楽天ゴールドカード メリットない。 教えて!楽天カードでゴールド会員にアップしたけどメリットって何?

楽天銀行デビットカードのゴールドって、メリットありますか?

楽天ゴールドカード メリットない

SPUにて楽天市場でポイント5倍~16倍• 国内主要空港のラウンジが年2回無料• 国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジ無料(年2回)• ETCカードの年会費が無料• 紙の利用明細が無料 楽天ゴールドカードのメリット、デメリット、楽天プレミアムカードとの比較について、63枚のクレジットカードを保有した経験があり、年会費の最高額は118万円の専門家が徹底的に解説します。 机上の空論ではなく、実際に数多くのクレジットカードを実生活において徹底的に活用した経験を活かして2020年の最新の状況を分析しました。 公式サイト 楽天ゴールドカードの年会費と国際ブランド 楽天ゴールドカードの 年会費は、本会員が2,000円 税抜 で、家族会員が1名あたり500円 税抜 です。 年会費の引き落とし日は契約の翌々月の27日 休日の場合翌営業日 です。 家族カードには、生計を同一にする配偶者、親、高校生を除く18歳以上の子供が申し込めます。 本会員カード1枚につき、家族カードは最大5枚まで発行できます。 ETCカードの年会費は無条件で無料となっています。 国際ブランドは、 VISA・Mastercard・JCBの3種類があります。 一般カードの楽天カードとは異なり、はありません。 JCBは国際ブランド付帯の特典が充実しており、一部でなどと同一の特典も使えます。 VISAとMastercardの方は、世界中で加盟店が多いのがメリットです。 地球上で幅広く使える決済力があります。 クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが50%で1位、Mastercardが26%で2位です NILSON REPORT 2018年4月。 この2つで約76%と圧倒的なビッグ2となっています。 飛車角です。 公共料金、携帯電話の料金、税金、保険料などの支払い時も満額ポイントが得られます。 税抜ではなく、税込なのが地味なメリットです。 税抜980円 税込1,078円 といった場合は端数が無駄になりにくく効率的にポイントが貯められます。 しかも、利用1回ごとではなく、毎月の利用額合計の1%分が付与されます。 利用1回毎に1%未満の端数が切り捨てられる訳ではありません。 一例として以下は391,312円の利用で3,913ポイントが貯まった例です。 無駄になった利用金額はたったの12円! 1回の利用ごとに端数が切り捨てられるクレジットカードも数多くある中で、楽天ゴールドカードは極限まで無駄なく効率的にポイントが貯められます。 楽天キャッシュ購入などごく一部の利用分はとなります。 ので、メインカードとしてガンガン使うことも可能です。 、キャッシングの利用など、ごく一部にが発生する取引があります。 楽天ゴールドカードは多様なポイントアップ特典を提供しており、楽天市場等での利用ではポイント還元率が増加します。 SPUでポイント5倍~16倍(楽天カード+2倍)• 国内空港ラウンジが年2回まで無料• ANAマイルを貯めるカードとしても良好• 紙の利用明細書が無料• 海外旅行傷害保険が充実• Pay対応が優秀 SPUでポイント還元率が5%以上に 楽天ゴールドカードにて楽天市場・楽天ブックスでお買物すると、 誰でも簡単に毎日ポイントを5倍~16倍にできるサービスがあります。 スーパーポイントアッププログラム(SPU)という名前で、7倍は多くの方に現実的です。 エントリーは不要で面倒な手間はなく、家族カードもSPUのポイントUPの対象となるのでユーザーフレンドリーです。 楽天市場のアプリで買い物すると+0. 5倍、楽天カードを利用すると+2倍 1倍上乗せ 、楽天ゴールドカードなら更に+2倍となります。 5倍 5. 5%還元 となります。 の楽天市場でのポイント還元率は通常の楽天カードより2%高く、年会費10,000円 税抜 のと同等です。 ただし、ポイント倍率がUPする月間上限額が楽天プレミアムカードより低くなっています。 