中途 採用 面接 自己 紹介。 中途採用の面接で行う自己紹介のコツ

転職時の中途採用面接の流れとは。自己紹介の仕方を含めて徹底解説。

中途 採用 面接 自己 紹介

1-1. 自己紹介の理想的な回答例とは• 1-2. 2-1. 退職理由と志望動機に一貫性を持たせるべし• 2-2. 「トピックス」は「強み」を意識して選ぶべし• 2-3. アピールすべき強みはこれだ!未経験でも安心の「正解」解説• 1.自己紹介で「盛り上げ」と「種まき」で通過一直線 自己紹介では、伝えるべき内容そのものも重要ですが、その後、20〜60分程度の会話の糸口になることを意識することが成功のポイントです。 面接では場が盛り上がると、通過率がグッとアップする傾向があります。 そのため、面接冒頭の自己紹介では 「盛り上げ」を意識すると効果的です。 ネタの作り方ですが、もちろん面接の場であるため、冒頭の自己紹介も仕事に関わる事実からスタートしましょう。 採用担当者は、自己紹介に2つのポイントを期待しています。 それは、あなたの 「職務経歴」と 「行動理由」。 「職務経歴」は文字通り、これまであなたが仕事としてどんなことをやってきたか。 「行動理由」は、あなたの職務経歴における入社・退職のほか、主な職務における節目節目であなたがどう考え、どう判断してその行動に至ったかの理由です。 これらをテーマとして、会話が膨らむように特徴的な体験や事例を話すことがポイントです。 必ずしも成功体験にこだわる必要はなく、前向きな人柄が伝わるのであれば失敗談も積極的に採り上げることをおすすめします。 では、これらを人事がどう見ているのか。 採用担当者は、 あなたの志向性を見ようとしています。 志向性を把握することで、 「うちの会社に合うかどうか」を見定めようとしているからです。 企業側は当然、自社に合った人材を求めます。 企業と応募者とのマッチング度合いの見極めが転職面接の目的であって、「自己紹介」を通じてその判断の大半がなされている、と考えてください。 これは自己紹介で話された内容にとどまらず、あなたの身振り手振りや顔の表情、声のトーンといったノンバーバル(非言語)コミュニケーションでも印象形成されます。 (印象形成についてはで詳しく解説していますのでそちらをご覧ください。 そのため、成功につけ、失敗につけ、テンションを上げて話せる話題選びがポイントになります。 地道に頑張ってきた話も必要ではありますが、それだけだとどうしても印象が平板になってしまうので、記憶の中で鮮明に残っている体験を1つは採り上げることをおすすめします。 役員や社長が面接の場で細かいスキル面に触れる話をすることはほぼなく、人物面を重視する傾向にあるので、大詰めの場面に備えるためにも自己紹介はしっかり事前に準備しましょう。 1-1. 自己紹介の理想的な回答例とは 自己紹介の所要時間は1分から2分、長くても3分以内に。 面接の最初からすべてを伝えるのではないことに注意してください。 簡素過ぎても採用担当者に伝わりませんが、長すぎれば冗長な印象を与え、最悪途中で打ち切られることもあります。 ニュースの読み上げスピードが1分間で300字程度であることを参考にすると、事前に原稿を300〜600字程度でまとめておくと良いでしょう。 Twitter換算では4ツイート程度しかないのです。 短い時間で話すためのポイントは 無理に結論を出したり、きれいにまとめようとせず、興味をひける話題を提示することを心がけることです。 採用担当者からの質問をうまくひきだせた方が、会話のキャッチボールがスムーズになります。 また、これは面接の緊張を抑える方法としても非常に有効です。 自分の設定した話題に質問をしてもらう方が答えやすく、その応募者ならではの話題の方が採用担当者としても前向きに聞けるため、 緊張の大敵となるブツブツと途切れた会話を避けやすいのです。 自分の緊張感そのものを直接コントロールすることは難しいのですが、「何を話すか」というテーマ設定は事前に準備できます。 序盤だからこそ、このような会話コントロールが重要になるのです。 なお、自己紹介は所要時間こそ短いですが、この1~2分で採用担当者に与える自分の印象が決まってしまいます。 面接では印象形成がとても大事になりますので、 も参考に気合を入れて臨みましょう。 自己紹介は以下の構成でまとめるのが理想的な流れです。 表現方法に決まりはなく、採用担当者の目を見て力まず挨拶できれば十分です。 緊張しがちな人も多いですが、挨拶のポイントは事前のウォームアップです。 面接30分前に、直接会うかまたは電話で誰かと話しておくことがスムーズな会話入りに役立ちます。 在職中の場合でも社名は言いません。 なお、学歴や趣味も不要です。 ただし、冒頭でお伝えしたように1~2分が目安です。 経験社数が多い人は会社名とおおまかな業務内容のみに留めて、注目してもらいたい企業にだけスポットライトを当てると上手くまとまります。 仕事への考え方・取り組み方は自己PRの場面でも使いますが、マッチングを図るに当たって最重要ポイントの一つにもなるため自己紹介の中でもきちんと触れておきましょう。 なお、 自己紹介の終わり方は、「なぜここにいるのか」を伝えて締めくくると良いでしょう。 