翻訳 ロシア語。 ロシア語翻訳者

ロシア語翻訳の状況

翻訳 ロシア語

ロシア語とロシア語圏の文化・背景 ロシア語はひそかに注目されている ロシアは2018年GDPが世界11位、豊富な石油、天然ガス、石炭、貴金属資源を有し、世界有数の穀物生産・輸出国です。 日本がロシアからの輸入品目の中で大きな割合を占めるのは、原油・天然ガスをはじめとするエネルギー資源であり、輸入額全体の7割以上を占めています。 BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)のなかでも、ビジネスがしやすい国としてロシアへ日本企業も進出する数も増え、日本との経済関係が大きく発展しています。 しかし、経済界においてロシア語運用能力を持つ人材の極端な不足が指摘されているため、今ひそかにロシア語に対する熱い視線が注がれています。 ロシア語とはどんな言語? インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派に属する言語です。 ロシア語を母国語とする国々は、15か国存在します。 15か国のなかでもロシアを始め、カザフスタン、ロシア連邦周辺国のベラルーシ、キルギスの4か国はロシア語を公用語と定め、母国者数は、1億8,000万人以上とヨーロッパで最も多い言語です。 ロシア語の文字表記には、ギリシャ文字を元にしたキリル文字を使用します。 文法は、動詞の活用形や名詞などの格変化のパターンが多く、初心者にとってはかなりハードルの高い言語と言えます。 そのため、ロシア語の学習を始めるにあたっては相当の覚悟が必要な言語です。 Google翻訳(サイト・アプリ)• エキサイトロシア語翻訳(サイト・アプリ)• WorldLingo(サイト)• Baiduオンライン翻訳(サイト)• Bing翻訳(サイト・アプリ)• ロシア語翻訳(アプリ)• 長文の翻訳をしたい方から海外旅行などでスピーディに翻訳したい方など、あらゆる方に対応した万能なサービスです。 Google翻訳で日本語をロシア語に翻訳してみた 翻訳した文章 日本語 私たちは、翻訳の正確さを検証するため、様々な翻訳サービスを使用しています。 Google翻訳の特徴として、翻訳したい言語を入力するだけで翻訳ボタンを押さなくても自動で翻訳してくれます。 アプリにも対応しているため、日常的に素早く翻訳したい方にはおすすめです。 翻訳精度も高く、本当におすすめできる翻訳サービスの一つです。 専門用語に強い翻訳エンジンを搭載しているため、ニッチな分野に対して使いたい場合はおすすめです。 また、「再翻訳」機能を使って、訳文を原文の言語に直して翻訳品質をチェックすることもできます。 エキサイトロシア語翻訳で日本語をロシア語に翻訳してみた 翻訳した文章 日本語 私たちは、翻訳の正確さを検証するため、様々な翻訳サービスを使用しています。 翻訳精度は申し分ない高さですね。 もし翻訳に不安がある場合は、「再翻訳」機能を使い、改めて翻訳することができますので、とても信頼できます。 エキサイトロシア語翻訳の特徴として、ログインすることで翻訳した内容を「マイ翻訳」に保存することができます。 自分だけの辞書代わりにもなる翻訳サービスのため、勉強用に使いたい方にはおすすめできる翻訳サービスです。 論文など長文を翻訳したいという方にはぴったりです。 WorldLingoで日本語をロシア語に翻訳してみた 翻訳した文章 日本語 私たちは、翻訳の正確さを検証するため、様々な翻訳サービスを使用しています。 日本のサイトではないため、言語を選ぶ際も「ロシア語」ではなく「Russian」という表記になっています。 また、WorldLingoでは、「無料文書翻訳者」を使うことで、入力せずにファイルをアップロードするだけで翻訳することもできます。 