電力会社 比較。 【3分でわかる】電力業界の今後の動向や課題は?主要企業の比較やランキングも紹介

初心者でもわかる!電力会社の選び方おすすめランキング2020|電気料金・安全性・サービスを徹底比較!人気のおすすめ電力会社をランキング形式でご紹介

電力会社 比較

電力・ガス・エネルギー業界について 電力・ガス・エネルギー業界の概要 公益事業としての電気・ガス産業 日本は資源に乏しく、国内で消費するエネルギーのほとんどを自国で賄うことが難しいため、海外からエネルギー資源を大量輸入しています。 そのエネルギーを自由な市場経済にゆだねてしまうと、エネルギーの供給が不安定になりかねません、そのため、 日本政府は電力・ガスなどのエネルギー産業を公益事業として規制をかける一方で、保護をして安定的な供給を支援しています。 そもそも公益事業とは、私たちの日常生活に不可欠なサービスを提供し、社会の利益のために行う事業です。 この公益事業は、「ユニバーサルサービス」が求められる代わりに、地域独占が認められていました。 ユニバーサルサービスとは、社会全体で誰もが平等に受益できるサービスのことで、例えば赤字を出している離島の電力会社は電力の供給を停止することなく、全国平等にサービスを提供する義務があります。 電力・ガス・エネルギー業界の構造 電力自由化と業界再編 2016年4月に始まった「電力小売全面自由化」は業界内に市場競争を生み、業界再編の動きが高まっています。 そもそも電力の自由化は1995年から段階的に実施されています。 大型工場向けの特別高圧電力、中小規模工場向けの高圧電力の自由化後、一般家庭向けの低圧電力が2016年4月に自由化され、「全面自由化」が実現しました。 これにより、東京ガスやKDDIなどが電力販売に参入しました。 経済産業省のホームページによると、令和元年10月15日時点で小売電気事業者は600社を超えています。 参考: その結果、電気の小売の競争は激しくなり、電力業界に再編の動きが見えています。 既存の電力会社は発電所を保有しているため安定的な電力供給が可能ですが、消費者との結びつきが弱く販売・小売面で新規参入の電力会社に劣る一面もあります。 そのため、各社、 消費者と結びつきがある会社との提携や異業種・ベンチャーへの出資や買収を行い、販売力の向上を図る動きが活発化しています。 例えば、東京電力はソフトバンクグループのSBエナジーと提携し「」の提供を開始しています。 引用: 電力・ガス・エネルギー業界の歴史 戦後GHQの命令により9電力が誕生 現在の電気業界の体制は、戦後に構築された9つの電力会社の体制まで遡ります。 戦後、発電・送電・配電のうち発電と送電会社が全国規模の会社であったため、 GHQは米国で主流の「地域別発送配電一貫」の民営会社の設立を求めました。 これに対し、日本政府は反対をしましたが、最終的に松永安左エ門が提案した9ブロック分割民営化が採用され、1951年に各社が設立されました。 明治時代からはじまった電力事業の創業から、現在に至るまでの変遷は以下の通りです。 時期 段階 内容 明治 創業期 1886年の東京電灯創立に続き、各地に電灯会社が誕生。 大正 確立・発展期 日清・日露戦争を経て経済が急速に発展。 電気も全国に普及。 工業化で需要は飛躍的に増加。 事業者数も急増。 適当競争期 第一次世界大戦後の電力需要停滞の中、大規模経営による事業能率向上の要請の下、合弁・吸収等カルテル化が進展。 5大電力(東京電灯、東邦電力、大同電力、日本電力、宇治川電気)が支配的地位を確立。 昭和14年 1939 〜 国家統制期 電気事業を国家管理化に置くことによって広域的な効率的運用を行い、低廉な電気料金を実現すべく、電力国家統制体制が完成。 配電事業の統制強化と整理統合(9配電会社)。 昭和26年 1951 〜 9電力体制 発送配電一貫の私企業による自主的責任体制を確立し、9社体制が発足。 平成28年 2016 〜 発送電分離 小売り全面自由化。 発送電小売が分社化されはじめ、送電以外は市場競争下に。 引用: 電力・ガス・エネルギー業界の課題 エネルギー自給率は最低クラス。 安定供給が重要課題 ミクロ的な課題として、日本のエネルギー自給率の低さが挙げられます。 エネルギーのほとんどを海外からの輸入に頼っている状況が続いています。 引用: そのため、 日本はエネルギーの安定供給が至上命題であり、輸入に依存しないエネルギーの導入が求められています。 2度の石油危機からエネルギー源の多様化が図られ、石油に代わり石炭や天然ガス、原子力などの開発が進みました。 その結果石油の依存度は下がりましたが、依然として日本の電力は価格変動が激しい化石燃料の輸入に頼っています。 顕在化する地球温暖化 マクロ的な課題として、地球温暖化の問題が挙げられます。 環境に優しい持続可能な電力・ガス事業を目指す上でこの問題は無視できません。 大気中の二酸化炭素などの温室効果ガスが増加すると、大気に吸収される熱が増加し、地球の平均気温が上昇します。 地球温暖化が急速に進んでいる原因として、 化石燃料の大量消費が挙げられます。 そのため、二酸化炭素の排出を抑える取り組みが世界的に急速に進んでおり、化石燃料に代わる再生可能エネルギーなどの活用が推し進められています。 引用: 電力・ガス・エネルギー業界の将来性・動向 脱炭素社会への対応が急務 先述の通り、化石燃料の大量消費による地球温暖化が地球規模の課題となっています。 30年後には、原子力発電は全て停止され、火力発電もほとんど稼働しないと言われています。 その代わりに、 効率的なエネルギーや再生可能エネルギーの利用、省エネ、エネルギー消費を抑えるライフスタイル改革により、電力需給のギャップを埋める動きが高まっています。 引用: スポンサーリンク エネルギー業界に転職するには おすすめ転職サービス 電力をはじめとしたエネルギー業界への転職に興味はあるけど、「何をしたらいいのか分からない」「エネルギー業界の詳しい転職事情が知りたい」とお考えではないですか? そんな方のために、 エネルギー業界への転職や情報収集に役立つおすすめ転職サービスをまとめました。 