後悔しない休職の過ごし方。 【双極休職日記2】休職中の過ごし方に関する報告(第一週目)

休職中の過ごし方|心の悩み

後悔しない休職の過ごし方

スポンサーリンク 休職時期別やってよかった事悪かった事 休職の時期について大きく以下の3つに分類する• 休職初期(気力ゼロ、ヤル気ゼロの無気力状態)• 休職中期(若干の気力がでてきて少しだけ活動的)• 休職後期(気力があるが体力がまだ少ない) 休職初期は無理しないこと まず休職初期について紹介する。 この時期は、仕事、人間関係などなど 心身ともに疲れ果てている時期だ。 私もそうだったが、とにかく何もする気が起きず、何も考えたくもなくただただ植物のような状態であった。 この時期はとにかく気兼ねせず休むことが重要だ。 やって良かったこと• 一日中寝る• 家に引きこもる• ネットで動画を見る( youtubuやamazonプライム) 私の場合は、この時期は気力がわかず一切何もしなかった。 というよりできない。 この時期は家に篭って布団かぶってひたすら寝るか、動画サイトで延々動画を見続けるのが良い。 精神的に参っているせいか一日寝ても寝足りない状態でほとんどの時間寝ていた。 また、正常なときは家に引きこもっていると腐る人間だったのだが、この時期は不思議と家にいることが心地よかった。 また、私はこの時期ひたすら死んだ魚の目をしながら動画を見続けた。 一人暮らしなのだが会話する人というのが Siri( iPhoneの人口知能? くらいしかおらず会話で気を紛らわすことができない。 そうなってくると 余計なことをぐるぐると考えてしまって精神衛生上よくないため、動画で気を紛らわしていたというわけだ。 動画を見ていると不思議と何も考えなくなるのでオススメである。 動画ならhuluやamazonプライムなどの動画サービスに登録すると見るものに困らなくなるのでこの際契約しても良いだろう。 ちなみに私はamazonプライムのサービスを利用していたのだが、個人的なオススメは 「男はつらいよ」シリーズである。 主人公の寅さんを始め、出てくるキャラの暖かさやハチャメチャなストーリー展開が疲れた心に染み渡る。 そして何よりシリーズが48作あるためひたすら見るのに向いている。 やって良くなかったこと• 長時間外にいること• 気が乗らない時に人と会うこと• 飲酒 気力がとにかく無いので外に出てもすぐに疲れてしまうのだ。 しかも、特にやることも無いため適当なカフェに入ったりするのだが、金がかかるだけだった。 結局全く気が紛れることが無いので家に引きこもっていたほうがましだ。 ただ、 陽の光を浴びるのはセロトニン(幸せを感じる物質?)が出るので短時間であれば外出も良いいだろう。 ただ、外に出るのにも身なりを整えなければならないので毎日やるのは体力を使う(特に身なりが気にならないなら問題ない)。 外出する場合の懸念事項は 思わぬ人に出くわすことだ。 私の場合はばったり大家さんに出くわし、仕事について質問されたのが堪えた。 詳しくはを参照していただきたい。 このように、あんまり外出しすぎると思わぬ人に出くわす可能性があるので、精神衛生上よくないのだ。 飲酒についても、私の場合はこの時期ついつい飲酒量が上がって気がつくと泥酔状態となることが多かった。 飲んでるときは気分がいいのだが、酔が覚めると激しい後悔の念にかられ落ち込むことが多かった。 反動がでかい分しばらくはメンタルが回復しないというような状況になったのでオススメしない。 休職中期は少し外出を この時期になると若干活動的になる。 外にでて外食してみたり、外食してみたりと外に出ることもしばしば出てくる。 