センザンコウ 中国。 中国、センザンコウを国家一級保護野生動物に 一連の措置で保護強化_新華網日本語

新型ウイルス、絶滅危惧の「センザンコウ」も媒介か 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

センザンコウ 中国

Contents• センザンコウとは?なぜウロコ? こちらが 『センザンコウ』です。 絶滅危惧種で中国の1級保護動物に指定されています。 ワシントン条約でも規制されています。 センザンコウは哺乳動物です。 ウロコで体が覆われている唯一の哺乳動物とされています。 センザンコウは、センザンコウ目(有鱗目、鱗甲目)センザンコウ科(1目1科)に属する哺乳類の総称だそうです。 少しアルマジロっぽい気もしますよね。 ウロコは硬いだけではなくとても鋭く刃物のようになっています。 尻尾を振り回すことで敵に攻撃することも可能なんです。 中には結構大きくなるのもいます。 こちらはライオンから身を守っている映像です。 比較すると大きさが分かりますね! センザンコウはすでに、8千万年にわたってこの地上に存在し続けていることが分かっていますが、すでに絶滅した種もあります。 現在においては、中国・マレーシア・インド・フィリピンの4カ国に、それぞれ別々の4種類、それに加えてアフリカにもまた別の4種類が生息し、全8種類のセンザンコウが確認されています。 センザンコウは日本名。 ちなみに、英語名は『パンゴリン』なんだそうです。 そしてウロコですが、成分にはケラチンが含まれています。 これは、人の爪やサイの角、鳥の足の爪などと同じ成分です。 これが中国では漢方薬の原料として古くから流通している・・・。 闇市での取引価格は、1キロ当たり3千ドルを超える価格がつけられています。 これが密猟される原因ですね。 効能 使用方法は、乾燥させて火であぶって使います。 漢方医学的情報では、 生薬分類 活血薬 薬 味 鹸味 塩味 薬 性 寒性(食べると寒くなる) 薬効、薬理 排膿, 通乳, 通経, 通経絡 帰 経 肝経, 胃経 配合漢方薬 透膿散、下乳涌泉散 病気への応用 腫れ物、乳汁不足、無月経、リウマチ、関節痛などに用いる となっています。 スポンサーリンク 財布にも!? 当然といえば当然かもしれませんが、その皮も財布やバッグなどに製品化されています。 こういった目的での密猟も増えているそうです。 また、食べる人も増えているそうです。 個性的な柄だと思いますが、個人的には持ちたくないです。 まとめ 人は誰もが命を頂かなければ生きていけません。 それはベジタリアンも同じです。 しかし、娯楽の為に、特に絶滅危惧種の命を奪うのは許せません。 このご時世ですので、代わりの漢方や医薬品もあるはずです。 取締りが強化されていくと良いですね。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

センザンコウは中国人に食べ尽くされ絶滅するのか?―中国メディア(2019年6月23日)|BIGLOBEニュース

センザンコウ 中国

21日、口袋電影は、センザンコウが絶滅の危機にあることを紹介したBBCのドキュメンタリー映画を紹介した。 2019年6月21日、口袋電影は、センザンコウが絶滅の危機にあることを紹介したBBCのドキュメンタリー映画を紹介した。 記事が紹介したのはBBCの「センザンコウ:最も多く捕殺される動物」と題するドキュメンタリー映画だ。 この中では、センザンコウの絶滅危機の背後にある密貿易について明らかにしているという。 記事によると、センザンコウは世界で最も多く密輸され販売されている動物で、5分に1匹の割合で捕まえられ、毎年10万匹以上が販売されているという。 その主な目的は「食べること」だと記事は指摘した。 記事は、「一部の地域では、野生動物は栄養価が高いと信じられているほか、富や身分をひけらかすためにセンザンコウを食する」と紹介。 また、中医では6000種類の薬の原料にセンザンコウのウロコが使用されており、血行を良くしたり腫れがひいたりなどの効能があると信じられているが、「実際には迷信」にすぎず、「現代医学では、センザンコウのウロコは人間のつめと同じで何の特別な効能もないことが証明されている」と記事は伝えた。 記事は「07年から16年までで、中国執法部門は合わせて209件のセンザンコウ密輸案件を摘発しており、違法に殺されたセンザンコウは9万匹近くに上る。 17年には過去最大の違法なセンザンコウのウロコ輸送を阻止したが、合計1.1トンで3万匹近くのセンザンコウが殺されたことになる」と伝えた。 記事によると、1980年代は山でセンザンコウをよく見掛けたが、90年代末頃からあまり見掛けなくなってきたという。 「多くの人は、センザンコウが国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの中で準絶滅危惧から絶滅危惧II類へと評価され、10年以内に絶滅する可能性があることを知らない。 この危険性はジャイアントより高い」と記事は指摘した。

次の

センザンコウのウロコの効能とは?中国でウロコ11トンの押収

センザンコウ 中国

2019年6月21日、口袋電影は、センザンコウが絶滅の危機にあることを紹介したBBCのドキュメンタリー映画を紹介した。 記事が紹介したのはBBCの「センザンコウ:最も多く捕殺される動物」と題するドキュメンタリー映画だ。 この中では、センザンコウの絶滅危機の背後にある密貿易について明らかにしているという。 記事によると、センザンコウは世界で最も多く密輸され販売されている動物で、5分に1匹の割合で捕まえられ、毎年10万匹以上が販売されているという。 その主な目的は「食べること」だと記事は指摘した。 記事は、「一部の地域では、野生動物は栄養価が高いと信じられているほか、富や身分をひけらかすためにセンザンコウを食する」と紹介。 また、中医では6000種類の薬の原料にセンザンコウのウロコが使用されており、血行を良くしたり腫れがひいたりなどの効能があると信じられているが、「実際には迷信」にすぎず、「現代医学では、センザンコウのウロコは人間のつめと同じで何の特別な効能もないことが証明されている」と記事は伝えた。 記事は「07年から16年までで、中国執法部門は合わせて209件のセンザンコウ密輸案件を摘発しており、違法に殺されたセンザンコウは9万匹近くに上る。 17年には過去最大の違法なセンザンコウのウロコ輸送を阻止したが、合計1.1トンで3万匹近くのセンザンコウが殺されたことになる」と伝えた。 記事によると、1980年代は山でセンザンコウをよく見掛けたが、90年代末頃からあまり見掛けなくなってきたという。 「多くの人は、センザンコウが国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの中で準絶滅危惧から絶滅危惧II類へと評価され、10年以内に絶滅する可能性があることを知らない。 この危険性はジャイアントパンダより高い」と記事は指摘した。

次の