「これからはこんなことに取り組みたくて志望しました。 本日は宜しくお願いします。 」などの簡単な締めのひとことがあれば大丈夫です。 【詳しい組み立て方はへ】 この構成に沿って作成した自己紹介は、例えば以下のような感じです。 本日はよろしくお願いいたします。 山田太郎と申します。 大学で学んでいた電子工学の知識を活かすべく、新卒で国内電子部品メーカーのA社に入社しました。 国内自動車メーカーと国内電化製品メーカー向けに4年間営業として勤務しました。 お客様を回っていた時に幅広い要望をいただいたてもA社では設備などの問題もあり手を広げられないということで、私としてはもっと幅広くサポートしたいと思い、 専門商社のB社に転職しました。 前職と同じく自動車メーカーと電化製品メーカー向けに電化製品全般の営業を2年行いました。 1年目は、商品点数の多さに驚きましたが、商品と顧客の知識を入れながら、周囲のサポートもあって予算達成することが出来ました。 2年目は慣れてきたこともあり積極的に新規顧客の開拓を行い、1年目は95%が既存顧客でしたが2年目は個人売上の60%既存顧客、40%新規顧客をすることができ、予算も150%達成することができました。 3年目からはバイイングの事業部に異動し、3年間バイイング業務に従事しました。 1年目は既存取引先との関係構築、2年目は顧客からのニーズに基づく取引先の拡大を、3年目には事業の先を見据え、これまでの取引先にとどまらず率先して必要となりそうな部品や先進的技術を取り入れた部品を作っている企業の開拓を行いました。 具体的には、全体で150社だった取引先を200社まで増やすことができ、そのうち半分の25社を自ら開拓をしました。 本日はよろしくお願いいたします。 この例を見ると、自分の過去の経歴を簡単に語った上で自分が直近の職場で成し遂げたこと、重点的に取り組んだこと、そのときの考え方や行動理由を語ることで、自分の特徴を表しているのがわかるでしょうか。 みなさんにはぜひこんな風に、採用担当者にも納得させる自己紹介を作っていただきたいと思います。 1-2. 自己PRについて詳しく知りたい人は の記事を参考にしてください。 「自己紹介」と「自己PR」「志望動機」は似て非なるもの。 自己紹介が自分の経歴を語るものなら、自己PRはアピールしたいスキルや人物特性、強みなど通じて貢献できることを、志望動機は自身のやりたいこと、目指すべき方向性を通じて応募している企業で何を手に入れたいかをメインに語るものです。 自己PR、志望動機に特有なのは、 「will(やりたいこと)、can(できること)、must(やらなければならないこと)」の3つの輪で組み立てられること。 「will、can、must」はキャリアについて考えるにあたって一般的に使用されているフレームワークで、その原論はエドガー・シャイン氏の提唱した「キャリア・アンカー」の概念にあるものです。 自己紹介は「盛り上げ」が大事とお伝えしましたが、もう1つだけ使い方のポイントがあり 「種まき」「線路引き」です。 蒔く種の重要な1つに「自己PRへの導線」があります。 自己PRを話す時に盛り上がれるように、面接冒頭で簡潔な内容で種をまくのが自己紹介です。 その前にまず、大前提として自己紹介は「ストーリー作り」が命です。 職務経歴がそれぞれリンクし、その上で現在の自分や自分のスキル・能力があるのですから、何がどうして今に至ったのか、ということを常に意識してストーリーを組み立てるようにしましょう。 2-1. 転職時の退職理由と志望動機に一貫性を持たせるべし まず、退職理由と志望動機には一貫性があることが必要です。 つまり、ある会社を辞めた理由と、次の会社を選んだ理由がリンクしていなければならず、全体的にその「流れ」が見えなければいけないということです。 ただ、これは多少理想論でもあります。 本当にしっかり練られたキャリアプランがあって、それに沿って転職しているような場合は簡単に一貫性をもって語れると思いますが、誰もがそうではないですよね。 ただ、これまでに在籍した会社にはそれぞれ、「入社しよう」と思った理由と「辞めよう」と思った理由がいくつかあるはずです。 何だったか思い返してみましょう。 極端な例ではありますが、 退職理由:自己の成長を求めて入社した前職では成長しきったと思っている。 もっと成長したいから退職した。 志望動機:事業に将来性を感じ、安定して働けそうだと思ったから。 などは話に一貫性がなく、ダメな例です。 「自分がもっと成長したい」ことと「事業の将来性や安定」は直接リンクしないからです。 では、これならどうでしょう。 退職理由:自己の成長を求めて入社した前職では成長しきったと思っている。 もっと成長したいから退職した。 志望動機:ベンチャー企業で若くてもある程度の裁量を持って働ける環境であり、 ここなら自己の成長を加速できると思ったから。 こちらは、退職理由が次の志望動機に直結していて「流れ」が見えるので良い例です。 なお、実際のところは、そううまくいかないケースも多いと思います。 例えば人間関係がうまくいかずに退職した場合など、前職の退職理由は「人間関係」ですが、次の会社に「人間関係がうまくいくに違いないから」という理由で入社する人はいないのではないでしょうか。 