インペリアルアイズ 落合。 落合莞爾

『国際インテリジェンス最新事情』 : ◆落合莞爾

インペリアルアイズ 落合

この記事には 複数の問題があります。 やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。 内容に関する文献や情報源が必要です。 ( 2020年1月)• 一次情報源または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2020年1月)• 組織の特筆性の基準を満たしていないおそれがあります。 ( 2020年1月) 株式会社戦略思想研究所 本社所在地 108-0014 芝5丁目16番14号ノックスビル3F・4F 設立 代表者 中森護 2019年10月1日より営業を開始(法人番号は2019年9月24日に取得)。 主な事業は、についてのコンテンツビジネスを展開。 概要 國體護持戦略を立てるために、國體と落合史観を研究し続けることは必須であり、その過程で得た高度な知見の数々を必要とする人や組織に提供するシンクタンクとなる、ということを目的として設立された企業。 なお、落合史観とは、落合莞爾が述べている歴史に対する見方、歴史の流れの捉え方、それらを踏まえて現在起きている様々な事象の背後にあることを理解する、今後どのように世界や日本がなっていくかを理解する、など複合的な意味を包含している。 事業内容 【メディア事業】• 「インペリアル・アイズ」の企画・運営• その他、必要に応じて新事業企画 【教育事業】• 「落合流洞察帝王学 初伝・中伝・奥伝」の企画・運営• 他社主催セミナー講師業• その他、必要に応じて新事業企画 【コミュニティ事業】• 落合史観研究所(設置予定):落合史観に基づく歴史編纂機関 社名の由来 戦略とは、國體(あるべき姿)を護る戦略を意味。 思想とは、人間の教養の源泉たる歴史観そのものを意味。 外部リンク•

次の

京都皇統秘伝の古代奥義を解明し洞察帝王学をともに究める指南所落合流洞察帝王学指南

インペリアルアイズ 落合

隠すのが帝王学、それを解くのが洞察術 「帝王学とは決して足を踏み入れてはいけない聖域なのだから、それを解明していいはずないだろう。 矛盾しているじゃないか」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。 おっしゃる通りです。 ただ、お言葉ですが、もしあなたが本当にそうお思いなら、ここから先をお読み頂くことはお勧めいたしません。 なぜなら、私はこれから帝王学を伝授する方法をお伝えしようとしているのに、その素養がないと判断せざるを得ないからです。 一方、「なるほど、面白い」とお思いになったあなたは、それだけで素養があります。 ぜひ、このまま読み進めてください。 洞察帝王学の奥義を伝授します。 しからば、帝王学を学ぶ素養とは何か。 F・スコット・フィッツジェラルドの言葉にその答えを求めます。 「一流の知性とは、二つの相対立する考えを同時に心に抱きながら、しかも正常に機能し続けられる能力である」 すなわち、一流の知性。 一流の知性と言われるとハードルが高いように思いますが、何も高学歴である必要はございませんし、インテリぶることでもありません。 あくまで、先天的な能力です、、、と言われると、さらにハードルが上がりますので、「純粋」であることが一流の知性であるとしておきましょう。 純粋であるということは、 なにものにも縛られない完全なる自由意志を持つことであって、世俗の価値判断とは全く異なる境地で物事を思考できることです。 例えば、カエサルの跡を継いで、パクス・ロマーナを実現したアウグストゥスは、 温厚な私人にして冷酷な支配者であったと言われます。 世俗の判断では、しばしば、温情なる者が善人であり、冷酷な者が悪人であるとされがちです。 しかしながら、人間の世界は、善人だらけでも悪人だらけでもありません。 歴史を素直に学べばお分かりいただける通り、善人がときには悪人にもなり、悪人がしばしば善人になることもあります。 