アライグマ 洗う。 アライグマは何故、ものを洗うのか?

アライグマは何故、ものを洗うのか?

アライグマ 洗う

【目次】アライグマはペットにできるの?生態・飼育・悲劇の歴史 アライグマはペットとして飼える?かつて起こった悲劇の歴史とは… アライグマが日本で昔流行したペットだったことはご存知でしょうか。 動物園の人気者のアライグマの可愛らしさに、「飼ってみたい」と一度は思われた方も多いはず。 しかし、この「飼ってみたい」と思った先人たちによって、アライグマは悲劇の道を辿ることとなってしまいました…。 そんなアライグマの生態、もし飼育することになった時に知っておきたいことをまとめました。 アライグマとは アライグマはアライグマ科アライグマ属に分類される哺乳類。 前足を水中に入れて獲物を探る姿が手を洗っているように見えることが名称の由来。 雑食性で、野生化のアライグマは木の実や果物を採食し、魚や小動物を捕獲して食べます。 タヌキに見た目がそっくりですが、アライグマの尾には黒い輪が数本見られます。 また、タヌキはイヌ科で歩く時に指先で歩く指行性であるのに対し、アライグマはクマのようにかかとを着けて歩くという違いがあります。 アライグマの原産国 原産国は北アメリカ。 カナダ南部から南アメリカ北部にかけて広く分布していて、多くの亜種が知られています。 日本やヨーロッパに人の手で連れ込まれ、野生に放された個体が外来種として自然の中で生息しています。 現在 野生化したアライグマが農作物を荒らすことへの被害や生態系への影響などが問題視されています。 アライグマの大きさ アライグマは生息地や飼育状況によって体の大きさにも差があります。 その幅は、2~14kgほど。 これまで報告されたもので、大きいものでは、全長140cm、体重が28kgを超えるものも。 人間と同じく、体はオスの方がメスよりも大きい傾向にあります。 野生のアライグマの生息地や生態 野生のアライグマは主に森林や草原地帯などに生息しています。 水辺の近くを好み、森林の河川地域などに多く見られます。 環境によく適応するため、湿地帯や沿岸部のほか、農地や郊外、都市部などに現れることも。 一般的には、岩の窪みや木の洞などに巣をつくりますが、都市部や農村部で野生化したアライグマが、人家の納屋や車庫、屋根裏などに住みつく例もあります。 冬に雪に覆われるような寒い地域下では、冬眠とまではいかなくとも穴ごもりをして過ごしますが、暖かい地域では一年中活動しています。 野生での平均寿命は3~5年ほど。 アライグマの食事、餌 アライグマは本来 夜行性の生き物。 夕方から水辺で採食する姿を多く見かけます。 雑食性で、両生類や魚、果実や木の実、昆虫や小動物、鳥の卵など何でも食べます。 好物は、カエルやザリガニ、魚や貝など。 都市部では生ゴミを漁り、農村部では畑を荒らすなど人間への被害もいくつか報告されています。 アライグマの四肢の5本の指は、特に前肢の感覚が鋭く、前足を水中に入れて獲物を捕らえます。 前述したように、この様子が洗っているように見えるため命名されたアライグマですが、食物を「洗う」という行為をすることはありません。 アライグマの子育て 地域にもよりますが、繁殖期は2~6月頃。 アライグマは一夫多妻で、オスが多くのメスと交尾する動物です。 妊娠期間1ヶ月ほど。 1回で産まれる子は4匹〜7匹です。 産まれたばかりの子どもの体重は60~75g、体長は10cm。 産まれたばかりは、毛は生えておらず、目は閉じた状態ですが、生後3週間前後で目が開き始めます。 