ビートルズ メドレー。 アビイ・ロード

スターズ・オン45

ビートルズ メドレー

解説 [ ] 事実上頓挫した「」の後にビートルズ解散が危惧される状況のなか制作されたアルバム。 録音はの「」に始まり断続的に続けられた。 に正式にアルバム制作が開始され、録音はに完了した。 ちなみに本盤の制作を正式に始めた3日後()には名義で初のソロ・シングル「」を発売している。 こうした状況の中にあったビートルズのアルバムをプロデュースしたは当時の経緯を「『』の悲惨な経験のあと、彼らがまた集結するとは思いもよらなかった。 が電話をくれた時はひどく驚いたよ。 『もう1枚レコードを作りたいんだ。 僕たちをプロデュースしてくれない? 本当の意味でプロデュースしてほしい』と言われて『いいとも、もし本当の意味でプロデュースさせてもらえるならね。 また私にあれこれ指図して困らせようというんなら断る』と答えたんだ。 結果的にはとてもよかった。 もっとも連中は自分のことにかまけがちで、それぞれ違うスタジオにいたりしたから、私はあっちこっち飛びまわらなきゃならなかったがね」と語っている。 覇気のない「ゲット・バック・セッション」から一変し、ビートルズが「最後にアルバムを1つ制作しよう! 」と頑張ってアルバムを制作した。 本作は、、、など様々なジャンルを取り入れたアルバムで 、とが特徴的に使用されている。 アルバムの評価としては、B面の大部分を占めるメドレーへの評価が非常に高い。 このメドレーについてジョン・レノンは「A面は良いけどB面はちょっとね。 あれはジャンク(ガラクタ)を集めただけだと思うよ」と述べているが 、ポール・マッカートニーとは「B面のメドレーは僕らの最高傑作のひとつ」と発言している。 ポール・マッカートニーは解散後のソロ・コンサートにおいてもメドレー「ゴールデン・スランバーズ~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド」をコンサート終盤にしばしば演奏している。 誌は「本作のB面のみで、『』に匹敵する」と評している。 イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では17週連続 、アメリカの「ビルボード」誌では11週連続1位を獲得し 、1970年度年間第4位を記録している。 「キャッシュボックス」誌でも14週連続第1位獲得し、1970年度年間ランキング第5位を記録している。 さらに、全世界で3100万枚以上の販売を記録している。 EMIレコーディング・スタジオは、このアルバムの大ヒットをきっかけにビートルズに敬意を表して「」と改称された。 『これが最高! (Critic's Choice Top 200 Albums)』(1979年 クイックフォックス社)の英米編では9位、日本編では2位にランクされ、『』では14位にランクされている。 なお、イギリスでは前作の『』 まで、ステレオ盤とモノラル盤が併売されていたが、このアルバムからステレオ盤のみの販売となった。 そのため本アルバムのモノラル盤は販売されていない。 制作時期 [ ] 1969年9月の『アビイ・ロード』発売後に5月にビートルズ最後のオリジナル・アルバムとして発売された『』の多くの部分が、本作録音前の1969年からにかけての「」において録音されていることが知られていた。 そのため、かつては『アビイ・ロード』がビートルズの事実上ラスト・アルバムと言われていた。 しかし、にビートルズのレコーディング・セッションの詳細が公にされたことで『レット・イット・ビー』に収録されている一部の曲については本作録音後1970年からまで不在のまま追加録音が行なわれるとともに 、からにかけてが再プロデュースしていることから、現在では『レット・イット・ビー』がラスト・アルバムとされている。 ジャケット写真 [ ] ジャケット写真撮影が行なわれた横断歩道 ( ) ・EMIスタジオ前ので撮影されたは、レコードジャケット史上最も有名なものの一つである。 エンジニアのは「アルバム・タイトルを僕が吸っているタバコの銘柄に因み "Everest" にしてジャケット写真をの麓で撮影しようと思っていた」と述べている。 しかし「にまでジャケット写真を撮りにいくのはごめんだ。 撮影に関する打合せはあったようで、ジャケットに関する簡単なアイデア・スケッチとメモが残っている。 実際にジャケットに使われた写真 5枚目に撮影されたもの では、左から右にジョンを先頭に、リンゴ、ポール・ジョージの順番で並んでいる 他の5枚も全て同じ順番。 この写真のみメンバーの歩調や写真全体のバランスがきれいに取れている。 