つまり、 ニーチェが定義した超人と同格 であると言っても過言ではありません。 ニーチェは永劫回帰を提唱し、永劫回帰とは自由意志によって招来される世界の根源的なありようであるとしています。 世界の根源的なありようとは、 宇宙(大自然)と生命のメカニズムが示すとおり、リサイクルシステムのことであると置き換えられます。 宇宙は対生成・対消滅の循環によって成り立ち、生命は雌雄の対によって遺伝情報を循環させます。 それは、歴史も同じです。 歴史を過去から未来への一方向的(通時的)な時の流れと見てしまうと、歴史事象の表面を見るだけで終わり、その奥底を洞察することはできません。 繰り返しになりますが、善人がときには悪人にもなり、悪人がしばし善人になることもあります。 分かったつもりで、あいまいな理解で終わっている状態が、通時的な歴史解釈です。 一方、歴史を共時的に見るとどうでしょう。 全時代、全世界で起こってきた(起こっている)事象を同時に見れば、発生した時期と場所は異なるけれども、因果関係が同じであることから、似ている事象を見つけることができるはずです。 それを、 歴史相似象といいます。 幾何学でいうところの相似形は、「形が同じで大きさが異なる」図形を意味しますが、歴史も同じで、「因果関係が同じで関わる人物・場所・時代が異なる」歴史事象が存在します。 歴史相似象の具体的事例をここで持ち出しては、洞察帝王学の奥義伝授を始めてしまうことになるので控えさせて頂きますが、 歴史洞察の手法は、幾何学のそれと同じであることをここで理解しておいてください。 そうすれば自ずと、 「歴史は繰り返す(循環する)」の必然性に気づく ことになります。 循環するということは、歴史事象も宇宙(大自然)と同じように、対生成・対消滅するということです。 対生成とは、エネルギーから物質(粒子と反粒子)が生成する自然現象であり、対消滅とはその逆の現象です。 したがって、 エネルギーから生まれエネルギーにかえる。 これが、宇宙(大自然)のリサイクルシステムです。 さらに、 エネルギーとは波動。 歴史事象と波動は密接に関連しています。 むしろ、歴史事象は波動でなければなりません。 歴史事象が波動であるとは、一体どういうことなのか。 私はこのレターの冒頭でこのようにお伝えしました。 「帝王学は口伝」 「洞察術とは波動幾何学」 もうお分かりいただけましたね。 口伝とは「音」で伝えることです。 音は波であり、波動情報です。 文字は波動性を失い粒子(物質)となった情報です。 それは、本質が失われた抜け殻であると言い換えることができるでしょう。 一見、活字の方が情報媒体として洗練されているように錯覚しますが、語るべき人物が語れば、口伝こそが至高の情報媒体となります。 著名人の講演会やオーケストラの生演奏を聴いた経験がおありであれば、すぐにその意味を悟ることができるでしょう。 だからこそ、帝王学は口伝でなければならないのです。 一般の人々が知り得ない聖域であって当たり前なのです。 それは、真の皇統のみに伝わる歴史事象も同じです。 それとは別に、先ほど私は、「歴史洞察の手法は、幾何学のそれと同じである」とお伝えしました。 ここまでお読みいただいたあなたであれば、「洞察術とは波動幾何学」と言われたところで、「さもありなん」と返すことができるでしょう。 そして、 「隠すのが帝王学、それを解くのが洞察術」が全く矛盾しないということに対しても。 それは、つまり、 1941年和歌山市生まれ。 東京大学法学部卒業後、住友軽金属を経て経済企画庁調査局へ出向、住宅経済と社会資本の分析に従事し、1968ー69年の『経済白書』の作成に携わる。 1978年に落合莞爾事務所を設立後は経営・投資コンサルタント、証券・金融評論家として活躍。 日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物として斯界では著名な存在である。 ここ二十年来、孝明天皇直系の「京都皇統」から、日本史の 真相について数々の教示を受け、「落合秘史」シリーズとして出版。 