勉強 行政書士 合格。 【おすすめ勉強法】行政書士試験に独学合格!効率の良い勉強方法は質?量?

【行政書士の独学勉強法決定版】試験に一発合格した勉強法教えます|takaojournal

勉強 行政書士 合格

行政書士試験に合格するには?どうしたらいいか独学での勉強方法はどうすればいいか? 行政書士試験に合格するのはどうしたらいいのか? 受験生の悩みはこれにつきると思います。 この悩みは特に 独学の受験生に多いはずです。 なぜならば、誰も合格の仕方を教えてくれないからです。 そして、勉強方法もポイントもわからないまま、がむしゃらにやって、本試験に臨みます。 当然、不合格となり、皆いつしか諦めていくのです。 中には行政書士にどうしてもなりたいけど試験が難しそうだからとはじめっから諦めたという人もいるかもしれません。 確かにあの テキストや問題集の分厚さを見たらやめたくなるのは当然だと思います 笑 なぜ合格できないのか? 理由は簡単です。 完璧を目指そうとするからです。 それゆえ、本来はあんまり力を注いではいけない部分に力を注ぐから、受からないのです。 行政書士試験は確かに難しい・・・ 確かに行政書士試験は合格率一桁の難しい資格と言われています。 100人受験して、90人も落ちる試験です。 ですが、センスが問われるような試験ではありません。 正しい 勉強法、しっかりとした 勉強スケジュール、必要最低限の 勉強時間さえ取れれば、十分に合格できる資格試験です。 そして、合格するならば、やはり効率的に合格したいものです。 このブログでは独学での勉強方法や試験対策・戦略の立て方、 合格のコツなどを存分に紹介しています。 また効率の良い記憶方法や裏技的なことなどについても書いています。 学習する上で何かの参考になればと思っています。 但し、 経済的な面で考えてという意味でのオススメです。 ネット上などで「独学では絶対無理」という声も多いのは確かですが、絶対に合格不可能ということはありません。 現に私が自力で受かっているから、ウソではありません。 もちろん、私は高学歴でも法学部でもありません。 一応は大学卒ですが、私大です。 しかし国家資格、ましては法律系の資格である以上、簡単には合格できません。 その人の潜在能力や元々の教養や学歴にもよりますが、それなりの努力は必要です。 ここを勘違いしている人が多く、 合格率10%前後というの低い数字に現れています。 通信講座や通学の方が合格率は高い・・・。 初めから潔く、 予備校や通信講座で合格を目指すことも私は間違いではないと思います。 経済的な負担が少ないという意味で、独学がオススメというだけであって、必ずしも独学に固執する必要ありません。 私だって、 独学よりもサポートのしっかりした通信教育や予備校で受けたかったというのが本音です。 ただ、私のような貧乏人にしてみれば、高額な費用がかかる予備校は最初から選択肢になかったのです。 ただ、それだけです。 独学を選んだの、非常に単純な理由でした。 実は通信講座が安い!? しかし現在、その当時は知りませんでしたが、 独学にかかる費用に数万円足しただけで受講できる、コスパの良い通信講座も出てきているのも事実です。 それに、独学よりも通信講座や通学向きの人もいます。 今更ですが、私も参考書選びなどの手間も考えれば、そっちの方が良かったかなとも思っています 笑 そして、一部の通信講座会社で発表されている 合格率も全体と比べて、やはり高いです。 とこのように通信講座などのサービス、料金体系も変わりつつあるということです。 自分に合った方法を選択するということが大事 独学、通信講座、通学、それぞれ一長一短はあります。 どれを選べば正解ということはありません。 受験生一人一人、金銭的事情や学歴や記憶力といった能力や環境は様々です。 大事なのはそれぞれの受験生にあった方法を選択するということです。 基本的に行政書士は申し込みを忘れずにし、どんな方法であれ必要最低限の勉強さえすれば誰でも受かる試験なのです。 難易度や合格率なんて気にする必要はありません。 