ミミッキュ 育成 論 剣 盾。 ポケモン剣盾のミミッキュの努力値の配分と耐久調整を考える|ポケモニット

【天才的発想!?】 首折れダメ最小調整 H抜け 襷ドレインパンチ ミミッキュ 育成論 ポケモン剣盾 ソード シールド

ミミッキュ 育成 論 剣 盾

ダメージ以外の効果や、状態異常、天気や道具、特性によるダメージなどには影響しない。 一度フォルムチェンジすると、場から離れてもバトル中は元に戻らない。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 通常攻撃。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 ダブルバトル用。 [『ミミッキュZ』を持たせると『じゃれつく』がZワザになる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。

次の

【天才的発想!?】 首折れダメ最小調整 H抜け 襷ドレインパンチ ミミッキュ 育成論 ポケモン剣盾 ソード シールド

ミミッキュ 育成 論 剣 盾

どうも、しんま13です。 ポケモンソードシールドのランクマッチシーズン2が開催されましたね。 期間が1ヶ月しかないので、早いとこマスターボール級にいきたいと思っている自分です。 マスターボール級2000位台きた! 使ってるパーティは、 エルフーン ミロカロス サザンドラ カバルドン ウオッシュロトム バンギラス です。 まあマスターボール級に昇格して最初から8000位スタートだったからあんまりすごくないんだけどw — しんま@ポケモン垢 d5NhVSD8TUjUneF そしてランクマッチで使用率が高いポケモンと言えばやはり「ミミッキュ」。 弱体化したとはいえ、なんだかんだ化けの皮のおかげで1ターンの行動保証があるのが強いです。 というわけで今回は自分が使っているミミッキュの型を全部紹介していきます。 現時点では4つの型を作ったのでミミッキュを育成する際には参考にしてください。 ミミッキュの基本スペック【種族値やとくせいなど】 まずは最初にミミッキュの基本スペックをみていきましょう。 ミミッキュの種族値 HP 55 攻撃 90 防御 80 特攻 50 特防 105 素早さ 96 ・タイプ ゴースト・フェアリー ・とくせい 化けの皮 合計種族値は476。 種族値も見た目も全く強そうなポケモンではないのですが、なぜミミッキュがここまで使われるのかというと、先ほども書いた通りとくせい「化けの皮」があるからです。 化けの皮の効果は、どんな相手の攻撃も1回だけ無効にできるというもの。 そのため凄まじいアドバンテージが取れるポケモンなので使用率がナンバーワンなのです。 ちなみに自分は初めての友達とのポケモンバトルでミミッキュに3タテされました。 (当時の自分はミミッキュの対処法を知らずに詰みました・・・) それでは早速自分が使っているミミッキュの型を紹介していこうと思います。 現環境にいるミミッキュの大半がこの型です。 仮に1発で相手を落とせなくてもかげうちという先制技を使うことによって、確実に相手を1体葬る動きができます。 実にシンプルな型ですが、ポケモンバトルの基本は高火力で相手を殴って倒すことなので、この型は普通に強いです。 一方、最近は環境の変化に伴い、シャドクロをゴーストダイブに変えたり、ヌオーやトリトドン対策としてウッドハンマーを覚えさてる型も増えた気がします。 ミミッキュの確実に1ターンの行動保証がされているという点を生かしたトリックルーム型ですね。 やることはシンプルでトリックルームを使い、のろいで自主退場するという流れ。 化けの皮のおかげで確実にトリックルームを撃てるという強みに加えて、のろいで相手にダメージを与えつつ自主退場できるため、トリックルームの時間を無駄しません。 なのでトリルの起点を作る役割としてはミミッキュは最適です。 努力値振りに関してですが、HBに全振りするとかたやぶりドリュウズのアイアンヘッドを確定で耐えるためHBぶっぱにしています。 ただ、いのちのたま持ちドリュウズだと乱数ですが1発で落とされてしまうので、持ち物はゴツゴツメットではなくリリバのみを持たせた方がいいかもしれません。 こだわりスカーフをトリックで相手に押し付けることで、相手の技を固定するという戦い方です。 自分がこの型を作った理由はドヒドイデ、ヌオー、ナットレイなどの受け回しパーティを破壊するためです。 受け回しパーティは様々な補助技を駆使して相手に嫌がらせするのが基本の戦略のため、こだわりスカーフを押し付けると相手は詰み状態に陥ります。 なので、受け回しに対してスカーフトリックが決まるとほぼ相手に何もさせずに完封できるでしょう。 そしてこの型が強いのは、普通にアタッカーとしても使えるという点。 スカーフで素早さが1. 5倍上がっているため、ドラパルトでさえ先手を取ることができます。 もし対面でドラパルトに当たった場合、相手のドラパルトがとんぼがえりを撃ってこようとした場合は絶好の狩りチャンス。 上からじゃれつくをぶっぱなさせば耐久無不利ドラパであれば1発で落とせます。 受け回し破壊にも使えて、アタッカーとしても普通に強いのでパーティに組み込んでおくと安定しますね。 使いやすいので個人的に一番気に入っている型かもしれません。 