えび 茹で 時間。 寿司海老(すしえび)の作り方!超簡単レシピ!お料理レシピ おたまdeクッキング.com

誰でも簡単!【冷凍】伊勢えびボイルレシピ

えび 茹で 時間

エビのゆで加減、オムレツの焼き加減などは料理ではかなり熟達していないと 難しいですね。 たいていの寿司屋では、茹でエビよりも甘エビの方が美味しいですが、一部の 技術のある寿司屋では茹でエビの方が美味しいところもあります。 一番いいのは生でも食べられるエビを1分くらい茹でることです。 ほんのり中央部に生のところが残っているのがベストです。 しかしながら、エビ、蟹、貝類は食中毒が出やすい食材であり、 いつも上記のような状態の良いものが手に入るとは限りません。 ですから、素材の具合により、普通の素材で3~4分程度、ちょっとヤバい素材で 6~8分程度がいいのではないでしょうか? 茹でるときは2~3%くらいの食塩水にしてください。 食塩はタンパク質を凝固させ、うま味を逃さない作用があります。 A ベストアンサー 茹でエビですね。 私のやり方ですが・・・ 1:冷凍を水で完全に戻す。 2:筋切りというかエビの腰は切らない、折らない。 (切れ目に熱湯が侵入して早く火が通る。 硬くなるし縮みやすい) 3:背ワタをとって、塩と片栗粉で揉んで汚れを落とす。 4:水気をふき取り、再度軽く、ごく軽く片栗粉をまぶす。 (面倒ならここはやらなくても良い。 後々の調理によっては片栗粉が邪魔な場合もあります) 5:沸騰したお湯の火を弱め、ボコボコにならないようにする。 6:エビを投入。 決して沸かさない。 湯で時間は大きさによっていろいろです。 エビが常温に戻っていれば1~2分程度でしょうか。 (新鮮なエビではなく冷凍ものなので火の入れ具合は慎重にしてください) 茹で時間はいろいろ試してみてください。 A ベストアンサー >何分?何時間すれば使ってもいい状態になるのですか? プリプリ海老にしたいなら多少手間がかかります。 基本は塩分濃度1%(水1リットルに対して塩10グラム)の水にあれば重曹(タンサン)を塩の半分程度加え、海老を入れます。 時間に余裕がある場合、冷蔵庫に入れて10時間以上すると解凍出来ているはずです。 そんなに気長に待てない場合は(大抵こうですが)室温で1時間で使えるでしょう。 業務用で大量に解凍する場合、夜のうちに袋のまま冷蔵庫に移し翌朝流水で解凍しますが塩水につけたほうがおいしいです。 >お湯で強制的に解凍するのはだめですか?電子レンジはだめですか? そのまま茹でるなら冷凍状態で茹でても食べられますが、温度が下がるとゆで汁に旨みが流れ出ます。 たっぷりのお湯で茹でてください。 レンジでの解凍はややパサ付くように感じます。 どんなに性能が良くても塩水漬けには負けるでしょう。 解凍モードでごく短くして、補助的な使い方のほうがいいと思います。 解凍してそのまま使うと臭みとかは大丈夫ですか? カラ付きはそのまま調理するでしょうが、ムキ海老の場合はひと手間加えると臭みが取れます。 中華料理ではボールに入れたムキ海老に塩・片栗粉を適量振ってよく揉みます。 するとエビの汚れが落ちて、海老が白っぽくなり臭みも減ります。 汚れや片栗等をしっかりと流水で洗い流してください。 よく水分を絞ってから料理に使ってください。 中華料理では下味処理で卵白・片栗粉・調味料などで薄衣をつけるので加熱しても海老チリなどはプリプリです。 ご参考までに >何分?何時間すれば使ってもいい状態になるのですか? プリプリ海老にしたいなら多少手間がかかります。 基本は塩分濃度1%(水1リットルに対して塩10グラム)の水にあれば重曹(タンサン)を塩の半分程度加え、海老を入れます。 時間に余裕がある場合、冷蔵庫に入れて10時間以上すると解凍出来ているはずです。 そんなに気長に待てない場合は(大抵こうですが)室温で1時間で使えるでしょう。 業務用で大量に解凍する場合、夜のうちに袋のまま冷蔵庫に移し翌朝流水で解凍しますが塩水につけたほ... A ベストアンサー 量的にはたくさん茹でるのでしょうか。 殻つきで茹でるのですが、そのまえに 背ワタをとることは、ご存知であることを 前提にして書きますね。 1 ボウルにえびと片栗粉少量を同時にいれ しばらくもんでください。 そして洗ってくださいね。 臭みがとれます。 2 海老の量にもよるのですが、家庭ですからそんなにたくさん ではないですよね。 鍋に400リットルぐらいの水に、塩を親指と中指と人差し指で すくいあげたくらいの量(小さじ1 と酒大匙2くらいをいれ、それに海老をいれ煮立ててください。 一分ぐらいの時間です。 ここで沸騰させると 海老が固くなりますのでね。 