エレビット。 エレビット葉酸サプリは妊娠中いつまで飲むべき?過剰摂取は危険です!

エレビットとマカナ妊活サプリを徹底比較|葉酸妊活サプリ情報局

エレビット

2018-09-09 2018-11-24 エレビットは産婦人科や婦人医師から推奨されている、信頼性の高い葉酸サプリです。 葉酸だけでなく18種類のビタミンとミネラルを配合しているマルチビタミンサプリメントですので、これ一つだけで妊活中に摂取したい栄養素をしっかりと補うことができます。 エレビットは製薬会社によって開発された製品ですが、通常の薬局などで購入出来るのでしょうか。 エレビットの特徴 エレビットは厚生労働省が推奨する摂取量を満たす葉酸と、鉄分やビタミンなどの栄養素をバランス良く配合しているサプリメントです。 妊娠時に必要となる栄養素は、葉酸だけではありません。 葉酸をきちんと体内で代謝させるためには、亜鉛やビタミンなどの栄養素を欠かすことができないのです。 たとえばビタミンB12は、不足してしまうと貧血などの問題を引き起こすため妊娠時に必ず摂取しておきたい栄養素だといえます。 またビタミンCは、体内において活性化した葉酸を維持するために必要となる栄養素です。 ただ葉酸を摂取できるというだけでなく、その働きまでしっかりとサポートしてくれるのがエレビットというサプリの大きな特徴だといえます。 健康と美容を促進するため、ビタミンやミネラルなどの栄養素を普段からサプリメントで摂取しているという方は多いのではないでしょうか。 一種類だけで必要な栄養素をきちんと補うことができれば、複数のサプリメントを併用していくよりもずっと手軽で経済的だといえます。 一つのサプリメントでしっかりと妊娠中の体調管理を行いたい、エレビットはそんな女性にぴったりな製品です。 以前は処方箋が必要でした エレビットは1984年の発売以降、世界62カ国の女性に愛用されて続けてきた人気のサプリメントです。 日本の医師からも推奨されている製品ですが、以前は薬局などで購入することができず、入手するためには処方箋が必要でした。 体質に合うサプリメントを選ぶためには医師と相談をしながら選ぶのが一番だといえますが、手軽に購入ができないと不便な場合も多くあるでしょう。 現在は調剤薬局や一般のドラッグストア、そしてオンライン通販サイトなどからエレビットを簡単に購入できるようになっています。 妊娠中の体は非常にデリケートですから、思うままに外出ができない時期もあるものです。 処方箋なしでも購入できるようになったことは、エレビットの愛用者にとって大きな喜びだったことでしょう。 オンライン通販サイトから購入すれば、自宅まで宅配してもらえますから家から一歩も出る必要がありません。 忙しい毎日を過ごしている妊活中の人でも、ネット通販サイトから手軽にエレビットを買うことができるのです。 エレビットの評判は? 処方箋なしでも購入できるようになったことから、以前よりも多くの人が妊娠中の栄養サポートとしてエレビットを愛用するようになりました。 実際にエレビットを飲み続けている人は、口コミでどう評価しているでしょうか。 エレビットを高評価する声として、よく見られるのが「葉酸の量が多い」という点です。 妊娠中の身体は、普段の倍量も葉酸を必要としています。 通常の食生活を送っている状況では、厚生労働省が推奨する量を満たすことができず不足しがちになってしまうのです。 さらに葉酸の働きをサポートする栄養素もプラスされているため、より効率よく妊娠中の体調管理を行うことができます。 愛用者のコメントでは、他のサプリと併用せずに済むので助かるといった声も多くなっています。 葉酸しか配合されていないサプリメントを飲む場合、不足しがちなその他の栄養を補うため他のサプリからビタミン等を摂取しなければなりません。 コストパフォーマンスの良さや手間がかからないといった面からも、エレビットは評判を集めているようでした。 日本人向けに開発されたサプリ サプリメントを選ぶ際には、自分の体質や体調にきちんと合うものかどうかを重視している方が多いでしょう。 どんなに評判が良い製品でも、自分に合わないと感じてしまったら飲み続けることが難しくなってしまいます。 また葉酸サプリは妊娠中のデリケートな時期に飲むものですから、普段よりもしっかりと品質をチェックして選びたいものです。 エレビットは海外の製薬会社が製造するサプリメントですが、日本人向けに開発されています。 日本の厚生労働省が定めた栄養摂取基準を取り入れ、日本女性のために成分配合のバランスを整えているのです。 