シンガポール に い ます。 【世界ひとり飯(16)】シンガポールのローカルなミシュラン店のポークヌードルは並んでも食べたい!

シンガポールの観光名所 [シンガポール] All About

シンガポール に い ます

デザインはオフィスカジュアルにも対応できるような、シンプルで普段使いしやすいものが多く、価格もリーズナブルです。 シンガポールで生活をしている方は、コンドミニアムに備え付けの洗濯機で洋服を洗濯をすると、縮んでしまったり素材が劣化してしまった経験があるかと思います。 シンガポールでは、暑い中でも快適に着られ、洗濯機でガシャガシャ回しても気にならない普段使いしやすい服が重宝すると思います。 ユニクロやZARAの服もいいですが、シンガポールに滞在中は、シンガポールブ… 最近、アメリカでの黒人差別問題が社会問題になってますよね。 白人警官が黒人男性を殺害した事件は、かなり衝撃的でした。 ちょっと前まで新型コロナでアジア人が諸外国で差別や暴行を受けることもあり、 それに対してアジア人が「私は中国人じゃない!」と反抗したりと、それはそれで問題じゃないかと考えることもありました。 最近、そういう人種や肌の色などのアイデンティティ問題が多くなってきたなと感じます。 新型コロナで各国が国境を閉じ、グローバルな世界からインターナショナルな世界に逆行した印象です。 今、世界中の人々がアイデンティティについて考えているのではないでしょうか。 そういう時、ぜひ読んで頂きたい小説… 「海外生活ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

【世界ひとり飯(16)】シンガポールのローカルなミシュラン店のポークヌードルは並んでも食べたい!

シンガポール に い ます

シンガポール観光情報• シンガポール アジア有数の経済大国であるシンガポールには、近代的な繁華街、高級リゾートや外国人街など、それぞれ特徴を持った観光エリアが点在。 行く場所ごとに、同じ国とは思えないほどさまざまな顔を見せてくれるのです。 寺院 イスラム教のモスク、仏教やヒンドゥー教の寺院など、シンガポールには特色豊かな宗教の寺院が点在しています。 壮麗な建物や美しい装飾が施されているものも多く、目にも艶やか。 観光でもぜひ訪れたいスポットです。 シンガポールの文化 シンガポールは多民族国家。 チャイナタウンやアラブストリートなど外国人街も多く、さまざまな文化が混じり合って独特の進化を遂げています。 英語がローカライズされた「シングリッシュ」などは象徴的です。 (アラマ!) 食べる Makan(マカン) 英語が独特に変化した「シングリッシュ」が特徴です。 2~10月が乾季、11~1月が雨季にあたり、比較的雨が少ないのは6~8月です。 シンガポールの服装 基本的には日本の夏の服装で大丈夫。 ただし、冷房対策用に羽織れるものを用意して。 ビジネス目的で訪れる外国人も多いので、レストランなどではTPOをわきまえた服装を。 シンガポール 約2,500室の客室を完備した巨大ホテルです。 庭園や屋外プールなどの設備を用意したサンズスカイパークは57階。 地上200メートルにそびえたつ天空の楽園です。 シンガポール ラグジュアリーな内装が自慢のホテルは、すべての客室に開放感あふれる大きな窓を設置。 自然との調和をコンセプトにしたロビーは、ゴージャスの一言に尽きます。 シンガポール シンガポールリバーのほとりにあるリバーサイドホテル。 高層ビルが織りなす摩天楼は、まさにこの国ならではの風景。 ビジネス街や金融街から近く、ビジネスにも最適です。 シンガポール シンガポールのグルメを思う存分堪能できるバレスティア通りや、国内有数の繁華街オーチャード通りからもすぐ。 シンプルながらモダンなインテリアの客室がおすすめです。