日本中に衝撃を与えている。 著書は多数発行されており、落合莞爾塾に関連する著書として、『金融ワンワールド』『明治維新の極秘計画』『南北朝こそ日本の機密』『国際ウラ天皇と数理系シャーマン』『奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新』『京都ウラ天皇と薩長新政府の暗闘』『欧州王家となった南朝皇統』『日本教の聖者・西郷隆盛と天皇制社会主義』『天皇とワンワールド』『天皇と黄金ファンド 古代から現代に続く日本國體の根本』『ワンワールドと明治日本』『天孫皇統になりすましたユダヤ十支族』『「吉薗周蔵手記」が暴く日本の極秘事項 解読! 陸軍特務が遺した超一級史料 』『國體アヘンの正体 大日本帝国を陰から支えた「天与のクスリ」』『日本皇統が創めたハプスブルク大公家 國體ネットワークから血液型分類を授かった陸軍特務』、『ワンワールド特務・周恩来の日本偵察 東アジアの勢力図を決した吉薗周蔵の奇縁』、『國體忍者となったタカス族とアヤタチ 周蔵手記が明かす「サンカ」の正体』 いずれも成甲書房 がある。 現在、紀州文化振興会の中に落合吉薗秘史刊行会を発足させ、精力的に執筆活動を継続している。 (落合先生写真、著書『國體忍者となったタカス族とアヤタチ 周蔵手記が明かす「サンカ」の正体』) さて、長くなりましたが、ここからが本題です。 もし、落合莞爾先生があなたへ、 洞察帝王学の奥義を伝授する講義があったとしたら、受けてみたいですか? 落合莞爾先生の指南を得て、 洞察帝王学を究めたいですか? そのうえで、 宇宙(大自然)のリサイクルシステムを体現したいと思いますか? あなたが心からそうお思いなら、ここから先へお進みください。 落合先生自ら洞察帝王学の奥義を指南する道場をご紹介します。 「落合流洞察帝王学指南」は、古代史から近現代史に及ぶ幅広い歴史の真相を解明するとともに、 落合莞爾先生と同次元の思考力と洞察力を身につける人財を養成することを目的とします。 指南とは一般的に武芸の手ほどきをすることの意とされていますが、それにならって、師範たる落合先生が洞察帝王学の真髄の手ほどきをすることによって、上記目的を達成します。 手ほどきと言われると入門編という印象を持ちますが、「落合流洞察帝王学指南」では 段階を追って、最終的に洞察帝王学の奥義を伝授することになります。 したがって、入門編から奥義伝授までの過程には、三つの段階(伝位)を設けることになります。 それがこちらです。 落合先生が洞察帝王学の奥義を伝授する講座です。 塾生は落合先生と同次元の思考力と洞察力を身につける人財となることを目指します。 講義形式は完全なる口伝伝承であり、カリキュラムは存在しません。 また、落合先生が洞察帝王学奥義の一切を伝授したと判断すれば、落合先生から当該塾生に 免許皆伝、または位階を授けられることになりますが、参加すれば必ず得られるというものではございません。 覚悟を決めて、挑戦してください。 以上が、「落合流洞察帝王学指南」の伝位の概要になります。 ご確認頂いたとおり、初伝はオンライン形式、中伝は塾形式、奥伝は完全なる口伝伝承となっております。 つまり、「落合流洞察帝王学指南」の講義は、 すべて波動情報であり、マニュアルは一切存在しません なぜなら、帝王学は口伝であり、洞察術は波動幾何学なのですから。 おそらく、ここまでお読み頂いたあなたであれば、このように思っているに違いありません。 「どうすれば、『落合流洞察帝王学指南』を受講できるのか?早く教えて欲しい」 勿体ぶってしまい申し訳ございません。 もちろん、これからご案内いたします。 しかしながら、 今回ご案内できる講座は、「初伝」のみ。 「初伝」は「その一」と「その二」の二部で構成されております。 「中伝」、「奥伝」は準備でき次第、順次ご案内いたします。 きっと、初伝には興味がないという方もいらっしゃるでしょう。 いち早く、奥伝を受講させて欲しい意気込んでいる方も少なくないはずです。 