また海外のサプリメントはカプセルや錠剤が大きめに作られていることが多いのですが、エレビットは日本女性が飲みやすいよう小さめな形に成型されています。 葉酸は妊娠初期からしっかりと摂取したい栄養素ですが、同時期にはつわりの症状も出やすくなってしまいます。 つわりの症状が出ている時期は味や匂いに対して敏感に反応しやすくなり、普段は問題なく口にできているものでも飲み込むことが難しくなってしまうものです。 エレビットはそんなデリケートなつわりの時期にも飲みやすいよう、無味無臭に作られています。 女性の身体のことをきめ細やかに考え、隅々まで配慮して開発されたサプリメントなのです。 便利な定期購入サービスも 妊娠前から妊娠3ヶ月までの期間は、特に葉酸の摂取が重要となる時期です。 また3ヶ月目以降も体内で赤ちゃんは成長を続けていきますので、常に一定以上の葉酸を摂り続ける必要があります。 継続的に葉酸を飲み続けることは、胎児の健やかな成長をサポートするだけでなく流産リスクを低下させるともいわれているのです。 さらに産後になると授乳が始まりますから、お母さんの健康を維持するためにしっかりと栄養を補う必要が生じます。 サプリメントによる栄養サポートが必要な時期は、かなり長期にわたると考えたほうが良いでしょう。 葉酸サプリは毎日きちんと飲み続ける必要がありますから、うっかり買い忘れてしまうようなことは避けたいものです。 エレビットのオンライン通販サイトでは、定期的に品物を宅配してくれる定期購入サービスが提供されています。 一度注文をすれば毎回自動的にエレビットが発送されますから、買い忘れを防ぐことができ大変便利です。 近隣にエレビットを置いている薬局がないという方も、通販サイトからの定期購入を検討してみましょう。

次の

エルビット・システムズ

エレビット

エレビットの販売元バイエル薬品とは? まずは製造販売元であるバイエル薬品についてです。 医療関係者にとってバイエル薬品はかなり有名な会社です。 日本で言うと、武田薬品かな?けど比較にならないほど有名です! ソニーやシャープを知らない人はいないと思いますが、それぐらい有名!笑。 このアスピリンは日本ではもちろん、世界中で1番使われている解熱剤になります。 そんな有名で信頼のあるバイエルの日本法人が、大阪梅田に本社のあるバイエル薬品株式会社です。 東京にも支社があります。 代表者はハイケ・プリンツさん(女性)。 元々はドイツ本社で実績のあった人みたいです。 この方が2017年1月に代表に就任しました。 バイエル薬品の実績と信頼性は十分なのに、 なぜエレビットは危険性があるのか?という部分について見ていきます。 <エレビットの原材料> こちらは公式サイトに掲載されています。 原材料を全て公表している点は良いですね。 欧州では発がん性の危険レベルをグループ分けしていて、酸化チタンはグループ2でしたがグループ1に昇格・・・・危険性が高まったということです。 2、カルミン酸 カルミン酸は「コチニール」と呼ばれる着色料です。 エレビットの粒はピンク色なんですが、その原因がこのコチニール色素です。 消費者庁からは「急性アレルギー反応を引き起こす可能性がある」と発表してます。 あくまで危険性が指摘されている成分というだけです。 厚生労働省は サプリからの葉酸摂取は1日400㎍に設定しています。 そのため日本で発売されている葉酸サプリはほぼ全てが400㎍以下なんです。 <なぜエレビットの葉酸は800㎍も配合されているのか?> 「400㎍より800㎍の方がより早く葉酸濃度を満たす」という研究結果がドイツの大学から発表されたのが理由らしいです。 なるほど~。 ってなるかもしれませんが、そんな簡単ではありません!! 世界中で360㎍~5,000㎍の葉酸を用いて研究が行われていて、以下の内容が複数報告されています。 「高配合のモノグルタミン酸葉酸を長期間摂取すると、健康障害を引き起こす危険性がある」 このように葉酸を過剰摂取しすぎることでの危険性が報告されているために、日本では安全性を考慮して400㎍に設定しているんです。 海外と日本の食事内容の違いもあり、日本人がサプリから葉酸800㎍摂取するのは1日の上限1,000㎍を超える可能性が高いと私も思います。 あとリスクに関する考え方の違いもありますね。 海外では少ないリスクを、日本では多いリスクを気にする傾向があるのも要因かなと思います。 <個人的な意見> バイエル広報室が「今後10年でバイエルを日本のトップ10に押し上げたい」という目標を掲げています。 