なんなりとお申し付けください ビジネス。 「何かございましたらご連絡ください」の使い方と例文・種類

「お申し付けください」の使い方と場面で変わる「いう」の敬語表現

なんなりとお申し付けください ビジネス

新社会人も会話の中に取り入れやすい「何かございましたらご連絡ください」は、果たして正しい敬語なのでしょうか。 新人だけではなく中堅社会人の方々も自信を持って使っているのでしょうか。 ここでは「何かございましたらご連絡ください」の言葉の成り立ち、また普段の生活シーンや、ビジネスシーンによって使い方があるのかを見ていきましょう。 「何かございましたらご連絡ください」も敬語の種類 「何かございましたらご連絡ください」は、「何かございましたら」と「ご連絡ください」の二つの文章で成り立っています。 では、さらにこの二つを分解してみましょう。 「何かございましたら」とは、「何か」「ございます(「ある」の丁寧語)」がドッキングした文章、そして「ご連絡ください」は、「ご(敬語表現)」「連絡」「ください(「くださる」の命令形) 」によって構成されています。 よって丁寧語と命令形から成り立っている、れっきとした敬語と言えます。 何かございましたらと何かありましたらの違い 「何かございましたらご連絡ください」と「何かありましたらご連絡ください」という二つの文章の使い方の違いを説明できますか。 実は双方とも意味は全く一緒です。 しかしどちらかが、より丁寧な言い方だとされています。 「(何か)ございましたら」とは、「ござる(あるの丁寧語)」「ます(丁寧語の助動詞)」がくっついた文章です。 一方、「(何か)ありましたら」とは、「ある(通常語)」と「ます(丁寧語の助動詞)」がくっついた文章です。 このように、「何かございましたらご連絡ください」のほうが、より丁寧な敬語であることがわかります。 普段の生活での使い方について 上下関係は皆無ですが、知り合ったばかりの人には敬語で話す必要性が考えられます。 「何かございましたらご連絡ください」と去り際などに伝えることは有効です。 例えば、日常生活の地域活動にて、町内会の班長や学校のPTAの方は集会の際に、班や関係者の方に「何かございましたらご連絡ください」と言っても支障はありません。 ビジネスシーンでも同じ使い方はできるのか 「何かございましたらご連絡ください」は正しい敬語ですが、「ください」は命令形に当たるため、相手を敬うというよりも、自分が主体の表現です。 受け手によっては、上からものを言われている気分になる人もいるでしょう。 特にメールでの送受信の場合、声のトーンや動作が分からないので感情が伝わりにくい欠点があるので細心の注意を払って使いましょう。 相手が上司や取引先といった、立場が自分より上の人々場合もあり得ます。 そのようなケースには「ご連絡をお待ちしております」または「ご連絡をお願いいたします」と使えば不快感なく受け入れてもらえます。 メールと口語の使い分けについて 日本語には昔から本来の意味とは別に、裏の意味やニュアンスが隠されていることがあります。 「何かございましたらご連絡ください」にもそのような意味があるのでしょうか。 相手への確認として使われることが多い 「何かございましたらご連絡ください」を使用した例文を挙げてみましょう。 次の3つの例をご覧ください。 「先ほど資料をお送りいたしました。 何かございましたらご連絡ください」「こちらに説明が記載されておりますが、何かございましたらご連絡ください」 「ご案内は以上になります。 何かございましたらご連絡ください」 これらには「何かございましたらご連絡ください」という節が、相手へ何かを確認するような「大丈夫ですか」「問題はありませんか」といったダブルチェックに近い含みで使用されていることが理解できます。 