その場合は、次の会社の志望動機を前提に考えて、「人間関係」という退職理由をうまく転換するとうまくいくことが多いです。 また、何を転換してもどうしてもうまくつながらない、というような場合でも、全体の流れを通じて本人の「成長軸」が見えればきれいにリンクしていなくても大丈夫なケースもあります。 個別の 志望動機と退職理由に「一貫性」を持たせることが難しければ、成長の「流れ」を意識して組み立ててみましょう。 なお、志望動機については で詳しく解説しています。 2-2. 「トピックス」は「強み」を意識して選ぶべし 先ほど、自己紹介と自己PRの違いでも触れましたが、転職面接における自己紹介では自分の強みや弱み、持っているスキルや将来への抱負などを直接述べることはありません。 新卒の就職活動でよくある「私の強みは・・・」「御社に入社した暁にはこの強みを活かし・・・」といった直接的な表現はしないのです。 その代わり、職務経歴の中の「トピックス」を通じて間接的に伝える必要はあります。 そのためにも、語るトピックスを選ぶにあたっては ・自分の強みや長所が伝わりやすいもの ・次の会社でも活かせそうな実績や成果 を中心に組み立てましょう。 でも、「強み」と言われてもなんだかよくわからない・・・ そんな方もご安心ください。 一般的に「強み」として評価される要素の例をいくつか挙げておきますので、この中から自分に当てはまるものを探してトピックスを選ぶのに使ってみてください。 楽観性、責任感、柔軟性、変化対応力、洞察力、傾聴力、巻き込む力、推進力、リーダーシップ、協調性、献身性、決断力、継続力、改善力、チャレンジャー精神、マルチタスク処理能力、計画性、設計力(構築力)、独創性、熱意、素直さ、ストレス耐性、好奇心、行動力、誠実性、創造力、深く考える力、積極性、成長意欲、達成意欲、正確性、スピード感、慎重性、社交性、安定感 なお、自分の強みがわからない、どう語ればいいのかわからない、という方はぜひ を活用してみてください。 「自己PRレポート」は選択式で5分間質問に答えるだけで人物特性が可視化されるツールで、自己紹介を組み立てるにあたっても役に立つでしょう。 自分の強みを伝えるために、応募先企業に対する志望動機や抱負が伝わるように、これらとの相関関係が高いトピックスを選ぶのです。 具体的な方法は次項でも解説しますのでご覧ください。 2-3. アピールすべき強みはこれだ!未経験でも安心の「正解」解説 では、具体的にどんな強みが企業に求められるのでしょうか。 現職(前職)の職務内容や成果が次の会社と関連付けられない、未経験の業種や職種へ応募されるような方は特にお悩みだと思います。 が、ご安心ください。 業種・職種ごとにアピールできる「強み」の正解があります。 応募先の業種や職種に応じてアピールすべき「強み」を知り、自分の経歴からそことつなげられる職務内容や成果を選べばいいのです。 正解はこちら。 営業・・・コミット力、コミュニケーション力、調整力 IT・・・設計力、プロジェクト管理能力、俯瞰する力 SE・・・ストレス耐性、ロジカル性 アパレル・・・アンテナの高さ 事務(営業事務・医療事務など)・・・協調性、献身性 経理・・・正確性、スピード感、対応力(柔軟性) 看護士・・・献身性、ストレス耐性 いかがでしょうか。 その業種・職種に応募しようとしているからには、自分なりにも何らかの適性を見出していることとも思いますので、全く何もつながらないということはないと思います。 うまく自分の「強み」につなげるストーリーを作ってみてください。 3.元企業人事責任者が不安を一掃!解決方法をこっそり教えます さて、ここまで自己紹介の組み立て方についてお話ししてきましたが、いかがでしょうか。 いやいや、まだこんな不安があるんだけど・・・ という方、いらっしゃいますよね。 そんな不安もここで拭い去ってしまいましょう。 元企業人事責任者が不安要素をひとつひとつ解決します。 そもそも対人スキルに不安があるんです。 緊張せずに自己紹介できるか心配です・・・。 緊張してしまう場合は、「少し緊張していますが、宜しくお願いします。 」と冒頭に伝えてしまいましょう。 少し楽になりますし、採用担当者によっては緊張をほぐすための会話に移ってくれるかもしれません。 また、対人スキルについては、テクニックで乗り切れる部分も多分にあります。 詳しくは「転職面接はこれで完璧!基本的マナーとよく聞かれる質問・回答60選」をご覧ください。 転職回数が多いんですが、全部の職歴について話さないとダメですか? A. 転職回数が多くても途中を省略してはダメです。 履歴書や職務経歴書に書いてあるのにその会社に触れないのは、何かを隠していると思われて不信感を招きますし、どちらにしても聞かれます。 職歴が多いことで一貫したストーリーを作るのが難しければ、企業ごとにどんな軸で働いていたかをグルーピングしてみましょう。 仮に流れが途切れたとしても、グルーピングした個々の塊の流れで志向性は伝えることができます。 職歴に空白期間があるんですが、どうすればいいですか? A. 転職回数の話と同様、自分から触れなかった場合は何か都合の悪いことを隠しているのではないかと不信がられますし、どっちにしても聞かれるので包み隠さずに言いましょう。 