ディアトロフ チェルノブイリ。 Chernobyl チェルノブイリ ドラマの概要と感想

チェルノブイリ (テレビドラマ)

ディアトロフ チェルノブイリ

門田隆将氏が上梓したノンフィクション作品「 」ーーこれを原作とした映画「」が2020年3月に全国の劇場で公開される。 この映画はタイトルからも想像できるように、2011年3月11日に、福島第一原発で事故が発生した時、現場では何が起きていたのか?というテーマに迫った作品。 ここで予告編が公開されている: あらすじやキャストの紹介は、すでにインターネットにあふれているのでここでは割愛するとして、この映画が公開されると聞いてすぐに連想したのが、33年前にソビエト連邦のチェルノブイリで起きた原発事故を元に作られた海外ドラマだ。 今年5月、全米ではHBOが「1986年4月26日、チェルノブイリ原発で事故が発生した時、現場では何が起きていたのか?」をテーマにしたドラマ「」を放送している。 このドラマ(全5話)が放送されると、全米では大きな話題となった。 そして先週日曜、アメリカで開催されたしている。 この話題のドラマが、ついに2019年9月25日(水)より日本でもしている。 9月30日(月)には、。 ニュースや歴史教科書からチェルノブイリの原発事故について知ってはいても、あの日、現場では何が起きていたのか?ということはあまりに知られていないということを、このドラマを見ると気づかされるはずだ。 特に核融合の仕組みなどの専門知識がない一般人にとっては、科学的な事故原因を真に理解することは難しい。 国連が「」を報告しており、専門知識がない一般人でもチェルノブイリの事故原因を理解できるのはこの報告書と言われている。 HBOのドラマ「チェルノブイリ」は、この報告書にある科学的見地を無視して、ジャーナリストや歴史学者、反原発活動家の意見を取り入れていると指摘するもある。 ドラマ仕立てにするために脚色されている箇所があるということを頭の片隅に入れて、それでもなお、このドラマは一見する価値がある。 副主任エンジニアのアナトリー・ディアトロフ(左) チェルノブイリ原発で副所長だったアレクサンダー・コバレンコ氏は、ドラマ「チェルノブイリ」が描く悪役とされる人物(副主任エンジニアのアナトリー・ディアトロフーー上の写真)は正しいが、英雄(事故処理を先導した科学者ヴァレリー・レガソフーー記事冒頭の写真)は間違っていると。 ドラマの英雄的な主人公として描かれているヴァレリー・レガソフ氏は、当時モスクワ在住の化学者であり、核施設の専門家ではない。 実際に事故処理を推進したのは他の核技術専門の科学者であり、その1人はエブゲニー・イグナテンコ氏だったと指摘する。 また、事故当時の状況が、ドラマで描くよりも「ずっと悲惨」だったとも語っている。 ドラマの最後に、「事件のその後」を説明する字幕が流れる。 その中で、ゴルバチョフ書記長は2006年に執筆した回顧録の中で次のように回想していることが紹介される。 チェルノブイリで起きたメルトダウンが・・・おそらくソビエト連邦が崩壊した真の原因だった。

次の

archive.islamicvoice.com: チェルノブイリ(吹替版): ジャレッド・ハリス, ステラン・スカルスガルド, ジェシー・バックリー, ポール・リッター, コン・オニール: generic

ディアトロフ チェルノブイリ

チェルノブイリ原発事故 チェルノブイリ原発事故は、1986年4月26日にウクライナ(旧ソビエト社会主義共和国連邦)で発生しました。 チェルノブイリ原子力発電所の4号炉が、動作実験中に制御不能となって、メルトダウン後に爆発。 飛散した放射性物質は、ベラルーシ、ロシアへ広がり、原発から半径30キロメートルが居住禁止区域となり、約30万人の周辺住民が避難を余儀なくされました。 事故後には、「石棺」と呼ばれるコンクリート製の構造物で原発を覆い、放射性物質の漏出を防ぐこととなったが、老朽化のために新たなシェルター(新安全閉じ込め設備)を建設。 なお、このシェルターは100年間は持ちこたえるように造られているといいます。 ドラマ『チェルノブイリ』 数えきれない人命が失われ続ける歴史上最悪の事故は、なぜ起きたのか? 部下の報告を信じず、事態を過小評価した責任者たち。 事故処理に命をかける現場作業員たち。 事態を理解しないまま放射性物質を大量に浴び、亡くなっていった人々。 そして、旧ソ連という国の許されざる体質……。 被害の拡大を抑えようと奔走する人々や、事故の原因や責任追及をやりすごすソビエト政府の対応を描きながら、その真相に迫っていく本作は、「面白い」と気軽に口にすることが憚られる内容ではありますが、張り詰めた緊張感が最後まで持続していく充実の一作です。 見どころもたくさんありますが、なかでも、 リトアニアにある閉鎖された原発をロケ地にして撮影されたという 原子力発電所の映像がとにかく圧巻! そのほかにも、 荒廃したプリピャチ市街の様子などが再現された映像のリアリティと説得力には凄まじいものがあります。 全5話 (5時間)という長さを感じさせず、一気に引き込まれて最後まで観てしまうこと間違いなし!.

次の

【ワーナー公式】海外ドラマ|チェルノブイリ ーCHERNOBYLー

ディアトロフ チェルノブイリ

彼はプリピャチ市から人民の避難や、消火活動から除染活動に至るまで多くの事を指揮した。 第二次世界大戦中、シチェルビナは鉄道を使った兵站の管理責任者であったが、すぐに特進の辞令を受けとった。 シベリアの共産党局長として、イルクーツクダムやブラーツクダムの建設、シベリア地方のすべての都市の建設やその他の多くの事業を任された。 チェルノブイリ事故後は、 1988年にアルメニアを襲った巨大地震の被災地救済活動を指揮したが、 1990年に亡くなった。 しかし、彼はディアトロフやブリュハーノフと同じく 10年の実刑判決を受ける。 捜査中、彼は拘置所に拘留されていたのだが、報道によれば、彼はここで自殺を図ったという。 彼は今も生存しているが、公衆の面前には姿を現していない。 次のような彼の言葉が広く報道によって伝えられている。 「ただ一つのことで自責の念に駆られる。 それは、発電所を稼働させるのには機械がもっとも重要だとかつて考えていたということだ。 しかし人が一番大切なのだということが分かった。 私は人の価値を過小評価していたのである」。 非常に偏っていてグロテスクであるというのだ。 コメンテーターの中には、ドラマの中ではあたかもスターリンのように描かれているが、どちらかというと彼はその対極であると指摘している者もいる。 (ちなみに、チェルノブイリ事故はゴルバチョフが始めたグラスノスチやペレストロイカの前夜に起こった)。 ゴルバチョフはソ連崩壊の理由の 1つはこのチェルノブイリ事故であると最初に語った人物である。 ゴルバチョフは、マスコミに対して、このドラマを見たら感想を述べると言っていたが、まだ今のところそれについては報道されていない。

次の