「何かございましたらご連絡ください」は挨拶的扱い 「何かございましたらご連絡ください」は「何卒よろしくお願いいたします」と同じ感覚で使っていませんか。 相手も言い慣れた敬語ですから社交辞令として受け取る方も多いはずです。 しかし最初に述べたように「何かございましたらご連絡ください」は、ただの凡庸な挨拶表現ではありません。 「何かございましたらご連絡ください」と日頃から伝えているにもかかわらず、いざ相手から問い合わせや連絡が届いた際に、対応ができないようでは信用問題にも関わりかねません。 言った以上は自分が言葉に責任を持って、敏速な対応をする意識を忘れないことが重要です。 敬語「何かございましたらご連絡ください」の例文 「何かございましたらご連絡ください」を、より親切なニュアンスで相手に伝えたい時、もう一言添えるなら、あなたはどのような言い方をしますか。 例文を見ながら探っていきましょう。 例文1 お手数おかけいたしますが 「お手数をおかけいたしますが、何かございましたらご連絡ください」というフレーズをよく耳にします。 ビジネス文書での一場面で活用されています。 「お手数をおかけいたしますが」とは、こちらの依頼や要求に応える手間をかけさせてしまうことへの謝罪や感謝の意味があります。 「お手数をおかけいたしますが、何かございましたらご連絡ください」とは、忙しい相手への感謝の言葉が含まれます。 類似例としては「お忙しいと存じますが、何かございましたらご連絡ください」と言う表現でも可能です。 つい使ってしまいがちな表現です。 このままでは、「お気軽に」と「ご連絡」の二つが連なった敬語表記なので二重敬語になってしまいます。 しかし近年では、時代の変化とともに、上記のようなややミスマッチな敬語表現でも、多くのビジネスシーンで受け入れられ普通に使われてはいます。 例文3 何かございましたらいつでもご連絡ください 「何かございましたら、いつでもご連絡ください」という表現もよく耳にします。 一見、頼もしい言葉ですが乱用は禁物とされています。 「いつでも」とは「どんな時でも、常時」という意味です。 万が一24時間、相手の連絡に応じる体制になってしまうと、かなり苦しい立場に追い込まれてしまいます。 この表現については、臨機応変に対応ができる時のみに使用しましょう。 「何かございましたらご連絡ください」の何かとは いろいろなものをまとめて指し示しているものが「何か」にあたります。 「何かございましたらご連絡ください」のなかにある何かとは、「ご不明点、ご質問、問題点」がございましたら、ご連絡くださいという部分が隠れています。 ビジネスシーンで頻繁に扱うわりには、「何かございましたら」の「何か」の意味が分からない方も少なくありません。 できれば「ご不明点がございましたら、ご連絡ください」「問題がございましたら、ご連絡ください」と、具体的に伝えるほうが、親切な敬語であることを覚えておくとよいでしょう。 便利な言葉こそバリエーションを増やしていく メールで使う敬語を強化したいなら、おススメしたい本がこの一冊です。 メールでのやりとりは、相手の顔を見る必要がないため、対面よりも気が楽に感じます。 しかし、今回、こちらの記事に書いたとおり、メールは顔が見えない分、相手に誤解を与えやすいツールです。 ひとつ間違えると、大きなトラブルにも繋がりかねません。 それを回避するには、メールのルールはもちろん、あなたが使う言葉のひとつひとつに気をつけなければいけません。 そのような、メールでの敬語についての情報が盛りだくさんな読み応えある一冊です。 今まで知らなかったメールの書き方、送り方について、実例を交えながら紹介され大変分かりやすかったです。 新しい気付きも多くあり、貴重な教科書として、職場のパソコンの前の本立ての前に置いて使っております。 言葉の意味を常に考える癖を.

