ま つながり あい。 小1国語「あいうえおで あそぼう」指導アイデア|みんなの教育技術

人と人とのつながりを大切に!あいネットグループ杉山茂之

ま つながり あい

人と人とのつながりを大切に!あいネットグループ杉山茂之 2018年11月1日 木 家業を継ぐことに悩みつつもあいネットグループを継承した杉山氏。 そんな彼は「人とのつながりを大切に」をコンセプトに掲げあいネットグループの経営を続けます。 杉山茂之氏プロフィール 1968年静岡県生まれ。 大学卒業後ホテルに入社し、その後1993年あいネットグループ入社。 2010年代表取締役社長に就任し現在にいたります。 家業を継ぐことを決意 杉山氏があいネットグループを継ごうと考えたのは大学卒業の時だったと言います。 親に決められた線路を走るのは後悔しないかと真剣に悩んだそう。 とは言え、自分に何かできることがあるのかと考えてみても、はっきりとこれだという夢もありません。 小さい頃から家業を継ぐのが当たり前だという中で育てられ、その中で自分自身もそうだと思いながら育ったので、選択の余地はなかったと言います。 それが分かっていても、その時期がくればやはり悩んでしまうもので、大学卒業と同時にホテルに入社し結婚式などのサービス業務に携わりました。 ある大広間の部屋付きも務めたため、大企業の社長就任パーティなども担当したそう。 緊張の毎日で厳しい日々が続いたものの、お客様におもてなしする気持ちがどんどん深まったと言います。 その後、家業を継ぐことになったのですが、すぐに会計事務所に出向することを言い渡されます。 もちろん、簿記の経験など全くないので大変苦労したそうですが、分からないでは仕事にならないので事務所が終ると夜間専門学校で勉強し、簿記2級の資格を取得。 この経験は現在役に立っていると言います。 人生の記念日をプロデュースするあいネットグループ あいネットグループは人を思いやり人に感謝することを大切にしています。 人に感謝することで人同士をつなぎ、人を笑顔にできると考えており、目の前に困っている人がいれば手を差し伸べ、差し伸べられた方は感謝します。 今の時代、こういった人同士のつながりが忘れ去られていますが、こういった想いを大切にしたいと考え、笑顔や思いやりがいっぱいつまった結婚式や感謝の想いのこもった葬儀をお客様に提供しています。 人と人とのつながりを大切に あいネットグループは従業員全員が幸せになるよう努め、人と人とのつながりを大切にした心豊かな社会生活の実現に貢献したいと考えており、従業員全員があいネットグループに入社してよかったと思ってもらえるように努めたいと考えています。 さらに、人同士のつながりが薄れている現代で冠婚葬祭事業を通じ 人と人のつながりを改めて認識し、思いやりと感謝の気持ちでいっぱいの心豊かな社会を実現しようと取り組んでいます。 創業50年を超えた現在、あいネットグループのコンセプトにつなぐというのがあります。 これは社員同士、地域とあいネットグループをつないで事業部同士が分け隔てなく組織一丸となり、関わる全ての人たちが幸せになるよう貢献できる企業であり続けたいという思いがこもっています。