中国のサービスではありますが、ロシア語の翻訳にも対応しています。 また、無駄な機能がついていないため、シンプルで使いやすいサイト設計になっています。 Baiduオンライン翻訳で日本語をロシア語に翻訳してみた 翻訳した文章 日本語 私たちは、翻訳の正確さを検証するため、様々な翻訳サービスを使用しています。 中国のサービスのため、「ロシア語」でなはなく、「俄语」と表記されます。 中国語が分からない場合は少し見つけづらい印象を受けました。 Baiduオンライン翻訳は、翻訳機能以外の機能が少なく、初心者の方でも扱いやすいサービスなのが特徴的です。 自身の端末と接続して、最大100人と複数の言語で直接会話できる、多人数での翻訳機能が特徴的です。 発音音声では、男性と女性の声どちらか選択することが可能です。 よりリアルなヒアリングをしたいという方にはおすすめです。 Bing翻訳で日本語をロシア語に翻訳してみた 翻訳した文章 日本語 私たちは、翻訳の正確さを検証するため、様々な翻訳サービスを使用しています。 大手の会社が運営しているサービスということもあり、翻訳精度はとても高いですね。 Bing翻訳の特徴の一つとして、スピーカーボタンを押して、翻訳文章を聞くことができるのですが、男性・女性の声を選ぶことができます。 アプリ展開もしているサービスなので、ロシアへ旅行に行った際も役に立つ翻訳サービスです。 翻訳エンジンは、「Google翻訳」「Bing翻訳」「Excite翻訳」「Baidu翻訳」の4つのサイトを使用し、比較しながら翻訳することができます。 ロシア語翻訳で日本語をロシア語に翻訳してみた 翻訳した文章 日本語 私たちは、翻訳の正確さを検証するため、様々な翻訳サービスを使用しています。 翻訳精度としては、「Google翻訳」「Bing翻訳」「Excite翻訳」「Baidu翻訳」の4つの翻訳エンジンを比較して見ることができるので、とても安心です。 ロシア語翻訳はロシア語の翻訳に特化しているアプリのため、言語を選択する必要がありません。 その場でサッと翻訳したい方にはおすすめできる翻訳サービスです。 「グローバル会話」では、基本的な日常会話でネットワークに接続していない状況でも使用できる機能が備わっています。 無駄なボタンが一切ないので非常に使いやすく、スマホの操作に慣れていない方にはおすすめです。 Naver Papago翻訳でで日本語をロシア語に翻訳してみた 翻訳した文章 日本語 私たちは、翻訳の正確さを検証するため、様々な翻訳サービスを使用しています。 翻訳精度は問題なく、こちらもGoogle翻訳と同様に入力するだけで自動で翻訳してくれます。 またNaver Papago翻訳の特徴の一つとして、文字サイズの設定ができ、自身が見やすい文字の大きさにすることができます。 UIもシンプルで扱いやすく、年配の方にもおすすめできる翻訳サービスです。 正確に翻訳したいという方は、有料ツールや翻訳会社で翻訳してもらうことをおすすめします。 ロシア語翻訳のおすすめ翻訳会社を3社ご紹介します。 ワンプラネット 株式会社の特徴• 銀行振込・カード支払い・請求書の3つから決済方法を選べる• 納品後1か月以内修正無料のアフターサービス• ドラフト翻訳、バランス翻訳、クオリティ翻訳の3つのチェック体制から選ぶことができ、クオリティ翻訳では、翻訳+クロスチェック+ネイティブチェックまで行い、高い品質の翻訳が可能です。 株式会社クリムゾン インタラクティブ・ジャパンの特徴• 国際規格であるISOに準拠した品質管理• 翻訳料金も日本語からロシア語への翻訳の場合8円~と非常に安価です。 また、大きな特徴としてネイティブの翻訳者が母国語に翻訳します。 つまり、ロシア語から日本語への翻訳は日本人の翻訳者が、日本語からロシア語への翻訳はロシア人の翻訳者が担当するため、自然で丁寧な正しい訳文に仕上がります。