次の

「なんなりと」の意味|ビジネスでの使い方と例文

なんなりとお申し付けください ビジネス

先日は雪の中を遠路わざわざお越し頂き、誠に恐縮致しました。 しかし、万一のことがありましたらお腹の赤ちゃんに障ります。 今後は、お申し付けくだされば当方よりお伺い致しますので、どうぞご自重なさってください。 「お申し付けください」の注意点 「お申し付けください」は謙譲語ではなく敬語 「お申し付けください」という言葉は、時に「謙譲語」なのではないかと言われます。 「謙譲語」とは、自分の行動をへりくだって表現するための言葉です。 「お申し付けください」に含まれている「申し付け」は、自分に指示をしてくださいということを意味します。 しかし、「お申し付け」と丁寧表現の「お」をつけていることや、「ください」という敬語が一緒に使われていることで、謙譲語なのか敬語なのか、意見が分かれるところです。 結論は「お申し付けください」は敬語です。 この場合の「申し付け」をされるのは、「お申し付けください」と言った側であり、相手ではありません。 そのため、自分に起る状態を謙譲語の「申し付け」で表します。 「お」と「ください」については、相手への敬語表現として問題ありません。 つまり、相手のために「申し付け」という言葉を選択しており、「お申し付けください」は敬語となります。 誤りではありません。 「お申し付けください」の類語との違い 「おっしゃってください」 「お申し付け下さい」の類語としてあげられるのが「おっしゃってください」です。 「おっしゃる」とは、「言う」の敬語表現で、 「おっしゃってください」は「言ってください」という意味となります。 この「おっしゃってください」は、相手に発言を促すという意味では、「お申し付けください」と同じです。 そして「お申し付けください」は「言いつけてください」という意味だけに、相手より下の立場であることが明らかです。 しかし「おっしゃってください」については、 この言葉を発した側が必ずしも立場が下であるとは限りません。 「お申し出ください」 「お申し出ください」は「お申し付けください」とやや意味が異なります。 「申し出る」とは、 相手が何かに該当し、こちらが該当した人を把握したい場合などに使われる言葉です。 「資料がお手元にない方はお申し出ください」などと使います。 一方、「お申し付けください」は、相手が何かに該当したかどうかとは関係なく、相手が「言いたい」「欲しい」と何らかの要望を持ったときに、 その指示をしてください、という意味に留まります。 「お申し付けいただければと思います」 「お申し付け下さい」をより丁寧にしたものが「お申し付けいただければと思います」です。 「いただければと思います」は「いただければと存じます」とされることも多く、いずれも意味は 「言ってくれたら嬉しい」というものです。 そのため「仰せ付けください」と言っても問題はありません。 ただし、少し古めかしい印象を持たれる表現であることは理解しておきましょう。 「お問い合わせください」 「お問い合わせください」とは「問い合わせをしてください」という意味です。 この場合の「問い合わせ」とは、 実際にどこかへ電話をして質問をしてもらう、または単純に「聞いてください」という意味も含んでいます。 「お申し付けください」との違いは、「お問い合わせください」の方が、相手へ行動を起こすことを促しているという点です。 これはニュアンスによるものではありますが、「お申し付け」は「言いつける、指示する」というイメージが強く、「 お問い合わせ」は「聞く」「質問する」というイメージに留まります。

