駅 メモ ひ いる。 【駅メモ】マスターオブ(宮城、新潟、長野)にむけて: Después de la escuela

スポット紹介:小田井駅(愛知県)

駅 メモ ひ いる

1年前、大阪メトロ御堂筋線中津駅(大阪市北区)のホームで、女性への強制性交事件が起きた。 電車内の痴漢行為がエスカレートした犯行とされる。 1日に120万人が利用するこの路線では約30年前、痴漢を注意した女性が逆恨みされてレイプされる通称「御堂筋事件」があり、女性たちが対策強化を求める声を上げ続けていた。 痴漢という犯罪に日本社会は真剣に向き合ってきたのだろうか。 事件は今年1月末、大阪府警が公表して明らかになった。 4月の一審・大阪地裁判決などによると、長谷川仁被告(42)は昨年6月23日午後3時ごろ、面識のない女性(当時18)に対し、電車内で背後から痴漢行為に及び、中津駅で降車後にホーム上で体を押さえつけて口腔(こうくう)性交を強いたとされる。 判決では、ほかにも昨年5~7月、大阪市内の電車内などで当時17~22歳の女性4人に強制わいせつや痴漢行為を繰り返したと認定し、強制性交罪などで懲役8年(求刑同9年)を言い渡した。 被告は判決を不服として控訴した。 悲しみ、憤りつづったメモ、一晩ではがされた 「こんなに皆が怯(おび)えながら乗る乗りものって他にあるでしょうか」。 通勤で中津駅を利用する30代の女性は事件発覚後すぐ、こう書いた付箋(ふせん)をホームの壁に貼った。 念頭にあったのは、韓国で2016年に起きた女性殺害事件に心を痛めた人たちが現場でたくさんの付箋を貼った社会現象だった。 だが、女性の付箋は翌朝にははがされていた。 「メモ1枚貼ることは許されないのに、痴漢は一向になくならない」 事件への思いや、電車を利用していて感じる不安などを書いて貼れる掲示板を中津駅の一角に作りたいと思い、2月に大阪メトロに問い合わせた。 コロナ禍でメトロへの連絡を控えていたが、事件が起きてから1年の節目に合わせ、再度働きかけるつもりだ。 「いつもハラハラしながら電車に乗っている女性たちがいることを知ってほしい。 乗客の思いが可視化されることで、痴漢をなくせれば」と語る。

次の

駅メモ!ダークサイド【序章】

駅 メモ ひ いる

私が今もっともハマっているゲームアプリ駅メモ!ですが、凄く面白い反面、闇の部分も存在します。 闇の部分とは要はプレイヤーのことですが、半年に渡ってその被害を受け続けていました。 いつか書こう書こうと思っていましたが、そろそろプレイ始めて1年。 いろいろと思い返しながら書いて行こうと思います。 そのプレイヤーは今ものうのうと駅メモをプレイし続けています・・・ 駅メモ!における禁止行為 主に以下のような行為が禁止事項にあたります。 お客様が所在する地点とは異なる地点の位置登録を繰り返すこと• 暴言や脅迫など、他のお客様を不快にすること・脅かすこと• 1つの端末または1人のお客様が、のアカウントを操作すること 1は等の位置情報を偽装し、今いる駅とは違う駅にアクセスするという事。 これを行うと家から出ずに全国の全ての駅を取得する事が出来ます。 2はいわずもがな、他のプレイヤーに対し暴言を吐いたりすること。 今回の記事でも軽く触れるかもしれませんが、私はこの暴言も受けています。 3はいわゆる複アカプレイヤーのことです。 駅メモ内においてもっとも悪質で、卑怯な行為。 そして、私が今回記事に残そうと思っているのもこの部分においてです。 プレイヤーとは 言葉の意味は上に書いたとおりですが、主に行われるのは、1人のプレイヤーが2台もしくは3台の端末を使用し、同時に攻撃を与えてくるのが主な行動になります。 要は1人で2人分の戦力を持った事になります。 なぜ複アカをするのかそしてメリットは 駅メモは駅の奪い合いです。 なのでもちろんキャラクターのレベルが高いほうが駅を奪いやすいし、奪われづらいです。 そしてレベルを上げるにはいろいろ方法はありますが、今回の記事の趣旨的に言うならば長時間駅をリンクし続けることがレベル上げの近道です。 そこで複アカがレベル上げには有効になります。 このゲーム基本はレベルが高いほうが有利ではありますが、よっぽど差が開きすぎていなければ、2回攻撃すれば大抵倒す事が出来ます。 という事は複アカを使用すれば倒せない相手はいなくなるわけです。 特定の条件下を除いては。 なので複アカプレイヤーはその駅においては負ける要素はないことになります。 今回知っておいて欲しい駅メモの基本的なルール ・同じ駅に連続して攻撃をするには5分間空けなければならない。 例、東京駅にいるHP400のキャラを倒すには攻撃力200のキャラなら1回攻撃後5分間待ってから再度攻撃しなければ倒す事が出来ない。 ・回復アイテムが存在し、アイテムにクールタイムが存在しない。 攻撃を受けてから5分以内に回復アイテムを切らすことなく使用し続ければ、上のケースの場合だと倒される事がない。 ずっと駅をリンクし続けることが出来る。 以上の事を踏まえて次回の記事で私に起こった一連の流れを紹介しようと思います。 mora2016.