次の

ロシア語翻訳者

翻訳 ロシア語

技術が進歩した現代では、ビジネスといえば今や日本国内だけではなく、世界を相手にすることが当たり前となっています。 ですが、私たちの思いや考えを完璧に伝えようとしたとき、言語の壁という存在が高く立ちはだかります。 正しく伝えたと思っていても、受け手は間違った意味で捉えてしまい、そこからトラブルに発展することも珍しくありません。 他言語翻訳とは、そのようなトラブルを回避するために今、世界で最も必要とされている重要な取り組みです。 今回はその他言語の翻訳のなかから、英語とロシア語に存在する差異についてご説明します。 ロシア語はどんな言語? ロシアと聞いて、多くの人が頭に思い浮かべるのは、やはり北方領土の問題についてでしょうか。 北方領土の所有権については現在も日本とロシアで交渉が進められている状態ですが、とある島内の看板などは全てロシア語で表記されています。 ロシア語という言語は、実はヨーロッパで最も母国語としての使用者が多い言語です。 国際連合においては、英語、フランス語、中国語、スペイン語、アラビア語と並ぶ6つの公用語の一つとなっており、母国語でない使用者も含めると、世界で4番目に多く使われている言語。 ですが、日本国内ではロシア語を見かけることはほとんどありませんし、仮に読み解こうとしてもアルファベット(ロシア語アルファベット、キリル文字)自体が特殊なため、日本人にとっては英語よりも馴染みのない言語であるといえますね。 英語は中学校で義務教育として習いますが、ロシア語は専門の大学や、自分から学ぼうという意思がない限り勉強する機会はまずないと言っても過言ではないでしょう。 ですが、データにもある通り世界で4番目に使われている言語。 ビジネスや交流の場でもロシア語が使用される機会はこれからも増えていくでしょう。 ロシア語と英語の違いとは? では英語とロシア語を比較してみた場合、どのような部分に違いがあるのでしょうか? 英語とロシア語では、大きく異なることがあります。 文字の表記はもちろん、特筆すべきは文法の違いです。 ロシア語には英語と違い、名詞に「性別」があります。 男性、女性、中性に区別されており、主語によって動詞の語尾が変化することもあります。 また動詞の単語の使い分けが難しいことも、ロシア語のハードルが高い要因であると言えるでしょう。 ロシア語には「動詞に体がある」と言われます。 これはいったい、どのようなことなのか、簡単な例を挙げてご説明します。 たとえば「書く」という単語は、日本語では一つですが、ロシア語では二つに分けられます。 「書いている」や「何度も繰り返し書く」ことは「不完了体」と呼ばれ、「書く」や「書き終えること」は「完了体」と呼ばれます。 英語にも完了体そのものは存在していますが、ロシア語ではその区分がさらに細かく使い分けられているのです。 「行く」という単語ひとつをとっても、そこへは乗り物で行くのか、歩いていくのか。 乗り物の場合、船で行くのか、飛行機で行くのか。 片道だけの移動なのか、行って帰ってくるだけの往復なのか。 近場に行くのか、行ったことのない遠くへ行くのかなど、様々な状況に応じて使用される単語が全て違います。 英語や日本語のように補語を使うのではなく、動詞そのものを使い分ける必要があるために覚えなければならない単語の数も非常に多く、語彙が豊富な言語といえるでしょう。 そのためロシア語の翻訳を行う場合には、どうしても専門的な知識が必要不可欠となります。 英語の翻訳でも単語で訳すのではなく、文章などを読み解ける日本語力が必要だと言われますが、ロシア語の翻訳は英語以上に難解なものですから、その内容を正しい文章に仕上げるためには、並外れた日本語力も間違いなく必要となってくるのです。 他言語の壁を乗り越えるには? 専門的なスキルを持たない人たちにとっては、他言語の壁を乗り越えるということは非常に難しい問題です。 ロシアの大統領であるウラジミール・プーチンは、母国語はもちろんのこと、数々の言語を多彩に使いこなすことができることで有名です。 それは彼がビジネスや政治における「言語の重要性」をよく理解しているからこそのことなのでしょう。 言葉が通じなければ、相手が何を思っているかもわかりませんし、こちらの意思も伝えることができません。 ですが専門的な知識を持ったプロフェッショナルの翻訳者でも、頭を悩ませる種はあります。 それは「翻訳版」という存在が、受け手にとっては唯一無二の「真実」になってしまうということです。 他言語を読めるスキルがない人々にとっては、海外の情報を知るためには自国の言葉に翻訳された新聞やニュースに目を通すしかありません。 もし仮に、翻訳者が原語に潜んでいたニュアンスを取り漏らし、冗談めいて放った言葉をストレートに訳してしまった場合、スキルがない人たちにはその言葉の真意を調べる術もないのです。 たとえばトランプ大統領の発した数々の過激な発言について、新聞紙面ではどのように翻訳をするべきなのか、担当者は頭を悩ませたことでしょう。 なぜなら、そこに記載された翻訳版の言葉は、トランプ大統領本人の言葉として人々に届けられてしまうのですから、これは並大抵なプレッシャーではありません。 誤った情報を世界に発信しないよう、細心の注意が必要となることは言うまでもないでしょう。 他言語翻訳は翻訳会社へ 現代の日本では、英語だけでなく他の言語についての専門的な知識を持った人間を抱える「多言語翻訳」を請け負う翻訳会社が増えつつあります。 並大抵の知識では翻訳会社の仕事をこなすことはできませんから、翻訳者になるにはトライアル試験を受ける必要があります。 正確性と速度、そして内容が正しく伝わる表現力をチェックされる厳しいトライアルに通過したものだけが、他言語翻訳のプロフェッショナルとなれるのです。 もしあなたのビジネスにおいてロシア語などの他言語の翻訳が必要な場面に遭遇した場合、間違っても自分で行おうと考えないほうが良いでしょう。 ひとつの誤訳が引き金となり、それが重大なトラブルを招くこともあるからです。

