お盆 なす と きゅうり。 お盆のなすときゅうりの処分方法!精霊馬は食べても大丈夫?!

お盆に作るなすやきゅうりの精霊馬の作り方や飾り方・処分方法は?地域別の正しい方法を知ろう!

お盆 なす と きゅうり

クリックして好きな場所へ移動• 何でも地獄の釜とは、地獄で罪人を煮る為の釜なのだそうです。 そして、その怖~い釜の蓋が開くのが お盆の8月16日で、 その日は開いた釜の中から罪人達が子孫の家へ 帰り、一時の帰省を楽しむ日とされ、 「 地獄の釜の蓋が開く」という言葉の意味は、 その日は鬼でさえお休みするから 人間も仕事はせずに休みをとりましょう という使われ方をするのです が、 これらの話は神道から来るものであって、 仏教の教えにはそぐわない話です。 神道では「霊」を肯定しますが、 仏教は「霊」を否定します。 浄土真宗はナスやキュウリで動物を作らない 出典: 本題のなす・きゅうりのお話ですが、 そもそも、この飾りは「精霊馬」と言って、 きゅうり=足の速い馬 なす=足の遅い牛 に見立てて割り箸を足にしてなすやきゅうりに差して作ります。 ご先祖がきゅうりの馬で早く我が家に帰れるように。 お盆が終わったら名残惜しくもなすの牛で お供えを積んでゆっくりあの世へ戻られるように。 という意味があるのだそうです。 しかし、先程も話したように そもそも 浄土真宗は特に「霊」は無いとする宗派 なので、当然ながら先祖の霊もありません。 だから、なすやきゅうりで精霊馬を作って飾ることをしません。 浄土真宗では亡くなった人は極楽浄土にいる じゃあ、浄土真宗ではご先祖様がいないの? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、 浄土真宗では、亡くなった方は 浄土(極楽浄土)という 阿弥陀如来(あみだにょらい)の世界に生まれられます。 浄土真宗では亡くなった方が あの世とこの世を行ったり来たりするのではなく、 極楽浄土という世界は この世まで含んだ世界なので、目には見えなくても、 いつも私たちの側で 仏縁を結ぶはたらきとなっていらっしゃいます。 スポンサーリンク 浄土真宗は迎え火・送り火もしません ここまでお話すると、浄土真宗には 当然 「迎え火や送り火」も必要ない のがお分かりいただけると思います。 迎え火は戻ってくる先祖の霊が迷わない為の目印で、 迎え火は先祖の霊を送りだす為に 「あの世へ戻る日ですよ」と知らせる役割もあるようです。 しかし、浄土真宗の教えには当てはまりません。 迎え火や送り火は 地域の伝統行事として根付いている ということの方が多いのではないでしょうか? 日本のお盆の恒例行事的な要素も強くあり、 宗派関係なく行う場合もあるようです。 ひまわりがあっても大丈夫ですが、 赤い花は七回忌以降のほうが無難です。 お花の用意が不安な方は、お近くの生花店に お盆用のお花をおまかせで作ってもらえるネット注文の方法もあります。 ( 盆提灯に仏教的根拠はありませんので自由な判断でいいと思います。 ) お寺でお盆の法要があるところは、 門徒がお寺に参ったり、 地域によっては、 お寺さん ご院家さん が門徒の家々をまわったりと、 お盆の過ごし方は色々あります。

次の

お盆飾り、きゅうり、なすの置物の名前、意味とは?

