手の甲 赤い。 黄色はストレス、では白、赤、青は? 手の色でわかる心の不調

手のひらが赤い:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

手の甲 赤い

女性って、相手の服装や髪形だけでなく、必ず手にも視線が行きますよね。 いくら顔が若々しくても手が醜かったら「えっ」って思いますもの。 「手を見れば実年齢が分る」なんて言う人もいますからね。 だからこそ、自分の手も気になるものです。 ところが私はある日、右手の甲の血管がボコッと浮き出ている事に気づいてギョッとした事があります。 見た目も気になりましたが、何より「まさか、何かの病気?」と不安にもなりました。 そこで、病気の可能性も含めて「血管が浮き出る原因」について調べてみたのです。 すると、手の血管が浮き出るのは7つの原因がある事が分りました。 本日はこの7つの原因と、血管が浮き出てしまった場合に、自分でやれる可能な限りの改善策について記載します。 最後に、私の体験談で効果的なハンドケアを紹介します。 ぜひ、参考にされて下さいね。 Contents• 手の甲の血管はなぜ浮き出るのか? 手の甲の血管が浮き出るという症状は、年齢に関係なく、多くの女性が抱える悩みの1つです。 ですが、老化現象の1つでもあるため、やはり40代以降に多くなります。 あと調べたところ、手の甲の血管が浮き出るという症状は医学用語で 「ハンドべイン」と呼ばれているそうです。 このハンドべインには7つの原因があります。 ハンドべインの原因• 病気の可能性• 加齢(老化現象)• 紫外線• ダイエット(痩せすぎ)• 手荒れなどの皮膚の炎症• ストレス• 遺伝によるもの 原因によっては改善できるものもありますので、それぞれ詳しく見て行きましょう。 まず、病気の可能性があるかどうかを見分ける方法がありますので試してみましょう。 病気の可能性を探る方法• 手を下に降ろします• ゆっくりと徐々に手を上げて行きましょう• 心臓よりも高く上げます 手が心臓よりも高くなった時に、降ろしていた時に浮き出ていた血管が見えなくなっていたら病気の心配はありません。 補足情報 血管が浮き出るだけでなく、 痛みが伴う場合は何らかの 病気が隠れています。 この場合はスグに医療機関を受診しましょう。 可能性のある病気• 血液がドロドロで血栓により血管が詰まっている状態が考えられます。 病名では動脈硬化や心臓系の病気が隠れている可能性が・・・ 医療機関を受診するなら何科に行くべきか?• 血管外科• 循環器外科• 総合診療内科 自分の手の甲の血管が浮き出ていることに気づいたら、最初に病気の可能性をチェックした上で正しい原因を探りましょう。 特に女性の場合、早い方は30代後半から見受けられ、40代を過ぎるとほとんどの方が経験する症状です。 加齢は老化の一種ですから避けて通れませんが、全く改善の余地がないわけではありません。 そこで、少しでも症状を改善できる方法を記します。 コラーゲン• エラスチン といった、お肌の弾力を支える重要な成分は加齢によりイヤでも減って行きます。 特に乾燥状態が長く続くと、手荒れを繰り返しやすくなるため悪循環を招きます。 さらに、今まで皮下脂肪で隠れていた血管が出やすくなります。 その結果、手の甲に血管が浮き出てしまうのです。 しなやかさを失った血管は血液を送る力が弱くなるため、血が滞留しがちとなり、血管が浮き出やすくなります。 なので、加齢による場合は・・・• コラーゲンやエラスチンを食事やサプリによって摂取する• 血管年齢を若返らせる食事を意識する。 手の乾燥や肌荒れを防ぐために保湿などのお手入れをする この3つが加齢による手の老化を遅らせ、血管が浮き出る症状を改善する事に役立ちます。 