次の

ロシア語に強い翻訳サービス!アプリ・サイトから翻訳会社までを紹介

翻訳 ロシア語

ロシア語翻訳のお仕事を在宅でするなら、日本最大級のクラウドソーシングサービス、クラウドワークスがおすすめです。 ロシア語翻訳のお仕事の応募・提案から納品、報酬の受け取りまで、すべてオンラインで完結します。 オンラインで完結するので、時間や場所にとらわれず、在宅で理想的な働き方をすることが可能です。 掲載されているお仕事は、テレフォンカンファレンスのお仕事など様々で、在宅・地方在住であっても、全国から集まるロシア語翻訳のお仕事の中から、あなたにぴったりのお仕事を探すことができます。 これから在宅でのお仕事を始めようと考えている方は、クラウドワークスからお仕事を探して在宅ワーカーとして働いてみてはいかがでしょうか。 正しく伝える努力が大切です ロシア語翻訳ではメールや契約書などのビジネス文章をロシア語に翻訳するだけではなく、小説や記事等様々な文章をロシア語に翻訳したり、ロシア語で作成された文章を日本語に翻訳します。 ロシア語を使いこなせるだけではなく、わかりやすい言葉を使って読みやすい文章を心がける必要があり、特に小説などの世界観が重要な文章を翻訳する場合には美しい表現や的確な言い回しなど、文章全体の完成度の高さにも気を配る必要があります。 またビジネス文章の産業翻訳や技術翻訳では、日常のロシア語ではあまり使われることのない専門的な用語や知識が含まれている場合も多くあり、高度な専門知識を要求されるケースも珍しくありません。 その為ロシア語翻訳では、業界経験や選考などを考慮して仕事を依頼するケースが多くあります。 また契約書の翻訳では、ロシアや日本の法律に関する知識が必要になることも。 単にロシア語と日本語に訳すだけではなく、多彩な知識やスキルを総動員して、読みやすく伝わりやすい文章を制作するように心がけましょう。 専門知識が必要な場合、クライアントから資料の提供があるケースも多くあります。 分らないことや微妙なニュアンスは勝手に判断してしまわずに、クライアントに相談したり注釈を付けることで、正しく伝えることができるように努力しましょう。 ロシア語翻訳に必要なスキルと外注時の注意 ロシア語翻訳ではロシア語のスキルと日本語スキルそして国語能力だけではなく読解力や表現力などさまざまなスキルが求められます。 これは、単に翻訳が文章を訳するだけではなく、分りやすく伝わりやすいように文章を適時改編し、時には高度な専門用語を優しく言い換える必要もあります。 その為特にビジネス文章の翻訳では、高い日本語能力とセンスが必要とされ、高度な専門知識を求められることも珍しくありません。 特にIT翻訳や技術翻訳では、専門的な技術に対する理解を持っているだけではなく平易でわかりやすい文章の制作を求められます。 翻訳の仕事では、翻訳した成果物の納品にPCを利用することが多くあり、メールやインターネットそしてWordにテキストなどのPCの基本的な操作は必須といえます。 特に専門知識が必要な技術翻訳の場合、わからない単語や用語を調べる必要もあるので、情報収集や分析能力などもあると嬉しいスキルといえます。 ロシア語翻訳を外注する際には、経歴の確認だけではなく可能であれば翻訳物と元文章の提出を依頼しましょう。 言葉選びのセンスや文章校正能力などを確認することができるだけでなく、ビジネス文章の翻訳の場合、専門知識の高さなどの確認をすることも可能です。

次の