10ヶ月から1年ほどで親から独立し、オスは遠くへ離れていきます。 アライグマをペットとして飼える? 単刀直入に言うと、現在日本でアライグマを個人で飼育することは法律で禁止されています。 ただし、学術研究、展示、教育などの目的で大臣の許可を取得できれば飼うことができます。 愛玩動物、すなわちペットとしては、保護や飼育管理することも、誰かから譲り受けることも、購入することもできません。 というのも、平成16年に公布された「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」の中で、アライグマが「特定外来生物」に指定されたため。 「特定外来生物」とは、生態系に悪影響を及ぼし、人に危害を加える可能性があり、農林水産業に大きな被害をもたらす生物として捕獲・駆除の対象となる生物。 このリストに入ってから、毎年たくさんのアライグマが駆除されています。 アライグマが駆除対象に… その原因は人間 日本では昔、アライグマが1頭当たり5万円程度で販売されていました。 人気に火が付いたのは、80年代。 当時放映されていたアニメ「あらいぐまラスカル」に登場するアライグマの愛らしさに、ペットとして飼いたいという人が殺到。 ペットブームの中、アライグマは海外から輸入され、個人のペットとして飼われることになりました。 しかし、見た目の可愛さとは裏腹にアライグマの性格は凶暴で人になつきにくく、多くの飼い主が手を焼いたことは想像に難しくありません。 アライグマを飼いきれなくなった飼い主が最終的に野に放したり、アライグマ自身が逃げ出したりしたことで野生化で大量繁殖し、現在では多くの被害をもたらす害獣とされてしまっているのです。 ペットとしてのアライグマ 前述したように、アライグマを現在の日本でペットとして飼育することは禁止されています。 ここでは豆知識として、もし外国で飼育することになったら、または大臣の許可を得て飼育することになったらという前提で、飼育方法をご紹介します。 ・飼育環境 飼育環境はなるべく広い場所で適度に運動できるスぺースを用意しましょう。 外で放し飼いにしていると高確率で逃げ出してしまい、近隣の生態系を脅かす存在となってしまいます。 ・食事 人参などの野菜やリンゴ、バナナを主に、副食にドッグフードを与える場合が多いようです。 雑食性ではありますが、骨が多い肉や魚は与えない、もしくは骨を取り除いてから与えましょう。 ・飼い主との距離 犬と違い、アライグマはペットとしての品種改良をされていない生物です。 基本的に人に慣れるということはないものとして考えましょう。 元来の性質が荒いため、無理にスキンシップをはかるのは大変危険です。 ・病気 アライグマは人に感染する病気を媒介する動物として知られています。 犬と同じく、狂犬病ウイルスを持っているので、必ず予防接種を受けましょう。 回虫などの寄生虫や、人獣共通感染症であるレプトスピラ症に感染している例も多く、かなり飼育には注意する必要があります。 また、アライグマを診てくれる病院はほとんどないため、事前に調べておく必要があります。 飼育下でのアライグマの寿命は10年〜20年ほどです。 まとめ アライグマは過去のペットブーム被害者の代表ともいえる動物です。 私たちもテレビやペットショップで見かけて「可愛いから」と安直に動物を購入しないようにしたいものですね。 特に野生動物をそのままペットとするのは飼育の観点から見てかなり難しいことです。 最期の時を見届けるまで共に過ごすパートナーとして、自分に合ったペットを選びましょう。