転職活動、親の介護、留学、休んでいたなど、理由も正直に述べます。 ネガティブな退職理由をどう話せばマイナスにならないでしょうか? A. 退職理由は総じて、人・金・体力(身体)・時間の要素のどれかがメインになることが多いですがどれに当てはまりますか? 金(もっと稼ぎたい)の場合は成長欲求とつなげれば問題ありませんが、人(人間関係や社風との不一致)の場合は自分がその不一致を改善するためにした努力を話すことが大事です。 また、体力や時間(身体がつらくないところ、労働時間がもっと短いところに行きたい)の場合は、それが次の会社選びの軸になっていればそのまま話しても問題ありません。 4.転職の成功はエージェントの活用が一本道 いかがでしょうか。 ここでは例文とともに自己紹介の組み立て方、話し方について解説させていただきましたが、転職面接における自己紹介に対する不安や緊張、払拭されましたか? 転職を決意される理由は個別性が非常に高く、ここではカバーされていない悩みをお持ちも方もまだいらっしゃるかと思いますが、そんな方はぜひ無料相談もご活用ください。 転職エージェントは面接官ではなく、企業人事の目線からあなたの経歴とキャラクターを的確に分析し、アピールすべき内容とアピールの仕方についてもあなたと一緒に考えるアドバイザーとしてご相談に乗ります。 あなたの強みを活かした、応募先企業に合わせた自己PRの作り方を伝授いたします。 ご希望の方は下のフォーマットに入力してご連絡ください。

次の

自己紹介で好印象を!面接対策と回答例【例文付き】| type転職エージェント

中途 採用 面接 自己 紹介

特に新卒の就職活動では集団面接は避けて通れないもの。 そこで、ここでは具体的な質問事例を交え、就活生の皆さんに向けて 集団面接における質問対策のポイントを中心に紹介します。 また、集団面接ならではのマナーや効果的な自己PRも覚えておきましょう。 目次【クリックして移動できます】• 集団面接とはどんな面接なのか? 集団面接とは、就活生(求職者)4~5名程のグループで行う面接のことです。 面接官は1人〜複数名と企業によって違います。 就活生全員に対して同じ質問をされることがほとんどで、他の就活生の受け答えを目の当たりにし、自分も他の就活生の前で受け答えをしなければなりません。 また、各個人に割り振られる時間は10分程度しかなく、限られた時間の中でうまく自分をアピールしなければなりません。 集団面接の対策ポイント 集団面接は一緒に面接を受ける人数にもよりますが、 平均すると30分が多いです。 3人で面接を受けると一人あたり10分間、5人だと一人6分間程しか自己紹介や自己PRをできる時間がありません。 面接官はエントリーシートのほかに、短い時間でどれだけ自己表現できるのかを見ているため、集団面接では誰よりも印象に残る受け答えをすることが重要なのです。 では、面接官に良い印象を残すには、どんなことに注意すればいいのでしょうか?ポイントは大きく3つあるのでチェックしておきましょう。 企業の求める人物像との合致をアピールできるか 短い面接時間と複数の面接者がいる中で、企業が求めている人物像か?を伝えるのが面接です。 志望動機などは重要な採用判断材料になりますが、最も面接者の人間性が出るのが自己PRです。 企業が求める人物像は、実際に働いている社員から会社説明会で話を聞きます。 企業の求める人物像をあらかじめチェックした上で、自己PRをしましょう。 短時間で質問の評価視点を理解し回答できるか 志望動機・自己PR・長所や短所などは、どこの企業でも聞かれる質問内容です。 限られた時間で面接官が求めている回答を具体的に説明できるように事前に準備します。 学校名や名前はもちろん、学生時代に力を入れて取り組んできたことや、人物像がわかりやすく趣味や特技などを話すといいでしょう。 また企業独自の質問や、オリジナリティあふれる質問を聞かれることもあります。 予定外の質問でも内容を理解して答えを返せるように、受け答えの練習をしておきましょう。 社会人として必要なマナーは備わっているか 面接に来ている時は学生でも、入社したら社会人です。 ビジネスマナーは入社してから身につけられますが、人としてのマナーは急にはつきません。 特に次の3つの項目には注意をしましょう。 「身だしなみ」 服装だけでなく、リクルートスーツの着こなし方や清潔感があるか?をチェックされます。 社会人は見た目の清潔感や第一印象が重要です。 女性は清潔感や明るさがあるか?男性は爽やかで誠実感があるか?を気にかけてみましょう。 ネクタイの色をブルーにすると爽やかなイメージをもちます。 靴は綺麗に磨かれているか?• シャツはシワがないか?• 髪の毛は乱れていないか?• スーツにホコリやよごれがついていないか? なども面接前に必ずチェックしましょう。 「言葉遣い」 面接官がいくらフレンドリーな方でも、友達ではありません。 また、わざと砕けて話して学生が言葉遣いを崩さないか?もチェックされています。 敬語を正しく使い、適切な言葉遣いを心がけます。 会社のことは文字で書くときは「貴社」ですが、話し言葉は「御社」です。 このように、書類と話し言葉では違う言葉を使うこともあります。 