そんなバイエルが目を付けた市場の1つが葉酸サプリ。 しかし日本では現在多くのメーカーが葉酸サプリを発売していて、はっきり言って激戦区です!笑。 その中でもベルタの市場シェアが強いですね。 この激戦区で勝負するためには差別化がもっとも必要だったんじゃないかな?と思うんです。 そのため葉酸配合量を通常の2倍(800㎍)にしてアピールポイントにしたような気がします。 そのため葉酸サプリには必ず配合されています。 鉄分は黄体ホルモンの分泌に必要な栄養素。 高温期を維持し子宮内膜を厚くするのに欠かせないのが鉄分です。 しかし、エレビットに限らず葉酸サプリでよく耳にするのが 鉄分の過剰摂取です。 鉄分を摂取しすぎると胃腸障害の危険性があるため、1日の上限を超えないようにする必要があるからです。 結論から書くと、 エレビットで鉄分による危険性はありません! 鉄分の1日上限は40mg。 エレビットの鉄分配合量は21. そのため臭いのない非ヘム鉄が配合されています。 このように鉄分に関してはエレビットの危険性はありません。 エレビットの危険性は「2つの着色料」と「800㎍の葉酸」です! まとめると簡単ですね!笑。 あくまで私の意見ですが、少なからずエレビットには危険性があると思います。 エレビットとベルタの違いはどこ? エレビットについて調べている方のほとんどがベルタ葉酸サプリも知っていると思います。 そこで「エレビットとベルタの違いはどこにあるのか?」をまとめました。 まず初めに、どちらも配合されている栄養素の種類は似ています。 というかほぼ同じです。 そのため、 明らかに違う部分だけピックアップしました。 1、葉酸の配合量 エレビット800㎍に対して、ベルタは400㎍です。 ここが1番の違いになります。 上記でも紹介したように葉酸800㎍は多過ぎるのでベルタの方が推奨値です。 2、ビタミンB6・カルシウム エレビット(左)とベルタ(右) ビタミンB6 : 1. 妊活中はもちろん妊娠中も足りないですね。 3、1か月の価格 定期購入の場合です。 エレビット : 4,050円(60粒入り・1日3粒) ベルタ : 3,980円(120粒入り・1日4粒) 価格はほぼ同じですが、飲む量が違います。

次の

エレビット (Elevit)の購入なら

エレビット

同社は世界各国で行われている国主導の各種プログラムに幅広く参加している。 子会社を含む事業内容は、 、陸上及び海上での電子システム 、 、各種制御システム、、、情報と及び(intelligence, surveillance and reconnaissance, ISR , C4ISR)システム 、の開発、 、航空機用 、最先端光学機器開発、宇宙光学機器、用機材開発、システム 、、や 、通信機器、研究開発事業 など主に軍事関連事業を中心に幅広く手掛けている。 同社は、既存の軍事のや開発した新技術を防衛や国土安全保障、及び民間向けとして提供している。 その他、やシステムなど様々なサポート事業にも注力している。 近年では「Seagull Unmanned Surface Vessel(USV)」と呼ばれる無人水上艇を開発しており、リスクを大幅に低下させることができるため、この無人艇を利用したやのシステム開発なども行っている。 時点、イスラエルと子会社での総従業員数は13,895名であり 、その大半が研究者や技術者、やである。 社史 [ ] 黎明期 エルロンの一部門として [ ] エルビット・システムズ社は、によって設立され、「総合研究所」が研究していた特別な設計に関する専門知識と、エルロンが経験していた電子製品の製造開発や管理技術を合わせた「エルビット・コンピューター」を開発したことに始まる。 その後、武器のシステムの構築や、殆どのイスラエル軍用機に搭載されたシステムの開発や生産などを行いながら規模が拡大した。 のパッケージを確立しており、用のなどの開発と生産も行っている。 1996年ナスダック上でのIPO [ ] 、エルビットは3つの独立した会社へ分割されている。 () からにかけて ()(エルロン子会社)とエルビット・メディカル・イメージングは、イメージング事業を及び、ピッカー社(現:)へ約6億ドルで売却。 エルビット・システムズ 本稿。 防衛エレクトロニクス部門として設立され、株式市場で新規(IPO)を行っており、取引初日は7,75ドルの値を付け終了している。 その時価総額は50億ドル(約5,500億円)を超える。 エルビット 民間会社として独立し、1999年イスラエル初のオペレーターとなった「 ()」社設立時のを主導した。 