その熱意にお応えしたい気持ちもありますが、私が「初伝」から順番にご案内することには訳があります。 その時の勢いで参加を決めて欲しくないからです。 落合流洞察帝王学は、落合先生が30年近くの歳月をかけて大成した洞察体系であり、最短で習得する安易な道は存在しません。 むしろ、落合先生の洞察はまだまだ深化を続けます。 すでに落合史観を網羅したと自信をお持ちの方であっても、初心にかえり、「初伝」から順番に受講して頂きたい、まずは道場の門を正面から素直に叩いて頂きたいと、心から強く願っております。 もちろん、自信がおありの方は初伝、中伝をスキップしても問題ございません。 飛び級大歓迎ですし、まずはスキップしてみて、やっぱり初伝も受講しようという考えもいい案だと思います。 ただし、繰り返しになりますが、「中伝」、「奥伝」は準備でき次第、順次ご案内となりますことを、ご了承お願いいたします。 それでは、「初伝その一」と「初伝その二」の講義内容の詳細と受講方法をご案内いたします。 【補足講義(初伝カリキュラムを補足する落合先生講義映像)】 第一補講:國體政治家と甚兵衛ネットワーク(10分) 第二補講:戦後米占領日本政体の縮図(6分) 第三補講:サンカが支配する日本社会(10分) 第四補講:渡来史観と往来史観(11分) 第五補講:世界王室連合と国際金融連合(4分) 第六補講:國體島津家の真相(15分) 第七補講:明治維新の真相(14分) 第八補講:京都学習院の創設(5分) 補足講義合計:75分(約1時間) 以上、「初伝その一」では、本講義と補足講義の 合計356分(約6時間)、「初伝その二」では、同じく 合計427分(約7時間)を受講して頂くことになります。 これだけの大ボリュームを一定期間内に消化できるか不安な方もいらっしゃると思いますが、初伝の受講期間に制限はございません。 一度受講すれば、オンライン上でいつでも学ぶことができます。 さて、講義内容の詳細の次にご案内しなければいけない情報は価格です。 その前に、どうしてもあなたにお伝えしたいことがあります。 落合先生の講義は、 一般的な歴史学講座とは全く次元が異なります。 さらに、落合先生のご著書の情報量は極めて膨大で、生半可な知識では読み解くことができない内容となっております。 おそらく、落合先生ご著書をお読みになった方々の90%以上が、解説本があったらどんなにいいかとお思いになったはずです。 その悩みがついに解決するとしたらどうでしょう。 落合先生のご著書に書いてるあることが手に取るように理解できるようになるのです。 しかも、活字ではなく、波動情報として今すぐ手に入れることができるとしたら、これ以上のチャンスはないのではないでしょうか。 「落合流洞察帝王学指南 初伝」は、そのためにご提供するコンテンツ集であると言っても過言ではございません。 落合先生に興味を抱くような高い感性と旺盛な知的探究心をお持ちのあなたにこそ、ぜひとも受け取っていただきたいと強く願っています。 それでは、気になる価格を発表します。 ぜひ、今すぐお申込みください。 お手続き完了後、すぐに「初伝」のすべての講義をご視聴頂けます。 「落合流洞察帝王学指南 初伝」でお届けするサービス内容は次のとおりです。 洞察帝王学の入門編であり、 オンライン形式の講義になります。 初伝のカリキュラムを経ずして中伝に進むことも可能ですが、中伝以降は、初伝を習得したものとみなして講義を進めるため、必然的に 洞察帝王学奥義を伝授するための登竜門となります。 また、初伝は「その一」と「その二」に分かれており、さらにそれぞれ「本講義」と「補足講義」に分かれています。 一度受講すれば、オンライン上でいつでも学ぶことができます。 さらに、毎月お届けする全てのコンテンツの動画データ・音声データは全てPC・Macからダウンロードして頂けます。 そのデータをスマートフォンに移せば、いつでもどこでも気軽にご視聴頂けます。 隙間時間、移動中、ジョギング中など、あなたのライフスタイルに合わせてご活用下さい。 本講義解説部分のパワーポイントスライド(PDF形式)もすべてご提供いたします。 