サメは何類。 多種多様なサメの歯について解説 〜前編〜サメの歯の種類のまとめ7つ

多種多様なサメの歯について解説 〜前編〜サメの歯の種類のまとめ7つ

サメは何類

こんにちは。 小さい頃、歯磨きが嫌いだったにも関わらず、一度も虫歯になったことがないひとみんです。 歯が丈夫かどうかって遺伝するらしいですよ。 でも、サメの方がわたしより遥かに歯が丈夫です(当たり前) しかも何度でも生え変わる…!羨ましいですね。 本日は、お題のリクエストで頂いていた 「歯の種類を取り上げてほしい」という声に答え、サメの歯の特集を組んでみます! ちなみにかなり奥が深い話題なので、 3回ほどに分けてお伝えしていきます。 本日1回目は、歯の形の種類です。 それではいきましょう! 多種多様な歯の形 サメの歯といえば何を思い浮かべますか? 『JAWS』のホホジロザメのような、ズラッと並んだ鋭い三角形の歯? それともジンベエザメのような無害そうな歯? 同じサメでも全然歯の形が違いますよね。 ジンベエザメに至っては「歯があるのか?」と首をかしげてしまいますよね。 そう、 サメによって食べる方法や獲物が違うだけで歯の形が異なってくるのです。 ギザギザの三角形の歯 メジロザメや、に代表される歯の形です。 (出典:) こちらはホホジロザメの歯です。 三角形で縁にギザギザの鋸歯(きんし)があるのが分かりますか? この歯で魚やタコやイカを捕まえ、大きな獲物は肉を切り裂き食いちぎるためにこのような歯の形になっています。 オオメジロザメやイタチザメの歯も構造は同じで、歯の縁にギザギザがついているのが特徴的です。 オオメジロザメの上顎の歯は、形がホホジロザメの歯に似ていますが大体2分の1ほどの大きさで、三角形が緩やかなカーブを描いています。 下顎の歯は上顎の歯よりもずっとカーブがきつく細身です。 イタチザメに至っては、硬いウミガメの甲羅も噛み砕いてしまうくらい特徴のあるハートの形をしています。 (オオメジロザメの上顎の歯、出典:) (イタチザメの歯、出典:) 似たような形でも大きさだったりは種類によって異なりますね。 他にもヨゴレなど、同じ歯の構造をしています。 狙った獲物は串刺し!?尖った歯 やシロワニに代表される歯の形です。 (出典:) 長く尖った歯で獲物を串刺しにし、 丸呑みできるように滑らかな曲線を描く美しい歯ですね。 アオザメは泳ぎが世界最速のサメということもあり、素早い魚を突き刺して離さないようにこのような形になったのでしょう。 シロワニも同じ歯の構造をしています。 顔が恐ろしいのに、性格が穏やかなシロワニの歯はホホジロザメのような凶悪な歯ではないんですよね。 噛み砕くよりも飲み込むために特化した歯です。 無害な小さなトゲトゲの歯 トラフザメに代表される歯です。 (出典:) トラフザメはとても大人しく人にも慣れやすいためダイバーに好かれるサメです。 見た目もぷくっとしていて愛らしいのが特徴です。 小さなトゲトゲした歯で主にエビやカニ、たまにウミヘビも食べるそうです。 大人しいサメですが、歯が鋭利なのでじゃれついて噛まれたらちょっと痛いかもしれません。 (出典:) 4. 見た目がちょっとグロテスク…丸い拳のような歯 ネコザメに代表される歯です。 蓮コラが苦手な私にとってはなかなか見るに堪えない歯列です。 臼歯で硬い貝を噛み砕いて食べることから「サザエワリ」とも呼ばれます。 明らかに人に無害な口していますね。 大きな獲物に果敢に挑む!肉をキレイにえぐり取る歯 こんなことをするサメは今のところ1種類しかいません。 そう、です。 (出典:) この歯で獲物に噛みつき、獲物の暴れる力を利用して体を回転させ、肉を丸くえぐり取るのがダルマザメの手法です。 ダルマザメに噛まれると、跡がのこります。 それにより、魚の味の質が落ちたりするので漁師にとっては悩みのタネです。 古代から生きるサメのとても珍しい歯 こちらもひと目見たらすぐ分かる特徴的な歯です。 「生きている化石」とも呼ばれる希少種のは、1つの歯が三つ又に分かれています。 古代から生きているサメなのですが、歯だけ未知の進化を遂げていてもはやよくわかりません。 というかラブカ自体の生態が謎に包まれているので、三つ又の歯にも意味があるのだと思います。 この鋭い歯で自分より大きな深海魚やイカやタコなどを捕食します。 (出典:) (出典:) 7. 大きな体に米粒くらいの歯 最後に紹介するのはジンベエザメやウバザメなどに代表される歯です。 ジンベエザメやウバザメは、ご存知の通り、プラントンを主食とするサメです。 大きな口をあけて水を吸い込む形でプランクトンを捕食します。 そのため「歯を使う」ことがほぼなく、プランクトン食に合わせて歯も小さくなったのです。 (出典:) (出典:) ウバザメは自分の体高よりも口が大きく開くのですが、この顔のまま泳ぐから動画で見るとあまりにマヌケで笑ってしまいます。 動画も見てみてくだい。 ちょっとマヌケな顔にとても癒やされます。 まとめ サメの歯って、こんなにも形や種類があるんですね! 今まで「ギザギザの歯はホホジロザメ」と認識していたのですが、他にもオオメジロザメやイタチザメなど、ちょっと形は違えど役割は同じ歯があることを知りました。 またまとめていてお分かりになったかもしれませんが、サメの食べる餌や食べる方法によっても歯の形が全く変わってきますね。 とにかく噛み付くタイプ、すりつぶすタイプ、えぐり取るタイプ…。 まだまだ沢山の歯の種類がありそうです。 サメの種類は現在確認されている時点で500種類以上あります。 つまりそれだけ摂餌の方法も異なり、歯の種類も変わってくるということです。 次回は、サメの歯の役割と餌の食べ方をご紹介します。