また、ジョージ以外の3人は ()によって仕立てられたスーツを着用している。 ジャケット向かって右一番手前の黒いワゴン車は回転ライトが屋上に付いているロンドン警視庁パトカー。 このパトカーは他2枚には写っておらず、ジャケット写真だけに写っているので、撮影終了直前に通り掛かったパトカーが交通規制をして撮影に協力したと考えられている。 ジャケット写真の背景の歩道に立っているのは観光客のポール・コール(, - )という人物であり、彼は撮影の数か月後に本アルバムが発売されるまで自分が撮影されていたことに気付いていなかった。 また、同じく背景に写っているは、に行われたサザビーズのオークションにおいて2,530ポンドで落札された。 また、このジャケット写真においてポールはたばこを持っているが、頃にはアメリカの多くのポスター会社が、アップル及びポールに許可を取らずにこの巻たばこを画像修正で削除していた。 裏ジャケットの写真はスタジオ近くの"ABBEY ROAD"と表示のある塀を撮影したものだが、その際に偶然青い服の女性が横切ってしまった。 これを面白がったメンバーがその写真に「BEATLES」の文字を合成したものが裏ジャケット写真になっている。 イギリスの初回プレス盤は、表裏ともジャケット写真がそれ以降のものより若干大きく印刷されており、その影響で裏ジャケットのアップル・レコードのロゴマークの青リンゴがクレジットの文字とずれて印刷されており、コレクターの間ではこのジャケットは通称『レフト・アップル』と呼ばれている(オーストラリア盤でもイギリスほどではないが青リンゴとクレジット文字がずれている)。 日本盤では、ジャケットの裏に記された「サムシング」と「マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー」の曲順が最初の発売時から逆になっていた(修正されたのは、1992年のアナログ盤再発売時)。 本作のヒットで、録音に使った「EMI・レコーディング・スタジオ」は、それまで愛称だった「」を正式名称に改称している。 観光スポット [ ] スタッフによるアビーロードのジャケットのパロディ写真(6月) アビー・ロード・スタジオ前のこのは人気の観光スポットとなっており、道路は現在も通常に使用されているのにジャケット写真のポーズを取る人が多く以前から接触事故・死亡事故などが起こっている。 における最寄り駅は(英: St John's Wood station)。 なおにという駅があるが横断歩道から16kmほど離れた場所にある。 この横断歩道は世界中から多くのビートルズ・ファンなどが訪れる場所となり、その文化的背景から景観の保存が検討され、横断歩道を英国政府が12月に英国の文化的・歴史的遺産に指定している。 建物以外が指定されるのは初。 「ポール死亡説」の根拠 [ ] 『アビイ・ロード』のジャケット写真においてメンバー4人のうちポールが1人だけ目をつぶっているように見えて、更に裸足であり 、左利きなのにタバコを右手に持っている。 路上に駐められたのナンバープレートが「28IF 」であるのが「もし IF ポールが生きていれば、 数え年で 28歳 発売当時のポールの実際の年齢は27歳 」。 白いスーツで長髪にひげを蓄えているジョン・レノンは「」、黒いスーツを着ているリンゴ・スターは「葬儀屋」、スーツ姿で目をつぶって裸足のポール・マッカートニーは「死人」、デニムシャツにジーンズ姿のは「墓堀人」などと解釈され、いわゆる「」の根拠の一部になった。 パロディ [ ] の『』やの『』、の『』など、世界中で最もジャケットがパロディー化される、いわゆるパロジャケが多いジャケット写真としても知られる。 ポール・マッカートニーは自身のアルバム『』において、自らパロディーを披露している。 の曲「アビーロードの街」では横断歩道をこのジャケット写真になぞらえている。 50周年記念アニバーサリー・エディション [ ] アルバムリリースから50周年を記念してに50周年記念スペシャル・エディションが発売された。 ビートルズのオリジナル・アルバムが特別仕様で発売されるのは、2017年の『』、2018年の『』に次いで3作目となる。 に発売された『』やに発売された『』と同様、とによってリミックスが行われているが、本作では、ステレオのみならず、ハイレゾ・ステレオ、5. 1サラウンド、そしてでミキシングし直されており、これまで未公開となっていたセッション・レコーディングの音源23曲が収録されている。 