興味がある方は、ぜひご覧下さい。 転職体験記 また、実際に北海道電力に転職をした人にインタビューした内容も記事にまとめました。 「なぜ北海道電力へ転職したのか」「どのように転職を実現させたのか」など気になる方はこちらもご覧下さい。 電力・ガス・エネルギー業界のランキング 業界内の会社のランキング 順位 会社名 売上高 1位 6兆3385億円 2位 4兆4251億円 3位 3兆3077億円 4位 3兆351億円 5位 2兆7704億円 6位 2兆2443億円 7位 2兆172億円 8位 1兆9623億円 9位 1兆3770億円 10位 1兆3719億円 11位 8974億円 12位 7522億円 13位 7373億円 14位 6229億円 15位 5416億円 16位 4612億円 17位 2446億円 18位 2055億円 19位 2035億円 20位 1432億円 21位 1226億円 22位 1212億円 23位 899億円 24位 877億円 25位 818億円 26位 513億円 27位 359億円 28位 308億円 29位 283億円 30位 172億円 31位 127億円 32位 121億円 33位 110億円 34位 30億円 順位 会社名 平均年収 1位 971万円 2位 963万円 3位 813万円 4位 791万円 5位 771万円 6位 770万円 7位 763万円 8位 763万円 9位 コスモエネルギーホールディングス 760万円 10位 760万円 11位 756万円 12位 742万円 13位 734万円 14位 679万円 15位 667万円 16位 東京ガス 642万円 17位 610万円 18位 592万円 19位 585万円 20位 580万円 21位 579万円 22位 572万円 23位 572万円 24位 565万円 25位 564万円 26位 544万円 27位 525万円 28位 499万円 29位 383万円 順位 業界名 合計売上高 1位 119兆4995億円 2位 115兆1314億円 3位 61兆7608億円 4位 56兆212億円 5位 53兆3059億円 6位 40兆4391億円 7位 39兆7851億円 8位 35兆9034億円 9位 34兆6450億円 10位 34兆3644億 11位 34兆357億円 12位 32兆6523億円 13位 31兆1554億円 14位 29兆6015億円 15位 26兆3098億円 16位 23兆2969億円 17位 15兆5041億円 18位 13兆1047億円 19位 10兆1745億円 20位 9兆3888億円 21位 8兆7113億円 22位 8兆3524億円 23位 8兆1892億円 24位 6兆8705億円 25位 6兆4214億円 26位 6兆457億円 27位 4兆388億円 28位 3兆9352億円 29位 3兆4602億円 30位 3兆3384億円 31位 3兆1641億円 32位 2兆7912億円 33位 2兆4206億円 34位 2兆82億円 35位 1兆8292億円 36位 1兆1937億円 37位 9930億円 38位 9597億円 39位 8043億円 40位 7544億円 41位 7043億円 42位 5248億円 43位 4591億円 44位 4088億円 45位 3264億円 46位 2715億円 47位 1235億円 48位 123億円 順位 業界名 平均年収 1位 1,354万円 2位 1,330万円 3位 1,003万円 4位 871万円 5位 787万円 6位 783万円 7位 719万円 8位 696万円 9位 691万円 10位 687万円 11位 666万円 12位 662万円 13位 654万円 14位 650万円 15位 649万円 16位 639万円 17位 632万円 18位 630万円 19位 627万円 20位 626万円 21位 624万円 22位 621万円 23位 617万円 24位 614万円 25位 614万円 26位 611万円 27位 602万円 28位 595万円 29位 584万円 30位 579万円 31位 574万円 32位 569万円 33位 560万円 34位 550万円 35位 548万円 36位 543万円 37位 538万円 38位 531万円 39位 527万円 40位 524万円 41位 513万円 42位 511万円 43位 499万円 44位 488万円 45位 480万円 46位 452万円 47位 423万円 48位 414万円 リクナビNEXT 日本最大級の求人データベース リクナビNEXTの特徴は、その求人データベースの豊富さです。 転職エージェントも行っているリクルートキャリアの営業力で、全国の求人を取り揃えています。 主要都市の超大手企業から、地方の優良中小企業まで、日本一のカバー範囲を揃えています。 地方求人の網羅性、圧倒的No1 リクナビNEXTは全国47都道府県の求人をカバーしており、地方企業の求人数もトップクラスの水準です。 北海道 1,433件 東北 2,006件 北信越 1,880件 東海 6,516件 関西 7,609件 中国・四国 3,133件 九州 3,204件 様々な求人特集が盛りだくさん リクナビNEXTでは、 地域や年齢、経験などの様々な特集が常に組まれています。 自分では探せない色々な求人情報を知ることで、視野が広がります。 あなたにあったオファーが届く リクナビNEXTに登録する全国の企業から、 非公開求人を含む求人オファーが届きます。 この機能を使えば、 あまり時間はないけど、興味の求人があれば面談を受けてみる。 という受け身の転職活動が可能です。 特に 20代、30代をターゲットにしており、数々の成長企業の求人など、 第二新卒を含む若手のキャリアップにつながる求人を数多く揃えています。 