ラカント 液体。 ラカントsのお得な販売店は?最安値でお得に購入する方法

ラカントsの危険性まとめ!太るのか医者に聞いてみたら…

ラカント 液体

ラカントSで血糖値があがるとか、糖尿病の危険性があると噂になっています。 高血糖の人ならわかることなんですけど、砂糖より甘味料のほうを選びますよね。 うちの父も 「糖尿病ぎりぎりだ」 と言っていたので、このラカントSを買っていましたね。 結構残っていたので、まったく使っていなかったように感じますけど。 まぁ、ぶっちゃけ あまり料理をしない人って、砂糖も使わないでしょ。 料理しないとなると、砂糖を入れることもないというか…。 話を戻して、高血糖ではない人になると 「甘味料を摂取すると血糖値があがったり糖尿病になるって聞いた」 なんていう人が結構います。 だから、ちょっとびびってしまうのだと思いますけど…。 自分はこれは 「運動をすればお腹がすくからたくさん食べる。 だから運動をすると太るぞ」 と言っているのと似たところがあると思います。 でも常識的に考えれば、運動をしたほうがカロリーは消費するので痩せやすくなるはずですよね。 運動すれば太るより痩せる可能性のほうが高いはずです。 運動をしておなかがすくとか、運動をしたらたくさん食べてしまうっていうのは。 その人にいえることであって、すべての人がそういうわけではないです。 そもそも運動と食べることをセットで考えることがおかしいと思います。 運動だけでみるのなら、カロリー消費になると考えるのが普通ですよね。 でも人によっては 「運動をしたら太る!」 というわけです。 もうこれは難癖つけたかったり、ひねくれているだけな気がしますけど…。 まぁそういう可能性もあるかもしれないってことです。 ラカント自体には血糖値を上昇させる効果はどうやってもないです。 ラカントはエリスリトールの甘味料です。 ドクター江部さんもラカントSは「血糖値上昇0です」と言っています。 そもそもラカントSで血糖値があがるのなら、糖尿病ぎりぎりな父の身がやばいわ!! まぁうちの父はチョコレートを買っていたので 「大丈夫か?」 とか思ったりするんですけどね。 なんかうちの父は、豆菓子とチョコレートを買っていて。 豆菓子はおつまみとして好きで食べているのだと思うので、わかりますけど。 チョコレートが好きなのはちょっとびびったわ。 というか、ラカントSとかなにに使っているんだろ? 料理とかまったくしないので、ラカントSを使う場面がないと思うんですけど。 おそらく病院でおすすめされて、薬局かなんかで買った可能性が高いです。 うちの父は、他人に対してはイエスマンなので、オレオレ詐欺にひっかからないか心配になってきます。 ラカントでなぜ糖尿病になると言われているのか? ラカントはむしろ糖尿病の人にとって、助かる甘味料です。 じゃあなぜラカントSで糖尿病になってしまう危険性があると話題になっているのかというと…。 その理由は2つあると自分は思っています。 理由の1つ目は。 【甘味料を悪者としたい人が多い】 からです。 アンチ人工甘味料な人って多いですよね。 とにかく人工甘味料を悪くいいたい人が多いわけです。 とにかく甘味料と聞くと 「健康に悪い!」 と決め付けたい人が多いです。 原材料に甘味料の名前を見かけるだけで 「体に悪い!」 と決め付けたい人がいます。 そういう人から支持を得るためには、甘味料は悪く言ったほうがサイトの製作者としても都合がいいんですよ。 そのサイトを好んでくれますから。 簡単に言ってしまえば 【甘味料嫌いな人へのご機嫌取り】 なところが強いと思います。 だから 「ラカントSで糖尿病になる!」 といって、アンチ人工甘味料の人のご機嫌取りをしているわけですね。 理由の2つ目は 【甘味料で舌が甘みになれてしまって、砂糖を沢山使うようになる可能性がある】 そういう理由みたいです。 