みずほ 証券 持株 会。 持ち株のに売却について。9月15日に退社と同時に持ち株会を退会しまし...

みずほFG:<みずほ>のフィデューシャリー・デューティーに関する取組方針

みずほ 証券 持株 会

所有者別状況 所有者区分 株主数(人) 所有株式数(単元) 所有株式数の割合 政府および地方公共団体 280 83,053 0. 03% 金融機関 367 76,208,215 30. 02% 証券会社 86 12,512,971 4. 93% その他の国内法人 13,402 29,747,914 11. 72% 外国法人等 2,104 54,214,205 21. 36% 個人その他 975,334 81,089,499 31. 94% 合計 991,573 253,855,857 100. 00% 単元未満株式の状況(株) — 6,913,245 — (2020年3月31日現在) 所有株式数株主構成(普通株式) (2020年3月31日現在) 所有数別状況 株主数(人) 所有株主数の割合 所有株式数(単元) 所有株式数の割合 5,000単元以上 2,180 0. 22% 173,618,944 68. 39% 1,000単元以上 11,930 1. 20% 21,414,561 8. 44% 500単元以上 17,239 1. 74% 11,114,714 4. 38% 100単元以上 162,354 16. 37% 29,966,787 11. 80% 50単元以上 131,739 13. 29% 8,353,997 3. 29% 10単元以上 411,253 41. 47% 8,508,627 3. 35% 5単元以上 91,306 9. 21% 553,295 0. 22% 1単元以上 163,572 16. 50% 324,932 0. 13% 合計 991,573 100. 00% 253,855,857 100. 00% 単元未満株式の状況(株) — 6,913,245 — (2020年3月31日現在) 普通株式 順位 株主名 所有株式数(株) 所有株式数の割合 1 日本マスタートラスト信託銀行株式会社 (信託口) 1,642,845,500 6. 47% 2 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口) 1,109,233,400 4. 36% 3 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口5) 545,964,100 2. 15% 4 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口9) 522,476,800 2. 05% 5 JP MORGAN CHASE BANK 385151 443,776,306 1. 74% 6 STATE STREET BANK WEST CLIENT — TREATY 505234 423,565,756 1. 66% 7 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口7) 384,499,000 1. 51% 8 STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505103 293,537,902 1. 15% 9 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口1) 280,082,100 1. 10% 10 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口4) 263,338,400 1. 03% 注)• 所有株式数の割合は、小数点第3位以下を切り捨てて表示しています。 所有株式数の割合については、自己株式(3,622,415株)を除外して算定しています。 (2020年3月31日現在).