大手企業から、優良ベンチャーまで キャリトレには、 楽天やサイバーエージェント、LINE、DeNAなどのメガベンチャーと言われる企業から、 Amazon、富士通、電通やpwc、SoftbankやIBMなどの大企業もキャリトレに求人を出しています。 いいねするだけ。 忙しくても大丈夫 キャリトレの最大の特徴は、 いいねをするだけで、企業から面談確約のオファーが届くこと。 エージェントに会ったりしなくても市場価値を知ることが出来るので、 転職活動は忙しくてできないけど、どんな会社が自分に興味を持ってくれるか知りたい、という人に非常におすすめです。 効率的に転職活動が行なえます。 超有名企業のハイクラス向け求人が満載 ビズリーチの所有する公開求人だけでも12万件以上。 その中でも注目すべきは、質の高いハイクラス人材向けの求人。 経営幹部やプロフェッショナル人材向けの高年収求人を豊富に揃えています。 1000万円以上の求人が3分の1以上 ビズリーチによると、掲載案件の 3分の1以上は年収1,000万円以上。 無料で登録することで求人が確認できるため、まずは登録してみましょう。 00億円 5兆2581. 00億円 5兆2206. 00億円 4兆9192. 00億円 4兆8539. 00億円 5兆473. 00億円 5兆2555. 00億円 5兆2831. 00億円 5兆4794. 00億円 5兆8876. 00億円 5兆163. 00億円 5兆3686. 00億円 5兆3495. 00億円 5兆9763. 00億円 6兆6315. 00億円 6兆8025. 00億円 6兆700. 00億円 5兆3578. 00億円 5兆8510. 00億円 6兆3385. 00億円 出光興産 -円 -円 2兆3747. 00億円 2兆4348. 00億円 2兆4507. 00億円 2兆7637. 00億円 3兆3275. 00億円 3兆3948. 00億円 3兆8643. 00億円 3兆7985. 00億円 3兆1124. 00億円 3兆6594. 00億円 4兆3104. 00億円 4兆3747. 00億円 5兆350. 00億円 4兆6298. 00億円 3兆5703. 00億円 3兆1904. 00億円 3兆7307. 00億円 4兆4252. 00億円 関西電力 2兆5884. 00億円 2兆6480. 00億円 2兆6516. 00億円 2兆6152. 00億円 2兆5402. 00億円 2兆6135. 00億円 2兆5791. 00億円 2兆5964. 00億円 2兆6894. 00億円 2兆7896. 00億円 2兆6066. 00億円 2兆7698. 00億円 2兆8115. 00億円 2兆8591. 00億円 3兆3275. 00億円 3兆4061. 00億円 3兆2460. 00億円 3兆114. 00億円 3兆1337. 00億円 3兆3077. 00億円 東京瓦斯 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 -円 1兆5871. 00億円 1兆7774. 00億円 1兆9624. 00億円 コスモエネルギーホールディングス 1兆5847. 00億円 1兆8459. 00億円 1兆8139. 00億円 1兆9028. 00億円 1兆9163. 00億円 2兆1546. 00億円 2兆6707. 00億円 3兆628. 00億円 3兆5231. 00億円 3兆4283. 00億円 2兆6122. 00億円 2兆7716. 00億円 3兆1098. 00億円 3兆1667. 00億円 3兆5378. 00億円 3兆359. 00億円 2兆2444. 00億円 2兆2923. 00億円 2兆5232. 00億円 2兆7704. 00億円 主要企業の平均年収の推移 会社名 2000年度 2001年度 2002年度 2003年度 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 東京電力ホールディングス -万円 -万円 770万円 734万円 745万円 760万円 770万円 775万円 778万円 760万円 758万円 762万円 654万円 620万円 685万円 709万円 733万円 822万円 802万円 806万円 出光興産 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 899万円 846万円 917万円 840万円 831万円 812万円 959万円 944万円 859万円 856万円 797万円 854万円 955万円 971万円 関西電力 -万円 -万円 -万円 748万円 771万円 787万円 795万円 801万円 809万円 810万円 808万円 807万円 806万円 783万円 587万円 588万円 605万円 682万円 758万円 792万円 東京瓦斯 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 -万円 コスモエネルギーホールディングス -万円 -万円 -万円 867万円 868万円 868万円 914万円 931万円 899万円 850万円 802万円 731万円 762万円 743万円 681万円 733万円 739万円 769万円 761万円 892万円 東京電力ホールディングス 会社名 東京電力ホールディングス 本社所在地 会社URL 代表者 小早川 智明 資本金 1,400,975百万円 従業員 41086人 売上高 6兆3385億 日本最大の電力会社 東京電力は関東地方と山梨県、静岡県伊豆地方を供給区域とする日本最大の電力会社です。 福島第一原発事故の処理・賠償に22兆円かかると言われており、政府による公的資金が導入され、公的な管理がされています。 