3LPデラックス・エディションとスーパー・デラックス・エディションにはニュー・ステレオ・ミックスとセッション音源を合わせた40曲、2CDデラックス・エディションにはニュー・ステレオ・ミックスとニュー・ステレオ・ミックスに加えて、セッション音源やデモ音源から厳選された17曲が収録される。 リリース発表された2019年は、本作のジャケットがアビー・ロード・スタジオ前にある横断歩道で撮影された日から丸50年にあたる日である。 付ので1位を獲得。 本作品が同チャート1位を記録したのは、オリジナル版の付チャート以来、49年252日ぶりとなった。 これは同チャートにおいて「同一アーティストかつ同名アルバムの首位返り咲き」の最長記録であり、それまでの最長記録であった、同じくビートルズの『』の49年125日を塗り替えるものとなった。 収録曲 [ ]• 邦題の表記は、日本公式サイトに準拠。 特記を除き、作詞作曲はによるもの。 アナログA面 タイトル 作詞・作曲 リード・ボーカル 時間 1. 「 」 Come Together 4:20 2. 「」 Something ジョージ・ハリスン 3:02 3. 「」 Maxwell's Silver Hammer 3:28 4. 「」 Oh! Darling ポール・マッカートニー 3:27 5. 「」 Octopus's Garden 2:51 6. 「」 I Want You She's So Heavy ジョン・レノン 7:47 合計時間: 24:55 アナログB面 タイトル 作詞・作曲 リード・ボーカル 時間 1. 「」 Here Comes The Sun ジョージ・ハリスン ジョージ・ハリスン 3:06 2. 「」 Because ジョン・レノン ポール・マッカートニー ジョージ・ハリスン 2:46 3. 「」 You Never Give Me Your Money ポール・マッカートニー 4:03 4. 「」 Sun King ジョン・レノン ポール・マッカートニー ジョージ・ハリスン 2:26 5. 「」 Mean Mr. Mustard ジョン・レノン 1:06 6. 「」 Polythene Pam ジョン・レノン 1:13 7. 「」 She Came In Through The Bathroom Window ポール・マッカートニー 1:59 8. 「」 Golden Slumbers ポール・マッカートニー 1:31 9. 「」 Carry That Weight リンゴ・スター 主部) ポール・マッカートニー(主部および中間部) 1:36 10. 「」 The End ポール・マッカートニー 2:22 11. 「 」 Her Majesty ポール・マッカートニー 0:25 合計時間: 22:33 50周年記念エディション追加収録曲 [ ] ディスク2(2CD) タイトル 作詞・作曲 時間 1. 「カム・トゥゲザー テイク5 」 Come Together Take 5 3:30 2. 「サムシング スタジオ・デモ 」 Something Studio Demo ジョージ・ハリスン 3:37 3. 「マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー テイク12 」 Maxwell's Silver Hammer Take 12 4:44 4. 「オー! ダーリン テイク4 」 Oh! Darling Take 4 3:30 5. 「オクトパス・ガーデン テイク9 」 Octopus's Garden Take 9 リチャード・スターキー 1:43 6. 「ヒア・カムズ・ザ・サン テイク9 」 Here Comes the Sun Take 9 ジョージ・ハリスン 3:40 8. 「ビコーズ テイク1 - インストゥルメンタル 」 Because Take 1 Instrumental 3:07 9. 「ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー テイク36 」 You Never Give Me Your Money Take 36 5:17 10. 「サン・キング テイク20 」 Sun King Take 20 3:14 11. 「ミーン・ミスター・マスタード テイク20 」 Mean Mr. Mustard Take 20 1:34 12. 「ポリシーン・パン テイク27 」 Polythene Pam Take 27 1:39 13. 「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドウ テイク27 」 She Came In Through The Bathroom Window Take 27 1:39 14. 