ピーター ドイグ。 ピーター・ドイグ展/東京の平日・休日の混雑状況!限定グッズや口コミまとめ

ピーター・ドイグ展

ピーター ドイグ

東京国立近代美術館の展覧会「ピーター・ドイグ展」が、2020年6月12日 金 より日時指定制で再開。 会期は10月11日 日 まで延長された。 The Art Institute of Chicago, Gift of Nancy Lauter McDougal and Alfred L. McDougal, 2003. 433. 日本では初の個展となる。 Yageo Foundation Collection, Taiwan. 同世代、後続世代のアーティストに多大な影響を与えていることから、過去の巨匠になぞらえて、しばしば「画家の中の画家」と評されている。 本展にも出品予定の代表作《のまれる》は、オークションにて、2015年当時の約30億円相当で落札された。 Museum of Modern Art, New York. Gift of Anna Marie and Robert F. Shapiro in honor of Kynaston McShine, 2004. 多様なイメージから成るピーター・ドイグの作品は見る者の想像力や記憶を刺激し、いつかどこかで見たことがあるように感じられるのが特徴だ。 Tate. Purchased with assistance from Evelyn, Lady Downshire's Trust Fund 1995. 映画『13日の金曜日』のワンシーンから発想した「カヌー」モチーフの絵画も登場する。 一連の作品からは、人々の想像力をかきたてる、豊かな世界観を体感することができる。 映画上映会「スタジオフィルムクラブ」の直筆ポスター 《ストレンジャー・ザン・パラダイス》 「スタジオフィルムクラブ」より 2011年、油彩・紙、93. Courtesy Michael Werner Gallery, New York and London. 近隣住人に上映会を周知するために掲出された、ポスターのドローイングが展示される。 「スタジオフィルムクラブ」では、名画座やミニシアターから着想を得た、過去の名作映画などを上映。 上映が終わると作品について話し合ったり、音楽ライブへと展開したりと、ある種の文化サロンのようなコミュニティが形成されていく。

次の

レポート

ピーター ドイグ

window. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. oita. oita. この地に、規模こそ大きくありませんが、注目に値する美術館があるのはご存知でしょうか?建物外観その名は「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」。 「comico」はNHN comicoによる漫画アプリで、親会社であるNHN JAPANが文化芸術における社会貢献の一環として建設、2017年10月に開館しました。 美術館は、由布院駅からも徒歩圏内。 ご当地グルメの店などが並ぶ、賑やかな道から少し入った場所にあります。 建物は一階に二つの展示室があり、最初の展示室は村上隆。 黒が貴重の静謐な展示室に、お馴染みのキャラクター「DOB君」の作品が映えます。 村上隆の作品隣の展示室もガラス越しに見えますが、一度館外に出て、屋外の通路を進む導線です。 建築設計は隈研吾。 焼杉の外壁は、周辺の景色を際立たせています。 長い軒の下は、同じ隈研吾設計の根津美術館を彷彿させます。 建築は隈研吾二つ目の展示室には、杉本博司の「海景」シリーズ。 世界の海を捉えてきた、杉本の代表作です。 この日はほぼ貸し切り状態だったという事もあり、とても贅沢な空間を独占。 全館、写真撮影も可能です。 杉本博司の作品二階に進むと、巨大なテーブルと椅子が並ぶラウンジ。 勾配天井は、由布岳の山並みをイメージしています。 奥の枯山水の庭を見ると、あの人の作品が…2階ラウンジ奈良美智による《Your Dog》。 巨大な犬の作品は、とてもユーモラス。 近くで見るとのんびりとした、実に良い顔をしています。 奈良美智《Your Dog》奈良美智《Your Dog》美術館のロゴを手掛けたのは原研哉。 スタイリッシュな空間を引き立てていました。 建物入口この日はコロナの影響で通常と異なりましたが、いつもは事前予約制のツアー形式。 前日までに申し込みが必要です。 周辺の雄大な自然とあわせて、極上の時間を満喫してきました。 [ 取材・撮影・文:S. / 2020年6月21日 ]エリアレポーターのご紹介S. 休日は時間ができると、ミュージアムをまわるのがいつのまにか習慣になりました。 都会でも地方でも、気の向くままに足を伸ばしたいと思っています。 詳細は公式サイトの「予約カレンダー」をご覧ください。 oita. この地に、規模こそ大きくありませんが、注目に値する美術館があるのはご存知でしょうか?その名は「COMICO ART MUSEUM YUFUIN」。 「comico」はNHN comicoによる漫画アプリで、親会社であるNHN JAPANが文化芸術における社会貢献の一環として建設、2017年10月に開館しました。 museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. 大分県立美術館2014年に「建築界のノーベル賞」といわれるプリツカー賞を受賞した坂茂さん。 35年に渡る設計活動を、写真や図面だけでなく、多くのモックアップ(模型)で紹介しています。 会場入口の紙管は「紙の家」のモックアップ。 へスリー・ナインブリッジズ・ゴルフクラブスウォッチ・オメガ/スウォッチ本社実は筆者は、大の坂茂さんファン。 いくつか実際の建築を見に行った事もあり、自分で見たものと比較できるという点でも、とても楽しめました。 静岡県富士山世界遺産センター以前訪れた、静岡県富士山世界遺産センター大分にも坂茂さんの建築はいくつかあり、展覧会の前に足を運んできました。 YUFUiNFO由布院駅に隣接する、YUFUiNFOクアパーク長湯/クアハウスクアパーク長湯には、前日に宿泊してきました展覧会は展示室だけでなく無料の観覧ゾーンにも広がっています。 あわせて約2,000平米のスペースを使い、大分県立美術館が開館して以来、最大規模の展覧会です。 テーブルや椅子なども坂茂さんの建築で特筆されるのが、災害支援の活動。 阪神淡路大震災(1995年)の「紙のログハウス」、中国・四川大地震(2008年)の「成都市華林小学校紙管仮設校舎」、東日本大震災(2011年)の「避難所用間仕切りシステム」など、まさに世界中で活動しています。 支援活動には時間や予算など多くの困難が伴いますが、坂茂さんはひとつずつ問題を解決して、建築的な解決方法を導き出します。 経緯が紹介されているパネルを読むと、涙が出てきそうになります。 中国四川大地震 成都市華林小学校 紙管仮設校舎この展覧会が大分でしか行われないのは、罪深いと感じるほどです。 会場は撮影も自由、県外移動の自粛が緩和されて何よりでした。 展覧会会場美術館3階の木組みの天井は竹工芸をイメージ。 美術館そのものが見どころいっぱいでした。 [ 取材・撮影・文:S. / 2020年6月22日 ]エリアレポーターのご紹介S. 休日は時間ができると、ミュージアムをまわるのがいつのまにか習慣になりました。 都会でも地方でも、気の向くままに足を伸ばしたいと思っています。 2014年に「建築界のノーベル賞」といわれるプリツカー賞を受賞した坂茂さん。 35年に渡る設計活動を、写真や図面だけでなく、多くのモックアップ(模型)で紹介しています。 実は筆者は、大の坂茂さんファン。 いくつか実際の建築を見に行った事もあり、自分で見たものと比較できるという点でも、とても楽しめました。 坂氏は、中国の伝統的な竹編み帽子から発想を得た屋根の構造を持つ「ポンピドー・センター-メス」 2010年、フランス や、パリ郊外セガン島の音楽ホールを中心とした複合音楽施設「ラ・セーヌ・ミュジカル」 2017年、フランス など、世界中で建築設計に携わっています。 その一方で、1995年の阪神淡路大震災の「紙のログハウス」や「紙の教会」、2011年の東日本大震災に活用された「避難所用間仕切りシステム」、2008年の中国・四川大地震の復興支援では「成都市華林小学校紙管仮設校舎」を建てるなど、災害支援活動も続けられています。 これら多方面に及ぶ活動が高く評価され、2014年に建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞されました。 本展は、坂 茂氏自らが設計した美術館での大規模個展です。 坂氏が35年に渡りおこなってきた設計活動を、写真や図面、映像だけでなく、多数の実物大モックアップ 模型 でご紹介します。 離れた場所にある建築を臨場案あふれるダイナミックな展示で、子どもから大人まで楽しんでいただける内容です。 また25年に渡り世界各地で行ってきた災害支援活動についてもご紹介します。 その多角的な創作や活動とあわせて、当館を設計する中で考えた建物のフレキシビリティや、街に開かれた美術館への構想など、当館のコンセプトを体験できる会場構成もご覧いただけます。 その一方で、1995年の阪神淡路大震災の「紙のログハウス」や「紙の教会」、2011年の東日本大震災に活用された「避難所用間仕切りシステム」、2008年の中国・四川大地震の復興支援では「成都市華林小学校紙管仮設校舎」を建てるなど、災害支援活動も続けられています。 これら多方面に及ぶ活動が高く評価され、2014年に建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞されました。 坂氏が35年に渡りおこなってきた設計活動を、写真や図面、映像だけでなく、多数の実物大モックアップ 模型 でご紹介します。 離れた場所にある建築を臨場案あふれるダイナミックな展示で、子どもから大人まで楽しんでいただける内容です。 また25年に渡り世界各地で行ってきた災害支援活動についてもご紹介します。 museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. 順路に沿ってご紹介しましょう。 仙厓義梵(1750-1837) は、美濃出身の画僧。 その禅画は生前から人気でした。 菅木志雄(1944-) は「もの派」を代表する存在のひとりです。 インド哲学の〈空〉の思想に共鳴し、ものと人との在りようを問い直してきました。 仙厓の《円相図》に応答して《支空》を再制作しました。 花鳥画は、東洋の伝統的な画題のひとつ。 江戸時代には、沈南蘋の影響を受けた絵師や、伊藤若冲らが活躍しました。 川内倫子(1972- )は、世界を舞台に活躍している写真家です。 〈AILA〉と〈Halo〉シリーズに見る作風からは、自然への興味と深い情感が感じられます。 