次の

シンガポール基礎データ|外務省

シンガポール に い ます

シンガポールリバーの様子。 川沿いは、マーライオン公園、ボートキー、クラークキーなど様々な表情を見せてくれます。 東京23区ほどの国土しかないシンガポールですが、主産業の一つが観光ということもあり、実は見どころが満載の国。 まず、シンガポール旅行ビギナーには、定番観光スポット巡りがおすすめ。 狭いシンガポールなら、短期間の日程でもこれからご紹介する定番観光スポットを充分満喫することができます。 2回目以降のシンガポール旅行やちょっと余裕のある旅行日程なら、記事後半で紹介していきます、ガイドおすすめの観光スポットにも足を運んでみて! よりシンガポールという国を理解し、楽しむことができるでしょう。 シンガポールの定番観光スポット ラッフルズホテル名物のドアマン。 どのガイドブックにも必ずと言ってよいほど彼の写真が掲載されています。 記念撮影にも快く応じてくれますよ! ここは絶対に外せない!という定番観光スポットは、もちろんシンガポールにもあります。 マーライオン、ラッフルズホテルなどの有名スポットは、シンガポール旅行の経験がない人でも一度は耳にしたことがあるでしょう。 また、定番観光スポットは写真栄えするところばかり。 足を運ぶ際はカメラをお忘れなく。 ただし、ナイトサファリではフラッシュ撮影が禁止されていますのでご注意ください。 定番観光スポット1 マーライオン公園 マーライオン公園には「良い「気」がある」と地元の人たちにも一目置かれています シンガポールと言えばマーライオンを思い浮かべる人が多いのでは? その位、マーライオンはシンガポールのシンボルとして有名ですよね。 その一方、以前は「世界3大がっかり名所の一つ」などと言われたこともありました。 しかし2002年に新しいマーライオン公園が完成してからは汚名を見事に返上! 今やシンガポーリアンから観光客まで沢山の人々が毎日訪れる人気観光名所となっています。 シンガポールという国名の由来であるシンガ(サンスクリット語でライオンの意)と魚(世界有数の貿易港なので海をイメージさせる物として)を合体させ、1972年にこのマーライオンは誕生しました。 当初はエスプラネード橋の川寄りにありましが、120メートル海側へ移動した現在は、より広く開放感のある新しい公園の中心で勢いよく水を噴出しています。 夜もライトアップされて美しい姿が楽しめます。 お土産探しにもおすすめ! 多民族国家シンガポールでは様々な人種が暮らしており、もちろん宗教もそれぞれ違います。 そんなシンガポールの姿が実感できるのが各宗教の寺院巡り。 特にアラブストリートの象徴的な存在、サルタン・モスクはイスラム教徒だけでなく世界各国からやってきた観光客が訪れるスポットです。 毎週金曜日の特別礼拝の時間以外は16時まで見学ができます。 ただし、タンクトップやミニスカートなどは肌を露出した服装はNG。 大きな声でおしゃべりしたり、走ったりすることも厳禁です。 郷に入れば郷に従え、マナーを守って見学するようにしてください。 お土産にもおすすめです シンガポールの歴史や観光を語る上で欠かせない存在の名門ホテル、ラッフルズホテル。 1887年、アルメニアの商人サーキース兄弟が大邸宅を改装し、レストラン&ホテルとしてオープンさせたのが始まりです。 現在まで、チャーリー・チャップリンやイギリス人作家のサマセット・モームなど、そうそうたる常連客を迎え入れてきました。 ラッフルズホテルに宿泊することが出来れば一番ですが、もし叶わなくても是非シンガポール滞在中に足を運びたい場所です。 緑豊かな敷地とコロニアル調の美しく凛としたたたずまいが調和した、品と風格を感じさせるラッフルズホテル。 時間をかけてのんびり散策したいホテルです。 沢山のネイチャースポットがありますが、動物好きの人におすすめしたいのがシンガポール動物園です。 ここでは、動物を檻に閉じ込めるのではなく、出来るだけ自然に近い形で動物が暮らし、そして私たち人間がその姿を観賞できるようにオープンスタイルをとっています。 オープンスタイルとは、堀や高低差などによって動物たちと人間の境界線を作るスタイルのこと。 