通信 技術 5 g の g と は 何 の こと。 5Gとは?4G LTEとの違いを楠リカが初心者向けにやさしく解説

5G (第5世代移動通信システム)とは

通信 技術 5 g の g と は 何 の こと

2、超低遅延 超低遅延は5G通信もう一つの特徴であり、最低1msしかない精度は人に感じられません。 低遅延は遠距医療操作と無人運転を実現するようになり、世界も小さくようになります。 超低遅延を通して、世界各地のゲームプレイヤーたちと遅延のないハイクオリティーのゲームをすることができ、あるいはVRで周辺の空間をシェアできます。 去年、日本通信事業者NTT Docomoは人気女子グループPerfumeと協力し、エンターテインメントの形で5Gの超低遅延を大衆に見せました。 ビデオの中に、Perfumeのメンバーの三人が別々に東京、ロンドン、ニューヨークで同じ舞を踊りまして、同時に映像を組み合わせました。 5Gの超低遅延によって、三人の動きが完璧にマッチし、まるで同じ舞台で共演したらしい。 1、4Gと5Gの違いは? 移動体通信の観点から、2Gは1Gアナログ時代からデジタル時代への移行を実現し、3Gは2G音声時代からデータ時代への移行を実現し、4GはIP化とグラフィック化を実現し、データ転送スピードも大幅に向上しました。 それで、5Gは移動体通信にどんな変化をもたらすでしょうか? 最も直感的な体験は、5Gは4Gの100Mbpsから5Gの最大10Gbpsに向上し、つまり4Gの100倍の速度です。 モバイルデバイスでオンライン映画を見たり、大容量のファイルを瞬時にダウンロードすることができるようになります。 この高速なデータ転送で、携帯電話の通話品質とビデオ通話品質も大幅に向上します。 さらに、もともと携帯電話にダウンロードする必要がある多くのプログラムは、キャッシュするだけでインストールおよび修正することができ、ファイル全体をダウンロードする必要はなくなります。 また、5G通信最大の変化は、人とモノ、モノとモノのコミュニケーションを実現し、すべてのモノの相互接続して、社会の発展も促進することができます。 日本 日本の通信事業者、 DoCoMo、 KDDIおよび Softbankは、2020年までにいくつかの地域で5Gサービスを開始する予定です。 DocoMoは、3年以内に日本中を5Gサービスでカバーする予定です。 カナダ Telus:2019年から2020年の間に5Gの商用ネットワークを展開する予定です。 フィンランド フィンランド TeliaEesti、 DNAは2019年に5Gサービスを開始する予定です。 韩国 韓国韓国の通信事業者 SKテレコム、 コリアテレコム、 LG Uplusは、2019年3月に世界初の5G商用のを導入すると発表しました。 オーストラリア Telstra:5Gイノベーションセンターで5G技術をテストしている、2019年に5Gサービスを開始する予定です。 Optus:2019年初頭に、国内初の5Gサービスを開始し、特定の市場向けに製品を提供する予定です。 中国 China Mobile:2018年以来、5つの主要都市で5G試験のために500個以上のサイトが建設されました。 同時に12都市で何百個の業務サイトがデ建設されました。 China Unicom:現在、16都市で5Gのテストが開始されており、2019年に商用試験が行われる予定です。 2020年までに正式的に商用される予定です。 初期の5Gネットワークは、独立ネットワーク(SA)と非独立ネットワーク(NSA)で構成されます。 NSAモードは、コアネットワークを構築するのではなく、5G基地局のみを構築し、端末が5Gネットワークに直接に接続することができなくて5Gの技術的特徴に適合することができません。 SAモードでは、5G基地局が5Gコアネットワークに直接接続するので、信号を送信するのに必要な経路が減少し、5Gネットワークの品質を改善することができます。 最新の5Gネットワーク3GPPリリース15規格によると、初期の5G商用ネットワークおよびデバイスは非独立ネットワーキング(NSA)として分類されます。 つまり、既存の4Gインフラストラクチャが5Gネットワークをサポートするために使用されます。 NSAを通じて、5G対応のスマートフォンは5G周波数に接続してデータスループットを向上させますが、データ転送以外の任務には4Gネットワークを使用します。 これによって、5G時代の移行をよりスムーズにします。 3、技術人材不足問題を解決 現代社会では、老齢化、人口減少は既に一部の国を困らせる重大な課題である。 さらに、技術人材不足問題がもっと乏しい資源であります。 高速低遅延の5G技術によって、例えば建設現場で重機を操作するとき、操作者がその場でいなくても、遠隔操作で重機械を操作することができます。 この形の遠隔操作は、一人で多くの場所の作業状況に対処することができ、人的な資源を大幅に節約します。 5G技術の発展に伴い、遠隔操作に使用するの作業モードはサービス指向産業になる可能性が高いです。 技術人材を持つ企業はサービスを販売することで、市場で自身の競争力を向上しながら、 この技術力も商品の形で社会をサービスします。