コンテンツ視聴専用サイトから、動画データ・音声データと合わせてダウンロードできます。 落合流洞察帝王学の基礎を徹底的に学ぶための環境をご用意しておりますので、最大限ご活用ください。 ここまでお読み頂きまして、誠にありがとうございます。 今思えば、2015年8月に落合先生に初めて出会ってからというもの、これまでの間、私の仕事の9割以上は落合先生とともにありました。 きっと、これからもそうでしょう。 落合先生は肩書きこそ歴史研究家や著述家で通していますが、それは正鵠を射ていません。 落合先生が思考と洞察に没頭するその姿は、科学者でもあり、文学者でもあり、哲学者でもあり、時には戦略家や政治家にも見えることがあります。 カエサルやアウグストゥスが善悪を超えた次元で物事を思考しているのであれば、落合先生はあらゆる事象を超えた次元で物事を思考しています。 つまり、善悪のみに対する自由を超えた、さらなる自由の境地に落合先生はあるということです。 抽象的すぎて書いている私も説明しきれないため、オイゲン・ヘルゲルの「弓と禅」から引用することで、説明に代えさせていただきたいと思います。 弓道の師範と弟子であるオイゲン・ヘリゲルが、稽古法について対話をしているシーンです。 「では私は何をすればよいのでしょう」私は思案しながら尋ねた。 「あなたは正しく待つことを習得せねばなりません」 「しかしどのようにしてそれが習得されるのでしょうか」 「意図なく引き絞った状態の外は、もはや何もあなたに残らないほど、あなた自身から離脱して、決定的にあなた自身とあなたのもの一切を捨てることによってです」 「それでは私は、意図をもちながら意図のないように成らねばならぬ」と思わず私の口から漏れた。 「そんなことを今まで尋ねた弟子はありません。 だから私は正しい答えを知りません」 「では何時この新しい稽古が始まるのですか」 「時が熟すまでお待ちなさい」 私たちは善い人間であろうとしたり、その筋の専門家であろうとしたり、他の何かで権威づけをして自己を形成しようとします。 しかし、実のところそれは束縛でしかありません。 体裁を取り繕うばかりで、自由を失っているということです。 一方、一切の束縛から自己を徹している落合先生の真の肩書きは何かと言うと、正しくは「なし」でしょうが、あえて言うなれば、一廉の教養人、または思想家といったところでしょう。 そんな落合先生のもとへ洞察帝王学奥義の伝授を求める人たちの中には、國體奉公衆になりたい、ワンワールドに仕えたいといった目的を持っている人も少なくありません。 もし、あなたがそのような気持ちを心のどこかにお持ちであれば、その一切を捨ててください。 そもそも、國體奉公衆とは命じられるものでもなければ、自称するものでもありません。 あなたの思想と行動が結果的に國體ワンワールドの思想にかなうようになれば、つまり、「心の欲する所に従えども矩を踰えず」の域に達すれば、それがその時です。 ただし、落合先生も誰も、その具体的な時期は知りません。 しかれども、落合先生はあなたを待っています。 「では何時、落合史観の引き継ぎが始まるのですか」 奥義の伝授を急がず、今一度、時が熟すまでお待ちください。 落合流洞察帝王学指南の伝位の詳細は、「初伝」から「奥伝」まで順次ご案内いたします。 あなたと「初伝」の指南所でお会いできますことを、心より楽しみしております。

次の

落合莞爾氏のお話が聞ける「インペリアル・アイズ」

インペリアルアイズ 落合