次の

みずほFG:<みずほ>のフィデューシャリー・デューティーに関する取組方針

みずほ 証券 持株 会

2011年8月29日上場廃止 略称 みずほSC、みずほ証 本社所在地 〒100-0004 一丁目5番1号 設立 (6年) (大阪商事株式会社) 9524 MHSCJPJT 事業内容 金融商品取引業 代表者 飯田浩一(代表取締役) 資本金 1,251億円 (2017年6月30日時点) 従業員数 7,541名 (2019年6月時点) 決算期 3月31日 主要株主 主要子会社 ポラリス・キャピタル・パートナーズ 他 関係する人物 (元会長) (元副社長) 外部リンク みずほ証券株式会社(みずほしょうけん、英: Mizuho Securities Co. , Ltd. )は、(みずほFG)傘下の大手である。 に、上場企業のを存続会社として、ホールセール専業の(旧)みずほ証券と合併、いわゆるフルライン型とも称される総合証券会社となった。 に、主に向けを手掛けてきたを吸収合併し、みずほグループの証券部門を統一した。 概要 [ ] (旧)みずほ証券 [ ] 前身は、みずほフィナンシャルグループ傘下であるの証券であった第一勧業証券(系)、富士証券(系)、興銀証券(系)である。 2000年9月29日のである(後の、現・)の設立による経営統合に伴い、各行傘下の証券会社であった3社が同年10月1日に興銀証券を存続会社としてし、(旧)「みずほ証券株式会社」として発足した。 (新)みずほ証券 [ ] に、旧興銀証券を直接の前身としホールセール専業の(旧)みずほ証券と、ホールセール・リテール双方を手がける同じ旧興銀系のが、合併を発表し、2008年初頭の合併を企図していた。 だが、世界的な経済危機に発展する問題で(旧)みずほ証券の損失が拡大したことや、市場の混乱が収束しなかったことなどから合併の延期を経て、に(新)みずほ証券として発足した。 が取った手法同様、維持の観点から、新光証券を存続会社とし、を「みずほ証券株式会社」に変更したため、(旧)みずほ証券の法人格は消滅した。 本合併により、は新光証券側を、は(旧)みずほ証券側を継承した。 に、みずほFG株を交付する形式でのが行われ、みずほコーポレート銀行(みずほCBK)の完全子会社となった。 完全子会社化が発表された際、旧みずほSCから継承した資本関係のある農林中金との関係が注目されたが、2011年9月1日に、両社の間で協力分野拡大・提携強化・資本関係継続の契約がなされて 、同月6日に農林中金がみずほ証券の株式5. 6月に就任した、旧興銀出身の本山博史社長 当時)は、リテール分野で重複する(みずほISEC)との再編を模索していることを明らかにし、にみずほISECは当社に吸収合併された。 トマト銀行併設分のみカスタマープラザのままとした。 その後、プラネットブースと証券支店が同一地にある拠点についてはプラネットブースを廃止した拠点も見られる。 業務展開 [ ] 旧新光証券との合併前は、ホールセール特化型で店舗を持たず、本社・本店のみの構成となっていたが(に営業部が設置されている)、合併後は旧新光の店舗が営業拠点として活動する事となった。 また合併後も、、の3つを中核業務に位置付けている。 市場において強みを持ち、関与額ではや、を抑えて首位である。 このほかブックランナーで第1位、アドバイザリー案件数で第3位など、純銀行系証券会社としては比較的高い実績がある。 海外 [ ] 現地法人である米国みずほ証券は、日本の証券会社としては・と並んで、から市場特別参加者( Primary Dealer)に指定されている。 には子会社であるみずほセキュリティーズアジアが置かれており、、に駐在員事務所を設置して中国市場に進出する。 このほか、にはに「みずほインターナショナル」、には「スイスみずほ銀行」が現地法人として置かれている。 