ポケモン剣盾ボルトチェンジ。 【ポケモン剣盾】巨大ラプラスの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】巨大ラプラスの育成論と対策【ソードシールド】

ポケモン剣盾ボルトチェンジ

普通のポケモンが2ターンかけてようやく可能な両壁貼りを、氷タイプで殴りつつできてしまう超性能の技です。 アタッカーとしてできる限りダメージを与えたいので極振り• ラプラスミラー意識の最速 特性 この型では、ダイストリームで雨を降らせて自己補完できる「うるおいボディ」を採用しています。 ウオノラゴンのエラがみを無効化できたり、受け出ししやすくなる「ちょすい」も良さそうです。 持ち物 オーロラベール対策の「 かわらわり」を、逆に活用することができる「 じゃくてんほけん」を採用して抜きエースとしての性能を上げています。 また、耐久無振りでもそこそこ耐久が高めなラプラスは、キョダイマックス後なら、 壁なしでC特化ロトムの10万を2耐えするほどの耐久力があります。 4倍弱点がなく、ダイマックスで実質弱点がなくなるため、比較的HPを温存した状態で抜き体制を整えることができます。 運用 基本的にはどんなポケモンと対面しても、初手「キョダイセンリツ」から壁を貼って殴り合います。 あくびもちのポケモンに対してはダイサンダーを打ったり、ダイストリームで雨を降らせて回復しましょう。 確定技 わざ 採用理由 かみなり ・高火力でんき打点。 ダイサンダーであくび対策 ・雨下で必中になるので巨大ラプラスと高相性 10まんボルト ・命中安定でんき打点。 ダイサンダーであくび対策 ・ダイサンダーの威力は雷より10下がる りゅうのはどう ・ダイドラグーンのAダウンで物理アタッカーとの殴り合いに有利 サイコキネシス ・命中安定エスパー打点 ・ラプラス対策で出てきた格闘への打ち合いに強く、ダイサイコでマッパを封じれる こおりのつぶて ・先制技 ぜったいれいど ・起点回避。 チョッキ受けなどに。 オーロラベールによる耐久力の強化は非常に強力ですが、ラプラスは素早さのあるポケモンではないのでキョダイマックスを使う際には有利対面を作り出すことが必須条件です。 オーロラベールさえ張ることができれば倒されてしまっても後続が動きやすい環境を作りだすことはできるので、裏には積みポケモンなどの抜きエースを選出しておきましょう。 もしフリーズドライを使うことでしか突破できない場面に遭遇した場合には、キョダイマックスに拘らりすぎないように注意です。 環境に多いオーロンゲなどの壁貼りポケモンのついでに対策しておきましょう。

