女の子 イラスト。 【女の子イラスト】コピックで広範囲をムラなく綺麗に塗る簡単な方法|トオルログ

Drawing of Crying Girls

女の子 イラスト

この本では著者の方が長年の経験から取得した絵を描く手法について事細かく紹介されています。 基本的にはデジタルではなくアナログに関しての手法がメインなのですが、著者の方が良い作品を生み出すために固定観念にとらわれずにデジタルも積極的に使いながらこれまで素晴らしい作品を生み出してきたという事が読んでいただければ解るのではないかと思います。 絵を描く方法は色々あると思いますし、描き手の方のこだわりもありますので、ここで紹介されている方法が一番だと言い切れるものではないと思いますが、画材の選定や手順など、著者の方がなぜその画材を選んで、そういう手順を踏んでいるのかという事に関しても詳しく書かれているので、使いたい画材がなかなか決められない方や手順が定まらないという方にとっては今後の方向性を導いてくれる良い手引きにもなると思います。 実際私も使用する画材で悩んでいたり、いつも失敗してしまう部分が有ったのですが、この本を参考にさせてもらって吹っ切れた部分が沢山ありましたので、描くのが更に楽しくなりました。 掲載されている手順を踏んで絵を描いていけばおのずとその作風は著者の方と似た作風になってしまうのですが、著者の方と同じ作風が好みの方はそれを実践していけば良いですし、違う作風が好みなのであれば有用な情報は沢山見つけられると思いますので、良い手法書だと思います。 言うまでもなく高田明美はプロのキャラクターデザイナーである。 その彼女が結構な時間をかけ、自らの手法を惜しげもなく多数の 写真と解説で明らかにしている。 これは明らかに技法書なのだが ある意味、画集でもあるといえるだろう。 ワタクシは、この本が 製作される過程を彼女のブログを通じて追いかけていたけれども 作品展やコミケその他、多くの仕事を抱えながら、身を削りつつ 完成させたものだと感じている。 本書の導入部分である絵の描き方、そのプロセスについては、 水が高きから低きへ流れるごとくすんなりと入ってくる。 もちろん それが自分ですぐ実行できるかは別の話であるが。 ロングインタビューではそうした絵の描き方部分以外にも画材や 表現の変遷、キャラクターデザイナーになるまで、なって以降も 表現したいと目指しているものについて、8時間ほぼ休み無しに 語ったものが掲載されている。 そして巻末にはラフスケッチ集が収められており、生で見るもの とは微妙に違いながらも、もっとも自然に近い躍動的なラインを 見ることが出来る。 本書では、冒頭にも述べたようにプロの技法はいかなるものかと いう学術書的部分と、彼女の描き出す曲線の美しさや色の美しさ をあわせて楽しみたいと思う。 数々のアニメ作品のキャラクターデザインを手掛けた高田 明美さんが キャラクターイラストの技法とデザインについて紹介した一冊です。 3」の 3作品についてイメージラフから着彩~仕上げまで、三十数手順に亘って 写真と文章で詳しく技法について解説されています。 その他2作品と、CGと手描きを組み合わせたパッケージイラストの 簡単な技法紹介、可愛いキャラクターデザインについてのロングインタビュー、 巻末にはラフスケッチ集も収録されています。 