ビニール 有料 化。 レジ袋有料化の義務での調剤薬局の対応

【環境省】レジ袋の有料化

ビニール 有料 化

プラスチックごみを削減するため、レジ袋有料化への動きが加速しています。 原田義昭環境相は、2019年6月3日に行われた記者会見で、スーパーなどの小売事業者に対してレジ袋有料化(無料配布の禁止)を法令で義務化する考えを示しました。 開始される時期について、環境相は「東京五輪に遅れないよう、今年か来年くらいに」と述べており、スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、百貨店などのレジ袋を扱う事業者が一律に対象となりそうです。 現在レジ袋の無料配布を行っている小売業者は、早急な対応が求められます。 参考: ここでは、レジ袋有料化について、世界や日本の最新事例を紹介します。 有料化の具体的な時期はまだ検討段階ですが、早めの対策をすすめ、他社との差別化をはかりましょう。 レジ袋有料化の背景 レジ袋有料化は、世界各国で進んでいる大きな流れです。 その背景にあるのは、プラスチックごみの増加による「ごみ処理コストの増大」と「地球環境への悪影響」です。 プラスチック廃棄物の処理問題 レジ袋を含めたプラスチック廃棄物の廃棄やリサイクルには多額の費用がかかります。 国内で処分が難しかったプラスチックゴミは、海外へ輸出して対応していましたが、最大の受け入れ先であった中国が2017年末にプラスチックを含む24種類のゴミ受け入れ禁止を発表しました。 プラスチックごみの処分は日本にとっては大きな課題であり、今後はさらなる削減に取り組む必要があります。 参考: 地球環境への影響 プラスチックごみが地球環境に悪影響を与えていることは報道などで知っている人も多いかもしれません。 国連環境計画(UNEP)が2018年に発表したレポート「Single-use plastics: A roadmap for sustainability」によれば、人口一人あたりでは、日本はアメリカに次いで多くのプラスチック容器を廃棄しています。 プラスチックごみを処分するうえで排出される二酸化炭素は地球温暖化の原因となります。 さらにプラスチックによる海洋汚染も深刻化しています。 増え続けるプラスチックごみは、地球環境に悪影響を与え、長期的に見ると私たちの生活にも大きな影響を及ぼします。 日本での義務化に向けた動き 一人あたりプラスチック容器包装の廃棄量を比較すると、日本人のそれは米国に次いで多いという現状があります。 世界にはプラスチックごみの削減に関して以前から具体的に取り組んでいる国もあります。 2020年の東京大会で世界から選手・観客を迎える立場となることも踏まえ、環境への取り組みを世界にアピールするためにも、義務化に向けての動きが加速すると予想されます。 環境相は2019年から2020年にかけてのレジ袋有料化に向けて、法令の整備を進めていく方針です。 無償での配布を禁じ、スーパー、コンビニ、ドラッグストア、百貨店などが対象となる予定です。 レジ袋がどうしても必要な人には有料で販売し、売り上げは原価を除いて環境対策に使われる考えが発表されています。 参考: プラスチックごみ全体を考えると、レジ袋有料化によるゴミの削減量はわずかかもしれませんが、それに付随して「マイバックの持ち歩きが習慣化される」「レジ袋をもらえないため、家庭でのゴミ袋も購入する必要が出てくることで、ゴミを少しでも減らすようになる」など、ゴミ自体の削減につながることが期待されています。 世界でのレジ袋廃止の事例 世界では、レジ袋廃止をはじめプラスチックごみの削減に向けての取り組みが具体的に進んでいます。 アジアだけでも、レジ袋に課税・有料化している国に韓国、ベトナム、インドネシアがあります。 また、製造販売を禁止している国にバングラデシュ、ブータン、中国、台湾、インド、モンゴル、スリランカがあります。 有名な事例をいくつか紹介します。 参考: 台湾でのプラスチック規制の動き 台湾は、段階を分けて使い捨てのプラスチックストロー・プラスチックバッグ・使い捨て容器を禁止する方針です。 2020年には無料のプラスチック製ショッピングバッグ(いわゆるレジ袋)・使い捨て容器・使い捨て器具を提供することに制限がかかり、2030年には完全に使用禁止になることが予定されています。 参考: レジ袋有料化でレジ袋の総数が半減したイングランド イングランドでは、2015年にレジ袋が1枚5ペンスに有料化されました(従業員250人以上の小売業者が対象)。 有料化導入から4年後の2019年には、同国の大手スーパーマーケットで販売されたレジ袋の総数が、2018年に比べて約半分に減少したそうです。 2014年のレジ袋購入数が買い物客一人あたり140袋だったところ、2019年には10枚にまで減っています。 参考: 小売店がレジ有料化に向けてできること レジ袋有料化の動きに向けて事業者ができることは何でしょうか。 具体的な取り組みは、義務化が決定してから……と考えている事業者も多いかもしれませんが、早めに準備をしておくことに越したことはありません。 レジ袋有料化には、経営上のメリットもあります。 まず、環境問題に積極的に取り組んでいるお店としてお客様からの評価が高まることが期待できるます。 また、配布するレジ袋の数が減ることで、コスト削減にもつながります。 急にレジ袋有料化に踏み切るのは抵抗があるという場合は、「マイバッグ利用のお願い」など、お客様への呼びかけから始めるという方法もあります。 レジ袋有料化が義務されるまでに、マイバッグ持参が習慣化されていれば、新しい制度への移行もスムーズに行きます。 義務化という方針は決まっているものの、まだ具体的な指針(有料化の範囲、料金設定、有料配布の方法)はこれから検討するという段階です。 参考: 「レジ袋を有料化しなくてはならない」という方向で考えるのではなく、「プラスチック製品をどのように減らしていくか」という方向で考えると、自店舗なりの対策が見つかるかもしれません。 レジ袋有料化への対応を進めよう 他店に遅れを取らないためにも、義務化が決まった際に慌てないためにも、一度レジ袋の配布数を減らすための対策を考えてみてはいかがでしょうか。 東京大会開催を前に、有料化の議論は急速に進展していくことが予想されます。 今後の政府の動きに注目し、レジ袋有料化の動きに上手く対応できるよう、情報収集も欠かさないようにしましょう。 Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。 お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。 また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。 Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。 執筆は2019年8月21日時点の情報を参照しています。 当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。 Photography provided by,.