円空(1632-1695) も、美濃出身の僧。 全国を巡り、約12万体といわれる膨大な数の仏像を彫りました。 棚田康司(1968-) は現代を代表する木彫作家の一人です。 円空と同様に日本古来の「一木造」で像を制作。 展覧会の設営は、円空と対話しているようで楽しかった、と語っていました。 海外にもファンが多い日本刀。 もとは武器ですが、権力の証、鑑賞の対象へと変化しました。 鴻池朋子(1960-) は、アニメーション、絵画、彫刻、手芸など様々な手法を用いる美術家。 動物の皮を縫い合わせた巨大な《皮緞帳》は、広い空間を活かしています。 国際的に注目を集める建築家の田根剛(1979-)が、天台宗の古刹・西明寺(滋賀県甲良町)に伝わる二体の仏像を展示する空間をつくりました。 光で闇を消す日光菩薩と、慈しみの心で煩悩を滅する月光菩薩。 田根は祈りにふさわしい場を、光で表現しています。 ご存知、葛飾北斎(1760 -1849) は浮世絵界のスーパースター。 印象派など西欧の画家にも大きな影響を与えました。 漫画家のしりあがり寿(1958-) は、現代美術家としても活躍中。 北斎へのオマージュとして〈ちょっと可笑しなほぼ三十六景〉を制作。 映像作品も出展しています。 尾形乾山(1663-1743) は絵師・尾形光琳の実弟。 琳派の意匠を用い、数々の華やかな陶器を生み出しました。 ブランド「ミナ ペルホネン」を率いる皆川明(1967-)。 温かいデザインは、陶器を芸術に高めた乾山焼の世界を彷彿とさせます。 曾我蕭白(1730-81)は「奇想の系譜」の絵師。 醜悪に思えるモチーフを、大胆な筆さばきで描きました。 横尾忠則(1936-) は60年代からグラフィックデザイナーとして活躍し、1981年に「画家宣言」。 先達の作品から引用や借用し、新たな表現に昇華させたことでも、両者は共通します。 個性のぶつかり合いもあり、調和もありと、賑やかな会場をお楽しみ下さい。 youtube. museum. museum. museum. museum. museum. museum. 6月2日(火)からようやく再開となりました。 2階展示室で開催されている本展は、文化誌『花椿』の編集者としてファッションやアートの世界を見つめてきた林央子氏が監修。 会場にはアーティスト別に作品が並びます。 まず冒頭は、アンダース・エドストローム(1966-)から。 フランスでファッションデザイナーのマルタン・マルジェラと出会い、メゾン・マルタン・マルジェラの撮影を長年手がけました。 ファッション・カルチャー誌『Purple』で、多くの作品を発表しています。 アンダース・エドストローム髙橋恭司(1960-)も『Purple』など、ファッション・カルチャー誌で活躍。 まっすぐにこちらを見返す女性の写真《Tokyo Girl》は、ファッション誌『CUTiE』1992年6月号の巻頭特集です。 同誌は「男の子のためにおしゃれをするのではなく、自分が楽しくなるために服を着る」ことがコンセプトでした。 髙橋恭司会場では、時代のターニングポイントとなった雑誌を資料展示として紹介。 『Purple』は1992年にパリで創刊。 同人誌のような形態から大きく成長し、さまざまなクリエイターに影響を与えました。 『here and there』は、展覧会監修の林央子氏が2002年に創刊しています。 「Purple」「here and there」その『Purple』を創刊したひとりが、エレン・フライス(1968-)、本展ではスライドプロジェクターで写真を展示。 あわせて同じ展示室で、エレンと長く交流がある現代美術作家の前田征紀によるインスタレーション作品も展示し、両者によるコラボレーション空間が広がります。 前田征紀日本人の若者をモデルとして起用し、ストリートで撮影し続けたのがホンマタカシ(1962-)です。 ホンマタカシが『CUTiE』や『流行通信』などで活躍した90年代は、雑誌が文化を牽引していた時代。 ただ、インターネットの普及により、状況は大きく変わっていきました。 主要メンバーは90年代生まれの男女と、すでにインターネットが普及し、多くの雑誌が消えた時代です。 結成当時からホンマタカシとコラボレーションを展開するほか、さまざまな分野の人々と協働。 現在はギャラリースペースも営んでいます。 PUGMENT編集者と写真家が協働し、雑誌から流行がつくられていた90年代。 その後、ネットの普及により雑誌主導で流行現象がつくられる時代が終わり、スマホが広まるにつれてエンドユーザー自身が情報発信するようになりました。 ファッションにおける写真の役割は、時代とともに変化し続けている事が実感できる展覧会です。 元々は3月3日(火)~5月10日(日)の日程で予定されていた本展。 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休止していましたが、会期が延長されました。 展覧会の入場には特に予約などは必要ありませんが、東京都写真美術館ではさまざまな対策を行っているほか、木・金曜日の夜間開館を休止しています。 来館前に必ず公式サイトでご確認ください。 youtube. これまでのファッションが発展する過程において、写真は衣服が持つ魅力を伝えるという重要な役割を担ってきました。 写真によって作り出されるイメージは、ときには衣服そのものよりも人々を惹きつけ、時代を象徴するイメージとなっています。 1990年代に入り、ファッションの魅力を伝えるという枠組みを超え、人々に訴えかけるイメージを作り出す写真家や、インディペンデントなスタンスで情報を発信するファッション誌が登場しました。 新しい視点から生み出されたイメージは、人々の考え方やライフスタイルにも影響を与え、その後の世代にも繰り返し参照されています。 写真とファッションの関係性は、インターネットが普及した2000年代以降、さらなる変化を遂げます。 かつては新聞や雑誌の編集者、記者など、限られた人々を介して伝えられていた最新のファッションショーや展示会の様子も、近年ではツイッターやインスタグラムなどのSNSを通して、タイムラグなく一般の人々の手元に届けられるようになりました。 また、情報を受け取るだけではなく、タグ付けをしたセルフィー(自撮り)に代表されるように、受け手自身も様々な形で情報発信を行っています。 本展覧会は、長年にわたり文化誌『花椿』の編集者としてファッションやアートの世界を見つめてきた林央子氏を監修に迎え、国内外のアーティストによる作品を通して「写真とファッション」の関係性を探る試みです。 時代のターニングポイントとなった稀少なファッション誌の展示や、関連イベントなどとともに、様々な角度から写真とファッションをお楽しみください。 写真によって作り出されるイメージは、ときには衣服そのものよりも人々を惹きつけ、時代を象徴するイメージとなっています。 新しい視点から生み出されたイメージは、人々の考え方やライフスタイルにも影響を与え、その後の世代にも繰り返し参照されています。 かつては新聞や雑誌の編集者、記者など、限られた人々を介して伝えられていた最新のファッションショーや展示会の様子も、近年ではツイッターやインスタグラムなどのSNSを通して、タイムラグなく一般の人々の手元に届けられるようになりました。 時代のターニングポイントとなった稀少なファッション誌の展示や、関連イベントなどとともに、様々な角度から写真とファッションをお楽しみください。 museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. php? 待ち遠しくて、開館前に到着!久門剛史(ひさかどつよし)さんは1981年生まれの現代美術家。 あいちトリエンナーレ2016などに出展して活躍していますが、国内で大規模な個展を開くのは、これがはじめてです。 最初の展示室には、壁面に金属製の機械がたくさん付いています。 機械はコピーの給紙トレイのような仕組みで、しばらく見ていると、それぞれの機械から、白い紙がヒラヒラと床へ。 床は一面、落ちてきた紙で覆われています。 最初の大きな展示室は、新作のインスタレーション「Force」ひとつひとつの機械から、紙が落下します裸電球は、ときおり点滅しますミラーボールの作品は《after that》。 壁に映った光を良く見ると、時計の針が動いているのが分かります。 ミラーボールの鏡の部分に小さな時計がついており、その影が写っています。 ミラーボールの作品《after that. 》先に進むと、ケース形の作品が並ぶ展示室へ。 「丁寧に生きる」と題したインスタレーションです。 一番手前は、久門さんのデビュー作でもある《らせんの練習》、シャーペンの芯を使った動く作品です。 インスタレーション「丁寧に生きる」《らせんの練習》 シャーペンの芯がゆっくり回り、円弧を書いていきます最初の作品も、この仕組みを利用しているんだと思います「円」を意識させる作品が多いな、と思いながら進むと、《crossfades 1》で納得。 秒針の先についた小さなルーペを除くと、とても細かな数字がありました。 《Quantize 7》最後はシルクスクリーンを利用した、29点組みの平面作品。 こちらも最初は円のかたちだけが目に入りますが、近寄ると数字が見えてきます。 という事は…と思い直して、会場の最初から見直すと、おっ!こんな所にも!ぜひ、ゆっくりと鑑賞していただきたいと思います。 《crossfades 4》(29点組)《crossfades 4》に近寄ると、一目瞭然ですワークショップルームには、久門さんのドローイングが。 ここは撮影できませんでしたが、綿密なドローイングが印象的でした。 ご本人がどのような方なのかも、とても気になりました。 豊田市美術館豊田市美だけで見られるとは、なんという贅沢! コロナの関係で会期がだいぶ延びたのが幸いです。 エリアレポーターのご紹介S. 休日は時間ができると、ミュージアムをまわるのがいつのまにか習慣になりました。 都会でも地方でも、気の向くままに足を伸ばしたいと思っています。 久門剛史(ひさかどつよし)さんは1981年生まれの現代美術家。 あいちトリエンナーレ2016などに出展して活躍していますが、国内で大規模な個展を開くのは、これがはじめてです。 最初の展示室には、壁面に金属製の機械がたくさん付いています。 機械はコピーの給紙トレイのような仕組みで、しばらく見ていると、それぞれの機械から、白い紙がヒラヒラと床へ。 床は一面、落ちてきた紙で覆われています。 久門は、身の回りの現象や特定の場所がもつ記憶、歴史的事象を採取し、それらを音や光、立体などの断片をもちいて観る者の身体感覚を静かに、強く揺さぶる空間を創り出します。 私たちの知覚を研ぎ澄ますように促し、モノに潜在する「永遠性」と「唯一性」についてメタフォリカルに問いかける作品は、国内外で高く評価されています。 本展で久門は、豊田市美術館の4つの展示室からなる延べ約1,000㎡の個性的な空間を使い、それぞれの場に呼応する新作インスタレーションを展開します。 