「ジ・エンド テイク3 」 The End Take 3 2:11 16. 「ハー・マジェスティー テイク1-3 」 Her Majesty Takes 1-3 1:33 合計時間: 51:17 ディスク2(ボックス・セット) タイトル 作詞・作曲 時間 1. 「」 Goodbye Home Demo 2:24 3. 「サムシング スタジオ・デモ 」 Something Studio Demo ジョージ・ハリスン 3:37 4. 「 テイク7 」 The Ballad Of John And Yoko Take 7 3:38 5. 「 テイク2 」 Old Brown Shoe Take 2 ジョージ・ハリスン 3:16 6. 「オー! ダーリン テイク4 」 Oh! Darling Take 4 3:31 7. 「オクトパス・ガーデン テイク9 」 Octopus's Garden Take 9 リチャード・スターキー 1:43 8. 「ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー テイク36 」 You Never Give Me Your Money Take 36 5:18 9. 「ハー・マジェスティー テイク1-3 」 Her Majesty Takes 1-3 1:34 10. 「ヒア・カムズ・ザ・サン テイク9 」 Here Comes the Sun Take 9 ジョージ・ハリスン 3:41 12. 「マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー テイク12 」 Maxwell's Silver Hammer Take 12 4:44 合計時間: 43:47 ディスク3(ボックス・セット) タイトル 作詞・作曲 時間 1. 「カム・トゥゲザー テイク5 」 Come Together Take 5 3:30 2. 「ジ・エンド テイク3 」 The End Take 3 2:11 3. 「 スタジオ・デモ 」 Come and Get It Studio Demo 2:43 4. 「サン・キング テイク20 」 Sun King Take 20 3:14 5. 「ミーン・ミスター・マスタード テイク20 」 Mean Mr. Mustard Take 20 1:34 6. 「ポリシーン・パン テイク27 」 Polythene Pam Take 27 1:39 7. 「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドウ テイク27 」 She Came In Through The Bathroom Window Take 27 2:06 8. 「ビコーズ テイク1 - インストゥルメンタル 」 Because Take 1 Instrumental 3:08 9. 「カム・トゥゲザー」 Come Together 4:19 2. 「サムシング」 Something ジョージ・ハリスン 3:02 3. 「マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー」 Maxwell's Silver Hammer 3:27 4. 「オー! ダーリン」 Oh! Darling 3:27 5. 「オクトパス・ガーデン」 Octopus's Garden リチャード・スターキー 2:51 6. 「アイ・ウォント・ユー」 I Want You She's So Heavy 7:47 7. 「ヒア・カムズ・ザ・サン」 Here Comes the Sun ジョージ・ハリスン 3:05 8. 「ビコーズ」 Because 2:45 9. 「ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー」 You Never Give Me Your Money 4:03 10. 「サン・キング」 Sun King 2:26 11. 「ミーン・ミスター・マスタード」 Mean Mr. Mustard 1:06 12. 「ポリシーン・パン」 Polythene Pam 1:13 13. 「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドウ」 She Came In Through The Bathroom Window 1:58 14. 