高田 明美さんの技法はアクリル絵具を用いて描けるところまで描いたら パステルで色彩の微調整を施し、色鉛筆で細部を描き込んでいく方法です。 この技法は以前にも「色彩王国」「HOW to ART アート探検隊 VOL. 2」 「イラストスタートアップガイド アクリル絵具」で紹介されていましたが、 今回は使用する紙をアルシュから繊細な紙質のBFKリーブに変えた事で 「マスキング」や「モデリングペースト」を使用しない描き方になっています。 私もイラストを描く時にアクリル絵具と色鉛筆を使用するのですが、 なかなか満足のいく綺麗な仕上げが出来ないので、その点を学びたくて 購入しました。 イラストのプロ、特に著者は枚数を描くアニメ関係者なので下絵や着彩は サラサラと描くものだと勝手にイメージしていましたが、自分の納得がいくまで スケッチを組み合わせたり、些細な着彩の失敗でも描き直し、何度でも手間を 惜しまない事で完成度を高めていく姿勢がとても勉強になりました。 またデジタル全盛である現在だからこそ、手描きならではの楽しさ・感動を 読者にも伝えたいという本書のコンセプトはとても素晴らしいと思います。 アナログイラストが絶滅寸前の時代において貴重な一冊ですが、 技法書としては、もう少し普遍性のある内容にして欲しかったです。 水張りなどについては紹介されていますが、一から画材の扱い方や着彩の 基本技法について解説されている訳ではないので初心者向けではなく、 「BFKリーブ」という繊細な紙を全ての作品で使っている為、以前使用していた マスキングやモデリングペーストの技法は一切出てきません。 著者は折角様々な画材や技法・紙について研究しているのですから、この辺りを もう少し盛り込んで、読者が幅広く応用しやすい内容にして頂きたかったです。 技法書としてはやや普遍性に欠ける様に感じますが、高田 明美さんの様な 可愛らしく美しい作品を描きたい方、プロの技法について学びたい方には 貴重で魅力的な一冊だと思います。 以前から高田さんの描かれる女性の目線の強さが好きだったので、画集も数冊持っていました。 あの優しい繊細なタッチはどんなふうに描かれるんだろう?とも思っていて・・・。 (私も水彩やPCで絵を描いてます) そしてある日、公式サイトを久しぶりに見に行ったら、なんとテクニックの解説本が出てる!? ビックリしつつも即購入しました。 この本はアナログで水彩タッチ、パステルなどの画材を使って 優しい雰囲気の美少女や女性を描きたい方には相当参考になると思います。 だって、解説が絵の一枚一枚それはもう丁寧に、写真を交えて詳細に解説されていますから。 絵の具がアクリルだったというのは正直ビックリでしたが、技法はほぼ水彩と同じテクニックなんですね。 あと紙は、鉛筆は、部屋のライトは人物のポーズにはMACのモデリングソフトを使うとか、とほんとうに色んな疑問に答えてありその丁寧さには感動すら覚えました。 いい本だと思います。 なんといっても素晴らしいのはやっぱり発色の綺麗なイラストの数々。 個人的にはラフスケッチが線に勢いあってなんとも・・・。 このスケッチのためだけに定価出しても惜しくないと思うほど良かったです。 高田さんの描く少女や女性は、やや幼すぎるきらいもありありますが、やっぱり瞳が語っているのです。