次の

古生代デボン紀、魚類が脊椎動物の頂点に立つ

サメは何類

脊椎動物が上陸するのはデボン紀後半です。 水中では、板皮魚類(ばんぴぎょるい:かっちゅう魚)、棘魚類(きょくぎょるい;トゲを持つ魚)、軟骨魚類(なんこつぎょ:サメ、エイの仲間)、肉鰭類(にくきるい:肺魚、シーラカンスなど)が現れました。 強力なアゴを持つようになった魚類は脊椎動物として始めて生態系の頂点に立ちます。 デボン紀を代表する魚、板皮魚類ダンクルオステウス(ディニクチス)。 体長6m。 ダンクルオステウスは、見たまんま捕食性の肉食魚です。 ごっついアゴに並んでいるギロチンみたいな歯は、じつは歯ではなくて歯の役割をするために変化したアゴの骨です。 ダンクルオステウスと同じ板皮魚類(ばんぴぎょるい)というグループの魚。 コッコステウス。 体長30cm。 コッコステウスも捕食性の肉食魚だったようです。 無顎類(むがくるい)ドレパナスピス科 ドレパナスピス・ゲムエンデンシス(Drepanaspis gemuendensis) ドレパナスピスは海にすんでいた装甲を持つ魚で、装甲はあるのにアゴを持っていませんでした。 アゴのない魚はやがて衰退していきます。 無顎類ボトゥリオレピス。 淡水域にすんでいたアゴのない魚、体長30cm。 デボン紀を代表するサメ、軟骨魚類(なんこつぎょるい)クラドセラケ・ファイレリ。 体長2m。 おなか側をこっちに向けてあお向け状態で化石になっているので、アゴのラインがよく見えます。 デボン紀のサメは現生のサメとよく似た姿でしたが、アゴが口先にあるのが特徴です。 また、頭や背びれにトゲを持って武装している種類が多いので、捕食されることが多かったのでしょう。 こちらは淡水域にすんでいたサメ。 軟骨魚類クセナカンサス。 体長1m。 後頭部に長いトゲを持つのが特徴です。 食われたくなかったのでしょう。 上陸した魚類から両生類が進化 デボン紀後期、シルル紀に初上陸していたコケやシダの仲間が陸地を覆い、高さ数10mを超すシダ植物が森林をつくるようになりました。 淡水域にすむシーラカンスや肺魚のような肉質のヒレを持つ魚類(肉鰭類:にくきるい)から、脊椎動物で初めて4本足を持つ生物「両生類(りょうせいるい)」が現れました。 両生類、爬虫類、単弓類、哺乳類、鳥類は、4本足を持つ生物グループとして「四足動物(しそくどうぶつ)」という大きな分類グループに分類されています。 デボン紀、2種類の両生類が歩いた足跡の化石。 なぜヒレを持つ魚が4本足を持つようになったのか諸説ありますが、この時代に森林を作っていたシダ植物が原因ではないか、という説を紹介します。 デボン紀の巨大なシダ植物が、枝ごと葉をボトボト落としていたため、淡水域にすむ魚たちは堆積する枝付きの葉を掻き分けて泳がなければならず、ヒレの中に丈夫な骨をつくったのではないか、という説です。 現在では川や池に落ちた植物はすぐに腐って分解されてしまいますが、デボン紀には生物を分解するサイクルが現在ほど強固ではなかったため、どんどん堆積し、泳ぐことすらできないほどだったとか・・。 淡水域にいた魚、ユーステノプテロン・フォルディ。 体長1.5m。 ユーステノプテロンは魚ですが、胸ビレの中に陸上動物と同じ腕の骨があります。 両生類のアカントステガ・グンナリ。 体長60cm。 前後とも指の数は8本でした。 福井県立恐竜博物館のデボン紀後期のジオラマです。 真ん中の生物は両生類のイクチオステガ。 イクチオステガは体長1m。 シッポに尾ひれがあったので水陸両生だったようです。 後肢の指は7本、前肢は見つかっていませんが指は5本以上あったと推測されています。 デボン紀の終焉 デボン紀末、「デボン紀末の大量絶滅」により、生物の約14%(属)が絶滅(科単位では14%)した、とされています。 ダンクルオステウスなどの板皮魚類、三葉虫、サンゴ、筆石、海綿などが激減しました。 デボン紀末の大量絶滅の原因はわかっていません。 酸素濃度が高くなり森林火災が多発したため、とか、当時まだ腐敗菌の活動が活発ではなかったにもかかわらず、シダの大森林が大量の枝葉を落としたため、浅瀬にすむ生物のすみかが無くなったから、などという説があります。 古生代 デボン紀の次の時代は、です。