3 2 をですね、海老をいれたまま人肌ぐらいまでさましてください。 余熱で海老に火がはいります。 そうしたらひきあげてくださいね。 ぷりぷりだと思います。 ばさばさになるのは、熱のいれすぎです。 海老を茹でるのは割合に難しいものです。 時間の勝負ですよ。 上記のような方法と、茹でたときに 一瞬海老が浮くときがあります。 そこが目安ですぐに火を止め ざるにあげて、余熱で火を通す方法もあります。 参考になりましたでしょうか。 殻つきで茹でるのですが、そのまえに 背ワタをとることは、ご存知であることを 前提にして書きますね。 1 ボウルにえびと片栗粉少量を同時にいれ しばらくもんでください。 そして洗ってくださいね。 臭みがとれます。 2 海老の量にもよるのですが、家庭ですからそんなにたくさん ではないですよね。 鍋に400リットルぐらいの水に、塩を親指と中指と人差し指で すくいあげたくらいの量(小さじ1 と酒大匙2くらいをいれ、それに海老をいれ煮立ててくださ... Q 最近一人暮らしを始めて料理初心者なりに自炊を頑張っているのですが、複数の基礎本を見ても細かいことまで載っておらずわからないことだらけです。 ボイル済み 身が赤くなっている の冷凍むきエビが冷凍庫にあります。 このボイル済み冷凍むきエビの解凍の仕方は、ボイルしていない冷凍むきエビと同じように流水で解凍していいのでしょうか? また、普通こういうものは下味処理など何もせずにただ茹でてあるだけですよね?背腸をとったり下味処理までやってくれているものなのでしょうか?パッケージには特に記載はありません。 それから、全部をエビチリに使うのは多いので、別のエビ料理も作ろうと思うのですが、保存(お弁当用など)できるオススメがあれば教えていただけるとありがたいです。 簡単にできるものだとなお嬉しいです 笑 たくさん質問してすみません。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー ボイル済みの冷凍えびを美味しく召し上がりたいのですね? 流水や電子レンジ、自然放置、冷蔵庫内放置ではえび(肉でも)の体液が流出して素材が駄目になります。 専用の解凍庫を使うのなら別ですが、一番良いのはそのえびを包んでいるラップに穴が開いていないか如何かを確認して(穴がある場合、或いは安全に行うならそのまま別のポリ袋に入れて空気を出来るだけ抜き口をきちんと縛ります。 )から。 そのえびの袋が十分浸かるくらいのボールに氷水を(水道水に沢山氷を入れる)作りそこへえびの袋を沈めます。 浮くようであれば何でも構いませんから重石をしてください。 料にもよりますがエビチリ用ブラックタイガー20匹位であれば40分から1時間半位で少ししゃりしゃり感のある位に戻ります。 (温度はー2度前後です)それでOK。 それから調理します。 生のえびと同じように扱え、体液などが滲み出て不味くなるような事はありません。 余談ですが冷凍のまま仕上げるという事も出来ます。 エビチリはソースを使う故とあまりえびを長い間熱すると身が固くなって不味くなるので不向きですが、冷凍の魚の切り身(例えば鮭や鰤など)或いはステーキ肉は上手に焼けます。 (但し厚みが2センチ位まで) 冷凍のままくっつき難いフライパンに入れ隙間の無い蓋をして2分強火で焼きます。 火を止めてそのまま3分以上蒸らして出来上がり。 氷水を使って解凍する方法は専門の業者も行います。 昔TVで公開されたこともありました。 これで素材の旨みは逃げません。 流水や自然解凍、レンジでチンなどは最低。 えびの背腸はジャリっと食感を損ないますので、必ず竹串を使って(丸くなっている背中の一番小高いところに横から竹串を挿します。 背腸は黒く、或いは茶色く見えているのでその下を潜らせる位に竹串を挿し、反対側へ突き抜けさせて、そっと竹串を持ち上げると頭と尾の方から同時にずるりと竹串にくっ付いて抜けてきます。 途中千切れたらその部分をやり直してください。 中には腸の中身の無い透明なのもありますが念のため取った方が良いと思います。 ) お時間が有ればきちんと処理したえびで美味しく召し上がって頂くことが一番ですね。 生のえびの調理前の処理方法がえびチリソースの素の箱に書かれていますからこうして解凍したえびもそれに従ってください。 ボイル済みの冷凍えびを美味しく召し上がりたいのですね? 流水や電子レンジ、自然放置、冷蔵庫内放置ではえび(肉でも)の体液が流出して素材が駄目になります。 専用の解凍庫を使うのなら別ですが、一番良いのはそのえびを包んでいるラップに穴が開いていないか如何かを確認して(穴がある場合、或いは安全に行うならそのまま別のポリ袋に入れて空気を出来るだけ抜き口をきちんと縛ります。 )から。 そのえびの袋が十分浸かるくらいのボールに氷水を(水道水に沢山氷を入れる)作りそこへえびの袋を沈めます... A ベストアンサー 凍ったまま加熱すると旨みが全部流れ出し、スカスカのエビになります。 できれば冷凍庫から冷蔵庫に移し半日~1日ほど時間をかけて、ゆっくり解凍することです。 さらに、このとき0. 5~2%程度の塩水につけておくと生と間違えるほど非常にプリプリした食感になります。 手早くやりたいなら、1~2時間塩水につけて戻します。 急ぎなら、ビニール袋などに入れて口をしっかり縛り、流水で解凍して使いましょう(多少時間があるなら、その後塩水に30~40分ほどつけてから使います)。 なお、解凍方法は、殻付きでも剥き身でも基本的には一緒です。 また、解凍した後に、片栗粉や料理酒をエビの身にまぶして軽く揉んで、2~3回水洗いすると余計なアクなどが抜け、いっそう美味しく食べることができます。 A ベストアンサー エビの種類と色に関しては、他の方が詳しい解答を書かれていますので、生っぽい、と言う件に関して記載します。 買われた海老は1尾づつ冷凍になったムキエビではないでしょうか?海老の周りに氷が付いており、袋等に入って冷凍ケースで販売されている商品ではないでしょうか? 生っぽいのはリン酸塩という食品添加物の水溶液に浸漬して、水分(水溶液)を吸収させた海老だと思います。 リン酸塩は保水(読んだ通り、水を取り込み保つ)効果がある食品添加物です。 この水溶液に漬けますと、単純に水溶液で海老の重量が増えますので、販売単価を安くする事が出来ます。 この行為を極限まで行なうと加熱しても透明のままです。 もちろん熱は通っているのですが、見た目は生で、食感はゼリーと言うかグミと言うか、プヨプヨと言うか、、、、。 まあ、単純に海老の味は全くしません。 しかし保水しているので、加熱後も重量があまり変わりません。 (小さくなりません)それなのに、冷凍のムキエビは過熱すると急に小さくなりませんか? リン酸塩で保水(と言うか加水)して小さくならない海老が小さくなるのは冷凍状態で海老のまわりに付いていた氷があまりにも多いからです。 この氷はグレーズと呼ばれ、本来は冷凍状態で商品の表面が乾燥しないように氷で商品を覆ってあげる技術です。 本来は商品重量の3%前後氷を付けてあげます。 しかし、ムキエビなどは20%、30%のグレーズをかけた商品もあります。 リン酸塩水溶液で加水して、グレーズで大きくしますので、冷凍状態ではとても大きな海老にみえるのですが、実際は、、、、、、、。 あれ?と言う事になります。 この行為は加工会社が儲けようとしている、と言うよりも末端販売単価を安くしないと売れない、と言う現実から起こっている様に感じます。 結局、安くて沢山入っている様に見える方がお客さんが買ってくれるって事です。 (次にもう一度買ってくれるかという事は別ですが、、、)ただ、最近は加熱後に生っぽく見える程の加水は行なわない事が多いと思います。 (単純に次に買ってくれないから) 海老は加熱すると硬く(小さく)なってしまいます。 その為、適度の加水を行なったムキエビの方が調理後プリプリ感が残ると言う現実もあります。 殻つきの海老は基本的には加水出来ません。 (全く方法が無いわけではありません。 )加水された海老がお嫌いであれば、から付き海老を使用される方が良いかも知れません。 その代わり単価は上がります。 ついでですが、から付き海老や加水されていない海老を調理すると硬くボソボソになる事があります。 どうしても料理屋さんで食べる海老の食感とは違います。 加熱の仕方も当然大切なのですが、料理屋さんも加水工程を行っている事も原因です。 ただ、料理屋さんはリン酸塩水溶液で重量を増やす為の加水はしません。 美味しくするための加水です。 中華の代表的な方法は卵白・片栗粉・調味料(下味を海老の身に入れる為に塩やダシ等)・水を混ぜた物に剥いた海老を入れて水溶液を海老に加水します。 洋食屋さん等のエビフライは重曹・塩・水ではないでしょうか。 長くなってしまいましたが、品質は価格に比例する、と言う事の様に感じております。 エビの種類と色に関しては、他の方が詳しい解答を書かれていますので、生っぽい、と言う件に関して記載します。 買われた海老は1尾づつ冷凍になったムキエビではないでしょうか?海老の周りに氷が付いており、袋等に入って冷凍ケースで販売されている商品ではないでしょうか? 生っぽいのはリン酸塩という食品添加物の水溶液に浸漬して、水分(水溶液)を吸収させた海老だと思います。 リン酸塩は保水(読んだ通り、水を取り込み保つ)効果がある食品添加物です。 この水溶液に漬けますと、単純に水溶液で海老...

