シマノ メタニウム 2020。 20メタニウム最強スペックで登場!16メタニウムMGLはどうなる?

【シマノ】20メタニウムが「買い」な理由と懸念している2つのこと(追記あり)│ナナブンノニブログ

シマノ メタニウム 2020

20メタニウムのスペックと特徴 早速ですが、ごちゃごちゃした前置きは少なめにしまして、 20メタニウム、個人的には完全に「買い」だなと判断しています。 しかし細かな理由は後述するとしまして、まずはスペックと特徴について一応まとめておくことにします。 (もう熟知している人は読み飛ばして大丈夫です) 20メタニウムのスペック一覧 20メタニウムに関するスペックはざっとまとめると以下の通りです。 2、7. 1、8. 1 6. 2、7. 4、8. 20メタニウムの技術的特徴 また、20メタニウムに搭載されている技術的特徴を以下にまとめます。 ドライブギア素材をジュラルミンから真鍮(ブラス)製へ• マグネシウム合金によるコアソリッドボディ• ギア変更に伴う重量増を各部の設計や素材を見直すことで相殺 簡単に言ってしまえば 「19アンタレスと18バンタムMGLの良いとこ取りしてメタニウムの軽さを維持しました」的な全部のせリールということですね。 逆にこれまでのベイトリールには搭載されたことのない新たな技術は特にない…とも言えますが、メタニウムシリーズを長期に渡り使ってこなかった私でも、魅力を感じる技術は詰め込まれています。 シマノ開発チームの努力が素晴らしすぎますね… 20メタニウムが「買い」な理由 というわけでいよいよ本題。 自分が20メタニウムを「買い」だと考えている理由についてまとめていきます。 1.超高強度真鍮ドライブギアへの期待 まずはやっぱり何はさておきギアの変更、ここだと思っています。 07メタニウムMg以降、長らくジュラルミン製ギアを搭載してきたメタニウムシリーズなわけですが、ここにきて05メタニウムXT以来のブラスギアへ回帰。 もちろんギアだけでなくベアリングの影響などもありますが、巻き心地の良さを求めるのであればアンタレスやカルカッタコンクエスト同様の真鍮製ギアへの回帰は必須だと考えているので、15年ぶりの真鍮ギア搭載メタニウムにはやはり期待を持ってしまいます。 2.軽量化された高剛性コアソリッドボディ 20メタニウムは「16メタニウムMGLがコアソリッドボディになって剛性アップ、しかもブラスギアなのに自重はそのまま175gという驚異の軽さ!」と考えるのが一般的でしょうが、自分としては「18バンタムMGLを軽量化して、しかもキャストフィールが抜群にアップ」とも解釈できるのではと考えます。 前項のブラスギア話と合わせて、20メタニウムでタイニークランクなんかを使ったら非常に心地よいのではないか?加えてリール重量の軽量化によってジャーキングのような釣りも疲れにくく快適化するのではないか?と妄想が膨らみます… 3.カスタマイズ性に期待 最後はカスタマイズ性について。 これも情報が出回っていますが、純正が70番台スプール(12LB-100m)であるのに対して、夢屋から20メタニウム専用のシャロースプール(8LB-100m)、深溝スプール(16LB-100m)の発売がすでに決定しているとのこと。 その他の部分についても、同じコアソリッドボディ採用の18バンタムMGLがかなり良いカスタムベースだっただけに、20メタニウムのカスタマイズ性もかなり高いのではと考えています。 ハンドル交換やオフセットクラッチ化、さらにはマグネットブレーキ化まで…カスタム好きではない方にはちょっと伝わりにくいかと思いますが、「いじれるリール」ってやっぱり所有していて楽しみが多くあるので、個人的にはとても魅力的だしカスタムパーツのラインナップが充実することも渇望します! 20メタニウムに懸念することと実機を触って感想 ここまでで「買い」なポイントをまとめてきましたが、20メタニウムに懸念していることも勿論あります。 もうすでに20メタニウム(右ハンドル)は予約してある状況ですが、使い込む前段階の今、懸念している具体的なことは以下の2点です。 コアソリッドボディ+MMギアの巻心地は本当にカルコンと同じなのか 黒田プロのブログ記事の中では「ブラスMMギア化によってカルカッタ(コンクエスト)と同じ巻き心地」と紹介されていますが、 今回20メタニウムに使用されているのは18バンタムMGLと互換性のある完全同一な真鍮製マイクロモジュールギアです。 (カルコン系ギアの方がよりモジュール値が小さくて細かいギアになっている) 18バンタムMGLユーザーの中には、真鍮製マイクロモジュールギアといえど、使用しているうちに段々と、巻き心地にノイズを感じるようになった…という方もいるかと思います。 リール自体の個体差説や、コアソリッドボディ気密性高すぎ説、MMギア弱すぎ説など色々あってどれが正解かはわかりませんが、20メタニウムがどのレベルの巻き心地で、経時劣化がどのレベルで進んでいくのか?ということが一番気になっている部分ではあります。 ボディが軽量化されている分、サラッとした印象を受けるかもしれませんが、ジュラルミン製マイクロモジュールギアと比較すれば雲泥の差だと断言して良いと感じます! バンタムMGLやSLX MGLとのバッティング もう一つ懸念しているのは同じロープロリールである18バンタムMGLや19SLXMGL、さらには19アンタレスと用途がバッティングするかもということです。 150番スプールの18バンタムMGLについては、自分のようにベイトフィネス寄りのカスタムなどを施していなければラインキャパやリール重量などでしっかり棲み分けできると思いますが、19SLX MGLや19アンタレスとは用途的に被る部分も出てくる気がします。 勿論使うその人次第なのでここは何とも言い難いですが、自分の中では19SLX MGLの立ち位置が危ないかなと思っています。 20メタニウムのこの軽さで真鍮MMギアにマグネシウムボディ&もちろんX-ship搭載となれば、価格面以外ではSLXが勝てるところが…と思ってしまうからです。 そんなわけでシマノリールファンは当然色々手持ちのリールがあるでしょうから、発売までにそことの兼ね合いをよく考えなきゃ…ですね。 汗 この部分については実機を使って必ず検証しますので、気になる方は是非ご期待いただければと思います! 20メタニウム、これはマストバイ 20メタニウムに関して、「買い」な理由と、現時点で懸念している点についてまとめました。 ただし実機を触る前に懸念していた点に関しては、釣りフェスティバル2020でほとんど払拭されたというのが率直な感想です。 個人的には相当なマストバイ製品だと感じています。 すでに一台予約していますが、3月から一台使い始めて気に入れば、夢屋シャロースプールが販売される5月にもう一台、ベイトフィネスで使用するために追加する予定です。 発売まで本当に楽しみなリールです…! 参考:20メタニウム発売日&予約情報 20メタニウムの発売については 右ハンドルは3月・左ハンドルは5月予定とされています。 またヤフーショッピングのポイントバックを最大限受け取るにはヤフーIDとpaypayを連携させることが必須。 加えてヤフープレミアム会員であれば尚よく、YJカードを持っていてソフトバンクまたはYモバイルユーザーならかなりのポイントバックを受けられます。