展覧会タイトルは「らせんの練習」。 真上から見て円であると認識していたものが、視点を変えて彫刻的に見たとき、はじめて螺旋だと気づく。 そうした観る人それぞれの時間と空間の発見や新しい知覚の拡張につながる体験を、まさに螺旋の構造をなぞるように展示室が配置されている豊田市美術館の建築空間の中で実感できる、豊かな展観を目指します。 社会が混沌としている状況の中でも、物事を美しいと思える態度を揺るぎなく示し続けてきた久門剛史の芸術世界を、是非ご覧ください。 詳しくは公式サイトにてご確認ください。 私たちの知覚を研ぎ澄ますように促し、モノに潜在する「永遠性」と「唯一性」についてメタフォリカルに問いかける作品は、国内外で高く評価されています。 展覧会タイトルは「らせんの練習」。 真上から見て円であると認識していたものが、視点を変えて彫刻的に見たとき、はじめて螺旋だと気づく。 そうした観る人それぞれの時間と空間の発見や新しい知覚の拡張につながる体験を、まさに螺旋の構造をなぞるように展示室が配置されている豊田市美術館の建築空間の中で実感できる、豊かな展観を目指します。 社会が混沌としている状況の中でも、物事を美しいと思える態度を揺るぎなく示し続けてきた久門剛史の芸術世界を、是非ご覧ください。 詳しくは公式サイトにてご確認ください。 museum. toyota. aichi. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. 本展は同館約200年の歴史において、初めて館外で開催される大規模な所蔵作品展という事になります。 会場は7章構成で、1章「イタリア・ルネサンス絵画の収集」から。 16世紀のフィレンツェ、ローマ、ヴェネツィア絵画は、同館の中核分野です。 ティツィアーノは16世紀ヴェネツィア派の大御所。 《ノリ・メ・タンゲレ》は復活したキリストがマグダラのマリアに「我に触れるな(ノリ・メ・タンゲレ)」と諭した場面です。 ヨハネス・フェルメール《ヴァージナルの前に座る若い女性》1670-72年頃2章は「オランダ絵画の黄金時代」。 オランダは17世紀、英国は19世紀と、時代は異なりますがともに海洋交易大国。 地理的にも近いオランダの文化は、英国の人々にとって親しみやすいものでした。 ヨハネス・フェルメール《ヴァージナルの前に座る若い女性》は、本展注目の一点。 日常の一瞬を切り取った風俗画を得意としたフェルメール。 主役の女性がこちらを振り向いているのは、客人が到着したのでしょうか。 (左から)ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《ノリ・メ・タンゲレ》1514年頃 / カルロ・クリヴェッリ《聖エミディウスを伴う受胎告知》1486年この章にはもう一点の注目作品、レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《34歳の自画像》も。 数多くの自画像を描いたレンブラント。 名声が最も高まった時期の本作は、落ち着いて自信溢れる表情が印象的です。 レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《34歳の自画像》1640年3章は「ヴァン・ダイクとイギリス肖像画」。 国王チャールズ1世に招かれ、17世紀前半に英国で活躍したフランドル人のヴァン・ダイク。 後の時代のレノルズやゲインズバラたちは、ヴァン・ダイクを引き継ぐかたちで、格調高い肖像画を描きました。 ロイヤル・アカデミー初代院長を務めたジョシュア・レノルズは、18世紀の英国を代表する肖像画家。 《レディ・コーバーンと3人の息子》は、気品と愛らしさを兼ね備えた、レノルズならではの作品です。 (左から)トマス・ローレンス《シャーロット王妃》1789年 / トマス・ゲインズバラ《シドンズ夫人》1785年4章は「グランド・ツアー」。 18世紀の英国では、上流階級の子息たちがイタリアを訪れることが流行。 ヴェネツィアやローマの都市景観図が持ち帰られました。 (左から)フランチェスコ・グアルディ《ヴェネツィア:サン・マルコ広場》1760年頃 / カナレット(本名ジョヴァンニ・アントニオ・カナル)《イートン・カレッジ》1754年頃5章「スペイン絵画の発見」。 19世紀初めのスペイン独立戦争に、ウェリントン公率いる英国軍が参戦。 ベラスケスやスルバランなどがもたらされ、英国でのスペイン絵画は、ゆるぎない評価を確立しました。 (左から)フアン・バウティスタ・マルティネス・デル・マーソ《喪服姿のスペイン王妃マリアナ》1666年 / ルカ・ジョルダーノ《ベラスケス礼賛》1692-1700年頃6章「風景画とピクチャレスク」。 18世紀後半から英国では風景画が流行。 不規則で荒々しい「絵のような(ピクチャレスク)」に、美が見出されました。 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーは、風景画家としてはもちろん、イギリス最大の画家といえるかもしれません。 《ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス》は、ターナーの代表作のひとつです。 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー《ポリュフェモスを嘲るオデュッセウス》1829年最後は7章「イギリスにおけるフランス近代美術受容」。 印象派やポスト印象派など、フランスで19世紀に進んだ絵画の改革が英国で受容されるのは、20世紀に入ってからです。 (左から)クロード・モネ《睡蓮の池》1899年 / ポール・セザンヌ《ロザリオを持つ老女》1895-96年頃ドミニク・アングルは、新古典主義の継承者。 《アンジェリカを救うルッジェーロ》は、ドガが所有していた作品。 官能的な女性像は、いかにもアングルといった表現です。 本展最大の注目が、フィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》。 ファン・ゴッホは生涯で7枚、花瓶に生けられたひまわりの絵を描いており、これは最初に描いた4枚の中の1枚です。 フィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》1888年著名美術館の名を冠した「〇〇美術館展」はしばしば開催されますが、正真正銘、歴史的といって良い展覧会です。 開幕後も混雑対策のためチケットの販売方法や展示室への入場方法が変更となる場合がございます。 youtube. 王室の収集を母体とした多くのヨーロッパの美術館とは違い、1824年に国家制定法により設立された美術館であることに最大の特徴があります。 ファン・アイク、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ティツィアーノ、ルーベンス、ベラスケス、ターナー、モネ、セザンヌ、ゴッホなど、13世紀から20世紀初頭までのヨーロッパ絵画の様々な画派を網羅した約2,300点の作品を所蔵し、年間の来場者数は世界の美術館・博物館でもトップ5に入る500万人超を誇ります。 しかし所蔵作品の多くを常設展示している同館は作品の貸出に極めて厳しいことで知られ、これまで館外で所蔵作品展が開催されることは一度もありませんでした。 この度、日本初公開となるゴッホの傑作《ひまわり》をはじめ傑作約60点を一挙日本で公開することは、同館史上初の試みであり、歴史的な開催となります。 museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. php? 茶道には無縁で生きてきた私が1日1回抹茶を点て始めた時は、自分のことながら驚きました。 中之島香雪美術館で開催中の「茶の湯の器と書画」。 タイトル通り、茶入、茶碗、水指、香合、菓子器などの茶道具、そして茶席の床の間に掛けられた書画、そして浮世絵の肉筆画など約80点が紹介されています。 これらは朝日新聞社の創業者である村山龍平が収集した優品です。 展示風景野々村仁清 《白釉鉄釉流耳付水指》江戸時代前期 17世紀 陶器 村山コレクション茶入が形によって分類されていることや、それぞれの茶碗の銘の由来や特徴などの丁寧な解説に沿って、作品をじっくりと鑑賞できます。 作品1つ1つにも魅了されますが、村山龍平が実際に、季節や迎える客のことを思いながら道具を選び、気持ちの良いひと時を過ごしたのだと思うと、それだけでこちらも贅沢な気持ちになります。 樂道入 《黒楽茶碗 銘 寒空》江戸時代前期 17世紀 陶器 村山コレクション特に気に入った黒楽茶碗を見ていると、自分の手の中に包込むように持った感触や、抹茶の濃い緑色と器の黒色の対比など、想像するだけで至福です。 よく「茶碗の中には宇宙がある」と表現されますが、茶道具それぞれ独自の空気感を放っています。 道具がもつ魅力とそれを愛しんだ人の気持ち、そして今に至るまでの時間などが層となり、そう感じさせてくれるのかもしれません。 勝川春章《三都美人図》江戸時代中期 18世紀 絹本着色 村山コレクションまた前期展示のみどころの1つは、勝川春章の《三都美人図》です。 日本で最も古い美術専門紙「國華」で1913年に紹介されて以来100年以上も表に出ていなかった肉筆画です。 御簾から透けて見える部屋の中、細かく描かれた着物の柄など、ため息がでる繊細さが魅力です。 左側の着物を胸にあてる女性は、大坂の豪商の奥方だそうです。 壁に掛かった箱、何か判りますか。 そう、掛け時計なんです。 それがあることで、この作品がとてもモダンにも感じます。 尾形乾山《銹絵染付松文向付》江戸時代中期 18世紀 陶器 香雪美術館単に茶を点てて飲むだけでなく少し踏み込むことで、総合芸術としての茶の湯の世界が広がることがわかります。 外側から見るだけでなく、芸術の中に身を置くことができると再認識できたことは、コロナ禍の影響で美術館に行けない日々を寂しく感じていた私に、ポンと何か投げられた気がしました。 エエリアレポーターのご紹介カワタユカリ美術館、ギャラリーと飛び回っています。 感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。 どうぞお付き合いお願いいたします。 茶道には無縁で生きてきた私が1日1回抹茶を点て始めた時は、自分のことながら驚きました。 中之島香雪美術館で開催中の「茶の湯の器と書画」。 タイトル通り、茶入、茶碗、水指、香合、菓子器などの茶道具、そして茶席の床の間に掛けられた書画、そして浮世絵の肉筆画など約80点が紹介されています。 これらは朝日新聞社の創業者である村山龍平が収集した優品です。 この展覧会では、コレクションのなかから、茶の湯に傾倒した村山が茶事に用いた茶道具や、茶席を飾った平安・鎌倉時代のかな書き、南宋から元時代の墨跡などの掛軸を展示します。 