次の

じゃがいもの茹で方と茹で時間【基本は皮付き水から!時短ならレンジで】

えび 茹で 時間

エビのゆで加減、オムレツの焼き加減などは料理ではかなり熟達していないと 難しいですね。 たいていの寿司屋では、茹でエビよりも甘エビの方が美味しいですが、一部の 技術のある寿司屋では茹でエビの方が美味しいところもあります。 一番いいのは生でも食べられるエビを1分くらい茹でることです。 ほんのり中央部に生のところが残っているのがベストです。 しかしながら、エビ、蟹、貝類は食中毒が出やすい食材であり、 いつも上記のような状態の良いものが手に入るとは限りません。 ですから、素材の具合により、普通の素材で3~4分程度、ちょっとヤバい素材で 6~8分程度がいいのではないでしょうか? 茹でるときは2~3%くらいの食塩水にしてください。 食塩はタンパク質を凝固させ、うま味を逃さない作用があります。 A ベストアンサー 茹でエビですね。 私のやり方ですが・・・ 1:冷凍を水で完全に戻す。 2:筋切りというかエビの腰は切らない、折らない。 (切れ目に熱湯が侵入して早く火が通る。 硬くなるし縮みやすい) 3:背ワタをとって、塩と片栗粉で揉んで汚れを落とす。 4:水気をふき取り、再度軽く、ごく軽く片栗粉をまぶす。 (面倒ならここはやらなくても良い。 後々の調理によっては片栗粉が邪魔な場合もあります) 5:沸騰したお湯の火を弱め、ボコボコにならないようにする。 6:エビを投入。 決して沸かさない。 湯で時間は大きさによっていろいろです。 エビが常温に戻っていれば1~2分程度でしょうか。 (新鮮なエビではなく冷凍ものなので火の入れ具合は慎重にしてください) 茹で時間はいろいろ試してみてください。 A ベストアンサー >何分?何時間すれば使ってもいい状態になるのですか? プリプリ海老にしたいなら多少手間がかかります。 基本は塩分濃度1%(水1リットルに対して塩10グラム)の水にあれば重曹(タンサン)を塩の半分程度加え、海老を入れます。 時間に余裕がある場合、冷蔵庫に入れて10時間以上すると解凍出来ているはずです。 そんなに気長に待てない場合は(大抵こうですが)室温で1時間で使えるでしょう。 業務用で大量に解凍する場合、夜のうちに袋のまま冷蔵庫に移し翌朝流水で解凍しますが塩水につけたほうがおいしいです。 >お湯で強制的に解凍するのはだめですか?電子レンジはだめですか? そのまま茹でるなら冷凍状態で茹でても食べられますが、温度が下がるとゆで汁に旨みが流れ出ます。 たっぷりのお湯で茹でてください。 レンジでの解凍はややパサ付くように感じます。 どんなに性能が良くても塩水漬けには負けるでしょう。 解凍モードでごく短くして、補助的な使い方のほうがいいと思います。 解凍してそのまま使うと臭みとかは大丈夫ですか? カラ付きはそのまま調理するでしょうが、ムキ海老の場合はひと手間加えると臭みが取れます。 中華料理ではボールに入れたムキ海老に塩・片栗粉を適量振ってよく揉みます。 するとエビの汚れが落ちて、海老が白っぽくなり臭みも減ります。 汚れや片栗等をしっかりと流水で洗い流してください。 よく水分を絞ってから料理に使ってください。 中華料理では下味処理で卵白・片栗粉・調味料などで薄衣をつけるので加熱しても海老チリなどはプリプリです。 ご参考までに >何分?何時間すれば使ってもいい状態になるのですか? プリプリ海老にしたいなら多少手間がかかります。 基本は塩分濃度1%(水1リットルに対して塩10グラム)の水にあれば重曹(タンサン)を塩の半分程度加え、海老を入れます。 時間に余裕がある場合、冷蔵庫に入れて10時間以上すると解凍出来ているはずです。 そんなに気長に待てない場合は(大抵こうですが)室温で1時間で使えるでしょう。 業務用で大量に解凍する場合、夜のうちに袋のまま冷蔵庫に移し翌朝流水で解凍しますが塩水につけたほ... A ベストアンサー 量的にはたくさん茹でるのでしょうか。 殻つきで茹でるのですが、そのまえに 背ワタをとることは、ご存知であることを 前提にして書きますね。 1 ボウルにえびと片栗粉少量を同時にいれ しばらくもんでください。 そして洗ってくださいね。 臭みがとれます。 2 海老の量にもよるのですが、家庭ですからそんなにたくさん ではないですよね。 鍋に400リットルぐらいの水に、塩を親指と中指と人差し指で すくいあげたくらいの量(小さじ1 と酒大匙2くらいをいれ、それに海老をいれ煮立ててください。 一分ぐらいの時間です。 ここで沸騰させると 海老が固くなりますのでね。 3 2 をですね、海老をいれたまま人肌ぐらいまでさましてください。 