次の

20メタニウム インプレ追記!コアソリッドボディ+MGLⅢ+ブラスギアで上位機種キラーになり得るか?

シマノ メタニウム 2020

好きに使って下さい。 黒田ブログから借りたよ!のクレジットを入れるかどうかも個々の判断におまかせします(笑) バスプロの鑑(かがみ)ですね。 これを書いている時点ではシマノ公式サイトにも新製品情報が掲載されていましたが、アクセスが集中しているせいか、やたら重かったのでこういう情報発信は非常に助かります。 さて、今回(2020年1月14日)ブログで公表されたのは下記3シリーズ。 20メタニウム• 20ツインパワー• 20ゾディアス ゾディアスはまったく興味がないので記事を読んですらいませんが、 20メタニウムと 20ツインパワーは以下の理由から大注目していたので、待望の情報公開といったところ。 まずもってモデルチェンジ濃厚だった• 実用的な価格帯でライバル機種が多い• とくにメタは3台使っているので、買い替えるとなれば結構大変やぞ! 年末に、 ついうっかり18ステラを2台買い足してしまったこともあって、どちらも21年に回してほしかったというのがホンネですが、発表されたらされたでやっぱりテンションが上がります。 というわけでさっそくですが、 16メタニウムMGLからの乗り換えを検討せざるを得ない20メタニウムについて考察してみましょう。 スポンサーリンク メタニウムというシリーズについて まずメタニウムというシリーズについてざっとおさらいします。 DC除くアナログのメタニウムはこれまで7機種が発売されていて、今回で8機種目。 これさえあればバス釣りの主たるメソッドは網羅できるよ!ってシリーズです。 とくに現在の最新機種にあたる16メタニウムMGLは、• 10lbから16lb程度まで快適に扱える12lb-100mのラインキャパで、別売りオプションの夢屋深溝スプール(16lb-100m)を使えば25lbクラスまで視野に入る• ノーマルギアからハイギア、エクストラハイギアまでラインナップされており、撃ち巻きなんでもこなせてしまう• 自重は175gで、ソコソコ軽量なうえに、社外パーツも豊富でカスタムしやすく、さらに追い込める といった 稀に見る優等生タイプ。 当然愛用者も多いです。 僕も以前から ただならぬ期待を寄せていました。 20メタニウムの変更点 ガリガリ深掘りするのは買ってからにしようと思うので、とりあえずここでは 16メタニウムMGLからアップデートされた情報だけをまとめます。 技術特性 16メタニウムMGL 20メタニウム スプール NEW MGL MGL2 MGL3 ボディ HAGANE HAGANE コアソリッドボディ ドライブギア素材 ジュラルミン 真鍮(ブラス) ギア比 ノーマル、HG、XG ノーマル、HG、XG• スプールがMGL2スプールから、19アンタレスに初搭載された MGL3スプールに!• ボディ構造が通常のものから、18バンタムMGLで初採用された コアソリッドボディに!• ドライブギア素材がジュラルミンから 真鍮に!• ギア比のラインナップは同じに見えるけど、内容は異なっているぞ! 以上4点が大きなトピックです。 ザックリ感想を言うと、「ちょっと巻き物向けに寄っちゃったかな~」って感じでしょうか。 16メタニウムMGLを「撃ち物リールの最高峰」として崇めていたので、個人的にはやや複雑な印象です。 黒田健史氏のブログより 16メタニウムMGLに対するネガってぶっちゃけ、同クラスの他製品と比較してボディがデカいことぐらいしかなかったので、これはうれしい。 パンチングやフロッグをはじめとしたパワー系の撃ち物全般にとっては、 剛性云々は現状16メタニウムMGLでも、全プラボディのカシータスでも十分だと考えているのでこの際どうでもいいのです。 巻き物をやるんだったら18バンタムMGLと同様、剛性感がアップすることはうれしいことですね~。 