しかし、休職初期ひたすら家に引きこもり寝る生活をしているため 体力がガタ落ちですぐにばっててしまう時期だろう。 とにかく無理をしないことが重要だ。 やってよかったこと• 映画を見に行く• 外食する• 昼寝する• 家に引きこもる• 動画を見る ちょっとヤル気が出てくる時期なので、半日くらいのちょっとした外出が良い。 私の場合は外食をしたり映画を見たり あまり負荷の掛からないことをしていた。 それ以外は基本的にあまり休職初期とは変わらない。 とにかくびっくりするくらい体力が無いので外に出ているとすぐ HPがゼロになる。 そして次の日は引きこもるといった、ことを交互に繰り返していた。 やって良くなかったこと• 調子に乗って遊びすぎる• SNSで休職のカミングアウト• 長時間外にいること• 気が乗らない時に人と会うこと• 飲酒 この時期元気が少し出てくると、ついつい調子に乗って遊び過ぎてしまうことがある(私だけかもしれないが)。 近場なら疲れたらすぐに返ってくれば良いが、あまり遠くに行き過ぎたりすると中々帰るのが辛くなり精神的なダメージを食らう。 また、休職のカミングアウトを SNSですると心配した知人から遊びの誘いや飲みの誘いがくるのだがこれが辛い場合がる。 比較的よく会う人は問題ないのだが、 全く連絡を取り合っていなかった人から誘いが来ると申し訳ないのだが面倒だと考えてしまう(調子がよければ大歓迎なのだが、、、)。 結果、気が乗らないので断ることになるのだが、どのように断ろうかとか気分を害していないかなどなど色々と考えてしまうため精神的な負担になるのだ。 また、 SNSで心配して連絡してくるのはいいが返信が面倒で参ってしまった。 やはり SNSでつぶやくと心配してくれる人や共感してくれる人もいてメリットもあるが、 自分で制御できない部分もあるので注意が必要だ。 休職後期は復職後を意識 さて、この時期になるとメ ンタルが回復して、中々活動的になる。 そして、同時に暇だという感覚が出てくるのだ。 私の場合は復職訓練も兼ねて通勤訓練を行っていたのだが外に出たり図書館に行ったりしてたのだが一体なにして過ごそうか、ということに悩まされていた。 その時考え、やっていてよかったということを列挙してみよう。 正直この時期は生活を正すのが重要のため生活が正せれば何やっていてもいいと思う。 やって良かったこと• ブログ• お弁当を作って公園で食べる• 図書館で本を読む• 負荷の軽い運動をする(私の場合はヨガ) この時期一番やっていてよかったのが ブログを書くことである。 前にものだが、毎日やることができるので生活に張りが出てくる。 ブログ書くために外に出たり、情報収集したりでブログ中心に毎日を回すことができるので生活が規則正しくなる上に就業訓練になるため一石二鳥なのだ。 また、鈍っていた仕事感覚だとかそういったものを養うのにはうってつけであった。 また、考えを文章に書き出すというのは中々ストレスの発散や考えの整理ができるし。 将来ブログで少しでもお小遣いが稼げたらなと「わくわく」することができるので良かったのである。 ブログを軸に様々なことへの興味・関心という気持ちが戻ってきたのも良かったポイントだ。 それまでは無気力状態で何をするにもヤル気や興味がわかなかったのだ。 次に、お弁当についてだが、これも食生活が安定するだけでなく節約になって良い。 外の公園で鳩だの雀や猫などの無垢な動物を眺めたり、日に当たったりと中々気持ちよく程よい気分転換になった。 私はよく朝通勤訓練で会社近くまで行き、そのまま最寄りの図書館に行きブログを書いたり読書をしたりした後、外の公園などでお弁当を食べ、カフェでまたブログを書いて家に帰る。 