銚子商業 野球部 2ch。 銚子商業と習志野を分けたもの。何故銚子商業は復活出来ず、習志野...

29年後、銚子商「親子鷹」再び/千葉2

銚子商業 野球部 2ch

澤田監督 チャレンジ精神。 結果を気にしすぎるあまり、赴任した当時のの選手は相手に向かっていく気持ちを忘れかけていた。 澤田監督の言葉により、の選手は実力を発揮し、2回戦で2016年秋の関東大会ベスト8のを破り、その後も順調に勝ち進み、ベスト16入り。 2018年夏も東千葉大会ベスト16入りを果たした。 「私は出身ですが、国際武道大に進み、、で指導者として学んだことを、で生かすことができたと思っています。 今までの野球しか知らなかった私ですが、外部に出たことは指導の勉強になりました」 さらに今年のチームは秋、春と県大会で二期連続ベスト4入りを果たした。 秋と春では勢力図ががらりと変わる千葉県においてこの安定感は抜群だ。 ただそんなチームについて澤田監督は、「個々の力という点では、2017年、2018年より劣ると思っています。 ただ、よかったのは、今の3年生たちは勝ち進んでいる先輩たちの姿を見ているので、これぐらいやらないといけない、当たり前の基準が出来上がっていたと思います。 今年は歴代の選手と比べても、精神的な強さもある選手も多かったですし、これまでの2年間の結果が良い形で生きていると思います。 もし就任してからの2年間、序盤での敗退が続いていれば、今年の実績はないと思います」 過去2年間の成果が良い形で生きていた。

次の

銚子商高校野球部

銚子商業 野球部 2ch

77年センバツ、銚子商の主将だった斉藤俊之は、父で監督だった一之と「親子鷹」で2度目の甲子園に出場した。 その29年後、今度は俊之が父と監督の立場で息子の之将(ゆきのぶ)と「親子鷹」を実現させた。 之将は亡き祖父、父と3代の思いを胸に、銚子商のユニホームに袖を通した。 監督の俊之は、現役時に「親子鷹」の表と裏を体験。 自らの監督の立場も安泰ではなく、簡単に「うちに来い」とは言えなかった。 だが、運命の糸が2人を結び付けた。 05年夏、俊之が就任後初の甲子園に出場。 1度は私学を第1志望にした之将は、スタンドから見る銚子商の姿に心を動かされた。 「父と一緒にやるのは運命、宿命なのかな」。 父と同様、直前で希望進路を変更。 06年春、2代目の「親子鷹」が誕生した。 之将 父の背中をずっと見てきて、憧れはあったんです。 でも、元監督の孫、監督の息子と言われ、重圧もすごくて…。 でも、甲子園で心は決まった。 選手時代に「親子鷹」への周囲の厳しさ、重圧を経験した俊之からは、誰よりも厳しく指導された。 之将が2年生の6月の合宿、足首がパンパンに腫れながら、練習を継続。 さすがに練習後に検査を受け、骨折が判明した。 俊之 他の選手なら、すぐ病院に行かせましたが、(息子だから)やれるだろう、と。 怒られる時は「父と子」だった。 2年秋の練習試合では1、2戦連続でミスを犯し、ベンチ前で大説教。 俊之が、相手校の監督に「すみません。 うちの愚息ですから」と説明するほどの迫力だった。 俊之の母で之将の祖母の悦子は「教育委員会に言うわよ」と俊之を責めたが、「親子鷹」に甘えは禁物だった。 3年夏、之将はレギュラーを獲得した。 準々決勝の東海大望洋(現東海大市原望洋)戦。 0-1の9回2死二、三塁、之将に打席が回った。 「代打も考えた」(俊之)が、打席に入る前に話をした時の「やります」と自信に満ちた目に俊之も心を決めた。 俊之から「3年間をぶつけてこい」と背中を押され、之将は打席に立った。 1-1からの3球目、低めのスライダーを打ったが、二ゴロで試合が終了した。 之将は泣き崩れた。 ベンチ裏に引き揚げると、俊之から声を掛けられた。 「あの打席は息子ではなく、1人の選手として送ったから」。 他の選手に声を掛ける時は泣いた俊之の目に、涙はなかった。 周囲の目を意識し、最後まで「親子鷹」を貫いた。 敗戦直後、俊之は監督解任を覚悟した。 「周りは息子だから使ったと見るだろうな…」。 自ら身を引くことも考えたが、残った選手の存在が踏みとどまらせた。 その一方で、高校卒業後、之将は野球と距離を置いた。 あの日の凡退が、野球への思いをプツッと消し去った。 俊之は新チームの指導を続け、1年後の09年夏に成績不振で辞任した。 野球と距離を置いた之将は、父の辞任から約半年後に「あのままで終わりたくない」と情熱が復活。 大学2年からは教職の授業を受講し、教員を志した。 大学卒業後、中学校の教員を務め、現在は銚子市立銚子中で野球部の監督を務める。 前任校の旭市立第二中では教え子を1人、銚子商に送った。 中学、高校の免許を持つだけに、将来的に銚子商の指導に携わるのが夢なのだろうか。 之将 比べられますし、苦労も知ってるので簡単には言えないです。 今の夢は中学校の教員として、甲子園やプロで活躍するような選手を育てることです。 取材中、之将は俊之を「監督さん」と呼び、足は正座だった。 「あの時から、父は監督です。 監督と選手の関係じゃなくなることは、想像できません」と苦笑した。 かつて、俊之は中学生の息子を持つ他校の監督から進路を相談された。 「絶対に一緒にやるべきです」。 選手、監督の立場で「親子鷹」を経験した俊之は断言した。 (敬称略) 【久保賢吾】.

次の

【伝説プレーバック(6)】「黒潮打線」銚子商、実は守りのチーム (4/5ページ)

銚子商業 野球部 2ch

1974年夏、斉藤一之監督率いる県立銚子商業高校が甲子園初優勝を決めた総立ちのスタンドに、当時、中学3年だった長男俊之さん(59)はいた。 熱気の渦に包まれ、「ただただ、すごいと思った」。 甲子園で試合を観戦したことはそれまでも何度かあったが、比べものにならない光景が目に焼き付いた。 一之さんは銚子第1中教諭時代、軟式野球部を県優勝に導き、卒業生が銚子商の中心選手となって活躍した。 その手腕を買われ62年、銚子商に招かれた。 翌63年の夏の甲子園でいきなり8強、瞬く間に有名人になった。 「監督の息子」。 小学校高学年で本格的に野球を始めた俊之さんはそう呼ばれるのを嫌った。 中3の冬、銚子商以外の高校への進学を父に伝えた。 だが、寂しげな父の顔が何度も浮かび、一晩考えて翌朝、改めて告げた。 「やっぱり銚子商に行きます」。 父は言った。 「これから3年間は親子じゃないぞ」.

次の