楽天銀行で引き落とした場合は+1倍となり、合計で6. 5倍となります。 容易に7%還元を達成できるのでお得です。 引き落とし口座を楽天銀行にするだけで+1倍になるのはバリューが高いです。 私はこれだけで3,411ポイントを獲得したこともありますよ! また、楽天ブックス&Koboで各1回1,000円以上お買いものすると、それぞれ+0. 5倍で7. 5倍となります。 これもハードルは低めです。 多額のお買い物を行うと、SPUでザクザクと楽天ポイントが貯まるのでバリューが高いです。 以下はなんと22,543ポイントを獲得した履歴です。 楽天市場の基本1%、楽天カードの基本1% 合計2% 以外は期間限定ポイントとなります。 楽天SPUは特に期限は定められていませんが、予告なく変更・中止になる場合があります。 SPUで得られる上乗せポイント数は、月間上限が決まっています。 詳細は以下で精緻に分析しています。 楽天スーパーセールでのポイントアップ、SPUは重複適用されるのでお得です。 多額の買い物や旅行予約をした場合、上限に到達してしまうので注意しましょう。 これ以外にも楽天ゴールドカードは、多種多様なキャンペーンを年がら年中開催しています。 会員サイト「楽天e-navi」で確認できます。 国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジが年2回無料 を提示すると、国内32空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国・仁川国際空港ラウンジを年2回まで無料で利用できます。 本会員だけではなく、を持っている家族会員も利用可能です。 アルコールやスナックが用意されているラウンジもあります。 以下は成田空港のラウンジ「IASS EXECUTIVE LOUNGE 1」です。 席の脇には電源コンセントもありスマホ・タブレット・PC等を充電できます。 成田のラウンジはビールかウイスキーが1杯無料です。 柿の種をおつまみにして無料で飲めるのは嬉しいですね^^ ミネラルウォーター、お茶類、ジュース、コーヒーなどソフトドリンク類も揃っています。 以下は羽田空港の手荷物検査後にあって便利なPOWER LOUNGE NORTH 旧エアポートラウンジ北 です。 空港の待合スペースとは異なり、上質の椅子でリラックスできます。 おしぼりもあるので、手がサッパリします。 窓からは飛行機も見えて開放的。 朝の時間帯はクロワッサン等のパンもありました。 ホットコーヒー、カフェラテ等、ティーパックのお茶に加えて、ルイボスティー 健康茶 、スポーツドリンク、アイスコーヒー、各種ジュース(オレンジ・トマト・アップル)などがあります。 雑誌、新聞も完備されており、フライトまでの時間をくつろぐことが可能です。 楽天ゴールドカード以外にも、、で空港ラウンジを使えるカードがあります。 エポスゴールドカードは、エポスカードを年間50万円以上利用するとインビテーションが届く可能性が高いカードです。 インビテーションが届いてから申し込むと、年会費がずっと無料で保有できます。 は稀有であり、質実剛健なハイ・クオリティー・カードです。 の一角です。 ただし、ラウンジが利用できる国内空港の数は、楽天ゴールドカードの33空港と比較すると、19空港と少なめとなっています。 また、三菱UFJニコスの「」も空港ラウンジを利用可能。 本会員の年会費は初年度は無料、2年目以降は1,905円 税抜 です。 登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」に登録すると、2年目以降の年会費は半額となり、952円 税抜 となります。 年1回、利用分を翌月以降に繰り越して手数料が発生すればOKです。 リボ金額を変更して、少額を繰り越すようにしましょう。 国際線の飛行機に搭乗する際は、国内の主要7国際空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港 旧ホノルル空港 のラウンジが無料で利用できます。 楽天ゴールドカード、エポスゴールドカード、MUFGカード ゴールドで利用できる空港ラウンジの比較は下表のとおりです。 