ただ、独学で合格するとなればある程度、戦略や作戦を立てる必要があります。 がむしゃらに勉強して受かる資格ではありません。 合格基準点のギリギリのちょい上を狙う!! 簡単かつ楽して合格したいならば、合格点ギリギリのちょっと上くらいを狙うことがオススメです。 ギリギリ=恥ずかしいではないのです。 後で詳しい説明はしますが、行政書士試験は基本的には300点満点中、合格基準点の180点を超えていれば不合格にはなりません 一般知識の足キリなどはあります。 つまり、 全体の6割である180点さえ超えれば、行政書士試験に合格できるのです。 中には、満点を狙わずに合格基準点さえ超えればいいという考えに否定的に捉える方もいるかもしれませんが、私は常套手段だと思っています。 そのおかげで私は 独学でより短い時間、少ない費用で合格しました。 どんな勉強方法が効率的なのか? ここでその勉強方法を少し紹介すると、記憶は夜にする、行政法を重点的に勉強するなどの 王道の勉強法から、商法を捨てる、ノートは取らないなどの 非常識とも思える勉強方法まであります。 つまり、行政書士試験は真向勝負しても時間がかかるだけです。 配点や試験の特性に合わせた学習方法が最適だということです。 満点で合格しても190点で合格しても行政書士にはなれます。 もちろん登録さえすれば、実務もできます。 扱いに、差別なんてありません。 自分から言わない限り、合格後に自分の得点がばれることもありません。 つまり、180点以上さえ取れば、合格なのです。 そこはまず押さえておきましょう。 また、このブログでは、管理人のわかり易いであったり、オススメの問題集などもこのブログで紹介しています。 当ブログの合言葉は 合格点のギリギリを狙って、楽して合格!!です。 少しでも参考にしていただければと思います。 時間がないという人のために目的別のリンクを作ってみました。 こちらを読めばこのブログの概要がつかめると思います。 該当する方は以下のリンクからどうぞ!! ・ ・ ・ はじめに~挨拶と行政書士試験に合格する方法について 資格マニアの管理人のプロフィール等です。 読み飛ばしていただいても構いません。 勉強する前に!!まずは行政書士試験を知ることが大切 行政書士試験とはどんな資格なのかがわかります。 日程や申し込み期間、合格基準など知ることはもちろん各科目の配点から出題形式まで知らなければなりません。 特に配点は大事で、配点から勉強方法や戦略を練るのが基本となっています。 行政書士試験は行政法と民法と憲法を重点的に学習するのがポイントです。 他士業資格の社労士試験と司法書士試験についても少し書いてみました。 将来、ダブルライセンスを視野に入れたり、ステップアップする予定のある人は見た方が良いかも知れません。 興味なければ読み飛ばしても構いません。 合格のために必ず知っておくべきこと・勉強法 資格試験に合格するための基本は過去問中心に演習すればいいと思っている方、 行政書士試験は過去問だけでは通用しません。 行政書士試験は暗記のみで解ける問題とそうでない問題があります。 過去問の問題と解答を暗記するだけでは合格はできません。 正しい勉強方法を知ることで例え独学だとしてもぐっと合格へと近づきます。 独学!勉強法はコレ!!行政書士試験対策・オススメのテキスト・参考書など 独学で学習する上で大事なのがテキスト・参考書や予想問題集などの教材関係についてまとめてみました。 具体的な勉強方法も書いています。 あまり自信はありませんが、条文など要点についても書いてみました。 迷ったときは読んでみてください。 何かのヒントがあるかも知れません。 当日・前日の過ごし方と行政書士試験のアレコレ 試験日当日や前日の過ごし方も大事です。 やはり本番に力を出し切れなければ意味がありません。 他、行政書士試験の歴史なども書いてみました。 裏技や試験のコツなども少し書いています。 あとは勉強のモチベーション維持についても書いています。 余裕のある方は読んどくといいかも知れません。

次の

行政書士合格までの勉強時間はどれくらい?