コラーゲン・エラスチンを摂れる食材 コラーゲンとエラスチン両方摂れる食材• 豚足(両方とも豊富に含まれています)• 牛スジ(プラスでコンドロイチンも含まれています)• 鶏手羽元&手羽先(ビタミンAも含まれています) コラーゲンが摂れる食材• フカヒレ(コンドロイチンも含まれています)• うなぎ(ビタミンB、ビタミンD、亜鉛、DHA,EPAなども含まれています)• エビ(タウリン、アスタキサンチンも含まれています)• すっぽん(ビタミンB、リノール酸を含みます) 調理方法としては煮物を推奨します。 煮物は煮汁にもコラーゲンが溶け出るため余す事なくコラーゲンを摂取できます。 なので、スープ仕立てのメニューがおすすめです! 重要事項 これらの食材と合わせて必ず ビタミンCを摂りましょう! コラーゲンを合成するためにはビタミンCが必要です。 ビタミンCが豊富な食材• 赤ピーマン• パセリ• 芽キャベツ• にがうり(ゴーヤ)• ケール• レモン• キウイフルーツ• いちご 補足ポイント 食材で取れない場合はサプリメントがおすすめです。 コラーゲンは夕食でとるのが効果的です• コラーゲンは睡眠中に生成されます 特に22時~2時の5時間は肌再生のゴールデンタイムと云われています。 この時間帯は質の良い眠りを心がけましょう。 Sponsored Links 血管年齢を若返りさせる食材 血管をアンチエイジングできる食材は 玉ねぎです。 玉ねぎは血液をサラサラにして血の流れを良くします。 ただし、食べ方には注意が必要です。 玉ねぎの効果的な食べ方 玉ねぎは皮をむき、切ってから最低15分から1時間は放置しておく必要があります。 理由は、玉ねぎの辛み成分、硫黄化合物が空気中の酸素と反応してトリスルフィドという血液サラサラ効果のある有効成分に変化するからです。 なので、玉ねぎは切ってスグに調理してはいけません。 また、水にさらすと辛みは取れますが、有効成分が水に流れてしまい、血液サラサラ効果が半減してしまいます。 ぜひ、そのまま使いましょう。 玉ねぎを使った万能アレンジ食材• 玉ねぎを薄くスライスかみじん切りにして30分ほど放置します• 瓶に詰めて、めんつゆとお酢を1:1の割合で注ぎます• さらに昆布茶を小さじ1杯と鰹節少々入れます 一晩立てば出来上がり! そのまま食べても、冷奴や湯豆腐の添え物や納豆に入れても美味しいですよ。 茹で立てパスタに胡麻油少々・なめ茸と共に絡めて、上から海苔を散らしてもイケます。 他にも 胡麻・ 玄米・ 大豆製品なども血管年齢を若返らせる効果があります。 積極的に取り入れたい食材ですね。 紫外線は手に限らず、お肌の老化を加速させるので厄介です。 なぜなら、紫外線はコラーゲンやエラスチンを減少させるからです。 ところが、手は顔に比べて紫外線対策やお手入れが不十分となりがちなのです。 すると、紫外線により手の甲の皮膚が痩せて行き、血管が浮き出やすくなります。 なので・・・• 手の甲にも 保湿の上でUVローションなどを塗りましょう• UVハンドカバーを使う場合は、 手の甲までカバーするデザインを選びましょう• 1年を通じて 手にも紫外線対策を施しましょう この3つを心がけるだけでも1年後、2年後と結果が違ってきますよ。 そして、うっかり紫外線を浴びてしまったら・・・ 手の甲にも保湿剤とビタミンC誘導体の入った美容液やクリームでお手入れをしましょう。 特に繰り返す手荒れは皮膚が痩せて、血管が浮き出る原因となるのです。 手荒れを招く主な原因として・・・• 長時間の水仕事(手袋を使いましょう)• 長期間、手を使う作業(合間に保湿ケアをしましょう)• 秋から冬にかけての乾燥や寒さ(手の冷え対策と保湿をしましょう)• アレルギーによるカブレなど(皮膚科での治療と皮膚の乾燥を避けましょう) 手荒れとなる原因を極力排除して予防に努めましょう。 荒れてしまった場合は放置せず、こまめにケアを行いましょう。 手の甲は身体の中で皮下脂肪が最も薄い部分です。 