中にはオランウータンなど園内を自由に回遊している動物までいるんです。 ですから皆さんも、動物たちの生き生きとした表情をきっと間近に見ることが出来るでしょう。 夜のジャングルへ迷い込んだような錯覚に陥る異空間です 動物と言えばナイトサファリも外す事はできません。 シンガポール動物園の隣にあるナイトサファリは世界でも珍しい夜間専用の動物園。 40ヘクタールの広大な敷地では、夜行性の動物たちを中心に1500頭を超える動物が飼育されています。 ナイトサファリに行ったら、まずはトラムに乗って園内を周ってみましょう。 日本語ガイドが乗車する専用トラムもあるので英語が苦手な人でも安心。 乗車時間は約45分。 下車後は2. 8キロの徒歩コースを歩いてみてください。 トラムのルートでは見られない動物たちを徒歩コースでカバーできます。 なお、カメラのフラッシュは禁止ですので、撮影の際はお忘れなく。 バス、タクシー、ケーブルカー、モノレールといろいろなアクセス方法があり気軽に行けるリゾートアイランドです。 2009年8月にオープンしたシンガポール初のスポーツ・アドベンチャー・パーク、メガジップ・アドベンチャー・パーク。 スパ併設の水族館、アンダー・ウォーター・ワールド。 島の中心にある展望スポット、マーライオン・タワー。 珍しいピンクいるかのショーが見られる、ドルフィン・ラグーン。 全長650メートルのコースをゴーカートのようなブレーキ&ハンドル付きのリュージュで滑り降りる東南アジア初の本格的なリュージュ施設、セントーサ・リュージュ&スカイライド。 充電式立ち乗り二輪車のセグウェイに乗れる、セグウェイ・セントーサ。 ……この他にも沢山のアトラクションがあり、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 おすすめのスポットです ガイドブックでは大々的に取り上げられてはいないけれど、シンガポール定番観光スポットを巡った後に是非足を運んでほしいガイドお勧めのスポットをご紹介します。 2回目のシンガポール旅行の人や時間に余裕がある人、また定番中の定番には興味がないと言う人に参考にして頂きたいと思います。 昔は学校だった白亜の建物だけでも存在感のある博物館。 エントランスを入ると吹き抜けのロビーが目の前に広がり、ヨーロッパの瀟洒な美術館のような雰囲気です。 この博物館では、プラナカンと呼ばれる14~15世紀頃にマレー半島にやってきた中国系移民の子孫とその文化を様々な展示品とともに紹介しています。 マレーをはじめ、オランダ、イギリスなどの文化が融合した独特のプラナカン。 シンガポールらしいミックスカルチャーが体感出来る博物館です。 1971年オープンと歴史は古いですが、リニューアルが行われ装いも新たにパワーアップしました。 20ヘクタールもの広大な敷地に約600種、9000羽の鳥たちが飼育されています。 タカやワシなどの猛禽類によるショーや世界一の高度を誇る人口滝を有する世界最大の鳥かごなど、ここにしかない珍しいアトラクションが満載です。 園内は広いですがモノレールで移動できるので小さなお子さん連れでも安心。 1859年に開園したボタニックガーデン。 150年もの長い間、地元の人たちの憩いの場所として、また、観光客に人気のスポットとして親しまれてきました。 開園以来、何度もリニューアルが行われ、常に進化し続けています。 フードコート、カフェ、レストラン、ショップ、野外ステージ、子供専用公園など様々な施設があり一日いても飽きない植物園です。 ここでは日本人のボランティアガイドが、毎月第1土曜日と奇数月の第2水曜日、いづれも10時から約1時間半のガイドツアーを開催。 予約の必要はなく、参加希望者はビジターセンターに行けばOK。 誰でも気楽に参加できます。 しかし、昔ながらのボートでのんびりと川をクルージングすれば、岸からの眺めとは違った表情が楽しめるはずです。 シンガポールリバー沿いには数々の名所があり、見どころも満載。 おなじみ、マーライオンも真正面から見られるのはクルーズだけ。 マーライオンの前ではしばらく停まってくれるので、写真撮影も問題ありません。

次の