「ゴールデン・スランバー」 Golden Slumbers 1:31 15. 「キャリー・ザット・ウェイト」 Carry That Weight 1:36 16. 「ジ・エンド」 The End Take 3 2:05 17. 「ハー・マジェスティー」 Her Majesty Takes 1-3 0:23 ビートルズ• - 、、、、、、、、、• - 、、パーカッション• - (「サムシング」「」) スタッフ• ジョージ・マーティン、ビートルズ - プロデュース• - アシスタント・エンジニア• ジェフ・エメリック、フィル・マクドナルド、ジョージ・マーティン、ビートルズ -• ちなみに日本で1983年5月21日にCDが発売されたが(CP35-3016)、東芝EMIが独自に企画したものだったので英国EMIから苦情を申し立てられ、約1年後に販売中止になった。 このCDが世界初のビートルズのCDである。 関連文献 [ ]• のCD化においてイギリス盤公式オリジナル・アルバムと同等の扱いを受けたアメリカ・編集アルバム『』が、9月9日に発売されたデジタル・リマスター盤において発売日順に従い9作目に位置づけされたので1作繰り下がり12作目になっている。 としては11作目。 ただし、『イエロー・サブマリン』はステレオ盤をそのままモノラル化したものである。 なお、モノラルのも存在するが、これはステレオ盤をそのままモノラル化しただけのものである。 「」のヴォーカルと「」が追加録音されている。 その後を以てビートルズは自分たち主導によるアルバム制作を断念した。 しかしエメリックは「アビイ・ロードでの写真撮影およびアルバム名の発案者はリンゴ」と述べている。 他の5枚はメンバーの歩調やバランスが不揃いで、ポールがサンダルを履いているものもある。 米国で発売されたシングル盤「」の再発盤でも、同様の事態が発生している。 ポールは「これは撮影した日は暑かったので、思いつきでやった」と述べている。 実際のナンバーはLMW 28 1F アルファベットの Iではなく、数字の 1。 このアルバム・タイトルは、ライヴ・アルバムである点と、前述の「ポール死亡説」とをかけている。 アメリカで発売されたカセットテープでは「カム・トゥゲザー」と「ヒア・カムズ・ザ・サン」が入れ替えられたヴァージョンが存在したが、その後発売された全てのヴァージョン(CDを含む)はオリジナルの曲順に修正されている。 B面11曲目である「ハー・マジェスティー」はジャケットに当初クレジットされていなかった。 詳細は「」を参照。 の時点で試作段階の「」「」「」「」「」「」「」「」「」の9曲で構成されたメドレー。 出典 [ ] []• 2019年3月30日閲覧。 2019年3月30日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2019年10月5日. 2019年10月5日閲覧。 「ビートルズ/レコーディング・セッション」( シンコー・ミュージック)225頁。 James E. Perone. The Album: A Guide to Pop Music's Most Provocative, Influential, and Important Creations. 215• 228-231。 ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2019年8月9日. 2019年8月11日閲覧。 2012年10月8日時点のよりアーカイブ。 2019年3月30日閲覧。 1997. First Revised ed. London: Pimlico Random House. 300. 『』() リットーミュージック、337ページ。 1997. 559. Etherington-Smith, Meredith 1992年8月18日. The Independent London. の2014年3月14日時点におけるアーカイブ。 2019年3月30日閲覧。 DeYoung, Bill 2008年2月15日. TCPalm. 2012年11月28日閲覧。 McNichol, Tom 1989年8月9日. The Guardian London. の2012年11月12日時点におけるアーカイブ。 2019年3月30日閲覧。 2003年1月21日. 2019年3月30日閲覧。 日本経済新聞社. 2019年8月9日. 2019年8月11日閲覧。 8speed. net キザス株式会社. 2019年10月28日. 2019年12月24日閲覧。 