余熱で海老に火がはいります。 そうしたらひきあげてくださいね。 ぷりぷりだと思います。 ばさばさになるのは、熱のいれすぎです。 海老を茹でるのは割合に難しいものです。 時間の勝負ですよ。 上記のような方法と、茹でたときに 一瞬海老が浮くときがあります。 そこが目安ですぐに火を止め ざるにあげて、余熱で火を通す方法もあります。 参考になりましたでしょうか。 殻つきで茹でるのですが、そのまえに 背ワタをとることは、ご存知であることを 前提にして書きますね。 1 ボウルにえびと片栗粉少量を同時にいれ しばらくもんでください。 そして洗ってくださいね。 臭みがとれます。 2 海老の量にもよるのですが、家庭ですからそんなにたくさん ではないですよね。 鍋に400リットルぐらいの水に、塩を親指と中指と人差し指で すくいあげたくらいの量(小さじ1 と酒大匙2くらいをいれ、それに海老をいれ煮立ててくださ... Q 最近一人暮らしを始めて料理初心者なりに自炊を頑張っているのですが、複数の基礎本を見ても細かいことまで載っておらずわからないことだらけです。 ボイル済み 身が赤くなっている の冷凍むきエビが冷凍庫にあります。 このボイル済み冷凍むきエビの解凍の仕方は、ボイルしていない冷凍むきエビと同じように流水で解凍していいのでしょうか? また、普通こういうものは下味処理など何もせずにただ茹でてあるだけですよね?背腸をとったり下味処理までやってくれているものなのでしょうか?パッケージには特に記載はありません。 それから、全部をエビチリに使うのは多いので、別のエビ料理も作ろうと思うのですが、保存(お弁当用など)できるオススメがあれば教えていただけるとありがたいです。 簡単にできるものだとなお嬉しいです 笑 たくさん質問してすみません。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー ボイル済みの冷凍えびを美味しく召し上がりたいのですね? 流水や電子レンジ、自然放置、冷蔵庫内放置ではえび(肉でも)の体液が流出して素材が駄目になります。 専用の解凍庫を使うのなら別ですが、一番良いのはそのえびを包んでいるラップに穴が開いていないか如何かを確認して(穴がある場合、或いは安全に行うならそのまま別のポリ袋に入れて空気を出来るだけ抜き口をきちんと縛ります。 )から。 そのえびの袋が十分浸かるくらいのボールに氷水を(水道水に沢山氷を入れる)作りそこへえびの袋を沈めます。 浮くようであれば何でも構いませんから重石をしてください。 料にもよりますがエビチリ用ブラックタイガー20匹位であれば40分から1時間半位で少ししゃりしゃり感のある位に戻ります。 (温度はー2度前後です)それでOK。 それから調理します。 生のえびと同じように扱え、体液などが滲み出て不味くなるような事はありません。 余談ですが冷凍のまま仕上げるという事も出来ます。 エビチリはソースを使う故とあまりえびを長い間熱すると身が固くなって不味くなるので不向きですが、冷凍の魚の切り身(例えば鮭や鰤など)或いはステーキ肉は上手に焼けます。 (但し厚みが2センチ位まで) 冷凍のままくっつき難いフライパンに入れ隙間の無い蓋をして2分強火で焼きます。 火を止めてそのまま3分以上蒸らして出来上がり。 氷水を使って解凍する方法は専門の業者も行います。 昔TVで公開されたこともありました。 これで素材の旨みは逃げません。 流水や自然解凍、レンジでチンなどは最低。 えびの背腸はジャリっと食感を損ないますので、必ず竹串を使って(丸くなっている背中の一番小高いところに横から竹串を挿します。 背腸は黒く、或いは茶色く見えているのでその下を潜らせる位に竹串を挿し、反対側へ突き抜けさせて、そっと竹串を持ち上げると頭と尾の方から同時にずるりと竹串にくっ付いて抜けてきます。 途中千切れたらその部分をやり直してください。 中には腸の中身の無い透明なのもありますが念のため取った方が良いと思います。 ) お時間が有ればきちんと処理したえびで美味しく召し上がって頂くことが一番ですね。 生のえびの調理前の処理方法がえびチリソースの素の箱に書かれていますからこうして解凍したえびもそれに従ってください。 ボイル済みの冷凍えびを美味しく召し上がりたいのですね? 流水や電子レンジ、自然放置、冷蔵庫内放置ではえび(肉でも)の体液が流出して素材が駄目になります。 専用の解凍庫を使うのなら別ですが、一番良いのはそのえびを包んでいるラップに穴が開いていないか如何かを確認して(穴がある場合、或いは安全に行うならそのまま別のポリ袋に入れて空気を出来るだけ抜き口をきちんと縛ります。 )から。 