まぁたしかに一度濃い味のものに慣れると、薄味がイマイチに感じます。 でもそれはラカントとは別の話だからなぁ。 要は 「ラカントSを使うよりは、使わないほうがいい」 ってことなんだと思いますけど。 そりゃー当然では? でも血糖値が高かったり、糖尿病の人でも甘みがほしくなったりするから。 ラカントSに興味を持つのだと思いますけど…。 ラカントは正義ではない ラカントを悪く言う人は、ちょっと違うと思うんです。 ラカントが悪い物ではないでしょ。 でも、ラカントが良いものかというと、そういうのも違うと思っています。 ラカントが健康にいいとか、そういうのはないと自分は思っています。 オリゴ糖とか、健康によさそうなタイプの甘味もあったりしますけど。 自分はそういうのも、無理して使う必要はないんじゃないかと思っていたりします。 なので、ラカントもできれば使わないで。 どうしても甘みが欲しくなった場面で使えばいいわけで。 ラカントをヘビーに使うようになると、ちょっとどうかと思います。 うちの父もラカントが残って、まったく使っていない様子でしたけど。 もしゴミ箱に大量にラカントの袋があったりしたら、むしろ怖いでしょ。 「血糖値があがらないとしても、限度があるだろ」 って思いますよね。 実際自分もいろいろ試しましたけど、そういう甘味で健康に良いものといえば…。 マヌカハニーかなぁ。 いや、マヌカハニーと血糖値の関係なんてわかりませんよ。 でも自分的には健康にいい甘みという点では。 マヌカハニーぐらいしかプラスに思えないところがありますけどねぇ。 逆にいえばマヌカハニーは 「いいじゃん」 って、健康にプラスに思えたところがすごいわ。 糖尿病の人にこそラカントS 糖尿病の人にこそラカントSなんです。 でもなぜか勘違いして 「ラカントで糖尿病になってしまう」 なんてことを思っている人がいます。 まぁヤクルトも飲んだら、腸内環境が整うはずなのに 「下痢になった」 「便秘になった」 なんていう人がいます。 人間の健康というものは絶対はありません。 でもラカントS単独には血糖値を上昇させる効果はどうやってもないです。 なのでラカントSで糖尿病の危険があるというのは、そういう噂に過ぎないです。 可能性の話をしている人がいますけど、そんなことを言っていれば、人間いろいろ食べますから。 どんな人にも糖尿病の可能性は秘めているかもしれません。 結論をいうと 「ラカントで糖尿病になる」 ではないんです。 「糖尿病の人にこそラカント」 なんです。 もちろん、無理してラカントを使う必要なんてないんですけどね。 甘みを欲する人は、甘味料に頼るのが理想なわけです。 「甘味料の甘みが嫌い」 というのなら、無理してラカントを使う必要もないです。 甘味料の代表格である砂糖は血糖値があがりやすいわけで。 ラカントSというのは、血糖値があがりにくい甘味料だと考えればいいと思います。 ラカントは糖尿病を治す効果があるわけではないです。 糖尿病の人は砂糖を摂取すると血糖値が上昇します。 そうなると動脈硬化を起こす可能性が高くなり危険なので、甘みがほしいのなら甘味料のほうが砂糖よりは安全だといえるわけです。 ただ結局最後になにを選ぶのかは、その本人の自由です。 こういうのに絶対はありませんし、どれが健康的かはわからないです。 そもそもラカントがどうとかよりも。 ラカントを入れている食べ物や飲み物自体がよくないかもしれませんよね。 ネットの情報を信じるのかはその人しだい ラカント 甘味料 を嫌っている人にとっては 「ラカントには糖尿病になる可能性があるんだって!」 なんて聞いてうれしい気持ちがわくかもしれません。 そういう人がいるから 「ラカントで糖尿病の可能性がある!」 なんて大げさに言って、そのサイトも人気になっていくわけですね。 サイトに記事を書いている人にとっては、糖尿病の人のことなんて他人事ですから。 