一方で、電力システム改革に先陣を切って取り組んでおり、持株会社の元に(ホールディングス制度)送配電会社を分社化するなど、他社に先駆けた存在です。 出光興産 会社名 出光興産 本社所在地 会社URL 代表者 木藤 俊一 資本金 168,351百万円 従業員 9476人 売上高 4兆4251億 日本のエネルギー供給を支える 出光興産は、石油精製や基礎化学品の販売、風力や太陽光などn再生可能エネルギーを電源とする売電事業を行っています。 100年以上に渡り、日本中に安全で安定的にエネルギーを供給してきました。 コスモエネルギーホールディングス 会社名 コスモエネルギーホールディングス 本社所在地 会社URL 代表者 桐山 浩 資本金 40,000百万円 従業員 6788人 売上高 2兆7704億 未来のエネルギーを創造 コスモエネルギーホールディングスは、原油の開発や石油製品の精製、再生可能エネルギー事業などを手掛けています。 関西電力 会社名 関西電力 本社所在地 会社URL 代表者 岩根 茂樹 資本金 489,320百万円 従業員 32597人 売上高 3兆3077億 東京電力に次ぐ電力会社 関西電力は、規模の面では東京電力に次いで国内2位を誇っています。 しかし、電力の販売量では中部電力に抜かれています。 その原因は、原子力への依存度が高いにも関わらず、原子力発電の再開が遅れたためです。 東京ガス(東京瓦斯) 会社名 東京ガス(東京瓦斯) 本社所在地 会社URL 代表者 内田 高史 資本金 141,844百万円 従業員 16708人 売上高 1兆9623億 日本最大の都市ガス会社 東京ガスは日本最大の都市ガス会社で、東京を中心に関東圏の都市部にもガスを供給しています。 近年は燃料転換によって産業用の需要を伸ばし、東京電力などに供給しています。 また、東北電力との合弁会社を設立し、関東圏の大口に電気を供給しています。 スポンサーリンク おすすめの転職エージェント一覧 リクルートエージェント 迷ったらコレ!32万件の求人数を誇る転職エージェントの決定版 リクルートエージェントは、人材業界のトップを独走しているリクルートが運営する国内最大級の総合転職エージェントです。 その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。 保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。 特に 求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。 求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。 転職エージェント選びで迷っている方は、 総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 転職支援実績No. 圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。 求人の量・質 非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。 サポート リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。 担当者 業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。 マイナビエージェント 大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える マイナビエージェントは 20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。 提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。 また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、 大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。 マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。 オススメ度 特徴 総合 若手の転職支援実績が豊富。 優良企業の求人を多く保有している。 求人の量・質 大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。 サポート キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。 担当者 密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。 ビズリーチ 国内最大級!キャリアアップといったらココ ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。 その会員数は151万人を突破しており、 ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。 求人量・質など総合的に欠点がなく、 高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。 また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。 オススメ度 特徴 総合 ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No. 1を誇る。 求人の量・質 公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。 サポート 基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。 