そのえびの袋が十分浸かるくらいのボールに氷水を(水道水に沢山氷を入れる)作りそこへえびの袋を沈めます... A ベストアンサー 凍ったまま加熱すると旨みが全部流れ出し、スカスカのエビになります。 できれば冷凍庫から冷蔵庫に移し半日~1日ほど時間をかけて、ゆっくり解凍することです。 さらに、このとき0. 5~2%程度の塩水につけておくと生と間違えるほど非常にプリプリした食感になります。 手早くやりたいなら、1~2時間塩水につけて戻します。 急ぎなら、ビニール袋などに入れて口をしっかり縛り、流水で解凍して使いましょう(多少時間があるなら、その後塩水に30~40分ほどつけてから使います)。 なお、解凍方法は、殻付きでも剥き身でも基本的には一緒です。 また、解凍した後に、片栗粉や料理酒をエビの身にまぶして軽く揉んで、2~3回水洗いすると余計なアクなどが抜け、いっそう美味しく食べることができます。 A ベストアンサー エビの種類と色に関しては、他の方が詳しい解答を書かれていますので、生っぽい、と言う件に関して記載します。 買われた海老は1尾づつ冷凍になったムキエビではないでしょうか?海老の周りに氷が付いており、袋等に入って冷凍ケースで販売されている商品ではないでしょうか? 生っぽいのはリン酸塩という食品添加物の水溶液に浸漬して、水分(水溶液)を吸収させた海老だと思います。 リン酸塩は保水(読んだ通り、水を取り込み保つ)効果がある食品添加物です。 この水溶液に漬けますと、単純に水溶液で海老の重量が増えますので、販売単価を安くする事が出来ます。 この行為を極限まで行なうと加熱しても透明のままです。 もちろん熱は通っているのですが、見た目は生で、食感はゼリーと言うかグミと言うか、プヨプヨと言うか、、、、。 まあ、単純に海老の味は全くしません。 しかし保水しているので、加熱後も重量があまり変わりません。 (小さくなりません)それなのに、冷凍のムキエビは過熱すると急に小さくなりませんか? リン酸塩で保水(と言うか加水)して小さくならない海老が小さくなるのは冷凍状態で海老のまわりに付いていた氷があまりにも多いからです。 この氷はグレーズと呼ばれ、本来は冷凍状態で商品の表面が乾燥しないように氷で商品を覆ってあげる技術です。 本来は商品重量の3%前後氷を付けてあげます。 しかし、ムキエビなどは20%、30%のグレーズをかけた商品もあります。 リン酸塩水溶液で加水して、グレーズで大きくしますので、冷凍状態ではとても大きな海老にみえるのですが、実際は、、、、、、、。 あれ?と言う事になります。 この行為は加工会社が儲けようとしている、と言うよりも末端販売単価を安くしないと売れない、と言う現実から起こっている様に感じます。 結局、安くて沢山入っている様に見える方がお客さんが買ってくれるって事です。 (次にもう一度買ってくれるかという事は別ですが、、、)ただ、最近は加熱後に生っぽく見える程の加水は行なわない事が多いと思います。 (単純に次に買ってくれないから) 海老は加熱すると硬く(小さく)なってしまいます。 その為、適度の加水を行なったムキエビの方が調理後プリプリ感が残ると言う現実もあります。 殻つきの海老は基本的には加水出来ません。 (全く方法が無いわけではありません。 )加水された海老がお嫌いであれば、から付き海老を使用される方が良いかも知れません。 その代わり単価は上がります。 ついでですが、から付き海老や加水されていない海老を調理すると硬くボソボソになる事があります。 どうしても料理屋さんで食べる海老の食感とは違います。 加熱の仕方も当然大切なのですが、料理屋さんも加水工程を行っている事も原因です。 ただ、料理屋さんはリン酸塩水溶液で重量を増やす為の加水はしません。 美味しくするための加水です。 中華の代表的な方法は卵白・片栗粉・調味料(下味を海老の身に入れる為に塩やダシ等)・水を混ぜた物に剥いた海老を入れて水溶液を海老に加水します。 洋食屋さん等のエビフライは重曹・塩・水ではないでしょうか。 長くなってしまいましたが、品質は価格に比例する、と言う事の様に感じております。 エビの種類と色に関しては、他の方が詳しい解答を書かれていますので、生っぽい、と言う件に関して記載します。 買われた海老は1尾づつ冷凍になったムキエビではないでしょうか?海老の周りに氷が付いており、袋等に入って冷凍ケースで販売されている商品ではないでしょうか? 生っぽいのはリン酸塩という食品添加物の水溶液に浸漬して、水分(水溶液)を吸収させた海老だと思います。 リン酸塩は保水(読んだ通り、水を取り込み保つ)効果がある食品添加物です。 この水溶液に漬けますと、単純に水溶液で海老...