すると、痩せたことにより今まで皮下脂肪で隠れていた血管が目立つようになります。 特に、肌が色白の方は青い血管が目立つのは避けられません。 極端なダイエットは控えましょう! また、ダイエットを行う場合に短期間で体重を減らすと余計に皮下脂肪が落ちてしまいます。 どうしてもダイエットの必要がある場合は、適正体重となるまで1カ月1~2㎏のペースで少しずつ落とすことが大切です。 その際に必要な栄養素をバランスよく摂ることが、必要以上に皮下脂肪が落ちないポイントとなります。 例) この程度で済んで良かった コレだけで済んだなんてラッキー 私ってツイてるかも~ といった具合に、あえて前向きな言葉を声に出すことで気持ちをリセットしましょう。 また、湯船にお湯を入れ、ゆったりとバズタイムを過ごすと心身ともにリラックスして、ストレスをリセット出来ます。 湯船に好みのアロマオイルを入れるのもおすすめです。 また、思い切って仕事帰りに温泉施設や岩盤浴などで汗を流すのもストレス解消になります。 たとえば・・・• 病気でも加齢でもないのに血管が浮き出ている• いつも手のお手入れを欠かさず行っているのに血管が浮き出ている• 若いころから血管が浮き出ている さらに・・・• 母親や祖母が年齢に関係なく若い時より血管が浮き出ている• 血縁者に血管が浮き出ている人が多い この様な場合は家系的な遺伝である可能性が高いです。 遺伝の場合は残念ながら、どうしようもありません。 今の状態を改善する事はできませんが、ケアを心がけることにより、老化による更なる見た目の酷さを食い止めることは出来ます。 諦めずにハンドケアで現状維持に努めましょう。 私の場合(体験談) 冒頭にも書いたのですが・・・私は現在50歳で、ある日自分の右手の甲の血管がボコッと浮き出ている事に気づいてギョッとした一人です。 もしかして、右手の血管に詰まりがあるとか・・・何らかの病気のサイン?と不安になりました。 ですが、手を肩より上に上げると消えたので、病気ではなく加齢によるものですね(汗) お顔のお肌は気にしてそれなりにお手入れしておりましたが、手のお手入れは殆どして来ませんでした。 もちろん紫外線対策もしたことありません・・・(後悔) ただ、加齢によるものだとしても少しでも綺麗な手でいたいと思いました。 そこで、朝晩の洗顔とメイクのついでに手のお手入れも心がけるようにしました。 そしたら、ガザガザでキメの悪かった手の肌が見違えるように変りました。 キメが整う事で、血管が浮き出ていても手の甲の見た目の印象が今までよりも綺麗になったのです。 心なしか血管の浮き出具合も少しマシになりましたよ。 では、私が行ったケアをご紹介しますね! どのタイプにも使える手の集中保湿ケア 用意するもの• 保湿効果の高い化粧水&美容液• ビタミンC誘導体入りクリーム• ラップ• アルミホイル• ホットタオル(サイズは手を包める大きさのもの) 以上5点です。 やり方• 手を洗います• 保湿効果を高める為にラップを巻きます( キツく巻かないように注意して下さい)• 上からアルミホイルで覆います。 その上からホットタオルを当てて5分ほど蒸します ホットタオルは水で濡らしてレンジで30秒ほどチンすると簡単です。 タオルの温度は体温より少し高めくらいでOKです。 拡げる時にヤケドしないように注意しましょう。 スチーム効果で手の甲のお肌がしっとりスベスベになります。 本日のまとめ 手の血管が浮き出る原因は大きく分けて7つあります。 ダイエットによる痩せすぎ• 紫外線• 手荒れなど炎症• 病気の可能性• ストレス• 遺伝 改善が難しい原因もありますが、大切なのは日ごろからのお手入れとなります。 手もお手入れをする事により、少しでも血管が浮き出た手の甲を綺麗に魅せることが出来るのです。 朝晩のメイクや洗顔のついでに手をお手入れする習慣をつけましょう。 毎日のお手入れで、一日でも長く綺麗な手を維持しましょうね。

