森崎 智美。 森咲智美 グラビア高画質画像 Gカップ

森咲智美 Aventure #2

森崎 智美

「このカレンダーを買ってくれた方が2019年は黒字になるように、黒い水着にしてみました。 彼女の言葉通り、露出度も高く、カメラマンが我も我もと言わんばかりにシャッターを切るなど、いつものイベント取材以上の熱を帯びていた。 そんな彼女の初めてとなるカレンダーは、6月に静岡の伊豆で撮影されたもの。 「表紙からインパクトのある写真が掲載されていますが、今回は愛人がテーマになっています。 旅館の女将が相手とイイ雰囲気になる感じで、色んな衣装を着ました。 お気に入りは、3月から4月の赤い下着風水着を着用した写真だとか。 「布の面積も小さいし、胸もイイ感じに出ています。 ヒヤッとしたエロさが詰まっていて私的には一番のお気に入りです。 この写真が今回のカレンダーの中で、一番森咲っぽいと思いますよ」とすっかり気に入った様子で、「初めてのカレンダーなので120点!エロ過ぎるカレンダーになっているので楽しめると思います。 残り1カ月半となった今年1年を振り返ってもらうと「"エロ過ぎるグラドル"というキャッチコピーにして、エロさを突き止めてきましたが、今年は色んなものを吸収できた年だし、色んなことをチャレンジさせてもらいました」と充実した1年だったようで、「来年はバラエティーやドラマに出たいし、グラビアの天辺を取れるように頑張りたいと思っています。 貪欲に森咲らしくエロ過ぎる感じで行きたいですよ」と来年も更に過激な森咲が見られそうだ。 "エロ過ぎるグラドル"ということで、今年一番のエロいエピソードも告白。 「ロケに行った時、衣装で胸元が透けているレースのワンピースを着ました。 そのままインナーも着ずに帰ったんですが、電車でめちゃくちゃ男の人に見られちゃいましたよ 笑 」と苦笑いも、「見られてイイ気持ちでしたね 笑。 見られているってことは、私に魅力があると思うので。 プライベートでも割とバストが分かる私服を着ることが多いので、ぜひガン見して下さい 笑 」と異例のお願いも。 セクシーな私服姿だと痴漢が多いと思いきや、「最近はないですね。 上京したての時はお尻をツルンとされたことはありますけど 笑。 最近は東京の街に馴染んできたので、ガシッと歩いている感じです」と東京の生活にも慣れてきたようだ。

次の

森咲智美、限界Y字水着に記者陣も驚嘆「着てよかったです」

森崎 智美

30日、西武園ゆうえんちで行われる『第2回サンスポGoGoクイーンオーディション』。 開催に向けて行われた記者会見に、初代グランプリの大貫彩香や橋本梨菜、らが登壇。 それぞれの意気込みを語った。 今年ゲストとして登場予定の大貫は、「グランプリとして盛り上げられるように頑張りたい」と意気込みを語るまた、オーディションを受ける人々に向けてエールを送った。 「去年グランプリになったときの喜びはすごかったんですけど、今季活動してみてその喜びを上回るようなたくさんの活動をさせていただきました。 思ったよりいろんな活動ができていてとても嬉しいです。 みなさんも素敵な夏になるようにこれから応援しています。 こんがり焼けた小麦色の肌が売りの彼女は、まだ6割程度しか黒さを発揮できていないようだ。 当日は、日焼けオイルを塗って日傘を差さずに撮影会に挑む予定とのことで、「5部あるので100%に持っていけたらなと。 最後の部のほうが黒いと思います(笑)」と話し会場を沸かせた。 気になる撮影会用の水着は、現在海外から発注しているとのこと。 森崎は、「期待を裏切らないエロすぎる水着を用意している」と語った。 当日は総勢31組のゲストが集結する『サンスポGoGoクイーンオーディション』。 ぜひ気になる子に会いに行ってみてはいかがだろう。

次の

森咲智美(グラドル)の経歴と若い頃の画像!整形と豊胸?マラソンタイムや彼氏と結婚は?【有吉反省会】

森崎 智美

さすが日本一エロいグラドルの面目躍如な大胆水着を披露してくれているが、撮影は野外で行ったという。 「海で撮影したんですよ。 人がいないプライベートビーチみたいなところで撮ってたので、おそらく人には見られていないと思います。 今までもかなり際どい水着を着てきましたけど、さすがにこれを着るのは勇気がいりました」とコメントした。 実際に着てみた感想を聞かれると「数あるグラビアアイドルを見てきた記者さんが「オー!」って言ってくれたくらいなので、これは「やったぞ」という気持ちになりました。 着てよかったです」としてやったりの笑顔。 「全体に全部エロで仕上げていますけど、みんなが好きそうなのは裸エプロンですかね。 エプロンでご飯を作って、どんどん脱いでいっちゃったりとか、食べ物をペロペロしたりとかしているので、誘惑している感じがしっかり出ています」とおすすめシーンを挙げた森咲。 中でも一番のエロいシーンについて聞いてみると「赤いボンテージの衣装がエロ度は高いですよ。 コールガールを演じているときに、私を呼んでくれたお客さんに対していじめているんです。 ムチを持ちながらビシビシやっています。 でも私ってムチは向いていないと思いました。 本当に上手くできないんですよ。 実際に私はMなので大変でしたけど、それでもエロくできているので見どころです」と納得の表情を見せた。 自分はMと告白した森咲だが、お金持ちの男性にいじめられたいそうだ。 我こそはと思う男性はアプローチするチャンスかも?.

次の