次の

「レジ袋 来年7月から有料化義務付けへ」(くらし☆解説)

ビニール 有料 化

どうもトモヒロです。 先日こんなツイートをしました。 2020年7月から全小売店にレジ袋有料化義務化。 だそうです。 袋って必要だけれど、土産物が主な商品のお店は結構な負担になっていたので良策。 得られた収益の使途は各自に任されるということ。 ありがたい限り。 7月に先駆けて実施する所も沢山出てきそうですね。 — Tomohiro M. この記事は• 「レジ袋有料化」がニュースになっているけれど、いつから始まるの?• うちの店も対象になるかどうか、わからんけど、どんな対策をしたらいいだろうか。 と考えているあなたのために、この記事を書きました。 僕も同じく、ケーキ屋を経営していて、レジ袋の扱いについては苦慮してきたところがあります。 今回の政府発表の内容を、わかりやすく解説します。 小売業のレジ袋有料化の内容・いつから? 2019年5月頃から環境省などで検討が始まっていたレジ袋有料化。 やっと2019年末に内容が決まりました。 レジ袋有料化の対象となるのは物販・小売店 レジ袋有料化の対象となるのは 全ての小売店 です。 売上の規模や事業の規模にかかわらず、物品を販売する店舗・事業者が対象になります。 スーパーマーケット• コンビニ• パン屋• ケーキ屋• 飲食店のテイクアウト• 美容室(店販商品) などなど。 レジ袋有料化 実施時期は2020年7月1日 レジ袋有料化の実施時期は 2020年7月1日 からに決定。 時期的には2020東京五輪の直前で、訪日外国人が増える時期に合せての施行になりました。 対象になるレジ袋の規格 対象になるレジ袋の規格は• 持ち手付き• 05mm 以下 のプラスチック製レジ袋です。 持ち手付きかどうか、というところがポイントになるようで、スーパーのサッカー台などに置いてあるロール式のビニル袋は対象外。 レジ袋有料化、価格は事業者の自由 レジ袋有料化が施行されて、事業者としての考えるべきなのは、袋の価格。 概ねスーパーマーケットなどでは業界が自主的に取り組んでいてだいたい2〜10円程度のところが多数。 今回のレジ袋有料化の案では、価格設定は店舗・事業者が自由に価格設定をして良い。 ということです。 また、レジ袋を販売した収益の使い道についても、特別何か制限をかけたりすることはなく、何に使っても良いとのこと。 これまでなかった売上・収益が上がる面で、一部では募金や環境保全活動に役立てるなどイメージアップや社会貢献の原資にする事業者も出てくるかなと思います。 レジ袋有料化の対象外となる例外 レジ袋有料化の対象外となる幾つかの例外があります。 レジ袋の規格・袋の目的• 持ち手がない袋• 05mm よりも厚い袋• 衛生的に必要な袋(ロール式の袋)• 商品と一体として販売される袋• 植物などを原料とするバイオマスプラスチックを25%以上配合した袋• 海洋生分解性プラスチックの袋 などが対象外になります。 具体的に言えば• 生鮮品を包むロール式の袋(衛生的に必要)• 詰合わせ商品を入れる季節柄プリント入りの袋(一体販売)• 金魚を買った時の水と金魚を入れる袋(一体販売) などですね。 事業の内容、反復性 今回のレジ袋有料化の対象は 物品販売をする事業者 ということになっています。 無形のサービスを提供する事業者 については対象外。 なので、例えばクリーニング店は、顧客から預かった衣類を洗浄することが主たるサービスであるから、袋に入れて返却しても、袋有料化の対象外。 また、定常的に運営されている業ではない、単発的に商品の販売をするような場合も対象外。 一般人がフリーマーケットや、イベントなどでその日だけ、数日だけ商品を販売する際につける袋についても有料化の対象外になるとのこと。 レジ袋有料化の大まかな概要はこんな感じです。 