博愛 歯科。 博愛歯科小児・矯正歯科医院

博愛社は医療用品を取り扱っております。

博愛 歯科

治療室 現在知られている可能な限りの痛くない歯科治療を実践しております。 おむつ交換台があります トイレにおむつ交換台をご用意してあります。 歯科用CT 精細な3D画像を用いて、より安全な治療を提供します。 子供向けDVD 小さなお子様が退屈を感じない様、子供向けDVDや絵本などをご用意しております。 AEDを設置しています 地域住民の方の安全管理(心臓突然死予防)のために設置させていただいています。 アクセス 最寄駅 JR予讃線 今治駅 徒歩10分 最寄IC しまなみ海道 今治IC 駐車場 医院前に駐車スペース2台分ございます マップ 今治駅から来院される患者さま (1)JR今治駅の改札を出ると今治市のゆるきゃら「バリィさん」がお出迎え。 (2)南口を出発します。 ここから徒歩10分です。 (3)今治市のメイン通りを800mお進みください。 南口を出ると、すぐに分かります。 左手に見えるオレンジの建物は、今治ステーションホテルです。 (4)メイン通りの突き当りに、 緑の建物、今治プラザホテルとその隣に みずほ銀行がありますので、 右に曲がってください。 (5)200m直進すると、キスケpaoの看板が見えます。 そのまま直進です。 (6)右手に今治郵便局が見えたらもうすぐです。 その奥に見える高いビルは、今治国際ホテルです。 (7)当院に到着です。 医院前に駐車場が3台分有ります。 (8)アンパンマンがお出迎え。 あなた様の来院をお待ち致しております。 周辺施設紹介 今治城 慶長9年 1604年 に城づくりの名人・藤堂高虎が築いた城。 [] 今治国際ホテル 窓の外には美しい瀬戸の海が広がるランドマークタワー型ホテル。

次の

沼津市 沼津駅 歯科 矯正 小児歯科 予防歯科 インプラント治療 パル博愛歯科

博愛 歯科

【診療内容】以下の内容で診察をいたしております。 一般歯科、有病者歯科治療(循環器疾患、血液疾患等で血を固まりにくくする薬内服の方、骨粗鬆症などでビスホスホネート製剤内服の方、その他歯科治療に対し不安をかかえている方)• 親知らずの抜歯• 歯の破折・脱臼や骨折などの顎顔面外傷• 重症歯性感染症(むし歯や歯周病が原因となり口腔内、さらには顔面や頸部が腫れ、入院が必要な重篤な炎症)• 放射線や薬剤などが原因となって発症する骨髄炎(MRONJなど)• インプラント治療(現在ブローネマルクシステムを使用)• 口腔内に発生する良性・悪性腫瘍(口腔がん検診含む)• 顎骨内に発生する嚢胞疾患• 顎関節疾患• シェーグレン症候群、口腔乾燥症、舌痛症など口腔領域に発生するあらゆる病気の治療をおこなっています。 また、全身麻酔、止血困難なことが予想される患者様には短期入院など、 さまざまな治療オプションを準備しており、患者様に最適な治療を提案させていただいております。 その他、入院患者様の口腔ケアなどを行っております。 【認定施設】 日本口腔外科学会准研修施設.

次の

いつもあなたのそばに安心を 社会福祉法人 博愛会

博愛 歯科

顎の成長をコントロールして歯を無理なく移動することにより、不揃いの歯や、上下のアゴの歯並びが噛み合わない状態を改善して、健康で美しい歯並びを作り出すと同時に、顔全体のバランスも含めて治療することです。 お口はあなたの体の中で一番活用されるパーツです。 矯正歯科治療における当院のゴールは、 不正咬合を治すことで、明るく、健康的な生活を提供することです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ よくある質問 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Q. なぜ歯並びが悪くなるのですか? A. 遺伝的要素もあります。 指しゃぶりなどの癖が原因で後天的に歯ならびを悪くすることもあります。 何歳頃から治療したら良いのでしょうか? A. 症状によって治療開始の時期が違います。 気づいた時点で、なるべく早く歯科医院にご相談されることをお勧めします。 乳歯でも治療が必要ですか? A. 受け口や下の顎が左右に曲がっている場合など、顎の骨のバランスが悪い場合、乳歯列でも矯正治療することがあります。 また指しゃぶりなどの悪い癖によって起こる不正咬合の場合にも、できるだけ早く原因を取り除くために、治療する事があります。 高齢でも治療できますか? A. 高齢の方も、虫歯や歯周病が治療されて、健康な口の中であるなら、矯正治療は可能です。 高齢になると骨が硬く、歯の移動が遅くなります。 また、アゴの成長発育を利用できませんから、矯正治療のみでは限界となることもあります。 その場合、アゴの骨の手術が必要なケースがあります。 費用は? A. 当医院の歯科矯正施術料は、歯学部関連病院の料金と同程度に設定しています。 症状・治療内容により異なります。 詳しくは、ご相談下さい。 通院の間隔は? A. 口の中に装置が入った場合、通常3〜4週間に1回程度です。 歯や骨の反応を確かめて、安全確実に治療するためです。 第1段階の治療のあと、歯の生え代わりを観察する期間や、保定する期間では、3〜6ヵ月に1回の通院となります。 治療中の痛みは? A. 装置を入れた時の痛みや不快症状には個人差がありますが、通常3〜5日程度でおさまります。 小学生低学年の子供でも我慢できる程度です。 治療中の食事は? A. 装着後2〜3日で、今まで通り食事ができます。 ただし、装置を壊す恐れのある堅い物や粘着性のあるもの(ガムやキャラメルなど)は、避けてください。 装置を着けてしゃべれますか? A. 最初は少ししゃべりづらくなりますが、慣れてくれば普通にしゃべれるようになります。 装置を着けてスポーツができますか? A. 激しいスポーツは、装置で口腔を傷つけるおそれがあります。 あらかじめ、担当医とよく相談してください。 治療中、虫歯や歯周病になることはありませんか? A. 矯正中は虫歯や歯周病になりやすい環境なので、歯磨きをしっかりして防ぎましょう。 虫歯や歯周病と診断されたら、装置を外してから治療しますので、矯正期間が長引きます。 治療中に、引っ越しになったら? A. 転居先の先生をご紹介します。 治療を継続していくために必要な資料(X線写真・歯の模型・治療の記録など)を作成しますので、お早目にお申し出下さい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ C Hakuai Dental.

次の