この型のやることは、初手でのろいを撃ちみがわりを貼り、HPが減った時や相手がのろいを嫌って交換してきた時にいたみわけで相手を削りつつこっちのHPを回復していくという流れです。 いかにも陰キャが使いそうな型ですね。 (コラ) 相手視点だとのろいのダメージを嫌って交代したくなりますが、それだと後続のHPも削れてしまうのでできることなら突っ張ってミミッキュをぶっ倒して1:1交換するべきなのですが、結構対処方法を知らない人が多かったりします。 ただ、この型の注意点はミミッキュより早い相手だとみがわりを張っている暇がないので、自分より遅い相手だけをターゲットに戦うようにしましょう。 ハマる相手にはかなりハマる型なので、このミミッキュ1体でゲームを大いにかき回すことができる性能を持っています。 ミミッキュの対策方法、弱点など 言うまでもなくミミッキュの弱点はかたやぶりドリュウズです。 とくせいかたやぶりはミミッキュの化けの皮を貫通してくるので、ミミッキュ最大の利点が活かせなくなります。 なので、ミミッキュを対策しようと思ったらかたやぶりドリュウズをパーティーに入れておけばOK。 これだけでミミッキュを完封できる上に、そもそも相手がドリュウズを警戒してミミッキュを選出してこないケースも多々あるでしょう。 そのほかでかたやぶりのとくせいを持っているのは、 ・ オノノクス ・ ナゲキ ・ ダゲキ ・ ゴロンダ ・ ルチャブル 以上の5体ですが、この中でミミッキュ対策になり得るのは、 ・オノノクス です。 オノノクスはミミッキュより素早さ種族値が1高いので上から攻撃すれば倒せます。 筆者が一番使ってるミミッキュはどれ? ダントツで「スカーフトリックミミッキュ」です。 理由は先ほども書いた通り、受けループ対策にもなる上に普通にアタッカーとしても強いため、とにかく汎用性が高く使いやすいからですね。 性格をいじっぱりにしているため攻撃の実数値は156あり、それなりの火力があるので上からドラパルトやサザンドラを1発でしばき倒せるのが強い。 ドラパルトミミッキュ対面だと、基本的な相手の選択肢は、 ・鬼火を撃つ ・とんぼがえりで逃げようとする ・大マックスを切ってくる のどれかです。 鬼火を撃ってくることはほぼないので、大抵がとんぼかえりで逃げようとします。 そこでスカーフで素早さが1. 5倍になってるミミッキュで上からぶん殴るという一手が通るわけですね。 ドラパルトが大マックスを切ってきてもじゃれつく2発で落とせるため、基本的にドラパルト対面は何をしてきてもアドが取れます。 このスカーフトリックミミッキュを実際に使ってて思ったのは、意外にも初手性能が高いということ。 というのも相手が初手に出してくるポケモンは起点作りが多いため、そこでスカーフトリックをかますことで相手を完全に機能停止に追い込むという流れが強すぎるんですよね。 仮にアタッカーが初手にきたとしても相手もスカーフ持ちではない限り確実にこっちが先手を取れるので、なんやかんや対処できます。 これでミミッキュがとんぼ返りを覚えたら最強なんですけどね。 相性がよかったパートナーはタイプ:ヌル。 ミミッキュの引き先としてタイプ:ヌルを用意しておくことで、ミミッキュがこだわりスカーフで技を縛られてしまった時にヌルに引くことができ、ヌルの後攻とんぼ返りで安全にミミッキュを出すことができるのでお互いの相性は抜群です。 それに、ヌルの弱点である格闘技をミミッキュに引くことでスカせて、ミミッキュの弱点であるゴースト技はヌルでスカすことができるので相性補完も完璧。 ミミッキュの天敵であるドリュウズに対してもヌルは強く出れるのもポイントが高いですね。 総評するとスカーフトリックミミッキュは、奇襲性能と汎用性が高く、どのパーティに組み込んでも安定して活躍してくれるのでマジでおすすめです。 【結論】ミミッキュは強い かたやぶりドリュウズの台頭でミミッキュの選出率はめっきり減ってしまった昨今ですが、なんだかんだミミッキュは強いです。 なので、ミミッキュを使う人は今後も一定数いることは間違いないので、ミミッキュ対策のためにもミミッキュの型を覚えておいて損はないでしょう。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】自分が使っているミミッキュの型を全部紹介する【育成論】... でした。 youkenwoiouka.

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの入手方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ミミッキュ 育成 論 剣 盾

ダメージ以外の効果や、状態異常、天気や道具、特性によるダメージなどには影響しない。 一度フォルムチェンジすると、場から離れてもバトル中は元に戻らない。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 通常攻撃。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 ダブルバトル用。 [『ミミッキュZ』を持たせると『じゃれつく』がZワザになる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。

次の