次の

男心をくすぐる 『上目遣いの女の子』イラスト集

女の子 イラスト

この本では著者の方が長年の経験から取得した絵を描く手法について事細かく紹介されています。 基本的にはデジタルではなくアナログに関しての手法がメインなのですが、著者の方が良い作品を生み出すために固定観念にとらわれずにデジタルも積極的に使いながらこれまで素晴らしい作品を生み出してきたという事が読んでいただければ解るのではないかと思います。 絵を描く方法は色々あると思いますし、描き手の方のこだわりもありますので、ここで紹介されている方法が一番だと言い切れるものではないと思いますが、画材の選定や手順など、著者の方がなぜその画材を選んで、そういう手順を踏んでいるのかという事に関しても詳しく書かれているので、使いたい画材がなかなか決められない方や手順が定まらないという方にとっては今後の方向性を導いてくれる良い手引きにもなると思います。 実際私も使用する画材で悩んでいたり、いつも失敗してしまう部分が有ったのですが、この本を参考にさせてもらって吹っ切れた部分が沢山ありましたので、描くのが更に楽しくなりました。 掲載されている手順を踏んで絵を描いていけばおのずとその作風は著者の方と似た作風になってしまうのですが、著者の方と同じ作風が好みの方はそれを実践していけば良いですし、違う作風が好みなのであれば有用な情報は沢山見つけられると思いますので、良い手法書だと思います。 言うまでもなく高田明美はプロのキャラクターデザイナーである。 その彼女が結構な時間をかけ、自らの手法を惜しげもなく多数の 写真と解説で明らかにしている。 これは明らかに技法書なのだが ある意味、画集でもあるといえるだろう。 ワタクシは、この本が 製作される過程を彼女のブログを通じて追いかけていたけれども 作品展やコミケその他、多くの仕事を抱えながら、身を削りつつ 完成させたものだと感じている。 本書の導入部分である絵の描き方、そのプロセスについては、 水が高きから低きへ流れるごとくすんなりと入ってくる。 もちろん それが自分ですぐ実行できるかは別の話であるが。 ロングインタビューではそうした絵の描き方部分以外にも画材や 表現の変遷、キャラクターデザイナーになるまで、なって以降も 表現したいと目指しているものについて、8時間ほぼ休み無しに 語ったものが掲載されている。 そして巻末にはラフスケッチ集が収められており、生で見るもの とは微妙に違いながらも、もっとも自然に近い躍動的なラインを 見ることが出来る。 本書では、冒頭にも述べたようにプロの技法はいかなるものかと いう学術書的部分と、彼女の描き出す曲線の美しさや色の美しさ をあわせて楽しみたいと思う。 数々のアニメ作品のキャラクターデザインを手掛けた高田 明美さんが キャラクターイラストの技法とデザインについて紹介した一冊です。 3」の 3作品についてイメージラフから着彩~仕上げまで、三十数手順に亘って 写真と文章で詳しく技法について解説されています。 その他2作品と、CGと手描きを組み合わせたパッケージイラストの 簡単な技法紹介、可愛いキャラクターデザインについてのロングインタビュー、 巻末にはラフスケッチ集も収録されています。 