次の

意外と知られていない!? 「正しい枝豆の茹で方と茹で時間」

えび 茹で 時間

料理やお弁当の彩りを添える野菜としてお馴染みのブロッコリー。 ブロッコリーのおいしさを左右するのは何と言っても歯ごたえ、つまり 「茹で時間」ですよね。 巷では「2〜3分が目安」「5分以内」など、さまざまな意見がありますが…一体何分がベストな茹で時間なのでしょうか?いつも何気なく食べているブロッコリーを一番おいしい状態でいただくために、今回は茹で時間のベストタイムを徹底的に検証してみました! 【茹で方】茹で時間が異なる6種類のブロッコリーをご用意 まずは茹で方。 6通りの計測時間に分けて同じ条件 (お湯の温度や切り分ける大きさなど)のもと、ブロッコリーを茹でていきます。 房を食べやすい大きさに切り分け… 塩水でもみ洗い。 ストップウォッチをスタンバイ! お湯が沸騰した鍋にブロッコリーと小さじ1の塩を入れ、茹で時間を変えて調理します。 そして、茹で上がったブロッコリーがこちら。 固めのものから柔らかめのものまで、食感が異なるブロッコリーたち。 色や形に大きな差は見られません。 レシピサイトなどで一番多く見られたのは「2〜3分」、次いで「1分30秒」。 なかには「5分」という意見も。 というわけで、今回は 1分30秒/2分/2分30秒/3分/3分30秒/5分の6種類で比較検証をしてみたいと思います! 茹でたブロッコリーを男女4人に試食してもらいました! 1人の食べ比べだと好みによって偏ってしまうので、今回は好みの異なる男女4人に召し上がっていただき、それぞれ好みの食感のブロッコリーを選んでもらうことに。 その平均を出して、ブロッコリーのベストタイム(=誰が食べてもおいしいと感じる茹で時間)を決定したいと思います! 果たしてベストタイムは何分何秒なのか!? 忙しい平日の夜に 「ブロッコリーを食べてもらえませんか?」というふわっとしたオファーに快くお集まりいただいたのはこちらの慈愛精神に溢れる4人。 ほぼ毎日自炊しているという女子力高めの浅原怜美さん(26歳)。 「お弁当も作っているので、時間が経ってもおいしくブロッコリーが食べられる、自分なりのベストタイムを見つけたいと思います!」とやる気満々。 普段から料理をされているからこそ、厳しくジャッジしてくれそうです。 関西出身、現在都内でWEBデザイナーとして活躍中の竹原博之さん(35歳)。 「ブロッコリーって、自分から積極的に食べることがないんですけど、そんな僕でもおいしいと思えるブロッコリーに出会いたいです」。 竹原さんも、ご自身で料理をされるそう(素敵!)。 ぜひ次回料理をする際には食材としてブロッコリーも加えていただけるよう、ベストタイムをここで明確にできることを願います。 「実は私、料理全然しないんですけど…」と前置きしたうえで、「でも食べることは大好きです!」とすかさずフォローを入れる編集者の三瓶美寿穂さん(23歳)。 「野菜も苦いのはそんなに好きじゃないので、甘くておいしいブロッコリーがどうやったらできるのか気になります」と味のジャッジに関しては心強い限り。 4人目の石澤好則さん(35歳)は、ご自宅で料理をするパパ。 「ブロッコリーって、食感の好みが硬い派と柔らかい派に分かれると思うんですよ」と持論を展開。 「柔らかいブロッコリーが出てくると、ツッコミを入れたくなる」という強いこだわりをお持ちのよう。 これまた厳しめなジャッジに期待です! ズラリと並んだ6種類のブロッコリーを目の前に、一同 「見た目はあんまり変わらないね…」とボソリ。 「そもそもこの企画は成り立つんだろうか…」と不安そうな表情です。 でも、おかまいなしにいきましょう。 まずは先入観を取り除くため、1分30秒茹でたブロッコリーがどの皿かだけ発表して、残りの5種類は茹で時間を知らせずに食べ比べていただきます。 いざ実食!ブロッコリーを食べ比べ (一見キラキラした飲み会のような絵図ですが、テーブルの上にはブロッコリーのみです) さて1皿目は、基準となる1分30秒。 