世界の真実を洞察するメディア。 インペリアル・アイズ:落合莞爾。 世界の真実を洞察するメディア。 インペリアル・アイズ:落合莞爾。 ・彼らはカナーン人の一派で、 方今の「総合商社マン」のような、 なんでもやるビジネスグループを作っていた。 ・海上交易に活躍したフェニキアは、 前15世紀から前8世紀にかけて繁栄を極める。 フェニキアが前9世紀に交易拠点として設けた植民地が 都市国家カルタゴで、その建設を始めた時期は、 諸説あるものの、前814年とされる。 ・ソロモン王は交易を広げて経済を発展させ、 官僚制度を整備し、土木工事を起こしてインフラを強化し、 シナイ半島における鉱山を開発して 大規模な金属生産をした。 ・特筆すべきは、ソロモンが初めて唯一神を祀る エルサレム神殿を建てたことだ。 このような交易や土木工事などの事業を実際に担ったのは、 古代の総合商社であったフェニキア=カナーン人なのだ。 ・地中海に面するカルタゴは交易で成り立っていた。 前5世紀頃から地中海の商業の中心となり、 ローマに敗れるまで続く。 ・シシリー人となることで辛うじて生き延びた一部のカルタゴ人の子孫は、 アメリカに渡って一部がマフィアとなり、黒社会を形成して、 共和政ローマの末裔たるアメリカ合衆国の内臓を食い破りつつある。 これが歴史の因縁。 ・しかし、カルタゴ人の本流は、 ローマとの戦争の過程ですでに海に浮かんで 地中海各地に逃れて、数百年後にヴェネツィアに姿を現す。 ・テンプル騎士団の後身のキリスト騎士団の頭領となった ポルトガルの王子エンリケは、 騎士団の莫大な財力を航海者の指導と援助に傾けたので 「航海王子」と呼ばれた。 1415年、北アフリカのセウタを攻略して 大航海時代の幕を開いた。 ・干潟居住と貿易と海軍力こそがヴェネツィアの特色だ。 これはシュメル、フェニキア、カルタゴの末裔たる証しだ。 日本でも古来水軍を称する九鬼水軍、村上水軍などは、 いかにもコスモポリタンの傍流を引き継いでいるようだ。 ・パリ・ロスチャイルド商会の融資は、 鉄道建設や天然資源採掘事業に投下され、 フランスを工業大国にする原動力となった。 ・カルタゴの滅亡以来、体力や武力よりも脳力や財力に 重きを置くようになったヴェネツィア・コスモポリタンは、 ヴィネツィアに拠点を置く一方、 欧州各地に分散し、中世都市の一萬に住んで 貿易と商業・金融に従事した。 過去を遡ることで いろいろと見えてくるようだ。 世界の真実を洞察するメディア。 インペリアル・アイズ:落合莞爾。 ・そこで私が掴んだのは、上原勇作が帝国陸軍だけでなく、 ある強大な政治勢力の棟梁になっていたことだ。 ・それが私のいう「薩摩ワンワールド」で、幕末の薩英戦争の結果、 地政学でいう海洋勢力の元締めたる「在英ワンワールド勢力」の 日本支部となった薩摩藩下級武士の秘密結社のことだ。 ・朝彦親王の背景を辿れば、 勢い室町時代の伏見宮創立にまで遡ります。 そこにあらわれてきたのは、 実に驚くべき極秘の史実です。 ・紀伊半島の南部には金剛山地、吉野、熊野、高野山と、 古来より山岳信仰の聖地が存在し、 密教と密接に結びついていて独自の山伏ネットワークを 構築してきた。 ・自由行動が取れる山伏は、 広い地域に情報を伝達する能力と人脈を有していた。 ・また紀州南部の沿岸は、 熊野水軍といわれる海洋民が勢力を張る海上交通の要地で、 貨幣経済が浸透する中で、非農業民を支配下に置いた熊野水軍が、 この地域の社会的実力を持つようになっていた。 ・朝廷忍者としての大江山衆がいた。 ・丹波地方では室町時代以来、「大江山霊媒衆」と人が呼ぶ、 修験者風の一団が、秘かに皇室御用を勤めてきたといわれる。 光格王朝以後、大江山衆は朝廷忍者として各方面で活発に活動してきた。 ・この数十年来、「さる筋」から断片的に伝えられた史的事実を組合させることで、 日本史の真実を洞察した私は、 明治維新が偶然の積み重ねで実現したものではなく、 根底に確固とした政治的計画が存在したことを確信し、 これを「堀川政略」と命名しました。 何が正しく、何がそうではないか、調べてもわからないときがある。 記録が正しくないときもある。 それが歴史なのかもしれない。 世界の真実を洞察するメディア。 インペリアル・アイズ:落合莞爾。 1.楠木正成を祖とする和田楠木氏が継いだ摂津池田氏が、 西国将軍として雄藩と連携し、徳川家康が開いた江戸幕府を 支えて幕藩体制を確立したこと。 2.摂津池田氏が徳川家に入り、水戸徳川家となること。 3.摂津池田氏から出た淀屋辰五郎が、 米の先物市場を創設したこと。 4.伏見殿の直臣が豪商三井家になり、大名藤堂家となったこと。 