高田 明美さんの技法はアクリル絵具を用いて描けるところまで描いたら パステルで色彩の微調整を施し、色鉛筆で細部を描き込んでいく方法です。 この技法は以前にも「色彩王国」「HOW to ART アート探検隊 VOL. 2」 「イラストスタートアップガイド アクリル絵具」で紹介されていましたが、 今回は使用する紙をアルシュから繊細な紙質のBFKリーブに変えた事で 「マスキング」や「モデリングペースト」を使用しない描き方になっています。 私もイラストを描く時にアクリル絵具と色鉛筆を使用するのですが、 なかなか満足のいく綺麗な仕上げが出来ないので、その点を学びたくて 購入しました。 イラストのプロ、特に著者は枚数を描くアニメ関係者なので下絵や着彩は サラサラと描くものだと勝手にイメージしていましたが、自分の納得がいくまで スケッチを組み合わせたり、些細な着彩の失敗でも描き直し、何度でも手間を 惜しまない事で完成度を高めていく姿勢がとても勉強になりました。 またデジタル全盛である現在だからこそ、手描きならではの楽しさ・感動を 読者にも伝えたいという本書のコンセプトはとても素晴らしいと思います。 アナログイラストが絶滅寸前の時代において貴重な一冊ですが、 技法書としては、もう少し普遍性のある内容にして欲しかったです。 水張りなどについては紹介されていますが、一から画材の扱い方や着彩の 基本技法について解説されている訳ではないので初心者向けではなく、 「BFKリーブ」という繊細な紙を全ての作品で使っている為、以前使用していた マスキングやモデリングペーストの技法は一切出てきません。 著者は折角様々な画材や技法・紙について研究しているのですから、この辺りを もう少し盛り込んで、読者が幅広く応用しやすい内容にして頂きたかったです。 技法書としてはやや普遍性に欠ける様に感じますが、高田 明美さんの様な 可愛らしく美しい作品を描きたい方、プロの技法について学びたい方には 貴重で魅力的な一冊だと思います。 以前から高田さんの描かれる女性の目線の強さが好きだったので、画集も数冊持っていました。 あの優しい繊細なタッチはどんなふうに描かれるんだろう?とも思っていて・・・。 (私も水彩やPCで絵を描いてます) そしてある日、公式サイトを久しぶりに見に行ったら、なんとテクニックの解説本が出てる!? ビックリしつつも即購入しました。 この本はアナログで水彩タッチ、パステルなどの画材を使って 優しい雰囲気の美少女や女性を描きたい方には相当参考になると思います。 だって、解説が絵の一枚一枚それはもう丁寧に、写真を交えて詳細に解説されていますから。 絵の具がアクリルだったというのは正直ビックリでしたが、技法はほぼ水彩と同じテクニックなんですね。 あと紙は、鉛筆は、部屋のライトは人物のポーズにはMACのモデリングソフトを使うとか、とほんとうに色んな疑問に答えてありその丁寧さには感動すら覚えました。 いい本だと思います。 なんといっても素晴らしいのはやっぱり発色の綺麗なイラストの数々。 個人的にはラフスケッチが線に勢いあってなんとも・・・。 このスケッチのためだけに定価出しても惜しくないと思うほど良かったです。 高田さんの描く少女や女性は、やや幼すぎるきらいもありありますが、やっぱり瞳が語っているのです。