次の

【詳解】5Gとは?5G技術の応用と未来生活

通信 技術 5 g の g と は 何 の こと

5Gとは?速いの?いつから?という疑問を徹底解説! 第5世代移動通信システム 20Gbps 最大理論値 2020年 各社の平均目標値 まず最初に、5Gとは次世代通信システムの中心となる革新的な通信技術です。 その「革新的な技術」ってなんだよ?っとの声が聞こえてきそうですが… 汗 そんな「5Gってなに?」や「5Gってどれだけ速いの?」や「いつから使えるの?」などの5Gに対して非常に多い疑問をわかりやすく解説します。 5Gとは? 5Gとは正式名称を第5世代移動通信システムといい、「5th Generation」の略称です。 4G LTE の次世代規格と位置づけられ、最高速度は 10Gbps以上の速度を誇ります。 一説では最大理論値で20Gbpsに達するとも言われ、現行規格の4G LTE との比較で約1000倍に達するのではないか?という見解も見解もある次世代の通信システムです。 5Gの通信速度はそんなに速いの? 通信速度 5G 4G LTE 光回線 最大理論値 20Gbps 988Mbps 2Gbps 結論から言いまして、 5Gはとてつもなく速い、超高速通信システムです! 表記のように、最大理論値での比較でも ケーブル線で接続されている光回線より、無線で繋がっている5Gの方が速いんですよ!! これは世の中のあらゆる通信事情がガラッと一変する可能性を秘めているといっても過言ではありませんね。 5Gはいつから使えるの? DoCoMo au ソフトバンク 5G・提供開始予定 2020年 2020年 2020年 3大通信会社各社の平均的な回答として、「2020東京オリンピック・パラリンピックでの活用」を目標と掲げているので、 5Gは2020年利用開始が有力視されています。 3大通信会社各社ともに各地で実験と体験型イベントを頻繁に行っており、データ取集に躍起になっています。 「日本で最初に5Gの提供を開始するのは、我が社だ!」っと言わんばかりに、しのぎを削りながら3大通信会社各社は5Gサービス提供開始に向かって躍進しています。 【世界初】5Gの実用化はすでに始まっている!? 結論から言いますと、 5Gのサービス2018年10月にアメリカで開始されます! アメリカの大手通信会社・ベライゾンが、世界で初めて5Gのサービス提供を開始すると発表しました。 ベライゾンが提供する5Gの通信速度は 平均300Mbpsで場所や環境によっては最大1Gbpsだそうです。 なので 、最初から10~20Gbps 最大理論値 には及びませんが、今後の続報に対して興味を抱く人は多いのでは?っと思います。 アメリカの話題とはいえ、5Gのサービス提供が始まるというニュースは次世代通信の夜明けを意味し、日本の我々にとっても本当に嬉しいかぎりですね。 参考: 5Gの特徴と優れた性能をわかりやすく説明します! 5Gのおもな特徴と優れた性能は大きく分けて3つあります! 「高速大容量・低遅延・多接続性」 ここでは3つある、5Gのおもな特徴と優れた性能をそれぞれわかりやすく解説していきます。 また、データ通信の大容量化によって増大する通信トラフィックに対して発生する、遅延等のさまざまなネットワーク障害に素早く対応し、通信コストも削減も可能となります。 5Gの優れた技術により、次世代移動通信システムは「 超低遅延と高い安定性」を得ることになります。 代表的なメリットとなるのが、近未来の社会インフラとして期待される 自動運転の精度が飛躍的に向上することがあげられます。 また医療分野では高齢化や過疎地対策で急務となっている、 遠隔治療や遠隔手術などの実現化に大きな役割を担うとされています。 ですので、多くの人が集まるプロスポーツの試合会場やイベント会場で多々発生している 「ネットが重くなる」といった現象が解消され、快適なデータ通信が可能となります。 私事で恐縮ですが日頃、頻繁にプロスポーツの試合をライヴ観戦しております。 5Gと3G・4G・LTEの違いを比較してみた! 5G 3G 4G LTE 通信速度 超高速 遅い 速い 遅延 超低遅延 高い 低い 多接続性 最強 弱い 強い 前述の3つの5Gのおもな特徴と優れた性能を3G・4G LTE を対象にサクッと比較してみました。 表記のとおり、5Gは3G・4G LTE とは 比べ物にならないほど、強烈なクオリティ 品質 と圧倒的なポテンシャル 潜在能力 を持つ、次世代通信システムです。 しかし、現行の3G・4G LTE もそれぞれに優位性を持った素晴らしい技術ですので、下のページでご確認ください。 ここまでのまとめ.