お盆 なす と きゅうり

お盆の時期 お盆の時期は、大きく分けてふたつに分かれています。 これは、もともと7月13日~15日がお盆の時期でしたが、明治時代の改暦とともに、旧暦を踏襲する地域と新暦を参照する地域に分かれたためだとされています。 それでは、それぞれの お盆の時期について解説していきたいと思います。 一般的な地域 全国の大半の地域のお盆の時期は、 8月13日~8月15日です。 これらの地域は旧暦を参照しており、改暦前の7月15日が改暦後だと8月15日に相当するため、この時期になったとされています。 新暦を参照しなかった理由は諸説あります。 例えば、7月の地方は農繁期で忙しいため旧暦を参照し、お盆の時期を一か月遅らせたという説などがあります。 東京・静岡の一部 東京や静岡、横浜などの一部地域では、 7月13日~15日がお盆の時期となります。 7月にお盆を行う理由としては、旧暦の7月13日~15日を、単純に新暦の7月13日~15日に当てはめたためだとされています。 お盆に飾るなすときゅうりの名前・由来 お盆の時期なるとよく見かける なすときゅうりの名称とその意味・由来について解説していきます。 精霊馬ってなに? 皆さんの中に、お盆には精霊馬を飾ると耳にしたことはありませんか。 精霊馬とは、 きゅうりとなすを飾ることを意味します。 一般的にはなすときゅうりを一括りで精霊馬と呼びますが、地域によってはきゅうりを精霊馬、なすを精霊牛と分けて呼ぶ場合もあります。 きゅうりやなすを飾る意味 お盆には、ご先祖様の霊や故人が返ってくるため、 行き来のための乗り物としてなすやきゅうりを飾るようになったとされています。 なすは足の遅い牛を意味し、 きゅうりは足の速い馬を表しています。 なすを牛、きゅうりを馬と見立てる理由として一般的なのは、「迎えるときは、足の速い馬で早く家に着いて一緒にいる時間をできるだけ長くし、帰りは足の遅い牛の車に乗って少しでも長くこの世にとどまっていてほしい」です。 しかし、地域によって飾る意味は様々で、ある地域では、「来るときは牛の車に乗って、帰りは道に迷わないように馬の車に乗る」という意味があるところもあれば、「生き帰りは迷わないために馬の車に乗り、牛はお供え物の荷物を運ぶ」という意味のところもあります。 また、地域だけではなく、慣習・宗教などによっても意味は異なります。 自分の地域でのなすやきゅうりを飾る意味が気になる方は、周りの人に聞いてみるのがいいかもしれませんね。 なぜなすときゅうりで作るのか? ではなぜ精霊馬や精霊牛をなすやきゅうりで作るようになったのでしょうか。 はっきりとわかっているわけではありませんが、一番有力な説を紹介します。 元々お盆の時期は7月で農作物の収穫時期が近くにありました。 夏野菜であるなすときゅうりは、 時期が被っていたために精霊馬・精霊牛として表現されたのです。 昔はなすは高価な野菜であったことから、 農作物への感謝をも表していたのだと考えられます。 なすときゅうりの飾り方 精霊馬をお供えするにあたり、どのような準備をすべきなのでしょうか。 精霊馬の作り方や置き方を解説していきます。 精霊馬の作り方 かなり簡単なものですがまず 精霊馬の作り方を説明します。 用意するのは、なすときゅうり1本ずつと、割り箸2組みあるいは爪楊枝8本です。 なすときゅうりは牛と馬それぞれの胴体、割り箸あるいは爪楊枝はそれぞれの脚となります。 割り箸を使う場合は、1本を2つに折って8本にします。 なすときゅうりはヘタが牛と馬の頭となるようにします。 すこしヘタが上向きになるように意識し、折った割り箸あるいは爪楊枝を4本ずつさします。 これで完成です。 精霊馬の置き方と向き 精霊馬は、 基本的に精霊棚に置きます。 精霊棚(盆棚)とは、お盆の際に故人の霊にくつろいで頂くスペースで、お供え物を飾る棚のことを言います。 精霊棚に飾る向きは、お迎えをする時には精霊馬の頭同士が向かい合うように内向きします。 逆にお送りする時には精霊馬が外を向くようにします。 お盆のなすときゅうりと米 これまでお盆に飾るなすときゅうりを使った精霊馬について解説してきましたが、実は なすときゅうりを使ったお供え物は精霊馬以外にもあります。 それはなすときゅうりだけではなく、なすときゅうりとお米を使ったものです。 名前は「水の子」 なすときゅうりとお米を使ったお盆のお供え物は、「水の子」と言います。 水の子とは、なすときゅうりを賽の目状に切り、お米と混ぜて蓮の葉の上に乗せたもののことです。 お盆のお供え物の一つで、主に浄土宗では重要なものとされています。 水の子は、自分の家に帰ってくる先祖だけではなく、 全ての霊を供養するという意味を持ちます。 お盆の由来ともなっている伝説では、食べられない人に対して施しをすることで救います。 事情があってご先祖様をお迎えできないところもありますので、その霊に対しても供養をするということです。 水の子の作り方 水の子も精霊馬と同様に 作り方は簡単です。 準備するものは、水・なす・きゅうり・米・蓮の葉または里芋の葉です。 何の葉を使うかは地域や家庭によります。 なすときゅうりは賽の目状に切り、米は洗っておきます。 器に蓮の葉を敷き、水を少し張ります。 見た目が綺麗になるようになす・きゅうり・米を混ぜたものを盛りつけます。 これで完成です。 お盆のなすときゅうりの処分方法 水の子や精霊馬となったなすやきゅうりはお盆が終わった後はどのように処分するべきなのでしょうか。 霊にまつわるものなのでそのまま捨てるのも億劫になってしまうかと思われます。 昔は川などに流していましたが、現代では環境問題上それは難しいことです。 食べるのも衛生面で良くありません。 以下では お盆のなすときゅうりの処分方法をご紹介していきます。 燃やすのはNG? お盆のなすときゅうりは燃やしても良いのでしょうか。 燃やしたい場合には、自分で燃やすのではなく お寺でお焚き上げしてもらうのが良いでしょう。 法事のお供え物や葬儀関係の物などは、お寺で供養をしながら燃やしていただけます。 年の始めに催されるどんど焼きもその一種です。 家庭で捨てる場合 お寺に行くことが難しいという場合には、家庭で捨てる方法もあります。 そのまま生ゴミとして捨てるのではなく、塩でお清めをして白い紙に包んで捨てる方法です。 この方法が一番適切な処分方法です。 捨てる時には、きちんと感謝の気持ちを込めるのが良いでしょう。 なすときゅうりの地域や宗派による違い カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お盆のなすときゅうりの精霊馬!宗派や地域での違い、意味を知ろう!