次の

「駅メモ!」でんこ【まとめ図鑑】

駅 メモ ひ いる

こんにちは。 高岡氏です。 遂に私にも10万円がやってきました。 「遂に」とはいうものの、申請から2週間足らずでの入金でした。 港区?ではバーの照合にかなり時間がかかっているということだったように記憶していますが、杉並区が有能だということでしょうか? それはさておき、コラボ説・検証第5弾となります。 紹介については、 ここで一旦ラストとなります。 早速やっていきましょう。 それもそのはず、元々のデザインは同じ氏です。 元々とはいうものの、これはが展開しているプラモデルシリーズ『』のスピンオフ作品として生み出されています。 原作共々、現在でもしっかりメディア展開が行われている模様。 至って正統派のプラモデルです。 ちなみに双方を見比べてみるとこんな感じ。 切り抜きが下手なせいで、左の方がレゴブロックで作ったみたいになってしまいました。 まあぱっと見でも左がモデルだと一発で分かるでしょう。 それが足柄エリア。 チェックインスポットとなった場所を見てみると・・・ 北の方にぽっかり空いた空間があるので、なんだかそっちの方に目が行ってしまいます。 グーグルマップで見ていると、なかなか凄い立地にある学校を見つけました。 下の方にある建物がそれです。 小学校と高校が並んでいるとのこと。 小学校はまだしも、こんな田舎に高校があるというのも珍しい気がしますが、の学校らしいですね。 娯楽施設は何にもなさそうですが、こういうところで過ごす高校生活というのも楽しそうです。 さて、 イベントそのものについてちっとも触れていないことから察しが付くかもしれませんが、私はこのイベントには不参加でした。 行けないことはなかったんですけどね。 このコラボが発表されたとき、思わず「ん?」と首を傾げてしまう人もいたかもしれません。 なぜなら・・・ この作品、原作はなのである。 アニメでは 「ひたすらパンツを映しまくる回(もちろんTV放送時は規制アリ)」を放送して話題になりました。 いくら社会が萌えに寛容になってきたとはいえ、 どうまかり間違ったらエロゲ原作アニメと地方の鉄道会社がコラボなんて流れになるんだ・・・? もっとも、今ではすっかり一般アニメ面している『』も元はが原作なので、「アニメと原作は別!」ということなのでしょうか。 まあその通りなんだけど・・・。 なお本作ですが、原作・アニメ共に好調のようで、アニメは第2期の制作が予定されているようです。 としては、貴重な東北地方舞台のイベントです (中国地方のイベントはまだー?)。 関東にほど近い場所とはいえ、少々ハードルの高いイベントとなりました。 数こそ多くありませんが、 駅から遠い場所がスポットとなっていることも特徴の一つです。 「鉄道ばかり乗ってないで少しは運動しろよ」 という運営からのメッセージなのかもしれません。 とどこで差がついたのか、上のDL数は以下の通り。 駅奪取は2011年からのリリースで、よりも3年も先輩なのですが・・・ 個人的には、 駅の奪取・奪還関連で何が起こっているのか非常に分かりにくいのが定着しない原因かな~、と思っています。 このイベント、元々はごく一部のユーザーしか所持していなかったでんこ「ダッチュー」が手に入るものでしたが、時期が進むと限定ラッピングなど報酬が増えていきました。 が、こちら半端な進め方で手に入るものではありません。 入手にはアプリ内のアイテムである 「駅奪取シール」との引き換えが必要なのですが・・・ その主な入手方法がこちら。 ・イベントで1500位以内に入る(5~100枚程度) ・ゲーム中の「特別指令」をクリアする ダッチュー1体の交換に必要な枚数が 150枚ですから、 イベントには少なくとも1回以上参加する必要があります。 また、細かい説明は省きますが、「特別指令」の内容がこちら。 この通り、難しいものになるともはや廃人なみのムーブを求められます。 1か月40000kmがシール20枚って明らかに割に合ってないと思うのですが・・・ さすが自社コンテンツコラボというだけあって、ガッツリのめり込ませようという運営の意図が見て取れます。 で、その神様たちが、自身の宿る温泉のPRのため アイドルユニットを結成する、といったストーリーだそう。 なんだか近年のアイドルアニメブームに便乗した感もありますが、ただ女の子がキャッキャウフフするよりはストーリーを作りやすいってことでしょうかね? ちなみに、このコラボが始まった辺りには、 『温泉むすめ これくしょん』というソシャゲが稼働していました。 こちらも、ということにはなっていましたが、一般的なそれのイメージとはかなり異なる代物だった様子。 コラボの後に終了、しかも一応「位置情報ゲーム」という点では共通している、ということでの呪いに含めてもいいような気もしますが、 あくまでこのゲームはメディア展開の一環でしかなく、原案となったプロジェクトは今もしっかり続いています。 というわけで「終わった」判定は無しです。 こちらはまだリリースから2年も経っていない最新シリーズとなっています。 当然終わっていません。 まあ例によっては全く分からないので勘弁してください。 イベントとしても、これまでのゲーと同じく、アクセスした駅の属性が同じものを4つ揃えれば得点が入るというもの。 制限時間内に連続して得点を入れればコンボが発生するのも同じです。 また、チュウニズムコラボのときのような凶悪性能を誇るコラボでんこはおらず、なんとも地味な印象です。 ラストの紹介なのにこんな淡白ではあんまりなので、これまでは省略してきた、イベントのスポットについて少し紹介します。 大都市から小都市まで、こんな日本全国にあったのかと思うと意外な気もしますが、 これを見て何かに気づきませんか・・・? 新潟と北海道がない! 別にこれは運営が意図的にハブったわけではなく、コラボのときから ずっとこの2道県に店舗がないからです。 新潟には元々なく、北海道からは2008年に撤退しています。 この2道県の面積はそれぞれ全国1位と5位なので、最寄りのに行くにもかなりの苦労が必要なのでした・・・。 どうでしょう。 「死神扱いされている割には・・・」と感じた方も多いのではないでしょうか?個人的には、それもそのはずだと思います。 そもそもコラボというのは、お互いにメリットが無いとやる意味がありませんからね。 死にかけのコンテンツとコラボしたい、なんてまず考えられないことです。 「進撃・・」のコラボ三銃士については例外だと思います。 アレについては元が化け物コンテンツですから、何とコラボしようがそちら側にメリットは薄いですし。 「俺らの人気に少しでもあやかってくれや」という施しみたいなもんじゃないですかね。 まあ、仮に見送ったコンテンツが多いのだとしても、 それはこのが、それだけ長命コンテンツであるという証拠です。 むしろめでたいことな訳ですよ。 目指せ!ソシャゲ界の! 終わり tk0k1975.

次の