ただし、2018年9月1日からは空港ラウンジの無料回数が年2回となりました。 海外旅行傷害保険が充実 楽天カードのイメージからは意外ですが、楽天ゴールドカードは海外旅行保険も充実しています。 自動付帯の部分と利用付帯の部分があります。 楽天ゴールドカードで旅行代金等を支払うと、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が適用されます。 保険の種類 保険金額 最高 死亡・後遺障害 2000万円 傷害治療費用 200万円 疾病治療費用 200万円 賠償責任 2000万円 携行品損害 20万円 救援者費用 200万円 最も利用頻度が高い傷害・疾病治療費用(ケガ・病気による入院等の補償)も、自動付帯で最大で200万円も付帯していて良心的です。 家族カードも同一の保障です。 夫の本会員が家族全員の旅行代金を支払った場合、妻が家族カードか本人カードを持っていれば、妻も保障対象となります。 友人や同僚3人で海外旅行に行く場合で、3人とも楽天カードを保有しており、全員分の旅行代金をそのうちの1人がまとめて楽天カードで支払った場合、楽天カードを保有している方全員に対して保険が適用されます。 なお、海外は医療費が高額な地域が多く、病院に運ばれて入院したら数百万円といった費用になることもあります ジェイアイ傷害火災保険の。 更に上積みしたい場合は、海外旅行傷害保険が自動付帯でもっているだけで補償が上乗せされる、、をサブカードとして持つと万全の安心となります。 この3枚のカードを保有していたら、と合わせて、最も利用頻度が高い治療費用(傷害・疾病)において、700万~770万円の補償を確保できます。 ANAマイルを貯めるカードとしても良好 楽天ポイントは2ポイントをANAマイル1マイルに交換可能です。 1回あたり50ポイント~1,000ポイントまで、2ポイント単位でANAマイルに交換できます 月間上限2万ポイント。 ANAマイルへの移行手数料は無料なのが大きなメリットです。 加盟店では、楽天ゴールドカード利用で0. 5%のマイルが貯まることになります。 楽天市場では、ショップポイントと合わせて1%のマイル付与率となります。 紙の明細書が無料 楽天カードは利用明細を発行するのに76円 税抜 の手数料がかかります。 毎月利用明細が出ると、1年間で912円 税抜 の手数料が発生します。 楽天ゴールドカードは、紙の利用明細が無料となります。 Web明細はイヤで紙の明細がいい場合はお得です。 楽天ポイントカードでリアル店舗にてポイントを利用可 楽天ゴールドカードにはの機能があります。 マクドナルド、ミスタードーナツ、ファミリーマート、ポプラ・生活彩家、吉野家、すき家、ツルハドラッグ、サンドラッグ、大丸・松坂屋、出光など、 リアルの店舗で期間限定ポイントを消化できるのが大きなメリットです。 期間限定ポイントはローソン・ファミマでも利用可能 スマホアプリ「」を活用すると、ローソン、ファミリーマート等のコンビニでもを消化できます。 また、楽天ペイを利用するとポイント二重取りが可能なのもメリットです。 楽天ゴールドカードを登録してお店で楽天ペイ払いにすると、登録しているクレジットカードのポイントに加えて200円あたり1楽天ポイントが得られます。 楽天ゴールドカード払いだと1%還元ですが、楽天ゴールドカードを登録した楽天ペイ払いだと1. 5%還元で0. 5%還元率がアップします。 楽天バーチャルプリペイドカード・au WALLETにチャージ可能 楽天ゴールドカードのMastercardブランドは、へのクレジットチャージが可能です。 Mastercard以外の国際ブランド(JCB・VISA)の楽天ゴールドカードでも、auかんたん決済でチャージ可能。 ただし、月間利用上限があります。 を経由すれば、楽天ゴールドカードの利用限度額までau WALLETへのチャージが可能です。 まず楽天ゴールドカードで楽天バーチャルプリペイドカードを購入して、次にプリペイドカードでau WALLETにチャージすることが可能です。 Payサービスを幅広く利用可能 楽天ゴールドカードはがポイント付与対象なので、スマホ決済のでポイント二重取りが可能になります。 ローソンでau PAYを活用すると驚異的な高還元に昇華します。 