お盆 なす と きゅうり

新しく越してきた人と、元々そこに住んでいる人では 意識に差があるものです。 地域イベントではそれが特に顕著にでます。 盂蘭盆会(うらぼんえ)という行事の省略形が「お盆」です。 精霊棚(盆棚)に位牌を安置し、霊に対する供物を置くことから、 お盆と呼ばれる、という説もあるようです。 「仏教行事の略称」あるいは 「位牌を安置する棚」。 私としては、「位牌を安置する棚」の方がイメージしやすいです。 人によって考えが違うので、どっちが正解とかではないんでしょう。 きゅうりとなすをなぜお供えするの? きゅうりとなすをお供えする理由。 きゅうり=馬、なす=牛に見立てる• 来るときは「きて~、はやくきて~」という気持ちで足の速い馬• 帰るときは「もうちょっといいじゃん!」という気持ちから足の遅い牛 ということでした。 あるお坊さんによれば、馬はあくまで当時に最速。 「なす」と「きゅうり」が仏教とおなじくインドから伝わった• 水神への供物として、季節の野菜をお供えする そういえば、夏は台風に水不足、海やプールなど水害も多いですよね… お供えは平和な理由ばかりではないようです。 スポンサーリンク 実はきゅうりとなすしか選択肢がない 現代はビニールハウスもあるので、野菜の選択肢は豊富ですが、 昔はそうではありませんでした。 足はオガラを刺して作りますが、 イモやトウモロコシは固くてオガラは刺さらないし、 モモは汁だらけになってしまいます。 ちょうどいいのは、きゅうりとなすだけだった…? 世知辛れぇ… お盆。 盆踊りの意味は? なぜ踊る! てっきり娯楽の少ない昔の人のストレス発散かと思ったら、 そうでもないようです。 盆踊りの由来は釈迦の弟子の一人、目連尊者の故事にあります。 目連は餓鬼道に堕ちた母親を救うため、お盆に祈祷を行いました。 祈祷により母親が救われ、 その喜びのあまり踊ったのが盆踊りの由来とのことです。 そこから、盆踊りは、 先祖の霊をお迎えした喜びの表現だと言われています。 他にも、次の説があります。 お盆にもどってきた精霊を慰め餓鬼や無縁仏を送るための踊り• お盆の供養のおかげで成仏することのできた亡者たちが歓喜する姿を表現したもの• お盆にもどってきた精霊たちを踊りに巻き込みながら送り出すためのもの• 悪霊や亡者たちを踊りながら追い出すもの 踊りを奉納する、踊りで魔を払うなど、 踊りは神聖なものとして扱われてきたので、 そこらへんも混ざっているようです。 まとめ 「精霊棚(盆棚)に位牌を安置し、霊に対する供物を置く」 「きゅうりとなすをお供えする」 「盆踊りで、先祖の霊をお迎えした喜びを表現する」 すべてに共通しているのは 「死後の世界を認識させるもの」 であるということ。 外国だと 「メメントモリ(自分がいつか必ず死ぬことを忘れるな)」 という言葉があります。 有限な時間を大切にする、 感謝の気持ちを思い出す。 そんな心のリフレッシュが、お盆の効用なのかもしれませんね…。

次の