美濃うだつの町並み。 2020年 うだつの上がる町並みへ行く前に!見どころをチェック

美馬市 観光情報|うだつの町並み

美濃うだつの町並み

もくじ• なんか暇だなー。 そうだ、美濃市行こう!ってな感じです 笑 アクセスは、車がある場合かなり便利。 高速道路を利用して、東海北陸自動車道の美濃ICでおりれば、 10分程度でうだつの上がる町並みに着く事ができます。 名古屋周辺でも、高速道路を利用すれば1時間で行く事が可能な距離なので、ちょっとお出かけしたいときにちょうどいい距離だと思います。 郡上まで行くとだと少し距離が延びてしまうので、近距離で済ましたい私にとっては丁度いい距離でした。 土曜日に行きましたが観光している人の数はまばら。 多いわけでも少ないわけもない。 街並みも素敵なのですが、とてものんびりした雰囲気があって 日々の考え事も放棄する事ができました。 美濃市といえば美濃和紙が有名なので、和紙でできた雑貨を売っているお店や手作り提灯を売っているお店など、普段あまり見ないものをじっくりと見る事ができます。 かわいい小物…和紙でできているみたいです。 また、予約すればレンタル着物を着れる場所もあります。 せぴあ会という所です。 せぴあ会について 住所はこちら:岐阜県美濃市俵町2105-2 (電話番号:090-3934-3443) 男性用の着物もあって料金も1500円で利用できます。 また、うだつの上がる町並みは歩いて回れる範囲でカフェなど甘味処も数件あるので、時間を気にせずにのんびりしたい時には絶好の場所です。 とみやさんのクリームわらび大福は超絶美味しかったです。 あと、人が少ない所が好きな人には、うだつの上がる町並みはイベントが無ければ、混雑する事は殆どないので楽しめる場所だと思います。 例えば、小倉公園。 標高約150mにそびえる小倉山城には、春になると約1000本の桜の名所となります。 夏だと長良川に行く人も多く、暑さから涼む人がいます。 この辺りの長良川はかなり綺麗で泳いでいる人もいます。 (夏に行きましたが、凄く水がきれいでした…!) それ以外の場所だと、旧名鉄美濃駅。 廃線となった美濃駅から親関駅の間を当時運行していた電車を間近で見る事ができます。 移動には レンタサイクルを使うとより簡単に移動ができるのでオススメ。 紹介した所は、すべて自転車でいける範囲です。 一般の自転車で200円、電動だと500円で美濃市観光協会からレンタルする事ができますので検討してみてはいかがでしょうか。 かなり広いスペース(一番広い所だと、観光ふれあい広場の200台)が確保されていますので、すんなりと車を停める事ができます。 お祭りや和紙あかりアート展など特別なイベントが無い限り、特に意識することなく行っても問題ないでしょう。 滞在時間はどのくらい? 私が行った時は、滞在時間は4時間くらいでした。 カフェで休憩もとりつつのんびり過ごして4時間程度ですので、日帰りには十分でした。 行った場所は、あかりアート館や和紙雑貨の石川産業、茶房とみやなどです。 特にあかりアート館は、歴代に受賞した作品を一度に見る事ができます。 和紙のできたアート作品は見ごたえがありますよ! 興味がある方は是非行ってみてはいかがでしょうか。

次の

美濃和紙の里、うだつの町並みを訪ねる旅|モデルコース|ぎふの旅ガイド

美濃うだつの町並み

岐阜県内のローカル鉄道に乗車する旅をしています。 美濃市駅で下車すると、タイムスリップしたような錯覚に陥りました。 の前に古い町並みが出現しました。 知っている人は知っているのだろうが、私はこの町の存在を全く知りませんでした。 立派な町並みが保存状態も良く、今に残されています。 電線は地下に埋設されているため電柱がなく、昔の景観がそのまま甦った。 その町並みの規模も大きい。 この町並みは、県内の代表的な観光地「飛騨高山」を凌ぐ規模と美しさである、と思った。 飛騨高山には幾度となく、足を運びました。 歴史的に古いのかもしれないが、ここ美濃市の町並みは、豪商たちは、「うだつ」を上げることはもとより、富と粋の象徴としてその意匠も競い合っただけに素晴らしいにつきる。 うだつの上がる町並み(伝統的建造物群保存地区)は東西方向の2筋の街路と、南北方向の4筋の横町からなる町並みで、通称「目の字通り」と呼ばれています。 江戸時代、領主・金森長近によって築かれたこの地区は、今も歴史的景観が現存されていることから、平成11年5月31日、「伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

次の

店舗紹介|あかりアート「和紙とうだつの町」岐阜県美濃市 うだつの上がる町並みを楽しむ公式ホームページ

美濃うだつの町並み

岐阜県内のローカル鉄道に乗車する旅をしています。 美濃市駅で下車すると、タイムスリップしたような錯覚に陥りました。 の前に古い町並みが出現しました。 知っている人は知っているのだろうが、私はこの町の存在を全く知りませんでした。 立派な町並みが保存状態も良く、今に残されています。 電線は地下に埋設されているため電柱がなく、昔の景観がそのまま甦った。 その町並みの規模も大きい。 この町並みは、県内の代表的な観光地「飛騨高山」を凌ぐ規模と美しさである、と思った。 飛騨高山には幾度となく、足を運びました。 歴史的に古いのかもしれないが、ここ美濃市の町並みは、豪商たちは、「うだつ」を上げることはもとより、富と粋の象徴としてその意匠も競い合っただけに素晴らしいにつきる。 うだつの上がる町並み(伝統的建造物群保存地区)は東西方向の2筋の街路と、南北方向の4筋の横町からなる町並みで、通称「目の字通り」と呼ばれています。 江戸時代、領主・金森長近によって築かれたこの地区は、今も歴史的景観が現存されていることから、平成11年5月31日、「伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

次の