勉強 行政書士 合格

こんにちは、斉藤カラスです! 行政書士は弁護士・司法書士に次ぐ法律系の国家資格で、街の法律屋さんともいわれる身近な法律職です。 その仕事内容は、その名の通り行政(役所)と市民のつなぎ役をメイン業務として、法律相談からコンサル業を行うなど多岐にわたります。 合格率も弁護士や司法書士と比べると現実的で、法律系資格を目指す者の入門編としての位置づけから総務系の業務に従事している方のステップアップ、はたまた定年後の頭の体操まで受験者の幅も広く人気の資格となっています。 今回はそんな人気資格、行政書士に独学で合格した斉藤の勉強法から行政書士試験の概要までを記事にしたいと思います。 行政書士試験概要 試験は年1回(例年11月第2日曜日)に実施され受験資格は無く、誰でも受けれます。 受験料7,000円。 令和元年は11月10日(日)に試験開催。 午後1時00分から午後4時00分までの3時間です。 試験問題の出題数は択一試験54問と多岐選択式3問及び記述試験3問。 (法令問題から択一式40問、3問多岐選択式、3問記述式。 一般知識から択一式14問) 択一式問題1問4点、多肢選択式1問8点、記述式1問20点で300点満点です。 合格基準は以下の通り。 法令等科目で122点以上、一般知識で24点以上、試験全体で180点以上で合格となります。 合格率は7%~14%と幅がありますがおおむね10%前後となっています。 合格発表は受験者に合否通知書に配点、合格基準点及び得点を記載して通知。 平成30年度試験の合格基準点は、平成31年1月30日(水)に当センターのホームページにおいて公表しますとなっています。 試験に持参するものは受験票、時計、筆記用具とオーソドックスな持ち物です。 身一つで勝負ですね! 試験科目 行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題) (1)憲法 (2)行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。 ) (3)民法 (4)商法 (5)基礎法学 行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題) (6)政治・経済・社会 (7)情報通信・個人情報保護 (8)文章理解 試験の難易度 難しい。 受験資格のない(誰でも受けられる)法律系資格として間口は広いですがその分難易度は高めです。 憲法、民法、行政法から商法まで試験範囲が多岐にわたり、覚えることも多くて大変です。 出題のメインは民法と行政法からですが、両方とも試験範囲が広くて覚えることがたくさんあります。 受験生の多くは民法と行政法に気を取られ、憲法や商法などほかの科目がおろそかになる傾向があります。 特に、 一般知識なる問題は何が出るか毎年不明であるにもかかわらず足切りがあり、勉強だけしているのではなく新聞やニュースを見るなど幅広い見識が必要になります。 また、40文字程度の記述回答を要する記述式試験が3問あり、配点も高いので記述式問題で点数が取れないと合格が遠のきます。 記述式問題は、民法と行政法の基本問題から出題されるので択一式試験対策で得た知識をそのまま利用できますが、正確に回答を記入しなければ減点されてしまいますので(記述式問題には部分点がある)基礎知識の正確さが求められます。 独学で受かるための勉強方法 まずは民法を理解します。 …と簡単に言いますが民法を理解するのは非常に大変です。 法律系の仕事に従事していたり、法学部で勉強していたりしない限り一般市民は法律と縁がないですが、その縁がないことが災いして初心者は民法を理解するのに半年はかかります。 そして理解してから試験で点を取れるようになるまで半年かかります。 法律知識無しで今から独学で行政書士に合格しようという方は、まず兎に角わかりやすい参考書を一冊読むことをお勧めします。 参考書を一冊読んで民法というものがどういうものかを一通り把握し、そのあとに試験問題レベルの問題を解きつつ細かい知識を身に着けていくのがいいと思います。 斉藤のおススメはTAC出版のすっきり行政書士シリーズです。 行政書士試験合格に必要な知識を網羅的に抑えつつ、わかりやすく解説されています。 これから勉強を始めようという方はまずこれを一冊読んで行政書士試験の試験範囲を把握しましょう。 なぜこの順番かというと、『民法を制する者は法律系資格試験を制する』といわれるくらい民法の知識は行政書士試験の基礎となる知識だからです。 民法を理解していれば、憲法の理解は比較的容易ですし、逆に行政法は民法の知識がないとかなり理解に苦しみます。 (行政法は民法の知識があっても苦しむところではありますが…) また、行政書士試験にとって商法は暗記科目です。 配点も少ないのであまり時間を割かず、代表的な論点のみの学習にしてほかに勉強時間を当てましょう。 演習問題を解く 一通り試験範囲を把握したらあとは問題を解いていきます。 