担当者 業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。 キャリトレ 話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須! CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。 運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。 12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。 また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。 転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。 2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。 20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。 求人の量・質 12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。 サポート AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。 担当者 ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。 パソナキャリア 年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現 パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、 転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。 また、 利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。 はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。 オススメ度 特徴 総合 総合的に安定している。 特に年収アップに強みを持っている。 求人の量・質 求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。 サポート 丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。 担当者 企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。 doda 抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。 非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ 国内2番手の求人数を誇っています。 14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。 特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、 IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。 また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。 面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。 オススメ度 特徴 総合 求人量は国内2番手でトップクラス。 求人の量・質 公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。 サポート スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。 担当者 LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。

次の

電力会社・電気料金の正しい選び方。電気料金の比較方法

電力会社 比較

電気料金プランはいくつかの種類に分けられます。 最も一般的なプランは、「従量電灯プラン」と呼ばれるものです。 他に、「」や、「基本料金がないプラン」もあります。 現在契約している電気料金プランがどのタイプかは、検針票や請求書で確認が出来ます。 従量電灯プラン 契約者数が最も多くて一般的な電気料金プランです。 特に 電気料金プランを選んだ記憶がない方はこのを契約していると思われます。 従量電灯プランの特徴をまとめました。 「従量」という名の通り電気を使った分だけ支払うプランです。 また、電気を使った分だけではなく、毎月固定の「基本料金」もしくは「最低料金」もかかります。 契約アンペアによって基本料金が変わる「」の電力会社と最低料金を定めた「最低料金制」をとっている電力会社があります。 地域によって、どのタイプなのかは異なります。 時間帯や季節によって電気料金1kWhあたりの料金単価が変わることはありません。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 主に、で、夜の時間帯の電気料金が安く設定されています。 これにより夜にお湯を沸かす電気給湯器(エコキュートなど)はこの電気料金の安い時間帯に使用することができます。 選ぶプランによっては、夜だけでなく土日祝日の料金が安く設定されていたり、季節によって1kWhあたりの料金が変わるものもあります。 ただし、ピークの時間帯の料金は従量電灯よりも高く設定されている点には注意が必要です。 基本料金もしくは最低料金がゼロのプラン 新電力の中には、もしくはがゼロのプランもあります。 