後半では、個人店がレジ袋有料化に対する対応をどうしていくか、について考えてみました。 個人店のレジ袋有料化対応策・アイデア 2020年7月1日から始まるレジ袋有料化。 僕のような個人店レベルのお店の対応はどうしていくべきか、考えてみました。 大企業の対応状況・事例 まずは、大企業に学べ、ということでいくつか事例を。 ユニクロ・GUのファーストリテイリング ユニクロ、GUのファーストリテイリングは、2019年中を目処にプラスチック製の袋を廃止。 紙袋へ切り替えた上で、紙袋でも有料化。 だそうです。 紙袋1枚10円(税込11円)。 紙袋の有料化をしようとしていた様ですが、新しい紙袋への切り替えも進んでいないため、紙袋有料化を延期したそうです。 でも今後紙袋でも有料化は確定のようです。 AEON イオングループ 食品売り場ではバイオマスプラスチックの袋を有料ですでに一部店舗では販売。 今年の4月を目処に全国8000店舗で有料化に踏み切る。 有名デパート・百貨店 一部の有名デパート・百貨店でも有料化を検討している段階。。 もうすでに大企業では動きを決めて、有料で販売を開始しているところも出ています。 もともと、スーパーマーケットでは業界が自主的に有料化を進めて浸透していますよね。 では、大企業の事例を見つつ、個人店ではどうしていくべきか。 個人店のレジ袋有料化対応策・アイデア 基本的には対象となるレジ袋の規格に当てはまる場合は1円以上の価格をつけて販売すればいいだけ。 でも、これをチャンスとして考えて、何かできないかなという視点で考えてみました。 これですね。 お店のロゴやブランドを書いたデザインのトートバックや保冷バックを作って販売する。 レジ袋の代わりに、販売すれば、繰り返し使ってもらえて、そのまま持って街を歩いてもらうことで広告宣伝の効果可能性も考えられます。 ネットで印刷注文することも気軽にできますよ! >> おすすめ >> おすすめ レジ袋有料化が目前になった現在、地域の個人店さんを見ると、結構オリジナルのトートバックとかお買い物袋を販売しているお店も多くなっている様に感じますね。 賛否ありそうですが チャージ・サービス料をとる 居酒屋さんやバーなどでは普通の文化としてある、お通し料とかテーブルチャージとかサービス料。 これを小売店に応用できないかなと。 例えば、袋代・サービス料として定額100円とか商品代金の3%とかを必ず徴収する。 その代わり袋は必要なだけサービスする。 単純にその分だけ利益取れます。 収益改善にも貢献できるかなと。 とはいえ、チャージのような感じで徴収するのは多分賛否分かれそう。 袋に全部入れちゃう。 突飛だけど、袋に全部入れちゃって、袋込みで値段。 一体商品として販売してしまう。 ・・・ちょっと現実的じゃないかもしれないですね。 紙袋で代替する 単純にプラスチック製の持ち手付きの袋を有料化するのであれば、紙袋で置き換えれば対応完了です。 しかし、コスト面では、どうしても紙袋に比べてプラスチック製の袋に軍配が上がりますよね。 結局の所、ユニクロ・GUのファーストリテイリングに倣って、袋は全て有料化するしかないかもしれません。 まとめ レジ袋有料化どう考えるか。 この記事を書いている時点で、7月まであと約6ヶ月強。 昨年の増税、キャッシュレス決済などと同じように「待ったナシ」の感じはします。 政府としては、諸外国からの冷たい視線を和らげて、東京五輪という最高のPRイベントを活用したいという思惑ですから、いい機会なのかもしれません。 の記事にも書いていますがレジ袋有料化、という波も、うまく使えばビジネスの材料になると思います。 ちょっとした工夫とアイデアで、お店のブランド価値をあげて、販売促進につなげることができる可能性があります。 こういった世の中のトレンドを捉えて立ち回っていけるといいですね。