5.幕府勘定奉行・小栗忠順が岩倉官軍に斬殺されたと装い、 フィラデルフィアに秘密亡命して三井物産の海外部門を創ったこと。 6.小栗忠順が三井家に入れた三野村利助に 三井銀行を創設させたこと。 7.渋沢栄一に第一銀行を創設させたこと。 8.益田孝に三井物産を経営させたこと。 ・安政の大獄は井伊と水戸の打った大芝居である。 ・大内氏の傭兵となったのが村上海賊である。 ・薩長同盟に至る過程を具体的にいえば、 薩英戦争によって地政学的な世界海洋勢力(在英ワンワールド)の存在を知り、 その戦略に触れて世界の大勢を知った小松帯刀が、 大久保、西郷および吉井友実を用いて薩摩藩下士たちを組織し、 在英ワンワールドの薩摩支部を秘密結社として立ち上げた。 ・薩摩ワンワールドの本質は、 薩摩兵児たちの「集合的無意識」から成る政治結社で、 たしかに秘密結社の一種だ。 ・渋沢栄一によれば、徳川慶喜の胸中は真に明確だ。 慶喜は、大政奉還のずっと前から、 自分の手で江戸幕府を終わらせて大政を朝廷に奉還し、 天下の人材を集めた公議制の新政体にすべきである、 と考えていたのだ。 ・維新の裏方となったのが有栖川宮だ。 ・政商坂本龍馬は、文筆が苦手。 ・龍馬は、「生粋の商社マン」で、 武器商として鉄砲・軍艦を取り扱い、大口顧客に協力するうちに、 いつしか諸勢力対立の深みに足を踏み入れてしまった。 彼は武器商としての活動の過程で、 本藩参政の後藤象二郎の信頼を得たために、 公武一和運動に巻き込まれたのだ。 ・維新史研究の青山忠正教授は、 「近世に定型的だった書簡用文体の候文を、 手紙の中で正確に用いていない龍馬は、 抽象的な概念を駆使する能力がなかった」 との見解を示している。 これは的を得ている。 要するに文書作成能力の不足であり、 これは抽象的思考力の鍛錬が不足しているのだ。 ・1975年、野村証券で事業法人部業務課長に就いた筆者は、 まさに天才的セールスマンと称すべき人物に多数巡り合った。 そのとき痛感したことは、 彼らを一言で評せば、 「具体的行動力があって抽象的思考力がない」 ということだ。 ・簡単に言うと、営業力があるサムライほど、 デスクワークができないのだ。 坂本龍馬はその種の人物であった。 ・尾崎行雄の資金源は、渋沢栄一であった。 ただ破天荒なアイデアには、なにかインスピレーションをもらえる。 キワモノ情報もどんどん調べてみたい。 世界の真実を洞察するメディア。 インペリアル・アイズ:落合莞爾。 ・1336年からはじまる南北朝対立の本質は、 人類社会の場である地球の物理的条件と、人類社会の 本質たる分業制により必然的に出現する地政学的対立なのだ。 ・大陸勢力は土地を囲い込んで耕地化し、 これに農奴を縛り付けて搾取する。 一方、海洋勢力は海岸での食糧捕獲に注力しつつ、 多種の水産物を広く交易することで、商業利潤を求める。 ・「満鮮経略」は国体参謀本部の最高機密だった。 ・最近、 「毛利家が版籍奉還と引き換えに全国の土木利権を要求し、これを獲得した」 と聞いて、ようやく腑に落ちた。 毛利氏は古代のスーパー・ゼネコン土師氏が改姓した大江氏の分流だ。 ・長崎巨大軍港の建設は「イエズス会対策」であった。 ・国体大名・鍋島家と黒田家に命じられたのが「長崎御番」である。 ・喫緊の必要もなかった「朝鮮への使節派遣論」に、 なぜ西郷隆盛が固執したのか。 ワザとした芝居だ。 薩摩の伝統政策である「台湾経略」を成功させるために、 秘かに行っていた外征準備を内外の眼から隠す必要があった。 西郷はそのために、あのような芝居を打ったのだ。 彼は何でも知っていたのだ。 ・薩摩藩が秘密裏に決定していたのが、台湾派兵である。 ・鍋島家が佐世保軍港をめぐる土地その他の利権を確保していた。 軍港を含むその利権は一般が想像もつかぬほど巨大なもので、 肥前藩主鍋島家が版籍奉還の対価としてこれを得たことを隠すため、 漠然と管轄地域を佐世保を含む長崎県一帯と発表したのだ。 頭の体操、シュミレーションの能力があるだけで、 いろいろ選択肢が広がる。 そのための教材としては最適だ。 