毎月払わなければならない固定料金がないのはお財布に優しいですね。 基本料金がないと、電気料金がどのくらい差が出るのかを表にしてみました。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 電気料金が安くなる電気料金プランを選びたい場合、電気の使用量が重要なポイントになります。 なぜなら、多くの新電力は、電気の使用量が300kWh以上の場合が割安になるように設定しているからです。 ここでは、電気の使用量が多い場合と少ない場合にわけて、電気料金の選び方とおすすめのプランを解説します。 電気の使用量が多い場合 電気の使用量が多いご家庭の場合、注目すべきは電気の使用量「1kWhあたりの料金」です。 特に300kWh以上の部分が多くなると思われるのでここの料金単価を比べる事がポイントです。 また、電気の使用量が多い場合、基本料金も高くなっている事が多いので、 電気料金を選ぶ時に基本料金もしっかりチェックしましょう。 40A契約で毎月の電気使用量が450kWhの場合、東京電力と比べて電気代が年間いくら安くなるかも計算してみました。 関東エリアの1kWhあたりの料金比較(税込) 電力会社名 東京電力 従量電灯B 基本料金 40A 1144. 00円 0円 1144. 00円 1144. 00円 電力量料金 1kWhあたりの料金 120kWhまで 19. 88円 26. 40円 19. 85円 19. 88円 120kWh超えて300kWhまで 26. 48円 25. 35円 24. 54円 300kWh以上 30. 57円 27. 48円 26. 22円• は基本料金がゼロ円です。 電気の使用量が多ければ多いほど、電気料金が安くなります。 は、電気の使用量が多いご家庭ほど安くなります。 は、東京ガスの都市ガスを使っている方におすすめです。 またこの3社は関東エリアなら、電気と都市ガスのセットプランがあります。 割引額やガス料金はそれぞれ特徴が異なります。 詳しくはしたの記事から確認しましょう。 今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しならば、セレクトラまでご相談ください。 それでも電気代が安くなるプランは存在します。 大手電力会社よりも一律で安くなる、というタイプのプランが確実でおすすめです。 また、「電気の使用量が多いほど安くなる。 」タイプのプランでも、料金が安くなる可能性はあります。 電気料金が一律で安かったり電気の使用量が少なくても電気代が安くなるような、おすすめの電力会社をピックアップしてみました。 電気の使用量が少なくても安くなる電力会社 電力会社 特徴• 沖縄以外の日本全国で申し込めます。 ただしアンペア契約の場合20A以下の契約はありません。 基本的には電気の使用量が多いほど安くなるプランですが、基本料金がゼロ円なので電気の使用量が少なくてもほとんどの場合電気料金が安くなります。 契約できるアンペア数に制限はありません。 沖縄を除く全国で利用できます。 東京電力・関西電力・中部電力エリアで利用できます。 東京電力の従量電灯と比較すると、使用量が多いほどよりお得になりますが、切り替えて高くなることはありません。 中部電力の従量電灯と比較すると、使用すればするほどお得になり、切り替えて高くなることもありません。 関西電力の従量電灯と比較すると、基本料金(最低料金)と従量料金がそれぞれ安くなるので、切り替えるだけで安くなります。 携帯電話料金が割引になる電力会社 電力会社 電気料金の特徴 特徴• 電気料金の額に応じてTポイントが貯まります。 おうち割で、ソフトバンクの携帯料金やソフトバンク光(インターネット)が割引になります。 FITでんき(再生可能エネルギー電気料金プラン)も販売しています。 提供エリア 北海道エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、北陸エリア 特徴• 電気料金自体は大手電力会社と同じです。 提供エリア 北海道エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、北陸エリア、東北エリア、中国エリア、九州エリア、四国エリア 環境に優しい電力会社 電力会社 電気料金の特徴 特徴• 基本料金がなんとゼロ円。 再生可能エネルギーの普及を目指しています。 提供エリア 、、、、、、、、 特徴• 自然でんきを提供。 森林保全活動をソフトバンクが毎月支援します。 提供エリア 北海道エリア、東北エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、四国エリア、九州エリア 特徴• コープさっぽろの組合限定 電力エリア 北海道エリア 特徴• 売上の一部を環境保全に募金するプランがあります。 電力エリア 北海道エリア、東北エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、中国エリア、九州エリア 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 電気の質は同じです。 に切り替えると電気の質が悪くなったり停電になったりしないか心配な人もいるでしょう。 実際には、そのような心配はありません。 なぜなら、新電力は電気の小売り部分のみを担当するからです。 発電や送配電、ご家庭のなどインフラを担当するのは大手電力会社のままです。 どの電力会社を選んでも同じ品質の電気が届き、停電時の対応も同じです。 電力が不足する心配もありません。 だから、電力会社を変えても大丈夫です。 は、料金が安くないと選ばれませんから、出来るだけ無駄なコストをカットしてよりも安い電気料金プランを販売することで顧客を増やしています。 また、切替え手続きは、検針票さえあれば5分程度で完了します。 カンタンで手間もかかりません。 このように、電力会社の切り替えには大きなメリットがあるのです。 