次の

【そのまま使える文例集】挨拶状|案内状|招待状|お礼状|祝賀状|お見舞い状など

なんなりとお申し付けください ビジネス

会社で働く上で、社内を含め、お客様とメールのやり取りをするのは必須です。 そんなメールのやり取りの中で、こんなときはどんな風に言い回してメールを送ればいいのだろうと悩むことはありませんか?「了承いたしました」や「微力ながら」といったビジネスメールでお決まりのフレーズを例文を交えて紹介していきます。 ビジネスメールで使える承諾のフレーズや例文、また、言い回しの違いについてご紹介します。 これらを参考に、万が一承諾メールを送る場面になった際にも、きちんと送りましょう。 承諾する旨をメールで伝える例文 承諾する旨をメールで伝える例文はこちらがあります。 様々な場面で使える承諾メールの「了承いたしました」 「了承いたしました」といったフレーズは様々な場面で使えます。 それでは例文を参考に活用していきましょう。 : ご依頼の件、承りました。 : 訪問時間の変更につきまして、 承知いたしました。 :登録解除の件、了承しました。 : 日程変更の件、了承いたしました。 :納期延期の件、わかりました。 : ご出席者数の変更の件、かしこまりました。 :忘年会の幹事の件、おやすいご用です。 : 講演会の講師の件ですが、お受けすることにいたします。 :先日ご依頼いただいた件、お引き受けします。 : 公正証書作成代理のみのご依頼もお引受け致します。 :日程申請いただいた件について、下記のとおり受諾いたします。 :ご依頼のお仕事の件、喜んで協力させていただきます。 :どこまで期待に応えられるか分かりませんが、私が少しでもお役に立てれば幸いです。 : 本日からお世話になります。 微力ながら精一杯がんばりたいと思います。 :プロジェクトリーダ就任の件、承知いたしました。 ご期待に添えるよう精進いたします。 :及ばずながら、お力になれれば幸いと存じます。 メールで使う承諾フレーズの違いとは ビジネス上で、承諾の旨を伝えるメールを送る時に 「分かりました」 という意味合いで使われる言葉に 「了解しました」 「承知いたしました」 「了承しました」 「かしこまりました」 などのフレーズがありますね。 皆さんはこの承諾の旨を伝えるメールでのフレーズの意味と使い分け方を理解できていますか?いざ承諾の旨をメールで送る時に、どのフレーズを使ったらいいのだろうと悩んでしまう事はありませんか? 「了解いたしました」とは目下に対して使う言葉 「了解いたしました」は、承諾メールで送る時は同僚もしくは目下に対して使う言葉です。 「了解いたしました」というのは、「了解」に「いたしました」をつける事で、丁寧語にはなりますが、尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼にあたります。 「承知しました」とは目上の人に使う適切な言葉 「承知しました」は承諾の旨を伝えるメールでは尊敬語になりますので、お役様や目上の人に対して使うのに適切と言えます。 ビジネスシーンでも使う頻度は大変多いため、覚えておきましょう。 「それでいいですよ」という意味合いになりますので、目上が目下に使うのが正しい使い方となります。 お客様や目上の人に使わないよう注意しましょう。 この場合、お客様へは「承りました」目上の人へは、「承知しました」が承諾の旨をメールで伝える時の正しいフレーズの使い方です。 ビジネスメール例文フレーズ「承諾」 依頼や申し入れへの承諾には、まず感謝の気持ちを伝え、丁寧な表現と前向きな気持ちで承諾の返事をしましょう。 依頼された側である場合、どうしても相手より立場が上だと思いがちですが、今後のやりとりも含め謙虚な姿勢で対応することを心がけましょう。 この度は、飲み会のお誘いをいただきまして、 誠にありがとうございます。 ぜひ、日程の調整をさせて頂きたく存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 メールを頂き、誠にありがとうございます。 この度はミーティングのご提案を頂き、誠にありがとうございます。 ぜひ、直接のお話をさせて頂きたく存じます。 ご予定の調整のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 それではご連絡をお待ち申し上げております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 ご丁寧なお返事をいただき、誠にありがとうございました。 日程調整が難しいとのこと、確かに承りました。 弊社としましても、 早い段階からご依頼できればよかったのですが、 社内で結論が出るまでに時間がかかってしまい、 申し訳ございません。 また、次の機会にもぜひ、 お声をかけさせていただきたく存じます。 今後とも、宜しくお願い申し上げます。 「微力ながら」のフレーズで謙虚に相手へ伝える それでは最後に「微力ながら」という、こちらもビジネスメールはお決まりのフレーズを例を使って紹介します。 「微力ながら」は、自分の能力をへりくだって(謙遜して)相手へ言うときの表現です。 自分は「力足らずですが」や「力が乏しいですが」というようなニュアンスです。 ぜひ「微力ながら」の言い回しに困った時の参考にしてみてください。 了承いたしました・微力ながらの例文を参考に正しい承諾メールを送ろう 承諾の旨をメールで伝えるフレーズや、「微力ながら」と謙虚に相手へ伝えるときの言い回しの例文を見ていきましたが、いかがでしょう。 ビジネスシーンでは、きちんと承諾した確認を相手に伝えるマナーというのがあります。 改めて「了承いたしました」は主に目上の人が目下の人に使う言葉ですので、目上の人や取引先の人に使ってはいけません。 「承知いたしました」という言葉を使うようにしましょう。 こういった言葉選びや、言い回しこれは仕事をするうえで、とても重要です。 今回紹介した例文やフレーズを参考にして、どんどんメールのやり取りをすれば、自然とフレーズが身につくはずです。 ぜひ正しい承諾フレーズを使い分けて活用していってください。

次の