自分の父も 「ぎりぎり糖尿病」 と言っていました。 まぁ高血糖なわけです。 でも子供の自分は高血糖ではないですから、はっきりいって他人事ですからね。 いや、親が動脈硬化で倒れられると困るので他人事ではないんですけど。 基本食べるものは、親のことは考えず自分は好きなものを食べています。 いや血糖値が高い親も、なんか好きなもの食べている気がしますけど。 amazonや楽天市場のラカントの口コミやレビューを見ればわかりますけど。 糖尿病の人が甘みを欲して、ラカントを購入しています。 カロリーゼロ• 糖類ゼロ• 自然派甘味料• 無添加 こんな感じで、いろいろとポジティブ語を並べていますけど、甘味料という点で敬遠する人もいます。 「うまい話には裏がある」 なことを思うわけですね。 自分もそういうところはありますよ。 日本人は太っていることがデメリットに思うところがあるので 「甘いのにカロリーゼロ!?そんなのデメリットがあって当たり前だろ!」 なことを思うのだと思います。 実際探せば、どんなものにもデメリットはあると思うんです。 ラカントも口コミを見ると 「砂糖より値段が高い」 っていうことを言っている人は結構多いです。 そしてさっきも書きましたけど、人間の健康には絶対はないです。 一般の人にとって、砂糖のほうがマシなのか、甘味料のほうがマシなのかはわからないです。 人工甘味料を嫌っている人は 「私は砂糖のほうが好みです」 と言っている人がいますけど、砂糖だって健康に悪いものですからね。 血糖値がどうこう以前の話で。 砂糖で健康に悪いものですよ。 だから人工甘味料が嫌いすぎて、たまに砂糖を美化してしまっている人もいますけど。 そういうのは自分は滑稽だと思います。 砂糖は砂糖であって、人工甘味料のデメリットをあげれば、砂糖が健康に良いものに変身するわけではありません。 まぁ砂糖は昔から使われているものだから、安心感があるっていうのはわかりますけどねぇ。 高血糖の人や、糖尿病の人にとっては、甘味料のほうが砂糖よりはマシだと自分は思います。 動脈硬化は怖いですよ。 心筋梗塞や脳卒中で倒れたら、命がなくなったり、後遺症が残る可能性がありますからね。 もちろん、いくら血糖値に気を使っていても、健康というものは運がありますから。 血糖値が正常な人でも動脈硬化を起こす可能性だってあります。 自分も毎日ヨーグルトを食べたりジョギングしたりしていますけど。 それでもお腹の調子が悪くなったり、体調を崩すことだってありますから。 ラカントの安全性はホームページでも紹介されている ラカントの安全性はホームページのほうでも紹介されていましたよ。 こういうのは 【本人がどれだけ安心して使うことができるか】 だと思うので。 いろいろ不安に思って使うよりは。 こういう安全性についてのページをみて、安心して使ったほうが体の負担も少ないです。 変な話、人間うまみよりも、つらいことがやばいんですよ。 たとえば人間なにも問題ないのなら、ちょっと悪いこともしちゃいますけど。 体の調子が悪くなったら、楽しいこととか全部吹っ飛びますから。 人間体調を崩せば、思うのは 「このつらい状態をどうにかしたい!」 ってことになるので。 そういう不安っていうの? ラカントに不安を持っていると、その時点で体調不良になる可能性も秘めてます。 だから大事なことは 「ラカントは安全なの?」 とかよりも 「ラカントは安全だ!」 と自分の中で思うことだと思います。 そもそも世の中の物で100%安全なものなんてないと思うんです。 米だって、食べ過ぎたら体に負担がかかると思います。 でも米を食べるときに 「この米は安全か?」 とかは思わないでしょ。 でも産地とか気にして。 産地が不明とかになると不安視する人もいると思います。 悪いのはその不安になる心というかな。 