次の

今朝、左手の甲の内出血に気づきました。 別な件で通院している内科の

手の甲 赤い

肝臓の機能低下が原因 肝臓の機能が低下したりそのような症状を持つ疾患になると、肝臓そのものへの痛みはないものの、身体の他の部位に症状が現れる場合があります。 肝臓の機能が低下してくると手が赤いという症状が出る場合があります。 肝機能による影響であれば、ほかに、身体のかゆみ、出血しやすくなる、吐き気、黄疸、全身の倦怠感、尿の色が黄褐色等の症状が同時に現れたりすることがあります。 もし手の赤みど同時にこのような症状が出ているようであれば、一度肝機能が正常であるかどうか検査をしてみること良いでしょう。 献血により肝臓の機能が正常であるか簡単に確認することができます。 もし肝機能に異常があった場合には、お医者さまの診断に基づいて治療を行っていきますが、なぜ肝臓が異常になったり疲労をおこしたりするのでしょうか。 ひとつは、 アルコールの飲みすぎは肝臓の機能低下を招く大きな原因のひとつです。 厚労省の発表によると、日本酒で7合(約1. 2リットル)を毎日10年以上に渡って飲み続けた場合には約2割、15年以上の場合には約5割の人が肝硬変になるとのことです。 多量の飲酒をする習慣のある人は、お酒の量や回数を減らすと同時に、アルコール度数が高いお酒からより低い度数のお酒へと変更していことが大切です。 断酒というのは、いきなりやっても成功しづらいですので、お酒の量や回数や質をうまく自分と相談しながらコントロールしていくことが、成功への秘訣です。 もし、お酒を普段から良く飲む習慣のある方が、手が赤い症状に気づいたら、一度血液検査を受けられることをお勧めいたします。 その他の病気による場合 手が赤くなることの別の原因としては、うっ血による可能性があります。 うっ血とは、なんらかの理由により血流が悪くなることに影響されて、皮膚のしたの毛細血管が拡張してしまう症状をいいます。 そのうっ血が、手のひらで発生すると、手に赤い斑点があらわれたりすることがあります。 このうっ血が発生する原因としては、生活習慣の乱れによるのも一因だといわれています。 身体の冷え、運動不足や食生活の過食によるもの等の原因が考えられます。 そのような原因によるうっ血であれば、規則正しい生活と適度な運動、適量の食事量に切り替えていくことによって、手が赤い症状もしだいになくなっていきます。 他の原因によるときにもいえますが、日常生活でのご自身の生活スタイルの見直しが、この症状の緩和に大きく影響するものということができます。 今回の記事をご参考にされて、ぜひご自身の生活習慣の見直しをされてご健康になられることを編集部一同お祈りしております。

次の

手のひらが赤い!「手掌紅斑」とは?

手の甲 赤い

そのぶうぶつ、汗疱 (かんぽう)です 手の甲のぶつぶつの正体は、 「汗疱」 という皮膚の病気です。 手のひらや指、足の裏などにもできることがあり、ひどい時は小さな水泡(ぶつぶつ)に、赤い斑点を伴うこともあります。 アトピー性皮膚炎のように、左右同じ箇所に症状が出るのが特徴です。 人によっては次第に強いかゆみや軽い痛みを感じる場合と、まったくかゆみを感じないという人に分かれます。 小さな水泡同士がくっついて小豆ほどの大きさになると破れてしまうこともあり、水泡が破れ皮膚がめくれた状態で湿疹化したものを 汗疱性湿疹といいます。 紅斑をともなった強いかゆみや皮膚のめくれなど、症状がひどくなるととても辛い状態になります。 汗疱の原因は、謎なんです 辛い症状を伴う汗疱、できることならなりたくないですよね。 ですが、この 汗疱という病気、実ははっきりした 原因はわかっていないんです。 特化した治療法もないのが現状です。 足の裏などにもできることから水虫と混同されがちな病気ですが、水虫とは異なり菌により発生する病気ではありません。 「汗」という字が入っているように、汗疱 は夏場に 汗をかきやすい人によくみられます。 汗疱になる原因は、汗がうまく排出できずに皮膚の内部に溜まることや、食べ物や金属アレルギー、皮膚の形成に必要なビタミン、ビオチン欠乏症などによるものとされています。 汗疱が出てきたら! 次に、汗疱と思われる症状が出た場合の対処法をご紹介します。 まず、それ以上広がらないように 汗をこまめにふき取ります。 そして大切なのは、水泡をつぶさないことです。 無理につぶしてしまうと化膿することもあり、余計に治りが悪くなってしまいます。 水泡は通常、時間とともに吸収されて2週間程度ではがれ落ちますが、ひどくなって湿疹状になると長引くこともあります。 症状がひどいようなら皮膚科に行きましょう。 「アンテベート」といった ステロイド軟膏や、かゆみをおさえる抗ヒスタミン剤などを処方されます。 すぐに皮膚科にいけない場合は、市販薬の「メモA」などが有効です。 汗疱の予防法もあわせてチェック! 軟膏などでせっかくきれいに治っても、 汗疱は再発することがあります。 日頃の予防・対策がなにより大切です。 まずは、汗疱の元となる汗をかきにくい環境を作りましょう。 汗をこまめにふきとったり、よく手を洗って汗を洗い流すのが有効です。 あるいは、歯科金属に対する アレルギーが原因の場合もあります。 金属を変えたら症状が治まるケースもありますので、気になる場合は一度歯医者さんで相談してください。 これらの対策のほかにも、食生活を変えたり、ストレスが減ったら汗疱が出なくなったというケースもあります。 気になる場合は、ひどくなる前にぜひお 医者さんに相談してみましょう。

次の