年会費無料カードですと、が約1. 5%と高還元。 は誕生月が1. でも、が1. 25%還元です。 ただし、楽天ゴールドカードは年会費2,000円 税抜 で楽天市場での還元率が5%~15%となり、かつ空港ラウンジが利用可能な点にエッジ・優位性があります。 楽天市場でのお買い物や空港ラウンジ目当てでを保有して、リアルの店舗では高還元クレジットカードを使うという選択肢もあります。 第二に、海外キャッシングが初期設定 デフォルト では高コストなのがデメリットです。 楽天ゴールドカードの海外キャッシングの返済方法はリボ払いのみであり、デフォルトの返済金額は少額に設定されています。 利用限度額と同一に設定しておけば1回払いとなり、支払う手数料を最小限にできます。 もちろん、カスタマーサポートセンターに電話して変更することや、繰り上げ返済することも可能です。 ちなみに海外キャッシング 海外ATMでの現地通貨引出し はが低コストです。 楽天ゴールドカードと楽天カードの違い スタンダードタイプのと比較した場合の違いは、楽天ゴールドカードはオリジナルの充実特典があることです。 国内主要空港・ホノルル・仁川のラウンジが年2回無料• ETCカードの年会費が無料• 利用限度額• 紙の利用明細が無料 その代わり、楽天カードは本会員・家族会員のどちらも年会費無料ですが、楽天ゴールドカードは本会員2,000円 税抜 、家族会員500円 税抜 と年会費が上がっています。 これ以上楽天市場で確実にお買い物する場合は、楽天カードよりも楽天ゴールドカードの方がオトクです。 SPUで楽天カードが4%、楽天ゴールドカード6%の場合、ポイント還元の比較は下表のとおりとなります。 楽天市場等の 年間利用額 獲得ポイント数 楽天カード 楽天ゴールドカード 差額 50,000 2,000 3,000 1,000 100,000 4,000 6,000 2,000 150,000 6,000 9,000 3,000 200,000 8,000 12,000 4,000 250,000 10,000 15,000 5,000 300,000 12,000 18,000 6,000 500,000 20,000 30,000 10,000 1,000,000 40,000 60,000 20,000 ETCカードの年会費は、楽天ゴールドカードは無条件で無料です。 楽天カードですと、楽天PointClubのダイヤモンド会員・プラチナ会員でない限り500円 税抜 の年会費がかかります。 ダイヤモンド会員・プラチナ会員でない場合は、ETCカードを考慮すると、楽天ゴールドと楽天カードの年会費の差は1,500円 税抜 まで縮みます。 地味なところでは、楽天ゴールドカードは、紙の利用明細が無料というメリットもあります。 一般カードの楽天カードでは利用明細を発行するのに76円 税抜 の手数料がかかります。 毎月利用明細が出ると、1年間で912円 税抜 の手数料が発生します。 もちろん、空港ラウンジの特典を重視して、楽天市場での利用金額がそこまで届かなくても、楽天ゴールドカードを選ぶという選択肢もあります。 また、楽天カードのカード発行時の利用可能枠は最高100万円であるのに対して、楽天ゴールドカードは倍の200万円です。 他方、楽天ゴールドカードにはない、楽天カード固有のメリットとしては、以下が存在しています。 女性向けの特典がオプションで付けられるがある• ANAマイルを貯められてAMCカード機能付帯のがある• 、、など独自デザイン• を選択可能 楽天カード、楽天ゴールドカードには細部にて共通のメリットがあります。 へのチャージで0. 5%還元• 電子マネーEdy、共通ポイントとの一体型• 、に対応• 2回払いが手数料無料• カード利用お知らせメール、ネット不正あんしん制度、カード盗難保険• 楽天銀行の普通預金の金利がUP• 楽天カフェの割引• 国際ブランド提供の割引• ポイントを使ってで• なお、は楽天カードよりも厳しくなっています。 楽天ゴールドカードと楽天カードの比較については、以下で徹底解説しています。 楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替え 既に楽天カード、楽天PINKカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天プレミアムカードを持っている場合でも、楽天ゴールドカードに申し込んで切替えることができます。 既存の楽天カード、楽天PINKカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天プレミアムカードが解約となり、楽天ゴールドカードが新しく発行される流れとなります。 申し込みページの「カンタン申し込み」を選択すればOKです。 なお、楽天カードからゴールドカードに切り替える場合は、ポイントプレゼントはないのが原則です。 ただし、まれに切り替えのキャンペーンが開催されています。 一例として2019年5月20日~5月27日、11月11日~11月18日は、3,000ポイントがプレゼントされました。 また、カード番号・有効期限・セキュリティコードが変更されます。 公共料金や携帯電話等の支払いにカードを登録している場合は、カード情報の修正が必要となります。 既存の楽天カードに付帯するETCカードは、引き続き利用できます。 ゴールドカードのため年会費無料になる点が変わります。 公式サイト 楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違い 楽天ゴールドカードの一つ上に「楽天プレミアムカード」というクレジットカードがあります。 楽天プレミアムカードは、楽天ゴールドカードにはないオリジナルの特典が充実しています。 SPUでポイント+2倍の上限が楽天ゴールドカードより高額• 世界中の148ヶ国、600を超える都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる無料• 選べる3つのコースで優待特典 トラベルコース・楽天市場コース・エンタメコース• (楽天プレミアムカード会員限定スペースあり)• 空港ラウンジの利用が無制限• 海外旅行傷害保険(最高5,000万円・治療費用300万円・賠償責任3000万)• 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)• ショッピング保険(年間300万円まで)• Hertzレンタカー割引• が利用可能• 楽天プレミアムが1年間無料 最も大きな違いはのプレステージ会員が無料で世界中の空港ラウンジが使い放題になる点です。 国内空港ラウンジについても、楽天プレミアムカードは無制限です。 また、楽天市場での利用がお得になる優待コースが3つ用意されていて、そのうち1つを選べます。 誕生月のポイント優遇もあります。 海外旅行傷害保険は自動付帯になり、補償額もアップ。 自動付帯の国内旅行傷害保険、安心してお買い物できるショッピング保険も付帯します。 基本的にはプライオリティ・パス、その他優待特典と年会費を天秤にかけて、かかを決めることになります。 JCB:ANA JCBプリペイドカードにチャージ時1%・利用時0. 5%=1. SPUによって楽天市場でのお買い物が5倍~16倍となり、楽天市場では圧巻の高還元。 よく楽天市場でお買い物する方にとっては卓越した高還元のクレジットカードです。 クレジットカード界のレジェンドであり、キャッシュレス決済のカリスマ・菊地崇仁さんも、おすすめのゴールドカードとして楽天ゴールドカードを挙げていらっしゃいました。 楽天ゴールドカードを保有して、SPUや各種キャンペーン・セールなどを活用していくと、恐ろしい程にザクザクと楽天ポイントが貯まっていきます。 私は楽天カード、楽天関連サービスの活用、キャンペーンによって、毎月大量の楽天ポイントを獲得しています。 順調に獲得ポイント数を伸ばしており、2020年3月には120万ポイントに到達しています。 年会費は有料であるものの、楽天市場と空港ラウンジのベネフィットが付帯したお得な格安ゴールドカードであり、生活を豊かに彩ることができます。 楽天ゴールドカードは現在、お得な入会キャンペーンを行っています。 公式サイト その他のゴールドカードと比較検討したいという場合は、をご参照ください。 その中でも特におすすめのゴールドカードは以下で徹底的に解説しています。