気持ちから、体が不調になることって多いです。 実際、原因不明の病気のほとんどが 「ストレスが原因かも」 なんて言われたりしています。 だから、ストレスをためるよりは、こういうラカントSの安全性について書かれているページを見て。 少しでも安心するのが大事なことだと思っています。 絶対に必要なものではない ラカントSが危険なのかどうなのか、絶対的なことは言えませんけど。 ラカントSが生きていく上で絶対に必要なものではないです。 だから、もし不安ならラカントSを使わない生活をすればいいですし。 なんとなくですけど。 ラカントを使うよりは、使わない生活のほうが体にいいのでは…。 いや、ラカントに限らずこの世にはそういうものはたくさんありますよ。 危険ではないものが、体にいいとは限らないですよね。 危険ではないが、体にいいとは言えない食べ物ってたくさんありますよ。 お菓子とかもそうだと思います。 ジュースとかもそうだと思います。 果汁100%のジュースとかだって。 飲むよりは飲まないほうが体にはいいと思います。 まぁ果汁100%のジュースは、生ジュースってわけではなく濃縮還元ですからね…。 だからラカントSは危険ではないと思うんです。 むしろこの世に危険な食べ物なんて売っていないと思います。 でも、体にいいとは言えないものだと思うんです。 それはこの世の食べ物の多くに言えることだと思います。 肉だって、油っぽいですから体にはあまりよくないと思います。 でも、ケンタッキーの店前で 「フライドチキンは危険な食べ物だ!」 なんて言っていたら問題になると思います。 なぜラカントが危険視されるのかというと。 おそらく甘味料というのが、あまり良いイメージを持っていないからだと思います。 でもそんなことをいえば調味料的なものだって体にいいわけではないですよね。 血圧が高い人なら塩分は危険視すると思いますし。 砂糖だって、腸で悪玉菌を増やすとか言われています。 醤油やみそだって、たくさん使っていたら塩分摂りすぎになってしまいますよね。 それらは決して危険なものではないと思うんです。 でも体にいいとは言えないもので、できるだけ控えめにしたほうが体のためになると思います。 ラカントSも危険ではないが、危険ではないからといってたくさん使っていたらそれは体に悪いと思います。 なので、ラカントSを使うのならほどほどにすべきです。 「ラカントSは血糖値が高くても大丈夫」 とか言って、たくさん使うのはダメってことですね。 太っている人が 「カロリー半分って書いてあるからたくさん食べよう」 な感じなのと同じな感じです。 人間、限度ってものがあります。 うどん屋で、ねぎやてんかすを大量に入れている人をみれば 「おいおい」 って思いますよね。 それと同じで、ラカントSは危険ではないですが、限度があるってことですね。 できるだけ使わないほうが理想だと思います。 でもたまに甘みがほしくなるからラカントSを使うわけで。 「甘いのが好きだからラカントSをヘビーに使ってます」 みたいな人は、気をつけたほうがいいというか。 もうちょっと食に気を配ったほうがいいと思います。 うまく言えませんけど。 誰にでも好物ってあると思うんです。 でも、好物だからってたくさん食べないといけないってことはないんですよ。 好物でも少量で満足しても、好物って言っていいんですよ。 好物だから、たくさん食べないといけないってことはないので…。 なんでもほどほどぐらいがちょうどいいんです。

次の

ラカントs とは何?危険性はあるの?子供や妊娠中への影響

ラカント 液体