エルビットはエルロンに統合されている。 エルロンはからにかけパートナー社の株式を約1億6,000万ドルで売却している。 EL-Opとの合併 [ ] 2000年、エルビット・システムズは「エル・オプ(会長であるマイケル・フェーダマンが所有 )」と合併し、イスラエル最大の非政府系防衛エレクトロニクス企業となったことで企業価値が上がり、エルロンは、エルビット・システムズの株式を約200万ドルで売却することに成功している。 合併後、フェーダマンはグループ企業として最大のとなっている。 買収による成長 [ ] エル・オプとの合併後、フェーダマンと当時のジョセフ・アッカーマンは買収戦略による積極的成長を主導しており、以下の企業を買収している。 Elisra()• Tadiran Communications(タディラン・コミュニケーションズ)• Shiron Satellite Communications(シロン・サテライト・コミュニケーションズ)• BVR Systems(BVR・システムズ)• の航空機部門• Innovative Concepts, Inc. (イノベイティブ・コンセプツ)• Mikal Ltd(ミーカル)の買収。 その後、ITL社残りの株式である12. 近年の動向 [ ] AH64用統合型ヘッドマウントディスプレイヘルメットを装着した飛行訓練前の訓練生 、の用「Apache Aviator Integrated Helmet()」の供給と提供に関して、1,270万ドルの2年契約を締結。 、エルビット・システムとユニバーサル・アビオニクスとの共同発表を行い、エルビット社は「資産取得契約を通じ米国民間企業「Universal Avionics Systems Corporation, UASC」の買収を今後数週間以内に完了する過程にある」と発表。 、アメリカの軍需関連企業である社の部門を350万ドルで買収。 2019年4月、に免疫システムを提供するための先として、の電子機器企業である ()との提携を発表。 2019年8月、が採用した「」及び、装甲「 ()」に、を装備する契約を獲得。 2019年、敵対的ドーロンに対する対抗手段である、アンチドローン技術「ReDrone」を発表。 数キロ圏内のドローン全ての帯を検出識別し、無力化させるものである。 2015年7月、がを訪れた際、警備で使用されており、数十機の撃退に成功している。 2019年、イスラエル国防軍に対し納入した新型である、非冷却式赤外線画像()照準器「XACT th65」「XACT th64」の運用が開始された。 数千単位で納入されており、隊員と歩兵部隊のから優先的に配備されている。 この照準器はを採用したカラー画像で表示され、低視程下でも鮮明に表示される機能を持っており、64型で1,100mまで車両識別が可能となり、600mまで人の識別が可能である。 同様に65型は1,250mと750mとなっている。 、イスラエル国防省は小口径弾薬の供給先としてエルビット社と5年1億4,400万ドルの政府契約を締結。 2020年、高高度からの高精度散布技術「HyDrop」のデモンストレーションを行い成功を収めている。 液体を使用した場合、高高度では霧散してしまうため、100ftから120ft辺りまで極力高度を下げる必要があり、安全規則上、作業は日中にのみに限定されており、山岳地帯や煙が多い場合などでの低空飛行は非常に危険を伴う上、夜間作業ができない問題を解決するため開発された。 主要子会社 [ ] 2020年時点での主要子会社。 この他、イスラエル、ヨーロッパ、北米、南米、アジア地域に小規模な子会社や投資先を抱える。 エルビット・システムズ・オブ・アメリカ(Elbit Systems of America LLC) 本社:。 、国土安全保障、医療機器、民間航空の顧客に対する製品とソフトウェアの提供。 エロップ(Elbit Systems Electro-Optics Elop Ltd. ) 本社:。 防衛、宇宙、および国土安全保障に関する電子製品、アプリケーションソフトウェアの製造開発。 エリスラ(Elbit Systems EW and SIGINT — Elisra Ltd. ) 本社:。 電子戦機器、シギントシステム、C4ISRソリューションの製造開発。 ESLC(Elbit Systems Land and C4I Ltd. ) 本社:。 