というライフサイクルで生活していた。 料理が苦手と言ってもおにぎりぐらいは作れるだろう。 適当に食べれるものを作って食べる場所を見つけて、さくっと食べるのだ。 ただ、ひと目が気になったりして食べる場所が限られてくるので、安定してお弁当が食べれる弁当スポットを探すのもいいだろう。 私は、有楽町、日比谷辺りをうろちょろしていることが多かったのだが、そのエリアの弁当が食べられるスポットを調査してにもしている。 (笑) 結局復職するまでこの生活をしていたのだが、中々楽しく平和な時を過ごせたと思う。 簡単な運動をするについてだが、やはり体と心は繋がっているのか、運動で程よく血行を良くすると体が軽くなり気持ちがいいのと夜もぐっすり眠れるようになるのでオススメである。 私は具体的にはヨガをやっていた。 については以前ブログにも記載したため割愛する。 (ちなみにやってよかったと思った事はブログで発信するようにしている) 私はこれ以降、ジムのヨガプログラムだけでなく毎朝15分のヨガを続けている。 そのおかげか、体がすこぶる調子がよく性格すこし明るくなった気がする。 やって良くなかったこと• 長時間の昼寝• 家に引きこもる• 夜ふかしをする やって良くなかった事だが、 休職初期と真逆で昼寝は良くない。 復職後に仕事をしたり遊んだりするためにも 昼間に活動できる体力をつけることが重要だ。 あまりに長時間の昼寝などすると生活リズムも狂うし体力もつかないのでよろしくない。 もちろん、いままで昼寝はしていたのに急激に昼寝をすることをやめるのは良くないので、 徐々に短くして長くても30分ほどに収めるようにすべきであろう。 家に引きこもるのも同様だ。 朝起きるのがだるいのと雨が振っているとついつい家に引きこもりがちとなるのだが、一度引きこもってしまうと、外に出るのが億劫になる。 そしてせっかく整ってきた生活習慣も狂ってしまうのでやらないほうが良い。 もちろん、メンタル的に辛い時などは無理せず家にいるのが一番いいのだが。 そのへんは自分の心に相談して決めると良い。 夜ふかしについても 同じく生活が乱れるからだ。 朝起きるのが辛くなると外に出たくなくなる。 また、睡眠時間を少なくするとメンタルに影響をするので、ブログも進まず、昼寝もしてしまうで悪循環に陥ってしまう。 もとの生活習慣に戻すに体力を使ってしまうのおすすめしない。 まとめ:回復度合いを見て適切な行動を 今回の記事をまとめると以下のとなる。 休職初期 (やってよかったこと)• 一日中寝る• 家に引きこもる• ネットで動画を見る (やって良くなかったこと)• 長時間外にいること• 気が乗らない時に人と会うこと• 飲酒 休職中期 (やって良かったこと)• 映画を見に行く• 外食する• 昼寝する• 家に引きこもる• 動画を見る (やって良くなかったこと)• 調子に乗って遊びすぎる• SNSで休職のカミングアウト• 気が乗らない時に人と会うこと• 飲酒 休職後期 (やってよかったこと)• ブログを書く• お弁当を作って公園で食べる• 図書館で気になった本を読む• 低負荷な運動をする (やって良くなかったこと)• 長時間の昼寝• 家に引きこもる• 夜ふかしをする さいごに いかがであったであろうか。 今回は私が実際に休職した経験から良かったことと悪かったことを紹介した。 もちろん各々症状は異なり必ずしも上記ができるとは限らない。 あくまでも自分に合った方法が大切なので私の記事は参考程度にやれることを見つけてみるのも良いのではないだろうか。