その他、水墨画や浮世絵などの絵画も含めて、村山コレクションの優品約80点をジャンル別にアラカルトで紹介します。 伝 西行「落葉切」は、出雲松江藩主であり茶人でもあった松平不昧が珍重した和歌の掛軸です。 勝川春章「三都美人図」は、戦前の美術専門誌に掲載されて以降、百年以上表に登場したことがなく、その出現が望まれていた作品です。 その他、水墨画や浮世絵などの絵画も含めて、村山コレクションの優品約80点をジャンル別にアラカルトで紹介します。 勝川春章「三都美人図」は、戦前の美術専門誌に掲載されて以降、百年以上表に登場したことがなく、その出現が望まれていた作品です。 kosetsu-museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. php? シンプルなネックレスを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、本展を見終えた後にはガラッとイメージが変わり、多彩な美しさに魅了されてしまいます。 展示は、地下の第1会場、2階の第2会場とで大きくテーマが分かれています。 第1会場では、装身具、ジュエリーがいつ頃登場し、どのような時代背景を受けて製作されてきたか、海外の歴史をたどります。 もう一方の第2会場は、江戸時代までと明治以降では用途も価値も変わった、日本での真珠が紹介されています。 序章~4章(第1会場)古代オリエントの遺跡から出土した耳飾りや首飾りに使われていたほど、真珠は古くから宝石として珍重されていました。 《耳飾り「イルカ」》3世紀 パキスタン ミキモト真珠島 真珠博物館近世ヨーロッパになると、コロンブスがアメリカ大陸で真珠を発見したことで流通量が増え、富と権力の象徴として王侯貴族が身につけるようになり黄金期を迎えます。 《モーニングスライド「ハート」》1700年頃 イギリス ミキモト真珠島 真珠博物館近代に入ると、素材・デザインが多様化します。 シードパールといわれる芥子の実ほどの小さい真珠を、シロチョウ貝の台座に留めて立体的に仕立てた作りに惹かれました。 真珠ひと粒は小さいながらもふんだんに使用されることで、優雅さと可憐さを感じました。 《シードパールブローチ》19世紀初期 イギリス 穐葉アンティークジュウリー美術館アール・ヌーヴォーらしさが光るデザインにも、特徴ある使われ方がされています。 そんな中、日本最古の縄文真珠(別名トリハマ・パール)が展示されていました。 天然真珠としては大きく存在感があり、当時どのようにに扱われたか想像をかきたてられます。 《縄文真珠(別名:トリハマ・パール)》鳥浜貝塚出土 縄文時代前期 福井県立若狭歴史博物館明治になり、御木本幸吉が真珠の養殖に成功したことで、日本でも真珠の装身具が製作されるようになります。 御木本は質の高い真珠を養殖しただけでなく、ヨーロッパ最先端のデザインを取り入れ、製造から販売まで自社で手掛けました。 和装に合わせた帯留は、今なおモダンなデザインと感じました。 《帯留「構成派」》ミキモト装身具 図案1927年、製作1993年 ミキモト真珠島 真珠博物館《帯留「流水」》御木本真珠店 1927-30年 ミキモト真珠島 真珠博物館日本では、ジュエリーを常設展示している美術館が少ないため、纏まった数を見られる貴重な機会となっています。 美術館に行けない日々が続いた後だからこそ、美しさは心の栄養として必要だとも思いました。 直感の趣くまま、観たいな、良いな、と思った展覧会をレポートしていきたいとおもいます。 ブログ:~No Love, No Museum. シンプルなネックレスを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、本展を見終えた後にはガラッとイメージが変わり、多彩な美しさに魅了されてしまいます。 展示は、地下の第1会場、2階の第2会場とで大きくテーマが分かれています。 第1会場では、装身具、ジュエリーがいつ頃登場し、どのような時代背景を受けて製作されてきたか、海外の歴史をたどります。 もう一方の第2会場は、江戸時代までと明治以降では用途も価値も変わった、日本での真珠が紹介されています。 貝をあけ、そのなかから取り出される真珠は、カットや研磨など人間の手を加える前から美しい輝きを放ち、古くから人々を魅了してきました。 真珠があしらわれた宝飾品は、富や権力の象徴でもあり、王侯貴族はこぞってそれらを身につけました。 本展では、古代から現代に至るまで英国をはじめとするヨーロッパ各国で製作された真珠の装身具を展示します。 これらの装身具は素材の美しさはもちろんのこと、洗練されたデザインや職人による精緻な細工が施されたもので、真珠の宝飾文化のすばらしさを伝えています。 その他にも、本展では日本における真珠の歴史についても取り上げます。 1893(明治26)年に御木本幸吉(1858-1954)が世界で初めて半円真珠の養殖に成功した後、今日に至るまで日本における真珠の養殖は発展し続けてきました。 明治以前の日本では真珠が装身具として用いられることはほとんどありませんでしたが、養殖真珠産業が興った後には、高度な金属細工技法による美しい装身具が製作されるようになりました。 まさに「海からの贈りもの」である真珠。 本展ではその魅力を多面的にご紹介します。 貝をあけ、そのなかから取り出される真珠は、カットや研磨など人間の手を加える前から美しい輝きを放ち、古くから人々を魅了してきました。 真珠があしらわれた宝飾品は、富や権力の象徴でもあり、王侯貴族はこぞってそれらを身につけました。 これらの装身具は素材の美しさはもちろんのこと、洗練されたデザインや職人による精緻な細工が施されたもので、真珠の宝飾文化のすばらしさを伝えています。 1893(明治26)年に御木本幸吉(1858-1954)が世界で初めて半円真珠の養殖に成功した後、今日に至るまで日本における真珠の養殖は発展し続けてきました。 明治以前の日本では真珠が装身具として用いられることはほとんどありませんでしたが、養殖真珠産業が興った後には、高度な金属細工技法による美しい装身具が製作されるようになりました。 本展ではその魅力を多面的にご紹介します。 shoto-museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. osaka-art-museum. osaka-art-museum. museum. museum. test d. location? 'http':'https';if! createElement s ;js. twitter. js';fjs. parentNode. museum. php? museum. museum. museum. museum. museum. museum. osaka-art-museum. osaka-art-museum. museum. museum. test d. location? 'http':'https';if! createElement s ;js. twitter. js';fjs. parentNode. museum. php? s / 2020年5月26日 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」展へ。 大阪市立美術館玄関 各地から、桜の便りが届いても、鳥たちが、美しくさえずっても、今年の春ほど、心が躍らなかった春はありません。 美術展も、コンサートも、あらゆるものが中止や延期になりました。 当たり前だと思っていたことが当たり前ではない春でした。 そんな中、待ちに待った美術展が開幕しました。 きっと関係者の方々は、中止も考えられたことでしょう。 「よくぞ、開催できた!」という思いでいっぱいのことでしょう。 見る私たちも、その思いは同じです。 17世紀からのフランス絵画の300年が一堂に! エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン《ポリニャック公爵夫人、ガブリエル・ヨランド・クロード・マルチーヌ・ド・ポラストロン》1782年、ヴェルサイユ宮殿美術館 それまでは、イタリアやオランダなどの後塵を拝していたフランス絵画が、17世紀以降、大きく花開いていく流れを、臨場感をもって俯瞰することができます。 歴史や神話を描いてきた絵画が、そこにいるような生身の人間を描き始めました。 白い歯をのぞかせる少しだけ開いた口は、今にも話しかけそうです。 ニコラ=ベルナール・レピシエ《ファンションの目覚め》、サン=トメール、サンドラン美術館 しどけない姿の、散らかった部屋で朝の準備をする女性。 乱雑に脱ぎ捨てられた衣服やちびた箒などに、親近感を覚えます。 例えば、上記の3の並ぶ順番は、出典目録のそれとは異なりますが、それぞれの顔が内側を向くように展示されています。 順番通りだと、外側を向いて、まるでそっぽを向いているように見えるので、見る人の気持ちがざわざわするとのこと。 そんな工夫があちこちにあるそうなので、見つけてくださいね。 このような状況下で美術を楽しむとは? 大阪市立美術館がある天王寺公園からあべのハルカスをのぞむ 大阪市立美術館には、天王寺駅から、天王寺公園の中を通っていきます。 芝生広場では、人々が三々五々楽しんでいました。 徐々に、日常が戻ってきています。 アフターコロナ、ウイズコロナの時代に生きる私たちは、美術展に行くことで、日常を取り戻そうとしているのかもしれません。 osaka-art-museum. 展覧会詳細へ 「フランス絵画の精華」詳細情報 エリアレポーターのご紹介 atsuko. s 美しい自然が好き 心に刺さる映画が好き うっとり沁み入る音楽が好き なかでも、とりわけ美術が好き 「下手の横好き」なリポーターがいてもいいかも? そんなズブの素人的感想をお届けします。 tweet! test d. location? 'http':'https';if! createElement s ;js. twitter. js';fjs. parentNode. s / 2020年5月26日 大阪市立美術館「フランス絵画の精華」展へ。 大阪市立美術館玄関 各地から、桜の便りが届いても、鳥たちが、美しくさえずっても、今年の春ほど、心が躍らなかった春はありません。 美術展も、コンサートも、あらゆるものが中止や延期になりました。 当たり前だと思っていたことが当たり前ではない春でした。 そんな中、待ちに待った美術展が開幕しました。 きっと関係者の方々は、中止も考えられたことでしょう。 「よくぞ、開催できた!」という思いでいっぱいのことでしょう。 見る私たちも、その思いは同じです。 17世紀からのフランス絵画の300年が一堂に! ヴィジェ・ルブラン「ポリニャック公爵夫人」 それまでは、イタリアやオランダなどの後塵を拝していたフランス絵画が、17世紀以降、大きく花開いていく流れを、臨場感をもって俯瞰することができます。 