次の

調剤薬局でもレジ袋が有料化になるから、いまから準備しておくべきコト|ヤクタマ

ビニール 有料 化

contents• ビニール袋の有料化が日本でも開始される ビニール袋の有料化がついに日本でも開始されるようです。 オリンピックを開催することもあって国際的な印象を良くしたいという思惑もあるといわれていますが、環境汚染対策を意図してビニール袋を禁止するようです。 実際にビニール袋の有料化や禁止は環境汚染、とくに海洋汚染を改善する一つの方法として世界ではすでにいくつかの地域で取り組まれています。 実際に世界では毎年5000憶~1. 5兆個のビニール袋が消費されていると概算されてます Clapp and Swanston、2009 一方でビニール袋の割合は2%ほどといわれており、影響が大きいかどうかは難しいところでもあります。 日本の政府としての判断は2018年のG7では海洋プラスチック憲章への署名を拒否しています(米国も)。 国際的には海洋汚染はホットな話題であり、日本も反対ばかりしていられず、何らかの対策を求められいているという状況というわけでもあります。 なぜビニール袋を有料化するか? ビニール袋が環境汚染、特に海洋汚染の原因の一つになっているといわれています。 ビニール袋によって汚染が起こる原因は プラスチックの安定性の高さにあると考えられます。 ビニール袋は軽く丈夫であるという用途上の利点がありますが、廃棄時にはその軽さや丈夫さのせいで、風に飛ばされ川に浮かんで流されて、長期間分解されないで環境中に残るという環境汚染しやすい欠点があります。 実際に海浜に流れ着く漂流ごみに多くのプラスチック製品があるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか? こうした ビニール袋のゴミは景観にも悪いので、観光業が盛んな地域ではビニール袋の使用を禁じる傾向があります。 また、ビニール袋などのプラスチックごみを鳥や海洋生物が誤って食べて窒息や腸を詰まらせるなど 野生動物への影響も問題視されています。 ビニール袋汚染を食い止める方法 ビニール袋の汚染を食い止めるための方法は何があるでしょうか? 世界では様々な対策が講じられています。 その例として、• ビニール袋の使用を禁止する• ビニール袋の有料化• ビニール袋に対する課税• 生分解性プラスチックの利用• プラスチック汚染に対する教育 などがあります。 ビニール袋の禁止は最も直接的で効果のある方法ですが、少々短絡的な思考であり、消費者の利便性を損なったり、関連業界からの反発があります。 有料化は消費者の余剰なビニール袋の使用を抑える効果があると考えられています。 ビニール袋への課税は店側の無駄なビニール袋の提供を抑える効果があります。 生分解性プラスチックの利用はビニール袋が長期間環境に残るのを防止する効果がありますが、部分分解性のものはマイクロプラスチックを生成しやすいため問題があります。 教育は個人の無駄なビニール袋使用を抑えたり、廃棄削減につながります。 日本はこのうちビニール袋の有料化(無償提供の禁止)の対策を取ることに決まりました。 ビニール袋有料化・禁止に対する議論 注意すべき点として、 ビニール袋による環境汚染の議論の中心は「適切に廃棄されなかったビニール袋に対するもの」であることです。 海洋汚染など取り上げられている多くの問題は適切に廃棄されていれば起こらない問題です。 環境残存による汚染あるいはプラスチックの製造や燃焼によるエネルギー消費・環境汚染はビニール袋だけでなくすべてのプラスチック製品にも向けられるべきものです。 ビニール袋=悪・汚染の元凶 とあおる傾向は本来の目的とされている環境汚染の解決から遠ざける恐れがあります。 まずは目につきやすい日常の部分でプラスチックを減らせるところは?無駄なところは?代替可能なところは?と考えるとビニール袋に目がいくのは当然とも思います。 世界でのビニール袋排出抑制対策 世界の多くの地域でビニール袋に対する対策がなされています。 英国、北米、オーストラリア、ドイツ、デンマーク、アイルランド、インド、中国など多くの国で対策が実施されている状況です。 アメリカ合衆国 アメリカでは2009年には年間1000億個のビニール袋を使用しています。 