軍用車両用装甲、大砲、迫撃砲、C4Iシステム、サイバーインテリジェンスソリューション、データリンク、通信機、コミュニュケーション機器の製造開発。 過去に保有していた部門とスピンオフ事業 [ ]• エルビット・ビジョン・システム(Elbit Vision Systems)- 1992年に設立されたの製造開発。 、NASDAQ市場で新規株式公開。 ()(Chip PC Technologies)- サーバーベースコンピューティング(SBC)ソリューション企業。 ()(Everysight)- に設立された向け機器、の製造開発。 各国での動き [ ] ヨーロッパ [ ]• 軍事機器の提供と訓練の支援を行っている。 2003年7月1日、エルビット社は、 ()を買収。 ヘルメス900• 2015年9月7日、は偵察用無人機 ()を6機、2億5千万(300億円)の購入を賛成30票、反対12票の賛成多数で可決した。 なお購入に関し物議を醸しており、これはイスラエルがに対し組織的な人権侵害を行っているとして、関連する軍需企業に対しお金を落とすべきでないとして、購入に関し反対運動が起きていた。 この可決に関し国防相は「国ではなく一民間企業からの購入であること、国境警備に使用する目的であって、武装させるつもりもない」と述べており「交戦状態にある国に対し武器を売却することを禁止する国内法にも抵触しておらず、輸入にも適用されない」と語っている。 2019年6月、で採用されているに対する( DIRCM)「J-MUSIC」の供給7,300万ドルの契約を締結。 2020年1月13日、フィンランド国防省は、陸軍で採用されている主力戦車の主砲弾薬の調達先として比較検討した結果、エルビット子会社であるイスラエル・ミリタリー・インダストリーズを選定している。 、、、及びで使用されており、このプロジェクトは24か月以内に実施された。 であるにエルビット社が開発した「MUSIC」赤外線ミサイル妨害装置を採用している。 この装置は、イスラエル政府がイスラエル民間旅客機を外敵から守るためにも採用されており、の航空機にも採用されている。 2005年、エルビット社はとの合弁企業「UAV Tactical Systems Ltd(U-TacS)」を設立し、が使用する ()の開発を行っている。 2007年12月7日、イギリスの軍需産業である ()は、に新設された無人機開発施設「 ()」でテストするに辺り、エルビット社を無人機開発プログラムの協力企業として参加させることを発表している。 2007年には、「Ferranti Technologies Limited(フェランティ・テクノロジーズ)」を買収している。 C130J、、などを含む空軍が使用する機体に搭載され、この契約は3年間に渡り実施された。 2011年5月11日にマケドニア防衛省は、MI17およびMI24ヘリコプター用のシミュレーター(Full Mission Sumulator, FMS)を備えたパイロット向けのトレーニングセンターの建設契約に署名している。 このシミュレーターで使われるソフトウェアはエルビット社が保有するルーマニアの企業「Simultec」が提供している。 2014年3月2日に開所し、大統領、首相、防衛省関係者など要人が出席した開所式が執り行われている。 2019年12月16日、陸軍で採用されている装甲車用の(RWS)の供給と保守、3,500万ドルの契約を締結した。 3年掛け搭載し、7年間の保守契約となる。 2019年12月22日、オランダ国防省が進めている「the Dutch program for improved operational soldier systems」VOSSプログラム(兵士オペレーション改善計画)のためエルビット社と6,500万ドルの契約を締結。 これは機器の配備、車両搭載用情報端末、そのシステム構築のためのソフトウェア、通信機、指揮系統システムなどで構成される。 1996年から始まったルーマニアでの活動は、主にルーマニアの子会社である「Elbit Systeme SA」「AE Electronics SA」「Elmet International SRL」及び「Simultec SRL」4社を通じて行われ、その従業員数は約400名である。 2011年5月24日、ルーマニア空軍のを更新させる約1,860万ドルの契約を獲得したことを発表した。 契約によれば、C-130にはエリスラが生産する物を含んだ様々種類の電子システムが搭載された。 このプロジェクトはルーマニア航空産業が率いるルーマニアの地元企業と協力しながら4年に渡り実施された。 