歴史や神話を描いてきた絵画が、そこにいるような生身の人間を描き始めました。 白い歯をのぞかせる少しだけ開いた口は、今にも話しかけそうです。 ニコラ=ベルナール・レピシエ「ファンションの目覚め」 しどけない姿の、散らかった部屋で朝の準備をする女性。 乱雑に脱ぎ捨てられた衣服やちびた箒などに、親近感を覚えます。 例えば、上記の3の並ぶ順番は、出典目録のそれとは異なりますが、それぞれの顔が内側を向くように展示されています。 順番通りだと、外側を向いて、まるでそっぽを向いているように見えるので、見る人の気持ちがざわざわするとのこと。 そんな工夫があちこちにあるそうなので、見つけてくださいね。 このような状況下で美術を楽しむとは? 大阪市立美術館がある天王寺公園からあべのハルカスをのぞむ 大阪市立美術館には、天王寺駅から、天王寺公園の中を通っていきます。 芝生広場では、人々が三々五々楽しんでいました。 徐々に、日常が戻ってきています。 アフターコロナ、ウイズコロナの時代に生きる私たちは、美術展に行くことで、日常を取り戻そうとしているのかもしれません。 osaka-art-museum. s 美しい自然が好き 心に刺さる映画が好き うっとり沁み入る音楽が好き なかでも、とりわけ美術が好き 「下手の横好き」なリポーターがいてもいいかも? そんなズブの素人的感想をお届けします。 tweet! test d. location? 'http':'https';if! createElement s ;js. twitter. js';fjs. parentNode. 美術展も、コンサートも、あらゆるものが中止や延期になりました。 当たり前だと思っていたことが当たり前ではない春でした。 そんな中、待ちに待った美術展が開幕しました。 今回、行ってきたのは、大阪市立美術館で開催中の「フランス絵画の精華」展です。 17世紀の「大様式」と名づけられた古典主義から、18世紀のロココ、19世紀の新古典主義、ロマン主義を経て、印象派誕生前夜にいたるまでの時代です。 ヴェルサイユ宮殿美術館やオルセー美術館、大英博物館、スコットランド・ナショナル・ギャラリーなど、フランス、イギリスを代表する20館以上の美術館の協力のもと、油彩画71点、素描18点の名品が集結しました。 17世紀の「大様式」と名づけられた古典主義から、18世紀のロココ、19世紀の新古典主義、ロマン主義を経て、印象派誕生前夜にいたるまでの時代です。 ヴェルサイユ宮殿美術館やオルセー美術館、大英博物館、スコットランド・ナショナル・ギャラリーなど、フランス、イギリスを代表する20館以上の美術館の協力のもと、油彩画71点、素描18点の名品が集結しました。 jpg",type:c,description:"エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン《ポリニャック公爵夫人、ガブリエル・ヨランド・クロード・マルチーヌ・ド・ポラストロン》1782年、油彩・カンヴァス、92. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. fujimu100. fujimu100. museum. museum. museum. php? K-KO / 2020年5月23日空間デザインに注目!このコーナーではまだ紹介されていない、ふじのくに地球環境史ミュージアムに行ってきました。 静岡県立の自然博物館です。 外観は学校のようですが、それもそのはず、県立静岡南高校をリノベーションした施設です。 学校からミュージアムへの転身は、施設の特性にもピッタリだと思います。 ふじのくに地球環境史ミュージアムの正面入口 高校の校舎をそのまま利用しています中に入ると、教室がそのまま常設展示室に。 机や黒板など、学校で使われていたものがそのまま使われているのもユニークです。 展示室1「地球環境史との出会い」展示室3「ふじのくにの海」 展示台は学校の机を使っています「思考するミュージアム」がコンセプトのため、解説文は少なめ。 展示空間はとても洗練されたデザインで、国内外で多くのデザイン賞を受賞している、との事。 展示室4「ふじのくにの大地」展示室8「生命のかたち」には、脊椎動物の骨が並びます10の常設展示室のうち、展示室9と展示室10では対話型の展示を実施。 進行役のインタープリターさんが講義形式で解説してくれます。 実際に人から聞くと、理解がぐっと深まります。 静岡県ではすでに12種の動物が絶滅した、との事。 由々しき問題です。 小学生ぐらいの家族連れが何組か来ていました。 ファミリーはもちろんですが、空間デザインに興味がある人には強くおすすめしたいミュージアムです。 fujimu100. K-KO話題の美術館や建築物をチェックして足を運ぶのが、休日の日課です。 いつかこんな美術品を収集したいと夢見ながら、鑑賞を楽しんでいます。 静岡県立の自然博物館です。 外観は学校のようですが、それもそのはず、県立静岡南高校をリノベーションした施設です。 学校からミュージアムへの転身は、施設の特性にもピッタリだと思います。 中に入ると、教室がそのまま常設展示室に。 机や黒板など、学校で使われていたものがそのまま使われているのもユニークです。 「思考するミュージアム」がコンセプトのため、解説文は少なめ。 展示空間はとても洗練されたデザインで、国内外で多くのデザイン賞を受賞している、との事。 生誕260年のメモリアルイヤーを記念した本展では、肉筆画に焦点をあてて、その長い画業を展観します。 勝川春章の門下だった北斎。 19歳の頃、勝川春朗としてデビューしました。 勝川派を離れた後には、琳派の一門として俵屋宗理、さらに北斎辰政とも名乗ります。 すっきりとした女性の描き方は、この後の美人画とは違いが見られます。 左下の署名で、フランスの小説家、エドモン・ド・ゴンクールの旧蔵品だった事が分かります。 ほぼ同時期に描かれた、ふたつの名品が並んで紹介されています。 手鏡に顔が映る《夏の朝》は、足元の小道具で季節や時間が暗示されています。 youtube. 『北斎漫画』や「冨嶽三十六景」を手掛けていた時代で、肉筆画の制作は多くありません。 「ムサシシモフサ(武蔵下総)」のように読める印は10点ほどしか例がなく、貴重な作品です。 有名な逸話で、頼朝が仕向けた刺客を静御前が察し、義経に武具を渡す場面。 上から義経、静御前、弁慶と、動きがあるS字にレイアウト。 細密描写も見どころです。 器の下部に『北斎漫画』から引用された蛙のモチーフが見て取れます。 会期中に1点ずつ展示されます。 画にかける情熱は年を重ねるごとに強くなり、最晩年でも鬼気迫る創作を続けます。 クチバシから覗くギサギサは、カメラのズームでないと見つけられないほどです。 よく見ると、カラスの身体は墨の濃淡だけではなく、藍色も使われている事が分かります。 北斎は知名度のわりに春画の作例は多くありません。 ミュージアムショップにてお求めください。 amazon. ssl-images-amazon. museum. amazon. 「冨嶽三十六景」シリーズや『北斎漫画』など版画や版本が良く知られますが、肉筆画でも数多くの名品を残しています。 museum. その一つ、小涌谷温泉は、湯本駅から芦ノ湖に通じる国道一号線の半ばに位置しています。 2013年秋、東洋の美の結晶が一堂に会する大きな美術館が、ここに誕生し、5階建ての広い会場に、日本と東洋のきまざまな美術品が展示されます。 岡田美術館は、実業家岡田和生が蒐集した、日本・中国・韓国を中心とする古代から現代までの美術品を収蔵しています。 古来、日本で受け継がれてきた美術品を大切に守り、美と出会う楽しさを分かち合い、次代に伝え遣したい、との願いから、美術館が構想されました。 そして、日本とアジアの文化を世界に発信し、広く文化の創造に貢献することを使命としています。 ご観覧のあとは、前庭にある足湯カフェでくつろぎ、また日本庭園の散策をお楽しみください。 238268873384,lng:139. 238268873384",lng:"139. これを記念し、岡田美術館(館長・小林忠氏)は、2020年4月5日(日)から9月27日(日)まで、特別展『生誕260年記念 北斎の肉筆画-版画・春画の名作とともに-』を開催します。 本展では、北斎の画業70年のうち、40歳代から最晩年までの各時代を代表する珠玉の肉筆画11点を中心に、版画・版本、 春画を含む全17点の北斎作品を展示します。 同館で収蔵する北斎の全作品(14点) を同時に公開するのは、本展が初めてのことです。 50歳前後に描かれた肉筆美人画の傑作「夏の朝」と 「美人夏姿図」(個人蔵)の豪華競演、代表作「冨巌三十六景」や『北斎漫画』、北斎に影響を受けたフランスのガラス作家エミール・ガレ(1846-1904 の作品などを通じ、様々な角度から奇才・葛飾北斎に 追ります。 同館で収蔵する北斎の全作品(14点) を同時に公開するのは、本展が初めてのことです。 50歳前後に描かれた肉筆美人画の傑作「夏の朝」と 「美人夏姿図」(個人蔵)の豪華競演、代表作「冨巌三十六景」や『北斎漫画』、北斎に影響を受けたフランスのガラス作家エミール・ガレ(1846-1904 の作品などを通じ、様々な角度から奇才・葛飾北斎に 追ります。 museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. Originally commissioned for LE STANZE DEL VETRO. museum. museum. museum. museum. php? そんな気持ちにさせてくれる美術館、「京都市京セラ美術館」が大改修工事を終え、ついにオープンします。 まるで過去、現在、未来が交差しているかのようです。 久々に見る螺旋階段や床のタイルに安心し、吹き抜けで広々とした中央ホールや「東山キューブ」として誕生した新館に心が躍ります。 何よりどこを歩いても「光」を感じることができ、何かが始まるという期待が渦巻いています。 こけら落としとなる展覧会を紹介しましょう。 まず本館での「最初の一歩:コレクションの原点」展。 本展は「京都の美術」の250年の歴史を彩った総計400点を超える名作を3部構成で紹介する開館記念展に先立っての特別企画展です。 最初の所蔵品や開館記念展の出品作品、第15回帝展、第21回院展の出品作から同館が購入した作品から、日本画、洋画、彫刻、工芸が並びます。 また美術館建設に関する記録や館名プレートなどもあり、改めて85年余りの長い歴史を感じ愛着を深めていくことができました。 同じ本館内に、コレクションルームも新設され、同館が所蔵する約3700点(2020年3月現在)の中から四季に応じて展示替えを行い公開されます。 もちろん今は「春」にちなんだ作品がずらり。 