ラカントsと言うものをご存知ですか? ラカントsとは一言で言うとカロリーが0なのに砂糖の変わりに使えると言う甘味料です。 この言葉だけだと凄く良さそうな印象を持つ人も多いのですが、ラカントsは人工甘味料でしてそのことを聞いて印象が悪くなる人も多いです。 具体的には「人工甘味料なら何らかの危険性があるのではないか?」とか「がんになりやすそう」などの疑問や不安は未だに根強く、妊娠中の方は胎児への影響が気になると言う人もいるでしょうし、小さなお子様を持つ方もやはりそれを砂糖の変わりに使っていいのか悩むでしょう。 そこで今回は少しでもラカントsについて知ってもらうために「ラカントsとは?」「ラカントsの凄い所」「ラカントsに危険性はないのか?」についてを解説した 『ラカントs とは何?危険性はあるの?子供や妊娠中への影響』 と言う記事を書かせていただきました。 ラカントsと言う砂糖の代わりに使える甘味料が実はこんなものだったと知っていただければ幸いです。 Topics• ラカントsとは? まずはそもそもラカントsとは何かを簡単に説明させていただきます。 ラカントsとはサラヤ株式会社と言う会社が出している商品の名前であり、砂糖や塩と言った 調味料の種類を指す言葉ではなく特定の商品名であることを先に説明させていただきます。 ではそんなラカントsと言う商品はどんなものかと言いますと、 糖アルコールである「エリスリトール」を主成分として、「羅漢果(ラカンカ)」と言う植物のエキスを配合して作られている甘味料です。 恐らくこのどちらも耳馴染みがない人が殆どだと思いますので、少し詳しくそれぞれをご紹介させていただきますと以下の通り エリスリトール ジャガイモやサツマイモなどのイモ類やトウモロコシなどのデンプン質から作られる ブドウ糖を特定の酵母で発酵させて作る「糖アルコール」の一種。 自然界の中でもメロンやブドウに含まれている成分でもあり、私たち日本人にはおなじみの醤油や味噌などの発酵食品に含まれている成分でもある割と身近な糖分です。 尚 良く誤解されるのですが、このエリスリトールは分類的には人工甘味料ではなく、キシリトールなどと同じ希少糖の一種です。 ちなみにラカントsではトウモロコシデンプンを酵母で発酵させたものを使っているとのことです。 羅漢果(ラカンカ) 羅漢果(ラカンカ)とはウリ科の植物であり、中国の亜熱帯の山岳地帯「広西チワン族自治区(こうせいチワンぞくじちく)」の一部の地域で取れるかなり珍しい果実。 どのぐらい珍しいかと言いますと、国に保護植物に指定されていて生の果実の国外持ち出しが禁止されているぐらいには珍しい果実です。 この果実の抽出エキスは健康食品としても使われたり、喉や肺への効果があり、咳止め効果を期待してのど飴の原料にもされているのですが、ブドウ糖と果糖の他にも「モングロシド」と言うかなり強い甘味を持つ成分を含んでおり、料理の甘味料として使われることもあります。 ラカントsはこの ラカンカの砂糖の約300倍の甘さがある「高純度エキス」を使用しており、これが商品としての特徴でもあるわけです。 今ご紹介させていただいたこの二つの成分を合わせる事で作られているものが、植物由来の天然成分で作られた人工甘味料ラカントsというわけです。 当記事では人工甘味料の定義を 「天然に存在しない合成甘味料」とする考え方を支持しておりますのでラカントsを人工甘味料としてご紹介させていただいています。 天然成分100%であったとしても自然界の中にラカントsと同じ成分になるものが存在しないからです。 ではラカントsが大体どんなものなのかを分かっていただけたかと思いますので続いてラカントsの長所についてをご紹介させていただきます。 ラカントsの凄い所 ラカントsは以下のような長所があり、普通の砂糖や他の人工甘味料よりも優れているとされています。 天然由来成分100%• カロリー0• 砂糖とほぼ同じ甘さ• 比較的クセが少ない もう少し詳しく解説させていただきますと、まずラカントsの成分は既にご紹介したように、糖アルコールであるエリスリトールとラカンカエキスだけなので天然由来成分100%であると言えます。 