北米 [ ]• エルビット社は米国子会社であるエルビット・システムズ・オブ・アメリカ(ESA)を通じ多数の企業を所有している。 ESA社は、にあるハリス社の暗視装置部門を350万ドルで買収。 EFW - 、(FEWの施設はESA本社も兼ねている)• EFWは、、、及び向けの様々なを製造している。 この敷地は、の電子部品製造施設であった。 ジェネラル・ダイナミクスが航空事業をへ売却した際、ロッキード・マーティンはその施設に関心が無く、エルビット社に売却されている。 国境に設置された遠隔機能付き無人監視塔• IEI - 、 ()にあるIEI社(旧:International Enterprises Inc. Kollsman Inc. - にあるコールズマン社。 航空機とを発明した ()によってに設立された。 コールズマン社は、と協力し、が計画したのセキュリティシステムプログラム「 ()」の先である。 このシステムは無人のに監視カメラの他、長距離望遠機能付きカメラ、、の他に、、用を設置したタワーを国境近辺だけでなく、幅広くエリア毎に設置し、それら検知した情報を中央指令室に送信、共有した上で、長距離カメラを使用したリアルタイム追跡を行い、その情報が反映された機能付きを携帯した国境警備隊を派遣する計画である。 物理的に監視塔の建設や保守が困難である場所に付いては、各種センサーを搭載した無人航空機を活用した「仮想フェンス」を設けることで、警備の空白地帯を無くすなどの計画もしていた。 しかし、議会で53マイル(約85㎞)の範囲に10億ドル(約110億円)の費用が掛かる点などが批判されており、2011年に計画は凍結されている。 Talla-Com - にあるターラコム社。 Innovative Concepts, Inc. ICI - 、 ()にあるイノベイティブ・コンセプツ社。 2008年11月に ()から購入。 VSI - にあるVSI社(以前はVision Systems Internationalとして知られていた、との合弁企業。 UAS Dynamics - 、 ()にあるUAS・ダイナミクス社。 ジェネラル・ダイナミクスとテクニカル・プロダクツ(Technical Products)50:50で出資した合弁企業。 2011年12月1日、エルビット社はジェネラル・ダイナミクス社が保有する株式の全てを購入した• M7 Aerospace - にあるM7・エアロスペース社。 南アメリカ [ ]• 2001年、防衛産業で20年以上の経験を持つブラジル企業であるエアロエレクトロニカ(Aeroeletronica)を買収、AEL・システマス(AEL Sistemas)に社名を変更しグループ企業となる。 2011年1月、「Ares Aeroespecial e Defesa」「Periscopio Equipamentos Optronicos」の2社を買収。 2011年4月、世界第三位の民間航空機製造産業であるはAELと戦略的を締結。 両社は追求すべき具体的な目的を定義していなかったが、両社関係者の発言によれば、主な目標は、無人航空機システム分野での共同活動の拡大であり、エンブラエルD&Sが参画した合弁企業が設立された。 空軍に対しの導入と推進が目標の一つであるとしている。 2010年3月、コロンビア政府は、ヘルメス450無人航空機、2,800万ドル相当の契約を一時停止した。 これは、役人がを受け取ったとする匿名の手紙に基づく報道による。 が調査を行っており、この手紙は入札の競争相手であった「」から送付されたものであることが判明している。 この事件により、イスラエル国防企業間での海外競争を規制する法の見直しが行われている。 東南アジア [ ] エルビットが設計したRWSを搭載したフィリピン軍の• 2014年6月、フィリピン軍が保有する装甲兵員輸送車の更新に対する契約を獲得。 更新内容は、25mm無人砲塔、12. 7mm遠隔制御兵器ステーション(RWS)の採用及び、90mm砲塔用射撃管制装置(FCS)の採用。 この契約は、フィリピン国内に於いてエルビット社が初めて獲得した契約となっており、エルビット社にとっては大きなとなる。 2015年、フィリピン国軍はを通じ、アメリカから114両のを受領している。 M113A2となる改良型には、エルビット社が設計した遠隔制御兵器ステーションが搭載される。 この電気駆動型砲塔は、25mm、30mm、同軸(7. 62mm)、など様々な武器によって構成される。 