パクッとひと口。 皆さん、いかがですか? 「ん!? 1分30秒って意外と固いですね…」 「芯が固め。 コリコリしていて、食べ応えがありますね。 僕は好きですよ」 「私はもう少し柔らかいほうが好きだなぁ〜」 続く2皿目。 ここからは、茹で時間を知らせずに食べていただきます。 「房の部分がほろほろほどける感じ。 食感を楽しむなら1皿目ですね」 「甘さが1皿目より増していて、私は好きです!」 1皿目より程よく残っている固さがちょうどいいという方と、物足りないという方がいました。 どうやら好き嫌いが分かれたよう。 さて、どんどんいきます! 3皿目。 もぐもぐしながら首をかしげる姿がちらほら。 「1分30秒よりも固い気がする。 なんかゴワゴワしない?」 「んー房の部分が固いな…」 続いて4皿目。 口に入れた瞬間、一同口を揃えて… 「柔らかっっ!!! 」 「これ好き! ふにゃふにゃで柔らかくて、甘い!」 「ペペロンチーノに入っているブロッコリーってこういう食感ですよね。 茎まで柔らかくて」 「お菓子みたいな甘さと食感だな〜」 「老若男女向けのブロッコリーですね」 4皿目は見た目も房の部分が若干崩れており、食感も最もわかりやすく違ったようです。 そして5皿目。 先ほどの柔らかさでの反動か、固い食感との意見が多数でした。 時折、他のお皿のブロッコリーと食べ比べながら、慎重に吟味を重ねます。 「固めだった3皿目と比べると、こっちのほうが歯ごたえがありますね」 「うん、こっちのほうがアゴが疲れる固さ(笑)」 最後の6皿目。 「5皿目より食べやすいけど…。 歯ごたえはさっきの(5皿目)のほうが好きかな」 「シチューに入れたり他の料理と和えたり、もうひと手間加えるなら、このくらいの茹で加減がちょうどいい気がする」 食べ比べつつ話し合いを進めていくうち、固さや甘さの好みで判断が分かれそうな気配。 果たして、皆さんなりのベストタイムはいかに? 最適な茹で時間は? ブロッコリーのベストタイムに決着を! それでは、1人ずつ一番「最適」だと思ったブロッコリーを発表していただきましょう! 「私は最後に食べた6皿目が好みでした! 最初に食べた1分30秒のブロッコリーだと、房の部分に青臭さが残ってた。 4皿目は柔らかすぎ。 茹ですぎると栄養素が外へ出てしまうんじゃないかと思うし…。 ちょうどいいのが6皿目でした」 「僕は最初に食べた1分30秒が好きですね。 固さや歯ごたえがちょうどよくて、茹でたブロッコリーをそのまま食べるにはベストかなと思います。 あとデザイナー的視点で言うと、色や房の密度がもっとも美しいのも 1分30秒のブロッコリーだと思います。 おいしいものは、やはり見た目も美しいのではないでしょうか」 「私は柔らかめのブロッコリーが好きなので、4皿目。 緑色の野菜って苦味が強いイメージがあるけど、このブロッコリーは食感も甘さも好みで、すごく食べやすかったです」 「僕も竹原さん同様、ベストタイムは最初の 1分30秒ですね…。 歯ごたえがおいしさを左右すると思います。 柔らかすぎず固すぎず、房の部分が口の中でほどける感じもボロボロと口の中で散らかる感じではなくて、食感も残っていて一番ちょうどいい気がします」 4人の結論が出たところで、6皿すべての茹で時間を発表。 \答え合わせ/• 2皿目:3分• 3皿目:2分30秒• 5皿目:2分• 1分30秒が一番茹で時間が短いの?」 「4皿目はやっぱり茹で時間が長かったね」 などなど、4人からは驚きと納得の声が。 さて結果はというと、びっくりするくらい票が割れました。 4人それぞれのベストタイムを平均すると 2分52. 茹で時間によって印象もガラリと変わるブロッコリー。 いただく料理やシーンに合わせて、さまざまなブロッコリーの食感を楽しんでみてくださいね! お湯を注ぐだけであっという間に親子丼が完成! アマノフーズ の『小さめどんぶり 親子丼の素』は、和風だしがきいたふわふわ卵がポイントです。

次の