続いての特徴であるカロリー0についてなのですが、この ラカントsの99%以上を占める主成分であるエリスリトールは厚生省のエネルギー評価法により0kcal/gと認められている唯一の糖質であり、それが大半を占めているラカントsは砂糖とは比べ物にならない低カロリーであると言えます。 その為病院などでも糖尿病の方に砂糖の代わりにラカントsを使うことを進められたりもするそうです。 そして意外と人工甘味料にしては凄いと思える特徴が「砂糖とほぼ同じ甘さ」「比較的クセが少ない」の二つです。 今では色々な砂糖の代わりに使える甘味料と言うものが世の中にはありますが、どんなに砂糖に近い味に作り上げた人工甘味料であっても殆どの人は砂糖こそがスタンダードな人生を送っているので、独特の違いや癖を感じてしまうのもです。 実際ラカンカsの主成分エリスリトールも単体では味や匂いの癖こそ少ないですが、甘味は砂糖の75%とかなり味の違いが出てきます。 しかしラカンカsはそこに砂糖の約300倍の甘さがあるラカンカの高純度エキスをほんの少し使用することで、砂糖とほぼ同じ甘さで人工甘味料特有のクセが少ないと言う仕上がりになっています。 ただあくまでも「ほぼ同じ甘さ」、「比較的クセが少ない」だけであり、砂糖を大量に使う洋菓子作りなどでは同量使ってもやや甘さが足りないと感じることがあったり、他の香りがないような料理や飲み物に使うと独特の臭いを感じることはあります。 その為、 食品の臭いに敏感な方や、あの独特の砂糖の香りが好きと言う方などには苦手な方もいると思いますので予めお断りさせていただきます。 以上がラカンカsの凄い所です。 では次はラカンカsには全く何も問題はないのかについてをご紹介させていただきます。 【スポンサーリンク】 ラカントsに危険性はないのか? まず結論から言いますと「人工甘味料」と言う物に対する「がんになりやすい」、「小さな子供や妊娠中の胎児に悪影響がある」、「過剰摂取で死ぬ」などのような多くの人に 「人工甘味料とはそういうものだ」と思い込まれていることが多い悪影響を、ラカンカsから受けることは基本ありません。 ここで敢えて基本ありませんとさせていただいた理由は 過剰摂取してしまった場合はその限りではないからと、アレルギー症状を発症する方がいるからです。 では過剰摂取するとどんな問題があるのかと言いますと次のような問題が考えられます。 甘みに関する味覚が鈍ってしまう• 糖尿病になるリスクがある• 下痢になる• アレルギー症状を起こす 問題についてのことなので一つずつもう少しだけそれぞれ詳しく解説させていただきますと以下の通り。 甘みに関する味覚が鈍ってしまう 砂糖の代わりに使えるラカントsですがやはり砂糖とは違う特有の味と言うものがあり、こちらを主に使っていると「砂糖よりもこの甘味の方が普通の味だと慣れてしまう」と言うことが起こります。 その結果、普通の砂糖を使ったものを食べた時に「なんかしっくりこない」と言う程度の 違和感を感じ、甘味が足りないと錯覚して多く砂糖や他の甘味料を使ってしまいやすくなるのです。 それだけではなく「甘いもの」と言うのは実は結構な依存を引き起こすものですから、 カロリーが0だからと大量に使うと甘いものへの依存を作ってしまう恐れもあるのです。 甘い食べ物に使われるのは当然ラカントsだけではなく高カロリーの小麦粉などの粉類を大量に使うわけですし、外で買ってくる食べもの飲み物ならば当然普通の砂糖が多く使われていますので結果体に良くないことも起こりえると言えます。 糖尿病になるリスクが0ではない 糖尿病患者の方にもオススメされるものなのに糖尿病になると言うのはどういうことなのかと思う人も多いと思いますが、これもまたある種ラカントsに慣れすぎてしまったが故に起こること。 