ブラスギア化はナイストピックなんだけど ギアの剛性については散々議論されてきたトピックなので、 全体自重を重くせずにブラスギア化できたのは多くのアングラーにとって喜ぶべきことだと思います。 ギア比もノーマル 6. 2:1 、HG 7. 1:1 、XG 8. 1:1 の三種類。 これを見て、「20メタが出たら3台全部置き換えることになるだろうな」という考えが、秒で吹き飛んでしまいました。 見落としがちですが、HGとXGに関しては16メタニウムMGLとはギアスピードが異なります。 16メタはノーマル(6. 2:1)、 HG(7. 4:1)、XG(8. 5:1)なんですよね。 つまり、最大巻き上げ長にわずかとは言え差があります。 最大巻き上げ長比較 16メタニウムMGL 20メタニウム ノーマルギア 66cm 66cm ハイギア(HG) 79cm 76cm エクストラハイギア(XG) 91cm 86cm これを取るに取らない差を感じるか、大きすぎる差と感じるか…。 そもそも僕がこれまで 16メタニウムMGLに求めていたのは、撃ち物専用リールとしてのポジションです。 実際3台使っている16メタニウムMGLもすべてXG。 いずれも撃ち物専用に使っていて、スピード感がよくてめちゃくちゃ気に入ってるんですよね~。 これより速い16ジリオンSV TW XXHLも買いましたが、巻き感と自重の重さがシンドくて使うのをやめました。 これが今回、「20メタニウムは巻き物向けに寄っちゃった」と感じるに至った最大のトピックです。 まとめ 結局買うの?買わないの?って話ですが、過去に18バンタムMGLを見送って話題についていけなかった経緯がある分、間違いなく買うと思います。 ただし、16メタニウムMGLからの買い替えというよりは、15カルカッタコンクエスト101HGを隠居させてクランク用に導入しようかな~って感じですね。 右ハンドルの方が早く手に入るし。

次の

シマノ20メタニウムの発売日&価格は?ボディ素材や重量やスプールの違いは?

シマノ メタニウム 2020

20メタニウムMGL基本スペック• 自重:175g• スプール寸法:径34mm 幅19mm• 糸巻き量:ナイロン16ポンド80m• ギヤ比:6. 2(ノーマル)7. 1(ハイギヤ)8. 1(エクストラハイギヤ)• マイクロモジュールギヤ• X-SHIP• コアソリッドボディ• 海水OK ボディー素材がマグネシウム、サイドハッチがジュラルミン、ドライブギヤはブラス(高強度真鍮)。 本当にざっくりですが、こんな感じですね。 20メタニウムMGLの外観からカスタムを妄想する まず20メタニウムMGLの本体カラーがガンメタ調というのはカスタム的にポイントが高いです。 元が派手派手だとカスタムが逆に限られてしまいますからね。 これならブラックのパーツは間違いなく違和感ないでしょう。 ハンドルやスタードラグはブラックでもガンメタでもいけますね。 20メタニウムMGLのカスタムポイントはどこか 20メタニウムMGLのカスタムですが、現時点では一体どこをカスタムするのかわからないレベルですよ 苦笑。 ハッキリいって性能的な部分は、カスタムでノーマルより良くなるポイントは無いでしょうね。 そうなると20メタニウムMGLはノーマルでしか使えないのか、否。 カスタムポイントは人それぞれ、使用ルアーはフィールドによって全然変わります。 おそらくこの先開発されるであろう、サードパーティーのカスタムスプールを入れてBFS化するもよし。 ロングハンドルをセットして、マグナムクランクやデカ羽モノをやるもよし。 使用感や性能には直接関係なくても、見た目を変えて所有欲を満たすためにドレスアップをするも良しですよ。 釣りフェスで実際に触ってみた20メタニウムMGLは、やはりクラッチの位置が高く感じました。 そしてスプールとクラッチの距離ももっと詰められると思います。

次の