Scott, Jane 1969年10月24日. The Plain Dealer Cleveland, Ohio• Cooney, Caroline 2012年4月6日. grammy. com. 2014年2月21日時点のよりアーカイブ。 2018年11月17日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE タワーレコード. 2019年9月24日. 2019年9月28日閲覧。 2019年8月8日. 2019年8月11日閲覧。 2020年6月12日閲覧。 1988. The Beatles Recording Sessions. Harmony Books. MacDonald, Ian 1997. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties First Revised ed. London: Pimlico Random House. 300-321. 1997. 1988. The Beatles Recording Sessions. Harmony Books. 179. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (日本語)•

次の

ビートルズの曲名一覧

ビートルズ メドレー

1980年のジョン・レノンの死後、ザ・ビートルズの何度目かのブームが世界的に巻き起こりました。 最近でいえば、マイケル・ジャクソンの死後の時のような感じだったでしょうか。 私も洋楽に目覚めたころであまり聴いたことがなかったザ・ビートルズに当然のようにはまっていたものです。 そうしたブームがまだ続いていた1981年、ラジオでディスコっぽいビートルズが流れてきたんです、それもメドレーで。 そう、それこそスターズ・オン45というプロジェクトによる「ショッキング・ビートルズ」。 原題は曲名もプロジェクト名も「スターズ・オン45」なんですが、邦題はわかりやすく「ショッキング・ビートルズ」。 これには非常に驚いたと同時にその斬新さにすぐに虜になりました。 「Wo Wo Wo Woo Wo Wo~」という女性コーラスに始まり、バナナラマでお馴染みのショッキング・ブルーの「ヴィーナス」、アーチーズの「シュガー・シュガー」などを挟んで「ノー・リプライ」からのビートルズメドレー。 今聴いても見事なミックス! すぐにシングル盤を買ってきて何度も何度も聴きまくりました。 オリジナルのザ・ビートルズの楽曲を聴きなおした時にハンドクラップがないと物足りない、とまで思ったくらいに。 このスターズ・オン45が凄いのがザ・ビートルズのメンバーの声にそっくりな人を起用したこと。 特にジョン・レノン役の人がいい。 似ているし、上手い! 冒頭の「ノー・リプライ」の出だしにはホント痺れます。 そしてサビよりも印象深いところを抜き取った曲の繋ぎが絶妙です。 そして、やはりというべきかこの曲は全米1位全英2位と世界中で大ヒット。 アルバム用ロングプレイの「スターズ・オン33」(回転数のことだったんですね)やアバ版、ローリング・ストーンズ版など様々なヴァージョンも出現しました。 スターズ・オン45のプロジェクトではないのですが、クラシックの名フレーズをディスコ・メドレーにした「フックト・オン・クラシック」もおススメです。 ザ・ビートルズの中でもそんなに超有名曲を使用していないこの斬新なプロジェクト。 今も色褪せないし凄いなと思うのですが、それにしてもザ・ビートルズの楽曲って、とんでもないパワーなんだなあ。 2016.

次の

ビートルズ名曲メドレー♪ひたすらビートルズの名曲15曲をつなげて歌ってみた

ビートルズ メドレー

リストについて 10ベスト曲のビートルズ Helloからマイアカウントac. 1 2 3 4 5 6形成されたリバプールした構成から1962年にジョン-レノン リズムギター、ヴォーカル 、ポール-マッカートニー(バス、ボーカルは、ジョージ-ハリソン(ギター、ヴォーカル)ringo Starr リンゴ-スター バッテリー... 続きを読む 10ベスト曲のビートルズ - このリストには次のものがあります: 1. ありがとう 2. フィンドホーンへのいざない(サ 3. こんにちはジュード小 4. 昨日 5. 助かります! 6. イイね! をやめる 7. 黄色の潜水艦 8. 私に恋しない 9. 集 10. ルーシーの空ダイヤモンド 1. ありがとう "Let It Be"は、歌のグループのビートルズに代表は、"戻る""長く曲がりくねった道"は、アルバムからの同じタイトルです。 