無人 惑星 サヴァイヴ。 無人惑星サヴァイヴとは (ムジンワクセイサヴァイヴとは) [単語記事]

無人惑星サヴァイヴとは (ムジンワクセイサヴァイヴとは) [単語記事]

無人 惑星 サヴァイヴ

生きのびる。 22世紀のある日。 7人の少年少女たちとネコ型ペットロボットが、無人の惑星に投げ出された。 彼らの生きのびるための戦いが始まる・・・ 時は22世紀。 スペースコロニー 「ロカA2」 に転校してきたルナは、父と同じ惑星開拓技術者になる夢を持つ14歳の女の子。 木星へ惑星開拓の実習旅行で大事件が発生し、ルナたちの乗ったシャトルは見知らぬ惑星へ漂着する…。 転校早々、いやみなハワードに目をつけられ仲良くなったシャアラとともに嫌がらせを受ける。 精悍な少年・カオルに助けられるが、それが原因で大事件が起こり…。 ルナはシャアラ、機械好きのシンゴ、おっとりしたベル、カオル、委員長のメノリ、そしてハワードと同じ班。 先行きはとても不安だ。 どうも地球ではないようだ。 選択の余地はなく、着陸することに。 なんとか、近くの陸地に渡ろうとするが、巨大な怪物が襲ってきた。 しつこく避難シャトルに体当たりを繰り返す怪物。 とうとう、ハッチが破られ怪しくうごめく舌が内部に入ってきた。 残された大きな足跡を見つけたルナたちは、恐怖に駆られる。 持ち物はわずか。 シャトルの推進装置や通信装置が使い物にならないという悲惨な状況のなか、水や食料を探さなければならない。 ルナたちは、生き残るための第一歩を踏み出した。 水探し班のルナとメノリ、ハワードは肉食の大トカゲに襲われ逃げ続ける。 食料班のチャコ、シンゴ、カオルはジャングルの中に果物を探しに出るが、大きな足跡を発見し、魚釣りに方針を変える。 ベルとシャアラは火をおこそうとするが…そして夜は近づく。 翌朝、帰ってきたルナたちは、山に登って発見したことを仲間に伝える。 帰り道、水を運ぶ途中で、メノリの態度に非難が集まり、リーダーを選びなおすことに…翌日、ベルのつくった罠にかかった小動物を食料にすることになる。 「大いなる木」の樹上に新しい家を建てるというアイデアが出る。 シンゴの設計とチャコの強度測定、カオルのノコギリ製作によって、順調に見えた家造りだが、ハワードがしゃしゃり出てきて…さらに、大変は事件がみんなを待っていた。 シャトルの部品をうまく使おうとするシンゴたち。 大きなシャトルの部品を頑丈な家の床にしようと考える。 そんな中、ルナは巨大な生物と出会う。 「働かないものの食料は減らすべき」と言うハワードに、メノリは「それでいい」と同意してしまう。 メノリは、母が亡くなって以来、決して他人に弱さを見せるな、と父に教えられて来た。 唯一、自分の心を表現できるのはバイオリンだけ。 ルナは、なんとかメノリが元のように皆の一員となってくれることを願う。 シャトルのシートをベルに運ばせ、自分専用の椅子だと喜んでいる。 ベルを擁護するルナやシャアラ。 ハワードは、ルナに叱られた腹いせに仕返しの悪戯を仕組むが、これまで逆らうことのなかったベルに止められる。 ハワードは怒って家出するが…。 単独行動をするカオルにメノリやハワードが反発。 ルナも危険だから控えてくれ、と諭す。 翌日、魚やイモを保存食にしようと作業しているルナたちの所に大トカゲ現われた。 漁から戻ってきたカオルは、無鉄砲にも単独で大トカゲに闘いを挑む。 どうやら島の東に広がる森にルナを誘っているようだ。 いかだを作り、ルナとベルとハワードの三人が東の森探検に出発。 湖から流れ出る川を順調に進む。 しかし、行く手に滝が!ルナのリュックが流され、ルナとベルはリュックを追い滝に飛び込む。