電気の契約先を変えても大丈夫• どの電力会社でも同じ電気が届く。 電気の質は変わらない。 供給も不安定にならない。 送電は引き続き大手電力会社が担当。 「」が行っているのは電気の「小売り」の部分のみ 電力会社を選ぶ時の「失敗」を避けるポイント 電力会社選び成功のコツは内容をしっかりと確認すること。 電力会社を選ぶ時に失敗はしたくありませんね。 そのために、気をつけるべきポイントをご紹介します。 電力会社を選ぶポイント1 ・その料金は本当に今より安い? 電力会社を切替えたら必ず電気料金が安くなるわけではありません。 電力会社によっては、電気の使用量が少ないとかえって高くなる場合もあります。 心配であれば、 、やなどを選ぶと良いでしょう。 電気とガスの使用量や請求額をお知らせください。 今より安くなる電気料金プラン・ガス料金プランをお探しします。 契約期間や解約金・違約金の有無は確認してから申し込みましょう。 また、複数年契約すれば電気料金が割引になるプランは、途中で解約をすると違約金がかかる事があるので、契約内容をしっかりと確認する必要があります。 なら解約金・違約金がゼロ円。 なので安心して切り替えることができますね。 電力会社を選ぶポイント3・支払い方法も忘れずに確認しよう の中には、支払い方法がクレジットカードのみというところも少なくありません。 集金の手間を少なくしてその分電気代を安くするためです。 クレジットカード払いにはしたくない、という方は支払い方法を確認しておきましょう。 どこで電気料金を比較できるの? 電気料金、電力会社を選ぶ方法がわかったら、プランや電気料金を比較して申し込みましょう。 今ご自分がお使いの電力会社の電気料金と気になる電力会社の電気料金を比べる場合、各電力会社のサイトにあるシュミレーターで料金を比較することができます。 もちろん、セレクトラのシュミレーターでも比較出来ますよ。 お気軽に電気料金を比較してみてください。 電気料金を比較できます• で比較する。 で比較する。 のシュミレーターで比較する。

次の

電気料金を比較してみよう:新電力と大手電力会社・地域でお得な電気料金

電力会社 比較

2016年から始まった電力自由化で、大規模な工場やオフィスビル以外でも電力会社を自由に選択できるようになりました。 思ったより伸びていません。 確かに、電力会社の中には切り替えてもほとんど安くならない会社もあります。 しかしよく比較してみると、事業を営んでいる場合安くならないはずがありません。 今回は事業者向けおすすめの電力会社を紹介すると共に、それぞれの電力会社に切り替えるとどれくらい安くなるのかを検証していきたいと思います。 料金を比較する前に 料金を比較する前に皆さんにご理解いただいておきたいのは、電気料金はエリアによって全然違います。 これは新電力会社の料金でも同じです。 例えばENEOSでんきは全国エリアで利用することができますが、関東と近畿では料金が異なるのです。 そのため、関東で安いからといって関西でも安くなるかというと、一概には言い切れません。 ということで、本項では関西エリアの場合どれくらい安くなるか、関東エリアではどれくらい安くなるかということを分けて検証していきたいと思います。 また、これに伴って表がややこしくなってしまうため、以下のようなパターンに分けて試算していきたいと思います。 パターンA(飲食以外の店舗を想定) 1ヶ月の消費電力が500kWh パターンB(中規模な飲食店想定) 1ヶ月の消費電力が2,000kWh パターンC(大規模な飲食店想定) 1ヶ月の消費電力が10,000kWh ちなみに、一般電気事業者で何も契約を変えていない場合は、それぞれ以下のような料金になります。 事業者向けの動力プランなどもあり、従量料金以外を安くすることもできるため契約者も増加しているようです。 ハルエネでんきはオプションサービスも豊富で、追加料金は必要になりますが保険サービスや通訳サービスなども利用することが可能です。 ちなみに「ハルエネでんきで契約して高くなった」という口コミが散見されますが、電力会社を乗り換えたことがないのであればハルエネは電気料金が高くなることはありません。 500kWh 2,000kWh 10,000kWh 北海道 220円 安い 1,780円 安い 9,780円 安い 東北 114円 安い 1,026円 安い 5,586円 安い 関東 300円 安い 2,700円 安い 14,700円 安い 北陸 138円 安い 1,242円 安い 6,762円 安い 中部 280円 安い 2,520円 安い 13,720円 安い 近畿 96円 安い 864円 安い 4,704円 安い 四国 150円 安い 1,350円 安い 7,350円 安い 中国 154円 安い 1,386円 安い 7,546円 安い 九州 102円 安い 918円 安い 4,998円 安い 2位 シンエナジー シンエナジーは旧名洸陽電機という会社です。 FITでんきなどの環境へ配慮した電力を積極的に発電しており、企業としての活動も殊勝なものであるため、ハイブリッドカーから出る煙に酔いしれるタイプの読者諸君などは応援したくなる電力会社のひとつではないだろうか。 環境に良い電力を使用するということは、電気代がそれだけ高くなりそうであるが、そんなことはなく電気料金もリーズナブルに抑えられている。 500kWh 2,000kWh 10,000kWh 東北 681円 安い 4,601円 安い 24,201円 安い 関東 888円 安い 5,384円 安い 27,864円 安い 北陸 369円 安い 1,473円 安い 6,993円 安い 中部 655円 安い 4,527円 安い 23,887円 安い 近畿 930円 安い 5,394円 安い 27,714円 安い 四国 1,057円 安い 5,825円 安い 29,665円 安い 中国 904円 安い 5,864円 安い 30,664円 安い 九州 859円 安い 5,067円 安い 26,107円 安い 3位 HTBエナジー HTBエナジーな旅行会社として有名なHISが提供する新電力です。 