菊池契月、須田国太郎など、明治から昭和初期の作品が並んでいたかと思うと松井紫朗の平成元年の作品《Spring Rattle》がドンと置かれていて展示構成にもハッとさせられます。 コレクションルーム 展示風景そして新館「東山キューブ」では「杉本博司 瑠璃の浄土」展が始まりました。 杉本は京都市京セラ美術館再生にあたり、かつて6つの大寺院がここ岡崎地区にあったことから仮想の寺院の荘厳を構想します。 入口つまり「参道」には、世界各地で撮影された《海景》をそれぞれに封じ込めた13基の《光学硝子五輪塔》が私たちを誘います。 「本堂」となる展示場には蓮華王院本堂(通称三十三間堂)の120メートルにも及ぶ千手観音を撮影した《仏の海》が迎えてくれました。 また世界初公開となる大判カラー作品「OPTICKS」シリーズは、プリズムを通して分光された色そのものを撮影しています。 モノクロ作品で知られる彼が試みた初めての鮮やかな色の作品ですが、静けさと神秘性を感じます。 Originally commissioned for LE STANZE DEL VETRO. 展覧会はこれだけではありません。 カラフルなインスタレーションで知られる鬼頭健吾の個展「鬼頭健吾:Full Lightness」も、新たな展示スペース「ザ・トライアングル」で開催されています。 このスペースでは今後京都ゆかりの作家を中心に新進作家の作品を紹介していくようです。 ここをきっかけに世界に羽ばたく大スター作家が生まれてほしい、そんな妄想も生まれてしまいました。 「鬼頭健吾:Full Lightness」展示風景新しい歴史の始まりに出会い、これから共に生きていることを嬉しく思える、そんな美術館の誕生です。 これからの京都、関西、いや日本のアートシーンの新しい1ページがめくられました。 2020年4月4日(土)に開館を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの状況に鑑み、4月11日(土)まで延期いたします。 これに伴い、来館の事前予約は4月8日(水)より開始いたします。 なお、状況に応じて予告なく予定を変更する可能性があります。 最新情報はウェブサイトをご覧ください。 各展覧会のページをご覧ください。 エリアレポーターのご紹介カワタユカリ美術館、ギャラリーと飛び回っています。 感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。 どうぞお付き合いお願いいたします。 そんな気持ちにさせてくれる美術館、「京都市京セラ美術館」が大改修工事を終え、ついにオープンします。 まるで過去、現在、未来が交差しているかのようです。 久々に見る螺旋階段や床のタイルに安心し、吹き抜けで広々とした中央ホールや「東山キューブ」として誕生した新館に心が躍ります。 何よりどこを歩いても「光」を感じることができ、何かが始まるという期待が渦巻いています。 杉本博司は、1970年代より、大型カメラを用いた高度な技術と独自のコンセプトによる写真作品を制作し、世界的に高い評価を受けてきました。 また、古今東西の古美術や歴史資料等の蒐集、建築、舞台演出といった幅広い活動を行い、時間の概念や人間の知覚、意識の起源に関する問いを探求し続けています。 これまで幾度となく京都を訪れ、その長い歴史から思索を誘発されてきた杉本は、当地で撮影を行い、作品も生み出してきました。 今回、かつて6つの大寺院が存在していた京都・岡崎の地に立つ京都市京セラ美術館が再生されるにあたり、「瑠璃の浄土」のタイトルのもと、仮想の御寺の荘厳を構想します。 瑠璃とは、ラピスラズリーの群青色や硝子などを表し、また薬師瑠璃光如来へも繋がるものです。 古代から人の心を捉えて離さない、硝子-レンズ-写真にも繋がるこの不思議な物質の魔力に、杉本もまた深く魅入られてきました。 本展では、世界初公開となる大判カラー作品シリーズ「OPTICKS」や、硝子にまつわる様々な作品や考古遺物が展示されます。 杉本博司の京都での美術館における初の大規模展となる本展では、「瑠璃」、「浄土」、「偏光色」をキーワードとして、写真を起点に宗教的、科学的、芸術的探求心が交差しつつ発展する杉本の創造活動について改めて考えるとともに、長きにわたり浄土を希求してきた日本人の心の在り様を見つめ直します。 詳細はサイトをご確認ください。 また、古今東西の古美術や歴史資料等の蒐集、建築、舞台演出といった幅広い活動を行い、時間の概念や人間の知覚、意識の起源に関する問いを探求し続けています。 今回、かつて6つの大寺院が存在していた京都・岡崎の地に立つ京都市京セラ美術館が再生されるにあたり、「瑠璃の浄土」のタイトルのもと、仮想の御寺の荘厳を構想します。 古代から人の心を捉えて離さない、硝子-レンズ-写真にも繋がるこの不思議な物質の魔力に、杉本もまた深く魅入られてきました。 本展では、世界初公開となる大判カラー作品シリーズ「OPTICKS」や、硝子にまつわる様々な作品や考古遺物が展示されます。 詳細はサイトをご確認ください。 本展は初期から最新作まで72点で、その歩みをたどります。 ピーター・ドイグはスコットランドのエジンバラ生まれ。 幼少期はカリブ海の島国トリニダード・トバゴとカナダで育っており、その影響は後年の作品から感じることができます。 再びロンドンに戻って、90年にチェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインで修士号を取得しました。 冒頭の《街のはずれで》は、全く無名だった時代の作品です。 ムンクを思わせる奇妙なかたちの樹木、男は友人をモデルにしています。 youtube. ただ、映画や広告などからイメージを参照して描いているため、実際の風景とは距離があり、どこか不気味な印象を抱かせます。 2015年のクリスティーズ・オークションで、約2,600万米ドル(当時約30億円)で落札されました。 ドイグは2000年にトリニダード・トバゴでの滞在制作に招待された後、2002年には同所で本格的な活動を開始。 幼い頃に暮らしたこの島国で、制作に没頭していきます。 トリニダードで日常的に目にするモチーフも使いますが、全く関係ないイメージも重ねながら、作品を練りあげています。 また画面も、厚塗りから薄塗りに変化していきます。 映画「13日の金曜日」(第1作)の、主人公がカヌーの上で襲われるシーンからの着想です。 不穏な気配は、映画の影響もあるのでしょうか。 誰でも無料で参加でき、上映の後は懇談や音楽ライブになる、文化的サロンのようなプロジェクトです。 一般的な映画ポスターに見られる説明はなく、ここでも独特の世界観を見ることができます。 巡回はせず、東京のみでの開催となります。 amazon. ssl-images-amazon. museum. amazon. どこかで見たことのあるようなイメージを用いながら、独自の世界を描いた作品は、オークションで高額で落札されるなど、現在のアートシーンの最前線を走っています。 museum. 最大の特徴は、横山大観、菱田春草、岸田劉生らの重要文化財を含む13,000点を超える国内最大級のコレクションです。 明治から現代までの国内外の名作から会期ごとに選りすぐった約200点を展示する所蔵作品展「MOMATコレクション」は、100年を超える日本美術の歴史を一気に体験できる国内唯一の展示となっています。 また毎日開催している所蔵品ガイドは、まるで作品の謎解きをするかのような鑑賞体験ができると人気のプログラムとなっています。 年に数回、特定のテーマに基づいて国内外の美術作品を紹介する企画展や、展望休憩室「眺めのよい部屋」からの眺望も見逃せません。 690517242545,lng:139. 690517242545",lng:"139. テート(ロンドン、2008年)、パリ市立近代美術館(2008年)など、 世界の有名美術館で個展を開催してきました。 彼の作品は美術市場でも高い評価を得ており、代表作のひとつ《のまれる》(本展出品予定)は、オークションにおいて約2,600万米ドル(2015年当時 約30億円)で落札されました。 ゴッホやゴーギャンなどの近代画家の作品の構図やモチーフ、映画のワンシーン、写真、自身の体験した風景や記憶といったさまざまな要素から作り上げられている彼の作品は、見る者の想像力や記憶を刺激 し、私たちを魅了してやみません。 本展は、初期作から最新作まで、選りすぐりの作品を紹介しつつ、その制作手法に迫ります。 幅3メートル を超える大型作品など、貴重な作品が一堂に会します。 スマートフォンや印刷物では決して伝わらないスケール感を美術館で体感できる、またとない機会です。 彼の作品は美術市場でも高い評価を得ており、代表作のひとつ《のまれる》(本展出品予定)は、オークションにおいて約2,600万米ドル(2015年当時 約30億円)で落札されました。 スマートフォンや印刷物では決して伝わらないスケール感を美術館で体感できる、またとない機会です。 感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。 どうぞお付き合いお願いいたします。 museum. museum. とくに《華厳滝図》は、滝から白い光が放たれているようで、神々しく、気持ちを持っていかれました。 museum. museum. museum. 絶好の機会の春なのです。 museum. museum. emuseum. emuseum. museum. museum. 感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。 どうぞお付き合いお願いいたします。 test d. location? 'http':'https';if! createElement s ;js. twitter. js';fjs. parentNode. museum. php? museum. museum. とくに《華厳滝図》は、滝から白い光が放たれているようで、神々しく、気持ちを持っていかれました。 museum. museum. museum. 絶好の機会の春なのです。 museum. museum. emuseum. emuseum. museum. museum. 感覚人間なので、直感でふらーと展覧会をみていますが、塵も積もれば山となると思えるようなおもしろい視点で感想をお伝えしていきたいです。 どうぞお付き合いお願いいたします。 test d. location? 'http':'https';if! createElement s ;js. twitter. js';fjs. parentNode. museum. php? 心待ちにしていた細見美術館での「飄々表具-杉本博司の表具表現世界」展がはじまりました。 過去に同館では、現代美術家の杉本博司が企画構成する展覧会「味占郷-趣味と芸術-」展(2016年)、「末法」展(2017年)が開催されており、今回が3回目。 