普段から言葉遣いを意識しておきましょう。 「立ち居振る舞い」 面接会場に入る時のノックの回数や、イスに座るときのマナーなども気をつけましょう。 ドアをノックするときの回数は2回ではなく3回、イスに座るときは面接官から指示があってからなど、面接におけるマナーもあります。 面接のマナーは後程紹介するので、事前にチェックしてください。 そして、このような作法以外にチェックされる立ち振る舞いがあります。 それは、「面接時に他の面接者の話を聞いているか?」です。 自分でうまく話せるか?が心配になり、他の面接者の話を全く聞かない人がいますが、実はこのような細かい部分も採点されてます。 他の面接者が話をしているときは、相槌をうつなど反応をしましょう。 自己紹介をしてください 集団面接だけではなく、面接では必ずといっていいほど頻出する「自己紹介」。 よく自己紹介は「自分を表現する場」と勘違いしている就活生がいますが、集団面接は一人あたりの持ち時間が短いため、自己紹介はできるだけ1分以内にまとめるのがポイントです。 自己紹介内容と、それぞれの例文を確認していきましょう。 企業を選んだ理由 学生時代に習得したスキルや知識は、マーケティングに積極的な貴社で活かせるのではないかと以前から魅力を感じており、この度志望させていただきました。 失敗しても納得がいくまで何度も繰り返し練習する粘り強さが強みです。 挨拶 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 最低限、氏名・大学・学部は盛り込みましょう。 この時間は自己PRをする時間ではないので、出身校で専攻した内容やサークル活動など、希望する企業に就職したときに役立つ過去の成果などを簡潔にまとめておきます。 自己紹介では、これまでの人生の頑張りで得た話などの方が面接官に印象を残す人物となるでしょう。 」など。 「自己紹介」でのポイントは• ハキハキと明るく大きな声で話す• 面接官一人ひとりの目を見て話す• 質問したくなるようなPRを簡潔に伝える 自分のスキルを長時間アピールし、悪目立ちするのだけは絶対に避けましょう。 ほかにどんな会社を受けていますか? 集団面接でよく質問される内容に「ほかにどんな会社を受けていますか?」というものがあります。 この質問の評価視点は、就活を進めている方針、つまり企業選びや就活の軸が明確かどうか。 という点です。 企業は「就活生が本当に自社に就職してくれるか」を確認するため、就活生の受けている業界や企業の一貫性を確かめているのです。 IT業界を受け、食品メーカーも受け、金融機関も受けているなど、一貫性のない就活を行っている場合、どんなに優秀な人材であったとしても企業からは好まれません。 そのため、幅広い業界で就活をしている場合は、それぞれの業界に合わせて面接で話す必要があるでしょう。 A案とB案について多数決を行った結果、両案の賛成者数は同数でした。 あなたが組織の長としてA案かB案かを決めなければならない場合、この後どのようにして決めますか。 この質問への対策 こうしたクイズのようなスタイルの質問は、集団面接だからこそよく実施される場合があります。 何故なら特に他者が「なるほど」と思えるような回答をした場合に強いプレッシャーとなる等、 他者の回答の影響を受けやすい質問だからです。 このようなケースの質問対策として大切なことは、まずこうした質問がなされる場合がある前提を持つことと、 他人がどう回答しようが一切気にしないと言う心構えを持つことです。 また、基本的な対策としては例えば事件や事故に関するニュースに接した際、単に情報を受け取るだけでなく「どうすればこうした事件や事故は防げるか」を考えたり、政治的なニュースに接した場合には「自分が政治家ならどのような政治判断をしたか」などを真剣に考えたりすることです。 更に、友人や知人に自分が考えたそれら意見をぶつけて感想を聞く等、自分の意見に対する他者評価にも耳を傾けるようにすれば尚良いと言えるでしょう。 他の受験者はいくつも質問されているのに、自分に対する質問は少ない… 審査通過の対象外だったのかと落ち込みますよね。 でも、一概にそうとも言えないんですよ。 そもそも、前述しましたように集団面接というのは一次面接です。 一次面接の一番の目的は、多くの就活生を厳選してふるいにかけること。 細かく質問をして個々の学生を深く理解することが目的ではないのです。 例えば受験者が5人いたとしましょう。 そこで通過できるのは2人ほどと考えると、いかに「限られた時間」で「効率よく」その2人を選別するかということが最重要課題。 なので、入室~挨拶までの第一印象でほぼ決まってしまうともいわれています。 集団面接突破のカギは、月並みですが 身だしなみと ハキハキした受け答えです。 5人のうち明らかにこれが出来ている人は、面接官の脳内の「選考通過者リスト」に一時的に入れられます。 その時に、明らかに身だしなみに 清潔感がない、 覇気がない、 声が小さい、とみなされた人は「興味なしリスト」に入れられるので要注意。 その後、まず全員に質問をして、最初に好印象を持った人物の回答が期待を裏切らないものだったら、もうこれで一人目は決まったも同然です。 