また中国では、(AI)を使った株式取引を研究すると2018年に提携した。 提携関係 [ ] 前述のとおり、に農林中金傘下である農中証券を譲り受け、その後さらにを行った。 このため系金融機関へのサービス提供も行っている。 さらに、証券会社としては、とも連携している。 沿革 [ ] (旧)みずほ証券 [ ]• (5年)• - 興銀証券株式会社設立。 7月2日 - 農中証券株式会社設立。 の子会社。 (平成6年)• - 第一勧業証券株式会社設立。 10月19日 - 富士証券株式会社設立。 (平成12年) - 第一勧業証券ならびに富士証券を合併し、(旧) みずほ証券株式会社に商号変更(初営業日は翌2日)。 (平成14年) - の分割併合に伴い、みずほホールディングスのとなる。 (平成15年) - みずほフィナンシャルグループの事業再編に伴い、の子会社となる。 (平成16年)• - 農中証券の営業の全部についてを受ける。 - 農林中央金庫を割当先とするを実施。 (平成17年)• 5月 - 関西営業部を新設。 - ジェイコム(現・)株式の上場初日において誤発注により、いわゆるを起こした。 (平成19年)• - との合併を発表。 - みずほコーポレート銀行から入手した顧客情報を取引の勧誘に流用したとして、から業務改善命令を受ける。 - 新光証券との合併比率を見直すため、の合併期日を同年に延期すると発表。 (平成20年) - 新光証券との合併予定をに再度延期の発表。 (平成21年) - 新光証券株式会社に吸収合併され、解散。 (現)みずほ証券 [ ]• (6年) - 大阪商事株式会社設立。 以後、(旧)みずほ証券との合併までの沿革はを参照• (平成21年) - (旧)みずほ証券株式会社を合併し、 みずほ証券株式会社に商号変更、本社を(旧)みずほ証券の本店所在地に移転。 本店営業部は従来通りの位置に存続。 (平成23年)• - みずほコーポレート銀行の完全子会社化に伴い、上場廃止。 - みずほコーポレート銀行との間で、みずほFG株式を交付する形式の株式交換()方式により、みずほ証券を完全子会社化。 - 農林中金との業務提携強化・資本継続の契約に基づき、みずほコーポレート銀行がみずほ証券の株式5. (平成25年)• - を吸収合併。 合併に伴い、本店営業部を本店営業部に改称。 - プラネットブース東京中央をに移転。 (平成26年)• - 八重洲本店営業部を本店営業第一部に改称。 併せて、日本橋本店営業第一部を八重洲本店に移転して本店営業第二部に改称、本店営業第二部をみずほ銀行支店入居ビルに移転し、兜町支店に改称。 これにより、蛎殻町の旧ISEC本店から拠点を撤退。 - プラネットブース丸の内中央を廃止。 母店の本店営業第一部ではなく、同第二部が継承。 - プラネットブース丸之内を廃止。 母店の本店営業第二部が継承。 - の主に個人向け対象の取引の一部を継承。 (平成27年)• リテールの利便性を確保すべく、当社大阪西支店が所在する支店入居ビルにはプラネットブース堂島を設置。 ギャラリー [ ]• 株式会社みずほフィナンシャルグループ 2011年9月1日. 2013年9月29日閲覧。 株式会社みずほフィナンシャルグループ 2011年7月29日. 2013年9月29日閲覧。 共同通信. 2012年3月29日. 2013年9月29日閲覧。 共同通信. 2012年10月30日. 2013年9月29日閲覧。 2006年10月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2006年11月8日閲覧。 みずほ証券(2018年9月3日)2018年11月26日閲覧。 ( 2017年12月29日更新)2020年5月16日確認•