次の

楽天ゴールドカードと楽天カードはどっちがお得かを比較!年間どのくらい楽天市場を使うと、楽天ゴールドカードがお得か計算してみた。

楽天ゴールドカード メリットない

楽天ゴールドカードへ切り替える前に、楽天カードと楽天ゴールドカードの違いについて解説します。 楽天ゴールドカードは、楽天カードよりもランクが高いカードです。 これは他社のゴールドカードと同じ位置付けといった認識でいいでしょう。 楽天カードと楽天ゴールドカードの明確な違いは「色」にあります。 楽天カードの色はシルバーが主体ですが、楽天ゴールドカードはピンクゴールドのような色合いになっています。 ぱっと見た感じでも違いがわかりますので、持っているだけで優越感に浸れますよね。 ゴールドカードになると利用限度額が一般カードよりも高額になるため、より多くの買い物等に利用することができます。 また、楽天カードと楽天ゴールドカードを比較すると、楽天市場を利用した際のポイント還元率に差が出たり、楽天ゴールドカードでしか受けられない特典があったりします。 そのほか、ゴールドカードになると空港ラウンジを無料で利用できるので、空港を利用する人にとってはうれしい特典ですね。 これ以外にもカードに無料付帯される旅行保険などメリットは様々あります。 楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替える際に必要な手続きを紹介します。 楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替えは、楽天ゴールドカードの公式サイトへアクセスして入会手続きをするだけ。 楽天カードからの切り替えだと楽天会員のログインからの手順になりますが、手続きは非常に簡単です。 住所や氏名といった個人情報はほとんど会員情報を活用できるため、入力する項目は少なく、インターネット上からの申し込み手続きに慣れている人では、5分くらいで完了できそうです。 ちなみに楽天ゴールドカードへ切り替えると、カード会員番号が引き継げません。 公共料金など毎月の支払いで登録している場合はリセットされてしまうため、新たに支払い登録する必要がありますので気をつけましょう。 次は、楽天ゴールドカードの特典について紹介していきます。 楽天ゴールドカードは、 ・国内の空港ラウンジと一部の海外の空港ラウンジが使える(年2回まで) ・楽天市場のSPUで少なくともポイント5倍になる ・ETCカードの年会費が無料になる ・カードの限度額が最高で200万円になる といった特典が利用可能となっています。 空港ラウンジが年2回まで利用可能という点がやや物足りないかもしれませんが、空港ラウンジの利用料が1回1,000円程度ですので、2回空港ラウンジを使えば年会費の元が取れてしまう計算です。 また、楽天市場で頻繁に買い物をすればSPUなどでポイント還元率がアップします。 年間10万円以上楽天市場で買い物をすれば年会費分は回収できますので、楽天市場のヘビーユーザーは楽天ゴールドカードに切り替えても損はなさそうです。 両方を見比べると、楽天ゴールドカードは年会費が安いわりにかなりの特典を得られることがわかると思います。 ポイント還元率も最大で4倍アップ。 車で高速道路を頻繁に使う人からすると、ETCカードの会費が無料になるのも魅力的ですね。 2,000円(税抜)の年会費でここまで充実した特典というゴールドカードは少ないです。 いかがでしょうか。 楽天カードから楽天ゴールドカードへ切り替えると、たった2,000円(税抜)の支出で多くの特典を得られます。 初めてのゴールドカードとして、楽天カードのゴールドカードの乗り換えを検討してみましょう。 詳細はから詳しい情報を確認できます。 ポイントアップ特典や、国内外の航空ラウンジで受けられるサービスなどの特徴についてチェックしておいたほうが良いでしょう。

次の

ゴールドカードを持つメリットとは何か?高い年会費を払う価値はあるのか?

楽天ゴールドカード メリットない

楽天ETCカード申込時点の楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の方は、楽天カードに付帯して発行する楽天ETCカードの年会費は初年度無料となります。 なお、自動音声ダイヤルなどでのお申し込みの場合は、所定の審査後のカード発行日時点 カード契約日 の会員ランクで判定いたします。 楽天PointClub会員ランクの切り替わるタイミングによっては、年会費がかかる可能性がございます。 次年度以降は、ETCカード年会費請求月 ETCカード入会月の翌月 の楽天PointClub会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の場合には、楽天ETCカードの次年度1年間のETCカード年会費は免除 無料 となります。 楽天ビジネスカード、楽天イーグルスカード、ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style、HOME'Sメンバーズカードに付帯する楽天ETCカードには、楽天PointClub会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の楽天ETCカード年会費免除サービスは適用されません。 楽天ETCカードについて• 楽天ETCカード 以下「本カード」といいます は、楽天カードに付帯するカードであり、すでに楽天カードに関する各種変更、利用停止や会員資格の喪失があった際は、同時に本カードにも適用されます。 家族カードも、本カード同様で、楽天カードに付帯するカードなので、家族カードに本カードは付帯できません。 本カードはETC専用カードですので、ショッピングやキャッシングの機能は付帯しておりません。 ご利用状況により、本カードの発行を見合わせていただくことがございますのであらかじめご了承ください。 カード発行手続きに際してお勤め先またはご自宅へ連絡させていただく場合や、カード発行までに時間を要す場合がありますのでご了承ください。

次の