基本的にラカントsは血糖値が上がらない糖ですが、これをメインの糖だと脳が認識すると体質が変化して行き、なんとラカントsを摂取した時もすい臓がインシュリンを分泌するようになるのだそうです。 その為当然する必要のない働きをさせられるすい臓が弱り、糖尿病になることもあるのだそうです。 もちろんこれはあくまで 「これがメインの糖だ」と脳が判断するほどに大量に長い間摂取していた場合の話です。 下痢になる 基本的に人工甘味料や希少糖の中には結構消化されにくいものがあり、ラカントsも砂糖に比べると消化が悪いため、一日で相当な量を摂取すると消化不良による下痢を引き起こす可能性はあると言えます。 とは言えラカントsの主成分であるエリスリトールは 他の糖アルコールに比べて下痢になる危険性が最も低い糖アルコールとされているので、もしこれの摂取のし過ぎで消化不良を起こしたならば、明らかに1日で摂取する糖分が多すぎている状態なのですが。 アレルギー症状を起こす ラカントsの主成分であるエリスリトールでアレルギー反応が出たと言うことが一時期話題になりました。 これに関しては基本的にどんな安心安全を謳う天然成分であろうとも、アレルギーをお持ちの方には毒になるのである意味仕方のないことなのですが、そういう症状を起こす人もいるということは万が一に備えて覚えておいていただきたいです。 とは言え このエリスリトールアレルギーである人は100万人中1人いるかどうかぐらいの確立であり、有名な 卵や牛乳、魚介類のアレルギーに比べてなる確立は数万分の1程度とかなり低いですから、ほとんどの方がアレルギーを起こすことはないのですが。

次の

【楽天市場】サラヤ ラカントS 液状(280g)

ラカント 液体

糖質オフスタイル協会の栄養指導担当で管理栄養士の橋本さんが、皆さんの質問に答えてくれました。 Q:毎晩のお酒をやめたのですが、体重が一向に減りません。 どうしたらいいのでしょうか? A:今回の質問は、お酒ですね! 「アルコールは血糖コントロールを悪くしたり、脂肪を体内に取り込む働きがあります。 なので、アルコールをやめられた事は身体にとってとてもいい事なのですが、体重はすぐに落ちるものではありません。 アルコールをやめられた事プラス、糖質オフの食事に切り替えて、血糖コントロールを保ち筋肉をつけ、代謝をアップさせること、そしてそこに1日30分の有酸素運動を週2、3回取り入れれば自然と痩せやすい身体になるはずです。 糖質オフの食事がどんなものなのかは詳しくはサイトをみて下さい」 しかし、アルコールをやめたストレスでお菓子が増えてたり、食事が増えてたりしいように気をつけて下さいね〜! Q:糖質オフのために、糖質0と聞き羅漢果をお砂糖代わりに使おうと思うのですが、調べても羅漢果の糖質や栄養素(カロリーなど)がハッキリしません。 果糖がほとんどで、糖質オフには役に立たないなどの情報も出てきてしまって、購入したものの怖くて使えず…。 なので、羅漢果はラカントなどと同じように糖質オフのスイーツに使えるのか教えて頂きたいです。 A:お調べになったのでご存知とは思いますが、羅漢果のエキスは顆粒状に固めることは難しく、ショ糖など別の糖を加えることによって固めることができます。 商品によって羅漢果の純度やどの糖で置き換えているかが違うので、一概には言えませんが、どんな割合で別の糖が含まれているかが重要です。 多かれ少なかれ血糖値が上がる事には変わりませんが、果糖などの単糖類は特に血糖値が上がりやすい傾向があります。 また、果糖には脂肪に変わりやすい性質もあります。 羅漢果だと砂糖の甘さの300倍〜400倍あり、調理の際の計量も砂糖の分量から計算したりと面倒だと思うので、ラカントSを使用してみてはいかがでしょうか? 「ラカントS」は、「羅漢果(ラカンカ)」の「高純度エキス」と、トウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」から作られています。 