世界の真実を洞察するメディア。 インペリアル・アイズ:落合莞爾。 律令時代にはスーパーゼネコンの土師氏集団の中で、 測量・設計部門を担当する高級エンジニアの地位にありました。 ・この「測量・設計衆」と並んで国体奉公衆の双璧を成すものが、 諜報工作に携わる「観修寺衆」です。 ・三井家が発展させたのが為替取引である。 ・為替は本来、商取引に伴う貨幣運搬のリスクと流通経費を軽減するため、 遠隔地で行われる債権債務の決済を、 現金移送なしに決済する方法で、 同一ないし近隣地域内での代金決済に振り替える方法を取る。 ・ちなみに外国為替とは、 通貨を異にする国際間の貸借関係を、 現金を直接輸送せずに信用手段によって決済する方法で、 最近国内各地で摘発されている地下銀行も、 外国為替の一変形といえます。 ・為替事業を得意とするのは、 各地に支店網ないし出張所網を有する団体ですから、 カトリックの教会ネットワークほど為替事業に 相応しい団体は中世の欧州にはなかった。 ・開港場の生糸貿易との関連で財務・税務官僚とみられる陸奥宗光ですが、 実家は紀州藩士宇佐美氏で代々、国体奉公衆の真田流兵学者です。 ・観修寺シンクタンクの一員として、 15歳から江戸で蘭学・英語・科学など兵学関連の研修を積んだ宗光の本領は、 広義の兵学者で、民政家である。 ・伊藤博文の国体任務は、 林薫、金子堅太郎、伊東巳代治の保護であった。 日本史や世界史の主要部分を学ぶだけでも数年かかる。 では、もっと深く知りたければ、どのくらい時間がかかるだろうか。 それでも歴史に関する本を読むのは面白い。 世界の真実を洞察するメディア。 インペリアル・アイズ:落合莞爾。 ・榎本の正体を追っていくと、 その背後には日本社会の裏側から文明発展と歴史進行に 関わっていた「数理科学系測量技術集団」の存在が明らかになってきた。 ・また古来日本に存在してきた数理科学系測量集団を、 欧州の「ワンワールド勢力」と繋げている「伏見宮海外ネットワーク」の 存在を知らされることになった。 ・明治維新を推進した秘密勢力の正体ですが、ここで明かしてしまうと、 秘密勢力の正体は、 朝彦親王(中川宮)の実父の伏見殿邦家親王だったのである。 ・天皇と国事を分担した伏見殿の専管は海外事項である。 国内事項としても測量機関及び諜報機関を配下に置いていたことは 間違いない。 この両者は諸国の自由移動が許されていることから元々不可分な業務で、 同一人が測量師でもあり探検家にもなり、 密偵としても働いた好例は伊能忠敬である。 ・世界的な大航海時代に入り、 伏見宮ネットワークはこれに同期して世界に広がり、 オランダに恒久的拠点を設ける。 伏見殿がオランダのライデン大学に送り込んだ代々の要員が、 採集した海外情報が常時日本にもたらされ、 伏見殿を通じて天皇に届けられるルートが完成した。 これは室町時代から江戸時代に移っても続いた。 ・大塔宮護良親王の直系血統を保持する伏見殿は、 皇室の予備血統にとどまらず、国家最高の情報機関となっていた。 そして海外事情を調査して時の天皇に報告するため、 地動説に立脚する数理系シャーマンニズムの人材を集め、 海外ネットワークを編成した。 ・現代で、古来のギルド社会を髣髴させるものは、 私の知る限り東大工学部です。 ・水利屋や測量屋のような数理的職能集団は、 幕藩体制の枠を超えた技能ギルドに属する一種の秘密結社とみて良い。 ・井伊家は藤堂家と並んで代々、伏見殿の秘密の直臣であった。 ・徳川慶喜は大政奉還を早急にしたかったが、 自ら言い出すのはいかにも不自然だったので、 「酔鯨山内容堂から強く勧告された」という一芝居を打ったのです。 ・榎本武揚が率いた開陽が、幕府人員の輸送をしただけで、 交戦力として全く役立たず、最後は不可解な自沈で終わるのは、 幕軍が新政府軍に勝たないように、榎本が手段を尽くしたからです。 ・伏見殿と島津家は裏で深く繋がっていた。 参考資料の一つとして、これらの情報をウォッチしたい。 世界の真実を洞察するメディア。 インペリアル・アイズ:落合莞爾。

次の