次の

後悔しない不登校の時の過ごし方。

後悔しない休職の過ごし方

休職中の過ごし方【適応障害編】 はじめに、どのように過ごしたら精神的に落ち着くことができるかお話しします。 やりたいことをやる 今までやりたいと思ったこと・やってみたかったことにチャレンジしましょう。 これまでは仕事のストレスが大部分を占めていたので、仕事のことばかり考えて自分の時間が確保できなかったと思います。 自分が「取り組みたい!」と思うことに時間を費やせるので、人生が楽しいと感じて幸福度が上がります。 さらに不要なストレスが無くなり、 ゆっくりと本来の自分が取り戻せます。 ちなみに私はブログをはじめました。 文章を書くことは考えを文字に起こす作業の連続でなのですが、なかなか言葉が出てこなくて1日8時間かかることもあってかなりしんどいです。 しかし、頭の中が整理されて感情を言語化できるのでおすすめです。 心の中がスッキリします。 軽くでも良いので運動する 運動は心と体のパフォーマンスを整えてくれる役割を果たします。 運動することで全身に血液が流れて脳が活性化したり、全身の筋力低下や免疫力低下の予防に繋がります。 私自身、休職して1週間ほど外出していませんでした。 久しぶりに外出した時、 段差もない平坦な道路でつまづいてしまいました。 さらに帰り道では、足に重だるさを感じ、次の日には筋肉痛になっていました。 家にいると気づかないうちに筋力低下を起こします。 また、 全身に血液が流れないと必要な栄養素が身体の各部位に届きにくいので、体調を崩しやすくなります。 脳ミソも同様で、頭に血液が送られないとボーッとする時間が増えて、ネガティブな考えを持ちやすくなります。 それと運動ですが、 ラジオ体操レベルで大丈夫です。 強い負荷より全身を動かして全身に血液を送ることが大切なので、定期的な運動をおすすめします。 収入が減ってすごく不安です… 収入に関してですが 傷病手当金の制度があるのでそちらを利用しましょう。 総務課から案内があると思うのでそれに従って申請を行えば支給されます。 手渡しの場合は、分かりませんが振り込みで税金が引かれていたりすると、後から休職中に働いていたことがバレます。 働けないから手当が支給されているので、働けていたら対象外です。 休職生活を送る上での注意点 周りに相談しすぎない 心細かったり不安が強くなる時もあると思いますが、相手を選んだ方が良いです。 人によっては逆に傷ついてしまうことがあります。 適応障害は言葉での表現が難しい病気なので周りの理解が得られにくいです。 精神的な疾患はそう言った傾向が強いです。 他人から心の中は目に見えないので、どうしても相手の物差しでこちらの心の中を計ってしまいます。 その物差しは、相手の人生経験から得た情報が元になっているので、適応障害の経験がないと「社会に出たらそれくらい当たり前」「いつまで甘えてるの?」などの言葉に変わります。 こうなると落ち込むどころかうつ状態に陥る可能性もあるので、理解のある家族なら家族に話したり、SNSなどで同じ疾患を持っている人と繋がったりすることが安全策かなと思います。 今後の人生設計はすぐに決めない 今後の人生はすぐに決めない方が良いです。 休職して10日程はボーッとして何も考えない期間があります。 そんな時は大概、「これからの人生どうしようかな」「仕事辞めようかな?」などと考えます。 特に休職して初期はマイナス思考になっているので、何事も悪く考えてしまいます。 その時の感情で衝動的に仕事を辞めても、後々お金が無くなって困る場合があるので、辞めたい感情を持っても、一旦保留にして1か月後に改めて考えてください。 少し落ち着いてからだと、人生の捉え方が変わってる可能性があるので慎重に選択しましょう。 ちなみにパワハラや法律違反(長時間労働など)などがある場合はすぐに辞めることをおすすめします。 今すぐに退職したいです… 身体が一番なので最終的にはそれもありだと思います。 現に私は休職して2週間で退職を申し出ました。 会社と繋がってる状態がとにかく嫌でした。 結果的に仕事は失いましたが、自分の人生の時間はかなり増えたので後悔はしていません。 今すぐに退職したいとお考えの方はこちらの記事をご覧ください。 記事の中盤あたりから退職について記載しています。