次の

ボルトチェンジ

ポケモン剣盾ボルトチェンジ

【ポケモン剣盾】ランターンの育成論と対策【特殊サイクルパーツ】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はランターンの育成論と対策を考えていきたいと思います。 ランターンはランクバトルでもたびたび見かけますが、上手いトレーナーが使うと想定以上の耐久性能を発揮するポケモンですよね。 どんな特徴を持っているのか見ていきましょう。 ランターンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ランターンの特徴1】HPに特化したステータス ランターンはHP種族値が125とラプラスの130には及ばないものの結構高いステータスになっています。 一方で他の種族値はぱっと光るものはなく、全体的に低めに抑えられていてあえていうならやや特殊方面に強いといったところです。 すばやさ種族値が67とアーマーガアと同速である、ということは頭の片隅に覚えておくといいでしょう。 【ランターンの特徴2】水・電気+特性貯水蓄電の優秀なタイプ受け性能 ランターンが飛び抜けて優秀というのはなんといってもタイプ受け性能でしょう。 水・電気はウォッシュロトムでおなじみの優秀な複合タイプですが、さらにランターンは特性の貯水と蓄電によって水・電気を無効どころか回復することが可能です。 一般的には等倍で受けてしまう電気を回復するために通常特性の蓄電で採用されることが多いでしょう。 弱点が地面・草しかなく、相手エースが使うダイジェットの飛行、ミミッキュやトゲキッスなど強力なフェアリーに対して撃たれやすい鋼、こちらのダイジェットエースに撃たれやすい電気・氷を半減以下で受けられるので、相手の攻撃を読み間違えなければ「HPが高いだけ」という数値以上の能力を発揮します。 読みが必要という点でランターンは中級トレーナー以上でないと使いこなせないポケモンと言えるかもしれません。 【ランターンの特徴3】ボルトチェンジによるサイクル性能 ランターンはサイクル戦でおなじみのボルトチェンジを覚えます。 特攻が低く火力がしょぼいので削りはあまり期待できませんが、受け出しからの後攻ボルトチェンジで初手出し負けしたときもクッションとして出しやすいでしょう。 ランターンの育成論と戦い方 ランターンは第2世代からいるポケモンなのでマイナーとはいえ型はたくさん考察されていますが、主にとつげきチョッキをもたせて特殊受け性能を上げる型が一番のメジャーで、次いでこだわりメガネをもたせてサイクル時に相手に与える負荷性能を向上させる型があり、この2つがメジャーかつ使いやすい型だと思います。 【ランターンの育成論】意表を突く火力サイクルランターン• 特性:ちくでん• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりメガネ• わざ:ボルトチェンジ・ねっとう・マジカルシャイン・れいとうビーム 特徴 運用方法としては ・初手に偵察として出してボルトチェンジ ・初手出し負けしたときに2番手以降において受け出しからのボルトチェンジ が基本ムーブです。 ボルトチェンジで対面操作しつつ有利対面を作り、そこからエースの積み技ダイマックスなどを決めて勝つのが理想的な流れです。 下手すると低火力なのをいいことに電気弱点のポケモンの弱点保険発動を誘ってしまうことすらあるため、ぶっぱして負荷をかけます。 HP種族値が高いポケモンなのでHPぶっぱするよりDぶっぱのほうが耐久が上がります。 ここまで特化すれば特攻種族値76のボルトチェンジといえど、HPぶっぱのトゲキッスに7割前後の削りを入れられるほどの火力が出るため、他のポケモンのサポートには十分役立ちますし、並のポケモンが下手に弱点保険発動のために出てきても後続で返り討ちにできます。 基本的にはこの技しか撃たないです。 後続にカットロトムなど草タイプがいるときに交代読みで撃てれば強いが、リスキーなのであまりうつことはないです。 タイプ一致の10万ボルトやハイドロポンプなど火力技にするのもあり。 ランターンの対策 物理アタッカーで対面するのがおすすめです。 ランターンは主に特殊受けをするサイクルパーツとして採用されるので、物理アタッカーを選出しましょう。 ただ、ランターンと一緒に物理受けのアーマーガア、ナットレイなどランターンとの弱点補完も優秀なポケモンが同時に採用されることも多いので、ランターンがいるからといって物理アタッカー一色の選出をすると苦しくなるかもしれない点は注意しましょう。 鈍足高火力ポケモンで後攻ボルトチェンジを阻止するのもおすすめです。 ランターンは素早さの低さをいかして後攻ボルトチェンジをして、後続エースに負担をかけないようにしつつこちらを削る動きもできるポケモンです。 しかし鈍足ポケモンなら後攻ボルトチェンジはさせないので、有利対面を作られるタイミングで相手エースに削りを入れられるでしょう。 ランターンは特殊受けかつ特殊アタッカーなので、特殊耐久指数が最強のカビゴンはイチオシです。 まとめ:【ポケモン剣盾】ランターンの育成論と対策【特殊サイクルパーツ】 いかがでしたでしょうか。 ほぼすべてのパーティにいるロトム系やトゲキッスにも出しやすいランターン、サイクル戦をやったことがないトレーナーは試しに育ててみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

『ボルトチェンジ』の効果と覚えるポケモン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾ボルトチェンジ

でダイミツ入手後、の道場裏にあるバトルコートでバトル。 75 [みずの塔クリア時] あんこくきょうだ インファイト どくづき アイアンヘッド 【倒し方・攻略メモ】• マスタードが使うウーラオスの型はクリアした塔により変わる。 マスタードはウーラオスをキョダイマックスさせてくる。 【撃破後】• もらえる賞金 : 30000円• もらえるアイテム : マスタードのレアリーグカード 3回目のマスタード戦以降、マスター道場の右の部屋にいるマスタードに話しかけると1日1回バトルできる。 75 [みずの塔クリア時] あんこくきょうだ インファイト どくづき アイアンヘッド 【倒し方・攻略メモ】• マスタードが使うウーラオスの型はクリアした塔により変わる。 マスタードはウーラオスをキョダイマックスさせてくる。 【撃破後】• もらえる賞金 : 30000円.

次の