F 」と書いてあるところを選択すると、数式が入っているセルをまとめて選択できます。 その後青色にすれば一発で数式が入っているセルを青字にすることができるんです。 「ジャンプ」は色んな使い方ができるので、ある条件のセルをまとめて操作したい時に、ぜひこの「ジャンプ」の機能を使いこなしてください! まとめ 今回は ・ジャンプのショートカット ・セルにまとめて値を入力する方法 ・数式が入っているセルをまとめて青字にする方法 をご紹介しました! ジャンプで特定のセルを選択した後は、まとめて入力するのも色をつけるのも、自由自在にやりたい放題です。 1つ1つ手作業で入力している方がいたら、このテクニックを使ってさっさと仕事を終わらせてください! ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 エクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の