オセアニア [ ]• 2018年、オーストラリア陸軍に対し新型照準器となる4,800器の「XACTth65」サーマル照準器を納入。 スパイウェア疑惑 [ ] 、、にあるネットワーク監視などを行う研究所、 ()が、の反体制派、米国人や英国人、及びその他の国の人間が、洗練された商用の標的になったことを示す詳細なレポートを公開している。 この利用されたスパイウェアは「クライビット」が販売と運用を行っており、クライビットはエルビット社の子会社であることが明らかになっている。 このリポートに関してがクライビットに対し問い合わせを行っており、その解答で、この種のテクノロジーを用いた商品を否定しておらず、顧客に対し誤用した可能性とその責任に付いては受け入れを拒んでいる。 西岸地区分離壁に対する株の売却 [ ] 西岸地区の分離壁 2009年9月3日、の倫理評議会は、エルビット社がに対する監視システムの提供企業であるとして、保有していた株式の全てを売却することに決定した。 決定を発表する記者会見では「国際人道法の侵害に直接貢献する企業に資金を提供したくない」と発言している。 この決定に対しイスラエル外務省は抗議しており、在ノルウェー大使がイスラエル外務省に召集されている。 2010年1月、は自社の投資ポリシーである「社会的責任を全うしていない企業リスト」にエルビット社を追加している。 銀行の広報担当は「顧客の利益を守るために行動しており、国際基準に違反する企業に資金を投入しない」と述べている。 デンマークの金融監視機関「ダンウオッチ(Danwatch)」も倫理的にエルビット社をブラックリストに載せており 、デンマーク最大の年金基金機関の一つである「PKA Ltd」もエルビット社への投資は「検討しない」と発表しており、これはが「イスラエル西岸地区の分離壁は軍事目的で使用され、の人権を侵害しており、抑圧的活動への関与が認められる」と発表したことによる。 2010年3月、の年金基金は、に違反していると考えられる企業との関係を望んでおらず、イスラエル西岸地区の分離壁の構築に関与したとしてエルビット・システムズ社をしている。 、上で活動する「 ()が「アクサ:戦争犯罪への資金調達(AXA:Financing War Crimes )」と題したリポートを出版しており、これに対しは「2018年12月31日にエルビット・システムズの株式は全て売却済である」と強調している。 製品 [ ] 無人航空機 [ ]• () 無人水上機 [ ]• () 脚注 [ ]• Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 elbitsystems. com. 2020年1月24日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 コトバンク. 2020年1月24日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Sysytems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems. 2020年1月27日閲覧。 2020年1月24日閲覧。 2010年6月18日時点のよりアーカイブ。 2020年1月24日閲覧。 Defense Aerospace. 2020年1月25日閲覧。 Business Wire. 2004年7月28日閲覧。 Ltd, Elbit Systems. CISION PR Newswire. 2020年1月25日閲覧。 Elbit. 2020年1月25日閲覧。 , 12 October 2014• Solomon, Shoshanna. www. timesofisrael. com. 2019年12月4日閲覧。 www. shephardmedia. com. 2019年11月19日閲覧。 elbitsystems. com. 2019年12月4日閲覧。 Elbit Systems(プレスリリース) 2019年9月11日. 2020年1月27日閲覧。 Elbit Systems(プレスリリース) 2019年12月5日. 2020年1月28日閲覧。 infoDIFENSA. com 2020年1月11日. 2020年1月25日閲覧。 THE TIMES OF ISRAEL 2020年1月22日. 2020年1月25日閲覧。 Elbit Systems. 2020年2月9日閲覧。 Elbit Systems. 2016年12月7日閲覧。 2017年6月26日閲覧。 