アメリカでは全面的にビニール袋を禁止する法律はありません。 各州でビニール袋を禁止しているところがあります。 カリフォルニア州、ハワイ州、グアム、北マリアナ諸島、米領バージン諸島などいくつかの地域で使い捨てビニール袋を禁止しています。 禁止の内容は料金を設けるか、完全に禁止する2種類があります。 生 例えば、カリフォルニア州では州全体で 大手小売業者のビニール袋配布を禁止しています。 イリノイ州シカゴ市では、 ビニール袋及び紙袋一袋あたり7セント 7円くらい)が課税されます。 州によっては紙袋も禁止しているところもあります。 また、生分解性プラスチックであれば許可しているところもあります。 繰り返し利用可能なバッグもプラスチックだとアウトな州もあります(厚さが2. 25mm以上ならOKという基準を設けているところもある)。 緑の地域はビニール袋を禁止している州、紫の地域は州の一部の地域で禁止している地域 2019年2月)Image from wikipedia Delusion23 [CC BY-SA 4. 0 ] 日本のビニール袋有料化の効果・意味はあるのか? もし地球規模でビニール袋を禁止したら、地球環境は本当に改善されるのでしょうか? 有料化によってビニール袋はどれほど削減されるのか? そういった疑問はあると思います。 とりあえず環境への影響は置いておいて、ビニール袋の削減効果があるのか?という疑問について考えていきましょう。 結論から言うとビニール袋の有料化はビニール袋の使用を大きく抑える効果があると予想される方法です。 場合によっては90%以上も削減できるという報告もあります。 つまり、ビニール袋の禁止という強硬的な対策と同じくらいの効果が見込める可能性があります。 日本がとったビニール袋有料化などの方策は 行動経済学でいうところの「 ナッジ」にあたるものです。 英語のナッジは「肘で小突く」という意味がありますが、行動経済学におけるナッジは「強制することなく人々の選択・行動を誘導するアプローチ」のことを指します。 行動経済学における功績でノーベル賞経済学賞を受賞したシカゴ大学の Richard H. Thalerが提唱した概念です。 Thaler, Richard A. , and Cass R. Sunstein. 有名なものがアムステルダムで男性小便器の尿の飛び散りを防止するために、狙ってほしい位置にハエのシールを張ったところ、皆がその的を狙うようになったので、飛び散りが減ったというエピソードがあります。 ナッジの面白いところは自由選択の余地が残されているところです。 人々は強制されることに反発し、自分で選択することを好みます。 つまり、レジ袋禁止という策をとらなくても、小さな金額を徴収するだけで大部分の使用を控えることをきたいしています。 ビニール袋の削減は環境汚染に対する効果はどのくらいあるのか? Jambeckらは2015年論文で2010年に海洋に流れ込んだプラスチックは世界で480-1270万トンと予測されています。 ゴミの10%がプラスチックといわれています。 地域差が大きいですが、海洋ごみの60-80%がプラスチックによるものであるとShrhooffらは2016年に報告しています。 Surhoff, B. Pollut. Bull. , 102 1 2016 , pp. 84-94 近年話題になっているマイクロプラスチックの問題もあります。 なぜなら、海洋のマイクロプラスチックは浮遊プラスチックの劣化・粉砕によって生まれているものがあるからです(二次マイクロプラスチックと呼ばれる)。 より小さなプラスチックは容易に魚類などによって蓄積し、それが人体に入るなどして人への直接的な被害・未知の毒性などの懸念があります。 むしろこのマイクロプラスチックによる被害のほうが重大であるといわれています。 プラスチックごみに対するビニール袋の割合は2%ほどといわれており、割合としてはすくないですが、軽いために海に流れ着きやすく、さらに薄いため、紫外線や波による物理的な分解によってマイクロプラスチックになりやすいということが示唆されているので、この点では環境対策にはなりえるでしょう。 いずれにしても環境汚染は一つをやめればよいといような単純なものではないので、単純な禁止などではなく、包括的な対策を持続していく実施する姿勢が重要ですね。

次の