次の

つながり連鎖に胸がいっぱい

ま つながり あい

出典)松尾豊「人工知能は人間を超えるか」(KADOKAWA)p. 45 今日のAIは、機械学習という技術とともに注目されています。 AIブームを牽引しているディープラーニングも機械学習のひとつの技術です。 機械学習とは簡単にいうと、データをコンピュターがくり返し学習することで、そのパターンを導く手法のことです。 この分析したパターンに則り、未来の推論を行うことが出来ます。 このような技術的な発展とともに、AIのブームを引き起こした要因にビックデータがあります。 ビックデータは、文字通り膨大で複雑なデータを指します。 例えばこの記事を読むうえでも、検索した言葉も、閲覧している時間も、この次にクリックする記事もデータとして蓄積されています。 インターネットが生活に必要不可欠になった現代、あらゆるの行為がデータとして記録されているのです。 この膨大なビックデータを分析するのに機械学習はもってこいで、注目されています。 IoTとは IoTが指すもの IoTとはInternet of Things の略で、日本語では「モノのインターネット」と言われています。 例えば、スマートフォンを考えてみてください。 スマートフォンはインターネットに接続されていて、データが絶えず送受信されています。 「Google Home」や「Amazon Echo」が有名なスマートスピーカーも同様です。 これらは、インターネットに接続しないと全ての機能を使用することができません。 インタネットから、絶えず情報を送受信することで、簡単な会話したり、天気予報を聞いたりすることができます。 このようにIoTとは、モノがインターネットの接続されていること、あるいはインターネットに接続された端末自体を指します。 IoTによってできること IoTは内閣府にも第4次産業革命を牽引する技術として位置付けられています。 果たしてIoTでは何ができるのでしょうか。 それはデータを収集することに尽きます。 あらゆる端末がインターネットに接続された社会をご想像ください。 冷蔵庫をいつ空けて、何を取ったか。 エアコンの温度を何度にして、いつ変えたか。 スケジュール帳には、誰といつ会って、何をしていたかが記録されます。 これらが膨大なデータであり、AIを生み出す資源になります。 このデータを分析して、個々人に最適化されたサービスを享受することができます。 Iotの事例 それでは実際にどのようなIoTがあるのでしょうか。 一緒にみていきましょう。 スマート農業 農業はIoTが進んでいる一つの分野です。 農業は、人々の生活に密接に関わる産業である一方で、深刻な人手不足が問題となっています。 そこで、AIやIoTの出番です。 例えば、農場の温度・湿度をセンサーが管理して、自動で調整したり、そのデータを元に美味しい作物を作るに適切な判断を下したりすることが可能です。 例えば「 有 アグリードなるせ」では、WEBカメラや水田センサを駆使して、見回り回数の削減や除草効果の安定化を実現しています。 参照: スマートスピーカー 先ほど例にもあげたスマートスピーカーはIoTデバイスの典型です。 特に使用されている技術は音声認識で、ユーザーが手を触れることなく様々なサービスを利用できます。 スマートシティ IoTが普及するのは家の中に限りません。 街のさまざまなものもインターネットに接続されつつあります。 国土交通省はスマートシティを「都市に抱える諸課題に対して、ICT等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画・整備・管理・運営など)が行われ、全体最適が図られる持続可能な都市または地区」と定義しています。 例えば、タイムズパーキングの駐車場もオンライン化によって、空き情報を常にユーザーが把握することができます。 今後は、交通面でも道路や信号に、あるいは車内にあるカメラやセンサーが互いに連携し、交通管理を行う未来が予想されます。 AIとIoTのつながり AIとIoTは密接な関りを持っています。 AI・IoTが厳密な定義を有していないため、その関りを一枚岩に説明することはできません。 その中で、AIを機械学習・またそれによって生み出されたモデルとして、IoTとの関りを考えると IoTデバイスがデータを集めて、(AI)で統計的に処理する。 また、そのように学習させたモデル(AI)をIoTデバイスに搭載される。 と関わりを考えることができます。 また、IoTデバイスのことを指してAIと呼ぶこともあります。 5G-AI・IoTの活用が更に加速する理由 このAIとIoTによって、今後産業のあり方が変わるとされています。 その理由の一つは「5G」によって活躍の下地が整う点にあります。 5Gとは、第5世代移動通信システムを指しており、2020年より普及していくとされています。 これによって、4Gをはるかに超える通信速度や同時接続数が実現します。 総務省の資料では5Gの特徴を3つあげています。 超高速• 超低遅延• 多数同時接続• 5Gの実現によって、さらにIoTの普及が進んでいくでしょう。 ソフトバンクは、2019年7月に開催されたロックフェスティバル「フジロック」で5Gのプレサービスを提供しました。 参考: 5Gが既に実装のフェーズに入っていることが伺えます。 おわりに AIとIoTは政府が第4次産業革命のコア技術に位置付けているように、今後の産業の在り方に多大な影響を及ぼすと言われています。 一方で、一つの流行り言葉として、AIやIoTが使われている面があります。 その意味やポテンシャルを適切に理解したうえで活用を進めていきましょう。

次の

つながり連鎖に胸がいっぱい

ま つながり あい

人と人とのつながりを大切に!あいネットグループ杉山茂之 2018年11月1日 木 家業を継ぐことに悩みつつもあいネットグループを継承した杉山氏。 そんな彼は「人とのつながりを大切に」をコンセプトに掲げあいネットグループの経営を続けます。 杉山茂之氏プロフィール 1968年静岡県生まれ。 大学卒業後ホテルに入社し、その後1993年あいネットグループ入社。 2010年代表取締役社長に就任し現在にいたります。 家業を継ぐことを決意 杉山氏があいネットグループを継ごうと考えたのは大学卒業の時だったと言います。 親に決められた線路を走るのは後悔しないかと真剣に悩んだそう。 とは言え、自分に何かできることがあるのかと考えてみても、はっきりとこれだという夢もありません。 小さい頃から家業を継ぐのが当たり前だという中で育てられ、その中で自分自身もそうだと思いながら育ったので、選択の余地はなかったと言います。 それが分かっていても、その時期がくればやはり悩んでしまうもので、大学卒業と同時にホテルに入社し結婚式などのサービス業務に携わりました。 ある大広間の部屋付きも務めたため、大企業の社長就任パーティなども担当したそう。 緊張の毎日で厳しい日々が続いたものの、お客様におもてなしする気持ちがどんどん深まったと言います。 その後、家業を継ぐことになったのですが、すぐに会計事務所に出向することを言い渡されます。 もちろん、簿記の経験など全くないので大変苦労したそうですが、分からないでは仕事にならないので事務所が終ると夜間専門学校で勉強し、簿記2級の資格を取得。 この経験は現在役に立っていると言います。 人生の記念日をプロデュースするあいネットグループ あいネットグループは人を思いやり人に感謝することを大切にしています。 人に感謝することで人同士をつなぎ、人を笑顔にできると考えており、目の前に困っている人がいれば手を差し伸べ、差し伸べられた方は感謝します。 今の時代、こういった人同士のつながりが忘れ去られていますが、こういった想いを大切にしたいと考え、笑顔や思いやりがいっぱいつまった結婚式や感謝の想いのこもった葬儀をお客様に提供しています。 人と人とのつながりを大切に あいネットグループは従業員全員が幸せになるよう努め、人と人とのつながりを大切にした心豊かな社会生活の実現に貢献したいと考えており、従業員全員があいネットグループに入社してよかったと思ってもらえるように努めたいと考えています。 さらに、人同士のつながりが薄れている現代で冠婚葬祭事業を通じ 人と人のつながりを改めて認識し、思いやりと感謝の気持ちでいっぱいの心豊かな社会を実現しようと取り組んでいます。 創業50年を超えた現在、あいネットグループのコンセプトにつなぐというのがあります。 これは社員同士、地域とあいネットグループをつないで事業部同士が分け隔てなく組織一丸となり、関わる全ての人たちが幸せになるよう貢献できる企業であり続けたいという思いがこもっています。

次の