次の

無人惑星サヴァイヴ DVD

無人 惑星 サヴァイヴ

生きのびる。 22世紀のある日。 7人の少年少女たちとネコ型ペットロボットが、無人の惑星に投げ出された。 彼らの生きのびるための戦いが始まる・・・ 時は22世紀。 スペースコロニー 「ロカA2」 に転校してきたルナは、父と同じ惑星開拓技術者になる夢を持つ14歳の女の子。 木星へ惑星開拓の実習旅行で大事件が発生し、ルナたちの乗ったシャトルは見知らぬ惑星へ漂着する…。 転校早々、いやみなハワードに目をつけられ仲良くなったシャアラとともに嫌がらせを受ける。 精悍な少年・カオルに助けられるが、それが原因で大事件が起こり…。 ルナはシャアラ、機械好きのシンゴ、おっとりしたベル、カオル、委員長のメノリ、そしてハワードと同じ班。 先行きはとても不安だ。 どうも地球ではないようだ。 選択の余地はなく、着陸することに。 なんとか、近くの陸地に渡ろうとするが、巨大な怪物が襲ってきた。 しつこく避難シャトルに体当たりを繰り返す怪物。 とうとう、ハッチが破られ怪しくうごめく舌が内部に入ってきた。 残された大きな足跡を見つけたルナたちは、恐怖に駆られる。 持ち物はわずか。 シャトルの推進装置や通信装置が使い物にならないという悲惨な状況のなか、水や食料を探さなければならない。 ルナたちは、生き残るための第一歩を踏み出した。 水探し班のルナとメノリ、ハワードは肉食の大トカゲに襲われ逃げ続ける。 食料班のチャコ、シンゴ、カオルはジャングルの中に果物を探しに出るが、大きな足跡を発見し、魚釣りに方針を変える。 ベルとシャアラは火をおこそうとするが…そして夜は近づく。 翌朝、帰ってきたルナたちは、山に登って発見したことを仲間に伝える。 帰り道、水を運ぶ途中で、メノリの態度に非難が集まり、リーダーを選びなおすことに…翌日、ベルのつくった罠にかかった小動物を食料にすることになる。 「大いなる木」の樹上に新しい家を建てるというアイデアが出る。 シンゴの設計とチャコの強度測定、カオルのノコギリ製作によって、順調に見えた家造りだが、ハワードがしゃしゃり出てきて…さらに、大変は事件がみんなを待っていた。 シャトルの部品をうまく使おうとするシンゴたち。 大きなシャトルの部品を頑丈な家の床にしようと考える。 そんな中、ルナは巨大な生物と出会う。 「働かないものの食料は減らすべき」と言うハワードに、メノリは「それでいい」と同意してしまう。 メノリは、母が亡くなって以来、決して他人に弱さを見せるな、と父に教えられて来た。 唯一、自分の心を表現できるのはバイオリンだけ。 ルナは、なんとかメノリが元のように皆の一員となってくれることを願う。 シャトルのシートをベルに運ばせ、自分専用の椅子だと喜んでいる。 ベルを擁護するルナやシャアラ。 ハワードは、ルナに叱られた腹いせに仕返しの悪戯を仕組むが、これまで逆らうことのなかったベルに止められる。 ハワードは怒って家出するが…。 単独行動をするカオルにメノリやハワードが反発。 ルナも危険だから控えてくれ、と諭す。 翌日、魚やイモを保存食にしようと作業しているルナたちの所に大トカゲ現われた。 漁から戻ってきたカオルは、無鉄砲にも単独で大トカゲに闘いを挑む。 どうやら島の東に広がる森にルナを誘っているようだ。 いかだを作り、ルナとベルとハワードの三人が東の森探検に出発。 湖から流れ出る川を順調に進む。 しかし、行く手に滝が!ルナのリュックが流され、ルナとベルはリュックを追い滝に飛び込む。

次の

別の星へ遭難してしまった子供たちのサバイバル生活を描く「 無人惑星サヴァイヴ 」レビュー

無人 惑星 サヴァイヴ

A-Review:無人惑星サヴァイヴ Review No. 民放にありがちなアニメのように、映像や音の特殊効果に過度に頼ることなく、ある意味「淡々と」ストーリーを語っていく 正統派の作品 と言えるのではないでしょうか。 NHKアニメというと、私はどうしても NHK史上最大のヒット作 (と思っている) 『ふしぎの海の ナディア 』 と重ね合わせてしまいます。 『ナディア』は原作が原作だけに、ストーリーにかなり壮大なものがあり、その点では『サヴァイヴ』と比較はできませんが、アニメ作品全体のテイストとしては結構似ているところがあるのではないかと思います。 どちらも 「冒険活劇」 ですしね。 無人惑星でのサバイバルを続けていくうえでの 一人一人の役割が明確 なのも、好感が持てます。 誰一人欠けても、ルナたちは生き残ることができなかったでしょう から。 ま、約1名、 邪魔ばっかりして何の役にたっているのかわからないヤツ もいることはいますがね。 さて、私が『サヴァイヴ』を語るうえで、もう一つ名前を出しておきたいタイトルが 『無限の リヴァイアス 』 という作品です。 おそらくタイトルさえも聞いたことがない人が多いと思います。 一文であらすじを要約すると、 「宇宙船の遭難により宇宙をさまようことになった少年少女たちが、お互いに助け合いながら救助を求めて基地に向かう」 というストーリーになっています。 舞台に「無人惑星」「宇宙空間」の違いがありますが、最終目的は同じです。 ただし『リヴァイアス』の場合は、少年たちを乗せて漂流する宇宙船が、ある国家の最高機密の対象であり、「救助」どころか「破壊」しようとする勢力もあって、なかなか複雑な展開になっています。 そして、最初は『サヴァイヴ』のルナたちと同じようにバラバラだった仲間たちが、次第に協力して困難に立ち向かうようになっていく・・・とここまではよく似ているのですが、 ラストが相当考えさせられる結末 になっているのです。 当然助けてもらえるものと思っていた基地から逆に攻撃を受けるなど、何度も裏切りにあい、またその裏に潜む陰謀の存在を目の当たりにし、長期に渡って極限状態の恐怖を味わう中で、次第に仲間の中に意見の対立が生じるようになっていきます。 そして 最後は、互いに傷つけ殺し合う寸前のところまでいく のです。 結局のところ、救助されてめでたしめでたしで終わるのですが、ラスト3〜4回については、 人間の心の弱さと、越えてはならない一線を越えてしまったときの恐ろしさ を見たような気がしました。 『リヴァイアス』は人間の醜い部分を描いているので、見ようによっては 相当恐ろしい作品 です。 幼い子どもたちが見るには、教育上好ましくないかもしれません。 私は『リヴァイアス』を物語としては高く評価していますが、なんだかんだ言っても、 やっぱりアニメは楽しくないといけません。 ハラハラドキドキのあとには、成功とハッピーエンドがふさわしい ですね。 今この文章を書いているときには、結末は見えていませんが、 明るい未来がルナたちを待っていることを願いつつ・・・ 独り言・・・ なんだか『無人惑星サヴァイヴ』のレビューというよりは、『無限のリヴァイアス』の紹介記事のようになってしまいました。

次の