次の

Drawings of Android Girls

女の子 イラスト

この本では著者の方が長年の経験から取得した絵を描く手法について事細かく紹介されています。 基本的にはデジタルではなくアナログに関しての手法がメインなのですが、著者の方が良い作品を生み出すために固定観念にとらわれずにデジタルも積極的に使いながらこれまで素晴らしい作品を生み出してきたという事が読んでいただければ解るのではないかと思います。 絵を描く方法は色々あると思いますし、描き手の方のこだわりもありますので、ここで紹介されている方法が一番だと言い切れるものではないと思いますが、画材の選定や手順など、著者の方がなぜその画材を選んで、そういう手順を踏んでいるのかという事に関しても詳しく書かれているので、使いたい画材がなかなか決められない方や手順が定まらないという方にとっては今後の方向性を導いてくれる良い手引きにもなると思います。 実際私も使用する画材で悩んでいたり、いつも失敗してしまう部分が有ったのですが、この本を参考にさせてもらって吹っ切れた部分が沢山ありましたので、描くのが更に楽しくなりました。 掲載されている手順を踏んで絵を描いていけばおのずとその作風は著者の方と似た作風になってしまうのですが、著者の方と同じ作風が好みの方はそれを実践していけば良いですし、違う作風が好みなのであれば有用な情報は沢山見つけられると思いますので、良い手法書だと思います。 言うまでもなく高田明美はプロのキャラクターデザイナーである。 その彼女が結構な時間をかけ、自らの手法を惜しげもなく多数の 写真と解説で明らかにしている。 これは明らかに技法書なのだが ある意味、画集でもあるといえるだろう。 ワタクシは、この本が 製作される過程を彼女のブログを通じて追いかけていたけれども 作品展やコミケその他、多くの仕事を抱えながら、身を削りつつ 完成させたものだと感じている。 本書の導入部分である絵の描き方、そのプロセスについては、 水が高きから低きへ流れるごとくすんなりと入ってくる。 もちろん それが自分ですぐ実行できるかは別の話であるが。 ロングインタビューではそうした絵の描き方部分以外にも画材や 表現の変遷、キャラクターデザイナーになるまで、なって以降も 表現したいと目指しているものについて、8時間ほぼ休み無しに 語ったものが掲載されている。 そして巻末にはラフスケッチ集が収められており、生で見るもの とは微妙に違いながらも、もっとも自然に近い躍動的なラインを 見ることが出来る。 本書では、冒頭にも述べたようにプロの技法はいかなるものかと いう学術書的部分と、彼女の描き出す曲線の美しさや色の美しさ をあわせて楽しみたいと思う。 数々のアニメ作品のキャラクターデザインを手掛けた高田 明美さんが キャラクターイラストの技法とデザインについて紹介した一冊です。 3」の 3作品についてイメージラフから着彩~仕上げまで、三十数手順に亘って 写真と文章で詳しく技法について解説されています。 その他2作品と、CGと手描きを組み合わせたパッケージイラストの 簡単な技法紹介、可愛いキャラクターデザインについてのロングインタビュー、 巻末にはラフスケッチ集も収録されています。 高田 明美さんの技法はアクリル絵具を用いて描けるところまで描いたら パステルで色彩の微調整を施し、色鉛筆で細部を描き込んでいく方法です。 この技法は以前にも「色彩王国」「HOW to ART アート探検隊 VOL. 2」 「イラストスタートアップガイド アクリル絵具」で紹介されていましたが、 今回は使用する紙をアルシュから繊細な紙質のBFKリーブに変えた事で 「マスキング」や「モデリングペースト」を使用しない描き方になっています。 私もイラストを描く時にアクリル絵具と色鉛筆を使用するのですが、 なかなか満足のいく綺麗な仕上げが出来ないので、その点を学びたくて 購入しました。 イラストのプロ、特に著者は枚数を描くアニメ関係者なので下絵や着彩は サラサラと描くものだと勝手にイメージしていましたが、自分の納得がいくまで スケッチを組み合わせたり、些細な着彩の失敗でも描き直し、何度でも手間を 惜しまない事で完成度を高めていく姿勢がとても勉強になりました。 またデジタル全盛である現在だからこそ、手描きならではの楽しさ・感動を 読者にも伝えたいという本書のコンセプトはとても素晴らしいと思います。 アナログイラストが絶滅寸前の時代において貴重な一冊ですが、 技法書としては、もう少し普遍性のある内容にして欲しかったです。 水張りなどについては紹介されていますが、一から画材の扱い方や着彩の 基本技法について解説されている訳ではないので初心者向けではなく、 「BFKリーブ」という繊細な紙を全ての作品で使っている為、以前使用していた マスキングやモデリングペーストの技法は一切出てきません。 著者は折角様々な画材や技法・紙について研究しているのですから、この辺りを もう少し盛り込んで、読者が幅広く応用しやすい内容にして頂きたかったです。 技法書としてはやや普遍性に欠ける様に感じますが、高田 明美さんの様な 可愛らしく美しい作品を描きたい方、プロの技法について学びたい方には 貴重で魅力的な一冊だと思います。 以前から高田さんの描かれる女性の目線の強さが好きだったので、画集も数冊持っていました。 あの優しい繊細なタッチはどんなふうに描かれるんだろう?とも思っていて・・・。 (私も水彩やPCで絵を描いてます) そしてある日、公式サイトを久しぶりに見に行ったら、なんとテクニックの解説本が出てる!? ビックリしつつも即購入しました。 この本はアナログで水彩タッチ、パステルなどの画材を使って 優しい雰囲気の美少女や女性を描きたい方には相当参考になると思います。 だって、解説が絵の一枚一枚それはもう丁寧に、写真を交えて詳細に解説されていますから。 絵の具がアクリルだったというのは正直ビックリでしたが、技法はほぼ水彩と同じテクニックなんですね。 あと紙は、鉛筆は、部屋のライトは人物のポーズにはMACのモデリングソフトを使うとか、とほんとうに色んな疑問に答えてありその丁寧さには感動すら覚えました。 いい本だと思います。 なんといっても素晴らしいのはやっぱり発色の綺麗なイラストの数々。 個人的にはラフスケッチが線に勢いあってなんとも・・・。 このスケッチのためだけに定価出しても惜しくないと思うほど良かったです。 高田さんの描く少女や女性は、やや幼すぎるきらいもありありますが、やっぱり瞳が語っているのです。

次の