正直、 参考書を見ているだけではなんとなくわかった気でいるだけで本当は問題を正解に導く力はついていません。 実際に初めて試験問題と向き合った時に頭が真っ白になると思います。 そんな時は参考書を見ながら問題を解きましょう。 法律系の試験問題は非常に難解ですので初めから問題を解けるとは思わないことです。 分からない問題は調べながら解いていきましょう。 調べることで知識が身についていきます。 問題演習はより実践的のほうが実用的ですし、合格までの時間を短くできますので過去問を中心に解くことが大事となります。 過去5年問題集などが本屋で売られていますのでこれを繰り返し解いていきましょう。 2つほど紹介しておきます。 (行政書士試験対策の参考書は行政書士試験に合格するために作成されているので難しい問題を網羅してはいない) また、特に民法において過去問で問われていない問題も出題されることがあります。 そんな時にはより専門的な民法の参考書が必要になります。 斉藤的におススメなのは行政書士の一段階上の資格試験である司法書士試験用の民法の参考書です。 司法書士試験の民法は行政書士試験と同じ試験範囲で、問題自体の難易度も「同じくらい~ちょっと難しい」程度の問題なので非常に参考になります。 (ただし、司法書士試験は選択肢が行政書士試験より複雑なのでその分難易度は高いです。 司法書士試験で出題された問題が行政書士試験に出題されることもありますので見ておいて損は無いと思います。 というか、民法に限って言えば試験範囲が同じなので司法書士試験に出た問題が出ます。 司法書士試験は毎年7月に行われ、問題も公開されますので行政書士試験の勉強の一環として司法書士試験の民法問題を解いてみるのもいいと思います。 予想問題を解く 試験直前には各社が出している試験予想問題(模試)を解きます。 市販の予想模試は大体一冊に2,3問入っているので、 試験直前の1カ月はこの予想問題のみを満点取れるまで何度も解きます。 この時、試験と同じ3時間で問題を解き、時間配分も把握しておきます。 書籍としては東京リーガルマインド、行政書士試験研究会、TAC、成美堂書店などが出している直前予想模試がおすすめです。 違う出版社から出ている予想模試を解くことで幅広い問題に対応することができますので 予想模試は2冊以上買いましょう。 直前予想模試を解き込むことはこれまでどんな勉強をしていたとしても、 独学でも専門学校で講義を受けていたとしても必要な最後の追い込みなので必ずやりましょう。 直前模試を複数問解くことで合格率が飛躍的に上がります。 以下おすすめ予想模試。 記述式問題は配点が高く、捨てることはできませんので記述式対策を行わなければなりません。 しかし、この 記述式問題は前述のように40字程度の回答を求める問題に限られていますので、おのずと問題も限られてきます。 そしてそれを、予想模試を発売する出版社が各社予想してきますので、 上記におススメした直前予想模試を数社分解くことがそのまま記述式対策となるのです。 これは特に独学ではなく資格の専門学校に通っている方にお勧めしたいのですが、自分が通っている専門学校と違う会社が出している予想問題を買って解くということをやってください。 TACに通っている方はTAC以外の出版社が出している予想問題を解くということです。 本試験問題の予想は各社行っているので、違う会社の予想問題を解くことは非常に大事な試験対策になります。 民法改正について 民法の改正が予定されていますが現在のところ行政書士試験に対する影響は軽微でしょう。 古い問題集を解く場合は注意が必要ですが、年に1度しかチャンスの無い試験ですのでお金を惜しんで古い問題集を解くのをやめて、新しい問題集を買いましょう。 今後も相続時の配偶者の居住権など細々とした修正はありますが、大改正は当分先なので「それまでに合格してしまうんだ」という強い心で合格を目指してください。 まとめ 行政書士試験は資格試験の中でもかなり難しい試験なので試験勉強期間も長丁場となります。 しっかりとした準備と絶対に合格するんだという心構えが必要になります。 斉藤は試験勉強中も、回数は減らしますがしっかり温泉旅行に行ってリフレッシュしたりしていました。 長い勉強期間になると思いますので、自分なりのリフレッシュ法やストレス解消法を見つけて定期的に息抜きすることが重要です。 体調管理と精神管理は試験対策として重要な取り組みですので、しっかりと管理して試験日にベストなパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。 一発合格が当たり前ではない試験なので気負わず、ダメでも落ち込まず、合格に向かって一歩一歩前進していってください。 ここで学んだ知識は実生活でも役立つものが多く、試験勉強をするだけでも自身のスキルアップに大いに役立ちますので考えるよりもまず行動、参考書を買って読むところから始めてください。 この記事を見た皆さんが行政書士試験に合格することを心から願っています。 憲法・行政法論点まとめ この記事の続き.