あとは、残りの4人がどんぐりの背比べ状態だったら、そこで質問をしてまたふるいにかける作業が待っています。 その4人の中で、 「こいつはナシだな」と思われると、質問は他の3人に偏るかもしれません。 要するに、 選考を通過させるかどうかの微妙なラインの人に質問が増える、といった傾向にあると思われます。 自分が何かを選ぶ場合に置き換えてみてください。 たとえば、部屋の断捨離をする際に「一番お気に入りのもの」は迷わず「残すBOX」に入れるでしょうし、「一番思い入れのないもの」は即「ゴミ箱」に入れるでしょう。 捨てるかどうか迷った場合に「一時保留BOX」に入れて吟味をするわけです。 先頭で入る場合…ドアを3回ノックしましょう。 2番目以降の場合…ノックの必要はありませんが、前の人からドアノブをしっかり受取り、後ろの人に確認しながら渡します。 最後の場合…後ろを向いて静かにドアを閉めましょう。 どの順番であっても、入室時には必ず面接官に向かって「失礼します」と伝えます。 先頭の人から、ドアから一番遠い椅子につきましょう。 全員が椅子の横についてから面接官から着席の指示が出るので、先に座らないようにしてください。 集団面接のマナー~面接中編~ 座っている時の姿勢も気をつけて! 面接官によっては自分の面接時だけではなく、ほかの面接者が話している間の姿もチェックされていることがあります。 椅子の 背にもたれかからないように、背筋を伸ばして姿勢良く座りましょう。 足を組むのは厳禁です。 手は軽く膝に乗せておくくらいが良いでしょう。 女性の場合は気を抜くと膝が開いてしまうので、スカートの中が見えないようにしっかり閉じておきましょう。 スマホ・携帯の電源はoffにしておく マナーモードにしていても、面接の間に何度もバイブが鳴ってしまってはマナー違反。 集団面接の時間などたった数分間なのですから、 面接会場に入る前に電源はoffにしておきましょう。 傾聴姿勢もチェックされている 他の応募者が質問に答えている間、自分に関係ないと思ってぼーっとするのはNGです。 面接官はしっかりチェックしていますよ。 過剰に反応する必要はありませんが、 時々相槌を打って「聞いている」という姿勢をアピールしましょう。 挨拶がかぶってしまうことがないように、周りの空気に合わせることを意識してください。 集団面接のマナー~退室時編~ 面接が終了したら受験者全員で起立し、面接官の方々に「ありがとうございました」と挨拶をしてから出口に向かいましょう。 退室するときには、最もドアに近い人から順番に退室していきます。 ドアから出るときにも「失礼します」の一言を忘れずに。 最後の人は、静かにドアを閉めます。 挨拶はとにかく基本。 ちゃんと聞き取れるように礼儀正しく行なってください。 集団ですので、言い忘れると悪目立ちしてしまいますよ。 公務員の集団面接のコツと対策 公務員の集団面接では、 通常の企業では珍しい質問回答の方法を取り入れています。 回答を挙手制にしている• 面接官が指名した人から答えさせる• 前者の方が答えた内容の意見を求めるなど 公務員の集団面接は、面接官の気分次第でスタイルが異なるため、あらゆるケースを想定して対策しておくのがポイントです。 面接官は面接室に入ってくる態度や服装、話し方や協調性など、さまざまな項目をチェックしています。 少しでも評価ポイントを高めるためにも、公務員の集団面接の対策をしっかり確認しておきましょう。 考えがまとまってから挙手する• 積極的に手をあげて発言する• 好きな食べ物などあらゆる質問回答を考えておく• 他の就活生の意見をしっかり聞く 集団面接をした就活生すべての人が落ちる可能性もあります。 公務員の集団面接では、とくに「協調性と積極性」を見られるため、誰よりも優れていると印象を高めることが大切です。 しかし近年では、転職ブームによる転職志望者の増加などを背景として、中途採用においても集団面接を実施する企業も見られるようになってきました。 中途採用の面接対策を考える上で、ぜひ憶えておいて欲しい留意点があります。 中途採用における面接の形式は、「個別面接だ」と先入観だけで決めてかかってはいけないということ。 急に「集団面接(グループ面接)」が実施される場合があるということです。 転職の採用試験で集団面接(グループ面接)をするのはなぜ? 突然集団面接(グループ面接)を実施するのはなぜか?その理由として主に以下の3点があげられます。 求人企業側の想定を上回る応募者が集まった 一つは求人企業側が想定していた数を上回る応募者が集まったため、集団面接に切り替えざるを得なくなったというケースです。 近年の転職ブームを踏まえれば、こうしたケースは増えることはあっても減ることは当面考えにくいと言えます。 それだけに「中途採用=個別面接」という先入観は改めるべきです。 想定外の状況における対応力を評価したいから 二点目の理由は、中途採用=個別面接と言った先入観をもって臨む転職志望者の裏をかく意味で、 あえて集団面接を実施するケースがあるということです。 個別面接と思い込んでいる応募者なら、面接会場に他の応募者もいたとなると多少動揺することになります。 そうした状況でも落ち着いて自分を発揮できるかどうかを評価するためです。 