次の

【保存版】休職手続きの流れ!経験者の実例を見て安心して休職しよう

後悔しない休職の過ごし方

上長へは完璧なレベルで報告しなければいけない• 他の人に頼ってはいけない• 家事もこなせる旦那でなければいけない といった固定概念が強く、自らを追い込んだ結果が抑うつ状態という症状に現れたのかと思います。 現在は上長へも早めに助けを求めるように心がけ何とか仕事をこなしています。 ただ、思考は癖のように色濃く出る場合があるようなので、引き続き注意が必要です。 休職中の生活 休職1~2ヶ月目 休職当初はとにかく 会社に復職することを焦り、辛く感じる日々が続きました。 会社に行く時と同じ時間に起きるようにしたのに、睡眠剤の影響で起きられず、自己嫌悪になる日々が続きました。 生活リズムが整わないことを家族の原因にして、奥さんに当たってしまったことも何度かあります。 結局、復職への焦りは2ヶ月程度続きました。 休職3ヶ月目以降 体調が落ち着き始めたのは、 早期の復職を諦めた頃からです。 「 よく寝てしまうのは睡眠導入剤のせいだし、寝ることが今の自分に出来ること」 と考え、しっかり休養するようになりました。 焦って何かすることを諦め、出来ることだけやる生活を心がけた結果、体調が安定するようになりました。 >>> 休職の期間 結局、休職を開始してから復職するまで 6ヶ月間休職をしました。 この間、隔週で通院を続け、安定剤を服用し続けています。 体調が安定するまで 約3ヶ月、復職の準備を開始できるようになるまで 5ヶ月ほどかかりました。 休職期間中の生活費 休職中のお金は• 傷病手当金• 傷病見舞金 をやり繰りして生活しました。 貯金 休職中は収入が途絶えます。 むしろ、厚生年金や税金等で会社にお金を支払わなければいけない時期が続きました。 この間は生活費を含めて 貯金を切り崩して生活しました。 生活できるだけのお金を貯金してくれていた奥さんには頭が上がりません。 傷病手当金の受給 休職期間中は 傷病手当金という給料の3分の2が支払われる制度があります。 >>> 生活費の確保のため、傷病手当金の制度も活用しました。 『抑うつ状態』という病名と呼べるのかわからない診断で「本当に傷病手当金がもらえるのか?」と不安になりましたが・・・ 結論を言えばしっかり休職期間中の傷病手当金はもらえました。 ただ、病院に書類を書いてもらう等、申請に時間はかかります。 傷病見舞金の受給 さらに私の会社は福利厚生の一環として、給与の3分の1が会社から支払われる 傷病見舞金という制度がありました。 傷病手当金と合わせると実質全額給与が支払われることになります。 それなら働かなくていいじゃんという声もありそうですが、ボーナスは支給されないので年収としてはマイナスです。 病気になってもそれなりのお金は支給されるので、大企業 (の子会社)のメリットを感じました。 復職に向けてやったこと 家事 まずは復職に向けて、 家事をすることから始めました。 現在の状況• どういう日々を過ごしているか• 現在服用している薬• 抑うつ状態になった原因 などをヒアリングされました。 正直、産業医面談を行うまで産業医との面談にかなり緊張していたのですが、現状を包み隠さず話すことで自分の中でも不安に思っていたことが整理され、かなり気が楽になりました。 通勤トレーニング 会社に行く生活に慣れるということで、 通勤トレーニングも行いました。 会社に行くのと同じ時間に電車に乗り、勤務時間を図書館などで過ごし、変えるのと同じ時間の電車に乗って帰宅しました。 通勤電車に乗るのは全く問題がなかったのですが、図書館で過ごす時間がとにかく苦痛でたまらなかったですw まとめ 抑うつ状態は時間はかかりますが、 いつか必ず良くなります。 私も最初は自分が良くなることが想像できずに絶望する日々が続きましたが、根気強く治療することで仕事に復職できるまでに回復しました。 今は辛い日々を過ごされているでしょうが、しっかりとした治療を受け続ければ少しずつですが着実に良くなります。 まずは焦る気持ちを抑えて、しっかりとした休息を心がけるようにしてください。

次の