テーマは「表具」です。 表具とは、布または紙を貼って、巻物・掛物・書画帖・屏風・襖などに作り上げること、また作られたそのものを指します。 その活動は古美術蒐集、建築、庭園、舞台演出、インスタレーションなど多岐にわたります。 これまでに細見美術館では、杉本が企画構成し、蒐集品で床飾りのしつらえを行った「味占郷-趣味と芸術ー」展(2016 年)、 彼がリスペクトする謎のコレクター 夢石庵の美意識を再現した「末法」展(2017年)と、2 回にわたり杉本の視点で日本美術を紹介してきました。 3回目となる今回のテーマは「表具」。 表具は、布や古裂、紙などを用いて作品を掛軸などに仕立てることです。 美術品は表具を施すことで美術品は守られ、引き立てられてきました。 さらに、古裂自体も鑑賞の対象として愛でられています。 杉本は、自身の作品や古今東西の蒐集品を、そうした古裂を用いて独自のイメージやセンスで新しい姿に仕立てており、こうした作品は「杉本表具」と呼ばれてきました。 本展は、自身の写真を掛軸・屏風・額といった様々な形式のフレームで飾った作品を展観する第一部、「杉本表具」と細見コレクションの競演の取り合わせによる第二部で構成し、表具の持つ表現の可能性を探ります。 美術表現が多様化するこの時代に、飄々として世を渡る、数寄者杉本博司の美意識と、余芸というには余りある表現世界をご堪能ください。 詳しくは公式サイトにてご確認ください。 その活動は古美術蒐集、建築、庭園、舞台演出、インスタレーションなど多岐にわたります。 表具は、布や古裂、紙などを用いて作品を掛軸などに仕立てることです。 美術品は表具を施すことで美術品は守られ、引き立てられてきました。 さらに、古裂自体も鑑賞の対象として愛でられています。 杉本は、自身の作品や古今東西の蒐集品を、そうした古裂を用いて独自のイメージやセンスで新しい姿に仕立てており、こうした作品は「杉本表具」と呼ばれてきました。 美術表現が多様化するこの時代に、飄々として世を渡る、数寄者杉本博司の美意識と、余芸というには余りある表現世界をご堪能ください。 詳しくは公式サイトにてご確認ください。 emuseum. youtube. amazon. ssl-images-amazon. museum. amazon. 足立美術館では創設者の足立全康、そして全康の孫で現館長の足立隆則氏も熱心に魯山人作品を収集し、現在では約400点を所蔵しています。 これまでは陶芸館で50点前後の魯山人作品を展示していましたが、より多くの作品を展示できる施設として新設されたのが、魯山人館です。 立地は赤松が林立する庭園の中。 石畳のアプローチを進み、奥に佇む蔵のようなイメージで設計されました。 魯山人館のエントランスロビーには、魯山人の刻字看板《淡海老鋪》を展示。 大正2年、福田大観と名乗っていた若き日の作品で、魯山人の篆刻では傑作と評価されています。 展示室は、壁面展示ケースの上部に照明を設置。 光が天井面に反射し、柔らかな光が室内を包みます。 室内は白ベースなので、魯山人の多彩な作品、どれもが美しく引き立ちます。 ひときわ目を引く豪華な壺は、《金らむ手津本(金襴手壺)》。 紅色の器の全面に葡萄の葉、実、蔓が金泥で描かれています。 魯山人は赤地金襴手を得意としましたが、このような大作は異例。 雅趣に富み、魯山人陶芸の最高峰の一点といえます。 魯山人コレクションの新収蔵品、54点も見どころ。 《いろは屛風》も新収蔵品で、淡墨で「いろは歌」を豪快に書いた六曲一双屛風です。 70歳の時の作品で、晩年の書の代表作でもあります。 展示ケースには最新の高透過・低反射ガラスを採用。 作品の細部まで楽しむことができます。 新たな50年に向けて歩き始めた足立美術館、時間をとってゆっくりとお楽しみください。 内外に名高い足立美術館ですが、このコーナーでご紹介するのは初めてです。 美術館全体についても、ご紹介しましょう。 島根県安来市にある足立美術館。 創設者の足立全康は、大阪で繊維問屋、不動産関係などの事業を展開するとともに、幼少より興味を持っていた日本画を収集。 郷土への恩返しの意味も込めて1970年に開館したのが、足立美術館です。 コレクションの中心は近代日本画。 中でも横山大観は《無我》《紅葉》など名作も含めて約120点を揃えており、横山大観特別展示室(大観室)で、常時20点前後を公開しています。 他にも竹内栖鳳、上村松園など著名な近代日本画家の作品を数多く所蔵。 季節にあわせた年に4回の特別展で、展示替えしながら紹介しています。 日本美術の発展への思いから、1995年には足立美術館賞もスタート。 毎年9月に開催される日本美術院展覧会(院展)の中から1点を選考し、買い上げています。 25年に及ぶ活動という事もあり、やや目立たなくなっているように感じられますが、民間の美術館がこれほど長期にわたって日本美術を支援するのは異例。 高く評価されて良いと思います。 そして、何といっても特筆されるのが庭園。 創設者の足立全康は「庭園もまた一幅の絵画である」という信念のもと、91歳で亡くなるまで、庭造りに執心。 米国の日本庭園専門誌において、17年連続で日本一に選ばれています。 庭園は枯山水庭、白砂青松庭など。 年間を通して入念に手入れが行われ、四季折々でさまざまな表情を見せてくれます。 美術品は撮影不可ですが、庭はOK。 いつも多くの方が記念撮影を楽しんでいます。 開館50周年を記念し、北大路魯山人の作品を展示する「魯山人館」が新設されました。 国内屈指の魯山人コレクションから、厳選した120点が公開されています。 足立美術館では創設者の足立全康、そして全康の孫で現館長の足立隆則氏も熱心に魯山人作品を収集し、現在では約400点を所蔵しています。 これまでは陶芸館で50点前後の魯山人作品を展示していましたが、より多くの作品を展示できる施設として新設されたのが、魯山人館です。 立地は赤松が林立する庭園の中。 石畳のアプローチを進み、奥に佇む蔵のようなイメージで設計されました。 魯山人館のエントランスロビーには、魯山人の刻字看板《淡海老鋪》を展示。 大正2年、福田大観と名乗っていた若き日の作品で、魯山人の篆刻では傑作と評価されています。 展示室は、壁面展示ケースの上部に照明を設置。 光が天井面に反射し、柔らかな光が室内を包みます。 室内は白ベースなので、魯山人の多彩な作品、どれもが美しく引き立ちます。 ひときわ目を引く豪華な壺は、《金らむ手津本(金襴手壺)》。 紅色の器の全面に葡萄の葉、実、蔓が金泥で描かれています。 魯山人は赤地金襴手を得意としましたが、このような大作は異例。 雅趣に富み、魯山人陶芸の最高峰の一点といえます。 魯山人コレクションの新収蔵品、54点も見どころ。 《いろは屛風》も新収蔵品で、淡墨で「いろは歌」を豪快に書いた六曲一双屛風です。 70歳の時の作品で、晩年の書の代表作でもあります。 展示ケースには最新の高透過・低反射ガラスを採用。 作品の細部まで楽しむことができます。 新たな50年に向けて歩き始めた足立美術館、時間をとってゆっくりとお楽しみください。 youtube. 美術館全体についても、ご紹介しましょう。 島根県安来市にある足立美術館。 創設者の足立全康は、大阪で繊維問屋、不動産関係などの事業を展開するとともに、幼少より興味を持っていた日本画を収集。 郷土への恩返しの意味も込めて1970年に開館したのが、足立美術館です。 コレクションの中心は近代日本画。 中でも横山大観は《無我》《紅葉》など名作も含めて約120点を揃えており、横山大観特別展示室(大観室)で、常時20点前後を公開しています。 他にも竹内栖鳳、上村松園など著名な近代日本画家の作品を数多く所蔵。 季節にあわせた年に4回の特別展で、展示替えしながら紹介しています。 日本美術の発展への思いから、1995年には足立美術館賞もスタート。 毎年9月に開催される日本美術院展覧会(院展)の中から1点を選考し、買い上げています。 25年に及ぶ活動という事もあり、やや目立たなくなっているように感じられますが、民間の美術館がこれほど長期にわたって日本美術を支援するのは異例。 高く評価されて良いと思います。 そして、何といっても特筆されるのが庭園。 創設者の足立全康は「庭園もまた一幅の絵画である」という信念のもと、91歳で亡くなるまで、庭造りに執心。 米国の日本庭園専門誌において、17年連続で日本一に選ばれています。 庭園は枯山水庭、白砂青松庭など。 年間を通して入念に手入れが行われ、四季折々でさまざまな表情を見せてくれます。 美術品は撮影不可ですが、庭はOK。 いつも多くの方が記念撮影を楽しんでいます。 amazon. ssl-images-amazon. museum. amazon. 横山大観をはじめとする近代日本画コレクションで知られ、とくに大観の作品は120点におよび質量ともに最も充実。 また米国の庭園専門誌JOJGが日本一に選んだ日本庭園も併せもち、四季折々の風情が来館者の眼を楽しませています。 380018404607,lng:133. 380018404607",lng:"133. 東京・町田市で住宅や不動産を手がける太陽グループの山中泰久氏が蒐集したコレクションを管理する、一般財団法人太陽コレクションが開設しました。 歴史的に重要な意味を持つ史料も含まれています。 「泰然自若として威厳のある」という意味です。 住宅地の中にある、亀甲模様の建物が目印です。 信長が1576(天正4)年に築いた安土城は、日本で初めて天主が設けられた城とされています。 最上層は金箔、内部は天井絵が描かれた格天井、下層の八角屋根は総朱塗りといわれる、いにしえの姿がよみがえりました。 天主閣は有事の際以外は使われない事が多いのですが、信長はこの天主に居住したと言われています。 約19分と長めですが、信長の生涯がドラマチックに描かれており、見どころたっぷりです。 ぜひ通して鑑賞ください。 youtube. 信長の一族、家臣、そして同時代の戦国武将らによる書状類が並びます。 信長は両者との決定的な対立を避けており、その関係を物語る書状は注目されます。 室町幕府の権勢が低下し、守護大名に代わって全国各地に戦国大名が勃興。 領土拡大を目指して他の大名と争い、合戦の時代に突入します。 実用性が重視されると同時に、当時の武士の気質を反映し、奇抜な意匠も多く見られます。 重要文化財を含む日本刀の他、奥には火縄銃がずらり。 戦国時代末期の日本には50万以上の鉄砲があったとされ、当時は世界最大の鉄砲保有国でした。 京都・妙喜庵にある国宝の茶室「待庵」を再現、展示ケースには茶道具が並びます。 茶の湯を利用した統率「御茶湯御政道」は、秀吉の時代にも引き継がれていきました。 歴史ファンはもとより、目を引く戦国史料は、訪日外国人にもおすすめできそうです。 amazon. ssl-images-amazon. museum. amazon. museum. 代表理事・山中泰久が30年ほど前から集めたコレクションは約600点にものぼります。 