次の

5G・IoTとは?メリットと技術、スマホやインターネットで何が変わるのか解説!|NetLifeFan

通信 技術 5 g の g と は 何 の こと

次世代通信技術5G。 ごく近い未来にサービスインするこの新しい通信規格は、私たちに何をもたらそうとしているのでしょうか。 5Gで何が変わり、どんなメリットが得られ、またデメリットがあるのか、5Gについて今、知っておくべきことを解説します。 何が変わる? 次世代通信技術5Gとは 5G(第5世代移動通信システム)は、日本で現在主流となっている4Gに代わる新しい通信規格・通信技術です。 世界各国の標準化団体が参加する3GPP(Third Generation Partnership Project)を通じて国際標準仕様の策定が進み、商用サービス開始へのカウントダウンが始まっています。 1980年代に携帯電話が登場して以来、通信規格は約10年ごとに世代交代してきました。 スマートフォンの爆発的な普及を後押しした4G(3. 9Gとも呼ばれたLTEを含む)に対し、5Gはより多様なデバイスとアプリケーションをつなげる通信規格だと言われています。 5Gの実効速度は4Gの約100倍となる10Gbpsに達します。 しかし、優れているのは「超高速」であることだけではありません。 1平方kmあたり100万台という大量の端末と接続できる「多数同時接続」と、従来の約10分の1となる1ミリ秒(0. 001秒)程度の「超低遅延」という3つの特徴をあわせて実現することで、5Gはあらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」の基盤となることが期待されています。 また、これら3つの特徴に加えて「ネットワークスライシング」も5Gに関わる重要な技術としてさまざまな業界から注目されています。 これはネットワークの分割を意味する言葉で、サービスが要求する内容によって異なる(仮想的な)ネットワークを構築できることになります。 例えばあるサービスでは高速大容量なネットワークとして、別のあるサービスでは低遅延で高信頼性のあるネットワークとして利用するなど用途に応じた使い分けが可能です。 次世代通信技術5Gが必要とされる背景 なぜ5GがIoT時代のICT基盤となるのか、具体的な事例として自動運転のケースを見てみましょう。 自動運転システムでは通信の遅延は文字どおり命取りになります。 集中管理センターによる遠隔運転でブレーキをかけたとすると、例えば0. 1秒の遅延が起きると時速60kmで走行していた車は約1. 7メートル走ってから止まることになります。 これでは急ブレーキが必要な状況では間に合いません。 しかし5Gでは無線区間のデータ転送遅延を1ミリ秒以下に抑えつつ、さらに基地局間の通信や端末のデータ処理といったボトルネック要素の改善も加えることで、実際に車を運転しているのとそれほど変わらない感覚で遠隔操作できるようになると考えられています。 さらに走行中の車1台1台が備える車載センサーとのデータのやりとりや高精細な映像・地図情報の送受信では、超高速と多数同時接続という機能も必須とされます。 自動運転システムを実現させるには、従来の通信回線では明らかにスペックが足りません。 他にも、5Gが普及することでスマートフォンの機能も向上するでしょう。 