HTBエナジーの魅力は単純に料金が安くなるだけでなく、毎日2時間だけ電気料金が無料になる時間が与えられる「ママ得コース」というものです。 例えば洋菓子店などを経営されている読者などは、お菓子をつくる時間帯の電気代が無料になれば嬉しいのではないだろうか。 開店準備中に電気料金が無料になればこれは大きな軽費節約となるのではないでしょうか。 500kWh 2,000kWh 10,000kWh 北海道 742円 安い 3,332円 安い 16,612円 安い 東北 618円 安い 2,906円 安い 14,346円 安い 関東 692円 安い 3,220円 安い 15,860円 安い 北陸 543円 安い 2,431円 安い 11,871円 安い 中部 627円 安い 2,851円 安い 13,971円 安い 近畿 1,585円 安い 9,217円 安い 47,377円 安い 四国 1,533円 高い 7,117円 高い 35,037円 高い 中国 602円 安い 2,730円 安い 13,370円 安い 九州 589円 安い 2,717円 安い 13,357円 安い 4位 あしたでんき あしたでんきは三段料金のややこしい料金システムではなく、何kWhでも料金単価は一緒の明朗会計の電力です。 また、下記では「標準プラン」で比較していますが、「たっぷりプラン」という料金プランも存在しており、電気料金をたくさん使用する場合は「たっぷりプラン」で契約したほうがおトクになります。 電気料金の使用量が大きければ大きいほど料金は安くなりますが、逆に消費電力が少ない場合は高くなってしまう可能性がありますので注意してください。 500kWh 2,000kWh 10,000kWh 東北 335円 高い 4,865円 安い 30,865円 安い 関東 276円 安い 7,508円 安い 43,668円 安い 中部 160円 高い 3,792円 安い 23,552円 安い 近畿 138円 高い 3,494円 安い 21,654円 安い 中国 230円 高い 3,098円 安い 19,738円 安い 九州 23円 安い 5,031円 安い 30,071円 安い 5位 ソフトバンクでんき ソフトバンクでんきは、ソフトバンク光やソフトバンク携帯を使っている場合にセット割引が適用されるおトクな電気料金プランです。 基本的には事業者向けというよりも個人向けの電気料金プランではありますが、もし個人事業主でソフトバンク光と社用携帯をソフトバンクで契約したりしている場合は割引が適用されるので軽費を削減することができます。 500kWh 2,000kWh 10,000kWh 北海道 1,244円 安い 5,580円 安い 27,820円 安い 東北 1,033円 安い 4,857円 安い 23,977円 安い 関東 1,083円 安い 5,083円 安い 25,083円 安い 中部 1,049円 安い 4,777円 安い 23,417円 安い 近畿 1,037円 高い 5,181円 高い 25,901円 高い 四国 1,096円 高い 5,096円 高い 25,096円 高い 中国 497円 高い 2,161円 高い 10,481円 高い 九州 158円 安い 5,598円 安い 32,798円 安い 6位 Looopでんき Looopでんきはあしたでんき同様に3段料金になっていない明朗会計プランですが、少しあしたでんきよりは高い印象を受けます。 広告の打ち方が上手いためかなぜか口コミで人気を集めているようですが、試算した結果消費電力の多い飲食店でなければ電気料金が高くなってしまう可能性もありますので、注意が必要です。 料金はわかりやすくていいんですけどねぇ。 500kWh 2,000kWh 10,000kWh 北海道 579円 高い 3,119円 安い 22,079円 安い 東北 1,085円 高い 1,715円 安い 15,715円 安い 関東 474円 高い 4,358円 安い 28,518円 安い 北陸 454円 高い 1,178円 安い 9,338円 安い 中部 910円 高い 642円 安い 8,402円 安い 近畿 888円 高い 344円 安い 6,504円 安い 四国 1,533円 高い 1,597円 高い 1,917円 高い 中国 980円 高い 52円 高い 4,588円 安い 九州 727円 高い 1,881円 安い 14,921円 安い 7位 楽天でんき 楽天でんきは皆さんご存知の楽天が提供する電気料金プランです。 楽天でんきはどちらかというと複数施設を運営されている事業者におトクな料金プランで、一括で各施設の請求データを管理することができたりするのが強みです。 電気料金の明細は各店舗に届くので、離れた場所に施設があると管理するのが面倒ですよね?そのような場合に便利なのが一括管理システムだそうです。 500kWh 2,000kWh 10,000kWh 北海道 1,112円 安い 5,121円 安い 31,841円 安い 東北 486円 安い 4,374円 安い 23,814円 安い 関東 849円 高い 7,425円 安い 40,305円 安い 中部 454円 安い 4,086円 安い 22,246円 安い 近畿 1,200円 高い 3,712円 高い 16,272円 高い 中国 754円 安い 2,882円 安い 13,522円 安い 九州 558円 安い 4,478円 安い 24,078円 安い まとめ 色々比較してきましたが、高くなるプランも安くなるプランも様々でしたね。 このようによく考えずに電力会社を選んでしまうと電気料金が高くなるだけでなく、解約しようにも違約金がとられてしまうなんてことにもなり得ます。 上記の料金も参考にしながら、ピッタリの電力会社を選んで電気代を削減してください!.

次の