次の

初めて法律を学ぶ人が行政書士に独学で合格する方法まとめ【初心者向けおすすめテキストと勉強法】

勉強 行政書士 合格

満点ではなく合格点を目指す勉強法• 行政書士の試験に合格するために必要な知識以上は覚えない• 過去問を解き続ける• 要点をまとめるメモ程度にノートは使うべき の4つの勉強法をご紹介します。 満点ではなく合格点を目指す勉強法 テキストを完璧に覚える必要は全くありません。 重要なことは、行政書士の試験本番で合格ギリギリでもよいので、どんな状況でも合格ラインを突破する実力をみにつける勉強をすることです。 それはつまり、全体の6割(300点満点のうち180点)正解できればいいのです。 裏を返せば、4割(300点満点のうち120点)の問題は捨てても良いと割り切ることだと言えます。 ここまでわかれば、 まちがっても テキストに書いてあることが、合格に必要な最低限の知識だと思ってはいけません。 むしろ、この考え方は行政書士の試験勉強を長期化させる恐れさえあります。 理論や学説は、行政書士試験に合格するための障害でしかないです(笑) なぜならば、多くの問題の基礎となるのは、最高裁の判例だからです。 まずこれをしっかり理解して固めることが大切なのです。 それを後回しにして、理論・学説を勉強してしまうと、余計に混乱してしまい、多くの時間を無駄にしてしまいます。 ただし、判例の蓄積が乏しい分野もあります。 そういった分野の問題も、「実務」では経験する場合があるでしょう。 そこで、今から学説を勉強して法的思考力を少しずつ養っていくことに意味がないわけではありません。 しかし、あくまでも行政書士試験に合格するという点に限れば、優先順位は高くありません。 基礎である判例をしっかり理解することです。 これが出来なければ、合格は見えてきません。 筆者自身の経験を踏まえて言うならば、ノートにまとめることは 時間が多くかかり、とても非効率な勉強になってしまいます。 そのため、 丁寧に作りこむ必要性は全くありません。 ただ、法律用語を実際に書くことは大事ですので、 記述式のために要点だけまとめること(あくまでもメモ程度)使い方がベストです。 実際に私はこんな感じでまとめていました。 行政書士の試験に最短合格するための知って得する裏技とは? 行政書士の専門学校であるクレアールさんが販売している「行政書士非常識合格法」に書かれている情報の一部のエッセンスを、試験傾向などを踏まえてお伝えしたにすぎません。 また、本記事では触れていませんが、第6章に記載されている「 出題傾向と対策を抑える」は必見です。 勉強を開始する前に、「行政書士 非常識合格法」を読んで、時短学習につながる正しい勉強方法の理解が、勉強の質を高めることにつながります。 資料請求(無料)によって、なんとタダでもらえます。 貰っておかないと損する内容が詰め込まれているので、貰っておきましょう。

次の