次の

持株会のお客様|お客様サポート|野村證券

みずほ 証券 持株 会

2011年8月29日上場廃止 略称 みずほSC、みずほ証 本社所在地 〒100-0004 一丁目5番1号 設立 (6年) (大阪商事株式会社) 9524 MHSCJPJT 事業内容 金融商品取引業 代表者 飯田浩一(代表取締役) 資本金 1,251億円 (2017年6月30日時点) 従業員数 7,541名 (2019年6月時点) 決算期 3月31日 主要株主 主要子会社 ポラリス・キャピタル・パートナーズ 他 関係する人物 (元会長) (元副社長) 外部リンク みずほ証券株式会社(みずほしょうけん、英: Mizuho Securities Co. , Ltd. )は、(みずほFG)傘下の大手である。 に、上場企業のを存続会社として、ホールセール専業の(旧)みずほ証券と合併、いわゆるフルライン型とも称される総合証券会社となった。 に、主に向けを手掛けてきたを吸収合併し、みずほグループの証券部門を統一した。 概要 [ ] (旧)みずほ証券 [ ] 前身は、みずほフィナンシャルグループ傘下であるの証券であった第一勧業証券(系)、富士証券(系)、興銀証券(系)である。 2000年9月29日のである(後の、現・)の設立による経営統合に伴い、各行傘下の証券会社であった3社が同年10月1日に興銀証券を存続会社としてし、(旧)「みずほ証券株式会社」として発足した。 (新)みずほ証券 [ ] に、旧興銀証券を直接の前身としホールセール専業の(旧)みずほ証券と、ホールセール・リテール双方を手がける同じ旧興銀系のが、合併を発表し、2008年初頭の合併を企図していた。 だが、世界的な経済危機に発展する問題で(旧)みずほ証券の損失が拡大したことや、市場の混乱が収束しなかったことなどから合併の延期を経て、に(新)みずほ証券として発足した。 が取った手法同様、維持の観点から、新光証券を存続会社とし、を「みずほ証券株式会社」に変更したため、(旧)みずほ証券の法人格は消滅した。 本合併により、は新光証券側を、は(旧)みずほ証券側を継承した。 に、みずほFG株を交付する形式でのが行われ、みずほコーポレート銀行(みずほCBK)の完全子会社となった。 完全子会社化が発表された際、旧みずほSCから継承した資本関係のある農林中金との関係が注目されたが、2011年9月1日に、両社の間で協力分野拡大・提携強化・資本関係継続の契約がなされて 、同月6日に農林中金がみずほ証券の株式5. 6月に就任した、旧興銀出身の本山博史社長 当時)は、リテール分野で重複する(みずほISEC)との再編を模索していることを明らかにし、にみずほISECは当社に吸収合併された。 トマト銀行併設分のみカスタマープラザのままとした。 その後、プラネットブースと証券支店が同一地にある拠点についてはプラネットブースを廃止した拠点も見られる。 業務展開 [ ] 旧新光証券との合併前は、ホールセール特化型で店舗を持たず、本社・本店のみの構成となっていたが(に営業部が設置されている)、合併後は旧新光の店舗が営業拠点として活動する事となった。 また合併後も、、の3つを中核業務に位置付けている。 市場において強みを持ち、関与額ではや、を抑えて首位である。 このほかブックランナーで第1位、アドバイザリー案件数で第3位など、純銀行系証券会社としては比較的高い実績がある。 海外 [ ] 現地法人である米国みずほ証券は、日本の証券会社としては・と並んで、から市場特別参加者( Primary Dealer)に指定されている。 には子会社であるみずほセキュリティーズアジアが置かれており、、に駐在員事務所を設置して中国市場に進出する。 このほか、にはに「みずほインターナショナル」、には「スイスみずほ銀行」が現地法人として置かれている。 また中国では、(AI)を使った株式取引を研究すると2018年に提携した。 提携関係 [ ] 前述のとおり、に農林中金傘下である農中証券を譲り受け、その後さらにを行った。 このため系金融機関へのサービス提供も行っている。 さらに、証券会社としては、とも連携している。 沿革 [ ] (旧)みずほ証券 [ ]• (5年)• - 興銀証券株式会社設立。 7月2日 - 農中証券株式会社設立。 の子会社。 (平成6年)• - 第一勧業証券株式会社設立。 10月19日 - 富士証券株式会社設立。 (平成12年) - 第一勧業証券ならびに富士証券を合併し、(旧) みずほ証券株式会社に商号変更(初営業日は翌2日)。 (平成14年) - の分割併合に伴い、みずほホールディングスのとなる。 (平成15年) - みずほフィナンシャルグループの事業再編に伴い、の子会社となる。 (平成16年)• - 農中証券の営業の全部についてを受ける。 - 農林中央金庫を割当先とするを実施。 (平成17年)• 5月 - 関西営業部を新設。 - ジェイコム(現・)株式の上場初日において誤発注により、いわゆるを起こした。 (平成19年)• - との合併を発表。 - みずほコーポレート銀行から入手した顧客情報を取引の勧誘に流用したとして、から業務改善命令を受ける。 - 新光証券との合併比率を見直すため、の合併期日を同年に延期すると発表。 (平成20年) - 新光証券との合併予定をに再度延期の発表。 (平成21年) - 新光証券株式会社に吸収合併され、解散。 (現)みずほ証券 [ ]• (6年) - 大阪商事株式会社設立。 以後、(旧)みずほ証券との合併までの沿革はを参照• (平成21年) - (旧)みずほ証券株式会社を合併し、 みずほ証券株式会社に商号変更、本社を(旧)みずほ証券の本店所在地に移転。 本店営業部は従来通りの位置に存続。 (平成23年)• - みずほコーポレート銀行の完全子会社化に伴い、上場廃止。 - みずほコーポレート銀行との間で、みずほFG株式を交付する形式の株式交換()方式により、みずほ証券を完全子会社化。 - 農林中金との業務提携強化・資本継続の契約に基づき、みずほコーポレート銀行がみずほ証券の株式5. (平成25年)• - を吸収合併。 合併に伴い、本店営業部を本店営業部に改称。 - プラネットブース東京中央をに移転。 (平成26年)• - 八重洲本店営業部を本店営業第一部に改称。 併せて、日本橋本店営業第一部を八重洲本店に移転して本店営業第二部に改称、本店営業第二部をみずほ銀行支店入居ビルに移転し、兜町支店に改称。 これにより、蛎殻町の旧ISEC本店から拠点を撤退。 - プラネットブース丸の内中央を廃止。 母店の本店営業第一部ではなく、同第二部が継承。 - プラネットブース丸之内を廃止。 母店の本店営業第二部が継承。 - の主に個人向け対象の取引の一部を継承。 (平成27年)• リテールの利便性を確保すべく、当社大阪西支店が所在する支店入居ビルにはプラネットブース堂島を設置。 ギャラリー [ ]• 株式会社みずほフィナンシャルグループ 2011年9月1日. 2013年9月29日閲覧。 株式会社みずほフィナンシャルグループ 2011年7月29日. 2013年9月29日閲覧。 共同通信. 2012年3月29日. 2013年9月29日閲覧。 共同通信. 2012年10月30日. 2013年9月29日閲覧。 2006年10月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2006年11月8日閲覧。 みずほ証券(2018年9月3日)2018年11月26日閲覧。 ( 2017年12月29日更新)2020年5月16日確認•

次の