個別面接だけでは評価しにくい、集団への適応力を見たいから 中途採用における企業側の大きな心配ごとは、すでに一定の人間関係が出来上がっている組織の中に中途で採用した人物が馴染み、溶け込めるかどうかという点です。 そうした適応力は個別面接だけでは評価しにくい面があります。 そこで集団という状況の中での振る舞い等を通じて志望者の適応力を探るべく、集団面接を実施する企業もあります。 以上のような理由から、どのような面接形式かはっきりしていない場合には、 先入観だけで「中途採用は個別面接」と決め付けないこと、集団面接が実施される可能性もあるという認識をもって採用試験に臨むことが大切です。 集団面接でプライバシーに関わる質問をする企業は要注意 新卒採用と異なり、中途採用では在職したまま転職活動を行っているため、そうした事情を公にできない応募者もいます。 そのため、 中途採用における集団面接でプライベートに踏み込んだ質問をしてくる企業は逆におすすめできません。 例えば次のような質問例です。

次の

面接での正しい自己紹介・自己PRの仕方と回答例文 |転職ならdoda(デューダ)

中途 採用 面接 自己 紹介

中途採用の選考の流れ 面接の流れを説明する前に、そもそも中途採用の選考はどういった流れで進むのかを確認しておきましょう。 面接回数は、一般的に2〜3回です。 面接回数について、詳しく知りたい方は。 転職時の面接の流れ 一般的な中途採用面接は、以下の流れでおこなわれます。 自己紹介• 現在の仕事内容の説明• 転職理由の説明• 志望動機の説明• 面接官から求人の説明• 逆質問• 退室 ここからは、面接の流れの詳細をみていきましょう。 受付 転職面接を受ける前に、実は重要なのが受付です。 企業によって受付の仕方が異なりますので、パターン別にポイントを説明します。 受付の仕方• 電話・インターホンで呼び出す場合 総合受付通過後や、そもそも受付がない企業の場合は、内線電話やインターホンで担当の方をお呼びする場合が多いです。 多くの場合、電話の付近に内線番号超が置かれていますので、適切な番号を押してください。 中途採用面接の経験がある筆者としては、受付の方法まで選考に関わるとは必ずしも言い難いですが、印象が良いことに越したことはありません。 受付の際には、明るく大きな声ではっきりと用件を伝えるようにしましょう。 受付の時間 受付の時間は、約束時間の時間5分前が基本です。 どんなに早くても10分前にしましょう。 10分以上前についてしまうと、忙しい中時間を取っていただいている相手を急がせるような印象になってしまいます。 逆に5分前に到着をしていないと、約束の時間に面接を開始するためにバタバタするような状況になってしまいます。 少し余裕を持ってオフィス付近に行き、5分前を見計らって受付を済ませるようにしましょう。 受付について更に詳しく確認したい方は、を御覧ください。 入室 受付を済ませてから、面接会場に入室します。 多くの場合は、先に候補者が面接部屋に入り面接官が後から入室してきます。 場合によっては候補者が後から入ったり、受付で待っている候補者を面接官が迎えにきて一緒に部屋に入ったりします。 転職面接の入室の流れを見ていきましょう。 入室の仕方• 面接官がいる部屋に入る場合 この場合、ドアをノックして入室します。 ノックの回数云々を気にする方がいるかもしれませんが、結論気にする必要はありません。 ちなみに日本のビジネスシーンでは2回が一般的、国際的なビジネスシーンでは4回が一般的です。 椅子の付近に立ち、着席を促されたら挨拶と一礼をして着席しましょう。 ドアの開閉の仕方 ドアの種類は企業によってさまざまですが、どんなドアでも入室してドアを閉めるときには、必ずドアのほうを振り返って閉めるようにしましょう。 面接官の方を向いたまま、自分の背後でドアを閉めるのはマナー違反です。 自己紹介 転職の面接においては、自己紹介を求められます。 準備をしないで突然自己紹介といわれると、何を話せばいいのか困ってしまいます。 転職面接の流れにおける自己紹介で、何を話せばいいのか解説します。 大前提として「アピールではない」 転職の面接における自己紹介の大前提は、 アピールをする場ではないということです。 面接の場での自己紹介は、あくまでも職務経歴を交じえた自身の紹介です。 必死にアピールポイントをだらだらと話す方が多いですが、逆効果です。 挨拶を交えて端的に経歴を述べる では、転職面接において具体的にどのように自己紹介をすれば良いか、解答例をご紹介します。 「本日は、お時間を頂戴しましてありがとうございます。 人材太郎と申します。 主な担当領域は、IT業界の中小企業で、新規と既存の割合は半々です。 仕事の内容としては、事業課題の解決のための補強や、欠員補充のために中途採用を考えている企業に対して、どんな人を採用をすべきかの提案と適切な方のご紹介をすることです。 1年目は、年間を通して目標達成はできませんでしたが、2年目は目標額に対して達成率130パーセントで、社長賞をいただくことができました。 本日は何卒よろしくお願いいたします。 」 ポイントは、挨拶を交えて職務経歴を 端的に述べることです。 だらだらアピールをするのではなく、「取り組んできた事実」を端的に伝えましょう。 