Photonics. Photonics Media 2003年7月7日. 11 6 2018閲覧。 of the Netherlands, through Elbit's subsidiary, electro-optic systems developer Elop Electro-Optics Industries Ltd. AFP 2015年9月8日. 2020年1月25日閲覧。 AirFoce Technology 2019年6月21日. 2020年1月30日閲覧。 Elbit systems(プレスリリース) 2020年1月13日. 2020年1月27日閲覧。 プレスリリース , Elbit Systems, 2011年6月19日 , 2011年6月26日閲覧。 the Algemeiner 2020年1月23日. 2020年1月27日閲覧。 2009年10月6日閲覧。 Aviation Today. 2007年7月26日. 2010年4月30日閲覧。 GLOBS 2020年1月26日. 2020年1月27日閲覧。 プレスリリース , Elbit Systems, 2011年6月22日 , 2011年6月26日閲覧。 Elbit System(プレスリリース) 2019年12月16日. 2020年1月27日閲覧。 Elbit System(プレスリリース) 2019年12月22日. 2020年1月27日閲覧。 , 2011年5月24日 , 2011年5月24日閲覧。 2001年1月2日. の2012年7月14日時点におけるアーカイブ。 Goldman, Laura 2006年10月15日. Israel21c. の2007年9月28日時点におけるアーカイブ。 2007年4月11日閲覧。 WSJ 2017年1月26日. 2020年1月25日閲覧。 Herley News 2008年11月11日. 2010年7月1日閲覧。 Elbit. 2020年1月25日閲覧。 [ ]• 2011年1月13日閲覧。 Ael. com. 2003年8月11日時点のよりアーカイブ。 2010年7月24日閲覧。 2011年1月2日閲覧。 Eshel, Tamin 2011年4月12日. Defense Update Website. の2011年4月12日時点におけるアーカイブ。 2011年4月14日閲覧。 Ynetnews. com 2010年7月23日. 2010年7月24日閲覧。 Eltiempo. Com. 2010年7月24日閲覧。 Parameswaran, Prashanth. thediplomat. com. 2019年12月4日閲覧。 Elbit Systems. 2019年12月4日閲覧。 www. israeldefense. 2019年12月4日閲覧。 Interaksyon 2017年10月19日. Interaksyon. 2019年12月4日閲覧。 Avenue, Human Rights Watch 350 Fifth 2017年12月6日. Human Rights Watch. 2019年7月9日閲覧。 The Citizen Lab 2017年12月6日. 2019年7月9日閲覧。 Avenue, Human Rights Watch 350 Fifth 2017年12月6日. Human Rights Watch. 2019年7月9日閲覧。 Globes [online], Israel business news. 2009年9月3日. 2009年9月4日閲覧。 Hass, Amira; Barak Ravid 2009年9月3日. 2010年3月1日閲覧。 Copenhagen Post. 2010年1月25日. の2010年1月31日時点におけるアーカイブ。 2010年3月1日閲覧。 Ma'an News Agency. 2010年1月27日. 2010年3月1日閲覧。 Danwatch 2010年1月1日. 2010年3月1日閲覧。 Bettini, Daniel 2010年8月27日. Ynetnews. SumOfUs. 2019年7月9日閲覧。 Middle East Monitor 2019年4月18日. 2019年7月9日閲覧。 関連項目 [ ]• - エルビットは供給元の一社である• () 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• (英語)• (英語)• (英語)• (英語)• (英語).

次の