次の

アライグマとタヌキの違いは?見分け方や区別方法を画像と写真で解説

アライグマ 洗う

アライグマは何を食べる? アニメなどで有名なアライグマは、魚を食べるイメージが強いかもしれません。 ですが、実はアライグマは雑食性なのです。 そのため基本的には何でも食べますが、特に好物なのは甘味の強い果物やスナック菓子といわれています。 そのため、収穫期を迎えたスイカがアライグマによってゴルフボール大の穴を空けられ、中身だけくり抜かれて食べられたという被害もあります。 また、アライグマが過去ペットとして販売されていた時は、ドッグフードを餌として与えていたそうです。 アライグマを餌で捕獲するための箱わなには、おびき寄せるための「寄せ餌」にドッグフードやスナック菓子、食わせるための「食わせ餌」に揚げパンが使われるなど油分や甘味が強いものが使われます。 アライグマが餌を洗うのは本当? アライグマといえば名前の由来が「川で餌を洗うようにする習性があるから」というのはとても有名です。 しかし実は、この由来は野生のアライグマには全く見られない習性だというのです。 有名な餌を洗うアライグマとは、動物園で飼われているような空腹を感じていないアライグマがする行動なので、いつも餌を探すのに必死な野生のアライグマにはこのような行動は見られないようです。 また、餌を洗っているようにみられる動作は餌を洗っているのではなく、視力が悪いために餌があるのかどうかを確かめているだけという説もあります。 アライグマの生息を確認する『餌トラップ法』とは? 「餌トラップ法」とは、平成19年度に近畿地方のアライグマ防除事業で開発されたものです。 両手を器用に使うアライグマの特性を利用して、トラップの底にある餌がなくなったことで、それをアライグマが餌を食べたためだと判別することができます。 ペットボトルや塩化ビニル管など安価なものを利用してできるため誰でも作成することが可能です。 作成手順は以下の通りになります。 3~4個ほど通したら、30cmの針金を50cmの針金の先に取り付けます。 (4)餌を取り付けた針金の端をペットボトルの底から通し、切り落としたペットボトルの口で栓をするようにして固定します。 (5)餌の何個かはペットボトルの中、何個かはペットボトルの外になるようにして完成です。 針金の端を折り餌がはずれないようにします、餌を取らせるのが目的なので仮留めのような感覚で留めます。 このようなトラップを設置することで、もし庭などに動物の気配を感じたときにそれがアライグマかどうかを判別することができます。 民家に出没する動物はアライグマのほかにタヌキやハクビシンなどがいますが、このように器用に餌を取ることができるのはアライグマだけだからです。 アライグマがいたら… アライグマの出没を確認したら畑や家に餌場としている場所がないかを確認しましょう。 また、天井で頻繁に物音がする場合はすでに屋根裏に巣を作っている可能性もあります。 屋根裏にアライグマが巣を作ると、糞尿によって異臭がしたり断熱材を使って子どもを出産しているなどの被害が考えられます。 また、アライグマは狂犬病や、アライグマ回虫と呼ばれる脳神経障害を引き起こす可能性のある寄生虫を媒介している可能性があり非常に危険です。 アライグマにマダニなどのダニがいる場合はペットに寄生されたり、感染症を引き起こすこともあります。 アライグマを発見した場合それらの脅威から自身を守るためにも ・アライグマの餌場をなくす ・アライグマの侵入経路を塞ぐ ・アライグマ避けのフェンスを設置する などの対策をしましょう。 個人で手に負えない場合や、アライグマの被害があまりにもひどい場合などは害獣駆除のプロに相談しましょう。 まとめ アライグマは天敵が日本にいないのと、住宅地にいけばアライグマの餌が豊富にあるため全国に生息しています。 もしも「最近ペットフードや外に置いてある野菜が荒らされている……」ということがあれば、それはアライグマの仕業かもしれません。 先述したように狂犬病や寄生虫を媒介している可能性もあるため、アライグマの仕業だと感じたら害獣駆除のプロに相談することも考えてみましょう。

次の

アライグマは猫を捕食する?

アライグマ 洗う

まず始めに、アライグマの生態について、お話しします。 アライグマは、アメリカなどの水辺に生息しており、水の中の獲物を手探りで獲る習性があります。 あと、目が悪いので、獲物など触った感触で何の食べ物か等、認識しているのです。 体の大きさは、例えでいうと猫や犬と同じような大きさで、数字で表すと23~30センチ位、尾だけだと20~40センチ(個体によって変わってきます)位になります。 アライグマは、元々海外から輸入された動物なので、日本に居るアライグマは、特定外来生物に指定されている動物になります。 なので、勝手に捕まえたりする事は、いけないと決まっているので注意しましょう。 それには、許可や免許が必要になります。 まずは、市役所などに連絡して問い合わせしましょう。 アライグマは猫を捕食するのか お題ともなっている、アライグマは猫を捕食するのか、という事について書いていきます。 色々、私も調べたのですが 捕食自体はするそうです。 しかし、常日頃から猫を捕食しているのではないようです。 例えば、都会など人が多く住んでいてゴミが良く出る場所だと、簡単に食べ物が手に入るので、わざわざ猫を捕食する事はしないと思います。 もし、都会でアライグマが猫を捕食していたら、そこには周辺には餌となる物がない可能性が高いかもしれません。 猫にとって、アライグマは天敵となる動物の1種であり、アライグマは自分よりも大きい獲物(動物)を襲う事もあります。 アライグマは、もともと雑食系で小動物や果物などを食べます。 他にも、たくさんの生き物や動物が暮らしていますが、どの生き物たちも生きていく為に人間の食べ物や他の動物を、捕まえて食べて生きています。 なので、動物や生き物同士で獲物を捕る為に争ったりして、段々と獲物や食べ物が無くなって常日頃食さない、獲物を捕まえたりするのでしょう。 スポンサードリンク まとめ いかがでしたか?たいして情報をお伝えする事が出来ませんでしたが、検索をしてもなかなか出てこないのです。 少しでも、お力になれれば嬉しいです。 猫を捕食する事自体は、珍しい物でもなくあり得る事なのです。 ただ、常日頃食さないだけであって、もとは雑食系なので認知度が低いだけなのです。 検索すれば、他にも色んな情報が出てくるかもしれないので、時間があれば調べて見てくださいね。 スポンサードリンク.

次の