おお ば 歯科。 おおぐち歯科(知多郡阿久比町/植大駅)【口コミ・評判6件】|EPARK歯科

名古屋市緑区の歯医者「おおやま歯科医院」

おお ば 歯科

ごあいさつ はじめまして、みなさん。 院長の大穂耕平です。 私は研修医終了後、大学病院で 「ブリッジ」・「入れ歯」による治療を専攻しました。 残っている歯と歯ぐきをどう活かして噛み合わせを回復するかを追及する分野です。 その中で、どうしても残っている歯に負担がかかり長持ちしないケースもあったため、歯の支え自体を増やすことができる 「インプラント」も自分の専門分野に加え、研鑽を積みました。 また、並行して 「顎関節症」に関する臨床研究を行い、学位(歯学博士)を取得しました。 大学を出てからは、どんなに噛み合わせを回復しても、歯を支えている骨や歯ぐきの状態が悪いと治療が長持ちしないことを実感し、歯周病の年間コースを受講しました。 歯周基本治療から再生療法に至るまで、 「歯周治療」をもう一つの専門分野として治療を行ってきました。 また、 「セラミック治療」は大学病院の頃からずっと行ってきましたが、症例を重ねるにつれて、美しさが長持ちするだけでなく、虫歯・歯周病のリスクを下げられるメリットが大きいことを実感しました。 そこで現在は、セラミックの材料学や、歯とセラミックを長期に(できるだけ一生)もたせるための歯の削り方、調整法、接着法を極めるべく研鑽しております。 こういった治療を組み合わせることで、「本当に長持ちする治療は何か?」を追求して日々診療を行っています。 当院のもぜひ読んでみてください。 論文発表• ブラキシズムを有する顎関節症患者に対するスプリント治療のランダム化比較試験 著者 大穂 耕平 掲載 九州大学大学院歯学研究院 学位論文 2012. 睡眠時ブラキシズムを有する顎関節症患者へのスタビライゼーションスプリントのランダム化比較試験 著者 大穂 耕平、築山 能大、桑鶴 利香、古谷野 潔 掲載 日本顎関節学会第25回学術大会2012. The effect of stabilization splints on masticatory muscle pain and sleep bruxism: A randomized controlled trial 著者 Kohei Oho, Yoshihiro Tsukiyama, Rika Kuwatsuru, Hiroshi Matsumoto, Kiyoshi Koyano 掲載 15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontics, 2013. すれ違い咬合一歩手前の患者に対して根面板による咬合支持を活用した症例 著者 大穂 耕平 掲載 平成25年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会 2013.

次の

福岡市大橋の歯科医院|おおはし歯科クリニック

おお ば 歯科

双方ともに純チタンの表面に特許技術で骨と同じ成分である「ハイドロキシアパタイト」の被膜をもっているもので、新生骨の誘導、生成促進を促し、直接骨と接合する優れた生体親和性を持っています。 2ヶ月ほどの治療期間ですみますし、ほとんどのケースが1ピース1回法により1回の手術で済み、心身の負担及び手術費用が軽減されます。 また、それとは別に、世界シェアNo. 1のインプラントである「ストローマンインプラント」も採用しています。 CAMBRA(キャンブラ)は、予防歯科先進国アメリカの、フェザーストーン教授が提唱するう蝕予防法です。 カリフォルニア歯科医師会とカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)との共同により開発されました。 フェザーストーン教授は、過去40年間にわたりう蝕学における複数の領域の研究を行ってきました。 現在は、リスク評価に基づくう蝕管理(CAMBRA)の推進に世界各地で取り組んでいます。 CAMBRA Caries Management By Risk Assessment• SALIVARY MULTI TEST(サニバリーマルチテスト)は、ライオン株式会社による、「歯と歯ぐきの健康および口内の清潔度に関連する多項目の唾液因子を5分間で測定できる唾液検査システム」です。 歯や歯ぐきの健康に関する唾液因子の6項目【歯の健康に関連する唾液因子(むし歯菌、酸性度、緩衝能)歯ぐきの健康に関連する唾液因子(白血球、タンパク質)お口の清潔度に関連する唾液因子(アンモニア)】を、1回の検査で同時に測定することができます。 主に歯周病のリスク評価に有効な装置です。 SMT Salivary Multi Test 多項目・短時間唾液検査システム• SALIVARY MULTI TESTは、 ライオン株式会社による、 「歯と歯ぐきの健康および口内の清潔度に 関連する多項目の唾液因子を5分間で 測定できる唾液検査システム」です。 試験紙 測定器• 検査結果はレーダーチャートで 表示されるので一目みてわかりやすい.

次の

おおぐち歯科(知多郡阿久比町/植大駅)【口コミ・評判6件】|EPARK歯科

おお ば 歯科

ごあいさつ はじめまして、みなさん。 院長の大穂耕平です。 私は研修医終了後、大学病院で 「ブリッジ」・「入れ歯」による治療を専攻しました。 残っている歯と歯ぐきをどう活かして噛み合わせを回復するかを追及する分野です。 その中で、どうしても残っている歯に負担がかかり長持ちしないケースもあったため、歯の支え自体を増やすことができる 「インプラント」も自分の専門分野に加え、研鑽を積みました。 また、並行して 「顎関節症」に関する臨床研究を行い、学位(歯学博士)を取得しました。 大学を出てからは、どんなに噛み合わせを回復しても、歯を支えている骨や歯ぐきの状態が悪いと治療が長持ちしないことを実感し、歯周病の年間コースを受講しました。 歯周基本治療から再生療法に至るまで、 「歯周治療」をもう一つの専門分野として治療を行ってきました。 また、 「セラミック治療」は大学病院の頃からずっと行ってきましたが、症例を重ねるにつれて、美しさが長持ちするだけでなく、虫歯・歯周病のリスクを下げられるメリットが大きいことを実感しました。 そこで現在は、セラミックの材料学や、歯とセラミックを長期に(できるだけ一生)もたせるための歯の削り方、調整法、接着法を極めるべく研鑽しております。 こういった治療を組み合わせることで、「本当に長持ちする治療は何か?」を追求して日々診療を行っています。 当院のもぜひ読んでみてください。 論文発表• ブラキシズムを有する顎関節症患者に対するスプリント治療のランダム化比較試験 著者 大穂 耕平 掲載 九州大学大学院歯学研究院 学位論文 2012. 睡眠時ブラキシズムを有する顎関節症患者へのスタビライゼーションスプリントのランダム化比較試験 著者 大穂 耕平、築山 能大、桑鶴 利香、古谷野 潔 掲載 日本顎関節学会第25回学術大会2012. The effect of stabilization splints on masticatory muscle pain and sleep bruxism: A randomized controlled trial 著者 Kohei Oho, Yoshihiro Tsukiyama, Rika Kuwatsuru, Hiroshi Matsumoto, Kiyoshi Koyano 掲載 15th Biennial Meeting of the International College of Prosthodontics, 2013. すれ違い咬合一歩手前の患者に対して根面板による咬合支持を活用した症例 著者 大穂 耕平 掲載 平成25年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会 2013.

次の