栄養成分表示にある炭水化物はエリスリトールで、血糖値に影響がないので、実質熱量はありません。 砂糖の代わりにラカントSを使う事はお勧めです。 他に「パルスイート・カロリーゼロ」「シュガーカットゼロ」がありますが、半分が人工甘味料なのでお勧めしません。 人工甘味料は多量に摂ると発癌性があるため ここからは、糖質オフスタイル協会の高森がお答えします。 天然か人口かを甘味料で考えるとラカントしかありません。 しかし、ラカントは卵が泡立ちにくいとか、店頭にあるものは茶色い 取り寄せればラカントホワイトもありますが、、 など特徴を考えて、パルスイートと使い分けをしています。 天然にこだわるなら、ラカントでしょうか。 Q:タンパク質を取らないといけないのは分かるのですが、タンパク質を取ろうとすると脂質量も増えてしまうのですが、それはあまり気にしなくてもいいのでしょうか? やはり脂質は抑えたほうがいいですか? A:お待たせしました。 おっしゃる通り、たんぱく質には脂質を多く含むものがあります。 ですが、それは動物性のたんぱく質です。 脂質が多ければたんぱく質の含有量が少なくなります。 大豆や大豆製品などの植物性のたんぱく質は脂質をそれほど摂らずにたんぱく質を摂取できるので、貴重なたんぱく質です。 脂質というと悪者扱いされがちですが、とても重要なエネルギー源です。 脂質が不足すると、脂溶性のビタミンの体内への吸収が上手くいかなくなったり、細胞膜やホルモンの材料にもなるので、特に女性にとっては大切なエネルギー源です。 糖質オフでは糖質を摂りすぎないこと、たんぱく質と脂質で糖質の穴をしっかり埋めること、良質のたんぱく質と良質の脂質を選ぶこと、が大切になってきます。 Q:甘味料のマービーはどうでしょうか? 液体と粉末があり、どちらがいいかも良く分かりません。 A:マービー甘味料は、 摂取による血糖値およびインスリン分泌への影響はほとんどなく、糖尿病や肥満症の方の病院食に使用されていたり、マービージャムは病院食の朝食のパンによくついてきます。 加熱しても苦味がでたり、素材の風味を損なわないから、料理に安心して使えますよね。 マービー甘味料は、デンプンから作られる還元麦芽糖を使用しており、糖アルコールというものに分類されます。 糖アルコールの中で、唯一血糖値を全く上昇させないものに、エリスリトールというものがあります。 ラカントSは砂糖と同じ甘さなので計量しやすく、スーパーでも手に入りやすいので、ラカントSを使ってもいいと思います。 病院食に使用されることが多いのも、これが理由でもあります。 Q:ビートグラニュー糖とビート糖は やはり甘味が違いますか? 私がいつも利用しているスーパーには ビートグラニュー糖が売っていなくてビート糖を買ったりしています。 糖質オフには変りないでしょうか? ビート糖をさらに精製してできるのがビートグラニュー糖であり、ビートグラニュー糖にはミネラル、オリゴ糖はほぼ含まれません。 精製されたビートグラニュー糖はビート糖に比べて、料理に使いやすいという利点はありますが、体の中での消化スピードは速くなります。 つまり、ビートグラニュー糖の方が血糖値を上昇させやすいです。 ですので、糖質オフの面ではビート糖の方が良いと思います。 甘味の違いは、ビート糖の方がオリゴ糖が含まれている分、甘さ控えめに感じるかもしれませんが、そこまで大差は無いです。 砂糖は体を冷やすものですが、寒い地域で採れるビート 甜菜 には、体を温める作用があります。 冷え性の方などは、ビート糖の使用をオススメします。 また、ビート糖にはオリゴ糖が多く含まれているため、体内のビフィズス菌を増やし腸内環境を整えてくれる働きがああります。 便秘の解消や、腸が健康になることで美肌効果も期待できます。

次の