史料の管理・貸出・発掘等を主な業務として活動をしてまいりましたが、もっと多くの皆様に貴重な歴史史料を身近に感じていただきたいとの願いから、この度、美術館を開館する運びとなりました。 547804786667,lng:139. 547804786667",lng:"139. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. museum. php? / 2020年5月31日7人の中国人美術家による紙の表現千葉県市原市にある市原湖畔美術館に行ってきました。 以前から名前は知っていましたが、訪問するのは初めてです。 美術館そばの藤原式揚水機(展望塔)から。 ドローンのような写真が、誰でも撮れます1995年開館の「水と彫刻の丘」をリニューアルし、2013年にオープン。 その名の通り、高滝湖のほとりに立つ美術館です。 建物は既存建築の骨格を活用したうえで、スチールの折板で囲われたモダンな美術館に生まれ変わりました。 7人の中国人美術家による、紙の表現を見ていきます。 それぞれ、空間にマッチした展示を試みていましたが、私が一番印象に残ったのは、冒頭の林延(リン・イェン)さんの作品でした。 この展覧会も開幕後、4月4日(土)から休館になりましたが、無事に5月28日(木)から再開しました。 市原湖畔美術館館内は撮影自由(一部撮影不可)という事もあり、熱心にシャッターを押す方も数多く見られました。 会期は1カ月延長されて、7月26日(日)までです。 中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。 休日は時間ができると、ミュージアムをまわるのがいつのまにか習慣になりました。 都会でも地方でも、気の向くままに足を伸ばしたいと思っています。 以前から名前は知っていましたが、訪問するのは初めてです。 1995年開館の「水と彫刻の丘」をリニューアルし、2013年にオープン。 その名の通り、高滝湖のほとりに立つ美術館です。 建物は既存建築の骨格を活用したうえで、スチールの折板で囲われたモダンな美術館に生まれ変わりました。 7人の中国人美術家による、紙の表現を見ていきます。 「紙」の発明は、文献、書籍、科学や文化などの交流を促し、世界の文明の発展に貢献しました。 日本は中国文明の影響のもとに成り立ち、距離が近しいだけでなく、文化的にも密接につながっています。 本展では、「雲巻雲舒」(雲が太陽に絡まり、大空に広がる様子)をメインテーマに、現代の紙の表現の地平を示します。 留まるも去るも自由自在な雲のように、視野を広げ、伸び伸びとした心で自身と社会に向き合うアーティストの作品をご堪能ください。 来館前には公式サイトにてご確認ください。 「紙」の発明は、文献、書籍、科学や文化などの交流を促し、世界の文明の発展に貢献しました。 日本は中国文明の影響のもとに成り立ち、距離が近しいだけでなく、文化的にも密接につながっています。 留まるも去るも自由自在な雲のように、視野を広げ、伸び伸びとした心で自身と社会に向き合うアーティストの作品をご堪能ください。 来館前には公式サイトにてご確認ください。 2018年10月にはオークションで落札された直後の作品がシュレッダーで切り刻まれ、こちらも大きな話題になりました。 バンクシー自身がオーソライズした展覧会ではないものの、これだけのバンクシー作品をまとめて見られる機会は、日本で初めてとなります。 オリジナル作品や版画、立体オブジェクトなど70点以上が出品されています。 ストリートでゲリラ的に描かれるバンクシーの作品は、しばしば塗りつぶされてしまうため、現存作品は多くあませんが、会場内には消される前の作品を撮影した写真なども多くされています。 バンクシーが作品に込めた意図に迫ります。 youtube. マーケターの戦略に踊らされて、意味のない消費を続ける私たちの人生を、痛烈に笑い飛ばします。 大衆の意識を操作する政治に警鐘を鳴らし「世界をよりよい場所にしたいと望んでいる人間ほど危険なものはない」(バンクシー)と語ります。 2017年にベツレヘムにオープンした10部屋のホテルで、実際のホテルは、イスラエルとパレスチナを隔てる分離壁が、どの部屋からも見えます。 イスラエル兵とパレスチナ人が、羽毛を撒き散らしながら、枕を振り回して戦う様子です。 2015年の8月から9月に期間限定で開園された「小さな子供たちには不向きなファミリーテーマパーク」(バンクシー)で、ダミアン・ハーストやジェニー・ホルツァーらの作品が設置されました。 展覧会では映像などが紹介されています。 シュレッダーにかけられたのも、この図像でした。 これは、現代美術作品としては、極めて高い数値です。 大型の3面スクリーンで、バンクシーのこれまでの活動が紹介されています。 従来の美術の枠外にいる事は間違いありませんが、美術ファンならチェックしておかなければならないのもまた、間違いないでしょう。 横浜駅みなみ東口通路から直通で行けますが、入り口がちょっと分かりにくいかもしれません。 アソビルの公式サイトでご確認の上、お出かけください。 amazon. ssl-images-amazon. museum. amazon. ストリートを舞台に、ゲリラ的に社会問題を風刺する作品を制作し、美術ファン以外にも広く知られるところとなりました。 世界中で計100万人以上を動員した大規模なバンクシー展がついに日本上陸。 museum. オリジナル作品や立体オブジェクト、さらには政治的なメッセージやユーモアあふれる風刺といったバンクシー作品に込められた想いを映像で紹介するマルチメディアな体験空間など、世界のアートシーンに衝撃を与えるコレクションが、過去最大級の規模で日本に大集結します。 オリジナル作品や立体オブジェクト、さらには政治的なメッセージやユーモアあふれる風刺といったバンクシー作品に込められた想いを映像で紹介するマルチメディアな体験空間など、世界のアートシーンに衝撃を与えるコレクションが、過去最大級の規模で日本に大集結します。

次の

のんが (東京国立近代美術館)音声ガイドナビゲーターをつとめます。(2020.2.26

ピーター ドイグ

The Art Institute of Chicago, Gift of Nancy Lauter McDougal and Alfred L. McDougal, 2003. 433. The Art Institute of Chicago, Gift of Nancy Lauter McDougal and Alfred L. McDougal, 2003. 433. 今日、世界で最も重要なアーティストのひとりと言われています。 彼は、ゴーギャン、ゴッホ、マティス、ムンクといった近代画家の作品の構図やモチーフ、映画のワンシーンや広告、彼が過ごしたカナダやトリニダード・トバゴの風景など、多様なイメージを組み合わせて絵画を制作してきました。 私たちが彼の作品に不思議と魅せられるのは、誰もがどこかで見たことのあるイメージを用いながらも、見たことのない世界を見せてくれるからだと言えるでしょう。 本展は、ピーター・ドイグの初期作から最新作までを紹介する待望の日本初個展です。 絵画から広がる想像の旅へ、みなさんをお連れします。 1992年、イギリスの美術雑誌『フリーズ』で作品が取り上げられ、1994年にはターナー賞にノミネートされたことなどを通して、ドイグはロンドンのアートシーンで一躍注目を浴びることとなりました。 当時、デミアン・ハーストに代表されるヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBAs)と称される若手の作家たちが台頭し、大型で派手なインスタレーションがアートシーンを席巻していました。 こうした状況下、すでに時代遅れのメディアのように見られることもあった絵画というジャンルにおいて、その歴史と現在の視覚文化に向き合いながら、いまだ見たことのない光景をつくりあげる彼の真摯な取り組みが、極めて新鮮なものとして評価されたのです。 ドイグは、2002年に活動の主な拠点を、ロンドンからトリニダード・トバゴの首都、ポート・オブ・スペインに移します。 移住前後から、彼は海辺の風景を主なモチーフに選ぶようになり、さらにこれまで比較的厚塗りだった画面が、キャンバスの地の部分が透けて見えるほどの薄塗りの油絵具、または水性塗料による鮮やかな色彩のコントラストによって構成されるようになりました。 一方、デビュー当時から一貫して描かれているモチーフのひとつが「カヌー」です。 映画『13日の金曜日』のワンシーンを着想源のひとつとするこのモチーフは、あたかもカヌーをめぐる物語が進展するかのように、さまざまな場所を漂流し、私たちの想像の旅へと誘います。 スタジオフィルムクラブとは、ドイグがトリニダード・トバゴ出身の友人のアーティスト、チェ・ラブレスと2003年より始めた映画の上映会です。 ポート・オブ・スペインのドイグのスタジオで定期的に開催されています。 誰でも無料で参加することが可能で、映画が終われば上映作品について話し合ったり、音楽ライブへと展開したりする。 一種の文化的サロンのようなコミュニティの形成を目的としたプロジェクトです。 この一連のドローイングは素早く描かれ、建物を共有している人々や近隣住人に上映会を周知するために掲出されました。 ドイグがロンドンで親しんできたいわゆる名画座やミニシアターに着想を得て、過去の名作や粒よりの映画が上映作品として選ばれています。 Profile のん 女優・創作あーちすと。 1993年兵庫県生まれ。 2016年公開の劇場アニメ「この世界の片隅に」で主人公・すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞、高い評価を得る。 作品は同映画祭で作品賞、第40回日本アカデミー賞では最優秀アニメーション作品賞を受賞した。 2017年に自ら代表を務める新レーベル『KAIWA RE CORD』を発足。 シングル『スーパーヒーローになりたい』『RUN!!! 』とアルバム『スーパーヒーローズ』を発売。 2019年6月ミニアルバム「ベビーフェイス」を発売。 音声ガイドナビゲーターは、 のん さんに決定! 音声ガイドナビゲーターを女優・創作あーちすとの、のんさんがつとめます。 自身も絵画や音楽など幅広く創作活動を行うのんさんのナビゲートで、ピーター・ドイグ展をより一層お楽しみいただけます。 どの絵もミステリアスな雰囲気を醸し出していて、そこもまた惹かれます。 今回、音声ガイドを聴いてくださる方が、そんなドイグさんの絵の世界に集中できるように、という思いを込めてナビゲーターをつとめさせていただきました。 音声ガイドでは、ドイグさん自身の素敵な言葉や、いろいろな作品のストーリーを紹介しているので、ぜひ聴いていただけたらうれしいです。 音声ガイドありとなしで、展覧会を2回見ても、2度おいしいかなと思います!.

次の