次の

古生代デボン紀、魚類が脊椎動物の頂点に立つ

サメは何類

脊椎動物が上陸するのはデボン紀後半です。 水中では、板皮魚類(ばんぴぎょるい:かっちゅう魚)、棘魚類(きょくぎょるい;トゲを持つ魚)、軟骨魚類(なんこつぎょ:サメ、エイの仲間)、肉鰭類(にくきるい:肺魚、シーラカンスなど)が現れました。 強力なアゴを持つようになった魚類は脊椎動物として始めて生態系の頂点に立ちます。 デボン紀を代表する魚、板皮魚類ダンクルオステウス(ディニクチス)。 体長6m。 ダンクルオステウスは、見たまんま捕食性の肉食魚です。 ごっついアゴに並んでいるギロチンみたいな歯は、じつは歯ではなくて歯の役割をするために変化したアゴの骨です。 ダンクルオステウスと同じ板皮魚類(ばんぴぎょるい)というグループの魚。 コッコステウス。 体長30cm。 コッコステウスも捕食性の肉食魚だったようです。 無顎類(むがくるい)ドレパナスピス科 ドレパナスピス・ゲムエンデンシス(Drepanaspis gemuendensis) ドレパナスピスは海にすんでいた装甲を持つ魚で、装甲はあるのにアゴを持っていませんでした。 アゴのない魚はやがて衰退していきます。 無顎類ボトゥリオレピス。 淡水域にすんでいたアゴのない魚、体長30cm。 デボン紀を代表するサメ、軟骨魚類(なんこつぎょるい)クラドセラケ・ファイレリ。 体長2m。 おなか側をこっちに向けてあお向け状態で化石になっているので、アゴのラインがよく見えます。 デボン紀のサメは現生のサメとよく似た姿でしたが、アゴが口先にあるのが特徴です。 また、頭や背びれにトゲを持って武装している種類が多いので、捕食されることが多かったのでしょう。 こちらは淡水域にすんでいたサメ。 軟骨魚類クセナカンサス。 体長1m。 後頭部に長いトゲを持つのが特徴です。 食われたくなかったのでしょう。 上陸した魚類から両生類が進化 デボン紀後期、シルル紀に初上陸していたコケやシダの仲間が陸地を覆い、高さ数10mを超すシダ植物が森林をつくるようになりました。 淡水域にすむシーラカンスや肺魚のような肉質のヒレを持つ魚類(肉鰭類:にくきるい)から、脊椎動物で初めて4本足を持つ生物「両生類(りょうせいるい)」が現れました。 両生類、爬虫類、単弓類、哺乳類、鳥類は、4本足を持つ生物グループとして「四足動物(しそくどうぶつ)」という大きな分類グループに分類されています。 デボン紀、2種類の両生類が歩いた足跡の化石。 なぜヒレを持つ魚が4本足を持つようになったのか諸説ありますが、この時代に森林を作っていたシダ植物が原因ではないか、という説を紹介します。 デボン紀の巨大なシダ植物が、枝ごと葉をボトボト落としていたため、淡水域にすむ魚たちは堆積する枝付きの葉を掻き分けて泳がなければならず、ヒレの中に丈夫な骨をつくったのではないか、という説です。 現在では川や池に落ちた植物はすぐに腐って分解されてしまいますが、デボン紀には生物を分解するサイクルが現在ほど強固ではなかったため、どんどん堆積し、泳ぐことすらできないほどだったとか・・。 淡水域にいた魚、ユーステノプテロン・フォルディ。 体長1.5m。 ユーステノプテロンは魚ですが、胸ビレの中に陸上動物と同じ腕の骨があります。 両生類のアカントステガ・グンナリ。 体長60cm。 前後とも指の数は8本でした。 福井県立恐竜博物館のデボン紀後期のジオラマです。 真ん中の生物は両生類のイクチオステガ。 イクチオステガは体長1m。 シッポに尾ひれがあったので水陸両生だったようです。 後肢の指は7本、前肢は見つかっていませんが指は5本以上あったと推測されています。 デボン紀の終焉 デボン紀末、「デボン紀末の大量絶滅」により、生物の約14%(属)が絶滅(科単位では14%)した、とされています。 ダンクルオステウスなどの板皮魚類、三葉虫、サンゴ、筆石、海綿などが激減しました。 デボン紀末の大量絶滅の原因はわかっていません。 酸素濃度が高くなり森林火災が多発したため、とか、当時まだ腐敗菌の活動が活発ではなかったにもかかわらず、シダの大森林が大量の枝葉を落としたため、浅瀬にすむ生物のすみかが無くなったから、などという説があります。 古生代 デボン紀の次の時代は、です。

次の