東京オリンピックのような大規模スポーツイベントでは、スタジアムに来場する利用者の端末に向けてリアルタイムでマルチアングルやリプレイなどの高精細な映像情報を再生できるようなサービスの提供が想定されています。 一定エリア内の数万台もの端末を対象とする多数同時の大量のデータ通信を可能とするためにも、5Gによる新しい通信環境が必要不可欠とされています。 次世代通信技術5Gのメリット・デメリット 自動運転システムや大規模スポーツイベント以外に、5Gは私たちの生活にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。 一方でデメリットはないのかというのも気になるところです。 5Gのメリットとデメリットを挙げてみましょう。 メリット 高速化、大容量化、低遅延化、信頼性の向上によって、スマートフォンでのインターネット活用は今よりさらに快適になります。 大勢の人が同じ場所でスマートフォンを使い4K動画をストリーミング視聴しても問題ない状況が作られるでしょう。 IoTの世界でもまた、5Gのメリットを受けることになります。 自動運転システム以外では、離れた場所にいる名医がロボットアームを操作して行う「遠隔手術」などは社会に大きなインパクトを与えるでしょう。 また、工場内の機器や生産ラインをネットワークに接続することで生産性の向上を図り、消費者が欲しいと思うオプションなどを反映し、パーソナライズされた製品を製造できる「スマート工場」も、5Gの実現によって加速化されることが予想できます。 さらに高齢化が進行する農業や建設業では、すでに建機の遠隔操縦に成功した事例もあり、今後働き方が変わる可能性があるとされています。 5Gの普及は私たちの生活の利便性を劇的に向上させ、企業の生産性をアップさせるでしょう。 デメリット 5Gがもたらすデメリットはあるのでしょうか。 まず、今よりもっとインターネットとの接続機会が増えれば、それだけセキュリティリスクが高くなると予想されます。 IoTが社会の重要な役割を担うようになればなるほど、悪意のある攻撃を受けて、インフラの機能停止などの壊滅的な損害を被らないとも限りません。 また、消費者が5Gの恩恵を受けるには、5G対応の端末、IoT関連機器などを新たに購入しなければなりません。 スマートフォンも家電製品も自動車も、買い直さなければならないというのはデメリットの一つでしょう。 5Gが順調にスタートを切れるかどうかもまだ不確定です。 予想以上にサービスインの時期が遅れ、普及に時間がかかる可能性もゼロではありません。 次世代通信技術5Gが日本で実用化されるのはいつから? 当初、5Gは2020年をめどに商用サービス提供開始と目されていました。 しかしこのところ、その時期が前倒しされる動きが見られます。 国内では大手キャリアを中心に段階的にサービス開始に向けた実証実験などが進められています。 5G対応のスマートフォンが2019年に発売するとも言われています。 まだ普及には課題がある5Gですが、実用化されれば企業の生産性向上や生活の利便性向上が期待できます。 5Gが普及した社会では、スマートフォンはもはや不要になるかもしれないとも言われています。 個人が高度な情報端末を持たなくても、個人を認証できる端末がいたるところにあれば必要な情報の出し入れが簡単にできるようになるためです。 それらはAIともつながっていて、面倒な操作を肩代わりしてくれます。 5Gによるそんな未来が、少しずつ近づいてきています。

次の