のシングルとしては、米国、英国などで行っております。 でも一番のリスト国オーストラリア、ノルウェー、スイスである。 "ありがとう"があるように位置します。 ないます。 179"を1000選曲も"Q雑誌、音楽などのnます。 ないます。 20の"500歌ものすべての時間"の音楽やクリエイティブ-シーンです。 フィンドホーンへのいざない(サ フィンドホーンへのいざない太陽" 'フィンドホーンへのいざない(サート"'"は、曲のビートルズが書いたジョージ-ハリソンの修道院道路アルバムの1969年です。 この曲は、"何か"を最も良く知られ方によるハリソン内のビートルズます。 たジェネシスにより友好エリック-クラプトンは、リフトの橋のこの曲と同等のパートナーシップのハリソンのためのグループクリーム"缶バッジ"です。 1969年ではなかった年のハリソン:逮捕された所有する大麻を除去したり、彼の扁桃とした時からバンドです。 という曲を書きながらハリソンからこれらの問題です。 ジョージ-ハリソンは、ボーカル、アコースティックギターやMoogモジュールです。 ポール-マッカートニーの声調和のベースです。 Ringo Starr リンゴ-スター と連携して、バッテリーです。 のビ欠ジョン-レノンかから回復した最近の自動車事故でも欠席"Long、Long、Long、他のソン-ハリソンは述べた。 こんにちはジュード小 "こんにちは児"は、曲による、イギリスのロックバンド、ビートルズリーとして1968年に初のシングルからのレーベルの研修は、Appleの記録です。 曲の始まりの詩ブリッジの唄の伴奏はピアノ-マッカートニーから、どの曲が進行している追加の詳細とその異なるセクションです。 後のstanzaが変わることを最終的にはコーダの開発の中でも無料で利用できます。 をoffにして得た。 以上の分の時間、その時の曲の長い歴史を占め、トップ10には、英国のチャートシングルです。 5も四週間としてのn. 単一の販売数は約八百万円のコピーが頻繁に含まれるもののリストの最高の楽曲の全ての時間 4. 昨日 "昨日"(スペイン語:"昨日は曲による、イギリスのロックバンド、ビートルズ記録された1965年のアルバム!!します。 が通常の共著であるジョン-レノン、ポール-マッカートニー、ポールさにこの曲を独自にします。 に応じてギネスブックには、"昨日のはいいかもう出番ないんだし。 送のラジオ、世界中の以上六万排出量は、米国ます。 2"昨日"までの楽曲を収録の歴史に人気の音楽1600異なる解釈します。 2放送音楽 BMI という主張に、履き口とトゥ部分、かかとの曲が約7万回ます。 3 "昨日はバラードと憂いの期間を持つ分ます。 この構成公式を聴かせて単一のバンドを記録した曲身のポール-マッカートニーを伴っていたことのみによる弦楽四重奏曲です。 組成に大きな違いがあり、前作からのグループは、このバンドメンバーとなることがこの曲を編集し、英国などで行っております。 小野を拒否 5. 助かります! た"を解決するためにはビートルズの歌に含まれるアルバムの名前と同じです。 として位置付けられるものであ曲は映画Help! には、 簡単なる。 イイね! で行われたライブのための初めてのビートルズに世界初のグローバル放送のテレビ 衛星放送受26カ国がすでに400万人25年月1967年です。 BBCのた受託ビートルズの書かれている曲で表される英国ではこのプログラムです。 で最も有名な歌のグループは[1]です。 黄色の潜水艦 "イエローサブマリン"は、曲のビートルズ"と26日-1月1966年、研究2と3は、EMIのスタジオです。 このポールを書いたこの曲で一泊しましたの添い寝はベッドがステージの睡眠時の人間の眠りと目覚めたのだから私の頭のように黄色の潜水艦です。 中には"この曲を聞くことができるポール-ジョン気泡を吹きバケツの水Alf Bicknellの揺れを文字列に用浴槽、Brian Jones The Rolling Stones による衝突ガラスの器です。 私に恋しない "私に恋しなさい"は初期の曲のジョン-レノン、ポール-マッカートニー、主な構成により-マッカートニーとの間1958年-1959年です。 この曲として発売されたシングルに、英国、その最初のバージョン、5、1962年、"P. I Love You"を占め、B面のディスクです。 に達した。 ないます。 17エージェントを選ぶポイントチャートされ、再発は、第二版は、1982年に、ここで、nます。 米国に、最初からリリースされていた第二版、シングルでした。 1 1964年です。 画像のソースは 20 minutos.

次の