現在の仕事内容の説明 自己紹介で簡単に確認ができた現在の仕事内容を、深堀していきます。 転職面接の流れにおいて、1番重要なポイントですので、きちんと準備しておきましょう。 端的に取り組みと成果を述べる 仕事内容の説明は、端的に取り組みと 成果を述べることが重要です。 ただやったことを説明する方が多いですが、重要なのは取り組んだ結果どんな成果が出たのかです。 仕事内容の説明の際には、仕事の成果・結果を明確に伝えてください。 課題設定のポイントを述べる また、なぜその仕事に取り組んだのか、つまり「課題設定のポイント」を明確に伝えてください。 成果を出すための課題をどこに設定して、その課題解決のためにどんな取り組みをしたのかが重要です。 課題設定の考え方と面接での伝え方で、地頭力を確認されますので入念に準備することをお勧めします。 転職理由の説明 現在の仕事内容の説明が終わったら、転職理由を確認されます。 転職理由に関しては、伝え方を間違えると、誤解を招く恐れがあります。 伝え方のポイントを見ていきましょう。 他責はNG 転職理由の伝え方の1番のポイントは、他責の印象をもたれないようにすることです。 ありがちな他責感がある回答例は、以下のようなものです。 「結果を出しているのに評価されない。 」 「提案をしても上司が受け入れてくれない。 」 「商材がよくないので、お客様に自信を持ってお勧めできない。 」 このような回答は、よくある転職理由ですが、全てに対して「で、そこからあなたは何をやったの?」と深掘りする要素が満載です。 優秀な人材が集まる企業の面接ほど、人や環境のせいにすることなく、自分がどんな取り組みをしているのかを確認されます。 なりたい自分と現状のGAPを明確に 他責ではないように転職理由を伝えるには、なりたい自分と現状の自分とのギャップを明確にして、なりたい自分になるためには転職が必要だという流れが重要です。 今の仕事で自身のやるべき事はやり切ったものの、これ以上は自分のなりたい姿に近づけないため転職をするということです。 要するに、今の職場で自分の出来る最大限の成果をあげていることが重要です。 他責や逃げの姿勢ではなく、さらなる成長のために転職をするという伝え方です。 志望動機の説明 次に、志望動機を説明する流れになります。 ここでは、転職理由との整合性を求められます。 なぜ転職するのかという理由に対して、自社を受ける理由がずれていると、印象が悪くなってしまいます。 例えば、顧客の課題にもっと踏み込みたいという理由で転職しようとしているのに、人事として社内の環境改善と採用の最適化をしたいから人事を希望するなどです。 ずれているのはわかっていただけると思います。 転職する理由と志望動機は必ず連動させて伝えるようにしましょう。 面接官から本ポジションと企業の説明 ここまでの流れが終わると、面接官から今回の採用求人会社に関する説明をしてくれることが多いです。 説明がない場合もありますが、入社する企業を判断する重要な情報になりますので、認識とずれがないかどうかきちんと話を聞きましょう。 逆質問 面接の最後には、求職者から面接官に質問ができることが多いです。 この逆質問で、調べればわかることや、的はずれなことを聞いてしまうと、せっかくここまでの評価が良くても悩まれてしまいます。 自身の成長のために前向きな質問を用意しておきましょう。 退室 ここまでの流れで面接は終了で、退室です。 最後まで気を抜かず失礼のないようにしましょう。 退室時は、入室時と逆に、立ち上がって椅子の横に立ち、「ありがとうございました。 」と挨拶をして退室しましょう。 ドアまで進んだら、一礼をしてドアをゆっくり閉めましょう。 多くの場合は、担当の方が出口やエレベーターまで送ってくれるケースが多いので、流れに沿って対応をしてください。 面接への準備 転職の面接の流れがわかったところで、転職面接の準備について簡単にご紹介します。 面接は、事前の準備が非常に重要ですので、きちんと確認しておきましょう。 服装・持ち物を確認する 事前の確認事項として、まずは服装と持ち物は確認しておきましょう。 企業によってスーツが必須であったり、逆に私服が必須であったり様々です。 また、履歴書や職務経歴書を持参する必要があったり、手書きの履歴書が必須であったり持ち物も企業によって異なります。 前日にあわてて確認するのではなく、事前に確認しておきましょう。 面接の流れの練習をしておく 自分は面接が得意だから大丈夫、と、自信を持っている方もいるでしょう。 しかしながら、転職の面接は、話してみると意外と回答が難しいことも多いです。 話せるだろうと思っていることも、「なぜ?」「具体的には?」と突っ込まれると、回答に困ることが多いです。 必ず一連の面接の流れは練習しておくべきです。 面接の流れを把握して適切な準備をしましょう 転職の面接における流れとその詳細を解説してきました。 自己紹介• 現在の仕事内容の説明• 転職理由の説明• 志望動機の説明• 面接官から求人の説明• 逆質問• 退室 この流れに沿って、きちんと対策をしておきましょう。 それぞれの場面でポイントはあるものの、共通して言えることは結論から端的に述べることです。 面接時の服装や 持ち物確認を含めて、事前の準備を徹底して面接に臨みましょう。

次の